あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

たねやとクラブハリエといえば、全国の百貨店などでも人気のお菓子屋さんとしてメジャーな存在です。

その本店は滋賀県にあります。そのため滋賀県内では、たねやとクラブハリエが独立店舗として営業していることが多く、他都道府県とは一線を画した展開を図っています。

私も滋賀県を訪れるたびに、どこかのお店に立ち寄りお土産を買い求めることが多いです。

今回は彦根城を訪れた時に帰りにお土産を買い求めるために、「彦根美濠の舎」に初めて立ち寄りました。

今日はその紹介と合わせて、これまで滋賀県内で行ったことがある「たねや」&「クラブハリエ」の店舗について書いてみたいと思います。

さて、今回お邪魔した「彦根美濠の舎」は彦根城にほど近い場所にあります。
たねや彦根 (4)
クラブハリエ彦根

「たねや」と「クラブハリエ」の建物が並んで建っていて、内部もつながっています。
クラブハリエ彦根 (2)
たねや彦根 (3)

行ったのが夕方遅くだったので、それほど混雑はしていませんでした。
クラブハリエ彦根1

買い求めたのはクラブハリエの商品ばかりです。
クラブハリエ彦根 (7)

こちらは「ガトーアソートスプリング3入り(691円)」。
クラブハリエ彦根2

あと、彦根美濠の舎限定の「パイクランチ ホワイト(486円)」と、「13リーフパイ5枚入り(袋入り春)810円」です。パイ生地のはサクッと上品な甘さのお菓子でした。

正式店舗では、このような簡素な包装で安く買い求めることができるセットなどあったりしてうれしいですね。

彦根美濠の舎
滋賀県彦根市本町1丁目2-33
TEL 0749-24-5511
年中無休(1月1日除く)
和・洋菓子販売9:00~19:00
茶屋・甘味10:00~19:00(L.O.18:00)
食事11:00~15:00(L.O.15:00)
カフェ10:00~19:00(L.O.18:00)
アイス工房11:00~17:00
 


お次は、たねや発祥の地、近江八幡にある「日牟禮(ひむれ)ヴィレッジ」内の「たねや」と「クラブハリエ」です。

私のブログではこちらに書いています
クラブハリエ 017

こちらの「クラブハリエ」は本店で、ここでは出来立てのバームクーヘンを食べることができました。
クラブハリエ 034

生のバームクーヘンはしっとりしていてふわふわ。やはり美味しいです。

休日は長時間待ちの行列覚悟で行く必要があります。
クラブハリエ 026

「たねや」のほうは、こちらは純和風の店構えで、同じく店内で出来立ての和菓子を食べることが出来ます。
クラブハリエ 047

こちらは出来立ての「つぶら餅」。
たねや 001

見た目はたこ焼きみたい?
たねや 002

なお、「たねや」は、近江八幡市のこの近くに近江八幡店(本店)があります。ここが発祥の場所ですね。
たねや

クラブハリエ 日牟禮館
TEL 0748-33-3333
滋賀県近江八幡市宮内町246 日牟禮ヴィレッジ
9:00~18:00
無休

お次は、一昨年1月にオープンさせた、たねやグループのフラッグシップ店「ラ コリーナ近江八幡」。
ラ_コリーナ近江八幡 (2)

私のブログではこちらに書いています
ラ_コリーナ近江八幡 (55)

建物の設計は建築家・建築史家としても著名な藤森照信氏。一見の価値があります。
ラ_コリーナ近江八幡 (18)

毎年のように新しい施設が今後も出来ていくようで、進化する「ラ コリーナ」ということです。
ラ_コリーナ近江八幡 (56)

こちらのカフェでも生バームクーヘンを食べることができます。
ラ コリーナ (8)

あと、ソフトクリームも美味しいですよ。

こちらも人気の施設なので休みの日は相当混雑していると思います。

ラ コリーナ近江八幡
滋賀県近江八幡市北之庄町
ラ コリーナ
TEL 0748-33-6666
メインショップ9:00~
カフェ 9:00~ (L.O.17:00)
元旦除き無休

最後は、守山市の「守山玻璃絵館」です。
クラブハリエ守山

こちらのお店に併設のカフェでは、バームクーヘンなどの食べ放題ビュッフェを営業しています。超人気で休日は朝営業が始まってしばらくで、その日対応できる人数分が完売になるということです。
クラブハリエ (5)

事前予約は出来ないので、休日は朝から順番待ちをしなければ、ありつけないのです。^^;
クラブハリエ0243

私は店舗でお土産を買い求めることのみで帰りました。^^;
 
これからも益々「たなやグループ」の展開に目が離せないですね!?

守山玻璃絵館
TEL 077-583-5111
滋賀県守山市吉身3-19-15
9:00~19:00
無休(1月1日を除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

個人的にはあまり甘いものも得意な方ではありません。

ただ、歳を重ねるとともにだんだんと甘いものも食べるようになってきました。なぜでしょうかねぇ?

とはいえ、まだまだアンコ類は今でも苦手で、甘いものでも食べるのはもっぱら洋系のケーキやお菓子類が多いです。
ドゥブルベボレロ

さて今日紹介します滋賀県守山市に本店がある「ドゥブルベボレロ(W.Bolero)」のオーナーパテシィエの渡邊 雄二氏は、CCC(セーセーセー)と呼ばれる、フランスのショコラ愛好家による会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ=チョコレートをかじる人たちのクラブ)」の評価で、2015,2016年の2年連続金賞に輝いている方です。
ドゥブルベボレロ (20)

滋賀県でも洋菓子部門で唯一、食べログの「JAPAN SWEETS AWARD」の候補店となっています。お店の入り口にはTripadvisorのシールも張られています。
ドゥブルベボレロ (19)

さて、そんな人気のお店に過日、滋賀県に行った折りに、ティーブレイクのために入りました。
ドゥブルベボレロ (16)

人気店なので、事前に電話で喫茶サロン(カフェ)の予約を入れたのですが、喫茶サロン(カフェ)の予約は受けていないようです。一応、空いているということでお店に向かったら、ちょうど店内のテーブル席が空いて、我々5名が座ることが出来ました。
ドゥブルベボレロ (17)

店内以外にも外にはテラス席もあって、これからの季節のお天気がいい日は外で美味しいスイーツや飲み物をゆったりと楽しむのもいいかもしれません。
ドゥブルベボレロ (2)

まずはケーキなどを選び、飲み物はカフェスペースでオーダーします。支払いは最後に一括で行います。
ドゥブルベボレロ (22)

さすが人気店です。ショコラ以外にも、美味しそうなケーキ類や、パン、クッキーなどの焼菓子の種類も豊富でした。

ちなみに、こちらのお店、大阪本町にもお店を出していますね。

私は、こちらのお店のケーキの中では一番人気という、アイアシェッケを頼んでみました。
ドゥブルベボレロ (10)

これはドイツ東部ドレスデンの地方菓子で、濃厚なベイクドチーズケーキです。そぼろ状のクッキーの下に、バターとカスタードクリーム、さらにはその下にレーズンが入ったクリームチーズ主体の層、そして一番下にクッキー生地という4層仕立てになっているケーキで、手間ひまかかっています。

甘さも上品で、とても美味しいケーキでした。
ドゥブルベボレロ (12)

飲み物は紅茶(アールグレイ)を頼みました。
ドゥブルベボレロ (14)

妻のほうは「ポワリエ」。洋梨とショコラのプチガトー。キャラメル風味のムースショコラオレが主体です。上にはクルミと何のナッツだったかな?が乗せられています。
ドゥブルベボレロ (11)

飲み物はコーヒーです。
ドゥブルベボレロ (13)

息子はこちらの「サント・ヴィクトワール」を頼んでいました。フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東にある山の名前です。まさに山の形状ですね。

ケーキの種類でいえばモンブランなのですが、周りをチョコレートスプレーを吹き付けた生クリームで囲んでいて、中が栗のペーストという逆転構造のモンブランなのです。
ドゥブルベボレロ (9)

娘はフランス菓子のタルトの中でも定番の「タルト・ダプリコ」という洋梨を使ったタルトです。

息子と娘のケーキは対面から写真を写したので、裏側です。^^;
ドゥブルベボレロ (15)

あと、最後のこちらのショコラを試食で出してくれました。ありがとうございました。

こちらのお店は、マカロンもおすすめらしいのですが、こちらは妹へのお土産で母が買い求めていました。写真はありません。

テイクアウトのお客さんの方が多いので、店内は常に混雑している状態でした。

さすがに賞を連続して受賞するなど人気のお店です。洋菓子も凝った作りのものが多かった気がします。もちろん味の方もお墨付きですね!?ご馳走様でした・

ドゥブルベボレロ(W.Bolero)
滋賀県守山市播磨田町48-4
TEL 077-581-3966
11:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(祝日の場合は翌日休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング   

私のブログでも2度ほど登場したことがあります「菓子工房よどがわ」。
よどがわ (6)

今回、ランチ後にお茶をしに伺いました。

前に行った時は、カフェコーナーはまだなかった記憶があるのですが、オーナーのご実家は、かの有名な加賀市の丸八製茶場です。

そこに併設されている「茶房 実生」を思い出し、何となくですが、加賀棒茶を飲みながらケーキを食べるシチュエーションを頭で描きながら出かけてきました。
よどがわ (10)

ご覧のように、お店自体は当初はカフェを併設するというつもりがなかったのでしょう?壁(窓)際に席が設けられています。

もちろん、飲み物だけでもokですが、せっかく「菓子工房」に来たのですがら、当然、ケーキも頼んだ方がいいでしょうね!?
よどがわ (15)

メニューはこんな感じです。ケーキと飲み物のセットで頼むのがいいでしょう。
よどがわ (16)

くつろぎセットはコーヒーもしくは加賀棒茶との組み合わせが850円(冷は+50円)。紅茶はストレートティーと組み合わせで1,000円(冷は+50円)となっています。こちらがおすすめだと思います。
よどがわ (17)

セットには「いぶろーる」と他のミニケーキ(通常の半分だそうです)、そして「茶玉 抹茶」が一つ付いてきます。
よどがわ (9)

「いぶろーる」は、ショーケースの中に並んでいる中から選びます。

その中から私は、紅茶のセットにして、「いぶろーる」はアールグレイをチョイスしました。
よどがわ (24)

アールグレイ「いぶろーる」は、紅茶のアールグレイの風味と、ほのかにラムの香がするバニラクリームを包んだ少し大人の味のロールケーキでした。
よどがわ (23)

紅茶は残念ながらアールグレイではなくアッサム。しっかりとした味わいで甘みとコクがあります。
よどがわ (20)

ミニケーキは、生チーズを使ったチーズケーキでした。フランス産のクリームチーズを使っていて、コクがあって滑らかな味でしたよ。
よどがわ (19)

妻のほうは、「棒茶チョコ」をチョイス。加賀棒茶の微粉末をスポンジとクリームに混ぜ込んである「いぶろーる」に、まわりをベルギーCALLEBAUT社のカカオ75%のチョコレートパウダーでコーティングして仕上げてあります。
よどがわ (18)

この甘さも、加賀棒茶ですっきりと後口よく食べることが出来ました。
よどがわ (21)

一個だけ添えられている「茶玉 抹茶」は、煎茶の入ったクッキーに、抹茶の衣が付けられています。

国府台という山沿いの小松市の外れにある「菓子工房よどがわ」。ランチを済ませて、ぶらりデザートを食べ、そしてお茶でいっぷくしに出かけるのもいいかもしれません。ご馳走様でした。

菓子工房よどがわ
石川県小松市国府台2-96
TEL 0761-47-0883
10:00~19:00
月・火曜休
※月曜又は火曜が祝祭日の場合は営業、水曜日が振替休日


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

珍しくお土産の紹介です。九州で買った人気の品です。

福岡空港大改装中だということは、先日の因幡うどんの紹介のときに触れました。

行ったのが2月の後半ということで、ちょうど苺、「あまおう」の季節。

空港内のお土産屋さんには、「あまおう」を使ったお菓子類が、ここぞとばかりに並んでいます、

そんな中、私が買ったのは、これらの品々です。
福岡土産 (2)

福岡の和菓子の老舗、石村萬盛堂の「あまおう苺鶴乃子」と、花福堂「まっかな苺のミルフィユ」。季節限定の商品です。

「まっかな苺のミルフィユ」はホワイトデー用のパッケージ?白色でした。中もホワイトチョコレートを使用しています。

さて、今回紹介するのは「伊都きんぐ」の「どらきんぐ生」という生菓子です。
あまおう苺

こちらの品は11月下旬~5月末頃までの「あまおう」の収穫期間限定の商品。今回、家へのお土産で1個410円で4個買い求めました。
あまおう苺 (3)

中には糸島産「あまおう」が、丸ごと1粒ぜいたくに使われています。

苺のブランドとしては全国区となった福岡の「あまおう」。

その「あまおう」をあんこでくるみ、さらに塩バニラでくるみ、それをどら焼きのような生地の皮でくるみ焼きあげたものです。
あまおう苺1

通常どら焼きよりは団子っぽい形ですね。中にあまおう苺が、丸ごと1粒入っているので当然といえば当然です。
あまおう苺  (2)

生地はしっとりとしています。切ってみるとこんな感じです。見ただけで美味しそうです。

あんこの甘さを塩バニラの塩分と「あまおう」の甘酸っぱさが、絶妙に混ざり合ってとても美味しいです。

410円と、少し値段は高いのですが、その価値は十分あります。家族全員が美味しいと言っていました。

塩バニラ以外には、普通のバニラ味、抹茶味があって、他にも「あまおう」が1個丸ごとではなく刻んだりクリームにしたりしたり、値段を抑えたものも何種かありましたが、空港で買えるのは全部ではありません。

伊都きんぐ 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港ターミナルビル内北側出発ゲート前仮設店舗営業
TEL なし
6:30-21:00
無休

お次は鹿児島名物のさつま揚げ。

さつま揚げという呼称は、今でこそ鹿児島でも一般に呼ばれますが、主に東日本での呼び名。関西、とくに大阪では「天ぷら」の中に包含されていたりしています。鹿児島では一応「つけ揚げ」というのが正式な呼称です。

そのさつま揚げの業界でも、いまトレンドとして新しい、創作系?のオリジナルさつま揚げが人気となっています。

今日紹介します「玖子貴(きゅうじき)」という難しい読みのお店は、鹿児島県日置市に本社があって、鹿児島中央駅に本店があります。

東京では「COREDO室町2」にもお店を出しています。

すべて、お店で揚げ立てのを販売していて、ほかにネット通販もやっています。

今回鹿児島に出張があり、お土産を調べていたら、ここは「黒柳徹子とマツコがTV番組で絶賛した鹿児島の人気店」だということを知りました。

私はミーハーではないと思いますが、あの黒柳徹子さんとマツコデラックスが押すのならば一度買ってみようと思い立ち寄りました。
玖子貴 (5)

しかし、実は買ったのは博多駅にあるお店です。^^;

何故か、出来立てが美味しいさつま揚げ。鹿児島で買うよりは飛行機で帰る地、福岡で買ったほうがいいと思ったからです。

ということで、博多駅の駅ビル内、マイングに入っている「マイング博多駅店」で買い求めました。
玖子貴

黒柳徹子さんとマツコデラックスが一押しなのが「やきもろこし(270円)」と「葱しお天(227円)」。(金額はすべて税込)
玖子貴 (4)

特に「やきもろこし」は累計100万個を突破している人気商品なのだそうです。

こちらのお店、さつま揚げの内容やビジュアルも、他店とは少し異彩を放っています。
玖子貴 (7)

「やきもろこし」も、まさにとうもろこしの見た目を彷彿とさせてくれる形状で、切るとこんな感じです。

味の方も、とうもろこしの甘み、中のさつま揚げも、その日に揚げられたものは温めると、柔らかくて甘みとうま味が口に中に広がります。

とうもろこしは、缶詰のものを使っているわけではなく、北海道産のとうもろこしを焼いてまぶしているのです。そのため、お値段も少々お高くなっています。
玖子貴 (10)

「葱しお天」はこんな感じです。ネギの風味が練り物そのものの味をさらに引き立てます。
玖子貴 (6)
 
他にはこんなのも買い求めました。「エビレンコン(130円)」「ごぼうかき揚げ(162円)」「たっぷり安納芋(270円)」「みたらし生姜だんご(180円)」です。
玖子貴 (12)

どれも素材の味を大事にした仕上がっているさつま揚げで、脂っこくなくとても美味しかったですよ。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

「日菓(Nicca/HASHIDATE)」は、2016年11月にオープンした体に優しい焼菓子を製造・販売しているお店です。
日菓 (2)

実は昨年秋にお店の前を通った時に、工事をしていて何のお店が出来るのだろう?と思っていました。

そこでネットなどで調べて、「日菓(Nicca/HASHIDATE)」という焼菓子を製造・販売しているお店だということがわかりました。
日菓 (3)

場所は橋立港の近く、加佐の岬へ向かう道の分岐交差点、橋立郵便局のとなりです。わずか5坪の小さなお店で私がお邪魔した時も4名のお客さんが店内にいて満員状態。狭いお店です。^^;

事前の情報ではオーナーの小林さんは小松の喫茶店「桐」で働いていたようです。

しかし、2015年12月に「桐」が閉店して、地元の加賀市に自分のお店を持つことを決意され、現在に至っています。
日菓 (5)

「日菓(Nicca/HASHIDATE)」で作っているお菓子は、乳製品・バター・卵などは使用しておらず、なたね油・きび砂糖・豆乳など植物性材料のみを使用しています。そんな体に優しい焼菓子店なのです。お菓子以外にも焙煎珈琲・スムージー、自家製シロップジュースなどがテイクアウトできます。 

どんなお店かは、彼女がアップしているサイトを見てください。素敵な写真がいっぱい載せられています。

お店も彼女のこだわりを感じることが出来る素敵なインテリアでした。
日菓 (4)

この近くにギャラリーショップ「Cullet」を構えているガラス作家の秋友伸隆氏の「太閤鏡餅」も飾られています。
日菓

我が家にも同じものがありますよ!

では、今回買い求めたものを紹介していきます。
日菓 (7)

私たちが到着した13時少し前には、店内の焼菓子もだいぶ売れてしまって、残り少なくなっていました。^^;
日菓 (10)

マフィンが焼きあがっても並べられる前に買われているような状況で、
日菓 (14)

我々もこちらの「林檎とシナモン(280円)」と、本日のマフィン「メープルシロップ(280円)」が各々一個ずつ残っていたので、それを買い求めました。

植物性のパウンドケーキは、本日のパウンドケーキ「ごまとナッツ(250円)」を買い求め、こちらは私が食べました。ゴマの風味が勝るほどとても優しい味でした。
日菓 (12)

あと「いちぢくのブラウニー(200円)」も。
日菓 (11)

こちらの「豆乳ばななジュース(420円)」はテイクアウトして飲みましたが、こちらも豆乳を使っていて優しい味でバナナの味がクリアに感じられるジュースでしたよ。

小さなお店ですが、随所にオーナーのこだわりが感じられ、もちろん、売られているお菓子も体にいい美味しいものばかり。今後も近くを訪れる機会があれば買い求めたいと思います。ご馳走様でした。

日菓(Nicca/HASHIDATE)
石川県加賀市橋立町イ甲73
TEL 090-4689-2450
11:00~18:00
月曜・火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ