あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

今日は美味しい能登牡蠣を食べた後、デザートを食べに立ち寄ったお店の紹介です。
能登ミルク (24)

それは「能登ミルク本店」。
能登ミルク (26)

6年半前に行ったときは、「ほりかわミルクショップ」という牛乳屋さんがお店になっていて、そこで売られていました。

その時はお世辞にもきれいなお店ではありませんでしたが、今回、和倉温泉総湯の前に新しいお店をオープン!
能登ミルク (5)

すっかりあか抜けた感じのお店に変わっていました。

調べてみると、娘さんが東京の有名なジェラートのお店「ダルチアーノ」で修行後、イタリアに渡り、日本最年少ジェラートマエストロ・マイスターを取得して七尾に戻ってきたようで、その機会にお店自体を新築移転されたようです。

しかし、変わりようにはビックリです。
能登ミルク (18)

お店のHPに「農薬を使わない牧草のみを食べて育った乳牛にこだわり、それに賛同してくださった能登の牧場と契約しています。」と書かれている通り、ウリの「能登ミルク」を全面に押し出した内外装。生乳へのこだわりを大切にしているのがダイレクトに伝わってくるインテリアとディスプレイ。そしてパッケージにまでこだわったコンセプトはなかなかのものです。

ご覧のように店内には本物の乳缶が吊り下げられていて、照明として使わていたり、
能登ミルク (20)

トイレの中には「能登ミルクの正しい飲み方」なんてのが書かれていたりします。

我々が行った日は、どこかの学生でしょう?大学生のようなお客さんが多数、お店の中や外でジェラートを食べていました。
能登ミルク (4)

メニューです。私は牛乳を飲むとお腹が緩くなるのでパス。ジェラートを頼むことに。

ジェラートは、この日の午後は14種類。カップ・コーンとも、シングル380円、ダブル480円です。
能登ミルク (8)

お店の名前が付けられている「能登ミルク」。こちらが一番人気なようで、私はお店のスペシャリティの「宙(そら)」とのダブルでお願いしました。ちなみに「宙(そら)」は、ジェラートマエストロ・マイスターの娘さんのお名前です。
能登ミルク (16)

普通のお店のジェラートは大体ミルクの配合が60%なそうですが、こちらのお店では「能登ミルク」が80%配合されています。そのため濃いミルク味です。

「宙(そら)」は、杏仁、マンゴー、ブラッドオレンジ味の3種混合。いろいろな味が楽しめてよかったです。

妻は「旬」というこちらもお店のスペシャリティ第2弾のトマト、クリームチーズ、バジルの3種の味が楽しめるものと、赤崎いちごで作られる「能登いちご」でした。
能登ミルク (15)

トマト、クリームチーズ、バジルというイタリアンな組み合わせで、色もイタリア三色旗(Tricolore italiano)となっていますね。

なお、「宙(そら)」と「旬」は+100円の追加料金がかかりました。
能登ミルク (28)

あとお土産で「能登ミルク クッキー」を買っています。税込500円と素材にこだわっているので少々お高め。ザクロビクッキーに能登ミルクを加えて作られている小さなクッキーが7個はいっていました。
能登ミルク1

ミルクのうま味が凝縮されている気がしました。

新しい店になって俄然注目度合いが高まった「能登ミルク」の今後の活躍に注目です。ご馳走様でした。

能登ミルク本店
石川県七尾市和倉町ワ部13-6
TEL 0767-62-2077
9:00~18:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

金沢市大野町といえば、海に面していて江戸時代は北前船の寄港地として栄えた港町です。

また味噌醤油の町としても知られていて、現在でも多くの味噌醤油蔵が存在しています。

味噌醤油といえば発酵食品ですが、特に糀(こうじ)を使った発酵食品が体にいいことは今では世界中に知られていて、人気となっています。

そんな味噌醤油蔵の中でも大手で、味噌醤油作り以外の領域にも活躍の場を広げている蔵元がヤマト醤油味噌。

工場敷地内に発酵食のテーマパーク「ヤマト・糀パーク」を展開。発酵美人食堂などが人気です。
こめトはな (6)

今回新たに「ベイクドチーズケーキ専門店 こめトはな」を、3月6日にオープンするということで、オープン当日にお邪魔してきました。
こめトはな

雨が降る寒い日でしたが、予想通りのいうか、買い求めるための順番待ちの長い列ができていました。

40分ほど待ったでしょうか?やっと店内に入ることができました。
こめトはな (9)

店内は、入り口を入ると、ベイクドチーズケーキのブリュレを目の前でキャラメリゼして仕上げるところがあって、その隣にショーケース。そこでオーダーをして最後に支払いと商品受け取りという流れになっていました。
こめトはな (12)

オープン当日なのでそのようなオペレーションになっているのかもしれません。
こめトはな (13)

ちなみに、こめはなチーズソフトはこちらのイートインスペースで飲食可能。
こめトはな (3)

ベイクドチーズケーキ、こめはなチーズプリン、ラクレットチーズケーキはテイクアウトのみの販売です。なおラクレットチーズケーキは4月頃発売予定となっていました。
こめトはな (11)

こちらのウリは「発酵のプロが手がけるチーズケーキ」ということで、すべての種類に「糀パウダー」が降りかけられています。
こめトはな (14)

こめはなチーズケーキは4種類。ミニサイズとホール売りがあって、ミニサイズはプレーンとブリュレが税込380円。金沢白糀とショコラが税込400円でした。

ブリュレのみにはホール売りがあり税込1,800円。我々は今回、とりあえずお試しということで全種類食べてみたかったので、4種類がセットになったものを買い求めることにしました。税込1,560円です。
こめトはな (15)

なおこの日は、こめはなチーズプリンは残念ながらすでに売り切れでした。
こめトはな (21)

ブリュレは看板商品だそうで、その場で焼かれる出来立てなのですが、パリッとした食感を楽しめるのが2時間だということで、さっそく家に帰ってから食べてみました。

金沢白糀とブリュレを妻と半分ずつです。半分に切るとこんな感じです。
こめトはな (23)

ブリュレは2時間強経過していましたが、ちゃんと焼かれているところは、何とかキャラメリゼの食感を感じることができました。
こめトはな (20)

個人的には金沢白糀が、ほかと差別化された味だと感じたのでよかったです。私はこの2種類しか食べていません。

妻と母は、プレーンとショコラをシェアして食べています。半分に切るとこんな感じです。ショコラはベルギーのチョコを使用しているようです。
こめトはな (28)

妻曰く、ショコラのほうが甘さが控えめに感じるので良かったと話していました。

個人的には、ベイクドチーズケーキ、こめはなチーズプリン、ラクレットチーズケーキなどは、テイクアウトだけではなく、簡単なドリンクとともにイートイン出来たらいいのにと思います。特に看板商品の「ブリュレ」のキャラメリゼ仕立てをその場で味わうためにも。ご馳走様でした。

ベイクドチーズケーキ専門店 こめトはな
石川県金沢市大野町4丁目イ170
 ヤマト・糀パーク内
TEL 076-268-5289
10:00~17:00
水曜日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

和菓子製造販売の「味路庵」というところがカフェをやっているというのを知って行ってきました。
味路庵 (15)

最初午後に行ったら何と!お休み。午前中のみの営業でした。

そこで後日、妻がいない1月のとある土曜日の午前中に男一人でお邪魔することに。

菓子製造工場に併設の店舗で、工場のサインを見ると「北村紙器」と書かれていました。

「北村紙器」は小松にも工場がありますが、もともとは小松が本社。昨年、この場所に本社も移転されたようです。

「味路庵」は、その「北村紙器」と経営が同じだったのです。

さて、私は基本的には和菓子はほとんど食べません。あんこ系が苦手なのです。事前にネットで調べてみると、「味路庵」はきんつばが有名なようです。

なので、入る前は食べられるものがあるか心配でした。
味路庵 (3)

和菓子の販売所とカフェの入り口は別です。カフェへはこちらから靴を脱いで店内に入ります。
味路庵 (5)

和菓子屋併設のカフェなので和風の内装。
味路庵 (6)

床の間の付いた琉球畳が敷かれた小上がりもありました。
味路庵 (7)

メニューは、コーヒーなどドリンクのみでの利用ができますが、菓子店のお菓子を食べるような前提で作られています。
味路庵 (9)

私は入り口の出されていた黒板におすすめと書かれていた「チョコレートきんつば」が気になり、コーヒーとのセット(税込500円)」をお願いすることに。
味路庵 (12)

「チョコレートきんつば」はバレンタインの時期に合わせて作られている限定商品のようで、お聞きしたら3月末ごろまではあるようです。

甘そうでしたが、意外とビターな感じで甘いものが苦手な私でも大丈夫でした。
味路庵 (11)

コーヒーはオーダーを受けてからドリップで一杯一杯淹れてくれます。

飲み食べした後、菓子の販売するところに移動。
味路庵 (16)

小さなお店ですが、昔の商家(民家)を模したような作り。
味路庵 (18)

和菓子以外にも色々なお菓子を売っていました。
味路庵 (20)

家へのお土産に「ガトーショコラ(税込864円)」を購入しました。
味路庵 (2)

生地に金箔が散りばめられています。
味路庵

しっとりとした食感でビターな甘さを感じるガトーショコラでした。

この辺りにも住宅がだんだんと出来てきていますが、まだまだひっそりとある和菓子屋&カフェです。

カフェが午前中だけの営業なのが残念ですが、たまには甘いものでも食べながら美味しいコーヒーを飲んでまったりするのもいいのではないでしょうか?ご馳走様でした。

味路庵
石川県能美市山口町12街区17番地
TEL. 0761-48-6262
店舗 9:30~17:00
カフェ 9:30~12:00
水・金曜休(土 日は不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市にはパンと洋菓子両方を製造販売しているお店が何店舗かあります。
ベル ネサンス

今日紹介します小松市北浅井町にあるパンと洋菓子のお店「ベル ネサンス(bell naissance)」も、そのうちの一軒。
ベル ネサンス (2)

前回紹介した時にも書いていますが、フランスでは、パティスリーとヴィエノワズリー(Viennoiserie=イースト発酵させたパン生地または様々なペイストリー生地を焼いた菓子パンの総称でパティシエが作るパンのこと)が同じお店で売られていることが多いことから、こちらのお店もそのようにしているのです。
ベル ネサンス (9)

でも、ケーキやパン、それに焼き菓子などを、女性のオーナーパテシエールの方がお一人で作っているとのこと。すばらしいですね。

さて今回、こちらのお店で初めてケーキを買って、ドリンクと共にイートインしてきたので紹介します。
ベル ネサンス (3)

イートインコーナーは、お店の奥の一角にあります。4人掛けと2人掛けの2つのテーブルのみ使用した小さなコーナーです。
ベル ネサンス (10)

ショーケースからケーキを選んで着席。
ベル ネサンス (12)

そしてこちらがドリンクメニューです。

私が食べたケーキは「キャラメルチィラミス(税抜400円)」。
ベル ネサンス (18)

キャラメル味のチィラミスをチョコレートでコーティングしてあって、マスカルポーネチーズがきいています。

最初甘そうかな?と思い食べましたが、こちらでは、てんさい糖をなるべく使用している甘すぎないケーキだそうで、確かに甘さが後に引くような感じではありませんでした。
ベル ネサンス (15)

ドリンクは紅茶のアールグレー(税抜420円)。

ポットに入れられて出されました。ちょうど2杯取れました。ストレートで飲みます。

妻は「レアチーズケーキ(税抜400円)」を食べています。
ベル ネサンス (16)

自家製ブルーベリージャムが下に敷かれていました。
ベル ネサンス (20)

ドリンクはフレンチプレスで淹れてくれるコーヒー(税抜420円)。本格的です。こちらも2杯分でした。

あと、翌朝食べるパンも買い求めています。

今回、私が食べたのは「あらびきウィンナークロワッサン(税抜240円)」。
ベル ネサンス (21)

マスタードが塗られているクロワッサンの食感がよかったです。

妻は「ハムチーズクロワッサン(税抜240円)」。
ベル ネサンス (22)

こちらはロースハムとチーズがたっぷりでした。こちらのほうも美味しかったと言っていました。
ベル ネサンス (23)

母の「レーズンフレンチトースト(税抜160円)」は、レーズン食パンをフレンチトーストにしているものでした。

ケーキをテイクアウトして家で食べるのもいいですが、作られたお店で温かい飲み物と一緒に食べるのも美味しさが増すような気がしました。ご馳走様でした。

ベル ネサンス(bell naissance)
石川県小松市北浅井町舟津33-1
TEL 0761-22-0118
10:00~18:00
日・月曜不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

甘いものがそれほど好きではないので、私のブログではあまりスイーツ系のお店は登場しません。

今日は、そんなスイーツのお店の紹介です。

母は甘党、妻は甘辛両党で、その二人の意思を尊重して、石川県立美術館内にある「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」に入りました。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (5)

石川県では有名なので今更説明する必要などありませんが、ご存じ!世界的パティシエである辻口博啓さん(石川県七尾市出身)のお店です。

私のブログでは相当前、オープンしてしばらくの時に紹介したことがあります

それからも一度行ったことがありますが、今回久しぶりの訪問?ねした。

秋晴れのいいお天気で、10月25日オープンした「国立工芸館」の影響もあって、ちょうど正午ごろだったのですが、約20分ほど待ちました。

14時ごろは1時間待ちだったので、お昼の時間はそれほどでもなかったということになります。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ

石川県立美術館は兼六園周辺文化の森の中にある美術館で、館の周辺には木々が生い茂っていますが、店内には木洩れ日が差し込み、明るい中にも落ち着いた雰囲気を醸し出している空間でした。。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (10)

待ち時間の間を利用して、店内で食べるケーキを選んでおきます。

名前が呼ばれたら、ケーキとドリンクをオーダーして席に座ります。

辻口さんがこだわったのが、能登や金沢の地元天然素材など、この地でこそ堪能できる素材をふんだんに使用して作られるケーキは美味しくて人気です。

私は「のとミルクプリン(税抜350円)」。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (15)

能登の地乳「のとミルク」を使用。濃厚で滑らかなプリンに仕上がっています。バニラの香りもよかったです。

妻は秋季限定商品の「ルビーロマン フレ(税抜550円)」。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (14)

ルビーロマンは石川県産高級ブドウとして知られていますが、そのルビーロマンを赤ワインなどでコンポートしてジュレで覆い、ライムで香り付けしたマスカルポーネチーズで作ったムースでデコレーション、一番下はクッキー生地。凝った作りです。

母は「フリュティエ マンゴー(税抜700円)」。インスタ映えするスイーツ?
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (12)

「完熟マンゴーに胡椒香るチョコレートムース、マンゴークリームとチーズのシャンティ」だそうで、私も3分の一ぐらい食べましたが、中はゼリーやチョコレートクリームの層が重なって複雑な味を楽しむことができました。

どちらかといえば甘さ控えめで私でもokです。

帰りに「辻口シュー(税抜200円)」を3個買ってテイクアウトしました。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (22)

メープル風味のクロッカンに能登の恵みたっぷりのカスタードが詰められているシュークリームです。

なお。店内ではケーキだけでなく焼き菓子もたくさん売られていますよ。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (9)

続いてドリンクのほうですが、私が頼んだのは「リベルテ(税抜450円)」。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (19)

加賀棒茶のレモンティです。レモンが加わるとより紅茶の風味に近づく感じがしました。甘いケーキに合いそうです。

妻は「ほうじ茶香るコーヒーソーダ(税抜550円)」。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (17)

こちらも加賀棒茶にコーヒー、ソーダ、オレンジジュレの贅沢?な組み合わせ。さっぱりとした口当たりで夏向きのドリンクです。
ル ミュゼ ドゥ アッシュ (18)

母は「ホットコーヒー(税抜400円)」でした。

兼六園周辺文化の森にある「国立工芸館」や「石川県立美術館」など見た後で一休みされてはいかがでしょうか!?ご馳走様でした。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA
石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内
TEL 076-204-6100
10:00~18:00(L.O.17:00)
無休
※石川県立美術館休館日も営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ