あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 居酒屋・炉端焼

コロナ禍のいま、出張で県外に出た時には、仕事が終わっても一人で夕食を食べるようにしています。

もちろん、仲間と飲むほうが楽しいことは間違いないのですが、飲食時にはマスクを外しているので、一緒だとどうしても会話をしていまい、もしものことがあっては!?と考えて一緒にいないほうが間違いないと思うからです。
おかってや

この日も当然一人で夕食を食べるお店を探しました。行くことにしたのは「おかってや 九段下店」という居酒屋。

人気のお店のようですが、ご多分に漏れずお客さんはカウンターに一人。テーブル席に2組、5名ほど。私はそのグループとも離れた場所のカウンターの一番隅に座りました。
おかってや (4)

オーダーはこちらの端末から行います。オーダー時にもリスクを減らせます。
おかってや (2)

外に出ていたメニューです。

生ビール1杯が200円!ということで生ビールを頼みました。お通しは握り2貫。
おかってや (6)

お通しは握りは珍しいですね!?でも最初から炭水化物を出すのは考え物だと思います。

でも、生ビールのジョッキがギンギンに冷やされていたのはよかったです。

では、頼んだ料理について紹介します。
おかってや (3)

まずは、外に出されていたメニューに期間限定のおすすめニューがあったので、そちらから頼むことにしました。

こちらは「新たまねぎと小えびのサラダ(税抜350円)」です。
おかってや (8)

新たまねぎがたっぷり盛られていてボリューム感あります。

小えびのほうですが、小さめの普通の海老かと思っていたら、いわゆる「アキアミ」のようなものでした。

新たまねぎでたまねぎの鼻に抜けるツーンとした感じが続いて、食べきれませんでした。(^^;
おかってや (10)

「小松菜と卵と小えび炒め(税抜400円)」です。写真ではジャコのようにも見えますが、この海老だとわかっていたらこちらは頼まなかったかもしれません。
おかってや (9)

「ミナミまぐろ刺身盛り(税抜650円)」は脂がのっていて美味しかったですよ。
おかってや (12)

これは「湯葉と茄子の揚げ出し(税抜410円)」。
おかってや (11)

ドリンクのほうは、安かったので生ビールをもう一杯と、ハイボールを1杯飲んでいます。

以上を飲み食いして3,200円ほど。コスパ的にはいいお店です。ご馳走様でした。

おかってや 九段下店
東京都千代田区九段北1-3-11
 九段久保山ビル1F
TEL 03-3261-2579
月~金
ランチ11:30~14:00
ディナー17:00~23:30
土 ディナー17:00~23:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

半年ぶりに東京に出張があって、夜はいつもなら仲間で飲み食いするのですが、一人で食べに出かけました。
郷酒 (3)

ネットでお店を探して行ったのが、九段下駅と神保町駅の中間地点ぐらいのところにある「郷酒(Gauche)」。この辺りでは、人気の居酒屋です。

前に一度ランチタイムにお邪魔していて、その時のことはこちらで紹介しています
郷酒 (5)

とある雑居ビルの地下にあって、ある意味ひっそりとあるお店ですが、今の時期、居酒屋全般コロナ禍で苦戦中です。

どうしてもグループで行って飲み食いすることが多くなる居酒屋。何名かでの飲食時の会話のときにウイルスが飛ぶと言われていて、その影響でどこも客数が大きく減っているようです。

私は一人で、片隅でひっそり飲み食いしようと思ってお店に入りましたが、そんな心配はせずとも済みました。
郷酒 (6)

私がお店にいた18:40~19:40の間、ずっと私一人でお店は貸し切り!お店の方には悪いですが、個人としてはよかったです。

食べログでも3.5以上の点数が付いているお店なので、コロナ禍でなければ多くのお客さんで賑わっているのでしょう?

店主?の方に食べ終わった後お聞きしたのですが、この界隈は学生街として知られていますが、コロナ禍で学校にも来ないのと、近くの武道館や靖国神社などにも訪れる人が少なくなって、相当減収になっているということでした。

さて、こちらのお店のウリは、岩手県にゆかりがあるらしく、東北の食材を使われた郷土料理や日本酒を楽しめること。

東北以外の各地の日本酒の種類がたくさんありました。日本酒バー的なところでもありますね。
郷酒 (9)

まず、生ビールとお通し。

お通しはポンダラの甘露煮かな?
郷酒 (4)

こちらがお品書きです。
郷酒 (8)

この中から私がまず頼んだのは「特製郷酒サラダ(800円)」。
郷酒 (13)

農園風グリーンサラダと書かれていましたが、思ったより盛り沢山で、野菜のほうは生や素揚げしたものなど色々。楽しめましたし、最初にこれだけ野菜を食べておけば安心です。

これは「あじ叩きぴり辛醤油和え(980円)」です。
郷酒 (19)

ぴり辛醤油がきいていて、酒のつまみですね。

最後に頼んだのは「白金豚ソーセージ焼き(680円)」。
郷酒 (21)

白金豚とは別名「プラチナポーク」と言われていて、宮沢賢治が「フランドン農学校の豚」にて豚を白金と同等のものだと例えたことに由来するネーミングなのです。

岩手県花巻市の穀類加工会社である高源精麦が生産加工を管理し、飼育配合から出荷まで一貫体制で生産しているこだわりのブランド豚なので、ソーセージで食べても一口で旨味が口の中で広がります。
郷酒 (16)

ドリンクのほうですが、生ビールの後はハイボールを頼み、そのあとは能登の宗玄の純米吟醸をグラス(880円)でお願いしました。ブルーボトルに入れられた山田錦100%の無濾過生原酒です。
郷酒 (20)

お店では1年ぐらい寝かせるようで、少し旨味というか甘みが出ているお酒でした。

以上、飲み食いして締めて6千円弱。まずまず納得のお値段でしょう。

最後に個人的に思ったことですが、居酒屋メニューって、ある程度の人数で食べることを前提にしているものが多く、一人だとあまり種類を頼むことができないことがわかりました。

できれば、このコロナ禍では一人用のメニュー設定もあったほうが一人客が増えるのではないかと思うわけです。

いずれにせよ、コロナ禍のなか、なかなか大変でしょうが今後とも美味しい料理とお酒を楽しめるお店であったほしいですね。ご馳走様でした。

郷酒(Gauche)
東京都千代田区神田神保町3-5
 ニュー徳栄ビルB1F
TEL 03-6272-9867
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.フード22:00・ドリンク22:30)
土・日・祝日 年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズは私のブログでも何度か登場したことがある「旬菜食事処 樹」。
樹

でも確認したら3年半ぶりでした。

ジャンルとしては居酒屋でしょうが、ランチが人気です。また、ディナーも気軽に楽しめる人気のお店です。

お盆前の平日でしたが駐車場には多くの車が止まっていました。

店内は広くこちらのカウンター席と奥に見える座敷の席があります。
樹 (5)

広いのでお客さんがそこそこ入っても密にはならないですね。

こちらがランチのお品書きです。
樹 (4)

私が頼んだのは「日替わり膳」。税込千円ぽっきりとリーズナブルな設定です。

日替わりのおかずが肉だったら困るので確認したら、海老・キス・イカのミックスフライということだったので頼むことに。

混んでいるので出てくるのが遅いかと思ったら5分ほどで出されました。
樹 (6)

8年前のときにも日替わり膳を頼んでいますが、いまとは内容がだいぶ変わっています。
樹 (7)

メインのフライは細めの海老ですが2尾、イカも2切、それに小ぶりのキスでした。
樹 (8)

副菜は煮物と酢の物。あとサラダと漬物が付いていました。煮物は冷製でしたね。

先ほども書きましたが、税込みで千円ぽっきりということでボリューム的にも内容的にもお得なランチだと思います。ご馳走様でした。

樹(タツキ)
石川県小松市長崎町3-107 
TEL 0761-24-0139
11:30~14:00
17:30~22:30
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

行ったのは7月中旬。大阪でも陽性者が増えていた時でしたが今の状況よりはだいぶ少なかったです。

前にも書きましたが、夕飯を食べるときは、3密を避け、グループや若い人が行くようなお店はなるべく避けるために、今回は沖縄料理のお店をチョイスすることにしました。

行ったお店は「東心斎橋 ほおずき」。
ほおずき (3)

ご覧の通り私がいる間は他のお客さんは誰もいませんでした。
ほおずき (5)

行った日の前日はそこそこお客さんが入っていたとお店の方が話していましたが、この日は私が帰るまで一人きり。少し寂しい感じもしましたが、安全であることは間違いないですね。
ほおずき (7)

沖縄料理も食べられますが、専門店ではなく沖縄料理以外にも色々なメニューがありました。もつ鍋もウリなようです。
ほおずき (6)

最初、入口に出ていたメニューに石垣島ビールがあるということで、そちらを飲みたかったのですがありません。そこで、缶ビールでしたがオリオンビールを頼みます。
ほおずき (12)

お通しです。沖縄料理ではありませんね。オーナーが沖縄出身かお聞きしたらそうではないようです。

そして頼んだのはまずは野菜ということで「海ぶどう入り琉球サラダ(税抜780円)」。
ほおずき (14)

沖縄直送の海ぶどうがたっぷり盛られています。そしてゴーヤも。特製ドレッシングが美味しかったですね。

ただスーチカーという沖縄の豚を塩漬けにしたものが入っていて、そちらは残してしまいました。

お次は「沖縄直送島らっきょう(税抜500円)」。沖縄の島らっきょうを塩漬けにしてあったものです。
ほおずき (15)

私は普通のらっきょうはそれほど好きではないのですが、沖縄の島らっきょうは大好きです。
ほおずき (16)

こちらは「もずく天ぷら(税抜600円)」。
ほおずき (18)

最後に頼んだのは「ゴーヤと麩のチャンプルー(税抜720円)」。
ほおずき (19)

削り節がたっぷりと掛けられていて、混ぜるとこんな感じ。ゴーヤと麩がたっぷりです。

麩は沖縄の車麩が使われていました。車麩といえば金沢が有名ですが、沖縄でも車麩があるのですね。ただ金沢の車麩とは食感や味はだいぶ違いました。
ほおずき (11)

こちらのお店では、このメニューのように置いている泡盛の種類が豊富。

そこでアルコール2杯目は沖縄本島南部の「残波(税抜500円)」。30度なので水割りで。
ほおずき (13)

沖縄では5:5で割って飲むのが一般的です。やはり沖縄料理に合います。

次に「久米仙白(税抜500円)」。こちらは25度なのでロックでいただきました。
ほおずき (17)

琉球ガラスのグラスがきれいです。

以上を飲み食いして5千円ほど。一人で飲み食いしたのでこんなものでしょうか?

何れにせよ大阪に居ながら沖縄料理を楽しめるお店で、ちょうど沖縄へ行ってきたばかりだった私にとっては旅の思い出に浸れたひと時でした。ご馳走様でした。

東心斎橋 ほおずき
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-1
 コスミビル2F
TEL 050-5869-8144
月~木17:00~26:00(L.O.25:00)
金17:00~27:00(L.O.26:00)
土14:00~27:00(L.O.26:00)
日・祝17:00~25:00(L.O.24:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に出張に行ったのが先月の中旬でした。

だいぶ前から決まっていた出張でしたが、ちょうど大阪での感染者数が増えている時で、とりあえず夕飯を食べるお店をチョイスするのに少々「安全性」を考えました。

そこで考えたのが、若い人が行きそうになく一人客が多そうなところだと少しは安全かな?ということです。

そしてチョイスしたのが、大阪ヴィアあべのウォーク1階にある「明治屋」という古き良き時代を彷彿させてくれるような一杯飲み屋?です。

明治屋といえば私は食料品・和洋酒類の小売・輸出入の明治屋を思い出しますが、こちらは昭和13年創業の老舗で、阿倍野界隈の再開発のときに今の場所に移転オープンされています。
明治屋

何と!新しくしたにもかかわらず、昔の雰囲気をほぼそのまま再現したというこだわりようで、確かにもともとこの場所にあったかのような雰囲気です。

こちらは日本三大酒場の一つと言われているようですが、その面影を垣間見るような作りですね。

18時ごろふらりと行ってみると、そこそこ広い店内にカウンター席に一人とテーブル席に二人。

たぶんコロナ感染者が増えていた時だったのでお客さんが減っていたのだと思います。

内部は昭和のノスタルジックを感じる作りでした。ここはあまり若い人は来ないでしょう?

私は一番端の席に座り、壁に張られたお品書きを見て、まず生ビールと「ポテトサラダ」を頼みます。
明治屋 (4)

で、写真を写して飲みながらテーブルに置かれていたお品書きを見ると、何と写真撮影禁止!

せっかくなので、この一枚だけアップさせていただいて、あとは写真無しです。^^;

グルメブロガーにとっては泣きの一言ですが、気を取り直して頼んだのは「出し巻き玉子」。少し甘めの味付けでした。

大阪名物「きずし」も頼んでいます。「しめさば」ですね。いい塩梅で締められています。久しぶりに食べましたが美味しいです。

この後、菊姫や黒龍の純米を1杯ずつ飲んで、えび団子、ねぎ焼きなどを食べています。
えび団子は串に刺されて3個、イカのミンチを揚げている団子でした。ねぎ焼きもかわいいサイズでした。

地酒の種類も色々あって、日本酒好きの人にとってはうれしいお店です。一品一品の料理の量は一人客が多いので少な目。単価はそのため一番高かった「きずし」で550円。他は300~400円のものでした。

以上飲み食いして、締めて3,700円ほどでした。お一人様御用達のお店として、盤石の人気なのがわかりますね。ご馳走様でした。

明治屋
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
 ヴィアあべのウォーク1F
TEL 06-6641-5280
13:00~22:00
※コロナ禍のため~20:30(L.O20:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ