あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中部(石川除く)

緊急事態宣言が解除されて、6月19日に都道府県をまたぐ移動自粛も解除されました。

私もこれまで仕事でもプライベートでも石川県外から出ることをやめていましたが、解除されてから初めて県外に仕事で出ることに。

その最初の場所は福井市。まぁ、お隣の件から徐々にですね。

さて、福井といえば蕎麦!?と私の記憶に刷り込まれています。

行ったのは福井市内からは足羽川沿いを上流に車で数分行ったところにある「音市楼 かくれ庵」という蕎麦屋さん。
音市楼かくれ庵

入口には門があって高級店の趣?その名の通りの隠れ家的なお店です。

早めの時間帯だったのですが、すでに駐車場には多くの車が停車していました。
音市楼かくれ庵 (2)

門をくぐって中に入ると最初に「石窯ピッツァZIO -チオ-」があって、その奥に「音市楼 かくれ庵」があります。

ピザと蕎麦が一緒の敷地にあるというちょっと変わった形態ですね。

店内に案内されると、我々が通されたテーブル席とカウンター席の部屋は、3組ほどのお客様がいらっしゃいましたが、車の量を見ると空いている感じがしましたが、どうも個室や大部屋があって、そちらにグループでお越しの方がいらっしゃったようです。
音市楼かくれ庵 (3)

通されたのは吹き抜けのある部屋で明るくて開放感があります。玄関の昔ながらの佇まいとは違った雰囲気です。
音市楼かくれ庵 (5)

こちらは定番のお品書き。
音市楼かくれ庵 (4)

ランチのセットメニューです。
音市楼かくれ庵 (6)

他にも色々あって、そば屋さんとしては種類が豊富なお店でした。

私はランチのセットメニューから、こちらの「ひつまぶしとお蕎麦の膳(税別1,600円)」を頼みました。
音市楼かくれ庵 (8)

小鉢・香の物・味噌汁が付いてきます。

小鉢は茄子の煮びたしでした。
音市楼かくれ庵 (9)

ひつまぶしを食べる時は、まず最初にほどよくかき混ぜて、お椀に盛って山椒を少しかけそのまま食べます。
音市楼かくれ庵 (12)

2杯目は薬味を乗せて。
音市楼かくれ庵 (13)

3杯目は出汁をかけて。
音市楼かくれ庵 (14)

4杯目はお好きな食べ方で!ということですが、4杯目を食べるほどの量ではありませんでした。

でも、お蕎麦があるのでそれで充分です。
音市楼かくれ庵 (11)

蕎麦はおろしつゆにつけて食べます。自家製のつゆは出汁やかえしにこだわって作られていて濃いのですが、おろし汁の辛味と混ざっていい塩梅のおろしつゆでした。辛み大根が心地よいです。

細めの蕎麦を最初何もつけずに食べたら、蕎麦の風味が鼻に抜けていい感じ。

おろしつゆに漬けて食べると、のど越しがよく噛むと細いのに腰が強くてしっかりとした蕎麦で好きなタイプ。弾力のある美味しい蕎麦でした。
音市楼かくれ庵 (15)

そば湯はそば猪口に入れられて個別に出されました。

一緒に行った人は「ヒレカツとお蕎麦の膳(税別1,500円)」を頼んでいましたが、写真を撮り忘れました。^^;

この内容でひつまぶしと美味しいおろしそばが付いて1,600円はお得で満足度高しですね!?ご馳走様でした。

音市楼 かくれ庵
福井県福井市下馬2-1906-5
TEL 0776-33-5838
月~金
ランチ11:30~14:30
カフェ14:30~17:30
ディナー17:30~20:30
土・日・祝
ランチ11:30~15:00
カフェ15:00~17:30
ディナー17:30~20:30
火曜、第一月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山といえばうどんより蕎麦でしょうか?

確かに私のブログでも蕎麦を紹介していることが多い気がします。

この日、実はうどんを食べようと他のお店に向かったのですが、お盆明けということもあったのでしょう?臨時休業でした。^^;

そこで急きょ、前に行ったことある「そば処 ほたる」にお邪魔することにしました。
ほたる

前回のことはこちらに書いています。見たら昨年4月以来の訪問でした。
ほたる (5)

お店の様子については前回書いていますので割愛します。またメニューも同じでした。

蕎麦は八尾の畑で自家栽培。店主自らが石臼で挽いて打った蕎麦を食べさせてくれます。。

ちなみにこの日の「季節の変わりそば」は梅。
ほたる (6)

しかし私は、入口に置かれていた、こちらの「オクラ蕎麦(税込1,000円)が気になったので、それを頼むことにしました。

ご主人が自家栽培しているオクラを使った蕎麦ということで、「季節の変わりそば」のときのようにオクラが練り込まれているのかと思いましたが、たっぷり摩り下ろしてネバネバ感たっぷりのオクラが上に乗せられていました。
ほたる (4)

ぶっかけで食べます。

細打ちののど越しのいい蕎麦が、オクラによってさらにツルツル食べることが出来ました。これはこれでアリです。
ほたる (2)

一緒に行った人は一人は温かい「山菜そば」。
ほたる (3)

もう一人は「おろしそば(900円)」を頼んでいます。

蕎麦を自家挽きしているところは色々ありますが、自家栽培までして蕎麦作りをしているところはまだまだ少ないと思います。貴重なお店ではないでしょうか?ご馳走様でした。

そば処 ほたる
富山県富山市婦中町塚原141-1
TEL 076-465-3200
11:30~15:00
火曜,第2・4日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は静岡で宿泊したホテルの朝食の紹介です。

静岡のご当地グルメといえば、浜松市の遠州エリアや、東の方の伊豆半島近辺のものが思い浮かびますが、静岡市内となるとパッと思いつくものといえば、静岡おでんぐらいではないでしょうか?

静岡おでんについても私は7年ほど前までは知らなかったくらいで、温かい静岡のイメージにはおでんは無かったのです。^^;

しかし、静岡にも出張で行く機会が多くなって、行くと必ず静岡おでんを食べることになってきました。


静岡おでんの特徴は、黒い煮汁と竹串が刺さった状態で出されること。それにイワシやカツオの削り節がかかっていることです。

素材的には黒はんぺんが特徴でしょうか?
ホテル ニューシズオカ

今日紹介します「ホテル ニューシズオカ」は、静岡駅の南口からすぐにある便利なホテルです。料金もお手頃なビジネスホテルでした。

こちらのホテルの朝食バイキングで、そんな静岡おでんが食べられるのです。

おでんには朝食のイメージは薄い?まぁ、そんな堅いこと言わずに食べてみましょう!

朝食は1階で食べます。850円です。
ホテル ニューシズオカ (3)

こちらの写真のフロントの奥のほうに見えるドアの中が食事場所です。
ホテル ニューシズオカ (9)

料金は安いのですが、それ相応のレベルの朝食でした。
ホテル ニューシズオカ (4)

品数は多かったです。ただもう一つそそられるものがなかったですね。
ホテル ニューシズオカ (8)

その中から私は、こんな感じで取ってきました。みすぼらしい盛り方ですみません。^^;
ホテル ニューシズオカ (7)

あとカレーライスを少しです。
ホテル ニューシズオカ (5)

そして静岡おでん。汁が黒くて何があるのかわかりません。
ホテル ニューシズオカ (6)

取ってきたのがこちらの4種類。タマゴ、コンニャク、大根、黒はんぺん。味がシュンでいました。

浸かっておでんの色も黒いです。削り節はかけ忘れです。^^;

これはこれで美味しいかったです。

ホテルの朝食の紹介では「しぞ~かおでん」と書かれているので、「海ぼうず」や「しぞ~か」などのお店を運営する「海ぼうずグループ」から仕入れているのかもしれません。

今回味噌汁はインスタントだったので飲みませんでした。

まぁ、値段的に贅沢は言えませんね。ご馳走様でした。

ホテル ニューシズオカ
静岡県静岡市駿河区森下町1-7
TEL 054-283-8811
朝食 6:45~


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は浜松で宿泊したビジネスホテルの朝食を紹介します。

今回は「リッチモンドホテル浜松」に宿泊しました。
リッチモンドホテル浜松 (6)

リッチモンドホテルグループは全国にホテルを展開していて、各地のホテルでは朝食に、ご当地グルメのメニューを積極的に取り入れているところが多くあります。

今回宿泊した「リッチモンドホテル浜松」は、浜松駅からは少し離れた場所にありますが、繁華街に近く、浜松城公園にも歩いて5分くらいとビジネスにも観光にも便利なホテルです。

比較的大きなホテルで、1階の朝食会場も広いスペースがありました。朝は6:30から営業しているのもうれしいです。

浜松はご当地グルメが多い場所で、うなぎと餃子が代表格。そのほかにも粉物の遠州焼きなどあります。
リッチモンドホテル浜松

朝食はビュッフェスタイルで、特徴は浜松のご当地グルメが色々楽しめること。そして品数も多く和・洋・中と楽しめる構成になっています。
リッチモンドホテル浜松 (2)

写真のピントがあっていませんね。すみません。

色々食べたいものがありましたが、私はこんなものを取ってきました。
リッチモンドホテル浜松 (4)

いつも通りの野菜中心です。
リッチモンドホテル浜松 (3)

最近は炭水化物は極力とらないようにしているのですが、うなぎご飯は欠かせないでしょう?^^;

野菜系のお惣菜も色々揃っていました。

浜松餃子は、昨晩食べたので1個のみ。^^;

手作り豆腐も美味しかったです。
リッチモンドホテル浜松 (5)

あとは、こちらのヨーグルトにオレンジ、そしてドリンクです。

バイキングはついつい取りすぎて食べ過ぎてしまうことが多く注意が必要です。^^;

糧食の料金は宿泊者が1,200円でしたが、内容・味とも満足できる朝食でした。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル浜松
静岡県浜松市中区元城町218-1
TEL 053-450-5575
6:30~10:00(9:45最終入店)
大人1,200円(宿泊者以外は大人1,500円)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


そこで食べていたら、浜松のご当地グルメの浜松餃子をこのままだと食べることが出来ないと途中で気が付きました。

そこで急きょもう一軒餃子を食べに行きたくなりネットで調べたら、近くに「濱松たんと」のお店があるということで向かうことに。

「濱松たんと」は本店に約5年前に行っています。浜松市内に4店舗、そして名古屋やホノルルにもお店があります。

その時のことは「一軒で遠州名物料理が手ごろな値段で楽しめるうれしいお店で、旅行や出張で浜松に来た人におすすめ」とブログで書いていました。

いま読み返すと、本当に色々な料理を楽しんでいますね。

今回は2軒目ということで軽く飲み食べするのみ。
たんと

お店の外観です。庶民的な雰囲気です。
たんと (2)

外に出ていたメニュー看板。やはり色々なメニューがありました。
たんと (3)

まずはハイボールで乾杯です。

何か、遠州地方の乾杯の掛け声があるようで、それがジョッキに書かれています。

「やらまいか!おいしょお~!!」

店員の方の音頭で我々もその掛け声で乾杯をさせれれました。^^;

このあたりは個人的にはやめてほしいところかもしれません。
たんと (4)

お通しは、豆腐に浜名湖産の海苔がかけられたもの。きれいな緑色です。
たんと (7)

そして急きょ行くことになった理由である浜松餃子を頼みます。14個で800円。
たんと (5)

遠州浜松産のブランド豚肉「遠州夢の夢ポーク」や三方原で収穫されたキャベツなど地元産にこだわっていて、当日の分はその日に作って、作り置きはしないようです。鮮度にもこだわっているようですね。キャベツたっぷりで食感がシャキシャキして美味しかったです。
たんと (6)

あと頼んだのは、こちらの「たんとサラダ(580円)」のみ。

以上、サクッと飲んで食べて二人で3,000円!安いです。2軒でお腹も満腹になりました。ご馳走様でした。

濱松たんと 有楽街店
静岡県浜松市中区肴町318-17
TEL 053-458-2511
 FJビル1F
17:00~25:00(L.O.24:30)
無休 ※年末年始休みあり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ