あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: スイーツ・和菓子

加賀市にプリンが美味しいお店があるということで行ってきました。

約9000羽のにわとりが飼われていて、さくら・もみじたまごを作っているヒラオカポートリー(平岡養鶏場)直営のお店で、当然のごとく新鮮な卵を売っているところでもあります。

さくら・もみじたまごは、小松や加賀のほうのスーパーなどでも売られているので、買われている方も多いと思います。

お店に近くには、ご覧の卵の自動販売機も設置されていました。
ココット (16)

そのヒラオカポートリー(平岡養鶏場)が、自社製のたまごの良さを知ってもらおうとやっているのが、今日紹介します「たまごとお菓子の店 ココット」です。
ココット (4)

前々からよくお店の前は車で通っているのですが、何となく入りそびれていたお店です。

ココット (18)
お店の裏には、なぜか山羊や羊が飼われていました。
ココット (9)

店内にも、ある程度大きくなったひよこが飼われていて、元気よく鳴き声を発していました。
ココット (24)

さすがに養鶏場直営だけあって、色々なサイズが揃っています。それに、黄身が二個のたまごもたくさんありました。
ココット (23)

色々なサイズを買い求めましたが、一番小さいサイズのと、黄身が二個入っているサイズのとは、大きさで倍、容積では4倍ぐらいありそうです。
ココット (22)

ショーケースがちょうど故障していたようで、最初、スイーツ類はもうやっていないかと思いましたが、奥からプリンとケーキが出てきました。

生みたて卵で作るこだわりのスイーツです。

では、買ったものを紹介します。まずはプリンから。

たぶん、お店一番のウリは「贅沢カスタードプリン(250円)」だと思います。こちらは、たまごの黄身一個分が入っているプリンです。写真では左側です。
ココット (8)

甘さ控えめながらも滑らかな口当たりの濃厚なプリンでした。

写真の右側は、生クリームの濃い味が特徴の「白プリン(250円)」、もちろんたまごの味もしっかりしていましたよ。

あと、自家製のケーキもあるということで買い求めました。
ココット (12)

パウンドケーキをカットしたような形で、この写真の一番左が「濃厚チョコケーキ(200円)」。その隣が「キャロットケーキ(200円)」です。
ココット (10)

「キャロットケーキ」はすりおろしたニンジンが入っていて、中にはクルミも入れられています。
ココット (15)

温泉たまごも買い求めました。「さくら蒸したまご(税込310円)」は黄身の味が濃厚でしたよ。
ココット1

生卵ももちろん、黄身の味が濃い感じがしました。

スーパーで売られているさくらたまごも同じなのでしょうが、なぜか直営店で買ったほうが美味しく感じるのは私だけでしょうか?ご馳走様でした。

たまごとお菓子の店 ココット
石川県加賀市分校町259-1
0761-74-8289
10:00~18:00
水曜・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸地方も昨日梅雨明けして、本格的な夏が来ました。

真夏はかき氷が恋しくなりますが、このときはアイスクリームのほうが美味しい時期でした。
道の駅千里浜 (6)

今日紹介のお店は、石川県では有名なジェラートのお店「マルガージェラート」。今回、昨年オープンした「いい道の駅のと千里浜」で食べてきました。

昨年、イタリア・パレルモで開かれた世界最大のジェラート祭コンペティション部門で、並み居るイタリア人職人を破って総合優勝したことで一躍有名になった「マルガージェラート」代表の柴野さん。

TBSの人気番組「情熱大陸」の6月3日の放送でも取り上げられていました。凄いですね!?


「マルガージェラート」は搾りたての生乳100%で作られ、フレーバーには地場産の新鮮な無添加野菜や果物が使われているこだわりのジェラートということ。無添加で低脂肪なのもうれしいです。
マルガージェラート

こちらのお店は「いい道の駅のと千里浜」内にある小さなスペースのお店で、運営は羽咋まちづくり株式会社が行っているようで、いわゆるFC店ということです。

何種類かのフレーバーが並んでいますね。
マルガージェラート (2)

どれがおすすめかをお聞きしたら、こちらでしか売られていない、羽咋米を使用したオリジナルジェラートがおすすめということで、そちらの「羽咋米クリームチーズ」をオーダーすることに。
マルガージェラート (4)

コーンとカップが選べますが、我々はカップでお願いしました。

羽咋と言えば、ローマ法王に献上したことで知られる神子原米が有名ですが、こちらの使っている羽咋米のがそうなのかはわかりません。

「羽咋米クリームチーズ」には、本当のお米が入っています。クリームチーズの味そのものがしっかりしているので、お米そのものの風味がわかるかというと、私にはあまりわかりませんでした。

でも、美味しいジェラートでしたよ!

ちなみに、少し添えられているのはグランピスタチオ。2014イタリアジェラート世界大会の課題部門ピスタチオで入賞したフレーバーです。

あと、こちらは定番のフレーバーで「能登の塩」も食べました。
マルガージェラート (3)

過去に何度か食べたことがあります。

ほのかに塩味が効いたジェラートで、こちらも美味しいです。

前に本店でも食べた、珠洲市特産の天然塩を使った「天然塩のジェラート」と同じではないかと思います。バージョンは上がっているかもしれませんが?

添えられているのはイチゴのソルベでした。

両方とも、さっぱりとあと口が爽やかで美味しいジェラートでしたよ。さすが世界一のジェラートに輝いただけあります。ご馳走様でした。

マルガージェラート 羽咋
石川県羽咋市千里浜町夕1-62
 いい道の駅のと千里浜店内
TEL 0767-22-3891
10:00~16:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は小松市安宅町に4月6日にオープンした新しいケーキ屋さんの紹介です。

ブログではあまりケーキのお店は紹介していないのですが、カフェ併設ということで行ってきました。

ユウスイーツ

昔スナックだったお店を改装されています。
ユウスイーツ (11)

カフェスペースも併設されているお店で、カフェスペースはまさに前のスナック感が出ていますね。
ユウスイーツ (4)

ちなみに、オーナーパテシエのご実家が小松駅の高架下で営業されています人気のうどん店「小松うどん道場つるっと」なのです。

小松にUターンされていますが、一時、ご実家のうどん店のチーフとして働きながらケーキ作りをやられていました。その前は大阪でリーガロイヤルホテル堺やパティスリー まめの木などに勤務されて腕を磨いていたようです。

奥さまは大阪の方で、今年の雪にはさすがにびっくりされていました。

この日は一人でお邪魔しました。12時少し過ぎたころで、お店の前には車が4台ほど止まっていて、満席かな?と思うほど。
ユウスイーツ (2)

中に入ると、カフェ使いの方もいらっしゃいましたが、テイクアウトの方が順番待ちをされているかたが多かったです。

順番を待って、レジのところでケーキのオーダーしてテーブル席に座って待ちます。
ユウスイーツ (8)

食べたのは、「ベイクドチーズケーキ(380円)」。ケーキ類は大体400円前後。
ユウスイーツ (3)

他にも焼菓子類の種類が豊富にありました。糖質制限チョコバーなんてのもありました。面白いですね。
ユウスイーツ (13)

頼んだドリンクは、蒸し暑い日だったのでアイスコーヒー。
ユウスイーツ (7)

こちらのお店はドリンクもテイクアウトできます。
ユウスイーツ (12)

この日、私もテイクアウトしましたが、買い求めたのはケーキではなく、こちらのキッシュ(350円)です。
ユウスイーツ (14)

ベーコン・シメジ・ホウレンソウをバターでソテーした上で、胡椒・塩・ナツメグを効かせてある味。上品でケーキ屋さんの作るキッシュらしくほのかな甘さが心地よいものでした。美味しかったですよ。

このキッシュは常時あるわけではありません。あるかどうかはお店にご確認をお願いします。

小松のスイーツ店がいつの間にか増えていて、激戦地の様相ですが、こちらのお店はカフェ併設なのがうれしいですね。ご馳走様でした。

ユウスイーツ ケーキアンドベイク
YU SWEETS cake and bake
0761-66-8107
石川県小松市安宅町子1-1
木曜,2・4水曜
臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回札幌で宿泊したホテルの近くだったので六花亭の札幌本店に立ち寄りました。
六花亭 (10)

六花亭と言えば、マルセイバターサンドやチョコレート菓子などで有名で、私も昔、帯広の本店にも行ったことがあります。

空港や百貨店でもお土産として人気で、いまでは道内に多くのお店を展開しています。
六花亭 (11)

札幌本店はJRの札幌駅にほど近い場所に6階建ての自社ビルを持っています。儲かっているのでしょう?立派な建物です。
六花亭 (9)

1階が店舗。2階が喫茶になっていました。
六花亭 (8)

店舗では、新千歳空港などでは売っていないパッケージやお菓子類があって、今回お土産で買い求めました。

どうせパッケージは捨てるだけなので、自宅や妹のところは簡易梱包のものでいいのす。そのほうが安いからね。
六花亭 (12)

今回はこちらで、こんなものを買い求めました。

マルセイバターケーキは、マルセイバターサンドのケーキ版の位置付けですね。気温を気にせず持ち運びできるバターの風味豊かなスポンジケーキです。
六花亭 (14)

バターをたっぷりと使っていて、間にはチョコガナッシュをサンドされています。

まぁでも、マルセイバターサンドのほうが美味しいかな?
六花亭 (13)

あと、こちらでは、バラ買いが出来るのもうれしいです。マルセイバターサンドと並んで一個のみ写してあるのが「マルセイキャラメル」。最小のパッケージが8個入りだったのですが、そんなにはいらなかったのでバラで4つ買い求めました。

さて、「六花亭 札幌本店」は他の店舗と違い、お店限定でしか食べることが出来ない商品があります。
六花亭 (7)

マルセイアイスサンドは、あのマルセイバターサンドのアイス版。
六花亭

アイスクリームにホワイトチョコレートとレーズンを加え、ビスケットでサンドしています。これからの季節にいいですね。小さいサイズが4個なので食べやすいのもgoodです。
六花亭 (2)

黒っぽいのは雪こんチーズ。見た目はアイスクリームサンドのような感じ。シックなダークココアのビスケットに、濃厚なベイクドチーズケーキがはさまれています。
六花亭 (3)

値段は両方とも200円です。賞味期限は何と2時間!

両方ともお土産では持って帰るのが無理なので、お店で食べます!

雪こんチーズは、注文を受けてその場で作っているようです。ココアビスケットのサクっとした食感が損なわれないうちに食べる必要があるので、賞味期限なのですね!?なるほど。

ベイクドチーズとの相性もいい感じでした。

食べるには六花亭のお店、それも置いてあるお店が限られます。是非一度食べに行ってください。ご馳走様でした。

六花亭 札幌本店
北海道札幌市中央区北4条西6-3-3
TEL 0120-12-6666
10:00~19:00
2F喫茶室は10:30~18:00(L.0.17:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでも、それほど登場することがない洋菓子屋さん。

今日は久しぶりに紹介します。

そのお店は、先日オープン1周年を迎えたばかりの山中温泉にある「オオカミのいえ」。

少し変わった店名です。おっと!この文章を書いていて思い出しました。店名の由来を聞くのを忘れたことを。^^;

4月21日でオープン1周年を迎えた翌日にお邪魔しました。

女性パティシエがオーナーのお店で、小さいながらもわいい店舗です。お一人で切り盛りされていました。フランスへの留学経験を持っていて、帰国後は関東のケーキ屋さんやカフェなどで働いていましたが、故郷の山中温泉にUターンしてきたという経歴です。
オオカミのいえ

私は朝10時のオープン時間めがけて向かいましたが少し道を間違え、到着したのが10:05。すでに3組ほどのお客様が店内にらっしゃいました。

メイン通りに面しているわけではなく、まわりも住宅街なので、通りがかりで入るお客さんは居ないと思います。
オオカミのいえ (7)

中も同じようなテイストで仕上げられていて、インテリアはご自身がDIYで相当手を加えているようです。

お菓子は「手づかみで食べられる毎日のおやつ」というコンセプトで作られています。焼菓子が中心ですが、生クリームを使ったものやキッシュなども作っています。
オオカミのいえ (5)

この日の品揃えはこんな感じ。
オオカミのいえ (6)

焼菓子の種類も豊富です。
オオカミのいえ (18)

私が買い求めたのは、「いちごのタルト(380円)」を2個。これは妻と娘が食べました。
オオカミのいえ (19)

「バナナのタルト(350円)」の下のほうにはカシスが忍んでいました。カシスの酸味とバナナの甘さのバランスが絶妙です。
オオカミのいえ (17)

2種類のチーズたっぷりと季節の野菜のキッシュ(400円)は、夕食のおかず&ワインのお供になりました。

焼菓子も4種類買い求めました。
オオカミのいえ (20)

「こがしバターの香りフィナンシュ(160円)」、ふわりと香るラム酒とバニラの「ガレット・ブルトンヌ(160円)」、「フロランタン(180円)」、「いちじくとキャラメルのケイク(150円)」です。
オオカミのいえ (24)

「いちじくとキャラメルのケイク」は赤ワインで煮たいちじくとキャラメルの深い味わいが相性抜群でした。
オオカミのいえ (23)

昔懐かしいレモンケーキも買いましたが、レモンピールが入ってしっとりふんわりでそんなに甘くなかったのがよかったです。
オオカミのいえ (21)

あと、お店がオープン1周年ということで、こちらの手作りジャムがサービスでもらうことが出来ました。私はイチゴジャムをチョイス。

お一人で切り盛りされていているので、その日、どんな商品が並ぶのかなど違うので、彼女がFacebookページでアップされている情報を確認されてから行かれたほうがいいと思います。

値段はそれほど安くはないと思いますが、甘さ控えめで「大人のおやつ」といった感じのお菓子類でした。ご馳走様でした。

オオカミのいえ
石川県加賀市山中温泉塚谷町イ-285
TEL 0761-76-5037
10:00~18:00
月・火曜休
(売り切れ次第終了)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ