あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

新横浜駅近くのビジネス街を夕方以降に歩いていると、居酒屋の客引きの声が飛び交っています。

最近、客引きをこれほど多く見かけるところも少ない気がします。もしかしたらそれほど飲食店の激戦地なのかもしれませんね。

一方では、大都会のターミナル駅の近くのお店というのは、資本力のある大手がやっているところが多いと思います。

中心から少し離れると、個人が経営しているお店もあるのですが、今回紹介します「浜一番屋」は、駅前すぐ近くの一等地にあります。
浜一番屋

水産会社直営店ということですが、ハッピー・カンパニーという会社が運営会社となっていました。

水産会社直営なので、当然ウリは新鮮な魚介です。

HPで見ると「小田原漁港の漁船から朝一で直接仕入れる」とか「湘南・大磯・金沢・下田・築地などから新鮮な地魚を仕入れて」いるようです。

まぁ、北陸に住む人間としては、鮮度は当たり前みたいなところがあるわけですが、横浜に来ても新鮮な魚介類を楽しめるのはうれしいと思います。

冒頭も書きましたが、こちらのお店に伺うときも道端でお店の方に声をかけられました。^^;

外観は、何となく昔あった魚屋さんをイメージすることが出来ます。私たちは、今回4名でお邪魔しました。
浜一番屋 (3)

内部のインテリアもその延長線上で、コンセプトが明確にわかる作りです。

店員さんは皆さん若くて元気がありました。
浜一番屋 (5)

まずは生ビールで乾杯。お通しは小さながんもどきの煮物です。

そして、この日のメニューはこんな感じ。

さすが水産会社直営です。色々な魚介メニューが並んでいて、その日獲れたおすすめ魚介で毎日変えている感がありますね。
浜一番屋 (8)

まず頼んだのは「板さんおまかせ刺身盛り合わせ」で、こちらは3~4人向けの7種盛り(2,980円)。しかし、各種類3切れずつ!^^; メニューは3人前と書いた方がいいと思います。
浜一番屋 (6)

「浜一番屋の一推し」の貝焼きです。殻付きホタテのバター焼き、サザエのつぼ焼き、白蛤の3種類があって、我々はその3種類の「浜焼セット(1,050円)」を頼むことに。

セットだとトータルで100円引きの値段になっています。一種類ずつ順番に焼いていきます。

浜辺のバーベキューのような雰囲気を楽しむことが出来ますね。
浜一番屋 (10)

白蛤です。
浜一番屋 (13)

殻付きホタテのバター焼き。
浜一番屋 (15)

サザエのつぼ焼きと順番に焼いて食べることに。。

最初、火が弱くてなかなか焼けなかったら、案の定しばらくしてガスがなくなりました。我々がこの日最初のお客さんだったので、ガスボンベは開店前にチェックしてほしいですね。

あと、殻付きホタテのバター焼きも、バター醤油で味付けして途中で身を裏返してくださいと言われましたが、身は貝柱の部分が切ってないので、ひっくり返すときに苦労して、その時に大事なバター醤油が全部こぼれてしまいました。このあたりも考えて処理してくれた方がいいと思いました。

でも、味のほうは焼きたてで美味しく食べることが出来ます。
浜一番屋 (11)

さて、アルコールのほうですが、生ビールの後は日本酒に移行。にごり酒を頼みます。

このあと私はハイボールに変えましたが、結局この日は飲みすぎました。^^;
浜一番屋 (9)

サラダは「釜揚げしらすのチョレギサラダ(680円)」を頼みます。
浜一番屋 (14)

酒のつまみ系では「たこ唐揚げ(780円)」と、
浜一番屋 (16)

「秋鮭のちゃんちゃんチーズ焼き(780円)」、
浜一番屋 (17)

「アジのなめろう(720円)」などを頼みます。これらはどれも酒がすすむおつまみですね。^^;
浜一番屋 (18)

あと「ハムカツ(580円)」や、
浜一番屋 (19)

「ししゃも焼き(480円)」もお願いしました。
浜一番屋 (20)

最後は何故か「カニクリームコロッケ(630円)」でした。

今回、一番のウリの貝焼きのところで、少し不満が残りましたが、一人5千円強のお値段はコスパ的にはよかったです。ご馳走様でした。

浜一番屋
神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-5
 天満ビル1F
TEL 050-5868-2770
月~土17:00~翌24:30
フードL.O. 23:30
ドリンクL.O. 24:00
日・祝15:00~翌23:00
フードL.O. 22:00
ドリンクL.O. 22:30
年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

4年前のディナーにお邪魔したことがある「町屋ダイニング がじゅまる」。
がじゅまる (9)

前に行った時は、まだオープンしてからそれほど時間が経っていないときで、奥さんもどんな理由だったか忘れましたが、まだお店に出ていなかったときでした。

その時食べた沖縄料理の片鱗?としては「沖縄産もずくの天ぷら」ぐらいで、その頃はイタリアンテイストも少し感じられる和食のお店みたいなイメージでした。

その後、沖縄料理メニューも増やされていますが、いまでは沖縄の味を楽しめるランチもやっているということ。さっそくランチを食べに行きました。

ちなみに、ランチやっているよ!情報は、こちらのお店の近くにある松葉屋の那谷くんに頂きました。

ランチは夏限定で、平日月曜日から木曜日で11時半から13時半ラストオーダーとなっています。

さて、ランチは平日(金曜除く)しかやっていないので、私は毎月の通院の日(平日)にお邪魔してきました

久しぶりに伺いましたが、外観も中も、前に見た感じそのままのようでした。
がじゅまる (6)

前のときと同じように、カウンターの中には日本酒が並べられています。
がじゅまる (8)

そしてランチメニューはご覧の3種類。タコライス、ゴーヤチャンプル、沖縄そばという沖縄のご当地グルメの人気メニューばかりですね。

それらが定食になっていて、小鉢や味噌汁などがセットになっています。すべて税抜850円、税込では910円です。

その中から私は、タコライス定食を頼みます。
がじゅまる (3)

出されたものには、二つの小鉢、味噌汁、そしてサーターアンダギーが付いていました。
がじゅまる (4)

タコライスはいまでは沖縄料理として人気ですが、元はメキシコの郷土料理のタコスの具として用いられる挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に乗せて、サルサという辛みをつけたソースをかけてかき混ぜて食べるものです。
がじゅまる (5)

小鉢は、海ぶどうともずく酢。

タコライス。そんなに料理としては味付けが簡単で手間がかからない感じもしますが、具材全体が絶妙な味を醸し出していて、とても美味しかったです。
がじゅまる (7)

味噌汁の具はあさり。デザートのサーターアンダギーも久しぶりに食べましたね。

お腹もちょうどいい具合に満腹になりました。

あっ、そうそう!こちらのお店、駐車場がないのでご注意を。

奥さまにランチはいつまで出されるのかお聞きしたら、一応、今のところ9月一杯?までということでしたが、しかし、ランチが人気なのでどうしようか迷っているとのこと。是非続けてほしいものです。ご馳走様でした。

町屋ダイニング がじゅまる
石川県小松市龍助町63-1
TEL 0761-27-2161
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~25:00(L.O.24:00)
日曜、第4月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私もよく利用する片山津の「かぼちゃ村」。

ここには、今日久しぶりの紹介になります「おばんざい今昔 いちごいちえ」をはじめ、欧風居酒屋料理の「ラ・ヴィーヴ」、村カフェの「アレ・コレ」などの飲食店のほか、ケーキや焼菓子の「ア・ポワン」や「moku moku」というソフトクリームを売っているお店などがあります。

どこも人気のお店で、お休みの日には予約が必要なほど賑わっているお店もあります。

これらのお店を率いているのは、(有)トラントの渡辺代表。しばらくお会いしていませんが、色々なところでご活躍されています。
いちごいちえ (20)

さて、今日紹介します「おばんざい今昔 いちごいちえ」には、これまでは休日にしか行ったことがありませんでした。ちなみに前回は4年半前に来ています。基本、居酒屋ですがランチ時も営業しています。
いちごいちえ (2)

この日、午後に通院のため、その前にランチを食べに行きました。お店に伺うのは4年半ぶり。平日に行くとなれば、平日限定の「よくばり御膳(1,000円+税)」を食べてみたいと前から思っていました。
いちごいちえ

夏の暑い日の12時半ごろにお店に入ります。店名への思いがご覧の通り掲げられています。
いちごいちえ (6)

お店は2階にあり、一人の私はカウンター席に通されました。店内は半分くらいの入りです。
いちごいちえ (10)

一応、メニューにひと通り目を通します。「よくばり御膳」以外のランチメニューは、こんな感じです。

海老と旬菜の天婦羅御膳(1,280円+税)
七種おかずの昼ご飯(1,380円+税)
海鮮丼 御膳(1,480円+税)
朝採れ地元鮮魚のお造り御膳(1,680円+税)
牛フィレグリル御膳(1,680円+税)
加賀 漁火(いさりび)御膳(2,180円+税)
和牛ステーキとお造里の一期一膳(2,280円+税)

少し高めかもしれませんが、内容は量・質とも満足できる感じでした。

私が頼んだ「よくばり御膳」は週替わりメニューになっていて、この週は、今週の主菜が「ベーコンとチーズのポテトコロッケ たっぷりオーロラソースで」。そして、「本日の小鉢二種」「茶碗蒸し」「炊き込みご飯または白ご飯※この日の炊き込みご飯は高菜漬けとツナの炊き込みごはん」「香物」「味噌汁」という内容です。
いちごいちえ (13)

それほど時間がかからずに出されたのがこちら。充実した内容です(入荷状況により内容が変更になる場合があるそうです)。
いちごいちえ (19)

主菜の「ベーコンとチーズのポテトコロッケ」には、別添えのオーロラソースをかけて食べます。サラダもたっぷり添えられているのがうれしいですね。

揚げ立てホクホクのゴロリじゃがいもは、いい食感で美味しかったです。

「茶碗蒸し」には海老や鶏肉、ギンナンなどの具材もしっかり入っていました。
いちごいちえ (16)

小鉢の和え物も美味しかったです。
いちごいちえ (15)

「高菜漬けとツナの炊き込みごはん」も、いい塩梅で高菜の味がしみて美味しかったです。ごはんはおかわり可能でしたが、この量だけでも十分というか多いくらい?私は少し残してしまいました。
いちごいちえ (17)

平日限定ですが、「よくばり御膳」はコスパも良く、内容や味にも満足できるランチでした。

さすがに長い間人気のお店です。ランチでも妥協がない感じがしました。ご馳走様でした。

おばんざい今昔 いちごいちえ
石川県加賀市片山津温泉丁12-1 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8564
11:30~14:30(L.O.)
18:00~24:00(L.O.23:00)
火曜休(カレンダー次第で変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

愛知県に出張はあっても、岡崎で宿泊することはめったにないのですが、今回は岡崎市内で宿泊する機会がありました。
くうかい (3)

今日は、そこで夜に飲みに行ったお店を紹介します。

仕事を終えてホテルにチェックイン。その後はメンバーと飲みに出かけました。

行ったのは岡崎駅から5分ほど歩いた場所にある和風居酒屋の「くうかい」というお店。

「くうかい」といえば、金沢の主計町にも「空海」という人気のお店がありますね。

夕方18:30頃でしたが、前を通る道は車も人もあまり通らない場所で、JR岡崎駅に近いとはいえ、それほどいい場所ではない感じがしました。
くうかい (16)

店内は、調理場前のカウンターに席が6席。他は小上がりの座卓の席が20席ほど。それほど大きなお店ではありません。

女将さんが、もう一人の方と一緒にフロアを見ておられ、女将さんの息子さんが調理を担当していました。

この日は平日で、お店に入った時は2組のお客様がいましたが、途中から我々だけになりました。そのため、オーダーしたものはスムーズに出されたのでよかったです。
くうかい (4)

まずは生ビールで乾杯です。私は小のグラスサイズです。

そしてこの後のアルコールはハイボールで通しました。
くうかい (8)

お通しはナスの煮びたし。いい味でした。

では、頼んだものを紹介していきます。
くうかい (9)

最初はサラダで「和風サラダ(460円)」。飲む前は出来るだけ野菜を最初に食べるようにしています。
くうかい (7)

「地物たこぶつ(680円)」を頼みます。足の先端部分が多かったですが、地元で獲れたタコは食感もよかったです。
くうかい (10)

肉系は「三河もつ豚のネギマ(2本420円)」と、
くうかい (12)

「地鶏のせせり炙りポン酢(460円)」を仲間が頼んでいました。しかしながら、この2つは私は食べていません。
くうかい (11)

私はこちらの「まぐろユッケ風(760円)」をつまみながら飲みます。少し甘めのタレガいい塩梅でした。
くうかい (13)

そして夏は「ゴーヤチャンプル(680円)」も美味しいですね。ランチョンミートではなく豚バラ肉です。
くうかい (15)

これは「ニラもやし炒め(460円)」です。写真は少し食べた後で写しました。
くうかい (14)

「出し巻き玉子(460円)」はお店のおすすめメニューです。出来立ては美味しいです。ダシもいい感じです。

「出し巻き玉子」は、メニューに「大将の手が空かないと作れないので少し時間がかかります」と書かれていましたが、この日は幸いに、この時間帯は私たちだけだったのですぐに出てきました。

なんだかんだでお腹もふくれたので、ご飯ものは頼まずにこの辺で終わりです。

あまり知らない土地で、偶然チョイスしたお店が正解だったときは、とてもうれしいですね。「くうかい」はアットホームな雰囲気のそんなお店の中の一軒でした。ご馳走様でした。

くうかい
愛知県岡崎市羽根西新町5-8
TEL 0564-53-7177
月~土
17:00~24:00(L.O.23:00)
日曜 第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

JR静岡駅の南口の路地は通称「駅南銀座」と呼ばれるところがあり、多くの飲食店が軒を並べています。

この日、ホテルから夕食を食べようと移動していると、ちょうど「駅南銀座」に入る交差点のところで人混みがありました。

なんだろう?とチラ見すると、どうもポケモンGOをやっているようです。スポットなのでしょうか?
みぜん

さて、そんな場所から50mほど行ったところに、今日のお店「みぜん」がありました。

浜松にある会社が静岡に出した3店舗目のお店だそうです。

外観は全面に木を効果的に使ったファザード。写真を写したときはまだ明るかったのでわかりませんが、ライティングも印象的でした。

内部にも木が多く使われていて、暖かい空間。個室形式の部屋もたくさんあり、色々な用途で使えそうです。

我々は、事前に予約を入れてあり、個室に案内されました。写真はありませんが落ち着いた空間でゆったり飲み食い出来ました。

「みぜん」は無農薬野菜と地魚がウリの人気店です。化学超無料なども不使用で、塩は天然塩。そして地酒の種類も豊富でしたが今回は頼んでいません。
みぜん (3)

まずは生ビールで乾杯です。プレモル生中(540円 金額はすべて税込)です。

最近、とある理由で普通のビールは控えていたのですが、久しぶりに飲むとやはり美味しいです。^^;
みぜん (4)

そしてお通し(432円)。

最初にオーダーしたのは、地魚メインの刺身の盛り合わせの「駿河遠州盛り(刺身盛り小1,814円)」。
みぜん (12)

小ですが3~4人前で、黒むつ、イサキ、カンパチ、〆サバ、貝柱、カツオの6種類が4切れずつ入っていました。
みぜん (13)

添えられている生わさびをおろして食べます。さすが静岡ですね。
みぜん (15)

「じゃがいも酒盗バター蒸し(626円)」。せいろ蒸しで出てきました。じゃがいもがホクホクで、酒盗とバターの相性も思ったより良かったです。
みぜん (14)

このあたりでアルコールは「メガハイボール(626円)」に移行です。
みぜん (11)

生しらすで有名な用宗(もちむね)漁港の「生しらす沖漬け風(518円)」。下には大根おろしがたっぷり。
みぜん (20)

「黒はんぺんフライ(518円)」。5枚ありました。サクッとした衣の中は、静岡名物の黒はんぺんです。
みぜん (17)

「焼きナス(518円)」も頼みます。
みぜん (19)

最後のアルコールは、お茶処静岡ならではの「静岡割(486円)」。
みぜん (23)

この後、静岡県産の「たたみイワシ(626円)」です。
みぜん (22)

そして最後に、ここは静岡市ですが「浜松餃子(626円)」も頼んでみました。浜松の会社がやっているだけのことはあります。

とてもいい空間で、静岡の名物をはじめ、素材にもこだわった料理の数々を楽しめる「みぜん」。人気な訳が分かったような気がします。ご馳走様でした。

みぜん
静岡県静岡市駿河区南町6-22
 サウスクレスト1F
TEL 054-288-8100
17:00~24:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ