あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 寿司・鮨

仙台のグルメで有名なのは、やはりお寿司ですよね?

しかし、今回なかなか行く機会がなく、最後の日のお昼にやっと行くことが出来ました。
 
最初、「すし通り」の立ち食い「北辰鮨」を見に行ったのですが、凄い行列が出来ていたので諦めて向かったのが、エスパルの地下にある「塩竈 すし哲」です。
塩竈 すし哲 (12)

お店の名前に塩竈と書かれている通り、本店は塩竈市にあります。
塩竈 すし哲 (10)

塩竈市といえば宮城県のほぼ中央に位置し、仙台湾に面して太平洋と隣接する都市です。そのため日本有数の漁港を中心とする港町としても有名で、三陸の海の幸が水揚げされるところ。寿司店も多く市内にはあって、競争が激しいことは予想されます。

そんな場所で人気のお店ですから、安心してお店に入ることが出来るのです。

「塩竈 すし哲」は、地物の魚貝類を中心としたお寿司やお造り、一品料理がウリのお店ですが、近海物の生マグロも東北水揚げのものを主に、数カ所の産地を選び買い付けているようで、新鮮な生マグロを楽しむことが出来ます。
塩竈 すし哲 (2)

私たちが座ったカウンター席の前のネタケースには、ご覧のようにマグロが多く入れられていました。
塩竈 すし哲

さて、こちらのお店、ランチメニューは特に設定していないようです。昼も夜も同じメニュー構成ですね。写真では小さくて字が見えにくいかもしれません。

その中から私は一番お安い握りのセット「七ヶ浜物語」にしました。
塩竈 すし哲 (4)

マグロがウリだけあって、マグロ系のネタが多いですね。ちなみにこの日のマグロの産地は大間、壱岐、ほかでした。

一番お安い握りのセット「七ヶ浜物語」には大間のマグロは使っていないでしょうね?^^

あとは、ホタテ、イクラ、タイ、飛子(トビウオの卵の醤油漬け)、カニ、玉子。

細巻は鉄火に、珍しいわさびの葉と茎を巻いたわさび巻でした。

シャリは小ぶりで酢の塩梅もほどよく、やはりマグロが美味しかったです。
塩竈 すし哲 (9)

デザートして「いちごのシャーベット」も付いてきました。
塩竈 すし哲 (7)

セットにはお吸い物も付いてきましたが、私はこちらの「あら汁」にバージョンアップ。追加で480円かかります。
塩竈 すし哲 (8)

あらの素材はメヌケ(目抜)というメバルの一種。深海魚で釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから付けられた名前のようです。

あんこうのような感じの身でした。
塩竈 すし哲 (3)

こちらは一緒に行った人が頼んだ、ちらしの「七ヶ浜物語」です。

ネタはにぎりと同じものが使われています。ご飯は単純な酢飯ではなく、ダシ醤油か何かで味付けがされているそうです。

仙台駅直結のショッピング街の地下という抜群の立地を誇る「塩竈 すし哲」。板場には多くの職人さんが働いていて多くのお客さんでいつも賑わっています。

生マグロにこだわりという強みもあって、ネタ的にも昼も夜も変わらないメニューで、しっかりとした仕事をしている印象の寿司店でした。ご馳走様でした。

塩竈 すし哲
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
 エスパル仙台店 B1F
TEL 022-716-1075
11:00~23:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

お正月のお休みの最後の日に、帰省中の息子とランチを食べに出かけました。

彼が言うのは、県外の海なし県に住んでいるので、やはり寿司は石川で食べるのが一番だそうです。

そこで、正月休み中で市場はお休みの時期でしたが、人気の回転寿司店に行くことに。
すし食いねぇ (22)

「すし食いねぇ! 」は株式会社ドマックスの経営。富山県の氷見港、石川県の金沢港で水揚げされた魚介を直接仕入れて運んできて、お店で仕込みを行って、寿司職人が握る本格派の回転寿司チェーンです。ちなみにシャリも能登産のコシヒカリを使用しているようです。

石川・富山両県のみに6店舗展開されています。仕入れる漁港から近いところのみに絞っているというのもポイント高いです。

昨年、小松沖店について書いたことがありますが、今回は本店にお邪魔しました。

有名なお店なので、いまさら紹介もないとは思いますが、まぁ、そう言わずにお付き合いください。

11:40頃お店に到着すると、お店の前にはすでに多くのお客さんがいます。

受付の機械に登録すると、我々の前には20組ほどの順番待ちがすでにありました。凄いですね。

30分ほど待ったでしょうか?やっとテーブル席に通されます。
すし食いねぇ (21)

大きな店舗で、カウンターの中には寿司職人が多く働いています。
すし食いねぇ (10)

オーダーは、こちらのタッチパネルで行います。大型店舗ではこのようなオーダー方式のほうがいいのでしょう。
すし食いねぇ (13)

ここは、北陸でもいち早く高速レーン「新幹線」を導入していて、オーダーされた寿司は素早く自席まで運ばれてきます。一応、高速レーン「新幹線」の下には、普通のコンベアにも寿司が流れていますが、あまり、ここに流れている寿司はとりません。
すし食いねぇ (18)

ただ、息子曰く、時々メニューに乗せられていないレアなネタが流れていることがあるそうで、こちらの180円の皿は色々な魚の端物をネタに軍艦にしてある寿司です。

では、食べたものを紹介したいと思います。
すし食いねぇ

まずは「本まぐろづくし」。3貫で税抜880円と少しお高いですが、いまは本マグロはなかなか食べることが出来ないので、これでも安いのかもしれません。
すし食いねぇ (5)

白身づくしの3貫は、タイ、スズキ、あと一つはなんだっけ?^^;
すし食いねぇ (6)

こちらは息子が頼んだクエ。福岡ではアラ。高級魚です。脂が乗っています。
すし食いねぇ (7)

炙りづくしの3貫は、ぶり、サーモン、エンガワ。あら塩が添えられていました。こちらも脂が乗っていてどれも美味しかったです。
すし食いねぇ (14)

軍艦づくしの3貫はイクラ、ネギトロ、カニ&ミソ。
すし食いねぇ (11)

これは何だったかな?メダイだったかな??
すし食いねぇ (8)

こちらはヒラメのえんがわ。
すし食いねぇ (12)

昆布締めは、ほんのりと昆布の味がしみていて美味しかったです。
すし食いねぇ (15)

とらふぐも頼んでみました。おろしポン酢で食べます。
すし食いねぇ (17)

本まぐろとろ鉄火。とろけるような脂身で美味しいです。
すし食いねぇ (19)

お味噌汁も何種類かからチョイス出来ます。我々はアオサ汁を頼みました。
すし食いねぇ (20)

そして最後に生ゲソを追加して終わりです。

以上、写真に写していないものや2皿頼んだものもありますが、3名で締めて8,500円ほど。つまりは一人2,600円ほど。ネタも新鮮だし、なかなかのコスパだと思います。ご馳走様でした。

すし食いねぇ! 松任本店
TEL 076-248-4002
石川県白山市田中町617
11:00~21:30
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

金沢21世紀美術館にほど近い柿木畠。金沢でもいいお店が集まっているエリアの一つです。

いたる」「更科 藤井」「広坂ハイボール」「あげは」など金沢を代表する人気店が集まっているのです。

今回お邪魔した鮨店「すし酒菜 なかむら」。「広坂ハイボール」の元氣さんがおすすめの穴場のお店だということで行ってきました。知る人ぞ知る隠れ家的なお店で常連の方々に愛されていますが、これで穴場じゃなくなるかな?^^;

店主は、寿司激戦地の野々市太平寺に「美優魚(みゆう)」というお店や、エルビルの3階にあった「一石」という鮨店にいらっしゃったようですが、何れも訳あって閉店。^^;

あと、富山の、北陸唯一のミシュラン3つ星の「山崎」でも働いていらっしゃったようです。

それらのお店では、いまや超人気店の鮨「きく家」「あいじ」、そして先日紹介した「くら竹」のご主人とも一緒に働いていたことがあると話されていました。
なかむら (2)

場所は柿木畠の「あげは」さんの入っているビルの一番奥。中はカウンター席6席だけの狭いお店です。このあたりは「きく家」と同じ感じですね。
なかむら (4)

このお店はオープンしたのが昨年の12月。ちょうど一年経過したところです。

私はクリスマスイブの日に事前に予約を入れて、妻と一緒にランチに出かけてきました。

普段のランチ時はそれほど混んでいることはないと話されていましたが、狭いお店なので事前に予約をされてから行かれたほうがいいと思います。あと、夜が忙しいと仕込みなどでランチ営業を休むこともあるそうです。

私たちが行った時間帯は、最初我々だけしかいませんでしたが、飛び込みで京都と千葉で暮らす遠距離恋愛カップルのお二人が飛び込みでお店に入ってこられました。
なかむら (8)

まだ仕込中だったこともあり、せっかく遠くから来ていらっしゃるそのお二人を優先していただいて、我々はビールを飲みながらゆっくりと待ちます。
なかむら (10)

写真は、そのお二人が頼んでいた「香箱ガニの押し寿司(2,500円)」をパチリ。とても美味しそうでした。
なかむら

ランチメニューは、数量限定の日替わりちらしが1,000円、握りが7貫1,500円とリーズナブルです。

私たちは「握りの上(2,500円)」をお願いしました。7貫で同じですがネタの質がアップします。
なかむら (9)

ネタケースを見せてもらいました。目の前で捌かれた身の厚いのどぐろも収納されました。^^;
なかむら (11)

ランチには小鉢と漬物が付いてきます。この日はおから。
なかむら (14)

ガリには珍しく大葉を絡ませてあります。手前のかんぴょうと椎茸は待ってもらったということでつまみにサービスで出していただきました。
なかむら (13)

こちらのお店は私が好きな、醤油をつけずに食べる、いわゆる江戸前の握りです。何らかの仕事がされた状態で出されます。(注:普段ランチはご覧のような一貫ずつ出されません。我々2人だけだったためにお願いしました)
なかむら (16)

まず出されたのは、「キジハタ」。スズキの仲間です。あまり鮨ネタでは食べたことないです。凄く身が厚く味もよかったです。
なかむら (18)

「梅貝」はあら塩で。コリッとした食感を楽しめます。
なかむら (19)

「ガスエビ」です。ねっとりと舌に絡み付いてきます。
なかむら (20)

「アオリイカ」。炙りです。こちらも大きな切り身でした。
なかむら (21)

こちらは今が旬!氷見であがった「寒ブリ」。上品な脂が乗っていました。
なかむら (22)

そして、先ほどおろすのを見ていたノドグロです。こちらも炙っていただきます。旨みが表面に出てきてさらにアップします。
なかむら (23)

最後はまぐろのトロ。こちらも炙っていただきました。
なかむら (24)

シジミのお吸い物も付いてきます。シジミのお吸い物を出してくれる鮨店は珍しいかもしれません。

いや~!いままで知らなかったのが残念と感じるくらいのお店でした。上ネタばかりの握り7貫で2,500円という値段はとてもリーズナブルで、かつ味的にも満足のいく内容でした。

何となく「きく家」を彷彿とさせてくれるお店で、ご主人もとても話好き。今後人気になることは間違いないと思います。お早目に行かれることをおすすめします。ご馳走様でした。

すし酒菜 なかむら
石川県金沢市広坂1-1-28
 広坂パレス107
TEL 076-254-0075
11:30~14:00
18:00~23:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

私も時々お世話になります新梅田食道街は庶民の味方です。

午後の間も営業しているところもあって、食事の時間が変則な人にとっても強い味方です。
 
昔は立ち飲みや立ち食いといえば、一杯飲み屋やうどん・そばなど、いわゆるファストフード的なジャンルに多かったのですが、「俺の~」が流行ってからはフレンチやイタリアン、焼き肉、はたまた割烹まで出てくる始末。はてさてどこまでいくんでしょうね?^^;

普通考えると、飲食はやはり座ってゆっくり食べたいのが人情です。ただ短時間で済まさないといけないとか、場所代の高い都会でのコスト削減ならびにお客への価格還元がなされるのであれば、立ったままでも我慢できるかもしれません。

もっとも、寿司は最初は屋台発祥。立ち食いが基本だったん ですね!?

しかし、値段が同じであれば、やはり座って食べたいです。

さて大阪梅田は、JRをはじめ大手私鉄の始発ターミナル駅が集約している場所で、多くの人が集まります。そのため地価も非常に高いところです。結果、飲食店の賃料も高くなり、なるべく同じスペースで多くのお客さんを入れたいと思うのが経営者として当たり前です。そんな理由から立ち飲みや立ち食いの飲食店が成り立つ図式になっているのだと思います。

また、利用者側から見ても、移動のついでや合間に手っ取り早く食事を済ませたいというニーズも多いということがあります。

ただ、そうは言っても立ち飲み店も梅田でも苦戦しているようで、前に同じ新梅田食道街に「つばめ食堂」というワインバー的なお店があって、私もいいお店だと思っていたのですが、いまは店名も変えて、ちゃんと座って飲むお店に変わってしまっています。
しおや (5)

前置きが長くなってしまいましたが、今日の本題「しおや 寿司店」について書きます。

大阪駅周辺には汐屋(しおや)の名が付いたお店がたくさんあります。新梅田食道街だけでも3軒もあるのですが、JR大阪駅構内にも「エキナカ酒場しおつる」というお店があって、ここは私のブログでも紹介したことがあります。

この汐屋グループのお店の共通点は、どこもリーズナブルな値段で飲み食いできることです。

もちろん今日紹介の新梅田食道街「しおや 寿司店」についても、立ち食い寿司店ですから当然安く飲み食いできます。

私は今回、小松に戻る前、サンザーバードの出発時間までの短い時間で夕食を食べようと入ってみました。

オープンは2015年5月。私が大阪に住んでいたころはまだなかったということですね。

うれしいのは昼間も通しで営業していることです。飲食店の場合、ランチ営業の後、夜の部は早くて17時からの営業で、多くは17:30にならないと開店しません。そんな時、新梅田食道街のお店は比較的早い時間から空いているところがあるので重宝するのです。
しおや

まずは生ビール(380円)をお願いして、軽くおつまみでもと思って品書きを見ますが、おつまみの種類は少なく、この日は4種類でした。

まぁ、立ち食いのお店の場合、あまり長居してもらわないほうがいいのかもしれません。サクッと寿司を食べて短時間で出てもらい、回転数をあげる方が経営的にもいいのかもしれませんね。
しおや (6)

その4種類から私は「ミヤコホラ貝のうま煮」と、
しおや (9)

「コヨワユッケ」を頼みました。両方とも250円です。
しおや (10)

これで生とハイボール(380円)一杯飲んで、握りに移ります。

まず頼んだのは「ええもん三昧(500円)」と「うまいもん三昧(500円)」です。
しおや (8)
しおや (7)

こちらのお店は、握りも一貫からオーダーできるのですが、お品書きを見ると単品で頼むより、少し「三昧」のほうがお得な値段だったので、それで攻めてみることにしました。
しおや (11)

「ええもん三昧」は寒ブリ、ウスバハゲ、赤貝。「うまいもん三昧」は金目鯛、コチ、シマアジ。

握りは小ぶりでしたが、半分はおろし醤油にネギが乗せられていて、醤油につけずにそのまま食べることが出来ました。
しおや (13)

最後に「炙り三昧(300円)」も頼みました。こちらのネタは日替わりだそうです。

イカ、トロサーモン、もう一貫はなんだろう?^^;

以上、飲み食いして3,000円ほど。滞在時間は30数分ほどでした。電車の時間までの短い時間でも飲み食いできるので重宝するのはもちろん、財布にやさしいお店でした。ご馳走様でした。

しおや 寿司店
大阪府大阪市北区角田町9-28
 新梅田食道街
TEL 06-6366-0246
11:30~23:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

リーズナブルな寿司を食べるときは回転寿司へ行かれる方が多いと思います。

ただ、回転寿司にも色々あって、機械でシャリを握ってネタは乗せるだけのところから、ちゃんと寿司職人が握ってくれる回転寿司まで色々あって。当然値段も一皿100円のお店から、それなりの値段がするお店まで幅広いです。
寿しの久蔵 (4)

こちらのお店はリーズナブルなお値段ながら、ちゃんと寿司職人が握ってくれる寿司を楽しめることで人気です。
寿しの久蔵

JR天王寺駅の駅ビルMIO本館11階にあって、平日でも女性客やビジネスマンのランチ利用で賑わっています。

大阪で食べるよりは、地元石川の方で食べたほうが、寿司に関しては美味しいと思うのですが、まぁ、たまには大阪のお寿司屋さんもいいでしょう!? ^^;
寿しの久蔵 (5)

お店の前は美味しそうな食品サンプルがたくさん並べられていました。ランチのセットメニューの種類もたくさんあります。
寿しの久蔵 (7)

その中から私は、お店おすすめの「久蔵にぎり(1,290円税込)」を頼みました。握り7貫と手巻き2本が付いています。

個人的には、握りは何らかの仕事がされているほうが好きなので、そんな握りが多く入っているこちらのほうがよさそうに思えました。。
寿しの久蔵 (8)

鯛は軽めのヅケと、ポン酢ともみじおろし・ネギが乗っている鯛ちり、大根おろしに醤油がかかったハマチ、生だこはレモン塩で、アナゴはツメが塗られています。
寿しの久蔵 (9)

手巻きは山芋と海鮮サラダの2本。あとの芽ねぎ、玉子の握りは醤油をつけて食べます。
寿しの久蔵 (6)

一緒に行った人はランチ限定の「得にぎり(990円税込)」を頼んでいました。

マグロ、ハマチ、イカ、サーモン、コハダ、海老、一本穴子、コハダ磯巻、太巻き、玉子の10貫。

こちらは穴子以外は醤油につけて食べます。この内容で税込990円は安いです。
寿しの久蔵 (3)

ランチのセットには赤だしが付いてきます。赤だしも久しぶりに頂きました。

お店も明るく広いですし、値段とのバランスも良くコスパ的にもおすすめ。場所的にも便利なので使い勝手もいいお店でした。どうもご馳走様でした。

寿しの久蔵 天王寺MIO店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
 天王寺MIO 本館11F
TEL 06-6770-1132
11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(MIOに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ