あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 居酒屋・炉端焼

目的のお墓参りを済ませてお昼前に小田原に戻りました。

この後、電車で東京に向かうわけですが、移動する前にランチを済ませます。

行ったのは「炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)」という小田原駅に近い場所にある居酒屋です。

前日、小田原に着いたときにお昼お邪魔した「魚がし」とも目と鼻の先です。
オハシ

こちらの階段から2階に上がったところにお店があります。
オハシ (4)

店内はカウンター席とテーブル席、我々が座った掘りごたつ式の小上がり席がありました。

ランチメニューは月替わりです。なのでこの内容はすでに変わっていると思います。お店のウリは「マグロ」。天然本マグロにこだわっているようです。
オハシ (3)

お品書きです。

この中から私と妻が頼んだのは「脂とろとろ本マグロの丼(1,480円)」。特別価格となっていました。
オハシ (8)

出されたのがこちら。ドレッシングがたっぷりかけられたミニサラダと味噌汁が付いていました。

赤身、ハチノミ(頭脇肉)、中トロなど、本当に色々な部位のマグロの切り身がたっぷり盛られていました。
オハシ (9)

筋っぽく見えるところもありましたが、新鮮だからかそれほど気にならないほど柔辛く身が厚くて食べ応えバッチリ!

マグロがウリのお店だけのことはあります。美味しく頂くことが出来ました。
オハシ (10)

母は「まかないちらし(850円)」を頼んでいました。

漬けになっているバラちらし丼ですね。
オハシ (5)

ランチタイム時はドリンクがタイムサービスとなっていて、生ビールが1杯320円!
オハシ (7)

ついつい頼んでしまいます。^^;

本マグロをこの値段で、これだけたっぷり食べることが出来るところは地元石川ではあまりないと思います。ご馳走様でした。

炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)
神奈川県小田原市栄町2-8-38
 中戸川ビル2F
TEL 050-5571-7109
11:00~14:30(L.O.14:00)
土・日・祝日 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近は東京に行っても会社の人と以外飲みに行くことが少なくなりました。

昔は、色々な方と飲みに行きましたが、やはり歳でしょうか……?こちらからお誘いをすることも少なくなりましたね。

さて、この日は、そんな久しぶりの会社以外の方と飲みました。


彼女のことは大昔にこちらで書いています


7年3ヶ月振りでお会いました。

お会いした場所は地下鉄東京メトロ千代田線湯島駅1番出口すぐの「湯島 春近」。
春近

湯島 春近」には3年ぶりくらいです。

荒井さんご夫妻も元気にやっておられますね。

長野信州うどん「おざんざ」のお店でしたが、いまは信州そばがウリなようで、そちらのほうが人気ということでした。

3年前にお店のことは詳しく書いていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

まずは、彼女が来るまでに一人でビールを一杯。
春近 (2)

お通しは味付け昆布。
春近 (5)

「万願寺揚げ(金額すべて税別380円)」。万願寺とうがらしの素揚げです。
春近 (7)

そしてピリ辛の冷奴も食べています。

唐辛子を醤油に漬けて自家製のたれを作っているのですが、これが辛かったです。でも、美味しい!

ここでAMIY MORIさんが到着。

再度、ハートランドで乾杯。久しぶりなので色々なお話をしながら飲み食べしました。

いまは次回の映画の準備や彼女が代表を務めるJapanSearchのインバウンド向けコンテンツなど、相変わらずの幅広い活躍をされていますね。

春近 (8)

「温泉湯豆腐(380円)」は、とろとろの、まさに絹のような感じの豆腐と白菜の小鍋風湯豆腐。佐賀県の嬉野温泉を使用しているとのこと。塩気が出ていて美味しいです。
春近 (13)

こちらは「ごちそうサラダ」で、いちじく・トマト・セロリ・キュウリ・アボガド・レタス・ブロッコリー・キウイ・ゆで卵など盛り沢山でした。

こちらはメニューにはなかった「きのこの天ぷら」。
春近 (11)

一番真ん中、上が舞茸で右回りにひら茸・かきの木茸(エノキ茸)・たもぎ茸・あわび茸
あわび茸です。普段食べないきのこばかりで秋の味覚を堪能しました。

この後、少し洋風な料理ということで「いちじくブルーチーズ焼き(750円)」。
春近 (12)

このブルーチーズ焼きは個性的な風味でした。さすがブルーチーズ。濃厚な香りと味です。
春近 (14)

最後の締めは「せいろそば」。こちらがお店の人気の逸品です。私は食べませんでしたが、AMIY MORIさんは美味しいと言っていました。
春近 (9)

お酒の方ですが、ビールの後は白ワインを飲んでいます。長野の小布施ワイナリーの「Sogga pere et fils(ソガペールエフィス)」。ソーヴィニヨン・ブランです。
春近 (6)

そして日本酒は、山形県鶴岡市の栄光富士純米吟醸を頼みました。

短い時間でしたが、美味しい料理とお酒に、久しぶりにお会いする方々との楽しいひと時。満足満足。ご馳走様でした。

湯島 春近
東京都文京区湯島3-47-10
TEL 03-5842-1134
火~金11:30-13:30,18:00-24:00
土11:30-15:00,18:00-22:00
日祝11:30-16:00
月曜休(不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

県外で食事のお店に行くときは、石川県のお店に行くより念入りに下調べをして探します。

最近はあまり見当違になることは少なくなりましたが、それでもたまに、心の中で「失敗した」と思うことがあります。^^;
とくべえ

今日紹介します「とくべえ駅前店」は、最初、お店に着いたときお世辞にもきれいとは言えない外観を見て少し心配しましたが、いい意味で見当違いのお店でした。

結論を先に書けば、とてもよかったです。料理はどれも美味しくて特徴もありました。満足です。見くびっていました。ごめんなさいです。

場所は長野駅からもほど近い場所。狭い路地に入ったところにひっそりとある居酒屋です。

人気のお店で、この日も大雨が降る日だったのですが、我々の後、次から次へとお客さんが入ってきました。
とくべえ (4)

我々は3名で訪れましたが、こちらの囲炉裏のある小上がりの席に通されます。
とくべえ (7)

まずは生ビールで乾杯。
とくべえ (3)

お通しは「もずく酢」。長野で「もずく」が出されるとは思いませんでした。

こちらがお品書きですが、それほど特徴があるわけではありませんげ、単価はリーズナブルでした。
とくべえ (5)

では、頼んだ料理について紹介します。
とくべえ (9)

最初は「揚げ出しどうふ(450円)」です。中にはとろとろのお豆腐が入っていました。
とくべえ (10)

「ニラ玉(450円)」はニラと溶き卵と共にスープがたっぷり入って熱々。これから長野が寒くなった時に食べると体も暖まるでしょう?
とくべえ (11)

「イカの香味揚げ(600円)」は揚げ立てで、この揚げ方が上手でした。
とくべえ (12)

「アスパラベーコン(800円)」は、シンプルにアスパラとベーコンだけかと思っていたら、アスパラとベーコン以外にも色々な野菜が入っていました。

こちらは「丸なす鉄火味噌(550円)」。
とくべえ (14)

長野は「小布施丸なす」が有名ですが、夏の時期が旬。素揚げした丸なすや野菜に鉄火味噌という直接食べるいわゆる「なめ味噌」をからめた一品で、美味しかったです。
とくべえ (13)

甘辛で酒がすすむ逸品でした。
とくべえ (8)

私は食べていませんが「もつ煮(550円)」も頼んでいます。
とくべえ (16)

最後に頼んだのは、こちらのお店のスペシャリテ「コロッケ(650円)」です。
とくべえ (15)

この巨大なコロッケ(650円)を揚げるには相当な技術が必要だと思いますが、これが本当に美味しかったです。
とくべえ (17)

中はとろとろのクリーミーな感じで、一人のときだとこれだけ食べたらお腹いっぱいになるぐらいのボリュームで、我々のように3人でシェアして食べるとちょうどいいボリュームでした。

以上、3名で飲み食いして一人3,700円強。長野の郷土料理を堪能できるお店ではありませんが、コスパ的にも味的にも満足できるお店でした。ご馳走様でした。

とくべえ駅前店
TEL 026-228-2525
長野県長野市北石堂町1366
月~土 17:30~23:00(L.O.21:30)
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松駅前の人気の居酒屋「かまど」へは昔はよくお邪魔していましたが、最近はあまり行かなくなっていました。

まぁ、ブログをやっていると、どうしても新規開拓の傾向が強くなっているのかもしれません。

久しぶりのお店についても紹介していきたいとは思っているのですが、ついついまだのところが優先になったりします。^^;
かまど

さて、「かまど」へお邪魔するのは何年ぶりでしょうか?ブログで紹介しているのを見ると約13年前に書いていますが、確かその後で一度お邪魔しているはずです。

前に書いているので紹介しなかったのかもしれません。

今回お盆の時に妹夫婦一家と一緒に行ってきました。

人数も多かったので、襖で仕切られた個室に案内されます。

お盆や正月時期はとても混雑するので、前回お邪魔した時は料理が出されるのがとても遅かった記憶があります。

お店にもこの日、ご覧のような但し書きが置かれていました。
かまど (13)

今回もそうなのかと思ったら、とてもスムーズに提供されて、遅かった料理は一つもありませんでした。

さて飲み食いしたものを紹介していきますが、私の周りで頼んだもののみ紹介します。子供たちのテーブルでは他にも色々頼んでいます。
かまど (2)

オーダーはこちらのタブレットで行います。この手の大箱のお店ではこれが便利です。間違いも少なくなりますしね。
かまど (11)

まずドリンクは、この手のお店としては珍しく色々な種類のクラフトビールが揃っていたので、そちらから頼むことに。

1杯目はエールやピルスナー系ですね。
かまど (14)

私は「水曜日のネコ」。飲み口が爽やかで飲みやすいエールでした。妻の方の1杯目はIPLの「496」でした。
かまど (18)

2杯目は「ブルックリンラガー」。爽やかの飲み口のラガーで美味しかったです。

妻は2杯目が「インドの青鬼」3杯目が「ブラックラガー」です。

そして食べたものは、最初はこちらの「大根サラダ(756円)」。(金額表示はすべて税別)
かまど (15)

人気の定番サラダです。毎回こちらを頼んでいます。
かまど (16)

刺身は「活梅貝(756円)」。この量は少し食べた後。^^; 新鮮なのでコリッとした食感でした。
かまど (17)

「出し巻き玉子(594円)」も作りたてで美味しかったです。
かまど (19)

「ポテトとベーコンのチーズ焼き(799円)」も熱々。ポテトとベーコンとチーズの組合せは最強です。
かまど (20)

こちらは「アサリの酒蒸し(648円)」です。
かまど (22)

串焼きが適当にまわってきました。
かまど (23)

これは「なんこつの唐揚げ(626円)」かな?
かまど (24)

揚物はあと「タコの唐揚げ(626円)」も頼んでいます。
かまど (21)

お酒は私はビールの後はハイボールにしています。他は色々なものを頼んでいました。

以上を飲み食いして一人当たり3,200円ほど。味的にもコスパ的にも満足。

それに今回はお盆の時期でも料理の提供がスムーズで満足度も高かったです。スピード感はサービス業では重要な要素です。ご馳走様でした。

かまど
石川県小松市土居原町716
 ハイパーホテル小松2F
TEL 0761-21-3515
16:00~(L.O.23:00)
1月1日~4日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松に新しいお店がだんだん増えてきています。

今回、前は「あん庵」だったところに新しく炉端焼きのお店が出来たと聞いて行ってきました。
魚萬 (37)

お店の名前は「創作料理 魚萬」。7月1日にオープンしています。

オーナーの方は、これまでに色々な飲食店で腕を磨いておられ、片山津のかぼちゃ村や小松駅前の某店などの店長などを経験されていました。そしてこの度、晴れてご自分のお店を持つことになったのです。

入口の感じは看板類を除けば「あん庵」時代と同じ。店内は、カウンター席周りは「あん庵」のときからは雰囲気がだいぶ変わっていました。
魚萬 (2)

棚などはご主人が自分で付けられたと話をしていました。
魚萬 (36)

ちなみに、こちらの個室についても「あん庵」時代にはなかった部屋で、ご主人自作のようです。

我々はカウンター席に座り、そしてお品書きを見ながらご主人と少し話をしていると、かぼちゃ村で働いておられた時代に少しかかわりがあってびっくり!

「あん庵」のママもよく存じ上げていたので、この場所はご縁があるところなのかも知れませんね。
魚萬 (9)

さて、お品書きを見て驚いたのですが、メニューの種類が多いこと!
魚萬 (11)

基本は海鮮炉端焼きのお店なのですが、かぼちゃ村のラ・ヴィーブ時代の経験を活かしておられます。

このあたりはご主人の「いろいろな味を楽しんでもらいたい」といった思いからそうされているようです。

ただ何を頼もうか少し悩みました。

さて飲み食いしたものを紹介していきます。
魚萬 (5)

家から歩いてきたので、まずは生ビールです。ジョッキがギンギンに冷やしてあって最高!
魚萬 (15)

そして最初に頼んだのは「名物 ふわふわすり身あげ(680円)」。揚げ立て熱々でした。

続いて岩牡蠣も頼みました。
魚萬 (16)

ご覧のようにプリンプリンの大きな身で、軽くレモンを絞ってポン酢で食べます。
魚萬 (22)

お酒のほうは私はハイボールに変えています。

妻は日本酒です。升にグラスを入れてなみなみと注いでくれます。

お造りは「板さんおまかせ5種盛り(1,080円)」。
魚萬 (18)

タコ・甘えび・梅貝・ブリ・白身はなんだったかな?タイ(メジナ?)だったかな?
魚萬 (4)

ここで目の前の水槽で元気に泳いでいるドジョウを見て、ドジョウの唐揚げを頼みます。
魚萬 (19)

ドジョウを目の前にして食べるのはちょっとかわいそうな気がしますが、美味しかったです。

このあたりでビストロメニューに変えてみたいと思います。
魚萬 (26)

「美川しらすのアヒージョ(580円)」。ご主人は美川出身でこの時期新鮮なしらすがあり、これまた最高!
魚萬 (29)

バゲットの上に乗せて食べると、スペイン料理店で食べているような気になります。

こちらの「トマトとマスカルポーネのガレット バジリコの香り(680円)」は、イメージとちょっと違いました。
魚萬 (32)

ガレット生地に乗せられて出されるのかと思いましたが、カプレーゼのような感じでしたね。アンチョビがアクセントになっていました。

こちらも普通の炉端焼きのお店で食べることは出来ない一品です。
魚萬 (35)

最後にもう一品ということで「女将のポテトサラダ(380円)」を頼みます。マイルドな口当たりで美味しかったです。
魚萬 (34)

お酒について妻は、「すっきりトマトサワー(448円)」なんてのを追加で頼んで飲んでいました。

以上、飲み食いして8,800円と予想より安かったです。色々な料理を楽しめて味の方も満足できるものでした。

また、お店はカウンター席や小上がり、個室も1階に2つ。2階に大人数が入ることが出来る座敷もあります。ただ、開店して間もないので、今後どのように受けているか思案中だそうです。なかなかいいお店が出来たと思いますのでうれしいですね。ご馳走様でした。

北陸海鮮炉端 魚萬
石川県小松市大和町8
TEL 0761-58-2578
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ