あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

加賀市にはご当地グルメとして全市挙げて取り組んでいるものが2つあります。

一つは「加賀カニごはん」。そして、もう一つが「加賀パフェ」というスイーツです。

企画から大手の企画会社が参画して展開を図っていて、Webなどでもきちんと紹介されています。イメージ戦略としてうまい見せ方です。

そういった面で小松のご当地グルメは、残念ながらそのような取り組みがあまりありません。行政の関与ももう少し欲しい気がします。

さて、「加賀カニごはん」と「加賀パフェ」。二つとも過去に紹介していますが、今日は「加賀パフェ」について2度目の紹介になります。


また「べんがらや」については、11年以上前に「べんがらや風おひつ膳」を食べた時紹介しています
べんがらや

店名の通り、お店の外観に見える紅殻格子が特徴お店です。
べんがらや (5)

店内にはギャラリーがあって、県内外の作家による雑貨、九谷や漆器などの作品が展示されていて、その場で買い求めることもできます。
べんがらや (12)

そして残りの半分のスペースがカフェコーナーになっているのですが、紅殻に合わせてイスは紅色で統一されていました。

さて、今回は「加賀パフェ(880円)」を食べる予定でお店に入ったので、まずは「加賀パフェ」を一つオーダーします。
べんがらや (9)

出されたのがこちら。
べんがらや (10)

「加賀パフェ」とは地産地消の食材を使って作られるパフェで、「べんがらや」の5層となっているパフェは1層目(下)からだと、

1層目 季節の野菜ゼリー
2層目 加賀産蜂蜜の生クリーム
3層目 野菜のスポンジケーキ
4層目 加賀産玄米のポン菓子
5層目 味兵かぼちゃアイス、ブロッコリーアイス、温泉玉子他トッピング

という構成になっています。季節によって使われる野菜が変わるところがミソです。

ブロッコリーのアイスとは変わっていますね!?また1層目の季節の野菜ゼリーは、オレンジでした。
べんがらや (8)

加賀棒茶も付いてきます。夏は冷たい水出しの加賀棒茶になるとうれしい?いや、冷たいもの+冷たいものは避けたほうがいいかな?

あと、私は「加賀棒茶プリン(440円)」を頼んでみました。
べんがらや (11)

残念ながら食べ終わってから写していないのに気が付きました。^^;

ほんのりと加賀棒茶の味がして美味しかったですが、プリンというよりババロアに近い食感だったかもしれません。

「べんがらや」ではランチの食事メニューもあるので、食後に別腹で「加賀パフェ」でもいかがでしょうか?ご馳走様でした。

ギャラリー&ビストロ べんがらや
石川県加賀市山代温泉温泉通り59
TEL 0761-76-4393
10:00~17:30
(ランチタイム11:00~15:00)
TEA BAR(金・土・日)
19:00~23:00
水曜休
※祝日の場合、翌木曜が休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ続く福井ネタ。今日は甘味系の話題です。
はちみつ屋 (2)

先日紹介したモーニングを食べた「みくに隠居処」の2軒隣にある「はちみつ屋」さん。
はちみつ屋 (4)

お店の名前自体が「はちみつ屋」です。
はちみつ屋 (7)

大沼養蜂園が直営しているお店で、当然、大沼養蜂園で採蜜したハチミツを使ったスイーツ系の商品や土産品などを売っています。
はちみつ屋 (8)

店内には小さなイートインスペースもあります。

個人的には家でハチミツをそれほど食べることはありませんが、ハチミツは自然の恵みの甘味の代表ともいえる健康食品ですね。

ご存じの通りハチミツは、ミツバチがどんな花から採蜜したかで香りと味が違います。

考えるにミツバチは、単一の草花だけから採蜜するわけではないと思うのですが、「アカシヤ」や「レンゲ」あたりがよく聞かれる名前です。

当然、花が咲く他の植物からも蜜を取って来るわけで、こちらのお店では、何種類かのハチミツを試食させてくれます。

今回私は、おやつとして、こちらのお店で人気のソフトクリームを食べに立ち寄りました。

この日は色々なお店で飲み食いしているので、小さいサイズのをお願いしました。
はちみつ屋 (10)

「はちみつ屋」というからには、当然、クリームにもハチミツが入っているのですが、こちらのお店では、上からもハチミツをかけてくれます。

お店では4種類からチョイスすることが出来ます。

どれにするか少し悩みましたが、お店の人とも話をして、やはり一番ベーシックな「山の蜂蜜」をかけてもらいました。

何せ、「迷ったらこれ!」と書かれていたからです。

甘いソフトクリームに甘いハチミツの組合せ。お互い喧嘩するかな?と思いましたが、ハチミツの甘さが際立っていたので、そんな心配をする必要はありません。

あと家へのお土産で、こちらの「からす山椒」のハチミツのミニサイズと、ハチミツ飴を買い求めました。
はちみつ屋 (12)

「からす山椒」のハチミツは、最初、イメージとして山椒のよな辛みのあるハチミツかと思いましたが、柑橘系のすっきりとしたあとくちで美味しいハチミツでした。

ハチミツ飴は、中からハチミツがとろ~りと出てきます。

ちなみにこちらのお店のハチミツは、加賀市の「竹の浦夢創塾」「元気村」JA加賀などでも買い求めることが出来るそうです。ご馳走様でした。

はちみつ屋(大沼養蜂園直営)
福井県坂井市三国町宿3-7-20
TEL 0776-82-2098
10:00~16:00
火・水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

三国シリーズはまだ続きます。(笑い)

今日はスイーツのお店の紹介です。

余談ですが、グルメブログをやっていると、ネタ探しでやはり苦労します。

あまり同じお店ばかりを書くわけにも行けないので、ついつい新しいお店を求めて色々なところに足を延ばすことになりますが、基本、休みの日しか行くことが出来ないので、遠くに足を延ばしたときには色々なお店を一日で巡ることになるわけです。

今回、福井県の三国でも結果的には、5時間ほどで8回分の記事ネタを仕入れることが出来ました。我ながら天晴れです。(笑い)

さて、本日紹介する三国「スリール(Sourire)」は、人気の洋菓子店のようです。

大阪の有名洋菓子店で9年間修業後、2009年に三国に戻り、その5年後の2014年に今の場所にお店を構えています。

大阪でロールケーキブームの先駆けといえば、堂島ロールの「モンシュシュ」が有名ですが、こちらのお店のオーナーはどこで修業されたのでしょうか……?
スリール (9)

お店自体は倉庫を改修した作りで、店内も広いです。ご覧のカフェスペースを併設していて、美味しいロールケーキを食べながらお茶をすることが出来ます。
スリール (3)

うれしいのは、ロールケーキということもあるのですが、ケーキを頼んで飲み物を付けてもとても安く済ませることが出来ることです。
スリール (7)

私は一番シンプルな「生ロールケーキ(216円)」と、
スリール (8)

こちらの冷たいアールグレイ(216円)」を飲んで、トータルで432円でした。飲み物以外にもジェラートもメニューにありましたよ!

ロールケーキのクリームは軽く甘さひかえめ。スポンジももちろんふわふわです。ただクリームの量は値段相応です。^^;
スリール (2)

なお、ロールケーキ専門のお店なので、チョコやフルーツ系など色々な種類のロールケーキも楽しむことが出来ますし、ロールケーキ以外にも、焼菓子類や夏向きのゼリーなども揃っていました。
スリール (4)

飲み物も216円なので、普通のカフェに行ってスイーツを頼むよりもお安く済ますことが出来ますよ。おすすめです。ご馳走様でした。

スリール(Sourire)
福井県坂井市三国町覚善8-65-1
TEL 0776-82-1299
10:00~19:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

たねやとクラブハリエといえば、全国の百貨店などでも人気のお菓子屋さんとしてメジャーな存在です。

その本店は滋賀県にあります。そのため滋賀県内では、たねやとクラブハリエが独立店舗として営業していることが多く、他都道府県とは一線を画した展開を図っています。

私も滋賀県を訪れるたびに、どこかのお店に立ち寄りお土産を買い求めることが多いです。

今回は彦根城を訪れた時に帰りにお土産を買い求めるために、「彦根美濠の舎」に初めて立ち寄りました。

今日はその紹介と合わせて、これまで滋賀県内で行ったことがある「たねや」&「クラブハリエ」の店舗について書いてみたいと思います。

さて、今回お邪魔した「彦根美濠の舎」は彦根城にほど近い場所にあります。
たねや彦根 (4)
クラブハリエ彦根

「たねや」と「クラブハリエ」の建物が並んで建っていて、内部もつながっています。
クラブハリエ彦根 (2)
たねや彦根 (3)

行ったのが夕方遅くだったので、それほど混雑はしていませんでした。
クラブハリエ彦根1

買い求めたのはクラブハリエの商品ばかりです。
クラブハリエ彦根 (7)

こちらは「ガトーアソートスプリング3入り(691円)」。
クラブハリエ彦根2

あと、彦根美濠の舎限定の「パイクランチ ホワイト(486円)」と、「13リーフパイ5枚入り(袋入り春)810円」です。パイ生地のはサクッと上品な甘さのお菓子でした。

正式店舗では、このような簡素な包装で安く買い求めることができるセットなどあったりしてうれしいですね。

彦根美濠の舎
滋賀県彦根市本町1丁目2-33
TEL 0749-24-5511
年中無休(1月1日除く)
和・洋菓子販売9:00~19:00
茶屋・甘味10:00~19:00(L.O.18:00)
食事11:00~15:00(L.O.15:00)
カフェ10:00~19:00(L.O.18:00)
アイス工房11:00~17:00
 


お次は、たねや発祥の地、近江八幡にある「日牟禮(ひむれ)ヴィレッジ」内の「たねや」と「クラブハリエ」です。

私のブログではこちらに書いています
クラブハリエ 017

こちらの「クラブハリエ」は本店で、ここでは出来立てのバームクーヘンを食べることができました。
クラブハリエ 034

生のバームクーヘンはしっとりしていてふわふわ。やはり美味しいです。

休日は長時間待ちの行列覚悟で行く必要があります。
クラブハリエ 026

「たねや」のほうは、こちらは純和風の店構えで、同じく店内で出来立ての和菓子を食べることが出来ます。
クラブハリエ 047

こちらは出来立ての「つぶら餅」。
たねや 001

見た目はたこ焼きみたい?
たねや 002

なお、「たねや」は、近江八幡市のこの近くに近江八幡店(本店)があります。ここが発祥の場所ですね。
たねや

クラブハリエ 日牟禮館
TEL 0748-33-3333
滋賀県近江八幡市宮内町246 日牟禮ヴィレッジ
9:00~18:00
無休

お次は、一昨年1月にオープンさせた、たねやグループのフラッグシップ店「ラ コリーナ近江八幡」。
ラ_コリーナ近江八幡 (2)

私のブログではこちらに書いています
ラ_コリーナ近江八幡 (55)

建物の設計は建築家・建築史家としても著名な藤森照信氏。一見の価値があります。
ラ_コリーナ近江八幡 (18)

毎年のように新しい施設が今後も出来ていくようで、進化する「ラ コリーナ」ということです。
ラ_コリーナ近江八幡 (56)

こちらのカフェでも生バームクーヘンを食べることができます。
ラ コリーナ (8)

あと、ソフトクリームも美味しいですよ。

こちらも人気の施設なので休みの日は相当混雑していると思います。

ラ コリーナ近江八幡
滋賀県近江八幡市北之庄町
ラ コリーナ
TEL 0748-33-6666
メインショップ9:00~
カフェ 9:00~ (L.O.17:00)
元旦除き無休

最後は、守山市の「守山玻璃絵館」です。
クラブハリエ守山

こちらのお店に併設のカフェでは、バームクーヘンなどの食べ放題ビュッフェを営業しています。超人気で休日は朝営業が始まってしばらくで、その日対応できる人数分が完売になるということです。
クラブハリエ (5)

事前予約は出来ないので、休日は朝から順番待ちをしなければ、ありつけないのです。^^;
クラブハリエ0243

私は店舗でお土産を買い求めることのみで帰りました。^^;
 
これからも益々「たなやグループ」の展開に目が離せないですね!?

守山玻璃絵館
TEL 077-583-5111
滋賀県守山市吉身3-19-15
9:00~19:00
無休(1月1日を除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

個人的にはあまり甘いものも得意な方ではありません。

ただ、歳を重ねるとともにだんだんと甘いものも食べるようになってきました。なぜでしょうかねぇ?

とはいえ、まだまだアンコ類は今でも苦手で、甘いものでも食べるのはもっぱら洋系のケーキやお菓子類が多いです。
ドゥブルベボレロ

さて今日紹介します滋賀県守山市に本店がある「ドゥブルベボレロ(W.Bolero)」のオーナーパテシィエの渡邊 雄二氏は、CCC(セーセーセー)と呼ばれる、フランスのショコラ愛好家による会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ=チョコレートをかじる人たちのクラブ)」の評価で、2015,2016年の2年連続金賞に輝いている方です。
ドゥブルベボレロ (20)

滋賀県でも洋菓子部門で唯一、食べログの「JAPAN SWEETS AWARD」の候補店となっています。お店の入り口にはTripadvisorのシールも張られています。
ドゥブルベボレロ (19)

さて、そんな人気のお店に過日、滋賀県に行った折りに、ティーブレイクのために入りました。
ドゥブルベボレロ (16)

人気店なので、事前に電話で喫茶サロン(カフェ)の予約を入れたのですが、喫茶サロン(カフェ)の予約は受けていないようです。一応、空いているということでお店に向かったら、ちょうど店内のテーブル席が空いて、我々5名が座ることが出来ました。
ドゥブルベボレロ (17)

店内以外にも外にはテラス席もあって、これからの季節のお天気がいい日は外で美味しいスイーツや飲み物をゆったりと楽しむのもいいかもしれません。
ドゥブルベボレロ (2)

まずはケーキなどを選び、飲み物はカフェスペースでオーダーします。支払いは最後に一括で行います。
ドゥブルベボレロ (22)

さすが人気店です。ショコラ以外にも、美味しそうなケーキ類や、パン、クッキーなどの焼菓子の種類も豊富でした。

ちなみに、こちらのお店、大阪本町にもお店を出していますね。

私は、こちらのお店のケーキの中では一番人気という、アイアシェッケを頼んでみました。
ドゥブルベボレロ (10)

これはドイツ東部ドレスデンの地方菓子で、濃厚なベイクドチーズケーキです。そぼろ状のクッキーの下に、バターとカスタードクリーム、さらにはその下にレーズンが入ったクリームチーズ主体の層、そして一番下にクッキー生地という4層仕立てになっているケーキで、手間ひまかかっています。

甘さも上品で、とても美味しいケーキでした。
ドゥブルベボレロ (12)

飲み物は紅茶(アールグレイ)を頼みました。
ドゥブルベボレロ (14)

妻のほうは「ポワリエ」。洋梨とショコラのプチガトー。キャラメル風味のムースショコラオレが主体です。上にはクルミと何のナッツだったかな?が乗せられています。
ドゥブルベボレロ (11)

飲み物はコーヒーです。
ドゥブルベボレロ (13)

息子はこちらの「サント・ヴィクトワール」を頼んでいました。フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東にある山の名前です。まさに山の形状ですね。

ケーキの種類でいえばモンブランなのですが、周りをチョコレートスプレーを吹き付けた生クリームで囲んでいて、中が栗のペーストという逆転構造のモンブランなのです。
ドゥブルベボレロ (9)

娘はフランス菓子のタルトの中でも定番の「タルト・ダプリコ」という洋梨を使ったタルトです。

息子と娘のケーキは対面から写真を写したので、裏側です。^^;
ドゥブルベボレロ (15)

あと、最後のこちらのショコラを試食で出してくれました。ありがとうございました。

こちらのお店は、マカロンもおすすめらしいのですが、こちらは妹へのお土産で母が買い求めていました。写真はありません。

テイクアウトのお客さんの方が多いので、店内は常に混雑している状態でした。

さすがに賞を連続して受賞するなど人気のお店です。洋菓子も凝った作りのものが多かった気がします。もちろん味の方もお墨付きですね!?ご馳走様でした・

ドゥブルベボレロ(W.Bolero)
滋賀県守山市播磨田町48-4
TEL 077-581-3966
11:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(祝日の場合は翌日休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ