あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

今日は、居酒屋ランチのお店の紹介です。

先日紹介しました水曜日と金曜日しか営業していないパン屋さん「つむぎ」に行くために、まずはそれらを優先した後でランチを食べにいくことに。

パン屋さんを探すのに少し時間がかかり、お店に入ったのが13:15頃となってしまいました。

旧松任、千代野ニュータウンの住宅街の一角、千代野中央公園の近くにあるお店で、本来は居酒屋です。

お昼の営業は平日のみ。夜は地元のお客さんが主体でしょうが、平日お昼はどうなのかな?

近くに主要な会社などはないようなので、やはり近くにお住まいの方なのかもしれません?

確かに行った日の金曜日。遅い時間でしたが、店内にいたお客さんは少しご年配の女性に方ばかりで、どうも近くに住んでいるような人ばかりでした。
食創工房千代の

店構えは派手さはまったくありません。
食創工房千代の (2)

中はカウンター席が少しと、ご覧の小上がりの席が何卓かありましたが、基本小さなお店です。

実は、このお店はネットを検索していて見つけたのですが、そこで見かけたハンバーグランチを食べようと思っていきました。
食創工房千代の (3)

ただ、残念ながら、そのハンバーグが遅い時間だったので売切れ。(T_T)
食創工房千代の (4)

そこで、こちらのメニューの中から選んだのが、「千代のあっさりラーメン(600円)」です。

最初、「小松うどん(650円)」があったので、それにしようとも思ったのですが、おにぎりまで付いてくるというので食べ切れないだろうということでやめました。^^;

出されたのがこちら。
食創工房千代の (5)

名前の通りあっさり和風のしょう油味のラーメンです。う~ん、スマホカメラのピントが合っていませんね~?^^;

鶏ガラも自家製かな?
食創工房千代の (6)

具は、チャーシュー2枚、かまぼこ、メンマ。あと大きめの海苔が2枚です。麺は中細のストレート麺。

トータルでまとまりがある味でしたよ。

今回はお昼に食べましたが、居酒屋で飲んだり食べたりした後の締めにもいいですね。ご馳走様でした。

食創工房千代の
石川県白山市千代野西5-3-5
TEL 076-287-6602
月曜定休
ランチは平日のみ


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島はご当地グルメが多くある街です。

牡蠣、お好み焼き、穴子がその代表格でしょうか?

瀬戸内海に面していて、私が住む日本海側とはまた違った美味しい魚介が豊富です。


次の日はランチにお好み焼きを食べるつもりだったので、あと食べていないのは牡蠣。

ということで、美味しい牡蠣がありそうなお店に行こうと検索して見つけたのが、今日紹介します「四季祭(しきさい)」という、主に瀬戸内の海鮮を使った四季折々の料理を楽しめるところです。

結論から言うと、この日は残念ながら生の牡蠣をこちらのお店では食べることが出来ませんでした。

で、結果的には先日書いた通り、お好み焼き「いっちゃん」で牡蠣入りのお好み焼きを食べることになったわけです。^^;
四季祭 (4)

さて、こちらのお店は雑居ビルの2階にひっそりとあるお店です。
四季祭

ちょっと探しました。ミスタードーナッツのお店のお隣の雑居ビルの2階にあるのでわかりずらかったです。看板をよく見て探してください。
四季祭 (22)

店内は暗め、こちらのカウンター席にテーブル席が12席ほど。それほど広いお店ではありません。

今回は昔一緒に働いていたメンバー含めて仲間と一緒の5名で訪れました。久しぶりに一緒に飲んだため、思い切り深酒。食べたものがなんだったかも忘れ、写真もピンボケのものがあるますがお許しを。
四季祭 (7)
四季祭 (9)

お品書きはこちら。
四季祭 (5)

まずはエビスで乾杯。
四季祭 (6)

お通しはにこごり。何のにこごりだったか忘れました。
四季祭 (14)

サラダは「アボカドと音戸ちりめんのサラダ(550円)」。カリッと揚げたちりめんの食感とアボガドのねっとりした食感のコントラストがいいですね。

あと「ひき割り納豆と茶そばのサラダ(550円)」何てのも頼んでいましたが、写真は写していません。

刺身は直近の海が荒れていたか何かで、あまり種類が揃わないということでした。ころで単品2種類のみ頼むことに。

身の厚い地物の太刀魚の皮目を炙ったもの(850円)と夜泣き貝。
四季祭 (12)

夜泣き貝は山陰地方でとれるナガニシ類の買で、広島で好まれている貝です。少し高くて一人前1,350円でした。

赤い色が特徴で、七尾で寿司ネタとしても知られている赤西貝も仲間ですね。コリッとした食感が特徴です。太刀魚は脂が乗っていました。

鮮度にこだわっていて、無理に食材を集めたりしないのですね、それはそれでいいことではないでしょうか?
四季祭 (10)

食べたかった牡蠣は「ガーリックオイル漬け」で。550円です。
四季祭 (15)

こちらは鶏肉ですね?私は食べていません。
四季祭 (18)

「出汁巻き玉子(650円)」は平飼い鶏を使用して、出汁がたっぷりの玉子焼きで美味しかったです。
四季祭 (17)

こちらは「イチヂクの揚げ出し(450円)」です。イチヂクの揚げ出しは珍しいですね。
四季祭 (19)

「ぎんなん直火焼き(350円)」も頼んでいますが、旬ですね。

こちらも旬の「秋なすとあわ麩揚げ出し(550円)」。
四季祭 (21)

「あわ麩」とは「なま麩」作るとき、生地の段階であわ粒を加えたもので、本来の麩の食感につぶつぶの食感が加わるものだそうです。
四季祭 (20)

あと、こちらは何だったでしょうか?穴子の皮の炙りだったでしょうか?^^;

ご主人が京都で修業されていた関係で、京料理の影響を受けたものがあり、味的にも全体的に優しい味の料理が多かった気がします。

飲んだものですが、白州ハイボールがメニューにあったので、私はそちらばかり5~6杯飲みました。
四季祭 (13)

いま白州がなかなか手に入らないので、ついつい飲み過ぎてしました。^^;

以上、飲み食いして一人5千円弱。まずまずのコスパで満足できるお店だったと思います。ご馳走様でした。

四季祭(しきさい)
広島県広島市中区幟町12-10
 幟ビル2F
TEL 082-225-5753
17:00~24:00
祝日(日曜は不定休。要問合せ)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

秋本番となって、釜飯が美味しい季節になってきました。

小松周辺で釜飯をウリにしているお店は、夜は「一山楼」があるのですが、ランチタイムに食べられるお店はなく、近隣では山中温泉の「こんぱ亭 橋爪庵」ぐらいでしょう?
えびや (20)

そんな釜飯を久しぶりに食べたくなり、金沢郊外のお店「えびや」まで行ってきました。

「えびや」は金沢駅前にもお店を持っています。

金沢駅前店は基本居酒屋だと思いますが、名前の通り、海老料理がウリのようです。

こちらは前々から知っていて、金沢駅前のお店も久安の本店にも行こうと思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。

今回、久安の本店のほうにやっとお邪魔することが出来ましたので書きたいと思います。

お店のオープンは11:30。私はオープン時間に間に合うように家を出ましたが、予想より道が混んでいなくて15分ほど前にお店に到着してしまいました。

その時に、お店の前にすでに待っているお客様が居るではないですか!?予約を入れていれてなかったので、一瞬「やばい!」と思いましたが、お店自体もそれなりのキャパがあって全然大丈夫でした。

一人の私はカウンター席に座ります。

ランチメニューには釜飯以外もありましたが、品書きが席に常備されていなくて写真を写す前に下げられてしまい残念。^^;


釜飯メニューは、銀シャリ釜飯(980円)、山菜と木の子釜飯・鶏釜飯・あさり釜飯(各1,080円)、かに釜飯・ほたて釜飯(各1,280円)、たこ釜飯(1,380円)・かにといくらの釜飯・季節の釜飯(各1,480円)となっています。

価格はお手頃だと思います。

私は最初から釜飯を頼む予定だったので、他のメニューの説明の前に、季節の釜飯が「季節の釜飯(1480円)」が穴子ということで、即決でそれを頼みます。

釜飯には、サラダ・小鉢・一品料理。味噌汁・漬物・デザート・ドリンクが付いていますが。プラス200円で、サラダ・小鉢・一品料理が無しになる代わりに松花堂をチョイスすることが出来、私は一日限定10個ということで、オープン時間に来たお得なこととして、松花堂にすることにしました。
えびや (6)

松花堂の内容は、左上からチキンフライ・カボチャ煮・サラダ。下段は刺身・玉子焼・あじの南蛮漬け。

最初プラス200円で凄い内容が付いていると喜んでいたのですが、後から来た人のを見ると、松花堂にバージョンアップしないときに付いてくるサラダと一品料理の刺身が、こちらより内容がよかったので、個人的にチキンフライが苦手な私にとっては松花堂にしなかったほうが良かったみたいです。^^;
えびや (4)

肝心の釜飯は、オーダーが入ってから直火炊きで炊きあげます。
えびや (13)

出される前に、火がつけられた固形燃料と共に運ばれてきて、固形燃料の火が消えたころが食べごろという段取りになっていました。
えびや (14)

中を空けたら、刻み穴子が一面に敷きつめられています。よくかき混ぜてお茶碗に盛り、薬味をかけて食べます。
えびや (15)

量的には、このお茶碗3杯分くらいの量があって、さすがにお腹は膨れましたが、うなぎほど脂がない穴子は飽きもこずに全部食べきることが出来ました。
えびや (17)

お約束のおこげも出来ていました。
えびや (16)

こちらは味噌汁と漬物。

食後にはデザートとドリンクがついてきます。
えびや (19)

ドリンクは、コーヒー・紅茶・ウーロン茶・オレンジジュース・アセロラ・コーラ・ジンジャエールの中から選ぶことが出来ますが、私はコーヒでお願いしました。
えびや (18)

デザートはバニラアイス・黒ゴマアイス・ゆずシャーベットの中からでしたが、私は黒ゴマアイスです。

一番高い季節の釜飯に松花堂をプラスしているので、合計1,800円以上かかってしまいましたが、内容・量・味トータルでは満足できる内容だと思います。

人気のお店で、次から次とお客さんが入ってきます。食べ終わって出るころにはほぼ満席になっていたようです。ご馳走様でした。

旬菜zenya えびや 久安本店
石川県金沢市久安4-352-3
TEL 076-241-2906
月・水~土
11:30~14:00(L.O) 17:30~23:30(L.O)
日・祝]
11:30~14:00(L.O) 17:30~23:00(L.O)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

8月に2回目の長野県。今回は出張で長野駅前で宿泊。久しぶりに車での移動でした。

長野駅前のホテルに宿泊して、仲間と一緒に夕飯を食べるために選んだのが、今日紹介します居酒屋「もみじ茶屋」です。
もみじ茶屋

こちらは信州の郷土料理が色々楽しむことが出来るということでチョイスしました。

元々はそば屋さんだったところが「戸隠そばと郷土料理と地酒が楽しめる店」に変わって営業されているようです。

事前に予約を入れて伺いました。1階はカウンター席とテーブル席。2階が座敷となっていて。我々は2階に案内されました。

信州長野の郷土料理を始め、居酒屋メニューも色々あって、もちろん信州の地酒も楽しめます。

こちらのお店で一番のおすすめはご覧の「選べる晩酌セット」です。
もみじ茶屋 (4)

1,800円で生ビールか日本酒1合に、3種類の肴を選らんで楽しむことが出来るのです。しかも、3種類×3種類、計9種類の中から。
もみじ茶屋 (9)

ドリンクは、暑い日だったので生ビールにしました。お通しは「鞍掛豆のひたし豆」だと思います。前、鞍掛豆についてはケンミンショーで紹介されていました。
もみじ茶屋 (6)

そして我々は3人で行ったので、すべての9種類の肴を頼むことにしました。

ちなみにAカテゴリーは馬刺し・信州サーモン・マグロ山かけ。Bカテゴリーは茶豆(枝豆)・イナゴ・ホタルイカ沖漬。Cカテゴリーはもつ煮込み・合鴨スモーク・タコ唐揚げとなっていて、各カテゴリーから一種類ずつ選ぶ形になっています。

順番に紹介していきますね。まずAカテゴリー。
もみじ茶屋 (14)

「馬刺し」は赤身。ですが私は食べません。
もみじ茶屋 (15)

「信州サーモン」は脂が乗っていました。ちなみに「信州サーモン」とは、ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した一代限りの養殖品種のことです。

海なし県ですが、海で獲れるものも入っています。
もみじ茶屋 (16)

これは「マグロ山かけ」。

次にBカテゴリーです。
もみじ茶屋 (18)

「茶豆(枝豆)」は生ビールのつまみです。
もみじ茶屋 (22)

「ホタルイカ沖漬け」です。
もみじ茶屋 (11)

そして、これは「イナゴ」です。佃煮で食べます。長野県では常識ですね!?よく揚げられていてイカナゴの佃煮のようなものです。
もみじ茶屋 (12)

最後のCカテゴリー。「もつ煮込み」と、
もみじ茶屋 (23)

「合鴨スモーク」は私は食べません。
もみじ茶屋 (19)

八幡屋礒五郎の七味唐辛子をかけて食べていました。
もみじ茶屋 (13)

これは「タコ唐揚げ」です。

以上が、「選べる晩酌セット」の肴9種類です。

では、それ以外に頼んだ料理とお酒についても紹介します。

長野の「ほたるどじょう」を唐揚げしている「活どじょう唐揚げ(500円)」は、石川県でどじょうの唐揚げで使用されるどじょうとは違って、大きなどじょうを使っていました。

もみじ茶屋 (24)
滋養強壮に良さそうです。

これは、「岩魚骨酒(2合1,500円)」です。岩魚の骨酒なんて飲むのは何年ぶりでしょうか?
もみじ茶屋 (28)

注文してから岩魚を素焼きしているので30分ほど時間がかかりましたが、素焼きの岩魚が丸ごと一匹入っていて、岩魚の香ばしさと美味しさが熱燗に染みだしています。
もみじ茶屋 (31)

お酒を飲み干すと、岩魚を取り出して身を食べます。粕漬けのような風味を感じますね。
そして、締めに信州そばを頼みます。

「大ざるそば(880円)」は3人でシェアして食べました。ちょうどいい量です。
もみじ茶屋 (29)

根曲り竹で編まれたざるに盛られているので戸隠そばです。そのためしっとり感がありました。つけ汁はカツオが効いていましたが少し甘めです。
もみじ茶屋 (30)

そば湯も出していただきました。サラッとしたそば湯です。
もみじ茶屋 (21)

あと、お酒ですが、日本酒何を頼んだか忘れましたが、たぶん、長野の酒だったと思います。私はハイボールも頼んでいますね。

以上、3名で飲み食いして一人当たり4,800円ほど。

長野郷土料理を一通り楽しめて、コスパ的にもリーズナブル。観光客や出張で長野に来たビジネスマンなどにはうれしいお店だと思いました。ご馳走様でした。

もみじ茶屋 (もみじちゃや)
長野県長野市南長野南石堂町1368-9
月~金17:00~23:00(L.O.22:00)
土17:00~22:30(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

少し時間が経過してしま志ましたが、皆さんはお盆の期間に外食はされているでしょうか?

我が家でも、お盆とか正月は妹家族と一緒に会食するのですが、9~10名となるとなかなかお店選びも大変です。

ちょうど、お盆や正月は休みになる所も多いということもあります。毎回悩むところです。

さて、そんな会食の場所として今回選んだのは、これまでも時々利用させていただいていた飴屋町の居酒屋「いもたこなんきん」です。
いもたこなんきん


いまこのビルの2階には完全予約制の部屋まで出来ているようです。

何度も紹介したことがありますが、名前の由来は、女性が大好きな食べ物が「いも・たこ・なんきん」だというところからです。ユニークな名前ですよね?

こちらへは、お店がオープンした時から行っていますが、オープンしてから20年以上経っているのではないでしょうか?

まずは生ビール(550円)で乾杯です。
いもたこなんきん (3)

突出し(380円)はひじき煮でした。

ここは「自家製ギョーザソーセージ(480円)」が人気で、小松の木場潟道の駅でも冷凍のものが売られていたりします。
いもたこなんきん (4)

その他色々食べましたが、写真を写しているものを中心に順不同で紹介していきます。なお記載の単価は税抜です。
いもたこなんきん (13)

ぶりトロのお刺身(950円)は、さすがに脂が乗っていました。
いもたこなんきん (11)

う巻(880円)は出来立て熱々で美味しかったです。
いもたこなんきん (7)

お刺身盛合せは2人前で3,160円。内容はぶり・サーモン・白身・マグロ・甘海老。
いもたこなんきん (5)

生ダコのカルパッチョ(780円)。
いもたこなんきん (12)

生タコの薄造り(780円)はポン酢で食べました。
いもたこなんきん (9)

サラダとして頼んだのは生ハムとトマトサラダ(780円)。
いもたこなんきん (10)

これは炙り牛おろしポン酢(780円)。私は食べていません。
いもたこなんきん (6)

この「いもたこ風」治部煮(890円)は、若鶏とキノコの治部煮になっていました。変わっていますね?こちらも私は食べていません。
いもたこなんきん (14)

スパイシーポテト(480円)はピリ辛で食べ出したら止まりませんでした。
いもたこなんきん (15)

揚げたこ焼き(480円)は熱々。カマンベールチーズフライ(580円)も熱々でした。食べるとき注意が必要です。

締めに玉子雑炊(580円)頼んだのですが、写真撮り忘れです。^^;

お酒も色々頼みました。県外に住んでいる息子は農口尚彦研究所の酒をオーダーしていました。

農口尚彦研究所の夏酒をデキャンターで(1,380円)。石川県産の五百万石60%精米を使用している生酒。さらっとした口当たりで飲みやすい日本酒でした。
いもたこなんきん (8)

この後、大吟醸と吟醸、そして立山梅酒なんかも頼んでいました。

以上、9名で飲み食いして38,000円ほど。思ったよりは安かった気がします。確かにいつもリーズナブルでメニューの種類が多く、味の面でも満足できる居酒屋です。ご馳走様でした。

いもたこなんきん
石川県小松市飴屋町22
TEL 0761-21-8303
 夢館ビル1~2F
17:30~24:00(L.O.23:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ