あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: バー・お酒

金沢の街をぶらぶら歩いていると意外な発見があります。

この日も、前に紹介した「カフェ アシト」でお茶した後、金沢城の方に向かおうと歩いていたら、金沢市文化ホールの近くで、ふと気になるお店の横を通り過ぎました。

戻って何だろう?と思って店内を覗くと、ワインショップで軽く立ち飲みできるスペースがあるではないですか!
ブリュッケ (7)

ワインショップ ブリュッケ」という4月にオープンしたばかりのお店です。
ブリュッケ (6)

女性の方お一人で切り盛りされていました。

気になったので、中に入って1杯だけ飲んでいくことに。
ブリュッケ (4)

販売するワインは奥のワインセラーに置かれていて、その中から日替わりで何種類かを立ち飲みで楽しめるスペースがあります。コーヒーも飲めるようです。
ブリュッケ (5)

店内には雑貨やテークアウト用のチーズ、スパイス、ブーダン・ノワールなどの食材も売られていました。

ワインの品揃えはナチュラル系のワインが中心のようで比較的お手頃な値段のが揃っていました。

彼女は東京生まれですが、旦那さんは金沢市本多町にある人気の居酒屋「酒屋 彌三郎」のご主人。

私は「酒屋 彌三郎」には一度行ったことがありますが、なかなか印象に残るいいお店でした。

その時書いたブログの内容を読み返してみると、奥さまがお店でワインのチョイスをしていました。

そんな奥さまはワインアドバイザーの資格を持っていて、ご自分でワインのお店をこのたび開いたというわけなのです。

飲んだのは二人とも白で、「Christian Venier La Plante aux Loups(クリスチャン・ヴニエ ラ・プラントゥ・オー・ルー)」と「La Lunotte Les Rossignoux(ラ・リュノッテ レ・ロシニュー)」
ブリュッケ (9)

「Christian Venier La Plante aux Loups(クリスチャン・ヴニエ ラ・プラントゥ・オー・ルー)」は、少し甘みがって爽やかな酸味も感じることが出来る自然派らしい微発泡のワイン。
ブリュッケ (10)

「La Lunotte Les Rossignoux(ラ・リュノッテ レ・ロシニュー)」のほうは、軽めでドライな飲み口ですが、シャープでフルーティなワイン。

両方とも美味しいワインでしたね。1杯800円でした。セレクトはさすがです。

テークアウト用のチーズなどお店でもつまめたらよりうれしかったです。

まぁ、軽くテイスティングしながら家で飲むワインを買い求めると言った使い方がいいかもしれませんね!?ご馳走様でした。

ワインショップ Brucke(ブリュッケ)
石川県金沢市高岡町18-2
TEL 076-224-6288
火~金11:00~17:30
土・日11:00~18:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪で平成最後の日を過ごし、ホテルに戻る前に最後に入ったお店がバーでした。

京橋にあるオーセンティックバー「バーザモナーク(Bar The Monarch)」というお店です。
バーザモナーク (2)

こちらエスメラルダの中田くんに紹介してもらったところです。

平成最後の飲食店がバーというのも妻のおかげかもしれません?

宿泊した「ホテルニューオオタニ大阪」からもほど近い場所にあります。しかし夜9時前だったこともあると思いますが、人通りが多いエリアからは中に入ったところで、少し閑静?で寂しい通りでした。
バーザモナーク (3)

店内はカウンター席が8席ほどと、2人掛けの小さなテーブル席が数席の比較的小さなお店です。
バーザモナーク (4)

しかし内装はウッディな仕上げで高級感があって、オーセンティックな雰囲気を醸しだしていました。

こちらのお店のオーナーバーテンダーは日本バーテンダー協会に所属していて、エスメラルダの中田くんとは同じ世代の方。協会の関係で色々な場所で一緒に仕事をしたようです。

また、富山県小矢部市出身で、小さいころから石川県にもよく遊びに来られたようです。小松にも来たことがあると聞いてうれしくなりました。

この日は大阪市内相当歩いていたため我々二人ともお疲れモード。そこで1杯ずつ飲んでお暇することを伝えて飲むことに。
バーザモナーク (5)

私は久しぶりにモヒートを頼みました。ミントの香りが爽やかでこれからの季節にぴったりのカクテルです。
バーザモナーク (6)

妻のほうは苺のシャンパンカクテルです。シャンパン好きです。^^;

こちらはシーズンが終わりましたね。いまはペリーニの季節かな?
バーザモナーク (7)

チャームはナッツでした。

30分強店内にいただけでしたが、疲れた体も楽しい会話とカクテルで吹っ飛びました。ご馳走様でした。

バーザモナーク(Bar The Monarch)
大阪府大阪市都島区片町2丁目7-25
 アンシャンテビル
TEL 06-6358-8210
18:00~25:00
不定休
臨時休業についてはホームページで要確認


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「エスメラルダ」のバーテンダーの橘くんが、この20日でお店を卒業しました。
エスメラルダ

4月末に「エスメラルダ」での最後の雄姿を見るために、「エスメラルダ」に行ってきました。

彼の新しいお店の名前はその名もズバリ!「Bar 橘」。場所は小松市大和町。人気のお店「魚菜工房・壱」のお隣です。

前はスナックだったところをリニューアルするとのこと。設計は「エスメラルダ」と同じく、いま金沢で一番の人気アーキテクトの一人であるtoitの戸井建一郎氏。私は昔からよく一緒に飲みに行きました。^^;

どんなお店になるか楽しみです。6月5日オープンの予定です。

さて、今回、我々がお邪魔した時はお客さんが誰もいない早い時間帯だったので、少し遊び心で、お題をテーマにカクテルを作ってもらうことに。

お題は「送る」と「送られる」。あんまり意味のないお題かもしれません?^^;

で、作って出されたのは、「送る」側の中田くんは、これまたその名もズバリ!「エスメラルダ」。
エスメラルダ (12)

上の部分はホワイトラムとカルピス。下の部分は、ミックスフルーツのリキュール、パインジュース、ブルーミントシロップ。二層になっているカクテルです。

ビジュアル的にも「スッキリ!気持ちを切り替え」的な感じかな?

「送られる」側の橘くんは「パリジャン」というカクテル。あんまり適切なのが思い浮かばなかったようです。^^;
エスメラルダ (9)

ジン、ドライベルモット、カシスの3種類でつくります。

調べたらカクテル言葉は「小粋」でした。「小粋」なお店を作ります!的なことかな?

「送る」方も「送られる」方も、これからの活躍を願っています。

さて、これ以外に飲んだカクテルですが、青いこちらのカクテルで名前は「スカイダイビング」です。妻が飲んでいます。いつも強い酒専門です。^^;
エスメラルダ (6)

ラム、ブルーキュラソー、ライムで作ります。すっきりとした味でした。

あと、私は「バナナと紅茶のバイカラーカクテル」。
エスメラルダ (4)

紅茶を下にいれ、白の部分は、バナナ、生クリーム、ミルク、ホワイトラム、バナナシロップです。ちょっと甘いデザートカクテルですね!?

最後にこちらのリキュールを少し飲ませてもらいました。
エスメラルダ (14)

チョコレートのリキュールで「KISS」。「チョコディープショット」で飲むのがおすすめ。濃厚なショコラの味ですが、確かにアルコール味が後できいてきました。
エスメラルダ (15)

ゴディバの同じくリキュールも少し味見させてもらいましたが、断然、こちらのほうが美味しかったですよ!

ちなみに「KISS」は最近なかなか手に入らないようです。

「エスメラルダ」と「Bar 橘」が小松のオーセンティックバーの両雄となるよう願っています。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ホテル日航金沢29階にあるメインバー「夜間飛行」。
夜間飛行 (2)

小松に住んでいると、金沢のホテルに宿泊する機会があまりないので、私は初めてお店に入りました。

この日は東京からの友人夫妻と二次会で行きました。こちらにしたのは友人夫妻が宿泊したホテルだからです。
夜間飛行

さすがホテルのメインバーだけあって、エントランスから高級感があります。
夜間飛行 (3)

中もそうです。場所柄カウンター席よりソファー席の方が多いですね。

雨も降っていたこと、そして室内の灯りが写り込んでいて、写真ではわかりづらくなっていますが、夜景がきれいです。
夜間飛行 (6)

この建物より高いところが周辺にないので、金沢の街並みが一望できます。

この夜景を眺めながら、リッチで美味しいカクテルを飲んでゆったりとした気分に浸ることが出来ます。
夜間飛行 (5)

メニューです。少々お高いお値段です。まぁ、ショバ代ですね。
夜間飛行 (10)

私はクラフトジントニックを頼みました。こちらは2,000円です。
夜間飛行 (13)

いま人気のクラフトジンを使用したジントニックです。フェンティマンス(Fentimans)のトニックウオーターを使用していましたが、ジンはどこのだろう??

妻はホテル日航大阪が作ったオリジナルカクテルで、お店の名前にもなっている「夜間飛行」を頼んでいます。
夜間飛行 (11)

「夜間飛行」はブランデーベースカクテルで、プラスカシスが使われているので濃い褐色で少し強めのお酒です。
夜間飛行 (7)

友人夫妻は、旦那さんがウイスキーをロックで頼んでいました。銘柄は聞いていませんでした。^^;
夜間飛行 (9)

奥さまのほうは「ミモザ」。正式には「シャンパーニュ・ア・ロランジュ」といいます。

シャンパーニュとオレンジジュースのカクテルです。黄色い花をつけるミモザと色合いが似ていることから付けられた名前です。

だれがオーダーしたのかわかりませんが、おつまみが3種類出てきました。
夜間飛行 (15)

ナッツ類。
夜間飛行 (16)

おかき類。

ドライフルーツ系です。枝付きレーズン・いちじく・アプリコット?
夜間飛行 (14)

枝付きレーズンが美味しかったです。

この日は私以外は昼からアルコールを飲み、一軒目の志の助でも日本酒をそれなりに飲んでいたので、この日は1杯だけでおしまいに。

一人4,000円強かかったかな?ホテルのメインバーなので少々かかりましたね。

まぁ、雰囲気や景色もお代に入っていると思えばそんなものでしょうか?ご馳走様でした。

夜間飛行
石川県金沢市本町2-15-1
 ホテル日航金沢29F
TEL 076-234-1111
17:30~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松に出張があり、高松に住む友人とバーで待ち合わせをしました。

夜の9時過ぎに到着。ホテルにチェックインをしてからそのバーに徒歩で向かいます。

2月の下旬ともなると温かい日が多くなりますが、高松は日中の気温は上がったようですがさすがに夜は寒かったです。

あまり知らない土地ではバーには行かない私ですが、今回、高松に出張がある前の週にエスメラルダに行ったら、中田くんにこちらの「ダンク(Cocktail Bar Dank)」というバーを紹介してもらいました。

店名はドイツ語で「感謝」という「ダンケシェン」から来ています。

「ダンク」は、日本バーテンダー協会所属の女性バーテンダーのかたが経営されています。

女性バーテンダーのかたも昨今は珍しくはないとは思いますが、でもまだまだ少数派だと思います。

しかし彼女は全国大会にも何度も出場して、創作カクテル部門で3位に入ったこともある実力派バーテンダーなのです。

ちなみに今年10月に開催される日本バーテンダー協会主催のコンテストの全国大会は徳島です。

エスメラルダの橘くんも出場します。

お店は、古い雑居ビルの1階にありますが、少し奥まった場所で目立たないですね。
ダンク (2)

こちらの大きな木製のドアを開けて中に入ると、奥に細長いお店で、手前の方にカウンター席があって、手前側がカウンター席になっていました。
ダンク (15)

カウンター内の棚には蒸留酒系が多く並んでいました。
ダンク (7)

蒸留酒好きの友人は喜んでいました。カウンターの上に入りローズモルトが。
ダンク (13)

チャームが出されます。
ダンク (3)

まず頼んだのはジントニック。先にお店に行っていた友人がジントニックを飲んでいたので私の相乗り。ジンはタンカリーでお願いしました。
ダンク (4)

おつまみのメニューはこんな感じ。
ダンク (5)

この中から頼んだのはこちらのミックスピザです。
ダンク (11)

遅い時間だったのですが、新大阪で軽く食べただけだったので、お腹が空いたので頼みました。^^;

特にピザについては可もなく不可もなくです。

彼女は何度かNBA(日本バーテンダー協会)の大会で入賞しているのですが、その時に入賞したカクテルを飲んでみようと思い、何か作ってくれますか?とお聞きしたら、いまは作られていないお酒があるらしく、一つだけ出来ると言われたのが、2003年の全国大会で創作カクテル部門で3位を獲得したカクテル「ロイヤル・パープル」です。
ダンク (10)

こんなお酒で作られています。ベースはジンで、アナナスのパイナップルリキュールと巨峰のシロップを使用。
ダンク (8)

飲みやすかったですが、少し甘めのデザート系カクテルでした。
ダンク (12)

お口の中が甘くなったので最後の一杯は愛媛産のブラッディオレンジを使ったミモザです。シャンパンベースですが、ブラッディオレンジってのがいいですね!?

お店ではオーナーの女性バーテンダーともう一人女性のバーテンダーの方がいらっしゃいました。皆さんも是非一度行ってみてください。ご馳走様でした。

ダンク(Cocktail Bar Dank)
香川県高松市丸亀町9-7
 杉山ビル1F
TEL 087-851-1020
19:00~26:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ