あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

私のブログでも、それほど登場することがない洋菓子屋さん。

今日は久しぶりに紹介します。

そのお店は、先日オープン1周年を迎えたばかりの山中温泉にある「オオカミのいえ」。

少し変わった店名です。おっと!この文章を書いていて思い出しました。店名の由来を聞くのを忘れたことを。^^;

4月21日でオープン1周年を迎えた翌日にお邪魔しました。

女性パティシエがオーナーのお店で、小さいながらもわいい店舗です。お一人で切り盛りされていました。フランスへの留学経験を持っていて、帰国後は関東のケーキ屋さんやカフェなどで働いていましたが、故郷の山中温泉にUターンしてきたという経歴です。
オオカミのいえ

私は朝10時のオープン時間めがけて向かいましたが少し道を間違え、到着したのが10:05。すでに3組ほどのお客様が店内にらっしゃいました。

メイン通りに面しているわけではなく、まわりも住宅街なので、通りがかりで入るお客さんは居ないと思います。
オオカミのいえ (7)

中も同じようなテイストで仕上げられていて、インテリアはご自身がDIYで相当手を加えているようです。

お菓子は「手づかみで食べられる毎日のおやつ」というコンセプトで作られています。焼菓子が中心ですが、生クリームを使ったものやキッシュなども作っています。
オオカミのいえ (5)

この日の品揃えはこんな感じ。
オオカミのいえ (6)

焼菓子の種類も豊富です。
オオカミのいえ (18)

私が買い求めたのは、「いちごのタルト(380円)」を2個。これは妻と娘が食べました。
オオカミのいえ (19)

「バナナのタルト(350円)」の下のほうにはカシスが忍んでいました。カシスの酸味とバナナの甘さのバランスが絶妙です。
オオカミのいえ (17)

2種類のチーズたっぷりと季節の野菜のキッシュ(400円)は、夕食のおかず&ワインのお供になりました。

焼菓子も4種類買い求めました。
オオカミのいえ (20)

「こがしバターの香りフィナンシュ(160円)」、ふわりと香るラム酒とバニラの「ガレット・ブルトンヌ(160円)」、「フロランタン(180円)」、「いちじくとキャラメルのケイク(150円)」です。
オオカミのいえ (24)

「いちじくとキャラメルのケイク」は赤ワインで煮たいちじくとキャラメルの深い味わいが相性抜群でした。
オオカミのいえ (23)

昔懐かしいレモンケーキも買いましたが、レモンピールが入ってしっとりふんわりでそんなに甘くなかったのがよかったです。
オオカミのいえ (21)

あと、お店がオープン1周年ということで、こちらの手作りジャムがサービスでもらうことが出来ました。私はイチゴジャムをチョイス。

お一人で切り盛りされていているので、その日、どんな商品が並ぶのかなど違うので、彼女がFacebookページでアップされている情報を確認されてから行かれたほうがいいと思います。

値段はそれほど安くはないと思いますが、甘さ控えめで「大人のおやつ」といった感じのお菓子類でした。ご馳走様でした。

オオカミのいえ
石川県加賀市山中温泉塚谷町イ-285
TEL 0761-76-5037
10:00~18:00
月・火曜休
(売り切れ次第終了)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢「にし茶屋街」にある人気の甘納豆のお店「甘納豆かわむら」。
かわむら茶房 (28)


この「甘納豆かわむら」の2階に「かわむら茶房」というカフェがプレオープンしたということを知り行ってきました。(もう正式オープンになったのかな?)

いいお天気の土曜日でしたが、にし茶屋街はそれほどの人出ではありません。にし茶屋街に向かう前に行ったひがし茶屋街は観光客でごった返していたのですが、やはりひがしとにしでは集客力に差があるようです。

お店に到着したのが16時過ぎ。オーダーストップが16:30ということでぎりぎりセーフ。

階段をのぼって2階に上がると店内には誰もお客さんは居ませんでした。貸切です。(笑い)
かわむら茶房 (5)

そこでお店の方に了解を頂き写真を写します。
かわむら茶房 (6)

2階からの眺めもいいです。
かわむら茶房 (3)

メニュー写真撮ったのですが、上半分のピントが合っていません。右側には今シーズンより酒造りを再開した、有名な杜氏である農口直彦研究所のお酒のメニューも書かれていました。

私が頼んだのは「国造ゆずソーダ(1,000円)」。少しお高いのは4種のアミューズが付いてくるからです。
かわむら茶房 (12)

そのアミューズがこちら。1階の店舗でも売られている甘納豆や和菓子・干菓子で、一番左が羊羹のオリーブとよもぎ味。真ん中が愛媛産のブラッドオレンジ。一番右は豆で大浜の黒豆と青えんどうでした。
かわむら茶房 (18)

ゆずソーダは、ソーダと柚子果汁、まめみつが別々に出されます。ソーダに柚子果汁とまめみつを入れてかき混ぜて飲みますが、ソーダに柚子果汁は溶けないので、かくはんしつつ飲んでいきます。
かわむら茶房 (24)

ソーダの炭酸と柚子の酸味が重なって深みのある酸味となり、そしてまめみつの上品な甘みが複層的に口の中から喉に広がっていきます。後口もすっきり爽やかで美味しかったです。

肝心の柚子は、能美市の国造(くにぞう)地区で生産されている無農薬有機肥料栽培の柚子を使っています。

妻のほうは、「珠洲市の二三味の豆茶(1,000円)」を頼んでいました。

二三味とは、永作博美さん主演、佐々木希さん共演の奥能登珠洲を舞台にした映画「さいはてにて」のモデルとなった二三味珈琲の女性オーナー、二三味さんの苗字です。

実は、この大豆を栽培しているのが彼女のお父さまなのです。
かわむら茶房 (22)

栽培している大浜の大豆を使った豆茶ということで、二三味珈琲を毎度取り寄せている妻が興味を持って頼んでみることにしました。
かわむら茶房 (20)

大浜だいず、青大豆、大浜の黒豆の3種類使われていて、ほんのり香ばしい香りと味のする上品なお茶でした。
かわむら茶房 (25)

飲み終ると、急須の中の大豆を少し取り出して、能登の揚げ浜塩と一緒に出してくれます。これも美味しかったですよ。
かわむら茶房 (13)

妻のアミューズは、一番左が羊羹のメープルと濃い抹茶。真ん中がくるみの和三盆糖。右は豆で能登大納言と北海道産の白花美人でした。

なかなかこだわりのある逸品ばかりでした。

「甘納豆かわむら」のお店はここだけ。他に出しているところも少なく、ここを目的ににし茶屋街に訪れる観光客も多いと思います。これから暑くなってきたら2階でいっぷくするのもいいのではないでしょうか?ご馳走様でした。

かわむら茶房
石川県金沢市野町2-24-7
 甘納豆かわむら2F
TEL 076-282-7000
平日10:30~17:00(L.O.16:30)
日祝10:30~16:30(L.O.16:00)
毎月第一火曜休
貸切営業の場合あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

だいぶ時が経ってしまいましたが、昨年のクリスマスケーキの話題です。

我が家ではすでに子供も大きくなって、ホールケーキを買うことはなくなりました。

もちろん、イブの日という混んでいるときにレストランで食事をするということもなくなり、家で少しクリスマスっぽい食事をして、カットケーキを食べるのが通例です。


最初はは加賀市のパティスリー「イヴェールボスケ」でクリスマスイブに買い求めたケーキについてです。

今回のイブは日曜日ということもあって、ケーキは私が買いに行きました。
イヴェールボスケ

行ったのは加賀市にある人気のパティスリー「イヴェールボスケ」。

私のブログでは、こんな紹介をしています

さて、買い求めたものを紹介します。これらも昨日ブログで紹介しました「輪島キリモト」の千すじ小福皿に乗せて撮影してみました。

私が食べたのは「サパン ド ノエル(580円)」はクリスマスのモミの木のイメージ。モンブランを緑茶風味にアレンジしているようです。
イヴェールボスケ (7)

みんなに選ばせて一番最後に残ったのがこれでしたが、これが一番高いケーキでした。
イヴェールボスケ (8)

これは「フォレ・ノワール(520円)」。フランス語で「黒い森」という意味のチェリーとショコラのケーキです。雪に見立てた生クリームの上に、落ち葉に見立てた削ったチョコレートが飾られています。
イヴェールボスケ (9)

「プチ ノエル ココ(480円)」は、ココナッツクレームとフランボワーズクレームの組み合わせです。
イヴェールボスケ (6)

「フロマージュクリュ(410円)」。レアチーズケーキの一種で、ゼラチンを使用せず滑らかな口当たりにしています。

少しお値段は高めですが、それに見合った美味しさだと思います。さすがです。ご馳走様でした。
イヴェールボスケ (10)

そうそう!イヴェールボスケでは、こんな美味しい焼菓子も作っていますよ!

イヴェールボスケ(Hiver bosque)
TEL 0761-74-5333
石川県加賀市宮地町リ60-1 
10:00~19:00
火曜休



お次はクリスマスの日に妻が買ってきた「パティスリーオノ」のケーキです。

こちらのオーナーパティシエのかたは、フランスのピエール・エルメ・パリ本店でも修業をされた経験があります。

金沢の田上にお店を構えられてからは、金沢でも人気の洋菓子店になっています。

買ってきたのは、クリスマスシーズンにもってこいの「シュトレン」というドイツ発祥の言ってみれば菓子パンです。「シュトーレン」という表記が一般的かもしれませんが、このシーズンのは「クリスマスのシュトレン」と呼ばれます。
パティスリーオノ
白い「クリスマスのシュトレン」の塊をご覧のクロスに包んでクリスマス気分満喫します。

切って食べますが、生地には酵母が入っていて、中にはレーズン・レモンピール・オレンジピール・ナッツなどが入っています。表面には真っ白い粉砂糖がまぶされています。
パティスリーオノ (2)

見た目、ハード系のパンのようですが、表面も含めて柔らかく、甘さもそれほどでもなくちょうどいい甘さでした。美味しいですね。

「パティスリーオノ」は小松からは遠いので、なかなか買いに行けませんが、「シュトレン」以外のケーキも食べてみたい気がします。ご馳走様でした。

パティスリーオノ
石川県金沢市田上本町4-31-1
TEL 076-207-3599
10:00~19:00
月、第2・4火曜休(祝日の場合翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小田原ネタが続きます。今日は、小松市ともご縁がある市川宗家に関係があるお話です。

歌舞伎の演目で歌舞伎十八番というものがありますが、小松市の安宅関を舞台とした演目もその一つで、有名な「勧進帳」です。

昨年の10月に、実際の安宅関で初めて海老蔵さんが演じています。

そんな歌舞伎十八番の中に、「外郎売」という演目があり、その舞台となっているのが、今日紹介します、小田原の「ういろう本店」なのです。

「ういろう」とは「外郎」と書きます。これは苗字でもあるんですね。

創業が永正元年(西暦1504年)というから凄いです。500年以上続いているんです。

今回、その本店に行って来て、お茶とお菓子で一服してきましたので書きたいと思います。
ういろう (23)

ういろう本店」は小田原城のすぐそばですが、お城のような造りです。

お城の天守でもなく、このような姿は江戸時代から続いているようです。お殿様にも了解済みだった言うことが書かれていましたが、これも凄いことです。
ういろう (16)

歌舞伎の「外郎売」は私も実際の舞台は見たことがありませんが、調べてみると外郎売の口上が見どころのようです。

外郎売の口上は、現在では、俳優・タレント、アナウンサーの養成所などで発声練習の教材として使われているというもので、それだけ早く難しいということです。

それを市川團十郎さんや、海老蔵さんは、当然噛みもせずに演ずるわけです。

さて話は変わりますが、皆さんは「ういろう本店」と聞いて、和菓子の「ういろう」を思い浮かべるでしょう?
ういろう (7)

私の住む石川県や、東海より西に住んでいる人にとっては、「ういろう」といえば名古屋の「ういろう」のほうがなじみがありますが、関東に住んでいる人にとっては「ういろう」は小田原のほうがなじみがあるようです。

「ういろう」発祥の地はいろいろ諸説があるようですが、小田原の外郎家のご先祖様が関係しているようです。(もともとの「ういろう伝来之地」碑は福岡博多区にあります)

もともと「ういろう」は「外郎」という薬の名前で、銀色をした小さな粒状の丸薬。痰をきり、口内清涼や消臭によいとされる大衆薬で、江戸時代の人々にとっては万能薬だったようですが、少し前の時代の「仁丹」と良く似た形状・原料です。
ういろう (19)

話を戻しますが、今回お邪魔した「ういろう本店」では、薬の「ういろう」とお菓子の「ういろう」を両方同じところで売っているという珍しいお店なのです。
ういろう (2)

今回、そのお店に併設されているカフェで、「ういろう本店」で作っている和菓子とお茶を楽しんできました。

お菓子は月替わりで、基本、上生菓子の品揃えです。妻と義母はういろうを使った「銀杏」という上生菓子を。そして飲み物は妻は抹茶、義母はコーヒーを頼んでいました。
ういろう (13)

ういろうで銀杏の形を作って、中に餡が入れられている上生菓子です。
ういろう (15)

私は上生菓子は甘いのでちょっと苦手。そこで秋真っ盛りということもあり、こちらの「秋日和(600円)」という和風プリンを頼みました。
ういろう (12)

かぼちゃを使った変わった和風のプリンでした。お茶も付いています。
ういろう (11)

そして帰りに買い求めたのは、こちらの「栗ういろう」と、
ういろう (29)
ういろう (30)

薬の「ういろう」です。
ういろう (27)

「栗ういろう」はこんな感じで、それほど甘くはありませんでした。お茶請けに良さげでした。

世の中、老舗と呼ばれるお店は数あれど、ここは本物の老舗です。ご馳走様でした。

ういろう本店
神奈川県小田原市本町1-13-17
TEL 0465-24-0560
月~土
10:00~1730(4月~10月)
10:00~17:00(11月~3月)
日 10:00~1700 
水曜,第3木曜,大晦日,元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢市大野町と言えばしょう油の街として有名です。

北前船で栄えたころの最盛期には60を超す蔵元が軒を並べていましたが、いまでは三分の一くらいに減ったようです。

そういえば、昔は小松の街中にも小さなしょう油を作っているお店がありました。

さて、話は変わりますが、ソフトクリームにしょう油を混ぜるといった発想は誰が考えたのでしょうか?

ミルク+しょう油=キャラメル味に変化というのも不思議です。
satou 030

12年前に私は、今回の「もろみ蔵」で食べて書いています。実際にしょう油ソフトを食べたのが、こちらのお店でした。このソフトクリームの写真もその時に写したものです。

最初に食べた時はやはりびっくりしましたが、その後、何回か食べていると、味については舌が覚えていて、味の感覚が鈍ってきています。

今回、改めて訪れて食べてみました。
もろみ蔵 (2)

まずは12年前と同じ、「もろみ蔵」です。
もろみ蔵 (6)

しょう油を醸造していた蔵を改装して利用しています。中はギャラリー&喫茶。昔と雰囲気はあまり変わっていませんね。
もろみ蔵 (3)

滑らかでほどよい甘さで美味しかったのですが、先ほども書きましたが、最初食べた時の感動はありません。^^;

でも、先日紹介しました「はなくま食堂」のあとで、食後のデザートとしてちょうどよかったです。ご馳走様でした。

もろみ蔵
石川県金沢市大野町2-39
TEL 076-267-6638
月~金11:00~19:00
土10:00~19:00
日・祝10:00~18:00
水曜休



お次は、ヤマト醤油味噌のひしほ蔵です。私のブログでも何回か登場しています
ひしほ蔵 (2)

先ほどのもろみ蔵と同じ日に行ったので、同じしょう油ソフトクリームを食べても、と思って頼んだのは、この夏発売された「玄米ソフトwith C」です。
ひしほ蔵 (3)

しかし、「with C」??CはcoffeのCでしょうか??
ひしほ蔵 (4)

何となくブルゾンちえみと組む「with B」を思い浮かべましたが、でもゼリー(jelly)のJのほうがいいような気もします……。まぁ、Bの次はCのほうが良かったのかもしれませんね。
ひしほ蔵 (7)

元々、もろみ蔵では玄米ソフトクリームというのがあって、それにコーヒーゼリーを加えた商品です。コーヒーゼリーは発酵食美人食堂の水出しコーヒーで作っています。
ひしほ蔵 (8)

玄米ソフトクリームにも玄米甘酒をたっぷり煉り込んであって、上品な甘さにコーヒーゼリーのほろ苦さが合わさって、これはこれで美味しかったですよ。ご馳走様でした。

ひしほ蔵
ヤマト醤油味噌
石川県金沢市大野町4丁目イ170
TEL:076-268-1248
10:00~17:00
水曜、年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ