あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食・割烹

今日で2018年も終わり。今年一年「あさぴーのおいしい独り言」をお読みいただきありがとうございました。今年、皆さんはどんな一年だったでしょうか?

これで今年最後のアップになります。最後ということで忘年会ネタです。

今年の忘年会はホテルサンルート小松の1階にある「ヌーベルジャポネーゼHIKIYAMA」で行いました。
HIKIYAMA (2)

年々忘年会に出席する回数が少なくなって、オフィシャルなのは今年はこの1回のみ。寒い日の夜に出るのが億劫になってきたのかもしれません?^^;

さて、12月ともなると、サンルート小松も忘年会など色々なグループの方々で賑わっていました。
HIKIYAMA (16)

「ヌーベルジャポネーゼHIKIYAMA」の場所は、昼間は「和Cafe」というカフェになっていて、1年半ほど前に一度紹介したことがあります

今回は我々は、掘りごたつ形式の個室を予約。少人数だったので、まぁ、ゆったりと飲み食いできました。2つの部屋をつなげると18名までokです。ただ、この個室を使用するには席料が加算されます。

今回、和会席という5,000円(税・サ別5,000円)でお願いしましたが、こちらは月替わりなので、この内容は今日で終わりです。

また、店名に「ヌーベルジャポネーゼ」となっていますが、ヌーベルというほど意外な料理が出されるわけではなく、オーソドックスな和食に近かったです。
HIKIYAMA (3)

まずは生ビールで乾杯です。
HIKIYAMA (8)

この日はそのあとはハイボールでした。他の人は日本酒など色々頼んでいました。

では出されたものを紹介していきます。
HIKIYAMA (4)

付き出しは「鳥骨鶏卵の茶碗蒸し 白子 銀庵」。
HIKIYAMA (5)

使っている食材、鳥骨鶏卵というのが珍しいです。何となく味が濃い気がしました。^^; 白子もよかったです。
HIKIYAMA (7)

前菜として「造里3種盛り合わせ」。ブリは脂が乗っていました。
HIKIYAMA (9)

温菜は「胡麻豆腐の湯葉衣揚げ 銀杏」。胡麻豆腐の湯葉も珍しいかもしれません。

吸い物は「蟹真丈 柚子」。
HIKIYAMA (10)

上品なお出汁です。

続いて、こちらのものも椀物ですが、魚料理として「鱈の酒蒸し 柚子あんかけ 揚げねぎ」が出されます。
HIKIYAMA (11)

鱈の酒蒸しは珍しいです。

焼き物兼肉料理は「交雑牛の石焼 おろしポン酢と山葵で」。
HIKIYAMA (12)

予約の時に肉が苦手と最初は別なメニューに変えてもらおうと思っていましたが、赤身の石焼だということで、それだったら食べられるということでお願いしました。
HIKIYAMA (13)

でも。私のは少し脂身が多かったですが。^^;
HIKIYAMA (14)

ご飯は「柚子ご飯」。柚子の香りがほんのりと。もちろん味噌汁と漬物も付いています。
HIKIYAMA (15)

最後のデザートは「洋梨のコンポートと苺」。

お値段の割には品数も多く出され、味の方もまずまず。おすすめではないでしょうか?ご馳走様でした。

それでは皆様、「あさぴーのおいしい独り言」を来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください!

ヌーベルジャポネーゼHIKIYAMA
石川県小松市日の出町4丁目93
 ホテルサンルート小松1F
TEL 0761-24-6123
11:30~14:30(貸切のみで個室料要)
17:30~21:00(L.O.)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の出張では岡山でも一泊しました。約2年ぶりでした。

この日の仕事を終わらせてホテルにチェックインした後、地元のメンバーと一緒に行ったのが、岡山でも人気の和食(居酒屋)のお店「季節料理かたやま」です

事前に調べたところ、岡山市内でも人気上位に位置するお店として知られています。

色々な土地に行くと、やはりその土地の名物料理を食べてみたいと思うのが人情ですが、岡山でも瀬戸内海で獲れる魚介を中心に、旬の野菜などを楽しみたいと思って、このお店をチョイスしました。
季節料理かたやま

外観はこんな感じです。派手な暖簾が目印です。

開店したのは2011年ということですが、人気のお店なので平日でも満席のことが多く、予約していった方がいいでしょう。

実際、我々は最初、3名で予約を入れてあったのですが、地元のメンバーも合流したいということで2名追加しようと電話したら、平日にもかかわらず予約が混んでいて20時までだったらok。それも2人のみカウンター席で別々という条件でした。^^;

18時半にお邪魔したら店内はほぼ満席。我々は一人遅れての参加ということで、最初は小上がりの席で4名で始めることに。

まずは岡山の地ビールで乾杯です。
季節料理かたやま (5)

「香りの麦 然(ぜん)」という吉備土手下麦酒造醸造所のビールで、1本1,000円と少しお高いビール。

カスケードホップをふんだんに使用していて、香りといい味といい、苦みがあって個性がほとばしる地ビールでした。

料理メニューの種類は多いです。
季節料理かたやま (7)

こんな感じです。
季節料理かたやま (6)

まずは刺身の盛り合わせをオーダーします。ロングな皿に6種類が盛られて出されました。
季節料理かたやま (8)

左から岡山名物の一つ、鰆(サワラ)の塩たたき・たいらぎ貝柱・鯛。
季節料理かたやま (9)

こちらは〆鯖・うに・ヒラメ。

刺身はどれも美味しかったです。ただサワラは熊本、たいらぎは愛知、サバは青森が産地でした。

こちらのお店の人気の名物料理を2品頼みます。

「さばの味噌煮」と「クリームコロッケデミソース」です。両方ともむちゃくちゃ美味しかったです。
季節料理かたやま (11)

「さばの味噌煮」は、味噌が決め手でしょうが、大きめのさばをじっくり煮込んでいて、箸を入れるとサクッと切ることが出来て、身の中まで味噌の旨みが染みこんでいました。これはなかなかの逸品です。
季節料理かたやま (13)

「クリームコロッケデミソース」は売切れで2個しかなかったので、4人で半分ずつで食べました。

和のテイスト
季節料理かたやま (15)
のデミグラスソースがかけられていて、中のとろ~りとしたクリームとの相性も抜群でした。丸ごと1個食べたかったです。
季節料理かたやま (12)

岡山は黄ニラも有名です。牡蠣と湯豆腐と一緒にお鍋でいただきます。1,680円です。黄ニラの下に牡蠣がたくさん隠れていました。
季節料理かたやま (16)

こちらは、私は食べていませんが「豚足と大根煮(550円)」。
季節料理かたやま (18)

「おかべの厚揚げ焼き(580円)」は、白石商店の豆腐専門店「豆腐処おかべ」の厚揚げを使っています。表面はカリッと、中はジューシー熱々に焼かれています。醤油をかけると油揚げの表面ではじくほどでした。
季節料理かたやま (17)

「ゆうたの甘~い玉子焼き(560円)」という面白いネーミングの玉子焼きでした。名前の通り甘めの味付けでしたが美味しかったです。
季節料理かたやま (10)

ビールのあと、日本酒(何だったか忘れました)とハイボールを頼んでいます。日本酒の品揃えも個性的なものが多かったような気がします。

さて、このあたりで約束の20時になったのでお店を出ることになりました。5名で一人5千円弱ほどだったでしょうか?

料理はどれも美味しいものばかりでしたし、食材にもこだわっているようで、さすがに人気店だけのことはありましたね。

今回は滞在時間が短かったため、次回再訪して今度はゆっくりと飲みたいお店です、おすすめです。ご馳走様でした。

季節料理かたやま
岡山県岡山市北区平和町4-11
 平和地所ビル1F西
TEL 086-226-3131
17:30~23:00(L.O22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こんな住宅街に割烹のお店があるとは知りませんでした。

小松には昔から割烹料理店が多いことは前にも書いたことがありますが、どこも何十年も続いて営業されているお店が多いのです。

意外と言っては失礼かもしれませんが、えっ!?こんなところにあってお客さんが入るのかな?と思ってしまう場所にあったりします。

小松ではハレの日に、このような割烹料理店で宴を催す家も多くあって、そんな固定的な需要にも支えられて継続的な営業ができているのかもしれません。

今回伺ったのは殿町という、むかしはお殿様でも住んでいたのかわかりませんが、いまは住宅街と言っていいエリアにあります「任田家」です。
任田家

前はもっとメイン道路に面していたとご主人は話してくれましたが、移転して現在の住宅街の路地に面したところに正面入り口があるお店です。

ちょうど夜にコンサートがあって、その前に早めの夕食を済ませておこうと、予約の電話を入れずに飛び込みで入りました。

運よく17時からの営業でお店は営業を始めていて、最初の客としてカウンテーでご主人と話をしながら美味しい料理を食べることが出来ました。

お聞きすると、ご主人が3代目だそうですが、後継ぎはいないそうで、ご主人の代で終わりになると話されていました。
任田家 (12)

カウンテー席が7席と、あとは個室の座敷の部屋がいくつかあって、座敷は20数名ほど入れるスペースだそうです。

お祝いの席や法事などで使う人が多いのでしょうね?ただ、ご主人にお聞きすると、決して地元の方ばかりではないそうで遠方からもお客さんが来てくれていると話されていました。

この日は1時間ぐらいしか時間がなかったので、単品で少しのお料理と、軽くお酒を頂くことに。
任田家 (2)

まずは、生ビールと、
任田家 (4)

突き出しです。

そして刺身を盛合せで頼みます。
任田家 (5)

甘えび、ブリ、イカ、ヒラメです。どれもが美味しかったですが、イカが甘くてねっとりとした食感でとくによかったです。

お店の調理はご主人一人で切り盛りされているとのことでしたが、見ていても非常に手際がいいですね。テキパキとオーダーの品を出してくれました。
任田家 (6)

今年は漁が12月29日(土)までの香箱ガニ。値段を聞いてから頼みましたが、若干小ぶりなこともあってリーズナブルでしたよ!^^;
任田家 (8)

こちらはうなぎの柳川です。
任田家 (9)

フタを取ると、熱々出来立てで出汁の塩梅もよく美味しかったです。ゴボウもいい仕事していました。
任田家 (11)

締めに氷見うどんをお願いしました。時期的に温かいうどんです。
任田家 (7)

お酒のほうは、生ビールのあとは小松の神泉。純米大吟醸です。いつもの定番です。神泉大吟醸もいいのですが、それよりも安く食中酒として個人的に好きな銘柄です。
任田家 (10)

あと、手取川の本醸造の生も頼んでいますね。本醸造ですが口当たりの軽い生酒でした。

以上を2人で飲み食いして締めて1万円以下。予想の範疇でしたがお値段以上の満足感があって、小松の割烹店の質の高さを改めて認識した次第です。ご馳走様でした。

任田家
TEL 0761-24-0326
石川県小松市殿町1-103
17:00~23:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸と四国は地理的にも時間的にも遠い地方です。

小松から香川県高松に行くには、乗り継ぎの待ち時間次第ですが、4時間50分弱ほどかかります。往復だけでほぼ一日仕事です。^^;

正直、電車の移動だけで疲れますね。

まぁ、でも、温かい四国。11月下旬に入ったところで朝晩は冷え込みましたが、太陽が出ている間は温かくで過ごしやすく、やっぱり瀬戸内海に面しているところ。冬はうらやましいです。

さて、到着した午後、仕事を済ませて、その日は高松市内のホテルに宿泊。チェックインしてから仲間と高松市内のお店で食事をすることに。
おか村

チョイスしたのは、「くいもんや おか村」というちょっと高級な居酒屋と言ったほうがいいでしょうか?上品な店構えのお店です。

ご主人は福井県越前市出身。奥さまとお二人で切り盛りされています。ちなみに奥さまは香川ではなく徳島出身でした。
おか村 (4)

カウンター席と小上がりの席があって、我々は3名で小上がりの席に案内されました。
おか村 (7)

そちらからカウンターのほうを見たらこんな感じです。
おか村 (6)

小上がりのところに掲げられていた黒板メニューがこちら。

お店のウリは、ご主人の出身地の福井からわざわざ取り寄せている新鮮な魚介と、福井のご当地グルメを楽しめること。ちなみにご主人はホテルの和食料理店で長年腕を磨いていたようです。

そのご主人の友人に福井の魚屋さんと漁師さんがいるようで、新鮮な食材を遠くに居ながら取り寄せることが出来るということです。

特に冬の季節はズワイの越前ガニや香箱ガニも食べることが出来るのです。雄は一杯4,000円。雌の香箱が2,000円。まぁ、いいお値段です。でも昨今高騰続きなのでお店で食べる値段としては良心的だと思います。
おか村 (8)

あとは、こんなメニューがありました。
おか村 (9)

さっそく生ビールで乾杯です。
おか村 (10)

まずは野菜からということで「野菜サラダ(700円)」を頼みます。海苔がいい仕事していました。
おか村 (11)

刺身の盛り合わせは4種類で、カツオ・〆鯖・天然鯛・タコでした。どれも新鮮で美味しいお刺身でしたね。

酒の肴として福井名物「鯖へしこ切身(700円)」を頼みます。新鮮な鯖を糠漬けしたものを焼いて食べます。
おか村 (13)

香川でへしこが食べられるとは思いませんでした。添えられている大根スライスと一緒に食べると、辛さが少し和らぎます。
おか村 (12)

もちろん日本酒を頼みます。頼んだのは福井の吉田酒造「白龍」純米吟醸。これだけで何杯でも飲めそうです。
おか村 (18)

「あげ焼きネギ味噌(600円)」も、厚揚げにネギ味噌をまとわせて食べると、これまた酒のつまみには最適でした。味噌が濃厚で、揚げを食べた後でもちびりちびり残った味噌を食べます。
おか村 (17)

こちらは「ハムカツ(900円)」。厚く切られたハムがジューシーで美味しかったです。
おか村 (14)

これは私は食べませんでしたが「すじ肉豆腐(700円)」。美味しかったそうです。
おか村 (16)

最後は、いまや希少価値?となっている白州のハイボールを2回ほどお代わりしたと思います。

以上3名で飲み食いして、一人5千円弱。料理のクオリティといい、酒も美味しいし、満足できる一軒ではないでしょうか!?ご馳走様でした。

くいもんや おか村
香川県高松市瓦町1-11-11
 渡辺ビル1F
TEL 050-5589-6714
17:30~23:00(L.O.22:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

静岡県東部の伊豆半島周辺は良質の金目鯛が水揚げされる魚場として有名です。

金目鯛は静岡県の県魚に指定されているほどですが、その中でも伊豆半島の下のほうに位置する東伊豆町稲取の金目鯛「稲取キンメ」が有名です。

今回熱海に行くということで何を食べようか調べて、やはり金目鯛は欠かせないということで食べることにしました。

石川県では金目鯛は干物以外はなかなか食べられないのでね。
熱海

選んだのは熱海駅の近くのアーケードがある商店街「熱海駅前平和通り商店街」。平日の午前中にもかかわらず多くの人が買い物をしていました。観光地でも熱海クラスだと違いますね!?

ランチを食べるお店は、その商店街の中ほどにある「和食処 こばやし」を選択しました。

ここはリーズナブルに金目鯛など熱海近海でとれる魚介を食べることが出来るお店として観光客にも人気のお店です。
こばやし

1階が直営の「磯也ひもの店」があります。
こばやし (2)

「和食処 こばやし」は2~3階で、入口には生けすが置かれていて、魚がたくさん泳いでいました。

2階がテーブル席で、主に予約なしで来るお客様が入るお店になっていました。私が食べ終わって出るころには1階の玄関まで順番の列が出来ていました。人気なのですね。
こばやし (4)

そして3階が座敷となっていて、予約してあった我々はそこに案内されます。
こばやし (5)

予約の場合は、「花摘み膳」というセット料理を頼む必要があって、2名以上からの予約になっていました。

我々は、花摘み膳の中では一番お手頃値段の「椿膳(税込2,300円)」という金目鯛の煮付けが付いているのを2つと、金目鯛の松前蒸しがメインの「紫陽花(あじさい)膳(税込2,600円)」を1つ頼むことにしました。こちらは事前に予約時に伝える必要があります。

金目鯛は煮付けが美味しいと思っているのですが、ネタ的に別なものも食べてみようということで、1つを「紫陽花膳」に変更しています。
こばやし (6)

椿膳には最初、炊き合わせが出されます。
こばやし (7)

これは小附の「梅クラゲ」。
こばやし (8)

そして、私も含めてお造りが出されましたが、刺身はやはり石川県のほうが新鮮さも違うし美味しいと思いました。
こばやし (9)

椿膳のメインの金目鯛煮付。見た目塩辛そうですがそんなことはなく、私も一口食べましたがさすがに金目鯛です。煮付けの濃いめの味に負けないうま味がありました。
こばやし (13)

こちらは、紫陽花膳のメインの金目鯛松前蒸しです。ポン酢で食べます。
こばやし (14)

野菜もたっぷりの熱々の蒸し物でお鍋のような感じです。上品な味付けです。松前の名が付いているので、もう少し昆布のダシがきいていたらよかったかもしれません。

それに金目鯛はやはり煮付けのほうが美味しいですね。

ただ、この松前蒸しが出されるまでに時間がかかりました。事前に電話でバスの時間があるので今から作ってもらえませんか?とお願いしたら、「来られてから順番にお作りします」と言われ、出来立てにこだわるのでやむを得ないかな?と思いましたが、こんなに時間がかかるのだったらその時に伝えてほしかったですね。
こばやし (12)

紫陽花膳には「さざえの天婦羅」も付いています。抹茶塩で食べます。

さざえは串に刺されていた1本のみで他に野菜・舞茸・海老など。時間が気になって急いで食べたので写真で見て記憶をたどっています。^^;
こばやし (15)

両膳にはご飯とお吸い物が付いています。
こばやし (16)

あとシャーベットかコーヒーどちらか付いてきますが、我々はバスの時間もあって、シャーベットにしました。柚子味でした。

金目鯛煮付はさすがの美味しさでしたが、その他の料理はまぁまぁといったところでしょうか…?それに観光地の人気の飲食店なので、何となく気配りが不足していた気がします。今日は辛口ですみません。ご馳走様でした。

和食処 こばやし
静岡県熱海市田原本町3-8
TEL 0557-81-1686
月・水~日 11:00~20:00(L.O19:30)
火 11:00~15:00(L.O14:30)
無休
ただし年数回臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ