あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 寿司・鮨


福岡県といえばグルメの街として知られています。

あえて挙げませんが、ご当地グルメの種類についても全国的に知られるものがたくさん存在していますね。

さて、今日はそんなご当地グルメというジャンルではありません。

個人的には地元石川の鮨が一番と思っていますが、福岡の鮨についても好きです。福岡に住んでいたときから、それなりに鮨店にお邪魔して楽しんでいましたが、転居してからも何軒か行っています。

玄界灘の荒波でもまれた魚介は、北陸の魚介とは少し違った種類もあったりして美味しいです。また、福岡の鮨店のおまかせの特徴として、おつまみの種類が多いことが挙げられます。

今日は、博多駅にもほど近い美野島というエリアにある「鮨 そえ島」という人気の鮨店を紹介します。

今回の福岡旅行では、こちらのお店に行くことも目的の一つでした。
鮨 そえ島

住宅街にひっそりあって隠れ家的佇まい。
鮨 そえ島 (2)

店内はカウンター席のみでした。

夜は、おまかせコースのみの設定で料金は16,500円。おつまみ7品、握り10貫、巻物、赤出汁という内容。結論から先に書けば、良心的なお値段も相まって、とても満足できました。
鮨 そえ島 (3)

まずは生ビールで乾杯。

では、出されたものを紹介していきます。

最初はおつまみ系から。握りも含めて一つ一つが少量サイズで、お酒のアテとしても楽しめました。
鮨 そえ島 (4)

まず出されたのは「有明海産シジミの出汁」。食べる前の胃の中のリセットです。
鮨 そえ島 (6)

平戸で獲れた「ヒラメの昆布締め」の刺身。上品に〆られていました。
鮨 そえ島 (7)

同じく平戸の「煮ダコ」。柚子の香りづけで柔らかく美味しいです。
鮨 そえ島 (9)

こちらは「にたりくじら」という種類のクジラ。味が濃いです。
鮨 そえ島 (12)

壱岐で一本釣りで獲れた「のどぐろ」。有明の海苔がかけられていてまぜまぜして食べます。炙ったのどぐろが香ばしくて最高でした。
鮨 そえ島 (14)

「太刀魚の茶碗蒸し」は珍しい?オリーブオイルがかけられていて美味しいです。

この後、握りに移ります。小ぶりなサイズでした。
鮨 そえ島 (17)

壱岐で獲れた「マグロ」。
鮨 そえ島 (18)

同じく「ヅケ」。
鮨 そえ島 (19)

「ヤリイカ」はあら塩で。甘さを引き立ててくれていました。
鮨 そえ島 (20)

糸島の「さわら」は手渡しで。
鮨 そえ島 (22)

「車海老」は変わった握りの形でした。でも美味しいです。
鮨 そえ島 (23)

そして手巻きが出されました。色々な種類の魚の下には胡瓜の千切りが入れられていました。

この前後にたぶん「〆アジ」が出されたと思いますが、写真を撮り忘れているようです。
鮨 そえ島 (25)

「うに」。こちらは北海道産です。
鮨 そえ島 (27)

対馬の「穴子」です。口の中でとろけました。
鮨 そえ島 (28)

こちらは「とろたく」と言っていましたが、巻物2貫にマグロのトロとたくわんが巻かれていました。これが意外においしい組み合わせでしたね。
鮨 そえ島 (29)

なめこの赤出しが出され。
鮨 そえ島 (30)

最後は「玉子」。

こちらのガリはぶつ切りです。

では、生ビールのあとに飲んだ日本酒について。
鮨 そえ島 (8)

ユニークなラベルのこちらは「古伊万里 Berori(ベロリ) KoIMARI-Berori」という活性にごり生原酒。飲食店向けの限定酒で、佐賀県の古伊万里酒造の酒ですが名前と違って飲みやすかったです。
鮨 そえ島 (16)

こちらは「福海」という長崎平戸の福田酒造の生酒。

やはり出された平戸産の魚との相性がいいのでしょうね。
鮨 そえ島 (24)

佐賀県の東鶴酒造の純米吟醸生でその名も「やさしいお酒」。名前の通り口当たりのいいお酒でした。

ちなみに「鮨 そえ島」で使われていた酒器は高岡の能作さんの物。
鮨 そえ島 (32)

錫製で、ご覧の福岡限定の博多仁和加(はかたにわか)面がデザインされたものや、
鮨 そえ島 (31)

ドラえもんシリーズの豆皿もありました。

以上を飲み食いして2人で一人2万円!コスパもよく味も良く、味覚のバリエーション色々でとても愉しむことが出来ました。満足満足。

人気のお店なの予約は必須で、また行きたいお店です。ご馳走様でした。

鮨 そえ島
福岡県福岡市博多区美野島2丁目6-34
 早川ビル
TEL 050-5600-6806
火~土17:30~22:30
最終入店20:30
日17:30~21:00
最終入店19:00
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私が子供のころは寿司はハレの日の食べ物でした。

もちろん現在も気持ち的にはそうなのですが、今は回転寿司やテイクアウト寿司のお店が街中にたくさんあって、ハレの日でないときも楽しむことが出来ます。

ちなみに我が家では大体月に一度ぐらいは外食して寿司を食べます。ランチ中心ですが。

さて、今日紹介する「直又寿し店」へは約7年ぶりにお邪魔しました。前回はちらし寿しを食べていて、こちらの方で紹介しています
直又

粟津駅の近くにあって、昔からこのエリアのハレの日に利用されてきたのだと思います。

立派なお店で、中へ入ってすぐの左側にカウンター席。奥の方がテーブル席。座敷もあるのかな。

こちらがランチメニュー。
直又 (2)

この中から私は「盛り合わせランチ」の上で1,815円を頼むことに。妻は「にぎりランチ」の上で2,365円を頼んでいました。

ランチタイムは千円以上メニューには茶碗蒸し、味噌汁、コーヒーがサービスとなっていますが、ランチメニューはすべてが千円以上なのでデフォルトですね。
直又 (3)

まず茶碗蒸しがすぐに出されました。熱々でやけど注意です。

そして上盛り合わせ。
直又 (5)

にぎり7貫とカッパと鉄火1本ずつ付いていました。お値段からするとネタはいいと思いました。
直又 (4)

こちらは上にぎり(軍艦含む)10貫です。軍艦のネタが少し変わっていました。
直又 (6)

そしてネギたっぷりのお味噌汁。
直又 (7)

最後にコーヒーが出てきました。

基本的には7年前とメニューとその内容はそれほど変わっていません。値段もお手頃で、お客さんはほぼ地元の方のようでファンがいらっしゃるのでしょうね。ご馳走様でした。

直又寿し店
石川県小松市符津町ウ23-1
TEL 0761-44-2618
11:30~21:00
ランチ11:30~14:00
月曜・第4火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

北陸ではズワイガニの漁の期間はメスの香箱ガニは昨年の12月29日まで。オスの「加能ガニ」は3月20日までとなっています。

香箱ガニが禁漁期間に入った1月のとある日曜日。

思い立ったように小松市矢田野にある「味彩食房 日本海のさかな・寿司 大西」に電話を入れると、こちらの名物メニューの一つである「こうばこ軍艦ランチ」がまだ食べられることがわかり行くことにしました。
大西寿司

9年以上前に一度お邪魔して、こちらで紹介しています

小松にある寿司店としては大きなところで、店内は広く多くのお客さんを入れることが出来ます。

オープンする11:30前から駐車場には多くの車がすでに止っていました。
大西寿司 (7)

我々は、当日の10:30頃に予約電話を入れていて、カウンター席なら空いているということで向かいました。

団体さんがすでに座敷に入っていたり、テイクアウトの折り詰めなどが小上がりに積まれていて、相変わらず人気なのがわかります。
大西寿司 (3)

お品書き。こちらはランチメニューです。
大西寿司 (4)

そして、単品メニュー。
大西寿司 (5)

こちらも、
大西寿司 (6)

寿司だけでなく、単品メニューの品数も多いですね。

我々は、ランチメニューの中から、9年前に食べたものと同じものを頼むことにしました。

それは「こうばこ軍艦ランチ(2,750円)」と「上寿司ランチ(2,420円)」。

ランチメニューには小鉢・茶碗蒸し・味噌汁が付いています。

ちなみに、「こうばこ軍艦ランチ」は冬季限定と書かれていました。北陸の香箱ガニ(セイコガニ)の漁のシーズンは12月29日までなので、我々が行った1月14日はたぶん県外物の新潟や北海道など漁の期間が長い地域のものを仕入れているのだと思います。いつまでメニューにあるかはわからないのでお店に確認の上で行かれてください。
大西寿司 (9)

この8貫で何杯の香箱ガニが使われているのかわかりませんが、軍艦に香箱ガニの身・ミソ・内子・外子が盛られていました。
image

ちなみに9年前に食べたときのものはこちらで、その当時は単品で税抜き1,500円(現在は単品だと税抜き2,200円)でした。
大西寿司 (11)

そして、ランチメニューについている小鉢・茶碗蒸し・味噌汁がこちら。

熱々具だくさんで柚子風味の茶碗蒸しで、小鉢は「くらげ・刻み揚げ・錦糸卵の酢の物」。味噌汁はあら汁でした。
大西寿司 (10)

こちらは「上寿司ランチ」の寿司です。

イカ・大トロ・甘えび。中トロ・イクラ・ウニと鉄火とかっぱの細巻という構成。
image (1)

9年前に食べたときのものはこちらで、前は鉄火細巻が2本だったのが、1本がかっぱ巻きに変わっていますね。

我々が食べている間にもお客さんがどんどん入ってきていましたが、この日は飛び込みでも大丈夫だったようです。

さすがに人気のお店。働いている方が多くいらっしゃいました。益々商売繁盛ですね。ご馳走様でした。

味彩食房 日本海のさかな・寿司 大西
石川県小松市矢田野町ホ21
TEL 050-5485-1423
11:30~14:00(L.O.14:00)
17:00~22:30(L.O.22:00)
火曜休(定休日+1日の連休の場合あり)
※年末年始も休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨年秋に坂井市の丸岡にある人気店「手打ちうどん 新富」で讃岐風のコシの強いうどんを食べたことを紹介しました

さて、福井県は言わずと知れたそば王国です。

私のブログで福井県の飲食店の紹介はそば店が多いのですが、今日は坂井市三国にあるうどん店「谷川製めん所」の紹介となります。

元々は製麺所を営んでいたところが長い閉店期間を経て「谷川製めん所」として復活したお店のようで、うどん粉は香川から取り寄せ、瀬戸内海産の塩やいりこなどを材楼に、純手打ちにこだわったうどん作りをしています。

1月のとある土曜日。妻が仕事で不在だったので一人で坂井市三国に向かいました。
谷川製めん所

外観は、まさに製麺所のよう?暖簾がかかっているのでうどん店だとわかります。
谷川製めん所 (4)

店内はコの字型のカウンター席のみで10名ほどが座れるほどの広さ。何となくですが香川県のうどん店を思い出しました。

お品書きです。
谷川製めん所 (2)

実はこちらに来る前に食べるものを決めていました。
谷川製めん所 (3)

それは、この中のメニューにあるのですが「げそうどん」を食べたいと思っていたのです。

千円と少し高めですが、「げそうどん」とは変わっているのでどんな味なのか興味がありました。

出されたのがこちら。
谷川製めん所 (6)

うどんの上に、大量のゲソが乗せられていますね。

ゲソはバター醤油でソテーされてありました。

レモンが添えられていましたが、まずはそのままゲソを食べてみます。なかなか濃い味付け。ビールが欲しくなります。

そして、少し濃いめの出汁醤油なものがかけられていました。

この後レモンを絞って食べ進めますが、ゲソのボリュームたっぷりです。
谷川製めん所 (7)

うどんは、素材が香川県から取り寄せているので、最初讃岐うどんのような感じかと思っていたのですが、柔らかかったです。

しかし、うどんはもっちり感がよくのど越しもよかったです。

さすが三国漁港のおひざ元にあるうどん店だけあって、磯の香りをたっぷり味わえるうどんでした。

天ぷらなども食べてみたかったのですが、この日はもう一軒行くつもりだったので、こちらで「げそうどん」を1杯だけ食べてお店を出ました。ご馳走様でした。

谷川製めん所
福井県坂井市三国町山王3-6-63
TEL 090-7588-4525
11:00~14:00
火曜・水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

年明けの寿司店は回転寿司を除いて営業していないところが多いです。

市場がお休みなのがその理由ですが、そこで、子供たちが家に戻ってくると、毎回一度は回転寿司に行くようにしています。

長男は住んでいるところが関西なので、こちらの魚が恋しくなるようですね。

いつもは「すし食いねぇ!」や「もりもり寿し」に行くのですが、いつも長い待ち時間があって今回は敬遠。そこで「海天すし」に行って見ることにしました。

海天すし」は、小松平面店に行くことが多いのですが、昨年12月に行って先日紹介したかほく店に引き続き、年末年始帰省中の息子が戻る日のランチに小松南店に行って食べています。
海天すし粟津


店内は広いですが、地震の影響でしょうか?もちろん4日から仕事の人が多いこともあって、お店は空いていました。

こちらのお店には、すでに回転レーンが存在していません。

我々はボックス席に案内されました。
海天すし粟津 (2)

一応メニューも存在していますが、こちらのタッチパネルで確認しながらオーダーすることが出来ます。今回は息子の希望のものが多いです。
海天すし粟津 (6)

では、さっそく食べたものを紹介していきます。
海天すし粟津 (9)

まずは「真ハタ(598円)」と「活バイ貝(668円)」。「真ハタ」は弾力があり新鮮。バイ貝は食感がコリッ!
海天すし粟津 (3)

こちらは「白子(598円)」と「焼白子(598円)」で、私は普段あまり食べることが無い「焼白子」を一貫食べました。
海天すし粟津 (5)

「甘えび(568円)」はプリプリ。
海天すし粟津 (7)

「生げそ炙り(398円)」は私のリクエスト。
海天すし粟津 (14)

「活あわび(998円)」は4貫で、肝とひもの部分は軍艦で。
海天すし粟津 (19)

「のどぐろ炙り(838円)」は息子のリクエスト。
海天すし粟津 (4)

「能登ふぐ昆布〆(498円)」は2皿頼んでいます。
海天すし粟津 (15)

「あじ(368円)」。
海天すし粟津 (16)

「寒ブリ(498円)」と「寒ブリとろ(698円)」は息子が食べていますが、脂が乗っていたようです。
海天すし粟津 (22)

私が頼んだ「かに三昧(768円)」。
海天すし粟津 (8)

私と妻が食べた「炙り穴子(598円)」。
海天すし粟津 (11)

「北海三昧(1,098円)」も私のリクエスト。
海天すし粟津 (18)

「うにいくら(898円)」は妻のリクエスト。
海天すし粟津 (13)

「とろきゅう(338円)」は手巻きで、こちらも妻が食べています。
海天すし粟津 (31)

あと「なっとう巻(268円)」と、
海天すし粟津 (28)

「梅しそかっぱ巻(268円)」を頼んで以上で終わり。高級ネタばかりそこそこの量を食べていますね。汗
海天すし粟津 (10)

汁物は「白子汁(598円)」と、
海天すし粟津 (12)

「あさり汁(598円)」を頼んでいますが、「あさり汁」はあさりがたっぷりで良かったです。

以上を飲み食いして14,000円弱。たくさん食べているのでコスパ的にはよかったと思います。ご馳走様でした。

海天すし 小松南店
石川県小松市符津町タ110
TEL 0761-43-4483
土・日・祝11:00~21:00(L.O.20:45)
平日11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:45) 
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ