あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中部(石川除く)

長野に来たら、やはり信州そばです。

そして行くからには、なるべく美味しいそば屋さんで食べたいと思うのが世の常ではないでしょうか?

そこで事前にお店選びのための調査です。今の時代ネットで情報はしっかり得ることが出来ます。

今回行くことにしたのは長野駅からは少し離れた住宅街に一軒ポツリとある「手挽きそば 蔵之内」というお店。ネットではとても評判がよさそうでした。
蔵之内 (11)

人気店なので、オープン時間の11:30にお店に到着するように向かいました。ところが11:30にお店に着くと営業中で、すでに食べているお客さんまでいるではないですか!?
蔵之内 (4)

幸い、席はだいぶ空いていたので問題はなかったのですが、どうも私の見た情報が古かったか間違っていたようです。^^;

しかし、さすが人気店です。そこそこ席があるお店なのですが12時前には満席になりました。
蔵之内 (3)

通常のメニューはこんな感じです。
蔵之内 (2)

他に期間限定で、このようなセットメニューもありました。

私はこれらの中から「鯛のづけ丼セット(1,200円)」が美味しそうだと感じ、それをオーダーすることにしました。一日5食限定です。「限定」という文字に弱いのです。^^;
蔵之内 (6)

行った時には店内には8~9名ほどお客さんがいたので、もしかしたら売り切れたかな?と思いましたが何とか大丈夫でした。早めに行った甲斐がありました。

石臼であら挽きした田舎そばで、細切りです。
蔵之内 (7)

そばの産地については書かれていないのでわかりませんでしたが、戸隠そばではないようでした。何れにせよ秋そば(新そば)の収穫時期にはまだ早かったので、風味的にはそれほどでもありませんでしたが、コシやのど越しはよかったです。

そばつゆについても、本かつおのみでさっぱりと、辛さや甘さもほどよい美味しいつゆでした。

鯛めしのほうは、愛媛宇和島の鯛めし風。大きな卵の黄身に甘辛の醤油だれをかけ、すだちを搾って食べます。美味しいです。
蔵之内 (9)

10年ほど前に宇和島に行って鯛めしを食べたことがありますが、それに比べる鯛の枚数が少なかったです。^^; そのためご飯が少し余ってしまいました。

もっとも、そばと両方で全部を食べきることが出来なかったことのほうが大きい理由かな?
蔵之内 (10)

最後に出されたそば湯です。

一緒に行った人は、一人は私と同じもの。もう一人は「野菜の天ざる蕎麦(1,100円)」。
蔵之内 (5)

そばは私のと同じで、付いてくる野菜の天ぷらがこちらでした。揚げ立てで美味しそうですね。

我々が食べ終わり帰るころにはお店の前には待っているお客様が3名ほどいらっしゃいました。美味しいお店は人気があるのが理解できます。ご馳走様でした。

手挽きそば 蔵之内 
長野県長野市大字高田391-4
TEL 026-226-7553
11:00~14:30
17:30~20:30(L.O.20:00)
月曜休(月曜が祭日の場合はランチのみ営業)
火曜・水曜の夜も休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

8月に2回目の長野県。今回は出張で長野駅前で宿泊。久しぶりに車での移動でした。

長野駅前のホテルに宿泊して、仲間と一緒に夕飯を食べるために選んだのが、今日紹介します居酒屋「もみじ茶屋」です。
もみじ茶屋

こちらは信州の郷土料理が色々楽しむことが出来るということでチョイスしました。

元々はそば屋さんだったところが「戸隠そばと郷土料理と地酒が楽しめる店」に変わって営業されているようです。

事前に予約を入れて伺いました。1階はカウンター席とテーブル席。2階が座敷となっていて。我々は2階に案内されました。

信州長野の郷土料理を始め、居酒屋メニューも色々あって、もちろん信州の地酒も楽しめます。

こちらのお店で一番のおすすめはご覧の「選べる晩酌セット」です。
もみじ茶屋 (4)

1,800円で生ビールか日本酒1合に、3種類の肴を選らんで楽しむことが出来るのです。しかも、3種類×3種類、計9種類の中から。
もみじ茶屋 (9)

ドリンクは、暑い日だったので生ビールにしました。お通しは「鞍掛豆のひたし豆」だと思います。前、鞍掛豆についてはケンミンショーで紹介されていました。
もみじ茶屋 (6)

そして我々は3人で行ったので、すべての9種類の肴を頼むことにしました。

ちなみにAカテゴリーは馬刺し・信州サーモン・マグロ山かけ。Bカテゴリーは茶豆(枝豆)・イナゴ・ホタルイカ沖漬。Cカテゴリーはもつ煮込み・合鴨スモーク・タコ唐揚げとなっていて、各カテゴリーから一種類ずつ選ぶ形になっています。

順番に紹介していきますね。まずAカテゴリー。
もみじ茶屋 (14)

「馬刺し」は赤身。ですが私は食べません。
もみじ茶屋 (15)

「信州サーモン」は脂が乗っていました。ちなみに「信州サーモン」とは、ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した一代限りの養殖品種のことです。

海なし県ですが、海で獲れるものも入っています。
もみじ茶屋 (16)

これは「マグロ山かけ」。

次にBカテゴリーです。
もみじ茶屋 (18)

「茶豆(枝豆)」は生ビールのつまみです。
もみじ茶屋 (22)

「ホタルイカ沖漬け」です。
もみじ茶屋 (11)

そして、これは「イナゴ」です。佃煮で食べます。長野県では常識ですね!?よく揚げられていてイカナゴの佃煮のようなものです。
もみじ茶屋 (12)

最後のCカテゴリー。「もつ煮込み」と、
もみじ茶屋 (23)

「合鴨スモーク」は私は食べません。
もみじ茶屋 (19)

八幡屋礒五郎の七味唐辛子をかけて食べていました。
もみじ茶屋 (13)

これは「タコ唐揚げ」です。

以上が、「選べる晩酌セット」の肴9種類です。

では、それ以外に頼んだ料理とお酒についても紹介します。

長野の「ほたるどじょう」を唐揚げしている「活どじょう唐揚げ(500円)」は、石川県でどじょうの唐揚げで使用されるどじょうとは違って、大きなどじょうを使っていました。

もみじ茶屋 (24)
滋養強壮に良さそうです。

これは、「岩魚骨酒(2合1,500円)」です。岩魚の骨酒なんて飲むのは何年ぶりでしょうか?
もみじ茶屋 (28)

注文してから岩魚を素焼きしているので30分ほど時間がかかりましたが、素焼きの岩魚が丸ごと一匹入っていて、岩魚の香ばしさと美味しさが熱燗に染みだしています。
もみじ茶屋 (31)

お酒を飲み干すと、岩魚を取り出して身を食べます。粕漬けのような風味を感じますね。
そして、締めに信州そばを頼みます。

「大ざるそば(880円)」は3人でシェアして食べました。ちょうどいい量です。
もみじ茶屋 (29)

根曲り竹で編まれたざるに盛られているので戸隠そばです。そのためしっとり感がありました。つけ汁はカツオが効いていましたが少し甘めです。
もみじ茶屋 (30)

そば湯も出していただきました。サラッとしたそば湯です。
もみじ茶屋 (21)

あと、お酒ですが、日本酒何を頼んだか忘れましたが、たぶん、長野の酒だったと思います。私はハイボールも頼んでいますね。

以上、3名で飲み食いして一人当たり4,800円ほど。

長野郷土料理を一通り楽しめて、コスパ的にもリーズナブル。観光客や出張で長野に来たビジネスマンなどにはうれしいお店だと思いました。ご馳走様でした。

もみじ茶屋 (もみじちゃや)
長野県長野市南長野南石堂町1368-9
月~金17:00~23:00(L.O.22:00)
土17:00~22:30(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山でランチをしたときのお店について紹介します。

「カフェブルーリーブス(cafe BLUE LEAVES)」は、富山空港へ向かう道の途中。マンションというか4階建てのアパートの1階にあります。
カフェブルーリーブス

富山空港から来ると、あまり目立たない作りで気が付かないかもしれません。

営業はランチの時間帯のみ。潔いです。
カフェブルーリーブス (2)

内装はシンプルでナチュラル感があります。

我々が伺ったとある平日は、女性のオーナー?のかた一人で切り盛りされていました。中にもしかしたら誰かいたのかもしれませんが?
カフェブルーリーブス (3)

ランチメニューはこんな感じです。

A(1,000円)とB(1,200円)の2種類ですが、お得なのは、メニューにも書かれていますがAとB両方とも頼むセットです。1,600円とお得になっています。一応、Aの単独メニューからおにぎりと、Bについてくるミニサラダはありませが、それでもすごくお得な価格設定になっています。

Aメニューは、野菜たっぷりプレートに玄米おにぎりとスープ付きで1,200円となっています。
カフェブルーリーブス (7)

ナムルのような感じのものあったり、とにかく使われている野菜の種類が半端なく多いのです。30種類ほど盛られているそうですが、見えるところでは、ヤングコーン・オクラ・カブ、キュウリ・ナス・カボチャ・サツマイモ・トマト・紫玉ねぎ・セロリ・もやし・ニンジン・カイワレ・レタス・ミョウガ・ごぼう・スプラウトなど。あと中にキャベツがあったかな?他にもあったかもしれません。

ひじき煮や松前漬のようなものも添えられていました。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、ボリュームが凄いのです。
カフェブルーリーブス (10)

ドレッシングは白いのがヨーグルト、濃い色のはエゴマを使ったものでした。
カフェブルーリーブス (4)

寒い時期はせいろ蒸すになるようですね。ご覧の「富山やくぜん」の認定書も置かれていました。

Bメニューのセットは次の6種類から選ぶことが出来ました。

グリーンカレー
サラダアボカド丼
ねばとろ丼
タコライス
チキントマト煮込み
喫茶店の鉄板ナポリタン

この中から私はタコライスをチョイス。
カフェブルーリーブス (14)

出されたのがこちらです。タコミートとレタスがたっぷり。温泉玉子も乗せられていて、これらを混ぜて食べます。スパイスは押さえてあって大人しい味のタコライスでした。
カフェブルーリーブス (12)

一緒に行った人が頼んだのは、グリーンカレーと、
カフェブルーリーブス (11)

喫茶店の鉄板ナポリタン。喫茶店の鉄板ナポリタンは名古屋の喫茶店で出されるタイプの熱々鉄板に溶き卵を敷いた上に乗せられていました。
カフェブルーリーブス (13)

ちなみに、タコライスやグリーンカレーのご飯は玄米ご飯。

よく噛んで食べましたが、さすがにA+Bのボリュームが多かったので、私は少し残してしまいました。すみません。
カフェブルーリーブス (15)

あと、ランチにはこちらのスープも付いてきます。

AとB、両方セットで食べると、男の私でも食べきれませんでしたが、ヘルシーでセットの料理も色々選べてお得感もあるので、やはり両方頼むことをおすすめしますね。ご馳走様でした。

カフェブルーリーブス
 cafe BLUE LEAVES
富山県富山市萩原552-1
 アクアマリーンマンション1F
TEL 090-2830-1151
11:00~15:00
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井で食事をするときは蕎麦のお店を選択することが多くなります。

しかし今回、たまには違った路線で選んでみることにしました。
ログハウス バロック

福井市にあります「ログハウス バロック」は、その名の通りログハウス作りのカフェ(喫茶店)です。
ログハウス バロック (3)

中も山小屋にいるような空間で、木の温もりを感じる空間です。

ここは喫茶店ですが、ランチも人気なのです。また、一杯一杯ハンドドリップで淹れてくれるコーヒーが美味しいことで知られています。
ログハウス バロック (2)

食事メニューはこんな感じです。

この中ではドリアが美味しいということでしたが、この日は台風の影響で暑さがぶり返した日で、さすがにドリアは…、と思い、入口に掲げられていた日替わりメニューのランチサービス(11:30~14:00で土・日・祝は除く)を頼むことにしました。
ログハウス バロック (9)

この日はチーズハンバーグ。コーヒー付で1,080円(税込)、なしの場合は831円(税込)です。

出されたのがこちら。サラダとキュウリとオクラの和え物が添えられていました。
ログハウス バロック (6)

チーズハンバーグはデミグラスソースがたっぷりかけられていて、とろ~り溶けたチーズとも相まって濃厚な味に。ご飯がすすみそうです。
ログハウス バロック (7)

切ると中はこんな感じです。

ライスとスープが付いてきます。ライスのボリュームは見た目よりは多かったです。

食後は私はアイスコーヒーを頼みました。
ログハウス バロック (8)

いつもコーヒーはホットもアイスも砂糖(シロップ)やミルクなど何も入れずにブラックで飲むのですが、こちらには濃いアイスコーヒーでしたね。

831円(税込)でお腹も満足。味の面も蛮族。プラス249円(税込)で美味しいコーヒーも付いてくるということで、コスパ的にも満足なお店でした。ご馳走様でした。

ログハウス バロック
福井県福井市成和1-2402
TEL 0776-23-4445
9:00~21:00(L.O.20:30)
第1木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

軽井沢シリーズの最後は買い求めたものの紹介です。

まず最初は、軽井沢に行ったら食べてみたいと思ったソフトクリームです。

超有名なので紹介するまでもないかもしれませんが、「ミカドコーヒー 軽井沢旧道店」のモカソフトです。
ミカドコーヒー (6)

お店は旧軽銀座の通りにありますが、いいところにあるので、いつも大勢のお客様で賑わっています。
ミカドコーヒー (2)

この日はお盆休みということもあって、いつもにも増して行列が長いかもしれません。

モカソフトはお店の前のコーナーで売られています。

コーンとカップが選べますが、カップだと特製シロップに漬けた大粒プルーンがトッピングされているということでそちらにしました。
ミカドコーヒー (5)

珈琲専門店が作っているだけあって、コーヒーの少しビターな感じのソフトクリームで、後口もよく美味しかったです。

プルーンの種はしっかり取られていました。

このモカソフト、軽井沢に来ていたジョン・レノン夫妻も好きだったようです。

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢786-2
TEL 0267-42-2453
10:00~17:00(季節により変更アリ)
不定休(夏期無休)

お次からは、お土産を買いに立ち寄ったお店についてです。
酢重正之商店

まずは、酢重正之商店という味噌・醤油・酢の醸造元。
酢重正之商店 (4)

お使い物や家などへのお土産を買うために立ち寄りました。

ここは息子が昨年軽井沢に行った折りに買い求めて、美味しかったということで行くことにしました。

お店の対面にはレストランも運営していますし、東京では「酢重ダイニング」というお店や「酢重正之 楽」というそば屋さんも営んでいるところ。手広くやられていますね。

文政十年(1827年)に信州小諸で味噌蔵として創業してから190年経つ老舗のお店です。

信州といえば味噌が有名ですが、信州産丸大豆の醤油も美味しいのです。和食系に合いそうな味でしたね。

こちらではいっぱい買いました。醤油以外にも酢重レストランの特製フレンチドレッシングなども買い求めました。
酢重正之商店 (7)

「洋風赤」と書かれているのもドレッシングで、信州桔梗ヶ原産赤ワイン、醤油、玉葱をベースにオリーブオイルをブレンドしたコクのあるドレッシングです。

酢重正之商店
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢6-1
 旧軽ロータリー前
TEL 0267-41-2929
10:00~18:00
無休

お次は「軽井沢チーズ熟成所」。名前の通りチーズのお店です。こちらも軽井沢では人気のお店で、多くの人が訪れていました。
軽井沢チーズ熟成所 (3)

私は遠距離を帰るので、チーズを買うのは無理だったために、こちら2品を買いました。
軽井沢チーズ熟成所 (5)

カマンベールラスクとゴルゴンゾーラチーズクッキーです。
軽井沢チーズ熟成所 (6)

ゴルゴンゾーラチーズクッキーは岩塩がゴルゴンゾーラの風味を引き立ていて、ワインに合うおつまみ系のクッキーでした。
軽井沢チーズ熟成所 (8)

カマンベールラスクは、まぁ、ありがちな味だったかもしれませんが、チーズの風味はやはりすごくしましたね。
軽井沢チーズ熟成所 (4)

売店の近くでは、ご覧のピッツァリアも営んでいて、すごい順番待ちの列がずっと出来ていました。人気なのですね。

軽井沢チーズ熟成所・売店
長野県北佐久郡軽井沢町東18-9
0267-42-7394
10:00~18:00
無休

お次は、こちらも有名な沢屋ジャム
澤屋

創業の地の旧軽井沢店には行けなかったので新軽井沢店に立ち寄りました。
澤屋 (2)

買い求めたのは一番人気のストロベリージャムとブルーベリージャムです。

私自身はジャムはあまり食べませんが、国産生果実100%のピュアなジャムで添加物を一切加えていないため、自然な美味しさだったようです。

沢屋 新軽井沢店
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東1178
TEL 0267-42-8260
9:30~18:30(夏期延長有)

あと、プリンスショッピングプラザと軽井沢駅で可お土産として買ったのは「桜井甘精堂 軽井沢駅店」の「ひとくち栗かのこ、ひとくち栗ようかん、ひとくち詰合せ」と、
軽井沢 (8)

「ナメタケ」発祥といわれる「信州 小林農園」の「信州本造り なめ茸」と野沢菜のお漬物です。
軽井沢 (9)

信州も色々美味しいものありますね。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ