あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中部(石川除く)

富山で「ますの寿し」といえば「源(みなもと)」が有名です。全国の駅弁の人気上位を占める常連ですね。

明治45年に最初のますのすしが「源」から販売されてから今年で105年。誰もが知っている歴史のある駅弁ですね!?

さて、富山の「ますの寿し」がいまのように全国的に有名になったのは、「源」の影響力が大きいのです。

そんな「源」がやっている「源 ますのすしミュージアム」というのがあるということで、今回行ってきました。
源

朝早めに小松を出て、9時半前に到着しました。

何故早めに行ったのか!?それは、限定の「伝承館ますのすし」を買い求めるためです。

1日限定40個のみの製造で、こちらの「源 ますのすしミュージアム」内の「お土産処 天人楼」と富山駅の売店のみの販売となっています。
源 (2)

さて、館内では「旅と食の文化史コレクション」を見ることが出来ます。
源 (5)

壁面には全国から集められた駅弁のかけ紙の日本地図があり、通路には江戸から昭和に至る、珍しい弁当容器や貴重な旅の携帯品の数々を展示しています。

もちろん、「ますの寿し」の製造ラインも見学することが出来ます。しかし、このエリアは写真撮影NGでした。

まぁ、見たところ、そんなにマル秘な部分は無いように感じましたが、あとでお聞きすると、製造機械の動きなどを動画で撮影するメーカーなどがあるのでそうしています、と話されていました。

1日数千個の商品がここで作られているそうで、さすがにオートメーション化されていましたね。
源 (8)

こちらのエリアは「ますのすし伝承館」というところで、昔ながらの手作りでますの寿しが作られています。
源 (3)

そして家で食べるために、限定の「伝承館ますのすし」を買い求めます。天然ますを使用した2,700円のと、そうではない2,000円のがありましたが、私は2,000円のを買い求めましたが、残り一個をゲットすることが出来ました。^_^;

この「伝承館ますのすし」は熟練の職人の技によって、昔ながらの製法にこだわり、一つづつ手作りで作っています。
源 (14)

家に帰ってパッケージを撮影。普通丸型のものが多いのですが、こちらは四角い形です。昔はこうだったんでしょうか?
源 (18)

きれいに笹に包まれています。
源 (19)

4等分に切り分けて食べましたが、桜鱒のその名の通りきれいなサクラのような淡い紅色。酢の塩梅もよく美味しく食べることが出来ました。
源 (20)

あと、「ますかま(580円税込)」も購入しました。
源 (17)

「かま」は、魚の部位の中でも、味が濃く美味とされいるようで、それを丸2日かけて炊き込みであります。

柔らかくて、噛むとほろりとほどけて、旨みが口の中に広がりました。酒のつまみでもご飯のおかずでもどちらでもokですね。ご馳走様でした。

源 ますのすしミュージアム
富山県富山市南央町37-6
TEL 076-429-7400
9:00~17:00(ランチタイム11:30~14:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井のそば行脚。今回は「越前坂井 辛み蕎麦」を食べに港町三国へ。

今日紹介します「どうぐや」。場所は、三國神社の表参道と呼ばれるような場所にあります。
三國神社

ちなみに、三國神社の例大祭は「三国祭」で、北陸三大祭(っていうのがあったんだ!?)の一つなのだそうです。
三國神社 (6)

私が行った8月最後の日曜日は参拝客もいなく、静寂な中、セミの鳴く声だけが耳に響いていました。

さて、このあたりのおろしそばは、大根おろしをそのまま乗せて食べるおろしそばではありません。

越前坂井 辛み蕎麦」という「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」のが坂井市流のおろしそばなのです。

ちなみに「越前坂井 辛み蕎麦」については前に新保屋のときに書いたことがあります

しかし、「どうぐや」というお店の名前、変な名前ですよね?

元々は骨董屋さんを営んでいたそうですが、そこで「道具屋=どうぐや」というわけです。
三國

行ったのは夏休み最後の日曜日。三国サンセットビーチにも海水浴客が多くいて、夏休み最後の休みということで、こちらのお店にも子供連れの家族もいました。
どうぐや (6)

ただ、細長いカウンター席には私以外はお客は居ません。普段の平日は一人のお客さんも多く来るのでしょうね!?
どうぐや (4)

お品書きを開くと、単独のメニューがド~ンと現れます。

それは、大きな油揚げがそばの上に乗せられた「あげおろしそば(980円)」というもの。

グルメブログをやっていると、ネタ的に美味しい、この手のインパクトがあるメニューに目がとまります。

当然、私はこちらをオーダーすることに。しばらくして出されたのがこちらです。
どうぐや (7)

大きなお揚げがそばの上に乗せられているので、そばがあまり見えません。そばは福井県産そば粉を使い、毎日石臼で引いて作られる自家製手打ちの二八そばです。
どうぐや (3)

また、つゆは最初からぶっかけられていました。前の他の方のブログなどを見ると、前は別々に出されていたような気がするのですが……。
どうぐや (10)

大きなお揚げが乗っているので、この「あげおろしそば」の場合は個人的には別々のほうがうれしかったかな?

お揚げをかつおだしがきいたつゆに浸しながら食べます。

ただし、「越前坂井 辛み蕎麦」のように「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆ」とはちょっ違う、お揚げの甘みもあって、それほど辛さを感じませんでした。

ただ出汁はカツオがきいていて、少し寝かせてとろみがついていて美味しいつゆでした。

食べ終わってから少しまったりしていたのですが、うっかりしてそば湯をお願いするのを忘れました。

お願いしないと持ってきてくれないのかな?

「越前坂井 辛み蕎麦」行脚、軒数も増えてきましたが、まだまだ行っていないお店も多いです。これからもがんばらないといけません。ご馳走様でした。

どうぐや
福井県坂井市三国町山王4-5-7
TEL 0776-82-5659
月~木11:00~19:00
土・日11:00~19:00
蕎麦が無くなり次第終了の場合あり
金曜・月一回日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

手延べうどんといえば、富山では「氷見うどん」が有名です。

私もうどんが好きな人間ですが、手延べうどんはうどんの中でも好きなうどんです。

手延べうどんで有名なのは、秋田県の稲庭うどんと長崎県の五島うどん、そして富山の氷見うどん。これが日本三大手延べうどんなのだそうです。

氷見うどんは元々は「輪島素麺」がルーツだと言われています。そして加賀藩御用達として献上されてきた歴史があります。砺波の有名な大門素麺も同じく「輪島素麺」がルーツだそうですね。

基本、うどんもそうめんも冷麦も同じ小麦粉げ原材料です。違うのは太さだけですが、近年は機械化が進み、手作業だけで作るところも少なくなってきたと聞きます。

話をうどんに戻します。

冒頭書いた「氷見うどん」もそうですが、手延べうどんは、讃岐のような強靭なうどんでもなく、博多や大阪、そして小松うどんのような噛まずに飲み込めるほどの柔らかなうどんでもなく、ちょうど、その間に位置するというか、もっちり弾力とのど越しの良さでバランスよく食べられるうどんだと思っています。

さて、今日紹介します「むぎの里」は、長野県上田市に本社がある㈱信濃フードサービスという会社が運営会社です。
むぎの里 (10)

長野というと「そば」のイメージですが、うどんで長野県以外にも進出している会社があるんですね!?

HPを見ると長野よりも東北のほうが店舗数が多く、北陸は富山のお店一軒のみ。石川県には進出していないようです。

今回、こちらのお店では手延べうどんをウリにしているとHPで書かれていたので、期待して伺いました。
むぎの里 (2)

とても大きな店舗です。
むぎの里 (4)

メニューもサンプルケースに多く並んでいますし、店内のメニューの作りを見ても、何となくうどんのファミレスのような感じのお店です。

今回、メニューの中で気になったのが、こちらの期間限定「あさりキャベツうどん(税込961円)」で、私はそれにしてみました。
むぎの里 (8)

白湯スープで、あさりの旨みが染みこんだスープは美味しかったです。隠し味に白みそを使っているようです。ガーリックと唐辛子などのスパイスも効いていました。

ちなみに、こちらのお店では、うどんの出汁は北海道利尻産の昆布と、かつおなど数種類の削り節を使っているようです。
むぎの里 (9)

うどんはとても太いです。太いのでのど越しで食べるというよりは、もちもちの食感を楽しむといった感じです。

でも、うどんの太さがバラバラでしたが、手打ちならそうなることはあるでしょうが、手延べなのになぜそうなるのか不思議ですね??

まぁ、でも、このうどんメニュー、美味しかったですよ!
むぎの里 (5)

一緒に行った人は、こちらも期間限定の「冷やし天おろしうどん(税込950円)」を頼んでいました。つゆをぶっかけて食べます。

ゆず唐辛子のおろしがアクセントの冷たいうどんで、揚げたてのえび天ぷらが乗せられていました。
むぎの里 (7)

もう一人の人は、こちらの「ひれかつ丼セット(税込788円)」を頼んでいました。
むぎの里 (6)

温かい小うどんが付いています。お値段がリーズナブルですね。

こちらのお店は、長野が本店らしくそばのメニューもあったり、創作系や季節限定メニューなども工夫されているので、何度でも家族連れで各々好きなメニューを頼んで楽しめるお店だと思います。ご馳走様でした。

むぎの里 富山店
富山県富山市黒瀬北町1-3-2
TEL050-5592-2665
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井に行くとそばばかり食べるようになると前に書いたことがあります。

で、今回も福井のそばの話題です。(笑い)

今回は仕事で福井市内に行き、本当は別なそば屋さんに行く予定だったのですが、何と!夏休み中でお休み!

実は、お盆の時に行った福井市美術館のときも、行こうと思ったらお盆休みだったのです!^^;
つるぎそば

そこで近くにある「越前 つるきそば 板垣店」にランチを食べに入ることにしたわけです。こちらのお店に到着したのは11:45ごろ。とても大きなお店です。

昭和8年(1933年)創業の老舗のそば屋さんで、田舎の古民家みたいな作り。店内も広く、庭もあったり、囲炉裏を囲むテーブル席や座敷席などあり、多くの人が一度に食事をすることが出来るスペースがありました。
つるぎそば (7)

ちなみに禁煙席は座敷の部屋。我々はそちらに案内されました。
つるぎそば (4)

こちらがランチメニューですが、とても多くの種類が設定されています。

そばのファミレス店のような感じです。^^;
つるぎそば (6)

私は、こちらの一枚に単独で書かれたメニュー「焼鯖寿司セット」が気になったのでそちらにしてみました。

私のも含めて、5分も待たずに運ばれてきました。あらかじめそばは作り置きしているのでしょうね?これだけの大箱のお店ですからやむを得ないところはあるかもしれません。
つるぎそば (12)

「焼鯖寿司セット(税別780円)」にはおろしそば、焼鯖寿司、小鉢が付いています。そば湯も最初から付いてきました。
つるぎそば (13)

あらかじめ大根おろしが入れられたダシをぶっかけて食べます。
つるぎそば (15)

少し幅広の太めの粗挽きで黒っぽいそばでしたが、チェーン店なので量を多く作る必要があると思うので手打ちではないのでしょう?どこにも手打ちとはうたっていませんでした。
つるぎそば (14)

焼鯖寿司は、身も厚く、大葉としょうがの甘酢漬けが挟まれていて、美味しかったです。

最後にそば湯を飲みますが、冷めてしまっていました。このあたりは少し残念ですね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「越前皿そば(税別880円)」。
つるぎそば (8)

薬味に、大根おろし、山芋とろろ、鰹節、ネギ、わさび、生玉子が付いていて、お好みで乗せて食べるもの。

そばは5枚付いています。小皿に入れられて何枚か出されるスタイルは、兵庫県豊岡市出石町の有名な「出石そば」と同じような感じですね。量的にはそば1.5杯ぐらいでしょうか?ちなみに追加のそばは一枚160円です。
 
こちらのそばは私のそばよりは細めに切られていました。
つるぎそば (11)

もう一人の人は、ソースカツ丼とおろしそばのセット(税別820円)を頼んでいました。
つるぎそば (9)

福井のご当地グルメではソースカツ丼は全国的にも有名ですが、私は肉が苦手なので、ソースカツ丼というものを一度も食べたことがありません。^^;
つるぎそば (10)

こちらのおろしそば、量は私のよりは少なめでしたね。

メニューの種類も豊富で、値段もお得なセットがあったり、家族みんなで食べに来てもいいかもしれません。ご馳走様でした。

越前 つるきそば 板垣店
TEL 0776-35-0720
福井県福井市羽水1-607
10:30~21:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私自身はコーヒーを毎日飲むわけではありません。

しかしながら妻のほうは毎日複数杯飲むほど好きで、普段は珠洲の二三味珈琲さんから取り寄せている豆を使っています。

先日紹介しました福井のそば店「秘伝越前流手うちそば 池田のそば すいこう」のあと、家に帰る前にお茶でもしようということで入ることにしました。
グランドコーヒー (24)

こちらのお店は、今年春「蕎麦ダイニング 一福」にそばを食べに行ったとき、となりにあるのを見つけて気になっていたのです。
グランドコーヒー (23)

調べてみると、どうも、前は「蕎麦ダイニング 一福」のところにお店があり「Fcafe net」という名前で営業されていたようで、そのあとお隣のこちらに引っ越してこられたみたいです。
グランドコーヒー (19)

春に知った時は単にコーヒー専門店だと思っていましたが、今回訪れてみてビックリ!1階がコーヒー豆やコーヒーに関する色々な器具などを販売しているスペースになっています。
グランドコーヒー (17)

高級宝飾店のような雰囲気で、コーヒーに関する専門店だとは思えないようなお店です。
グランドコーヒー (20)

コーヒー豆もショーケースの中にきちんと並べられててビックリです。
グランドコーヒー (21)

焙煎のスペースもありました。
グランドコーヒー

そして2階がカフェスペースになっていますが、こちらも高級感ある作りで、何かラウンジにでも飲みに来た雰囲気ですね。
グランドコーヒー (10)

メニューには多くの種類のコーヒーが並んでいます。コーヒーは豆の種類が20種類以上。ブレンドの種類で40以上あります。またホットコーヒーは、ペーパー・ネル・メッシュフィルター・フレンチブレス・サイフォンの5種類の淹れ方から選ぶことが出来るのです。そして、コーヒーマイスターが淹れてくれます。凄いお店ですね。
グランドコーヒー (12)

私は、それほどコーヒー好きではないので、暑い日だったこともあってアイスコーヒーを頼みます。

8時間かけて抽出したという水出しコーヒーもあったのですが、高かったので普通のアイスコーヒーです。^^;
グランドコーヒー (11)

妻のほうは、「焙煎人 辻 ブレンド(500円)」という名のコーヒーで、ネルドリップで淹れてもらいました。甘みと渋みのバランスがいい一杯だったようです。
グランドコーヒー (13)

そしてメニューに書かれていた、ティラミス・ブランとの相性が良いと言う言葉を信じて、「ティラミス・ブラン(700円)」というマスカルポーネチーズを使ったケーキを一緒に頼んでみました。
グランドコーヒー (15)

その名の通り「白いティラミス」で、ふわっとした食感のクリームと一番下のスポンジにはコーヒーが仕込みませてあります。甘さ控えめで美味しかったですよ。

なお、ドリンクとスイーツをセットで頼むと100円引きになります。
グランドコーヒー (16)

コーヒーの種類といい、淹れ方までチョイス出来て、ちょっとリッチな空間でゆっくりと美味しいコーヒーを楽しめるお店。コーヒー好きな方にはたまらないお店かもしれません。コーヒー好きな方は是非行ってみてください。ご馳走様でした。

ザ・グランドコーヒー(The Grand coffee)
福井県福井市成和1-3106
 kenjiビル2F
TEL 0776-21-5600
9:00~19:00(L.O.18:30)
月曜・第1日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ