あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

小松大和町にある「魚菜工房・壱」。
壱 (2)

オープンしてから今年で9年目になるそうで、私は7年9か月ぶりに邪魔しました。

前回のときはこちらに書いています

このときはまだ大阪に住んでいた時で、近くのホテルに宿泊してカウンテーでおばんざい料理を中心に一人で楽しみました。

当時は平日だったからかお客さんも私ともう一組いたかな?それほど混んだいなかったと記憶していますが、今回お邪魔した時は、カウンテーもテーブル席、それに奥の個室含めた満席状態。20名以上のお客様が入っていました。

前回はご主人と奥さま?お二人で切り盛りされていましたが、この日は全部で5名も働いているほどに盛況でした。

3年前に発刊されたミシュランガイドの石川・富山版で紹介されたこともあって人気のお店になっているのです。

ご主人は山代温泉にある居酒屋「一力」で腕を磨いたようで、おばんざいや旬な素材を使った美味しい小料理を楽しめる居酒屋と呼ぶにはちょっともったいないほどのお店なのです。

伺ったのは3月3日の桃の節句。前に紹介した東日本大震災復興イベント「キャンドルナイト&Music 2019」が開催された日でした。

妻がその日仕事で、私のみイベント取材。その足でこちらのお店で待ち合わせをすることに。
壱 (4)

こちらは日替わり?おすすめメニューです。他に定番メニューや壁に貼られたものもありました。日本酒の種類が豊富でしたが地元の酒よりも県外の酒蔵の方が多かったです。

私は「キャンドルナイト&Music 2019」の会場でカレーやたこ焼きを食べていたため、今回は、あまりお腹の膨れないものを中心に食べることにしました。
壱 (7)

まずは生ビールで乾杯です。「プレモルマスターズドリーム」です。
壱 (10)

おばんざいの中からは「蓮根長ネギの大葉梅マヨ」を頼みます。水菜が乗せられています。

「お造りの盛り合わせ(1人前1,500円)」は能登で獲れた天然マグロ、柳サワラのたたき、カジキマグロ(石川県ではサワラと呼びます)、イカ、梅貝です。
壱 (12)

ちょうど2切れずつあったので、これで2人でシェアしても十分でした。新鮮で身も厚く美味しいお刺身でした。
壱 (13)

こちらは「サンマつみれ磯辺揚げ」。少し時期外れ?ですが、サンマのうま味がつみれに凝縮されていました。
壱 (17)

あと、3月3日の桃の節句だったので頼んだ「はまぐりの酒蒸し」。大きなはまぐりでした。
壱 (15)

貝については「殻付 酢がき」も頼みました。

なぜかこちらのお店の個数、3個ずつが多い気がします。^^;
壱 (18)

最後に温かいものをということで「ナスとズッキーニの揚げ浸し」を頼みます。揚げ浸しも最近あまり食べなくなりました。
壱 (14)

アルコールは白州と山崎のハイボールです。最近白州と山崎は品薄状態で、なかなか家で飲むためのをボトルを買うことが出来ないので、外食時に飲むことが多くなりました。

だいぶお腹がいっぱいの状態でお邪魔したので、今回はあまり食べることが出来ませんでした。

以上飲み食いして2人で8,400円也!コスパ的にも満足です。

しかし、人気店だけあって店内に活気があり、お客さんの会話も明るく元気がある感じでよかったです。ご馳走様でした。
壱 (20)

PS:お店のトイレに小松市在住の長谷川章さんと、
壱 (19)

同じく森秀一(KAZU)さんの書がかけられていました。

魚菜工房・壱
石川県小松市大和町132
TEL 0761-46-5349
17:30~24:00 (LO 23:00)
月曜休(火曜日が祝日の場合は月曜日は営業。火曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりに福岡の春吉のお店に行きました。

春吉は中洲と天神の間にあるエリアで、便利な場所で美味しいお店がたくさんあるのですが、何せ中洲と天神の陰に隠れて少し地味な印象があるのではないでしょうか?

しかしながら意外と知る人ぞ知る名店も多く、私も福岡に住んでいるときは時々足を延ばしました。
きはる (2)

さて今日紹介します「きはる」は、こちらも人気のお店「独酌しずく」の姉妹店で、「独酌しずく」へは私も9年前に一度行っています
きはる

春吉の交差点の近くにある小さな雑居ビルの2階にあって、1階の入り口に掲げられている提灯と暖簾が目印です。

人気店なので週末は要予約が必要で、私の2週間ほど前に予約を入れて伺いました。

中も狭くて、入口入ってすぐにカウンテー席が10席。奥は小上がり席になっています。
きはる (5)

まずは生ビール。
きはる (3)

お通しですね。3種類が少量ずつ出されました。

私は福岡に来ると必ず頼む料理があります。それは胡麻サバです。

この胡麻サバ。12年前に福岡に転勤になって、居酒屋で食べて以来ファンになった料理、新鮮で脂が乗ったサバを使用して、ゴマをすりおろして作る甘辛いタレをまぶして食べるととても美味しいのです。

ただ福岡のお店いけば必ずあるわけではなく、新鮮なサバが手に入るお店や時期があって、個人的にはお店選びのポイントとしても胡麻サバが行った時に食べられるかどうかを重要視しているほどです。
きはる (4)

こちらがお店のメニューです。看板商品の五島サバを使用した料理は一番最初に書かれていますね。

泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバ(すべて900円)、この3種類をまず頼むことにします。

泳ぎサバ刺、炙り鯖刺が最初に出されます。
きはる (6)

サバ刺は新鮮さがウリで、身が厚く、脂のノリも最高です。

炙り鯖刺のほうは少し熟成させているようです。
きはる (7)

そして胡麻サバ。胡麻だれをよく絡めて食べます。さすが五島のサバをウリにしているだけあって、食感も他とは違ったプリンとした歯ごたえで、胡麻だれもサバのうま味を引き立ててくれている感じがしました。新鮮なのでしょう?
きはる (9)

こちらもサバを使った「鯖ツナでポテトサラダ(750円)」。サバが入っているせいか濃い味のポテトサラダで、美味しかったです。

そして「揚げ立てさつま揚げ(750円)」も頼みました。
きはる (10)

その名の通り揚げ立てで、ご覧のように丸い形のちょっと変わった感じのさつま揚げで美味しかったです。
きはる (8)

お酒はハイボールを頼みました。

この日は朝からお腹の調子が最悪で、本当はもっと色々頼みたかったのですが、飲み食いはこのあたりでやめることに。

そのため2人で9,300円ほど。安くつきました。^^;

次回はもっと体調のいい時に来て色々他の料理も楽しみたいと思います。ご馳走様でした。

きはる
福岡県福岡市中央区春吉3-21-28 2F
TEL 092-752-3312
18:00~25:00(L.O.24:00) 
日曜休(祝日の場合は日曜営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸新幹線が金沢まで延長になってからは北関東に行くのも便利になりましたね。

北関東から金沢に来る人も増えているようです。

しかし、便利になったとはいえ、乗り換えがあって、そして時間がかかります。

宇都宮から小松まで戻るには大宮まで東北新幹線。大宮で北陸新幹線のかがやきに乗り換え、金沢でさらに小松まで特急か普通に乗継して、トータル早くて3時間半ほどかかります。

今回仕事が早めに終わったため、夕飯不要と言ってあったことから金沢で途中下車して、夕飯を食べて帰ることにしました。
魚菜屋 (6)

向かったのは百番街にある「魚菜屋」です。

前のお店のときは行ったことがあるのですが、新しくなってからは今回が初めてです。

北陸新幹線が金沢まで開業した時は、常に順番待ちが出来る人気店で、順番待ちが苦手な私は敬遠していました。

18時過ぎで今回も順番待ちがあるかな?と思っていったら、黒百合や山さんには列がありましたが、「魚菜屋」にはありません。

それで入ってみることにしました。

一人なのでカウンター席に案内されます。
魚菜屋 (2)

メニューです。
魚菜屋 (3)

今回は軽く一杯飲みながらおつまみを食べるために入ったので、2杯飲んで出ました。

食べたのは「お刺身ちょい盛り(税別1,350円)」と「金沢おでん盛り(税別650円)」。

しかし、「金沢おでん盛り」の写真はありません。

金沢おでんの内容は5品で、イワシのつみれ、大根、小さな梅貝、焼き豆腐、そして牛すじでした。

私は肉が苦手なので、牛すじを別なのに変えてもらおうとお店の方に伝えたら、言われたのは、「おでんはその5種類のみなので出来ません」でした。

まぁ、やむを得ないといえばやむ得ないのですが、私が期待した返答はその後で「では、同じものが2個になりますが、変更いたしましょうか?」といった言葉です。^^;

そんなこんなのやり取りをしていたら写真を撮り忘れたのです。^^;

しかし「お刺身ちょい盛り」はよかったです。
魚菜屋 (4)

色々な種類の魚介が盛られていて、味の変化が楽しめてよかったです。たぶん、人気の「漁師丼」に乗せられているネタと同じではないかと思うのですが、違うかな?
魚菜屋

飲んだお酒は生ビールと、
魚菜屋 (5)

ジムビームのハイボール。

以上、飲み食いして3,500円ほど。サクッと40分ほどの滞在でした。^^; ご馳走様でした。

魚菜屋
石川県金沢市木ノ新保町1-1
 金沢百番街 「あんと」
TEL 076-233-2217
11:00~21:30
(L.O.21:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の出張で水戸には一泊しました。

夜は仲間とホテル近くの居酒屋&郷土料理のお店に。

やはり出張でその土地土地に行くと、地元の料理に舌鼓を打つのが楽しみです。
田吾作

お店の名前は「田吾作」。宿泊したホテルの隣。少々古ぼけた^^;ビルの2階にお店があります。

店内は、これまた昔風?の造りで、ボックス席が並んでいます。

人気のお店なようで、食べログでの評価も3.5点となっていたのが決め手です。
田吾作 (9)

ちゃんとしたお品書きもありましたが、お店には至るところにお品書きのような紙が貼られています。そのためメニューの種類が半端なく多かったです。色々な場所に張ってあるので選ぶのにも苦労しました。
田吾作 (8)

まずは生ビールとお通しです。

さて、茨城・水戸といえばすぐ思い出されるのは納豆。

個人的には納豆は少し苦手としていて、特に匂いのするものは敬遠してしまいます。

こちらでは、納豆を色々な食べ方で楽しむことが出来ます。

我々は、なるべく匂いが気にならないように、包み揚げを頼むことにしました。
田吾作 (17)

出されたのがこちらです。
田吾作 (18)

油揚げの袋を開けると納豆が現れます。確かに独特の匂いも気にならずに食べることが出来ました。

また、茨城県は北関東の3つの県で唯一海に面している県なので、海の幸を楽しむことが出来ます。

その魚介の中で茨城県の名物がアンコウです。

こちらのお店では、そのアンコウの鍋がウリの一つで、1人前でも頼むことが可能。我々は1人前でしたが頼むことにしました。
田吾作 (16)

頭と骨以外は食べられないところはないと言われるアンコウのいろんな部位が入っていました。皮も卓S難入っていてコラーゲンたっぷりです。

そして味噌ベースのお鍋で野菜もたっぷり入っていて、スープにアンコウのダシも良く出ていたのはよかったのですが、生臭さがそこそこ出ていたのが少し残念でした。

味噌ベースにしているのも、そのあたりがあるのかもしれません?

それ以外に食べた料理についても紹介します。
田吾作 (10)

アンコウについてはあん肝も頼みました。きれいに成形されたものでしたね。

こちらの刺身の「おまかせお造り盛り合わせ(1,500円)」はよかったです。さすが海アリ県だけありました。
田吾作 (11)

〆鯖、たこ、中トロ、ホタテでした。盛り合わせは、貝が赤貝になると1,800円、つぶ貝になると2,400円だそうです。
田吾作 (19)

こちらは「田吾作サラダ」。生ハムや削りチーズが乗っていました。
田吾作 (20)

だし巻き卵は、注文が入ってから焼き上げるフワフワの出し巻き卵は、アツアツでボリュームたっぷり。
田吾作 (15)

あとイカ焼きなんかも頼んでいますね。
田吾作 (13)

生ビールのほかに飲んだアルコールは、日本酒は地元の磯蔵酒造の稲里 純米 日本晴で一合520円。
田吾作 (21)

後はハイボールでした。

以上を飲み食いして、一人6千円弱。

茨城の郷土料理が色々楽しめるお店で、コスパもそこそこ良く、県外からのお客様にも受けると思いました。ご馳走様でした。

田吾作
茨城県水戸市城南2丁目7-1
 常磐第2ビル2F
TEL 029-227-7417
月~金
11:30~13:30
17:00~23:00
土 17:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

茨城県水戸市に5年半ぶりに出張がありました。

茨城県は「いばらぎけん」ではなく「いばらきけん」と呼ぶのですが、いまでもついつい「いばらぎけん」と言ってしまいます。

そういえば出張に行く前日に、日本テレビの「踊る!さんま御殿!!」で、これも秘密のケンミンSHOWでいつもネタになっている北関東3県のことが取り上げられていましたが、魅力度ランキングでは最下位の常連になっています。^^;

まぁ、この話題はここではこれまでにして本題に移ります。
水戸

さて、小松から北陸新幹線と常磐線と乗り継いで4時間45分ほどかけて水戸駅に到着。すでに正午はまわっていたので、すぐにランチを食べに行くことにしました。
炎神

行ったのは水戸駅にほど近い場所にあります「炎神(アグニ)」という四川料理のお店です。

場所的には超目立たないところにあって、知らないと行くことはないかもしれないでしょう?

「炎神(アグニ)」とはサンスクリット語で「火」を意味する言葉で、古代インド神話「リグ・ヴェーダ」に登場する火の守護神でもあるようです。

四川料理といえば、口から火が出来るほど辛いと例えられる中国四川省の料理なので、こんな店名にしたのでしょうか?

辛い料理はまぁまぁイケるので、興味がありランチを食べに行くことにしました。

12:15頃にお店に到着。お店の前には5組ほど順番待ちの列が出来ていました。

しかし、回転が早いようで、数分で中に入ることが出来ました。

中は比較的広くて、大勢の人が食べています。
炎神 (2)

メニューはこんな感じです。飲茶セット以外はすべて850円という良心的なお値段です。

私は麺セットで、担々麺を頼むことに。

四川料理では代表格の料理「担々麺」は個人的には好きな麺料理です。

満席でしたが、意外に早く料理が出されました。
炎神 (6)

セットにはサラダとデザートが付いています。デザートは杏仁豆腐。ネットではプリンのように器いっぱいに固めたものが写真掲載されていましたが、出されたのは果物缶のフルーツとシロップが一緒になったものでした。

また半ライスは+50円ですが、小ライスが無料。私の場合はこのくらいの量がちょうどいいのでありがたいです。

「担々麺」は見た目でもわかると思いますが、ラー油や四川料理に欠かせない花椒(ホアジャオ)は目立たず、思ったより辛くなかったです。ゴマの風味のほうがきいていました。
炎神 (7)

水菜がトッピングされています。
炎神 (8)

麺は中細の縮れ麺。こちらは可もなく不可もなくです。

一緒に行った人は、ランチセットの3番の「旬の菜の花・チンゲン菜・豚細切り肉ザーサイ醤油炒め」を頼んでいました。
炎神 (4)

味のほうは美味しかったそうです。こちらにはスープが付いていました。

ランチの850円の値段設定でこの内容は、コスパ的にはうれしいですね。それにランチ時は順番待ちが出来ることが多いようで、人気なお店だということがわかります。ご馳走様でした。

四川厨房 炎神(アグニ)
茨城県水戸市桜川2-1-6
 アイランドビル 1F
TEL 050-5593-8296
11:15~14:30 (L.O.14:00)
18:00~23:30(L.O.23:00)
日曜休(祭日は通常営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ