あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 寿司・鮨

富山の名物鱒寿しの紹介No.1として、前回「ます寿し本舗 扇一」を紹介しましたが、今回は富山市の中心部にお店がある「鱒の寿し まつ川」です。
鱒の寿し まつ川2

前回、鱒寿しには二つの区分けがあって、それは「昔ながらの伝統的な味」と「生に近い脂がのった鱒」だと書きましたが、今日の「鱒の寿し まつ川」についても、基本的には後者の「生に近い脂がのった鱒」だと思います。

また、前回紹介しました小泉町の「ます寿し本舗 扇一」は、分厚い脂が乗った鱒の身が特徴で「生に近い脂がのった鱒」を前面に押し出した直球派の鱒寿しでしたが、こちらの「鱒の寿し まつ川」の鱒寿しの特徴は、生系の鱒とシャリの微妙なバランスというコンビネーションで旨さを追求した技巧派といったところかもしれません。

鱒の寿しの味わいは「熟成」にある!とお店のHPに書かれています。

お米は富山の「てんたかく」という米を探しだし、あくまでも鱒とシャリの味を相乗効果でアップさせています。

鱒が主役ではあるのですが、食べるときはシャリと一緒に食べるわけで、そういった意味では理にかなっています。
鱒の寿し まつ川1 (2)

こちらのお店も当日の朝、電話で予約を入れました。

その時に、「いつ食べるのですか?」聞かれました。最初聞かれたとき、何でそんなこと聞くのかな?そんなのこちらの勝手では?と思ったのですが、実は、このお店のこだわりである「熟成」に大いに関係があるのです。

最適な状態の鱒の寿しを食べてほしいというお店のこだわりのためなのです。このこだわりもすごいですね。プロだと思いました。

買い求めたのは「鱒の寿し1段重ね」で1,500円です。
鱒の寿し まつ川

パッケージは六角形。
鱒の寿し まつ川 (2)

開けると、おなじみの曲物の箱を竹の拍子木と強めのゴムのバンドで押さえつけてあります。
鱒の寿し まつ川1

熊笹の葉で包まれたのを一枚一枚外すと、鱒寿しが現れます。
鱒の寿し まつ川  (2)

8等分に切ると、切り口はこんな感じです。

「ます寿し本舗 扇一」の鱒寿しに比べると、鱒の身は薄いですが、シャリと鱒の身の味のバランスが確かにいいですね。ハーモニーなんて書くと格好良すぎるかもしれませんが、そんなフレーズが頭の中に浮かびました。

こちらのお店もまた食べてみたい鱒寿しでした。富山の鱒寿しも奥が深いです。ご馳走様でした。

鱒の寿し まつ川
富山県富山市旅籠町2-10
 西森ビル1F
076-494-9200
7:00~18:00
第2,4,5日曜休(連休の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山のご当地グルメで有名なものといえば、いの一番に「鱒寿し」が挙げられます。

特に「源」の「ますのすし」は駅弁では「超」の付くほど有名な駅弁です。

しかし、富山に住む人たちにとっては「源」の「ますのすし」はそれほどおすすめの鱒寿しではないようです。(ただ、今のように富山の鱒寿しが全国的に有名になったのは「源」の力が大きいです)

各自個人個人が好きな味といいますか、贔屓のお店を持っているようで、富山市内至る所に鱒寿しのお店があるのです。

ちなみに私のブログでは、鱒寿しについては、むかし今井商店のと、高田屋のを紹介したことがあります。

さて、今回、富山に行った時に夕飯用に鱒寿しを買って帰ることにしました。

今日は、まずその一つ「ます寿し本舗 扇一」について書きたいと思います。
扇一1

前はもう少し北のほうの東田地方町という富山駅に近いところにあったのですが、こちらに新しくお店を建てて移転されたようです。鱒寿しの人気店の一つです。

さて、鱒の寿しは昔ながらの伝統的な味のと、生に近い脂がのった鱒の二つの区分けがあるようです。

その区分けでいけば、「ます寿し本舗 扇一」は後者の方になります。

後者の特徴は、鱒を酢で締め過ぎずに半生で、そして鱒の身が厚いとのこと。半生なのであまり県外に流通させていないところが多いそうです。

買い求めたのは「1段重ね(1,500円)」。
扇一

パッケージはこんな感じです。
扇一 (3)

開けると、鱒寿しの特徴である、曲物の箱を竹の拍子木と強めのゴムのバンドで押さえつけてあります。
扇一 (4)

熊笹の葉で包まれたのを一枚一枚外すと、鱒寿しが現れます。
扇一 (5)

こちらのお店の特徴は、肉厚な身!みてください。ビックリでしょう?シャリの厚さと変わらないくらいです。

そしてサクラマスがピンク色できれいです。

全体的にもとても上品な味で、酢の塩梅もそれほど強くなく、ご飯も柔らかくてとても美味しかったです。

実は同じ小泉町には、大多屋という鱒寿しのお店があって、こちらのは鱒がご飯を包み込んでいるのが特徴なのですが、両店とも特徴のある鱒寿しだと思います。

営業時間は15:00までとなっていますが、電話で予約した時にお聞きしたら14:30までしかお店はやっていないとのことでした。

また、早々と売り切れになることもあるようなので、電話で予約を入れておいた方が無難でしょうね?ご馳走様でした。

扇一 ます寿し本舗
富山県富山市小泉町54-11
TEL 076-491-0342
8:00~15:00
※売り切れ次第閉店
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まぁ、個人的には太平洋側の都会ではあまり握り寿司を食べていません。。

当然、ネタの良さとコスパは石川がいいと思っているからです。

その点、今日紹介しますキューズモール(Q's MALL)前の「大松寿し」は、廻らない寿司屋という中ではコスパ的には素晴らしいものがありました。

この地で60年弱も寿司屋を営んでいるところで、これほど長い間変わらず営業を続けているということは、人気のお店だということがわかります。

阿倍野筋に面している商店街の中にお店があります。この辺は昔ながらの趣がまだ残っていますね?
大松寿し (11)

お店の看板には「いけす料理 すし」と標記されています。
大松寿し (9)

中に入ると、一見寿司屋のような感じではありませんが、奥に進むと長いカウンターがあって寿司屋の雰囲気で安心しました。60年弱も寿司屋を営んでいる重みも感じます。
大松寿し

確かにいけすもありました。^^;

さて今回、我々はお昼に食べに行きました。ランチメニューの一端を紹介しますと「寿司定食(700円)」「1人前半(1,000円)」「特選1人前(1,200円)」などとてもリーズナブルな値段設定です。
大松寿し (2)

他にも「お造りご膳(1,350円)」や「彩りご膳(900円)」など寿司以外のランチメニューもありましたが、寿司定食には、寿司盛合せの握り8貫と茶碗蒸し、お味噌汁が付いています。1人半は握りが12貫になり、特選盛合わせは寿司定食にうにといくらが付いています。

最初何にしようかと迷いましたが、4人で行って、この3種類すべて頼むことになりました。

こちらが一番お安い「寿司定食」の握りです。
大松寿し (5)

ホタルイカ、押し寿司、エビ、イカ、玉子、サーモン、メダイ?、マグロ、サヨリの8貫です。

そして「特選」という言葉に誘われて私は「特選1人前」を頼んでみました。
大松寿し (6)

その「特選1人前」の握りです。先ほどの「寿司定食」にウニとイクラがプラスされているだけでした。

値段が500円違うので、他の寿司ネタもだいぶ違うと思っていたのですが……?これだったら「1人前半」のほうが良かったかもしれません。^^;
大松寿し (4)

その「1人前半」がこちらです。「寿司定食」にヒラメ、サバ、アナゴ、白身の炙りがプラスされ計12貫となっています。
大松寿し (8)

なお、定食には茶碗蒸しとみそ汁も付いていましたが、この茶碗蒸しは具も色々入っていてよかったです。

「寿司定食」は700円という値段ながら、ちゃんとした茶碗蒸しとみそ汁も付いていて、本当にお得なランチとなっていました。ご馳走様でした。

大松寿し
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-40
TEL 06-6621-2126
11:30~23:30
火曜休
※火曜日が祝日の場合は営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで富山の鮨のお店を紹介するのは初めてかもしれません。
鮨 つか田 (2)

お店の住所は総曲輪ですが、富山のいわゆる歓楽街「桜木町」にあります。

ご主人は、勝どきから銀座に移転した「鮨さゝ木」で修業されていたそうで、銀座に移転する際に退職され、出身の富山に戻って、こちらのお店を2015年12月に始められたそうです。

さて、この日ちょうど妻が富山で仕事があって、私は車で送迎を。

その合間に一人でランチを食べることになっていたために、事前に調べてこちらの「鮨 つか田」に予約を入れてありました。

午前中は、前に紹介した「富岩運河環水公園」や「富山県美術館」を見学した後、富山城の地下駐車場に車を停めて歩いてお店に向かいました。
鮨 つか田 (4)

お店は雑居ビルの2階にあります。入口は鮨屋らしくないドアです。

中に入りとカウンター席が7つだけの小さなお店で、内装も白が基調のシンプルなものでした。

了解を頂き写真を写します。
鮨 つか田 (6)

お聞きすると昼も夜もお一人でお店を切り盛りされているとのこと。一見、歌舞伎役者の市川海老蔵さんのような風貌で、職人さんのように話しかけづらい雰囲気でしたが、一通り食べてからお話しすると、色々お話をしてくれました。

私も石川県に住んでいて、北陸は魚介が新鮮で豊富だと思っていますが、江戸前鮨を東京と同じように提供しようとすると難しいところもあると話されていました。

特に、貝類と光物がいいのが手に入らない、全体的に北陸は網で獲るので魚体がキズがあったりする、富山の魚は味的にはあっさりしているのが多い、などです。

さて、お品書きはシンプルに「ばらちらし(税別1,000円)」と「にぎり(税別3,000円)」の2種類のみ。お一人で切り盛りされているのでそのほうがいいと思いますし、鮨屋は基本そうなのです。

ただ、もちろんお刺身は希望に応じて出していただけるようです。私はもちろん、にぎりをお願いしました。
鮨 つか田 (7)

東京のお店で修業されていたとのことで、ガリは甘酸っぱいタイプでした。そして江戸前の仕事がされているので基本醤油を付けなくてもいい鮨です。握りの所作はとても丁寧です。いとおしく握ってくれます。
鮨 つか田 (8)

まず出されたのはヒラメの昆布締め。ほんのりと昆布の旨みが乗っていて、ヒラメ自体の甘みと相乗効果を出しています。

シャリは小さめで酢の塩梅も、あっさりしていると話された地物のネタに合わせてか、それほど強めではありませんでした。
鮨 つか田 (9)

鯖も上品な〆具合で酸味と鯖の脂が仲良く口の中でハーモニーを奏でています。
鮨 つか田 (10)

3貫目は赤いかです。こちらはあら塩を軽くのせてあります。赤いかの甘みを引き立てるための塩です。
鮨 つか田 (11)

マグロは漬けで。こちらも浅めに漬けてあります。
鮨 つか田 (12)

梅貝。小さめです。石川ではあら塩で食べさせてくれるところが多いですが、こちらでは煮切り醤油で食べます。
鮨 つか田 (13)

アジはショウガを少し乗せて。
鮨 つか田 (14)

こちらは青柳、通称バカ貝と呼ばれている貝です。北陸の鮨ネタでは出されるのは珍しいですね。私も北陸で食べるのは初めてです。

一般的には天ぷらのかき揚げで使われる貝柱が、この貝のものですね。

生の鮨で食べると、食感も口の中でグニュとした感じで、何となくホヤのような味わいがしました。
鮨 つか田 (15)

コハダです。これは少し酸味が効いていました。
鮨 つか田 (16)

巻物は鉄火巻。中トロに近く脂が乗っていました。
鮨 つか田 (18)

最後に、玉子と、
鮨 つか田 (17)

お味噌汁が出されます。お味噌汁はあら汁です。しかし、ご主人がわさびをすって丸めて味噌汁に入れてくれます。そのわさびを溶かして飲んでくださいと言われてその通りしましたが、何となく後口がさっぱりとしてこれはこれで美味しく頂けました。

以上、8貫、巻物、玉子、お味噌汁の内容でした。

この内容で3,000円は安いと思いますし、しっかりとした仕事がされている一貫一貫を富山で味わえるのはうれしい限りです。また行きたくなる鮨店の一つだと思います。ご馳走様でした。

鮨 つか田
富山県富山市総曲輪1-8-1
 チェリーポートビル2F
TEL 090-3590-5193
11:30~21:00(L.O.)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「すし膳 大喜」は、もとは金沢駅百番街内で「六兵衛寿し」という名前で営業されていました。
大喜

北陸新幹線が金沢まで延伸するのに伴って、金沢駅百番街がリニューアルされるときに、こちらの独立店として、移転リニューアルオープンされています。

場所は「くろ屋」さんのすぐ近くです。

こちらのお店は観光客よりも地元のお客さんが中心のようで、GWに伺いましたが、当日でもお昼前に予約で入ることが出来ました。
大喜 (14)

中はそれほど広くはありません。明るい店内です。カウンター7席とテーブル3卓。カウンターも低めで作られていて、ご主人の握る姿も良く見えます。

明朗会計で、メニューには値段が表示されていて安心して飲み食い出来ますね。主なメニューはこんな感じでした。
大喜 (2)

おまかせ8貫(2,500円)
おすすめ5貫(1,300円)
ちらし寿し(1,500円)
海鮮丼(2,000円)
一杯セット(2,500円)

他にランチメニューもあって、茶そばまで付いたすしランチや、いなり寿しが付いたばらちらしセットが1,000円という、とてもリーズナブルな設定です。

他には百万石の鮨(3,800円)もありました。

その中から私は「おまかせ8貫(2,500円)」をお願いすることに。

我々はテーブル席だったので、まとめて出されます。カウンター席に座ったら都度出されるのかな?
大喜 (11)
大喜 (12)

マグロ、イカ、イサキ、サワラ、メダイ?、甘えび、アジ、イクラの8貫。少し小ぶりの握りでシャリは甘くありません。

ただGWで市場がお休みだったので、ネタの種類的には厳しかったのかもしれませんが、ネタの鮮度はよかったです。

そうそう!写真は写していませんが、醤油の色がきれいで美味しかったです。
大喜 (5)

妻のほうは、昼間から恒例の生ビールが飲みたいということで、600円までの飲み物が付いた「一杯セット(2,500円)」を頼んでいました。^^; 私はもちろんお茶です。
大喜 (7)

こちらのセットに付いてくるのは、まず出された刺身と、
大喜 (9)

珍味の肴3種はホタルイカの沖漬け、キュウリの何かな?、一番右はカニミソです。

モズクも付いていました。
大喜 (15)

そして最後に握りが4貫出されました。
大喜 (16)

両方ともにお味噌汁が付きますが、左の大きなのが「おまかせ8貫」ので、小さいのが「一杯セット」のものです。

お客さんはやはり地元のかたがほとんどでした。近くに住んでいる方でしょうか?昼間から飲んでいる方が多かったです。^^;

明朗会計で、酒の肴も揃っているので、気軽に行って気軽に飲みながら寿司をつまむのもいいお店です。ご馳走様でした。

すし膳 大喜
石川県金沢市本町2-6-27
TEL 076-231-1572
11:00~15:00
17:30~23:00(L.O.22:30)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ