あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 寿司・鮨

今日紹介します「すし膳 大喜」は、もとは金沢駅百番街内で「六兵衛寿し」という名前で営業されていました。
大喜

北陸新幹線が金沢まで延伸するのに伴って、金沢駅百番街がリニューアルされるときに、こちらの独立店として、移転リニューアルオープンされています。

場所は「くろ屋」さんのすぐ近くです。

こちらのお店は観光客よりも地元のお客さんが中心のようで、GWに伺いましたが、当日でもお昼前に予約で入ることが出来ました。
大喜 (14)

中はそれほど広くはありません。明るい店内です。カウンター7席とテーブル3卓。カウンターも低めで作られていて、ご主人の握る姿も良く見えます。

明朗会計で、メニューには値段が表示されていて安心して飲み食い出来ますね。主なメニューはこんな感じでした。
大喜 (2)

おまかせ8貫(2,500円)
おすすめ5貫(1,300円)
ちらし寿し(1,500円)
海鮮丼(2,000円)
一杯セット(2,500円)

他にランチメニューもあって、茶そばまで付いたすしランチや、いなり寿しが付いたばらちらしセットが1,000円という、とてもリーズナブルな設定です。

他には百万石の鮨(3,800円)もありました。

その中から私は「おまかせ8貫(2,500円)」をお願いすることに。

我々はテーブル席だったので、まとめて出されます。カウンター席に座ったら都度出されるのかな?
大喜 (11)
大喜 (12)

マグロ、イカ、イサキ、サワラ、メダイ?、甘えび、アジ、イクラの8貫。少し小ぶりの握りでシャリは甘くありません。

ただGWで市場がお休みだったので、ネタの種類的には厳しかったのかもしれませんが、ネタの鮮度はよかったです。

そうそう!写真は写していませんが、醤油の色がきれいで美味しかったです。
大喜 (5)

妻のほうは、昼間から恒例の生ビールが飲みたいということで、600円までの飲み物が付いた「一杯セット(2,500円)」を頼んでいました。^^; 私はもちろんお茶です。
大喜 (7)

こちらのセットに付いてくるのは、まず出された刺身と、
大喜 (9)

珍味の肴3種はホタルイカの沖漬け、キュウリの何かな?、一番右はカニミソです。

モズクも付いていました。
大喜 (15)

そして最後に握りが4貫出されました。
大喜 (16)

両方ともにお味噌汁が付きますが、左の大きなのが「おまかせ8貫」ので、小さいのが「一杯セット」のものです。

お客さんはやはり地元のかたがほとんどでした。近くに住んでいる方でしょうか?昼間から飲んでいる方が多かったです。^^;

明朗会計で、酒の肴も揃っているので、気軽に行って気軽に飲みながら寿司をつまむのもいいお店です。ご馳走様でした。

すし膳 大喜
石川県金沢市本町2-6-27
TEL 076-231-1572
11:00~15:00
17:30~23:00(L.O.22:30)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

海外から帰ってくると、何となくお寿司が食べたくなります。

海外でも美味しい和食のお店が増えてきたと思いますが、やはり寿司は日本で食べるのが一番ですね。
又こい家 (3)

今日紹介する「又こい家」は、JAL羽田第1ターミナルの出発ゲートラウンジ内の立ち食い寿司屋さんです。

「又こい家」については、第2ターミナルのお店については、昔、こちらで書いたことがあります。

「又こい家」は、恵フードというところがやっている築地場外市場にある寿司店。毎朝、築地から仕入れる旬で新鮮な魚と自慢の流氷南鮪を食べられるお店と言うことで人気のところですが、その恵フードのアンテナショップとして羽田空港には5年半前にまず第2ターミナルに出店しています。

今日紹介する羽田第1ターミナル店も当然、毎日築地から直送される魚介を使って、リーズナブルな値段で寿司を食べさせてくれます。もっとも立ち食いのお店なので値段が高いとまずいですよね?^^;

この日、小松に戻るとき、お昼過ぎの便だったので、その前に腹ごしらえです。
又こい家 (2)

お店の前に看板のおすすめメニューが出ていました。
又こい家

まぁ、お好みよりもこちらに書かれているセットメニューの方がお得な設定になっているので、こちらから選びます。
又こい家 (8)

選んだのは、寿司8貫のセットで税抜1,500円。

シンガポールからの帰りの便では7時半過ぎに朝食が出されたので、それほどお腹が空いているわけではありませんでした。まぁ、このぐらいがちょうどいいでしょう?

この時間はまだ正午前だったので、お客は私一人でした。

そのため次から次へと握られて出されます。

握り寿司は握りたてが美味しいと思っているので、急いで食べようとしてしまい、ついつい早食いになってしまいました。^^;
又こい家 (4)

マグロとサワラ
又こい家 (5)

サーモン、アオリイカ、タコ
又こい家 (6)

桜海老と玉子
又こい家 (7)

最後は手巻の鉄火。

これらを5分ほどで食べてしまいました。^^;

ネタはそんなものでしょうが、マグロは確かに良かったかも?

飛行機に乗る前の時間があまりないときでも、早く出され、そして食べる。そんなニーズに合っているかもしれません。ご馳走様でした。

又こい家 羽田第1ターミナル店
東京都大田区羽田空港3-3-2
 羽田空港第1旅客ターミナル
 出発ゲートラウンジ(中央)
 キャプテンズトーキョー2F
TEL 03-3747-0133
6:30~20:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

一昨年3月の北陸新幹線金沢までの延伸にともない、金沢にも県外から鮨職人の方々がやってきて店を出すケースが増えています。

私のブログでも片町「鮨処 こいづみ」のご主人が石川には縁もゆかりもないと話されていた方のお一人です。

今日紹介する「鮨木場谷」。昨年4月5日にお店をオープンしていて、今日でちょうど一周年を迎えています。

実はこちらのお店、昨年6月に行こうと思って予約してあったのですが、ご主人が足を骨折されたということでキャンセルになってしまっていました。^^;

ということで、今回はそのリベンジです。(笑い)

ご実家が富山の小矢部で鮮魚店を営んでいたということもあって、魚を見る目は小さいころからお墨付き?です。

東京銀座の超有名店「鮨青木」などで修業を重ねて、地元富山ではなく、金沢で新店舗を開店させています。
木場谷 (2)

お店の場所は、旧母衣町。武蔵から主計町に行く途中、彦三緑地の近くですが、まぁ、住宅街の中であまり人通りの多くないエリアです。同じ建物には2階に私も行ったことがある「Bar 長屋」が入っています。

先ほども触れましたが、実家が魚のプロなので、魚の選別と捌きはお手の物です。

毎日朝5時には、氷見と新湊の2つの漁港へ出向いて魚を仕入れ当日の営業に備えます。やはり慣れ親しんだ?富山湾の内海に面した漁港がネタ的にもいいそうです。それに、築地に流れる前にいいネタを押さえているそうです。なるほど。
木場谷 (31)

席はカウンター席9席。奥にテーブル席がありましたが、こちらは普段は使っていないようです。白木のカウンターがいいですね。
木場谷 (3)

予約を入れるとき、時間の指定がありました。17時という早めの時間と、そのあとの遅めの時間でしたが、我々は17時でお願いしました。

最初、一斉に始めるスタイルかと思いましたが、そうもそうではなく、時間帯をずらしてお客を入れているようです。徐々にお客さんが増えていきました。
木場谷 (9)

室礼もいいです。
木場谷 (8)

まず、喉の渇きを癒すために生ビール。ハートランドです。
木場谷 (36)

ビールグラスは「うすはりタンブラー」。敷かれているコースターは珠洲の珪藻土ですね。使われている食器類もこだわっています。
木場谷 (10)

一応、おまかせが基本で、まず出されたのは「カワハギ」。肝であえてあります。
木場谷 (12)

「ホタルイカの沖漬け」。旬ですね。
木場谷 (44)

そうそう!お店の箸置きもホタルイカの形でした。少しお箸が置きにくかったですが。^^;
木場谷 (16)

「あわび」。とても柔らかく蒸しあげられていて、好みに応じてあら塩とわさびを付けて食べます。とても美味しいです。
木場谷 (11)

「タコの桜煮」。こちらも本当に柔らかく煮られていて味も上品。美味しいです。

いや~、酒がすすみますね~!ハートランドの後、日本酒に移っています。日本酒は石川県のものが多くリストアップされていました。
木場谷 (14)

最初は、宗玄の「純粋無垢」。能登の酒は少し甘口です。でも飲みやすい酒でした。

この後は、徐々につまみのような握りのような一品に移っていきます。絶妙です。
木場谷 (20)

まず最初は、焼いたノドグロを、軽く握ったシャリの上に乗せてあります。わさびを絡めて食べます。シャリは赤酢をほんのり効かせたものです。
木場谷 (19)

こちらは「毛ガニ寿し」。こちらでも毛ガニを少しは獲れるのです。2月から梅雨にかけて美味しくなります。ミソを絡めてシャリに乗せ、下にはソースが。そして上にはルイベのように少し凍らせた内子を乗せてあります。混ぜながら食べると、濃厚な中にも毛ガニの旨みが全部丸ごと楽しめてとても美味しいです。いいですね~!

この2品あたりは野々市の太平寿しさんを彷彿とさせてくれます。 
木場谷 (21)

日本酒のほうは、獅子の里の超辛口に移っています。獅子の里自体も甘めの酒ですが、こちらはサラッとした飲みやすい辛口でした。片口も素敵なデザインです。

この後、箸休めの椀物が出されました。ふたの裏にも蒔絵が施されています。
木場谷 (22)

上品なお吸い物で白身の魚はアイナメ。蓮の花かバラの花のような形に見えます。ホクホクした感じで美味しいです。

そして握りの方に移ります。

握りは江戸前で、すべてに何らかの仕事がなされていて、何もつけずに食べます。私の好きな握りですね。
木場谷 (24)

最初は氷見港で水揚げされた鯛。うまく熟成されている感じです。
木場谷 (25)

スミイカは、ねっとりとした食感。あら塩が振られています。
木場谷 (26)

和歌山であがった本マグロ。まずは赤身から。
木場谷 (27)

そして中トロ。上品な脂が乗っています。マグロもいい塩梅で熟成されています。
木場谷 (28)

お酒のほうは奥能登の白菊に移っています。
木場谷 (37)

脂の乗った中トロから、今度はさっぱりとしたサヨリに。 
木場谷 (32)

江戸前の代表格のコハダ。北陸ではなかなかいいコハダが手に入らないと「鮨処 こいづみ」のご主人から聞いたことがありますが、こちらでは仕入れはどうしているのでしょうか?
木場谷 (38)

梅貝。こりっとした食感。こちらは地元石川の握りの定番です。
木場谷 (40)

ウニも生臭さがまったくなく美味しいです。
木場谷 (34)

こちらの片口は陶芸家、中村卓夫氏の作。面白い造形です。「器であり、オブジェでもある九谷焼」なのだそうです。

後ろ(前?)側や内部には金彩が施さらていますね。
木場谷 (42)

握りの最後はアナゴです。塗られたツメと一体になって口の中で溶けていきます。江戸前の技です。
木場谷 (43)

締めは玉(ぎょく=厚焼玉子)。
木場谷 (41)

最後の酒は富山の酒で、にごり酒です。今の季節だけ楽しめます。こちらは品書きには書かれていない酒でした。

以上で、締めて一人2万円弱。石川県の鮨店の中では若干高めのお値段ですが、丁寧な江戸前の仕事をされ、いい空間と雰囲気の中、落ち着いて美味しい鮨を堪能できるお店です。決して高いとは思いませんでした。

お隣の方と話しているご主人はなかなか話好きなようでした。マラソンもされると言っていましたが、ネットで昨年のオープン時期?あたりの写真などを拝見すると、いまは骨折のせいか?少しぽっちゃりとされているようなしないような……。^^;

とても美味しゅうございました。ハレの日などにはおすすめの一軒です。ご馳走様でした。

鮨木場谷(スシキバタニ)
石川県金沢市彦三町1-8-26 1F
TEL 076-256-1218
17:00~21:00
日曜日(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

新横浜駅の西側は、横浜アリーナや日産スタジアムなどがあったり、オフィスも多数あり平日、土日に関わらず賑わうエリアです

当然、飲食店も多く存在しているのですが、意外と大手資本のお店で、いわゆる新横浜店という位置付けのお店が多いような気がします。

また、平日のお昼は、都会のオフィス街の光景として出店のお弁当屋さんが多く出ていて、それを買ってオフィス内で済ます人も多いのです。

そのような新横浜。個人的には、地元で昔から人気のお店というのが紹介するにはいいと思っているのですが、なかなかいいお店が見つからず、この日、ランチで何を食べようか迷いました。
大観 (9)

で、チョイスしたのは、横浜アリーナにもほど近いビルの1階にある「すしの大観」というお店です。

夜は江戸前の寿司を食べさせてくれるお店らしいですが、食べログでの点数も高かったので決めました。

混むのを避けるため、少し早目に食べに出かけます。
大観 (8)

中は雰囲気のいいお店です。
大観

入口にお品書きが出ていました。ランチの値段は寿司店としては安い設定だと思います。もちろん、値段と内容のバランスが大事なのですが。

我々はカウンター席に座ります。

私が頼んだのは、久しぶりの「鉄火丼(900円)」。
大観 (5)

まず、サラダとお吸い物が出されます。そのサラダを食べ終わったころに鉄火丼が出てきました。
大観 (7)

写真ではわかりにくいと思いますが、ご飯の量が意外と多かったです。

そして値段的にはやむを得ないのですが、マグロの切り身が薄く切られていて、ご飯のおかずとしては少々釣りあっていなかったです。^^;

それに量そのものも多かったために、ご飯をだいぶ残してしまいました。
大観 (6)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「ちらし(800円)」です。こちらもご飯の量は多めでしたが。これを見て、私もこちらにすればよかったと思いました。^^;

でも、コスパ的にはいいと思いますし、ランチメニューなのであまりぜいたくは言えませんね。

夜は本格的な江戸前握りを楽しむことが出来るということ。本当はそちらを楽しむべきかもしれません。ご馳走様でした。

すしの大観
神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-15
 SKビル新横浜1f
TEL 045-473-1266
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

今日紹介する「寿し肴 菊屋」。店名を聞いて金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」だと思われた方も多いかもしれません。

しかし、ここ「寿し肴 菊屋」は金沢港にもほど近いところにひっそりとある、知る人ぞ知る寿司店なのです。

ご主人は金沢市大野町の有名寿司店「宝生寿し」にいらっしゃった方で、2014年に独立され、この地にお店を構えています。
菊屋 (16)

お聞きすると「宝生寿し」には、2度に渡って20年ほどいらっしゃったそうですが、なかなかのイケメンです。

あと、前述の金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」に間違えられることについては、やはり間違えが時々あるそうで、予約が入っていても当日まったく来られなかったりすることがあると話されていました。

そのお客さんは、金沢中央味食街の「きく家」に行って、予約が入っていないことに驚いたことでしょうね?

金沢中央味食街の「きく家」ほどではありませんが、こちらの「寿し肴 菊屋」も、ランチはもちろん、夜もとても良心的な値段で寿司を堪能できるお店として最近注目されてきている一軒なのです。
菊屋 (14)

伺ったのはとある日曜日のお昼。まわりは近年開発が進んでいる新興住宅街のなかにあります。自宅兼お店になっています。
菊屋 (13)

中は、こんな感じです。カウンター席6席、4人掛けのテーブル席、奥には座敷の席もありました。
菊屋 (3)

お昼のメニューは基本、並握り「壱の握り(税込1,650円)」上握り「弐の握り(税込2,200円)」、それに、地元の食材に拘った「参の握り(税込3,450円)となっています。ただし壱の握りは平日のみの設定です。
菊屋 (15)

その中から選んだのは上握り「弐の握り」。といいますか、休日のこの日、並握り「壱の握り」はやっていないので、「弐の握り」が一番安いランチになります。
菊屋 (9)

内容は握り9貫と細巻2本、天ぷら、お味噌汁、デザートが付いてきます。

この内容で各々の値段はリーズナブルだと思いました。

それでは出されたものを紹介していきます。
菊屋 (6)

天ぷらは、小ぶりながら野菜の種類も色々あって、何せ揚げ立てなのがいいですね。

握りは全部まとめて出されます。
菊屋 (7)

上段左から、この日の白身のヒラメ、マグロ(中トロに近い)、イカ、甘えび、梅貝、カッパ巻、下段はイクラ、アジ、カニ、アナゴとなっています。

一般的なネタばかりですが、この値段だと十分満足できる内容ですね。

ちなみにランチで一番高い「参の握り」。となりの人が頼んでいましたが一貫ずつ出されていましたし、やはりいいネタだと思われる握りが出ていました。横目で見ながら少し後悔しました。^^;
菊屋 (10)

もちろん味噌汁も付いてきて、アオサの味噌汁でした。
菊屋 (11)

そして最後にデザートとしてシャーベットアイスが付いて来ます。

柚子とイチゴが選べました。

2,200円で天ぷらまで付いて、握りの内容も一通りのネタを楽しめるランチ。夜も一品メニューもあったり、お酒の種類も色々揃っていて使い勝手もよさそうでした。金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」に負けないほどの人気店になってほしいものですね。ご馳走様でした。

寿し肴 菊屋
石川県金沢市木曳野3-171
TEL 076-266-1280
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ