あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

金沢の海環の道沿いにはまだまだ空き地が多くあります。

海環自体、上下線の間に緑地帯があってゆったりとして作りの道路なので、余計空間的に開放感があって走りやすい道路です。

飲食店もこの周辺に移転や新築など増えてきていると思います。

私は、それほど金沢の西の方に行くことはありませんが、最近、所用とかで時々出かけているのですが、昔に比べると小松からの車での移動もだいぶ便利になりました。

さて今回、ランチをした後パンを買い求めたお店から、お茶でもしようということで下調べしてあった、こちらの洋菓子店「ローザンヌ」に向かいます。
ローザンヌ

最初カーナビで電話番号を入力して向かったら違う場所に案内されました。

その後、住所を入力しても、また違った場所に行ったので、今度は食べログの地図を頼りに向かいしましたが、なぜかそれらしい建物が見つかりませんでした。

よくよく探すと、立派でおしゃれな建物があって、そこが目的とする「ローザンヌ」だったのです。
ローザンヌ (2)

何となく洋菓子店=かわいいこじんまりとしたお店、的なイメージがあって、こんなに大きな建物だと思っても見なかったからです。

元あった場所からこちらに移転されてきたようです。昭和22年創業というから金沢では老舗のケーキ屋さんです。

了解いただき店内を写します。
ローザンヌ (6)

天井が高くて窓も大きい明るく開放感のある店内。
ローザンヌ (7)

売られているケーキの種類が豊富でした。パンも売られていました。

我々はこちらのお店のイートインコーナーで食べることにしました。
ローザンヌ (8)

イートインは2階のこちらのスペースです。
ローザンヌ (17)

こちらも窓が大きくて明るい場所ですが、内容や家具はあくまでもシンプル。カフェではなく、あくまでもイートインのためのスペースといった感じです。
ローザンヌ (5)

1階でドリンクと一緒にオーダーしてからお金を支払い2階に上がり待っていると、ケーキとドリンクいっしょに運んできてくれます。しかし食べ終わったあとは1階まで持っていく必要があります。
ローザンヌ (13)

私がチョイスしたケーキは「クレーメダンジェ(表記はすべて税別で430円)」。レアチーズケーキの一種でフロマージュブランと生クリームやメレンゲを合わせて作るケーキ。
ローザンヌ (14)

別に添えられているフランボワーズソースをかけて食べます。

ドリンクは1杯200円ですが、プラのカップでの提供。私のはコーヒーのように見えますが紅茶(リプトンイエローラベル)を頼んでいます。

妻は「タピオカジュレ(400円)」でした。
ローザンヌ (12)

チョコレートムースの上にタピオカ入りミルクティーのゼリーが乗せられていました。

ドリンクは炭焼珈琲です。
ローザンヌ (16)

ケーキもそれほどお値段が高くなく、ドリンクと一緒に頼んで気軽に楽しめるケーキ。なかなかいいお店でしたね。ご馳走様でした。

ローザンヌ
石川県金沢市直江町42街区1-1
TEL 076-237-5800
店舗9:00~20:00
イートイン9:00~19:00
第2・4木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

すでに10月に入っていますが今年の夏も暑かった!

9月に入ってからも真夏日前後の日が続きました。そのため、冷たいものがよく売れたのではないかと思います。

さて、今日は今年に入って新しくオープンした加賀市のお店、それもテイクアウトのお店を2軒紹介します。

まず最初は加賀温泉駅前「かがの湯ぷりん」。店名にある通り珍しいプリンの専門店です。
かがの湯ぷりん

6月末に鳴り物入り?でオープンしました。

お店は隣にある「くいもん家 ふるさと」という居酒屋さんが経営しています。

実は私はオープン後10日後ぐらいに一度お店まで行ったことがあったのですが、順番待ちがそれなりにあったので諦めたことがあります。

加賀温泉駅の真ん前にあるので、テーマは「温泉」?

プリンと温泉の相性の問題があるかもしれませんが、まぁ、近ごろのインスタ映え狙いの店頭限定のプリンもあるようです。

ショーケースの中にはテイクアウト用のプリンが並んでいます。種類も多かったです。
かがの湯ぷりん (2)

本当は期間限定、さらには賞味期限5分という「泡泡泡ぶどうぷりん」を食べたかったのですが、1日5食限定ということで、行ったのがお昼過ぎで残念ながらありませんでした。

そこで私は、こちらも店頭限定の「湯けむりソフトぷりん」を頼んでみました。

ただ、次に来たカップルのお客さんには、あと20分ほど待てばお店に到着します云々と言っていました!マジ~?それを言ってよ~!!

「湯けむりソフトぷりん」は、温泉の湯気に見立てた白いソフトクリームが、たまごプリンの上に乗せられています。500(税別)円です。
かがの湯ぷりん (3)

でも器の枡は何の意味があるのでしょうか?温泉とうことならば後ろに見える風呂桶ならわかりますが…?

暑い日だったのでソフトクリームがすぐに溶けだします。

たまごプリンにたどり着くためにはソフトクリームを早く食べ終える必要があります。

プリンは加賀市産の牛乳や卵を使っていて、牛乳は平松牧場の低温殺菌牛乳。卵は平岡養鶏場の遺伝子組み換え等がない卵なのです。

食べてみての感想は、美味しかったですが、プリンとソフトは別々に食べたほうがより味がわかって良かったかもしれません。

ということで次回「泡泡泡ぶどうぷりん」リベンジのチャンスはあるかな?ご馳走様でした。

かがの湯ぷりん
石川県加賀市小菅波町1-55
TEL 0761-76-5001
平日10:00~16:00
土日祝10:00~17:00
不定休

お次は同じ加賀市の山代温泉に今年4月15日にオープンした「Coffee&Juice Stand play」。
Play

メイン道路の温泉通りから少し路地に入ったところにある設計事務所の一角を間借りしての営業です。
Play (6)

そのため、テイクアウト専門で加賀のコーヒー・紅茶、タピオカドリンク、フルーツジュースなどをテイクアウトで楽しむことができます。
Play (2)

メニューの種類も多く、またトッピング追加でカスタマイズ出来るようです。新商品の開発にも力を注いでいる気がしました。

温泉客がターゲットなのでしょうか?それとも地元の人でしょうか?

さて、私はこのメニューの中から最初グリーンスムージーを頼んだら、9月の初旬は地物のほうれん草が手に入らなかったということでありませんでした。そこで私は「加賀の紅茶ティーソーダ(600円)」を頼んでみることに。
Play (7)

加賀の紅茶は、加賀市で栽培された茶葉を使って作られた紅茶で、私も何度か飲んでいますし手土産でも利用させてもらっています。
Play1

ディスプレイされていた少し怪しげな人形と一緒にパチリ!

紅茶の風味がソーダと一緒に弾けて、暑い日だったこともあって爽快感がありました。ご馳走様でした。

Coffee&Juice Stand play
石川県加賀市山代温泉ヨ94
090-2127-7755
10:00~17:00
不定休
お店のFacebookに休日記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは、それほど和菓子や洋菓子のお店を取り上げることは多くありません。

イートインがあるところは時々書いたりしますが、基本、それほど甘いものが好きではないことが理由としては大きいです。

今回、TVで紹介されたことにつられて書きたいと思います。

それは、金沢でも人気のお店「パティスリーオノ」。金沢市田上本町にお店があって、私のブログでは過去に一度簡単に紹介したことがあります
パティスリーオノ

単独の建物で高級感漂う作りです。
パティスリーオノ (5)

店内を了解いただき撮影しました。
パティスリーオノ (3)

ショーケースには色々な種類のケーキが並んでいました。焼菓子もあります。

オーナーパティシエのかたは、フランスのピエール・エルメ・パリ本店でも修業された経験がある実力派のパティシエなのです。

TVで紹介されたのは、NHKのBSプレミアムの番組「極上!スイーツマジック」に、昨年5月29日「絶品!金沢の四季を味わう」というテーマにときに出演されています。ちなみに石川県では今年の8月3日に地上波で再放送されていて、その時にも私は観ました。
パティスリーオノ (7)

今回、これらのものを買い求めました。あと、お使い物に焼菓子の詰め合わせも。

上記のテーマに基づいて作られたケーキがこちらの「百々音(630円)」というケーキ。期間限定でお盆の時に運良く買い求めることが出来ました。(金額はすべて税抜価格)
パティスリーオノ (15)

素材にこだわっているので少しお高めです。

このケーキは、石川年のブランド米「ひゃくまん穀」、福光屋の熟成酒「百々登勢」、お米で作る金沢の昔からある飴「じろあめ」を素材に作られています。すべてお米が原材料ですね。

仕上げに金沢らしく金箔がかけられています。

一口食べると、口の中に日本酒の風味が広がります。意外に強く感じるので、お酒が苦手な方にはもしかしたら向かないかもしれません。

甘みも「じろあめ」の上品な甘さそのままで、ケーキとしての完成度は高いと思いました。特に辛党の私や妻には。

さすが、パティスリー界のピカソと言われるピエール・エルメ氏のお店で働いていただけあって、独創的なケーキでした。
パティスリーオノ (16)

娘にはこちらの「チョコレートケーキ(450円)」を買っていきました。
パティスリーオノ (11)

あと、こちらの「オノレット」の耳(90円)と、
パティスリーオノ (14)

「プリン(350円)」も買い求めてみました。

「オノレット」はスプーンで食べるショートケーキで、こちらのお店のの人気の品だそうです。

さすが人気店だけあって、多くのお客さんが次々入ってこられて、賑わっていました。甘党の方でなくても一度こちらのお店のスイーツを食べてみてはいかがでしょう!?

なお、紹介した「百々音」は、不定期で販売されるとのこと。お店のFacebookページなどで確認を!ご馳走様でした。

パティスリーオノ
石川県金沢市田上本町4-31-1
TEL 076-207-3599
10:00~19:00
月曜、第2・4火曜休(祝日の場合翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市鶴来の白山比め神社のそばにある和田屋といえば、ミシュランで星を獲得している有名な料理旅館です。

料理旅館ですが、料理のみも楽しむことが出来て、夏は鮎、冬はジビエ料理を楽しめる名店です。

ただ、お昼でも6,500円(税サ席料込だと8,694円)からということでなかなか行けるわけではありません。

その和田屋が、同じ白山さんのそばで甘味処をやっていることは、つい最近まで知りませんでした。

「善与門(ぜんよもん)」とう名前の甘味処ですが、蕎麦などのランチメニューもあって、気軽に利用できるお店なのです。

今回、先日紹介した河内地場産業センターの「河内じばさん」でランチをした後で、鶴来まで足を延ばして行ってきました。

梅雨明けして暑い日でしたが、白山比め神社の駐車場には多くの車が停まっていました。
善与門 (12)

お店の外観は、緑に囲まれた昔のお茶屋さん風情。ちょっと目立たない感じです。
善与門 (3)

こちらは外に出されていたお品書きです。
善与門

こちらのよしずにも夏向きのメニューが掲示されていました。
善与門 (11)

中に入ると、地元の方のような女性が一人カウンターにいらっしゃいました。
善与門 (4)

店内にはお土産や民芸品が売られています。

梅雨明け後一気に暑くなってきたころだったので、この日は冷たいものを!ということでお願いしたのは「みかんのジュレ(600円)」です。かき氷ですね。
善与門 (6)

上にはクリームチーズソフトが乗せられ、脇には寒天が添えられています。

甘さはシロップと、みかんかオレンジかわかりませんが、レモネードがたっぷり!

ボリュームもありましたが、何とか食べきりました。おかげでクールダウンできました。
私がお店にいる間に、外のメニューを見る人は何人かいらっしゃいましたが、中まで入ってくるお客さんはいませんでした。入りにくいのかな?でもいっぷくするにはいいお店だと思いました。

暑い日の白山さん参拝の後にでもどうぞ!ご馳走様でした。

石川県白山市三ノ宮町イ55-2
 白山さん境内(和田屋となり)
11時~17時(夏期は17時30分)
TEL 076-272-0570
火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢の街中を歩くのはGWの時以来2か月半以上ぶり。

行った日はちょうど梅雨と参議院選挙の真っ只中で、色々な意味で暑い日でした。

前の週が3連休。この週末は本格的な夏休みの観光シーズン前で比較的観光客の姿も少ない気がしましたね。

我々は、いつも金沢に行くとバスに乗らずに歩くことが多いのですが、この日も23,000歩ほど歩きました。

暑い日に歩くと汗をかきのどが渇き、水分補給が必要です。

お昼は生ビール、そしておやつ時は甘味を!ということで、にし茶屋街に行ったついでに、「落雁諸江屋にし茶屋 菓寮 味和以」で涼を取ることにしました。
にし茶屋街

でもにし茶屋街に行くのは久しぶりでしたが、いつの間にか人形の美術館がオープンしていました。あと近々オープンする飲食店が改築中だったりと、にし茶屋街も変貌していますね。
にし茶屋街 (2)

さて、金沢で諸江屋といえば干菓子の落雁で有名なお菓子屋さんですが、当然色々な甘いものを作っています。
諸江屋

私は甘いもの、特に和菓子系の甘味は苦手で、落雁など干菓子はほとんど食べないので、どんなものを作っているのか存じ上げているわけではありません。^^;
諸江屋 (3)

この日はたまたま、お店の前に出されていたメニューを見て、冷たいものが色々あったので入ることにしました。
諸江屋 (6)

満席で10分ほど待って奥の「味和以」に案内されます。
諸江屋 (7)

日本庭園を眺めながらゆったりできるスペースがあって、落ち着ける空間でした。
諸江屋 (9)

まず出されたのは冷たいお茶と小さな落雁です。落雁は妻の口へと消えます。

冷たいお茶はのちほどポットに入れられて出されて3~4杯くらい飲むことが出来ました。暑い日、そして甘いものを食べるときはありがたいです。
諸江屋 (8)

こちらがお品書きです。

妻は「宇治金時かき氷(800円)」を頼みます。
諸江屋 (13)

鋭角に盛られて高さのあるかき氷です。
諸江屋 (12)

バックに見える庭の緑と調和してインスタ映えするかき氷。崩して食べるのが勿体ないと思えるほどの姿です。

私も食べましたが、滑らかな口当たりで氷を口に入れてもキ~ンと来ることがなく、抹茶の苦みも感じられて、シロップ自体も上品な甘さで美味しかったです。
諸江屋 (14)

中にはあずきもたっぷり入っていて、途中で添えられていた追加の抹茶シロップと練乳をかけながら食べていくと、自分で甘さも調整できてよかったです。
諸江屋 (11)

私は「冷し寒天(ゆず蜜)600円」です。こちらはゆず蜜が甘かったです。^^;

真夏はやはりかき氷ですね。

しばらく体と頭の熱が冷めるまでゆっくりさせていただきました。リフレッシュできてその後も快調に街中を歩いたのは言うまでもありません。ご馳走様でした。

落雁諸江屋にし茶屋菓寮 味和以
金沢市野町2丁目26番1号
TEL 076-244-2424
10:00~18:00(L.O.17:30)
ただし11月~2月の平日 10:00~17:30(L.O.17:00)
火曜休(祝日の場合は翌日)
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ