あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: バー・お酒

3月下旬に金沢を色々巡った日、ハレの日だったので小松でもう一軒寄ることにしました。
エスメラルダ

おなじみ小松駅前のオーセンティックバー「エスメラルダ」です。
エスメラルダ (2)

お店の到着したのが21時過ぎでしたがお客さんは誰もいません。

マスターに聞くと、3月21日でまん延防止重点措置が明けてから、最初の日だけはお客さんが来たけど他の日は全然ダメ!と話していました。

小一時間ほどしかお店に居ませんでしたが、我々が居る間に2名一組のお客さんがいらっしゃたのみ。

私も昨年10月初旬に伺ってから約半年ぶりの訪問になります。昨年は結局一度しか行きませんでした。

アルコール主体のお店はしばらくは厳しい時期が続くかもしれません。

さて、この日、金沢で色々飲んできたので、軽く一杯のつもりで、季節限定の「フレッシュフルーツカクテル」メニューの中から選びます。
エスメラルダ (3)

ハレの日なのでやはりシャンパン?

私は「メロンとシャンパンのカクテル」です。
エスメラルダ (5)

飲みやすいです。普通のメロンジュースを飲んでいる感じで飲み干せそうです。しかしもったいないので少しずつ。汗
エスメラルダ (6)

妻は「苺とシャンパンのカクテル」。

もちろん両方とも生のフルーツ使用です。

一杯だけと思っていましたが、ハレの日なのでマスターが一杯ご馳走してくれるというので、2杯目に「加賀棒茶のホットカクテル」。
エスメラルダ (11)

加賀棒茶に「ルジェ(LEJAY)クレーム・ド・カシス」「ジャパニーズクラフトリキュール奏 Kanade 白桃」をプラス。

金箔が浮かんでいますね。

アルコールよりも加賀棒茶の風味で飲みやすかったです。

妻の2杯目はコニャック「PAUL GIRAUD」。
エスメラルダ (12)

やはり強い酒が好きですね。
エスメラルダ (4)

こちらは出されたチャームです。

コロナ騒ぎが完全に収まってお店がコロナ禍前のように賑わうことを願っています。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

最近はバーに行く機会が減りました。

コロナ禍で街中に出ること自体が少なくなったのと、多人数での会食のあと二次会で利用することがなくなったことが理由として大きいと思います。

さて、今日紹介します小松市大和町のオーセンティックバー「Bar 橘」へは、2年前にブラジルからの友人を迎えて2次会にお邪魔したことがありますが、それ以来です。立派なホームページまで出来ていました。

行ったのは12月としては強力なクリスマス寒波が到来していたとき。午後から雨が雪に変わっていました。

妻とディナーを楽しんだ後、代行の到着まで1時間ほどお邪魔してきました。
Bar 橘

外観と内装を、友人の建築家で、toit deign(トイットデザイン)代表の戸井さんが手掛けています。
Bar 橘 (3)

シックなインテリアです。
Bar 橘 (2)

カウンター内の棚には約300本の洋酒が並んでいますね。
Bar 橘 (7)

お通しのチャーム。

まずお願いしたのは、フルーツを使ったカクテル。
Bar 橘 (5)

私は柚子です。ジンベースの、柚子なので当たり前かもしれませんが、すっきりとした飲み口のカクテルでした。
Bar 橘 (4)

妻のほうは珍しくザクロを使ったカクテル。
Bar 橘 (6)

ウォッカ?で割ってあるのかな?忘れてしまったようです。
Bar 橘 (8)

2杯目は私は、こちらのボトルにあるウイスキー。これは「Bar 橘」で少しずつ余ったウイスキーをためたデキャンタ。

中にはお高いものも色々入っているようで、アイラウイスキーが主なようなことを言っていたので、そちらでハイボールを作ってもらいました。
Bar 橘 (9)

スモーキーな風味のハイボールが好きです。

妻の2杯目は、北海道の(株)積丹スピリットが積丹ブルー蒸留所で蒸留している、こちらの積丹のジン「火の帆(ほのほ)」。

オーナーバーテンダーの橘くんは石川県では初の積丹ジン「火の帆」のプロアンバサダーに任命されているとのこと。
Bar 橘 (10)

カウンターに出されているボトルは「KIBOU」と「BOUQUET(ブーケ)」の2種類。

今回はボタニカル農場の自家農園で栽培されたハーブ類を香りづけにしたジン「BOUQUET(ブーケ)」をストレートで。
Bar 橘 (11)

ラベンダーの香りとヒソップの爽快感を感じる一杯だったようです。

ちなみに「KIBOU」のほうは、1本につき300円を「ウニ」の餌場の再生に取り組む地元漁師の活動団体「美国・美しい海づくり協議会」「余別・海HUGくみたい」に寄付されるようです。

この2杯ずつを飲んだ頃に代行が到着したので、お店を出ました。

たまにはオーセンティックバーでまったりとした時間を過ごしたいものですね、ご馳走様でした。

BAR 橘
小松市大和町133番地
TEL 0761-22-2005
18:00~27:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

10月1日に宣言や措置が解除されて、夜営業のお店にもやっと通常の営業に近づくような光が見えてきました。

私自身、小松の街中に夜飲み食べに出かけるのは昨年12月中旬以来久しぶりでした。

「バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)」はもその時に行ったきりで、今回久しぶりに行くことに。

12月中旬に行った時のことはこちらで紹介しています
エスメラルダ

久しぶりに外観を写しました。
エスメラルダ (2)

カウンター席から眺める大量の酒のボトル。壮観ですね。
エスメラルダ (15)

二酸化炭素の濃度測定器が置かれていました。
エスメラルダ (3)

この日は、とある記念日だったので、シャンパンを使ったカクテルを飲むことが希望の一つでした。

そこで私は、こちらの季節のカクテルメニューに書かれていた「メロンとシャンパンのカクテル」を頼むことに。
エスメラルダ (4)

2世代前のスマホなので、暗いところはイマイチ写真移りが悪いのでご容赦を。
エスメラルダ (6)

妻は「シャインマスカットのシャンパンカクテル」です。

「メロンとシャンパンのカクテル」は少しだけ甘い口当たり。美味しかったです。
エスメラルダ (8)

シャインマスカットの季節だったので、チャームにも添えられていました。

私の2杯目は「巨峰のフレッシュカクテル」。
エスメラルダ (14)

ベースはジン・ウォッカ・ブランデーの3種類から選ぶことが出来て、私は珍しくブランデーでお願いしました。

ブランデーそのものを飲むことがない私ですが、飲みやすかったですよ。
エスメラルダ (10)

妻の2杯目は「ライチリキュールDITA(ディタ)とウォッカ」のカクテル。

その後に「モエ・マール・ド・シャンパーニュ」。
エスメラルダ (16)

シャンパンの搾り滓を再発酵後、蒸留・樽熟成させた「マール(ブランデー)」です。

強いお酒が好きなのです。

久しぶりのバーのひと時。日曜日でお客さんも少なかったのでゆったりと過ごすことが出来ました。

早くコロナ禍ではなくなって、元の通りにバーで一杯やりたいですね。ご馳走様でした

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


そのお隣にあるのが「Bar 露草」で、こちらはタレントのMEGUMIさんが女将のバーです。MEGUMIさんがオーナーのお店としては東山にある古民家パンケーキカフェ「cafe たもん」が知られていますが、お聞きすると、彼女はコロナ禍で最近は金沢に来られていないようです。私のブログではこちらで紹介しています
Bar 露草

さて、「鮨くら竹」で鮨を頂いた後、こちらの「Bar 露草」で軽く一杯飲んで帰ることにしました。

店主の尾島さんはワインソムリエの資格を持っていて、色々な飲食店で腕を磨き、こちらのお店をオープンしています。英語が堪能?なようですね。
Bar 露草 (3)

メニューです。カクテルは「和カクテル」となっています。小豆や桜などの日本的なリキュールを使用したオリジナルカクテルが並んでいます
Bar 露草 (5)

前はお昼時間の営業をやられていたようですが、いまはやっていないのでしょうか?ご覧のパフェメニューもありました。
Bar 露草 (2)

こちらのメニューでは、抹茶・煎茶・ほうじ茶などのお茶を使った日本茶カクテルなどがあり、これらから察するに、金沢を訪れるインバウンドのお客様をターゲットに考えていたのではないでしょうか?

コロナ禍で、そのような状況がいつ来るかはわからないような状況ですが、今の時代、インスタ映え的に日本人にもウケると思いました。
Bar 露草 (10)

私が頼んだには「青じそジントニック(税抜950円)」。
Bar 露草 (14)

夏向きのロングカクテルです。すっきりと飲みやすいカクテルでした。
Bar 露草 (15)

妻は「濃出棒茶とダークラム(税抜1,200円)」を頼んでいました。
Bar 露草 (7)

ちゃんと釜で沸かした湯で点ててくれます。

強いカクテルだったようです。
Bar 露草 (16)

ナッツはお通しがわり。
Bar 露草 (18)

そして、こちらのお店では最後に濃茶を出してくれます。バーとしては珍しいですね。

ドリンク一杯ずつとお通しで4,500円ほどでした。

ちなみに、「鮨くら竹」の鮨と「Bar 露草」のペアリングコースの設定があるので、一度に楽しみたい方はそちらがおすすめかもしれません。ご馳走様でした。

Bar 露草
石川県金沢市白菊町3-25
 白菊Labo内
TEL 080-4259-7758
18:00~24:00
火曜、第1・第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

GWに風と緑の学都音楽祭に行く前にランチを食べに入ったお店です。

行ったのは金沢駅内のあんと西の2階にある「オリエンタル ブルーイング(ORIENTAL BREWING)金沢駅店」。

「オリエンタル ブルーイング」は、金沢でクラフトビールを醸造販売しているブリュワリー会社が金沢市内に数軒展開するお店で、私のブログでも金沢駅店以外は紹介したことがあります。

今回、そんなこともあって、ランチを食べながら軽くランチビールでも、ということでチョイスしました。
オリエンタル ブルーイング

エスカレータで2階に上るとすぐ左にお店があります。
オリエンタル ブルーイング (5)

オープンな空間となっていて、カウンター席とターブル席が数か所。立地的にはカジュアルに気軽に入ることができるパブです。
オリエンタル ブルーイング (2)

メニューです。
オリエンタル ブルーイング (8)

こちらはおつまみとデザートメニューです。

我々はこちらの「フライトセット(1,320円)」という4種類のクラフトビールが飲み比べできるセットを頼みました。
オリエンタル ブルーイング (9)

3種類は湯涌ゆずや加賀棒茶などの地元の材料などで香りづけされたビールだったのですが、やはり左から3番目の「1st IPA」が一番麦芽のコクがありホップの香りがダイレクトに鼻に抜ける感じでおいしかったです。
オリエンタル ブルーイング (14)

こちらの「ビール酵母のポテトフライ(440円)」をおつまみとして頼んでいます。ビール酵母によって、よりビールとの相性がよくなっている気がしました。

そして、ピザのメニューは6種類。4種類が定番のイタリアナポリピザ。そして地元の食材を使ったものが2種類せってがありましたが、両方とも聞く系だったでパス。

我々はイタリアピザの定番の「マルゲリータ(1,000円)」を頼むことに。
オリエンタル ブルーイング (13)

ご存じモッツアレラチーズとバジルのピザですね。

もう一枚は「シシリアーナ(1,100円)」。
オリエンタル ブルーイング (15)

アンチョビとニンニクのピザです。アンチョビの塩分がきいていました。

ビールが進むピザでしたが、しかし両方ともトマトベースでかぶってしまいました。また、トマトソースの占める割合が多かったです。そのため個人的には酸味が効きすぎていて、もう少しチーズの風味のほうが味わえるピザのほうが嬉しかったです。

この後コンサートを聴く予定だったため、あまりビールを飲めなかったのが残念でした。やはり夜にゆっくり来たいお店かもしれません。ご馳走様でした。

オリエンタル ブルーイング(ORIENTAL BREWING)金沢駅店
石川県金沢市木ノ新保1-1
 金沢駅あんと西2F
TEL 050-5872-9849
11:00-22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ