あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中部(石川除く)

今日は静岡で宿泊したホテルの朝食の紹介です。

静岡のご当地グルメといえば、浜松市の遠州エリアや、東の方の伊豆半島近辺のものが思い浮かびますが、静岡市内となるとパッと思いつくものといえば、静岡おでんぐらいではないでしょうか?

静岡おでんについても私は7年ほど前までは知らなかったくらいで、温かい静岡のイメージにはおでんは無かったのです。^^;

しかし、静岡にも出張で行く機会が多くなって、行くと必ず静岡おでんを食べることになってきました。


静岡おでんの特徴は、黒い煮汁と竹串が刺さった状態で出されること。それにイワシやカツオの削り節がかかっていることです。

素材的には黒はんぺんが特徴でしょうか?
ホテル ニューシズオカ

今日紹介します「ホテル ニューシズオカ」は、静岡駅の南口からすぐにある便利なホテルです。料金もお手頃なビジネスホテルでした。

こちらのホテルの朝食バイキングで、そんな静岡おでんが食べられるのです。

おでんには朝食のイメージは薄い?まぁ、そんな堅いこと言わずに食べてみましょう!

朝食は1階で食べます。850円です。
ホテル ニューシズオカ (3)

こちらの写真のフロントの奥のほうに見えるドアの中が食事場所です。
ホテル ニューシズオカ (9)

料金は安いのですが、それ相応のレベルの朝食でした。
ホテル ニューシズオカ (4)

品数は多かったです。ただもう一つそそられるものがなかったですね。
ホテル ニューシズオカ (8)

その中から私は、こんな感じで取ってきました。みすぼらしい盛り方ですみません。^^;
ホテル ニューシズオカ (7)

あとカレーライスを少しです。
ホテル ニューシズオカ (5)

そして静岡おでん。汁が黒くて何があるのかわかりません。
ホテル ニューシズオカ (6)

取ってきたのがこちらの4種類。タマゴ、コンニャク、大根、黒はんぺん。味がシュンでいました。

浸かっておでんの色も黒いです。削り節はかけ忘れです。^^;

これはこれで美味しいかったです。

ホテルの朝食の紹介では「しぞ~かおでん」と書かれているので、「海ぼうず」や「しぞ~か」などのお店を運営する「海ぼうずグループ」から仕入れているのかもしれません。

今回味噌汁はインスタントだったので飲みませんでした。

まぁ、値段的に贅沢は言えませんね。ご馳走様でした。

ホテル ニューシズオカ
静岡県静岡市駿河区森下町1-7
TEL 054-283-8811
朝食 6:45~


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は浜松で宿泊したビジネスホテルの朝食を紹介します。

今回は「リッチモンドホテル浜松」に宿泊しました。
リッチモンドホテル浜松 (6)

リッチモンドホテルグループは全国にホテルを展開していて、各地のホテルでは朝食に、ご当地グルメのメニューを積極的に取り入れているところが多くあります。

今回宿泊した「リッチモンドホテル浜松」は、浜松駅からは少し離れた場所にありますが、繁華街に近く、浜松城公園にも歩いて5分くらいとビジネスにも観光にも便利なホテルです。

比較的大きなホテルで、1階の朝食会場も広いスペースがありました。朝は6:30から営業しているのもうれしいです。

浜松はご当地グルメが多い場所で、うなぎと餃子が代表格。そのほかにも粉物の遠州焼きなどあります。
リッチモンドホテル浜松

朝食はビュッフェスタイルで、特徴は浜松のご当地グルメが色々楽しめること。そして品数も多く和・洋・中と楽しめる構成になっています。
リッチモンドホテル浜松 (2)

写真のピントがあっていませんね。すみません。

色々食べたいものがありましたが、私はこんなものを取ってきました。
リッチモンドホテル浜松 (4)

いつも通りの野菜中心です。
リッチモンドホテル浜松 (3)

最近は炭水化物は極力とらないようにしているのですが、うなぎご飯は欠かせないでしょう?^^;

野菜系のお惣菜も色々揃っていました。

浜松餃子は、昨晩食べたので1個のみ。^^;

手作り豆腐も美味しかったです。
リッチモンドホテル浜松 (5)

あとは、こちらのヨーグルトにオレンジ、そしてドリンクです。

バイキングはついつい取りすぎて食べ過ぎてしまうことが多く注意が必要です。^^;

糧食の料金は宿泊者が1,200円でしたが、内容・味とも満足できる朝食でした。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル浜松
静岡県浜松市中区元城町218-1
TEL 053-450-5575
6:30~10:00(9:45最終入店)
大人1,200円(宿泊者以外は大人1,500円)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


そこで食べていたら、浜松のご当地グルメの浜松餃子をこのままだと食べることが出来ないと途中で気が付きました。

そこで急きょもう一軒餃子を食べに行きたくなりネットで調べたら、近くに「濱松たんと」のお店があるということで向かうことに。

「濱松たんと」は本店に約5年前に行っています。浜松市内に4店舗、そして名古屋やホノルルにもお店があります。

その時のことは「一軒で遠州名物料理が手ごろな値段で楽しめるうれしいお店で、旅行や出張で浜松に来た人におすすめ」とブログで書いていました。

いま読み返すと、本当に色々な料理を楽しんでいますね。

今回は2軒目ということで軽く飲み食べするのみ。
たんと

お店の外観です。庶民的な雰囲気です。
たんと (2)

外に出ていたメニュー看板。やはり色々なメニューがありました。
たんと (3)

まずはハイボールで乾杯です。

何か、遠州地方の乾杯の掛け声があるようで、それがジョッキに書かれています。

「やらまいか!おいしょお~!!」

店員の方の音頭で我々もその掛け声で乾杯をさせれれました。^^;

このあたりは個人的にはやめてほしいところかもしれません。
たんと (4)

お通しは、豆腐に浜名湖産の海苔がかけられたもの。きれいな緑色です。
たんと (7)

そして急きょ行くことになった理由である浜松餃子を頼みます。14個で800円。
たんと (5)

遠州浜松産のブランド豚肉「遠州夢の夢ポーク」や三方原で収穫されたキャベツなど地元産にこだわっていて、当日の分はその日に作って、作り置きはしないようです。鮮度にもこだわっているようですね。キャベツたっぷりで食感がシャキシャキして美味しかったです。
たんと (6)

あと頼んだのは、こちらの「たんとサラダ(580円)」のみ。

以上、サクッと飲んで食べて二人で3,000円!安いです。2軒でお腹も満腹になりました。ご馳走様でした。

濱松たんと 有楽街店
静岡県浜松市中区肴町318-17
TEL 053-458-2511
 FJビル1F
17:00~25:00(L.O.24:30)
無休 ※年末年始休みあり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

浜松は大昔は「遠江(とおとうみ)」と言われていました。

いまは「遠州(えんしゅう)」と呼びますが、元は一般的に浜名湖周辺を指すことだと言われています。

そんな浜名湖をはじめ、静岡県西部エリアには色々な魚が水揚げされます。

太平洋側の魚は、日本海側に住む我々にとっては何となくイマイチのイメージがあるのですが、こと静岡県に関しては豊富な魚の種類、生しらすやかつおなど全国的にも知られた魚が多く獲れるので、私としても楽しみな土地です。
ふとっぱら

今回、浜松でどこに食べに行こうか少し迷いましたが、結局、「談味酒家 ふとっぱら」に行くことに。
ふとっぱら (4)

いわゆる浜松市の繁華街の一角にお店はあります。雑居ビルの2~3階で、お店に到着すると2階のテーブル席は満席。一方カウンター席は一人もお客さんはいませんでした。

我々はカウンター席に座ります。

「ふとっぱら」は静岡市内では人気の居酒屋で、舞阪・浜名湖・御前崎と各地の漁港に足を運び直接仕入れた、地元で獲れる新鮮な魚介を楽しむことが出来るお店として知られています。
ふとっぱら (5)

まずは生ビールで乾杯です。
ふとっぱら (6)

こちらはお通し。

そしてふとっぱら自慢の地魚「お刺身盛り合わせ(2,000円)」2人前を頼みます。
ふとっぱら (8)

内容は、間違いがあるかもしれませんが、金目鯛の炙り、クロムツ炙り、カマス炙り、太刀魚炙り、真ハタ、真鯛、スズキ、メダイ、カツオです。数えたら11種類ありますが、あと一つは何だったかな?
ふとっぱら (9)

生シラスも入っていました。ちょうどこの日入荷したようです。ラッキーでした。

刺身は切身自体が大きく、脂が乗っている魚ばかりです。

彩りが同じような感じですが、色々な種類の魚を楽しめてよかったです。
ふとっぱら (7)

こちらは「豆苗ともやしのナムル風(500円)」。全然辛くはありませんでした。もう少しアジにアクセントがあるとよかったと思います。
ふとっぱら (11)

「小海老の唐揚げ(650円)」は、小海老というには大きい海老でしたね。でも酒のアテにはよかったです。
ふとっぱら (10)

お酒は屋久島の芋焼酎「三岳」に変更です。

しかしこのあたりで、浜松に来て餃子を食べていないことに気が付いて、一緒に行った人と急に餃子を食べに行くことになりました。^^;

以上、飲み食いして二人で7,000円也!コスパ的にも満足。

すみませんでした。途中でお店を出てもう一軒行くことになって。ご馳走様でした。

談味酒家 ふとっぱら
静岡県浜松市中区鍛冶町320-16
TEL 053-451-3012
17:30~24:00(L.O.23:30)
日曜と月一回月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

浜松のグルメといえば、うなぎと餃子が有名です。

我々の年代だと、「うなぎ=浜松」のイメージが強く、うなぎの生産量も静岡が日本一ではないかと思われている人が多いと思いますが、実は日本で一番うなぎの生産量が多いのは鹿児島県なのです。静岡県は第4位です。

しかしながら、過去の栄光?うなぎ屋さんの軒数については、静岡県、特に浜松市が一番なのです。

そして特徴的なのは、浜松は日本の中間点あたりなので、関東風、関西風、両方のお店が市内に混在しているという点。なかなか面白いですね。


そこで今日紹介します「うなぎの佳川」は関東風のうなぎを食べさせてくれるお店です。

関東風のうなぎの特徴は、一度蒸すという工程が入ることによって「外はカリっと中はふんわり」と仕上がるのです。
うなぎの佳川

「うなぎの佳川」は、いわゆる大箱のお店で郊外型の和食レストランのような建物で目立ちます。
うなぎの佳川 (4)

店内も仕切りで囲われたテーブル席が多く、グループや家族連れの方をターゲットにしているようで、ゆったりと食事が出来るスペースが確保されていました。
うなぎの佳川 (2)

お品書きです。
うなぎの佳川 (3)

うなぎ以外にも定食や御膳のセットメニューがありました。

我々は「うな重(2,600円税別)」を頼むことに。
うなぎの佳川 (5)

「うな重」はうなぎ一切半使われています。ちなみに「上」は1尾使われています。
うなぎの佳川 (6)

国産うなぎにこだわっていて、そして焼き方にも特徴があります。(もっとも、こちらのお店に限らず浜松のうなぎ屋さんでは、浜松産うなぎと謳えないところは辛いかも?)

溶岩石焼という溶岩石を熱して、その遠赤外線で焼くことによって、関東風の特徴である「外はカリっと中はふんわり」を、より強く感じさせてくれるように仕上げているのです。

タレも、創業40年を越える間、継ぎ足しているようです。

食べてみると、確かに「外はカリっと中はふんわり」と仕上っていましたが、でも浜松に来て食べた甲斐があったと思わせてくれるほどではなかったです。言ってみれば無難な味だったかもしれません。^^;

小鉢・吸物・漬物が付いていました。
うなぎの佳川 (7)

吸物は肝が入っていました。

今年以降もうなぎの稚魚、しらすの漁獲高が厳しいのが続くと言われています。だんだんと庶民の手の届かないところに行ってしま「うなぎ」でしょうか……?寂しいですね。ご馳走様でした。

うなぎの佳川
静岡県浜松市中区船越町53-4
TEL 053-464-5300 
月~土
ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~20:30
日・祭日
11:30~20:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ