あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

四国へは2年3ヶ月ぶりに行きました

香川県といえば「うどん県」で有名ですが、うどん以外にも美味しいグルメがたくさんあります。

特に瀬戸内海の海の幸は格別で、鯛やタコ、サワラ(石川県でいうサワラとは違います。石川では「サワラ」とはカジキのことです)など美味しいものがたくさんあります。

まぁ、うどんは主食なのですが、さすがに夜にまでうどんを食べるわけにもいかないので、普通に居酒屋に入りました。
酒と料理のなつ

とはいえ、せっかく来たので瀬戸内の美味しい魚介も食べたいし、美味しいお酒を飲みたいわけで、それなりに下調べをしてチョイスしたのが、今日紹介します「酒と料理のなつ」です。

高松市内の中心エリアにお店はあります。

昔よく利用していたホテルに今回久しぶりに宿泊して、仲間と4名で連れだって近くにあるこちらのお店に向かいました。

私がよく出張で四国にも行っていた6年前にはなかったお店です。
酒と料理のなつ (8)

四国貯蓄信用組合の跡地を利用して、元銀行の金庫室をそのまま個室席として使用していたり、カウンターやテーブル、小上がり、個室など色々な形態の席がたっぷりありとても広いお店でした。

できる限り「地元・四国の食材」を使うことをモットーに、作り手の名前の付いたメニューなど地元四国の生産者の方々と密接につながった料理を提供しているお店なのです。

我々4人は、入口に近いテーブル席に案内されます。
酒と料理のなつ (3)

まずは生ビールで乾杯です。お通しはブロッコリーと鶏肉でした。
酒と料理のなつ (9)

では食べたものを紹介していきます、
酒と料理のなつ (12)

最初に「お刺身盛り合わせ おまかせ2~3人盛り(2.070円)」を頼みます。こちらで2~3人前です。

かつお、オリーブはまち(オリーブをエサで食べさせている?)、サワラは炙り、タイ、サーモンの5種類。刺身は今の時期、旬の美味しい魚介を楽しめるので、それと比較すると、まぁ、鮮度的には少し落ちるといえるかもしれません。
酒と料理のなつ (10)

これは「はまちのぶっかけ胡麻まみれ(1,000円)」で、福岡の「ごまアジ」のような感じです。
酒と料理のなつ (14)

野菜は「エビとアボカドのシーザーサラダ(950円)」を頼みました。
酒と料理のなつ (16)

「熱々じゃこ天(470円)」はこれで2枚分でした。熱々で美味しかったです。
酒と料理のなつ (19)

「いただきさんのたこ天(630円)」にはカレー塩が添えられています。

「いただきさん」とは、高松の町でそう呼ばれる鮮魚商のこと。もともと頭の上に桶を乗せて売り歩いていたようです。
酒と料理のなつ (17)

こちらの「明太子入り出し巻き玉子(720円)」は一本物で出されます。
酒と料理のなつ (18)

明太子もたっぷり入れられていました。熱々で美味しかったですよ。
酒と料理のなつ (20)

「〆サバ(700円)」は脂が乗っていました。
酒と料理のなつ (22)

最後に頼んだのは「鳴門鯛のかま飯(900円)」。といっても一から一人用の羽釜で炊き上げるので20分ほどかかるということで、20分ほど前にオーダーしています。
酒と料理のなつ (23)

出来立てをかき混ぜ少し蒸らせて、お茶碗に盛り付けます。
酒と料理のなつ (24)

上品なうす味でしたがうまかったです。

「漬物盛り合わせ(600円)」も合わせて頼みました。
酒と料理のなつ (13)

お酒のほうは生ビールの後は、獺祭の純米大吟醸50の300ml。

そのあとは私はハイボール。他の人は日本酒を頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人5千円を切る値段。コスパもいい感じ。味のほうもすべての料理が標準以上の味で満足できましたね。ご馳走様でした。

酒と料理のなつ
香川県高松市瓦町1-4-10
050-5592-2001
月~木18:00~25:00
金・土18:00~25:00
日18:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪は東京と違って、大阪駅のような大きなターミナル駅周辺に手軽に入ることが出来る飲食店が多くあります。

東京にも昔はたくさんあったのでしょうが、再開発の流れに逆らえずにだんだんとなくなっていったのだと思います。

さて、今回も大阪から小松に戻る前に軽く食事をして帰りました。

今回立ち寄ったのは新梅田食道街。

こちらのHPに書かれているキャッチコピーは「大阪で一番に乾杯が似合う場所」。

まぁ、こぎれいなエリアでは決してありませんが、会社帰りに気軽に入ることが出来るお店ばかり40軒ほど、所狭しと軒を並べています。

一つ一つのお店も大きなお店ではなく、狭いお店が多いのです。
三起

今回お邪魔したお店は、「季節料理 三起」という居酒屋のような小料理屋さんのような感じのお店で、新梅田食道街の中でも人気店の一つです。カウンターとテーブル席がありました。
三起 (6)

私はカウンター席に座ります。目の前には旬の松茸が置かれていました。
三起 (11)

いつも通り、帰りのサンダーバードの待ち時間の合間にひとりでお邪魔しました。
三起 (3)

まずは生ビールとお通しです。
三起 (7)

最初、お通しは砂肝が出されたのですが、肉が苦手なことを伝えると、茶豆に変えてくれました。

「大阪で一番に乾杯が似合う場所」なので乾杯したいところでしたが、残念ながらひとりだったのでひっそりと飲み始めます。^^;

さて、食べたものを紹介していきます。

こちらのお店で食べたかったのは、先ほど紹介しました新梅田食道街のHPの中で、こちらのお店の紹介のところに書かれていた料理です。

お店自体、自信ある料理なのだろうと思ったからです。
三起 (8)

そこで、まずは「タコのスタミナ焼き(980円)」。

活明石タコをステーキソースで炒めている一品です。

味付けは特製のソースで、醤油系のスパイシーなスタミナソースを使用。大きなぷりんぷりんのタコと合います。
三起 (10)

そして「空芯菜の塩炒め(880円)」。

空芯菜は中国での呼び名で、日本では「ヨウサイ」と呼ばれています。石川ではあまりなじみのない野菜ですね。

空芯菜の名の通り、中が空洞なのでシャキシャキの食感が特徴です。私も大阪にいるときは時々食べていました。

こちらの味も、醤油で味付けされていて、先ほどの「タコのスタミナ焼き」よりはさっぱりとした味わいでした。
三起 (12)

おかわりのハイボールにも合いました。ウイスキーは「ヒゲの黒」です。

最後にもう一品と言うことで、お品書きの中から選んだのは「穴子柳川風(780円)」。

久しく穴子の柳川も食べていなかったので頼んでみました。
三起 (13)

こちらも明石の穴子使っています。濃厚な味付けです。こちらのお店は濃厚な味付けの料理が意外に多いですね。酒呑みにはもってこいです。(笑い)

以上を飲み食いして、4千円強。美味しく飲み食い出来ました。一人でふらりと訪れるにもいいお店です。ご馳走様でした。

季節料理 三起
大阪府大阪市北区角田町9-25
 新梅田食道街1F
TEL 06-6315-9441
平日15:00~23:30 
休日14:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神戸と言えば、いまは三宮周辺が中心ですが、戦前から昭和30年代半ばにおいて神戸の中心市街地といえば、新開地あたりだったのです。
新開地

60年前に市役所が三宮に移ったこと、市電の廃止、造船業の縮小などによって、だんだんと新開地の街も寂れてきたのです。

しかしながら、その当時の面影が、地下のメトロこうべなどに残っていて、ノスタルジックな雰囲気もあるところで、個人的には好きなエリアです。
こだわりや隠れ家

今回、神戸に出張があり、新開地のホテルに宿泊。その近くでお店を探すと、こちらの「こだわりや隠れ家」にビビッときました。

場所は地下鉄の湊川公園の近くです。今回は仲間4名でお邪魔しました。
こだわりや隠れ家 (17)

店内は奥に長細く、ボックス席が並んでいる活気あるお店でした。店員さんも大勢働いていました。

メニューを見ると凄い品数です。そして値段もめちゃめちゃ安いです。

マジで、えっ!ホント?と思うほどですよ。是非一度ホームページを見てください。

そして何と!生ビール(中)が270円です。アルコールの種類もめちゃ多く、選ぶのに苦労するほど。こんなに多くの料理とお酒を揃えているところも珍しいと思います。

では、頼んだものを紹介していまます。
こだわりや隠れ家 (2)

まずはお通しと生ビール。
こだわりや隠れ家 (7)

そして飲む前には野菜!ということで「プレーンサラダ(500円)」を2つ。
こだわりや隠れ家 (5)

それと、「冷やしトマト3(00円)」です。
こだわりや隠れ家 (6)

こちらは秋田名物「いぶりがっこ」。大根を燻製にした上で、米糠と塩で漬けこんだもの。意外とチーズにも合いますよ。
こだわりや隠れ家 (12)

こちらは、「宇和島のじゃこてん(1枚150円)」で4枚あります。
こだわりや隠れ家 (8)

「宮崎鶏たたき(680円)」もありますね。

全国の名物料理が楽しめるようです。うれしいです。
こだわりや隠れ家 (9)

「たこの塩焼(450円)」は酢橘を絞って食べます。さすがタコが名物の明石に近いだけあります。
こだわりや隠れ家 (13)

「たら白子バター炒め(680円)」。時期外れですが濃厚な味でした。
こだわりや隠れ家 (10)

「角切りマグロとキノコのオイスターソース炒め(680円)」は、こちらもガーリックがきいた濃厚な味付けで酒がすすみます。
こだわりや隠れ家 (11)

「ソーセージ5種盛り(380円)」も超お安いです。
こだわりや隠れ家 (14)

さて、私は2杯目はハイボールにしましたが、他の人は日本酒に変えていました。
こだわりや隠れ家 (15)

他には「だし巻き」も頼みます。
こだわりや隠れ家 (16)

最後はなぜか「チャンジャ(380円)」で締めます。

メニューの種類が多くて、大箱のお店というのは、時々料理が出されるのが遅くなりがちなのですが、こちらのお店はどんどん次から次に出されました。

お酒もどんどん進み、1時間強でこれらの料理とお酒もそこそこ飲みました。

で、これだけ飲み食いして、締めて4名で12,000円強。素晴らしいコスパです。満足度高し!のお店でした、ご馳走様でした。

こだわりや隠れ家
兵庫県神戸市兵庫区新開地1-4-26
TEL 078-511-8877
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

クライマックスシリーズの真っ只中、広島出張がありました。

2か月近く前、ホテルを予約しようとしたら、何と!ほとんどのところが満室。

やっと、平和大通りの近くのホテルを見つけて予約。飲み屋街も近かったため、久々に広島の夜の街に繰り出すことにしました。

歳を取って来ると、アルコールを飲んでいるいるときは粉物をそれほど食べたくなくなってきたので、広島名物のお好み焼きはランチに食べることに。そしてそのほかの名物料理を探して入ったのが、こちらの「紅緒」という居酒屋です。

雨が降っていて、とても寒い夜でした。お店の場所は広島の歓楽街の一角です。

事前に予約を入れてあったのですが、この日は市場が休みと言うことで、前もって食べたいものがあったら言ってくださいと、わざわざメッセージを頂き、事前に地あなごの刺身と他あなご料理を予約してありました。
紅緒

お店は古民家を改装しています。広島でも、このような古民家が残っているんですね。
紅緒 (3)

1階はカウンター席で、我々は2階の座敷席に通されます。

メニューの種類はそんなに多くはないのですが、こだわり系のメニューが多かったです。

まずは生ビールとお通しで乾杯です。

先ほども書きましたが、こちらのお店はあなごがウリですが、それ以外にも瀬戸内の旬の食材を使った料理もあります。

あなごの刺身なんてのは、北陸ではなかなか味わうことが出来ません。まずは頼んであった「穴子の刺身」が出されます。
紅緒 (10)

一見、ふぐ刺し、てっさのような感じです。食べ方ももみじおろしときざみねぎを巻いて食べます。

歯ごたえを感じる程よい薄さの「あなごの刺身」はなかなか味わえない一品です。やはり味的にもふぐに似ていますね。
紅緒 (13)

こちらは「あなごの塩焼」です。
紅緒 (12)

「あなごの蒲焼」もお願いしました。両方とも脂が乗っていて美味しかったです。

まぁ、塩焼と蒲焼はうなぎのほうが美味しいかな?もっとも値段が違いますから単純比較はできませんが。

他に食べたものを紹介していきます。
紅緒 (15)

サラダは「ベーコンのシーザー風サラダ(880円)」を頼みます。
紅緒 (17)

殻付き岩牡蠣は1個480円。
紅緒 (20)

身が切られて入れられていましたが、そのままのほうが良かったです。
紅緒 (18)

私はハイボールに切り替えます。
紅緒 (14)

こちらは「ゲソ網焼き(580円)」。塩味がほんのり。いい塩梅です。
紅緒 (21)

手羽先の唐揚げは2本で380円でした。私は食べていません。

あと魚系をお願いしようと思ったのですが、市場が休みでメニューの中にはないものもありました。
紅緒 (23)

そこで黒板メニューの「カマスの一夜干し(680円)」をお願いしました。
紅緒 (24)

最後の一品は「梅とわさびの冷奴(380円)」でさっぱりと締めました。

この日は4名で伺って、一人3~4杯飲んで締めて、一人4千円強。なかなかのコスパでいいお店でした。おすすめです。ご馳走様でした。

紅緒(べにお)
広島県広島市中区薬研堀2-11
050-5869-9695
090-7891-8145
18:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

出張に行くと、ひと仕事した後に会社の仲間と一緒に夕食を食べることが多いです。

その時に利用するのは、やはり居酒屋が圧倒的に多くなります。

色々なものを皆でつまんで飲み食いするほうが楽しくて、美味しく食べることができますから。

さて、この日は神保町の「魚百」というお店に伺いました。

今回は4名でお店にお邪魔することに。
魚百

2階もある大きなお店で、作りは昭和の、それも40年代を彷彿とさせてくれる作りとなっています。
魚百 (20)

内装も、そんな昭和のイメージに統一していて、いわゆる大衆居酒屋のイメージを演出しているようです。

サーブしてくれる女性が威勢のいい感じで、何となく「市場」に来ているみたいな気分にさせてくれます。酒も「もう一杯!」なんてついつい飲み過ぎてしまいそうな雰囲気でした。^^;

我々は予約を入れてあり、2階の席に案内されました。
魚百 (4)

まずは、生ビールとお通しのきんぴらごぼう。
魚百 (16)

そしてテーブルに置かれていた、「タコブツ100円!」の文字が目に飛び込んできたので、当然それを注文。これは2人前です。数量限定です。
魚百 (5)

また、お店としては相当刺身に自信があるみたいで、皆さんにすすめていました。生の魚は足がはやいので、早目に仕入れた分を売り切ってしまいたいということもあるのかもしれません。
魚百 (2)

この日の刺身の種類は、こんな内容でした。色々な地域で獲れた魚が並んでいます。産地が書かれているのは安心できます。
魚百 (9)

盛合せもありましたが4人だと量的に少ないと思い、我々は「かつおの塩たたき(800円)」「カイワリ(800円)」「炙り〆サバ(750円)」の3種類を頼んでシェアすることに。

「カイワリ」とは聞きなれない魚ですが、アジの一種で、西日本ではヒラアジやシマアジと呼ばれています。

東京で食べる刺身としてはいいと思いますが、かつおのたたきはまだしも、他のは鮮度的に地元石川で食べる魚に比べると落ちますね?

かつおの塩たたきはさっぱりして美味しかったです。

高級魚「金目鯛の煮付け」も950円という破格の値付けだったので、興味本位で頼んでみました。
魚百 (10)

これは脂も乗っていて美味しかったです。
魚百 (7)

これは「玉ねぎとトマトの塩昆布サラダ(550円)」。塩昆布がいい塩梅でした。
魚百 (12)

「塩ベーコンの炙り焼き」は、身の厚いベーコンをいい感じで炙っていたので美味しかったです。
魚百 (13)

こちらのほうは私が頼んだものではないので不明ですが、「地鶏塩レバー炙り」だったかな?
魚百 (6)

お酒は私は、生ビールの後はハイボールを2杯飲み、他の人は日本酒を色々頼んで飲んでいました。
魚百 (11)

この「イカわたホイル焼き」は日本酒のアテに最高だったようです。
魚百 (14)

日本酒メンバーは漬物も頼んでいました。

以上を4名で飲み食いして、一人5,500円強。お酒もだいぶ頼んだようなので、まぁ、思っていた通りの値段といえるかもしれません。

「魚百」というお店は神保町界隈では、リーズナブルに美味しい料理を楽しめるお店として有名なようです。その片鱗を垣間見た気がします。ご馳走様でした。

魚百
東京都千代田区神田神保町1-2
TEL 03-3291-1295
ランチ月~金
1階 11:30~14:00
ディナー月~金
1階 17:00~23:00(L.O.22:00)
2階 17:30~23:00(L.O.22:00)
[土・祝]
1階 15:30~23:00(L.O.22:00)
日曜・GW・お盆・年末年始休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ