あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

8月に2回目の長野県。今回は出張で長野駅前で宿泊。久しぶりに車での移動でした。

長野駅前のホテルに宿泊して、仲間と一緒に夕飯を食べるために選んだのが、今日紹介します居酒屋「もみじ茶屋」です。
もみじ茶屋

こちらは信州の郷土料理が色々楽しむことが出来るということでチョイスしました。

元々はそば屋さんだったところが「戸隠そばと郷土料理と地酒が楽しめる店」に変わって営業されているようです。

事前に予約を入れて伺いました。1階はカウンター席とテーブル席。2階が座敷となっていて。我々は2階に案内されました。

信州長野の郷土料理を始め、居酒屋メニューも色々あって、もちろん信州の地酒も楽しめます。

こちらのお店で一番のおすすめはご覧の「選べる晩酌セット」です。
もみじ茶屋 (4)

1,800円で生ビールか日本酒1合に、3種類の肴を選らんで楽しむことが出来るのです。しかも、3種類×3種類、計9種類の中から。
もみじ茶屋 (9)

ドリンクは、暑い日だったので生ビールにしました。お通しは「鞍掛豆のひたし豆」だと思います。前、鞍掛豆についてはケンミンショーで紹介されていました。
もみじ茶屋 (6)

そして我々は3人で行ったので、すべての9種類の肴を頼むことにしました。

ちなみにAカテゴリーは馬刺し・信州サーモン・マグロ山かけ。Bカテゴリーは茶豆(枝豆)・イナゴ・ホタルイカ沖漬。Cカテゴリーはもつ煮込み・合鴨スモーク・タコ唐揚げとなっていて、各カテゴリーから一種類ずつ選ぶ形になっています。

順番に紹介していきますね。まずAカテゴリー。
もみじ茶屋 (14)

「馬刺し」は赤身。ですが私は食べません。
もみじ茶屋 (15)

「信州サーモン」は脂が乗っていました。ちなみに「信州サーモン」とは、ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した一代限りの養殖品種のことです。

海なし県ですが、海で獲れるものも入っています。
もみじ茶屋 (16)

これは「マグロ山かけ」。

次にBカテゴリーです。
もみじ茶屋 (18)

「茶豆(枝豆)」は生ビールのつまみです。
もみじ茶屋 (22)

「ホタルイカ沖漬け」です。
もみじ茶屋 (11)

そして、これは「イナゴ」です。佃煮で食べます。長野県では常識ですね!?よく揚げられていてイカナゴの佃煮のようなものです。
もみじ茶屋 (12)

最後のCカテゴリー。「もつ煮込み」と、
もみじ茶屋 (23)

「合鴨スモーク」は私は食べません。
もみじ茶屋 (19)

八幡屋礒五郎の七味唐辛子をかけて食べていました。
もみじ茶屋 (13)

これは「タコ唐揚げ」です。

以上が、「選べる晩酌セット」の肴9種類です。

では、それ以外に頼んだ料理とお酒についても紹介します。

長野の「ほたるどじょう」を唐揚げしている「活どじょう唐揚げ(500円)」は、石川県でどじょうの唐揚げで使用されるどじょうとは違って、大きなどじょうを使っていました。

もみじ茶屋 (24)
滋養強壮に良さそうです。

これは、「岩魚骨酒(2合1,500円)」です。岩魚の骨酒なんて飲むのは何年ぶりでしょうか?
もみじ茶屋 (28)

注文してから岩魚を素焼きしているので30分ほど時間がかかりましたが、素焼きの岩魚が丸ごと一匹入っていて、岩魚の香ばしさと美味しさが熱燗に染みだしています。
もみじ茶屋 (31)

お酒を飲み干すと、岩魚を取り出して身を食べます。粕漬けのような風味を感じますね。
そして、締めに信州そばを頼みます。

「大ざるそば(880円)」は3人でシェアして食べました。ちょうどいい量です。
もみじ茶屋 (29)

根曲り竹で編まれたざるに盛られているので戸隠そばです。そのためしっとり感がありました。つけ汁はカツオが効いていましたが少し甘めです。
もみじ茶屋 (30)

そば湯も出していただきました。サラッとしたそば湯です。
もみじ茶屋 (21)

あと、お酒ですが、日本酒何を頼んだか忘れましたが、たぶん、長野の酒だったと思います。私はハイボールも頼んでいますね。

以上、3名で飲み食いして一人当たり4,800円ほど。

長野郷土料理を一通り楽しめて、コスパ的にもリーズナブル。観光客や出張で長野に来たビジネスマンなどにはうれしいお店だと思いました。ご馳走様でした。

もみじ茶屋 (もみじちゃや)
長野県長野市南長野南石堂町1368-9
月~金17:00~23:00(L.O.22:00)
土17:00~22:30(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

少し時間が経過してしま志ましたが、皆さんはお盆の期間に外食はされているでしょうか?

我が家でも、お盆とか正月は妹家族と一緒に会食するのですが、9~10名となるとなかなかお店選びも大変です。

ちょうど、お盆や正月は休みになる所も多いということもあります。毎回悩むところです。

さて、そんな会食の場所として今回選んだのは、これまでも時々利用させていただいていた飴屋町の居酒屋「いもたこなんきん」です。
いもたこなんきん


いまこのビルの2階には完全予約制の部屋まで出来ているようです。

何度も紹介したことがありますが、名前の由来は、女性が大好きな食べ物が「いも・たこ・なんきん」だというところからです。ユニークな名前ですよね?

こちらへは、お店がオープンした時から行っていますが、オープンしてから20年以上経っているのではないでしょうか?

まずは生ビール(550円)で乾杯です。
いもたこなんきん (3)

突出し(380円)はひじき煮でした。

ここは「自家製ギョーザソーセージ(480円)」が人気で、小松の木場潟道の駅でも冷凍のものが売られていたりします。
いもたこなんきん (4)

その他色々食べましたが、写真を写しているものを中心に順不同で紹介していきます。なお記載の単価は税抜です。
いもたこなんきん (13)

ぶりトロのお刺身(950円)は、さすがに脂が乗っていました。
いもたこなんきん (11)

う巻(880円)は出来立て熱々で美味しかったです。
いもたこなんきん (7)

お刺身盛合せは2人前で3,160円。内容はぶり・サーモン・白身・マグロ・甘海老。
いもたこなんきん (5)

生ダコのカルパッチョ(780円)。
いもたこなんきん (12)

生タコの薄造り(780円)はポン酢で食べました。
いもたこなんきん (9)

サラダとして頼んだのは生ハムとトマトサラダ(780円)。
いもたこなんきん (10)

これは炙り牛おろしポン酢(780円)。私は食べていません。
いもたこなんきん (6)

この「いもたこ風」治部煮(890円)は、若鶏とキノコの治部煮になっていました。変わっていますね?こちらも私は食べていません。
いもたこなんきん (14)

スパイシーポテト(480円)はピリ辛で食べ出したら止まりませんでした。
いもたこなんきん (15)

揚げたこ焼き(480円)は熱々。カマンベールチーズフライ(580円)も熱々でした。食べるとき注意が必要です。

締めに玉子雑炊(580円)頼んだのですが、写真撮り忘れです。^^;

お酒も色々頼みました。県外に住んでいる息子は農口尚彦研究所の酒をオーダーしていました。

農口尚彦研究所の夏酒をデキャンターで(1,380円)。石川県産の五百万石60%精米を使用している生酒。さらっとした口当たりで飲みやすい日本酒でした。
いもたこなんきん (8)

この後、大吟醸と吟醸、そして立山梅酒なんかも頼んでいました。

以上、9名で飲み食いして38,000円ほど。思ったよりは安かった気がします。確かにいつもリーズナブルでメニューの種類が多く、味の面でも満足できる居酒屋です。ご馳走様でした。

いもたこなんきん
石川県小松市飴屋町22
TEL 0761-21-8303
 夢館ビル1~2F
17:30~24:00(L.O.23:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんは、いま本屋さんで売られているランチが500円で食べられるムック本を利用したことがありますか?

石川県では「Lunch Fan!」が有名なようですが、全国的には「ランチパスポート(略してランパス)」という名前で、大体が700円以上のランチが500円になるというのがウリの本です。

お店側としては、広告媒体の一つとして新規来店率を上げるための一助としての広告宣伝費ということしょね!?ランチに食べに来てもらってリピーターとして夜にも来ていただきたいというのが狙いだと思います。

私は一度も使ったことがありません。特に理由はないのですが、まぁ強いて挙げれば、掲載されているお店が選択肢の優先になることは避けたいということでしょうか……?

さて、今日紹介します白山市の和食・居酒屋「酒楽工房 匠」。金沢方面に出かけるときに通り道にランチのお店がないかどうか検索して見つけたお店です。
酒楽工房 匠 (3)

11:35頃お店に到着。お店の前に車が駐車していなかったので最初の客かと思って中に入ると、何と!カウンター席がほぼ埋まっていました。お店の裏側にも大きめの駐車場があるようです。
酒楽工房 匠 (2)

私のあとにも次々にお客さんが入って来るではないですか!?凄い!人気のお店なのだ!?と思っていたら、それらのお客様が「500円のランチ」とか「1,000円のランチ」とかお店の方に伝えるのを聞いて、「ん?何かな?」と最初わかりませんでした。

そうしたら、よく見ると手にピンク色の本を持っているのがわかり、なるほど!と気が付きました。^^;
酒楽工房 匠

また、よくよく見るとお品書きにもその旨が明記されていました!確かに1,580円の「お刺身付き天ぷら定食」が1,000円になるというのはお得ですね!?

本の値段が980円で、一冊で2人までokなので、この「お刺身付き天ぷら定食」を2人で食べれば元が取れることになります。これは一度使ってみる価値がありそうです。

家に帰って検索してみると、今の号が7月末までの有効期限だったことがわかり、この日が7月最終の土曜日で、こちらのお店が日曜日ランチやっていないため、最後のクーポン使用可能日だったのです。

私がいる間のお客様の3分の2ぐらいが、クーポン利用のお客様でした。

「Lunch Fan!」や「ランチパスポート」は有効期限が3ヶ月で、この期間の最終の週末はこのようなお客様が最後の駆け込みで利用することが多いのではないかと勝手に推測するのでした。

だいぶお店のランチ内容とは関係ない話を続けましたが、本題です。

お品書きの中から私が選んだのは、950円の匠定食です。これはクーポンの対象ではありません。焼き物・揚げ物・炒め物の中から私がチョイスしたのは久しぶりの炒め物の野菜炒め。
酒楽工房 匠 (4)

定食には刺身・小鉢・漬物・デザート・ご飯・味噌汁が付いています。

しかし、出されるまでに30分ほどかかりました。クーポン利用のお客様が多くいたため混雑していたからでしょうね?^^;
酒楽工房 匠 (5)

匠定食の肝心の野菜炒めには豚肉もたっぷり入っていました。^^; そしてガーリックもきいていました。
酒楽工房 匠 (6)

刺身はサバとサーモン。デザートはわらび餅でした。

カウンテー席以外にも小上がりや2階に座敷もあって、夜も使い勝手がよさそうなお店でしたね。ご馳走様でした。

酒楽工房 匠
石川県白山市田中町313-3
TEL 050-5890-6533
11:30~14:00
(売り切れ次第終了で日祝はランチ休)
18:00~24:00(L.O.23:30)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

7月中旬に大阪出張時に行ったお店の紹介第2段です。

今回も前回と同じ南船場にある居酒屋で「海鮮酒場 喰海」。
海鮮酒場 喰海 (3)

行ったのは7月の第3週。連日38度越えを記録していた猛暑の中。会社から仕事を終えてダイレクトにお店へ直行。この辺では人気の居酒屋で、粋な若女将がいる人気のお店です。
海鮮酒場 喰海 (10)

ウリは新鮮で、これまた生きのいい魚介を楽しめること。毎朝市場へ買い付け行っているようです。
海鮮酒場 喰海 (4)

そしてお酒にもこだわっていて、日本酒の種類が豊富です。関西のみならず全国の珍しい地酒のラインナップが豊富で、他店と差別化を図っていますね。

これらの有名銘柄地酒は吟醸・純米・大吟醸、何を飲んでも一杯500円均一!これもうれしいですね。

ただウェブでは、生ビールはサントリーのプレモル、それも「香るエール」。ハイボールは角の「超炭酸ハイボール」と紹介されていますが、実際は、生はドライで、ハイボールはブラックニッカのアサヒ系のに変わっていました。契約変更したんですね?
海鮮酒場 喰海 (5)

のどの渇きを癒すために、まずは生ビールで乾杯です。

お通しは4名で3種類出されました。
海鮮酒場 喰海 (7)

ほうれん草のおひたし。
海鮮酒場 喰海 (9)

牛すじ大根。
海鮮酒場 喰海 (8)

これは何だったでしょうか?肉系だったので私は食べなかったので忘れました。
海鮮酒場 喰海 (11)

とりあえず早目に出てきそうなフルーツトマト(300円)と、
海鮮酒場 喰海 (12)

枝豆(380円)を肴に飲みます。

魚介、それも刺身がウリということで、刺身の盛り合わせで「海賊王(3,000円)」というメニューがあって、こちらが4名だとちょうどボリューム的にいいということで、そちらを頼むことにしました。
海鮮酒場 喰海 (18)

出されたのがこちらで、8種類の刺身が乗せられています。大阪でこれだけ新鮮な刺身が食べられるのはうれしいですね。

アワビは肝付きで、コリッとした食感もよく美味しかったです。
海鮮酒場 喰海 (22)

大あさり(1個580円)は酒蒸し。2個頼んで4名でシェア。いい味出してました。
海鮮酒場 喰海 (25)

これは「マグロ中落ちユッケ(880円)」。

中落ちの部分のうま味が凝縮しているところをユッケの味付けで食べます。甘みを感じてハイボールに合いました。
海鮮酒場 喰海 (26)

こちらは「選べる出し巻玉子」。うなぎ入りで680円。出し巻というより玉子焼きでした。

さて、アルコールのほうですが、私はこの日はハイボール路線でした。
海鮮酒場 喰海 (14)

ジャックダニエルのハイボール。
海鮮酒場 喰海 (19)

ブラックニッカのハイボール。両方とも強炭酸仕様です。
海鮮酒場 喰海 (20)

一緒に行った人は日本酒を飲んでいました。この壁に掲示されていた「飲み比べ(980円)」です。

好みの味を伝えると若女将がチョイスしてくれます。

このなみなみと一滴もこぼさずに一杯グラスに注ぐ技術は素晴らしいです。
海鮮酒場 喰海 (16)

最初は辛口のセットで、こんな酒が出されました。
海鮮酒場 喰海 (24)

あと、こちらなど、何度かオーダーして、回し飲みなどしながら味を比べていて楽しそうでした。

以上、4人で飲み食いして18,000円強。コスパ的に満足できましたね。

平日夜でもほぼ満席のお客さまで賑わっていました。さすが人気のお店ですね。ご馳走様でした。

海鮮酒場 喰海(クウカイ)
大阪府大阪市中央区南船場2-6-27
 ラグジェリア南船場1F
TEL 050-5592-2619
ランチ月~金
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪は相変わらずのホテル不足で、なかなか予約がままなりません。

インバウンドの需要が圧倒的で、間際に決まる出張者にとっては、厳しい状況が続いています。

今回は新しくできたホテルに何とか予約を入れることができましたが、料金も高値安定の感がしますね。

さて、今回、いつもより北側に位置するホテルだったため、夜の食事も南船場にしました。

このあたりはむかし大阪に住んでいたところに近いエリアで、知っているお店もあったのですが、この日は、こちらのお店が気になって仲間と4名で行ってみました。

日本酒が復権してから久しいですが、全国の酒蔵では多くの種類の日本酒が毎年売り出されるようになってきました。

特別酒や限定酒・季節酒などのうたい文句のも多々あって、百花繚乱、楽しいといえば楽しいのですが、選ぶのに苦労するかもしれません。

そんな時は、お店の人が料理に合わせて出してくれるお酒を決めてくれるというのは、ある意味安心感があると思います。

この日は最高気温が38度、最低気温も28度という猛暑の日でした。

これだけ暑い日だと、夜の街も歩く人が少なかった気がします。
多満喜 (20)

お店は日宝土地建物の管理する雑居ビルの1階の小さな飲食店街の一番奥にあります。
多満喜 (19)

狭いお店です。カウンター席5つと4人掛けのテーブル席が2つのみ。
多満喜 (3)

予約はコースのみで、そのコースも「酒肴セット(日本酒付)」の1種類でした。

しかし、このコースが素晴らしい内容で、3,980円(税抜)で5種類の料理と、5種類の日本酒が付いてくるのです。

一品一品の料理のボリュームはそれほど多くないのですが、内容と味はとてっも満足できる内容でおすすめです。
多満喜 (5)

まずは、めちゃ暑い日だったので生ビールで乾杯です。
多満喜 (8)

先付は、岩牡蠣でした。
多満喜 (9)

あわせるのは三重県四日市市の酒蔵「タカハシ酒造」の「天遊琳」。冷酒でフルーティな味わいの酒でした。白ワインのような風味も感じられて岩牡蠣にもぴったり!

岩牡蠣もジューシーで大阪で食べられるのはうれしいです。

お造リは、金目鯛、鯛、鱧。
多満喜 (10)

鱧は定番の梅肉ソースで。金目鯛も脂が乗っていました。

こちらに合わせてくれた日本酒の名前は忘れました。^^;
多満喜 (12)

焼物・揚物は、こんな感じで盛り合わせ。

揚物はワカサギのような感じですが、でも時期的に違いますよね?何だったのだろう?説明してくれたはずですが、こちらも忘れました。^^;

中には白身魚のウニたれ焼が隠れています、周囲のあしらいとして、もずく酢・あずき貝など。

今回は鱧がふんだんに使われていますね。酒は新潟の「白龍」でした。
多満喜 (14)

煮物は、鱧と茄子。酒は三重県名張市の「瀧自慢」。熱燗で出されます。さらっとした舌触りでした。

最後は、この暑さの中ですが「鱧鍋」!
多満喜 (15)

普通はクジラハリハリ鍋が出されますが、事前に鱧に変えてもらいました。
多満喜 (18)

ハリハリ鍋は関西ではおなじみの鍋料理で、鯨肉と水菜だけのシンプルな鍋ですが、鱧に替えてもらったからか、水菜以外にも色々な食材がたっぷり入っていました。

水菜の食感が大事な鍋で、シャキシャキしてよかったです。出汁も上品で鱧に合いました。

この鍋に合わせてのお酒は、埼玉県飯能市の五十嵐酒造の「天覧山」で、こちらも熱燗で。

鍋に熱燗は冬にはいいですが、さすがに猛暑の中では遠慮して、私は生ビールも追加でオーダーしました。

熱燗好きな方がいらっしゃったので、その方が美味しそうに飲んでいました。

いかがでしたでしょうか?この内容で3,980円(税別)は安いと思いませんか?味の面でも満足できるコースでおすすめだと思います。ご馳走様でした。

多満喜(たまき)
大阪府大阪市中央区南船場3-1-7
 日宝東心斎橋ビル1F
TEL 06-6121-2434
月~金
11:30~14:00
月~土
17:30~23:00(L.O.22:30)
日祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ