あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 寿司・鮨


小松にある、そこそこ大きな寿司屋では、割烹など料理を楽しめるお店が多いです。

そのようなところは、昔からあって、景気のいい時代から営業しているお店が大体だと思います。

地域エリアのハレの日を祝うために、仕出しや出前もこなして、座敷があって宴会需要にも対応するというようなお店の形式ですね。
福助


今日紹介します小松市福乃宮町の「寿し 福助」へは、約7年ぶりの訪問です。

前回は夜にお邪魔していて、こちらで書いています

今回はランチタイムに訪問ですが、ランチのことは8年半前に行った時のことをこちらで紹介しています

3月のとある日曜日に予約せずに開店時間の11:30少し前にお店に到着。一番乗りでした。

こちらのお店は常連客が多いので、この日も続々とグループや家族連れ?のお客さんが入ってきました。
福助 (5)


とても立派なカウンター席です。座った目の前には、能舞台のような背景に大きな石が鎮座しています。そして車エビがたくさん泳いでいる水槽。
福助 (6)


目を右に移すと青いタグが付けられた大きな加能がにが3杯。1杯3万ぐらいはしそうな大きさでした。

「昼ランチメニュー」は3種類あって、お得な値段設定です。8年半前から値段が変わっていないので、内容で調整しているのかもしれません。
福助 (3)


ランチタイムは11:30~14:00で、土日もokというのがうれしいですね。

我々は上にぎりランチを頼むことにしました。税込みで2千円です。
福助 (8)


まず茶碗蒸しが出されます。熱々でやけどしそうでした。

そしてほどなく上にぎりが出されました。8貫で、上の段の左は赤身のように見えますが中トロでした。
福助 (11)


あとはヒラメ、ガンド?エンガワ(何の?)、甘えび、煮ハマグリ、数の子、イクラ。

私にとっては8貫ぐらいがちょうどいい量でしたが、普通の成人男性だったら少し物足りないかもしれません。
福助 (12)


ランチにはお吸い物が付いていました。左側の茶碗には歌舞伎の隈取が書かれています。歌舞伎のまち小松です。

さて、久しぶりにお邪魔しましたが、少し駅から離れている場所なので、なかなか夜に行けないのが残念です。ご馳走様でした。

寿し 福助
石川県小松市福乃宮町1-106
TEL 0761-22-2929
11:30~14:00
16:30~23:00
月曜、年末年始休(月曜が祝日場合は営業 翌日火曜休)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

2月のとある休日、妻が金沢で仕事があるというので、そのついでに金沢駅まで送ってもらって駅周辺をブラブラとグルメトリップをしてきました。

ランチは、前々から行きたかった「風和利・金澤いなり 福るみ」で取ることに。

だいぶ前におでんの「かなえきのちくわ」を紹介したことがありますが、そのお隣に位置しています。

尾張町にある人気の居酒屋の「風和利」が経営しています。

尾張町「風和利」には私は残念ながら伺ったことはありませんが、地元の旬の素材を使った料理や地酒を楽しめるお店として人気です。
風和利 (11)

「風和利・金澤いなり 福るみ」は、JR金沢駅西口の金沢百番街にある「あんと西」のリニューアルに合わせてオープンしています。

店名に書かれている「金澤いなり 福るみ」というお稲荷さんをウリにして、テイクアウト商品が充実していますが、こちらの併設のカウンター席で握りたての鮨も楽しむことができるのです。

居酒屋「風和利」で、にぎり鮨を出していたわけではないのですが、社長のひらめき?で人気の金沢鮨ブームの乗ってお店を出したのではないと推測します。
風和利

ご覧のように店内飲食はカウンター席のみ。フルオープンでちょっと落ち着かないかもしれません。

休日の11時30頃お邪魔しました。テイクアウトされるお客さんはいましたが、私が食べている間はほかのお客さんは一人も来ませんでした。

店内飲食のターゲットは観光客なのでしょうが、コロナ禍で影響が大きいと思いました。
風和利 (3)

メニューです。
風和利 (4)

この日は妻の送り迎え付きなので、昼から飲めます。(笑い)
風和利 (6)

で、まず、生ビールの中と刺身2種類が付いた「福るみサービスセット(税抜1,300円)」を頼むことに。
風和利 (8)

刺身はこの日はブリの子供、フクラギと真鯛でした。

そして頼んだ握りは「加賀 海彩握り(税抜1,680円)」。

こちらは、握り6貫と細巻き半巻、玉子という内容で、あまりお腹が空いていない方でも大丈夫な量のセットになっています。
風和利 (9)

それほど高級なネタが入っているわけではありませんが、この内容とクオリティで1,680円ははっきり言ってお得です。

こちらの前のお店でチーズケーキを食べてきた私にとっては、ちょうどいい量でした。
風和利 (10)

ランチタイムには、サービスでお味噌汁が付いてきます。

握りの内容は、下の段左から、シマアジ、サーモン、ヒラメ、中段はヅケ、アオリイカ、甘えび。

軽く醤油が塗られています。足りない場合は好みに応じて醤油を付けて食べます。

細巻きは鉄火でした。

以上でこのお店でのランチタイムは終わり。お腹の具合もちょうどいい感じになりました。

「風和利・金澤いなり 福るみ」のウリの「金澤いなり 福るみ」というお稲荷さん、今回は買わなかったのですが、次回もし機会があったら買ってみたいと思います。ご馳走様でした。

風和利・金澤いなり 福るみ
石川県金沢市木ノ新保町1-1
 JR金沢駅西口あんと1F
11:00~22:00
L.O.フード21:30 ドリンク22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


2020年の外食納めがこちらの「海天すし 小松平面店」でした。
海天すし

今回はお盆は帰省を見合わせた長男が、正月休みに帰省してきた年末、大晦日のランチタイムにお邪魔してきました。

小松にも回転寿司がたくさんあって競争が激しくなっていますが、昔は、こちらの「海天すし」が人気で、我が家でも食べに行ったり、テイクアウトで利用したりしていました。

しかし、近年は利用回数も減って、今回は約3年半ぶり、前回はディナータイムにお邪魔しています。

いわゆる高級回転寿司のお店で、小松には粟津にもう一軒お店があります。ネタ的には高級な種類も多くあり、普段食べられないようなネタを比較的食べやすい値段で食べることができるのです。

今回久しぶりにお邪魔すると、店内はリニューアルされていて、前は回転寿司だったのですが、回転レーンが撤去されていて回らない寿司屋になっていました。
海天すし (2)

我々が案内されたテーブル間には仕切りがあり、窓際の掘りごたつのテーブル席の間隔は広く、それなりの感染対策が取られていました。
海天すし (19)

オーダーは今や回転寿司店の必須アイテムである、こちらの端末から行います。

回転寿司ならばレーンで運ばれますが、そうでなくなったこちらのお店では店員が運んでくれます。そして、料金も自動で計算されます。そのため、値段ごとで色分けされた皿も基本必要ないし、これまで食べたあとの皿についてもこれまではテーブルに積み上げられていましたが、適時下げられていきます。
海天すし (5)

さて、こちらが基本メニューです。
海天すし (6)

こちらは「本日のおすすめ」。

この日のウリは限定入荷の大間のマグロ。大間のマグロなどはあまり小松では扱っていないと思います。
海天すし (12)

珍しさも相まって頼んでみることに。中とろ4貫(2貫で798円)です。

上品な脂の中トロでした。
海天すし (7)

「本日のおすすめ」からはほかに、のどぐろ塩あぶり(2貫で698円)と、
海天すし (9)

北海道産のたらの白子(2貫で598円)、
海天すし (3)

活ばい貝(2貫で498円)とアオリイカ(2貫で398円)を頼んでいます。

のどぐろが2貫で698円、たらの白子が509円は安いですね。
海天すし (15)

こちらは「たらの昆布締め(2貫で298円)」と「かわはぎ(2貫で498円)」。
海天すし (11)

これは「かます塩炙り(2貫で598円)」と「活しまあじ(2貫で398円)」。
海天すし (14)

頼むことが多い三昧シリーズからは「光物三昧(398円)」と、
海天すし (13)

「貝三昧(598円)」。
海天すし (16)

鹿児島産の「うなぎ(2貫で598円)」。
海天すし (17)

「寒ざわら(2貫で398円)」と「づけまぐろ(2貫で398円)」。
海天すし (10)
「かにみそ(2貫で398円)」には身もたっぷり。

海天すし (18)

「生げそ(2貫で298円)」と「上ももあぶり(2貫で598円)」。「上ももあぶり」は生肉かと思ったら焼いてありました。私は食べていません。
海天すし (8)

妻は「とん汁(348円)」も頼んでいました。

よく食べる息子が一緒だったので、だいぶ食べました。

ランチでしたが、30分ほどで、3人で1万1千円以上食べてしまいました。(^^;

まぁ、たまにはいいでしょう。ご馳走様でした。

海天すし 小松平面店
石川県小松市平面町カ74-1
TEL 0761-24-0448
11:00~21:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

先日、北陸自動車道徳光ハイウェイオアシスにあるセルフ式讃岐うどん「こがね製麺所」のことを紹介しました
海鮮丼 海宝

今日紹介します「海鮮丼 海宝」は、そのお隣にあるお店で、こちらは「こがね製麺所」の前にオープンしています。

両方のお店とも東京のクルーという会社が経営で、「海鮮丼 海宝」は新業態。白山市のお店が全国1号店ということで出かけてきました。

ハイウェイオアシスに隣接しているので、高速道路の駐車場から入ることができます。(入り口はそちら側にしかありません)

独立した店舗で営業されています。たぶん、建物は開発会社が建てたものでしょうがもう少しお金をかけてもよかったのではないでしょうか?(^^;
海宝

外に置かれているサンプルケースを見ると、海鮮丼メインで、他にも蕎麦や定食メニューもありますね。

セルフスタイルで、かつ立地から考えると若干強気の値段設定かもしれません?
海鮮丼 海宝 (2)

店内に入ると、奥に食券機があります。そちらで食券を購入すると自動的にオーダーが通ります。
海鮮丼 海宝 (3)

中はそこそこ広いです。窓側にカウンター席、中央にテーブル席、そしてこちらの小上がりの席がありました。
海鮮丼 海宝 (4)

私が頼んだのは「本日のおまかせ丼 並(税込980円)」。まぁ、一番リーズナブルな海鮮丼です。
海鮮丼 海宝 (6)

その日の仕入れ状況でネタは変わるようですが、この日の内容としては、妻の頼んだ「海宝丼 並(税込1,580円)の内容に比べると、値段以上の落差がありました。写真ではわかりませんが、海老のサイズも全然違いましたね。
海鮮丼 海宝 (7)

毎日がそうだとは思いませんが、個人的にはカニ・サーモン・イクラなどが入った「海宝丼」のほうをお勧めします。
海鮮丼 海宝 (9)

なお、丼や定食には、白和えと漬物が付いていました。
海鮮丼 海宝 (10)

あとこちらの「海鮮味噌汁(税込180円)」も頼んでいます。海の幸のうま味が詰まった一杯でした。

石川県人は、海産物に対しての評価は厳しいと思います。味はもちろん鮮度や見た目も含めて。

「毎朝中央市場から仕入れる新鮮な海の幸」がウリと書かれていましたが、個人的には「本日のおまかせ丼」という一番リーズナブルな値段設定のメニューにこそ力を入れるべきだと思います。仕入れコストがかかるネタは必要ありません。ただ鮮度にはこだわってほしいと思いました。

石川県という場所で1号店を出されたわけですから、是非、成功され全国に展開してほしいです。ご馳走様でした。

海鮮丼 海宝
石川県白山市徳光町2398-1
 徳光ハイウェイオアシス
「白山ゲートウェイとくみつTanto(タント)」
TEL 076-259-6101
11:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

石川県のフリーペーパーに「FAVO」というものがあります。
FAVO

その南加賀版の12月号は「鮨を食べに」というテーマ。その中に掲載されていた1軒が、今日紹介します加賀市山代温泉の「一平寿司」です。
一平寿司 (2)

私はグルメブログをやっているのと、鮨が大好きなので、加賀地方の鮨屋さんには相当行っていますが、こちらは過去に一度も行ったことがないお店でした。

FAVOは11月20日発刊で、私はすぐの3連休の最後の日に行きました。

事前に電話して予約できないか確認したところ、ランチタイムは予約は受けていないようで、早めの時間(11:30)に到着しましたが、駐車場は1台分残して一杯。店内も7割がた埋まっていました。

何とか滑り込みセーフで、あとから来た人は断られている方がいました。フリーペーパー「FAVO」の影響でしょうね?

カウンター席6席、小上がりの4人掛け席が3つ、そして奥にそれほど広くない座敷があります。
一平寿司 (6)

我々は空いていた小上がりの席に案内されました。こちらの写真はカウンターのお客さんが帰った後で写しました。
一平寿司 (4)

こちらはお好みのオーダーする用紙。

ランチメニューとしては1,000円、1,500円、2,000円の3種類(何れも税抜)ありました。

我々はフリーペーパー「FAVO」に掲載されていた2,000円の上にぎりを頼みました。

他のお客様も、ほとんどがそちらを頼んでいましたね。

先ほども書きましたが、お店は相当混雑していて、オーダーまでに20分ほど、上にぎりが出されるまでさらに20分ほどかかりました。(^^;

まぁ、3連休ということもあって、ある程度予想はしていましたのでやむを得ないです。

ネタ的にも3連休だったために、他のお客さんが追加で頼んでいたものもだいぶ無いものがありました。

こちらが上にぎりです。10貫です。
一平寿司 (8)

まぁ、それほど、おお!というネタはありませんが、それだけに安定しているかもしれません。

ちなみに「FAVO」で掲載されていたネタからは、ブリ、カニ、サワラが他のネタに代わっていました。
一平寿司 (9)

味噌汁は、季節のキノコの味噌汁で具沢山でした。

私は初めて伺ったお店なので、日常的に混雑しているかはわかりませんが、やはりフリーペーパーの威力はあるのではないかと思いました。ご馳走様でした。

一平寿司
石川県加賀市山代温泉桔梗丘3-24
TEL 0761-77-7227
11:00~14:00
17:30~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ