あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中部(石川除く)

久しぶりに富山のお店の紹介です。
うえ原

今日紹介します「手打 そば処 うえ原」は、金沢方面から行くと富山インター出口の少し手前、北陸自動車道の側道すぐそばにあるのですが、婦中の住宅街の中にあって、お店の場所は目立たず非常にわかりにくいです。

元々お住まいだったところを改装されたのでしょうか?1階がお店になっています。
うえ原 (7)

さて、正午前にお店に到着すると先客が一組。あと一つあったテーブル席は予約客用になっていて、我々は奥にある座敷の席に通されます。

テーブル席の部屋には薪ストーブがあったのですが、それでも足りないのでしょう?ファンヒーターも置かれていました。さらに我々の通された座敷の座卓の席の下には床暖房が入っていました。

座布団をひっくり返して座ると、とても暖かったです。外気は真冬の気温で部屋はそれほど暖かくはなかったのですが、足元が暖かいといいですね。

最初、中に入ってもなかなかお店の方が出てこられなくて、あれ?と思ったのですが、どうもこの時は女性のかたお一人で切り盛りされていたのです。

このようなひっそりと佇むそば屋さんは、何となくですが、趣味が高じた熟年の男性が営んでいるイメージを持つのですが違ったようです。^^;

そのあと正午少し前にお手伝いされる女性の方がいらっしゃいました。
うえ原 (3)

そのようにお一人で切り盛りされているのだと、品数は絞ってもよさそうですが、意外と言っては失礼ですが、お品書きには色々なそばやうどんまで並んでいました。
うえ原 (5)

こちらに書かれている、限定の玄そば(1,000円)も気になります。玄そばを石臼で自家製粉しているようですね。
うえ原 (4)

そんな中から私が頼んだのは、この玄そばも食べることが出来て、とろろとおろしも味わえる「そば三彩(1,400円)」です。
うえ原 (9)

玄そばには、海老と山菜の天ぷらが添えられていました。お品書きには海老天のみ書かれていましたが、山菜が加わったのは季節的にたまたまだったのしょうか?つゆをかけてぶっかけで食べます。
うえ原 (12)

また、天ぷらが乗せられたそばは玄そばですが、正直、とろろやおろしに使われているそばとの違いがわかりませんでした。^^;

同じ挽きぐるみで打たれているので、見た目も似たような感じです。こちらのお店の蕎麦は細めで、柔らかさと、コシというより粘りを感じるそばでした。女性の店主?のかたがそばを打っているためでしょうが、女性的なそばと言っても良いかと思います。

ただ少し残念だったのは、そば自体が若干固まっていてつゆでほぐして食べないとくっついてきたことです。一人で切り盛りされているためにあらかじめ段取りされているのかもしれません。

でも、そば自体は美味しいそばでしたし、つゆも濃いめでしっかりとダシが聞いているタイプでよかったです。
うえ原 (11)

こちらのおろしそばには、紫大根の辛味大根が使われています。
うえ原 (10)

とろろそばの上に乗せられていたわかめは鳴門産。シャキッとした食感がありました。

ボリューム的にも、3皿食べると満腹になって十分です。
うえ原 (13)

最後に出されたそば湯は濃いめのもので、とろみがある私の好きなタイプ。時間帯から考えてそば粉を加えているのも知れません。
うえ原 (8)

こちらは、一緒に行った人が2人とも同じものを頼んだ「鴨南蛮」です。こちらも美味しかったと言っていました。

何となく、そば屋さんって、こんな場所でひっそりとやられているお店が好きです。素材にもこだわっていて、そば自体も美味しかったですしおすすめのお店です。ご馳走様でした。

手打 そば処 うえ原
富山県富山市婦中町分田142-5
TEL 076-465-1330
11:30~14:30
夜は予約のみ(5名以上)
木曜休
 


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

さて、最近多くなってきた三国ネタです。^^;

前に紹介したフレンチのお店「LULL(ラル)」でランチを食べた日、翌日の朝食用にパンを買い求めたお店の紹介です。

石川県以外のパン屋さんを紹介するのは私のブログでは初めてです。
パリ屋

お店の名前は「パンの店 パリ屋」。場所は、これまた先日紹介したコーヒー専門店「ポッセコーヒー」の近く、三国運動公園の前にあります。周辺は住宅街で、そこに住んでいる方が買いにくるのでしょうか?私がお邪魔した時もパンを買い求めるお客さんで店内はとても混雑していました。
パリ屋 (3)

さて、我が家では平日の朝はご飯を食べるのですが、日曜日の朝はパンにすることが多いのです。

ただ食パンを買って食べることではなく、大体が色々な種類の調理パンを買って家族各自が好きなパンを選んで食べるといった感じです。
パリ屋 (9)

我々が選んでいる間にも次から次へとお客さんが入ってきます。すごい人気ですね?

11;30頃だったのですが。お昼にでも家で食べるのでしょうか?

この時間帯でも残っているパンの数も少なくなっていました。やはり人気ですね~!?
パリ屋 (11)

買い求めたのは、まずは「パンプキンポタージュロール(税別120円)」です。サイズは小さめですが、中にカボチャのポタージュが入れられています。
パリ屋 (13)

私は「サラダバー(税別150円)」を食べました。ポテトサラダが入っています。パン生地はサクッとして温めて食べたらおいしかったです。
パリ屋 (12)

「明太クロワッサン(税別170円)」も大麦入りでサクッとした食感。
パリ屋 (14)

「バターチキンカレーパン(税別150円)」は北インド風のカレーパンで、チキンなどルゥに溶け込んでいたようです。小ぶりなパンでした。

売っているパンの値段も手ごろで、味も美味しかったので、やはり人気のパン屋さんだということがわかりました。あと、こちらのお店はメロンパンが有名らしいですね。

お店にはイートインスペースもあって、買ったパンを食べることもできましたよ。ご馳走様でした。

パンの店 パリ屋
福井県坂井市三国町運動公園2-17-10
TEL 0776-82-7667
8:00~18:00
月曜・第3日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

さて、またまた三国ネタです。三国もなかなか面白いお店が色々あります。

今日は、ドライブの途中で入ったコーヒー専門店「ポッセコーヒー」を紹介したいと思います。

むかしはコーヒーを飲むといえば、喫茶店が一般的な時代。生豆の流通・保存の技術などいまほど発達しておらず、焙煎自体も喫茶店ではおこなっているところは少なかったと思います。そのため、今のように本当に美味しいコーヒーを飲めたわけではありませんでした。

そのうちに、そんな喫茶店も時代の趨勢から取り残されいくなかで、だんだんと閉店に追い込まれてきました。

しかしながら昨今は、色々な技術も進歩してきて、また、スタバなどのおしゃれな場所としてコーヒーを飲むことがウケ、一方、コンビニなどでも簡単に安くコーヒーを飲ませるところなども増えてくることによって、ちまたではコーヒーという飲み物が完全に復権した感があります。

まぁ、個人的にはそれほどコーヒーを日常的には飲んでいるわけではないのですが、たま~に美味しいコーヒーを飲んでみたいと思うことがあります。

さて、「ポッセコーヒー」は三国運動公園の前にあります。
ポッセコーヒー

明るい外観で、庭もあり落ち着いた感じのお店です。お天気のいい日にはガーデンテラス席でものんびりと出来ます。
ポッセコーヒー (3)

入口のドアの取っ手がエスプレッソマシンで使われているレバーハンドルでした。
ポッセコーヒー (13)

中は、ウッディな感じで明るい色調でまとめられており、落ち着けます。
ポッセコーヒー (8)
ポッセコーヒー (9)

焙煎機も目立つところに置かれています。
ポッセコーヒー (18)

トイレの中に置かれていたトイレットペーパーにお店の名前が押されていました。(笑い)
ポッセコーヒー (11)

自家焙煎のコーヒーは、たくさんの種類がブレンドされていて、ご覧のように棚に並べられています。店内メニューにはお店の名前を冠した「ポッセブレンド」と、「雄島ブレンド」という三国の名勝「雄島」の力強さをイメージして作られたブレンドの2種類ほか、色々なブレンドコーヒーが載せられていました。

もちろん、コーヒー以外のメニューも色々ありましたよ。

そこで我々は、せっかくなのでメニューの先頭に書かれている、その2種類を頼むことに。

ポッセコーヒー (16)

「ポッセブレンド」は、ブラジル・グァテマラ・コロンビアをバランスよくブレンドされています。浅煎りで適度な酸味と苦みがあり、バランスのいい素直な味のコーヒー。

一方「雄島ブレンド」は、三国の名勝「雄島」の力強さをイメージして作られたブレンドで、深煎りで心地よい苦みが特徴のコーヒーでしたね。
ポッセコーヒー (14)

あと、妻は「なめらかベイクドチーズケーキ(430円)」を頼んでいました。

ベースにオレオを使っていて、ビター感のある濃厚なチーズケーキでしたよ。
ポッセコーヒー (29)

最後にお土産で、コーヒー豆は「雄島ブレンド」。そして「自家製ビスコッティ(270円)」を買い求めています。

ビスコッティは、クルミとアーモンドが練りこまれていて、少し固めの歯ごたえに焼きあげられていて、コーヒーに浸して食べると、これまた美味しいです。

小松近辺に、この手のお店が少ないのでうらやましいです。ご馳走様でした。

ポッセコーヒー
福井県坂井市三国町運動公園2-18-20
TEL 0776-43-0188
9:00~20:00
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

最近、三国ネタが多くなっています。何というか、非常に三国の町が気にいりました。(笑い)

石川県でいえば、橋立の街と同じような規模や雰囲気を持つ街だと思うのですが、ややもすると単なる過去の遺産になってしまうような建築物をうまく活用し、かつ、三国以外の人・物・金をうまく活用しての「まちづくり」をおこなっているところが魅力的に感じるからです。

また、北前船の寄港地ではないですが、小松の安宅も、こんな近くにいいモデルがあるので参考になるのではないかと思っています。(当然観ていらっしゃるとは思いますが……)


その時も少し触れましたが、おなじ経営母体がやっているフレンチのお店が、おなじ三国に今年4月にオープンしています。
LULL (4)

それが「デスティネーションレストランLULL(ラル)」。「デスティネーション」は英語で目的地を意味しています。「LULL」とは英語で「凪」の意味です。
LULL (10)

世界で活躍する指揮者 小松長生氏の生家でもある築120年の北前船の頭首によって建てられた由緒ある古民家をリノベーションしたレストランで、三国港のすぐ近くに立地しているため汐のかおりを感じられる素敵なところです。なお、リノベーションを担当したのは地元の建築家です。

料理のプロデュースは、坂井市出身の小川智寛シェフ。マイナーリバーズ共同代表で、麻布十番で「エルブランシュ」という有名なフランス料理店などを何店か経営しています。
 
LULLのシェフは堀田剛氏。そして提供される料理のテーマは「Surf&Turf(サーフ&ターフ)」。これは、海のものと大地のものを一皿で表現する新しいスタイルのフレンチなのだそうです。
LULL (13)

場所は三国港の越前松島水族館のすぐ近くです。道路を挟んで港に面していて、夕方陽が落ちるころだと夕日がさぞきれいだろう?と思います。
LULL (56)

お店自体は少しだけ高い位置にあるので、窓からの眺めも最高です。
LULL (55)

エントランスも、店名の「LULL(凪)」のイメージを感じさせてくれます。両側は昔の蔵です。
LULL (8)

そういえば「HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)」も蔵を改装したお店でした。
LULL (11)

昔ながらの玄関の引き戸を開けると、いきなりオープンキッチンが目の前に現れます。

メインダイニングは広いです。奥の蔵にもつながっていて、40席ほどもある広いレストランとなっています。天井も高く、また三方が外に面しているので余計広がりを感じさせてくれるのでしょう?
LULL (21)

120年も経過した古民家なので、内部は梁や柱などを除いては、見えるところはほとんど新しくなっていますが、元々の古民家だったころの面影を感じさせてくれるように上手にリノベーションしています。

ただ、使われている素材はそれほど高級なものをふんだんに使っているわけではなく、募金形式で改修費用を募っていたためでしょう、最低限の内装材で仕上げています。

ランチメニューは3,500円と5,000円の2種類。ランチとしては高めの設定です。我々は今回は3,500円でお願いしました。ちなみにディナーは6,500円、8,500円、10,000円の3種類となっていました。
LULL (27)

運転しない妻はさっそく白ワインを頼みました。サンセール(Sancerre)が好きなようです。^^;
LULL (30)

まずアミューズ・ブッシュは、ホタテのソテーを和食の茶碗蒸しのような感じで出されます。錫の器が涼やかですね。
LULL (34)

前菜は「サーモンのタルタル」。名前からは何となく洋食のタルタルソースがかかったサーモンフライをイメージしますが、実際に出されたものは全然違います。

みじん切りにされたサーモンに、地の野菜がたっぷり。脇にはラタトュイユも添えられていました。ソースは栗とピーマンの甘めのソースと、アリオリ、ニンニクと卵黄のソース。あぁ~、私もワインが飲みたくなります。
LULL (38)
LULL (36)

パンも美味しかったです。
LULL (47)

もちろん、お代わりも可能です。

メインは私はあらかじめ肉が苦手だということを伝えてあったので、魚に変更されていました。
LULL (43)

福井ということで「若狭ぐし(甘鯛)のポワレ オマール海老のソース」。松笠焼きにしています。ウロコがカリッとした食感を生み出しています。

サクッとした食感で、甘鯛の名前の通りの甘みのある身がたっぷり食べられて幸せでした。
LULL (42)

妻のほうは「やまと豚ロースのロティ」、つまりやまと豚のローストですね。こちらにもオマール海老のソースが添えられています。

そして最後のデザートですが、内容を聞いて忘れるので。スマホに入力していたら、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。^^;
LULL (49)

飲み物はコーヒーか紅茶がチョイス出来ます。

私は紅茶をお願いしました。妻はコーヒーです。

使われている食器やカトラリー類も洗練されています。さすがミシュラン2つ星のレストランのシェフがプロデュースしているお店です。

伺ったのは10月の3連休の初日の土曜日でしたが、席はまだ余裕がありました。ただ、厨房2人、サーブの方2名で切り盛りしていたので、一杯になったらまわらないと思います。人数も制限していたのでしょう?

素晴らしいロケーションでの、美味しいフレンチ。ハレの日に利用するのみならず、家族やグループでも満足すること間違いないでしょう?ご馳走様でした。

LULL (ラル)
フレンチ
TEL 0776-97-8903
福井県坂井市三国町崎31-25
11:30~13:30 17:30~20:30(L.O)
木曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

久しぶりのラーメンネタかもしれません。

暑い間は、さすがにラーメンを食べに行こうとは思わなかったためですが、最近はラーメンそのものを昔ほど食べたいと思わなくってきたのも事実です。歳をとったからでしょうか?^^;

さて、今回富山に仕事で行った折り、9月の終盤の台風の影響でとても寒い日だったこともあり、ラーメンでも食べようということで、久しぶりにラーメン店に行きました。
麺屋 つくし

そこでランチを食べたお店「麺屋 つくし」について書きます。

富山といえば「富山ブラック」が有名ですが、「麺屋 つくし」は味噌ラーメンが美味しいお店として有名で、富山で毎日行列が出来るお店の一つでもあります。

それもそのはず。何と!あの有名な札幌の「すみれ」の流れをくむお店なのです。「すみれ」といえば新横浜のラーメン博物館に出店し一躍全国的な知名度を得ました。

大昔に私も札幌の本店にも行ったことがありますが、ブログをやり始める前だったために残念ながら写真などは探してもありませんでした。

しかしながら調べてみたら、京都駅の京都拉麺小路に、「すみれ」が出店した時に一度食べに行っていて、そちらで書いていましたね。

行った日、台風が太平洋沿岸沿いを通過している最中で、大きな雨粒が落ちてくるような悪天候でしたが、11:50頃でお店はほぼ満席。我々は幸い、4人掛けのテーブル席に座っていた2人連れの方に席を移動していただいて、すぐに座ることが出来てラッキー!
麺屋 つくし (3)

壁には、ラーメンの世界で有名な方々のサインなどが多く張られていました。

「すみれ」は札幌のお店ということで、味噌ラーメンがウリですが、こちらの「麺屋 つくし」も当然味噌ラーメンがウリです。

ということで、味噌ラーメンを頼むことにしましたが、一緒に行った2人が味噌ラーメンを頼んだのを見て、同じものを頼むのも何なので私は違うものと!ということで、辛味噌ラーメン(850円)というちょっと変化球で攻めてみることにしました。
麺屋 つくし (5)

しばらく待って出されたのがこちら。

見た目もそうですが、他のお店で「辛味噌」というネーミングが付いていると相当辛いところもあるのですが、こちらのお店のはそれほど辛くはありません。かけられているラー油の量もそれほどではないことがわかります。

逆にこのほうが味噌の旨みを引き出してくれて、個人的には普通の味噌ラーメンよりも好きな味かもしれません。

もちろん、ベーシックな味噌ラーメンの基本、もっと言うと「味噌だれ」の良さがあるから成り立つ公式でしょう?
麺屋 つくし (4)

野菜、ニンニク、ひき肉などを一緒に炒めて、コクと旨みを引き立てています。濃厚ですが、ショウガが味を締めてくれていて後口もよく、札幌から取り寄せている玉子ちぢれ麺に適度に絡んで、相当完成度の高いラーメンになっていると思います。美味しいです。
麺屋 つくし (6)

具材は、とろとろのチャーシュー1枚、メンマ、キクラゲ、炒めた野菜が少量です。

薬味として、白髪ネギと普通のネギ両方が乗せられています。

「辛味噌ラーメン」。これからの寒くなる季節にもピッタリです。

富山といえば「富山ブラック」だけがクローズアップされがちですが、こんな美味しい味噌ラーメンが食べられることはうらやましいですね。ご馳走様でした。

麺屋 つくし
富山県富山市太郎丸本町3-10-1
 第2サクラギビル
TEL 076-423-2941
11:00~14:45(L.O.)
月~木 夜営業18:00~21:00(L.O.)
金曜夜/18:00~21:45(L.O.)
土曜祝夜/17:00~21:45(L.O.)
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ