あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 居酒屋

今日は、小松インター近くにあるお店2軒を紹介したいと思います。

両方とも過去に紹介したことがあるお店です。

まずは、「旬菜食事処 樹」。ランチにもディナーにも何度か訪れことがあるお店です。


ランチの営業時間は、前は11時からだったのですが、今年からは11:30からと変更になっていました。

今回ランチに食べたのは「樹膳(たつきぜん)」。過去に「樹膳」について書いたことがなかったと思うので紹介します。
樹

「樹膳」には、天ぷら・刺身・煮物・サラダなど色々付いていて1,200円という値段。一品一品の量はそれほど多くはないですが、ランチとして和食のいいとこ取りをするような内容になっています。

天ぷらもネタは一通り揃っていて揚げ立てでした。ただ、天つゆに入れる大根おろしはもう少し欲しかったかな……?^^;

煮物は白菜と子芋。刺身はカツオのたたきとサワラ。サワラは石川県の呼び方でカジキマグロのことです。

我々が食べている間にもお客さんがどんどん入ってきていました。人気なのですね?

こちらはランチメニューの種類も豊富で、うどんも小松うどんの認定店で美味しいですよ!ご馳走様でした。

樹(タツキ)
石川県小松市長崎町3-107 
TEL 0761-24-0139
11:30~14:00
17:30~22:30
月曜休


お次は、こちらも小松インターから空港に向かう途中にある、ミシュランガイドでビブグルマンに選ばれた「焼肉 北一亭」です。
北一亭_0271

こちらは能美市の藤井肉店直営のお店で、ミシュランガイド2016富山・石川(金沢)特別版でビブグルマンに認定されています。

私自身は肉料理が苦手なので、過去に一度しか行ったことがありません。^^;

今回、平日のお昼にお邪魔しました。ランチ時は混雑していました。やはりミシュランガイドビブグルマン認定の影響はあるんでしょうね?
北一亭

ランチのメニューはこんな感じです。

当然、肉のメニューが並んでいますが、カレーやエビフライなどのメニューもありました。

もちろん、いいお肉を使ったメニューはランチでもそれなりの値段がします。
北一亭 (2)

私は、今回もハンバーグ。相変わらず柔らかいハンバーグです。2個付いていてボリュームは結構あります。
北一亭 (3)

ハンバーグの上には、前はしめじが乗せられていましたが、この日は目玉焼きに変わっていました。ソースも少し味が変わったかもしれません。

食後にはコーヒーなどのドリンクが付いてきます。

これで810円はお得です。ビブグルマンの実力は、やはりそれなりのお肉を食べないと実感できないかもしれませんが、肉好きな方にはうれしいお店なのですね!?ご馳走様でした。

北一亭
石川県小松市城南町75-3
TEL 0761-23-2981
月~金
11:00~15:00
17:00~22:00(L.O.)
土・日・祝
11:00~22:00(L.O.)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

気仙沼や石巻、塩釜などの全国的にも有名な漁港をかかえる宮城県。北陸と同じく海の幸が豊富です。

宮城といえば冬の時期は牡蠣が一番有名だと思いますが、他にはタラなども冬の味覚として美味しいですよね?新鮮な魚介を使って作られる「笹かまぼこ」などの練り物もあります。

あと、魚介以外では「牛タン」も超有名です。
東家

さて、今回伺った「地酒と旬味 東家」は、これらの宮城県の名物料理を一通り楽しめるお店ということで、遠来の客はもとより地元のグルメ諸氏にも人気のお店ということです。
東家 (2)

場所は仙台駅からほど近く、前に朝市をやっていた市場(移転済み)だったところの目の前です。お店はビルの地下の飲食店街一番奥にあります。

お店の前には緑提灯が掲げられています。この緑提灯は国産や地場産品を積極的に使っているレストランや居酒屋だという証です。ちなみに国産比率が70%を超えれば星3つとなります。
東家 (19)

店内はご覧のカウンター席と、小上がり、座敷など、最初思っていたよりは広いお店ではありませんでした。我々3名は小上がりの席に通されました。

地酒の種類も豊富です。日本酒に限らず焼酎やハイボールについてもリーズナブルな値付けだったので安心して飲めます。
東家 (7)

黒板メニューもありました。 
東家 (10)

こちらはお通しです。二品付いてきました。 
東家 (13)

では、頼んだのものを紹介していきます。まずは「野菜サラダ(800円)」です。
東家 (14)

「仔牛の牛タン一本焼(2,400円)」は、仔牛の牛タンを一本そのまま豪快に焼き上げた一品です。「牛タンステーキ」と言ってもいいくらいかもしれませんね。

お店の人は、そんなにいい牛ではないと話されていましたが、なかなか一本丸ごとの牛タンを2,400円という安価に食べることができるところは少ないと思います。

独自ルートで調達した生後一年未満の仔牛なので、柔らかくクセもあまりありません。
東家 (17)

こちらは「海鮮香梅和え(1,000円)」。この日はヒラメでした。量は少なめでした。新鮮なお刺身でも食べることが出来るのを使っているから高いのでしょうか?でも、それなら刺し無で食べたほうが美味しいでしょう?
東家 (12)

こちらは変わっています「干し柿とバターのミルフィーユ(800円)」。干し柿のバターサンドです。
東家 (6)

頼んだハイボールに合いました。
東家 (11)

「ホヤチャンジャ(600円)」。ホヤの季節は春からですが、酒の肴にうってつけです。
東家 (16)

「海老のはんぺん(800円)」は、きめ細やかなはんぺんで、ほんのりと海老の香りと味がはんぺん全体に感じる美味しい酒の肴でした。
東家 (15)

「桜海老の蒲鉾(1,000円)」も、桜海老の香ばしい香りと味、そして食感の違いを楽しめる、こちらも酒の肴にはいい感じでした。
東家 (18)

最後に頼んだ「煮穴子(1500円)」は、とろ~りと噛まずに飲み込めるような柔らかさ。煮汁が上品に均一に染み込んでいてとても美味しかったです。

お酒は3人で10数杯頼みました。それで締めて14,000円弱。コスパも良かったです。ご馳走様でした。

地酒と旬味 東家(あずまや)
宮城県仙台市青葉区中央3-8-5
 新仙台駅前ビルB1F
TEL 050-5868-4317(予約専用番号)
022-211-5801(問合せ専用)
月~日
ランチ11:00~14:00(売切れ次第終了)
ディナー17:00~23:30
(フードL.O.22:30/ドリンクL.O.23:00)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

昨年の10月、どんどん祭りの折、ランチを食べに行った「町家食堂はるお」に再訪してきました。

ランチのときは、お祭りにあわせた臨時営業みたいな感じで、昼間から夜メニューの一部もオーダーできました。通常営業の形とは少し違っていたかもしれません。

またその時は、一番手前のテーブル席だったのでわかりませんでしたが、今回お邪魔して、お店自体はカウンター席や今回通された15~16名は入れる座敷席、小上がりなど、町家の奥が長いお店で、多くの人数が入れるような作りだということがわかりました。

ただ、前回おでんなどもあったのですが、今回おでんはメニューにはありません。この日はとても寒い冬の日だったため、ある意味おでん目当てで訪れたわけですが残念でした。

この日見る限りは、炉端焼きがウリのようなメニュー構成になっていました。

また「この日のおすすめメニュー」というお品書きがありましたが、行った日はお正月休み中だったので、もしかしたら正月用メニューだったのかもしれませんが。

魚は地元安宅の漁師から直接仕入れているようですが、漁の方もお正月休み中?で、残念ながら生の刺身はブリとカンパチ。
はるお (7)

では頼んだものを紹介していきたいと思います。
はるお

まずは生ビールとお通し。
はるお (2)

最初に頼んだのはサラダで「グリーングリーンサラダ」。緑緑ですね!
はるお (3)

「豆腐のギリシャ風サラダ」も頼みました。なぜギリシャ風サラダなのか食べてもわかりません。^^;
はるお (6)

本日のおすすめメニューの中から「ヒラメの昆布締め」。ブリとカンパチと同じく、こちらも800円です。
はるお (21)

こちらは、「カマスの開き(600円)」です。カマスの開きは珍しいと思います。

焼魚は開きが多かったのは、お正月期間なので新鮮な魚介がなかったからでしょうね?
はるお (5)

「揚げ出し豆腐」も頼みます。
はるお (12)

さおして炉端焼きメニューからは「しいたけ」。石川県産で大きいのが3枚お皿に乗せられてきました。
はるお (13)

「焼ナス」は細身。
はるお (17)

「じゃがいも」
はるお (15)

「ピーマン」
はるお (11)

「揚げ焼き」などを頼みました。
はるお (16)

炉端焼き以外では「牛スジ」もありましたが、私は食べていません。
はるお (10)

「出し巻き玉子」は焼きたてふわふわで美味しかったです。
はるお (20)

こちらは「オニオンフライ」です。
はるお (14)

ご飯ものとして「とんぺい焼き風」を頼みます。「風」となっているので肉が使われていません。
はるお (8)

ハイボールの後、飲んだものは地元小松のお酒「加越」。なみなみと注がれています。
はるお (9)

こちらは「フリージングハイボール」。ブラックニッカです。写真にはありません焼酎のお湯割り(赤霧島)なども頼みました。

以上、飲み食いして一人3,000円ほど。思ったより安かったですね。

店構えは少しお高いイメージですが、気軽に普段使いが出来る良心的なお店だと思います。ご馳走様でした。

町家食堂「はるお」
小松市土居原町219-2
TEL 090-7741-5286
11:00~14:00
17:00~26:00
日祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

中国南京にも和食を食べられるお店が多くあります。

現在、南京市に何人の日本人が暮らしているのかわかりませんが、Webで調べても街中にはいたるところに和食のお店がありました。

今日紹介します日本食居酒屋「笑門」は、そんな南京の中でも古くから営業しているところです。

場所は建華大厦ホテルが入っているビルの32階にあります。

実は、最初、この近くにある「千夏」という同じく和食居酒屋のお店に行こうと思っていたら、ちょうど移転のため閉店になっていたため、こちらにしました。^^;

「笑門」店内は意外に広く、テーブル席と個室の座敷席なども7部屋ほどありました。

使い勝手もよさそうでしたね。そして日本人のお客さんが多い感じがしました。

店員さんも全員、日本語が話せるようです。
笑門

まずは生ビールです。お通しはコンニャクと椎茸の肉詰めの煮物です。

最初に、この日は寒い日だったので、おでんを頼みました。
笑門 (3)

だいこん、すじ、つみれ、じゃがいも、さつまあげ、ちくわ、たまご、こんにゃく、ごぼ天。

少し甘めの味付けでしたが、よく煮込まれていて美味しかったです。
笑門 (4)

こちらは揚げ出し豆腐。
笑門 (5)

ほうれん草とベーコンのサラダです。生のほうれん草ですが、アクはそれほど感じませんでした。
笑門 (7)

私は食べませんでしたがニラレバ炒めも頼んでいました。
笑門 (8)

串焼きは何でしょうか?こちらも私は食べていません。
笑門 (9)

誰かがサバの塩焼きも頼みました。サバは中国でも一般的な魚なのでしょうか?味付けは日本人好みでしたね。
笑門 (10)

白菜の煮びたしです。

あと何か食べたような気がしますが、話も弾んで写真を写さなかったものも何品かあります。

こちらのお店は2号店も出されれいるということで、日本人だけではなく現地の方々もよく訪れるお店なのでしょうね?ご馳走様でした。

笑門日本料理(建華ビル店)
中国南京市白下区石鼓路42号
 建華大厦3204・3304室
025-86983100
11:30~14:00
17:30~23:30
無休
 

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

昨年の忘年会シーズンの最終盤の週に横浜に出張がありました。

年末年始前、そして冬休み前ということでパック料金が非常に安く、前日からの移動で入り、横浜で宿泊することに。
せんざん 新横浜店 (10)

ということでこの日、久しぶりの方と飲もうということになり向かったのが「せんざん 新横浜店」。せんざん本店というグループのお店で、神奈川県で9店舗展開しています。

基本海鮮茶屋ですが、新横浜店は炭火焼と山形のへぎ蕎麦がウリのお店のようです。

新横浜駅前のビルの3階にあって、お店はなかなか広いスペースを持っていて、グループの宴会ニーズにも対応できるお店でした。

我々2人は、個室ではありませんが、グループ単位で仕切られた掘りごたつ式の座敷席へ通されました。

空間的にも都会のお店としては、ゆったりとした座席配置になっていて、さらにお隣と仕切られているので、ほとんどとなりを意識しないで飲み食い、会話が出来てよかったです。
せんざん 新横浜店

まずは生ビール中ジョッキ(500円)とお通し(300円)。お通しはイカの塩辛。

そのあとお酒は日本酒「獺祭(980円)」を飲み、後半はハイボール(480円)を3杯ずつ飲みました
では、オーダーしたものを紹介していきます。
せんざん 新横浜店 (2)

この日のおすすめメニューはこちらでした。
せんざん 新横浜店 (4)

「生しらす刺し(680円)」。写真がちょっとおかしいですね。^^;

ねっとりとした感じで、久しぶりの生しらすです。
せんざん 新横浜店 (3)

「あんきもポン酢(680円)」。もみじおろしで食べますが、当然濃厚な味です。
せんざん 新横浜店 (5)

「あさりバター(680円)」はあさりの旨みが出ていて美味しかったです。
せんざん 新横浜店 (8)

「つぼ鯛漁師味噌焼き(780円)」。特製味噌が味の決め手の一品で日本酒に合いました。
せんざん 新横浜店 (7)

「タコの唐揚げ(580円)」。サクッと揚がっていました。
せんざん 新横浜店 (6)

こちらは私は食べていませんが「串焼き5本セット(1,200円)」。朝びきの鶏「富士高原鶏」を使用。1.5倍の大きめサイズで売れ筋のようです。

最後の締めは、やはりお店のウリを食べないわけにはいきません。
せんざん 新横浜店 (9)

山形月山の湧水で打ったそばを生の状態で取り寄せる「山形へぎそば」。「へぎそば」といえば新潟が有名ですが、お隣の県である山形にもあるのですね。そばが乗せられている木の器のことを「へぎ」と呼びます。

新潟の「へぎそば」は「ふのり」を使用したそばですがこちらも同じなようです。太めのがっちりとしたそばは、しっかり噛まないとのどを通っていきません。でもモチッとした食感で美味しかったですよ。

以上、飲み食いして、料金は二人で11,500円ほど。まぁまぁのコスパじゃないでしょうか?ご馳走様でした。

せんざん 新横浜店
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-7
TEL 050-5890-2144(予約専用)
045-470-5511(問合せ専用)
17:00~24:00(L.O.23:00)
日・祝16:00~23:00(L.O.22:00)
12/31 1/1は休み

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ