あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食・割烹

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

愛知県と三重県の県境の伊勢湾は、昔からはまぐりの漁場として有名です。

木曽川、揖斐川、長良川の汽水域と伊勢湾の海水がぶつかる所に良質のプランクトンが生息し「はまぐり」が繁殖、生息するということが、美味しいはまぐりが獲れる理由なのですが、特に桑名のはまぐりはブランドとしても有名です。
はまぐり屋

はまぐり屋」については、3年ほど前に「はまぐり屋 錦店」のほうにお邪魔したことがありますが、その時においしいはまぐりを食べた印象が強く、一緒に行った人ももう一度行きたいという声を受けて、今回は錦三大津店に再訪することにしました。

大津通りに面した角の大きなビルの地下にお店はあります。こちらのお店は、桑名はまぐりの入札権利を持っている「はまぐり卸問屋マルタカ水産」の直営店です。

中はそれほど広くない感じでしたが、行った時はお客さんで一杯でした。我々は19時から予約を入れてありました。

こちらのお店は2時間という時間制限が付いていました。

まずはビールで乾杯です。私はメニューに書かれていた三重県熊野の地ビール「熊野古道ビール(580円金額すべて税別)」を頼んでみることにしました。
はまぐり屋 (5)

こちらの地ビールは初めて飲みましたが、古代米の黒米を使用したフルーティでのど越し爽やかなビールでしたよ。

そして、お通し代わりにこちらのお店の名物である、岩手の「わんこそば」のような形でストップをかけるまで、次ぎ次ぎとお代わりの「焼きはまぐり」が運ばれてきます。
はまぐり屋 (7)

一回目はそのまま、はまぐりの旨みを感じながら食べます。
はまぐり屋 (10)

2回目は薬味が付きます。あら塩、しょうが、わさびです。
はまぐり屋 (14)

この貝殻の山は2回目の時に写したものです。
はまぐり屋 (13)

そして3回目は、また違った薬味が出されます。昆布塩、おろし醤油、レモンです。
はまぐり屋 (8)

飽きさせない工夫ですね。一人9個食べました。
はまぐり屋 (9)

こちらは「はまぐりの刺身(980円)」。焼いた時の味とはまた違います。そのままでも白味噌ダレを付けても美味しく食べられました。
はまぐり屋 (11)

「はまぐりの酒蒸し(980円)」も前回同様頼みました。酒蒸しにすることによってより旨みが引き立ちます。
はまぐり屋 (27)
はまぐり屋 (16)
はまぐり屋 (18)
はまぐり屋 (29)

そして「元祖蛤しゃぶしゃぶ(一人前1,480円)」は2人前から。
はまぐり屋 (20)

前に行った時は1,980円だったので値下がりしていますね?もしかしたが季節の野菜込の値段だったからでしょうか?
はまぐり屋 (21)

その季節の鍋野菜は2人分で980円の追加料金です。

そして、こちらも追加料金がかかりますが、最後の締めのラーメンも2人前を頼み、3人でシェアして食べました。
はまぐり屋 (32)

はまぐりと野菜から出る旨みが昆布だしと合わさって、美味しい〆のラーメンが出来上がりました。普段〆のラーメンなどは頼まないのですが、はまぐりの滋味をたっぷり染み出た汁ならば別腹です。^^;

3人で以上を飲み食いして締めて19,000円ほど。はまぐりは一人20個数個食べた計算になります。そして一人6,000円強ということは納得の金額ですね。満足です。ご馳走様でした。

はまぐり屋 錦三大津店
愛知県名古屋市中区錦3-6-29
 サウスハウスB1
TEL 052-953-3123
月~土17:00~24:00(L.O.23:30)
日・祝・年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

過日、道の駅瀬女へ行ったことは書きましたが、今日は道の駅の中のお店「とうふ 伝好」で食べたランチに付いて書きます。
伝好 (2)

道の駅瀬女に行った目的は、こちらの「とうふ 伝好」で手造り豆腐を使ったメニューを食べることでした。
伝好 (8)

食事時間は11時からということで、その時間を目指して移動。11時になると同時に中に入ると、すでに2組のお客さんが食事をしていました。^^;
伝好 (7)

ここは、基本お豆腐屋さんです。白山麓は堅豆腐が有名で、こちらでもウリはやはり堅豆腐のようです。

その手作りの自家製堅豆腐をその場で食べてもらいたいということで、食事をするお店を併設しているようです。
伝好 (3)

道の駅にあるので、外に向かっては売店もあって、ソフトクリームなども買い求めることが出来ますし、また、とうふ販売は9:00~17:00間で営業しています。
伝好 (22)

中に入ると、とうふや関連の商品を売るところがあり、食べるところも思ったより広かったです。

メニューには、豆腐だけだとバリエーション的に少なくなるので、そばやうどん、そして豆腐から作る油揚げを使った丼などもメニューにありました。
伝好 (9)

そんなメニューの中から私が頼んだのは、一通り、ウリの堅豆腐と豆腐を使った料理、そしてそばまで味わえる内容となっている「とうふ膳(1,400円)」。
伝好 (13)

出されたのがこちらです。

豆腐は富山県入善町の農家に契約栽培してもらっている大豆と珠洲の塩田の天然のにがりを、白山の伏流水を使い作っていますね。こちらのお店の堅豆腐は限界まで水分を含ませて作っているので、非常に瑞々しい堅豆腐でした。
伝好 (14)

「とうふ膳」のメインは堅豆腐のお刺身です。

わさび醤油で食べます。一般的な堅豆腐より水分を多く含んでいるので、滑らかな舌触りでした。もちろん、大豆の旨みがすごくしました。
伝好 (15)

おろしそばには、油揚げが2片乗せられています。そばの量は多くありません。温かいそばも選べますが私は冷たいそばをお願いしました。
伝好 (27)

大根おろしはそれほど辛くはありませんし、そばのほうも、それほど特徴があるわけではありません。
伝好 (17)

小鉢はおからサラダ。絹ごしで、おからには思えないほどの滑らかな舌触りで、味付けも上品で美味しかったです。
伝好 (16)

こちらは豆乳で作られた胡麻豆腐。これも滑らかです。
伝好 (18)

おぼろ豆腐のみそ汁と香の物。甘辛く炊いた煮豆も少量添えられています。

おぼろ豆腐のみそ汁もいいですね~!おぼろ豆腐自体が甘くておいしいです。

ご飯の上に乗せられているのは、自家製季節のみそ。この日のは山菜のフキノトウのような苦みがあるみそでした。
伝好 (20)

おぼろ豆腐とおからサラダが美味しかったので、帰りに家にお土産で買い求めて夕食の時に食べましたが、おぼろ豆腐は大豆のうまみがダイレクトに舌に伝わり、やはり美味しかったです。
伝好 (21)

おからサラダも含めて家では好評でした。ご馳走様でした。

とうふ 伝好(でんこ)
石川県白山市瀬戸寅138-3
TEL 076-256-7325
11:00~16:00(売り切れの場合は閉店)
とうふ販売9:00~17:00(夏季は18:00まで営業)
木曜・第3水曜、年末年始休(臨時休業有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

もうしばらくすると北陸も梅雨に入りますが、アユの解禁も間近です。

人によっては好き嫌いはあると思いますが、川魚も、炭火の遠赤外線でじっくり焼くと骨まで食べることが出来て、何とも滋味です。

さて、新緑の季節。母を連れて小松の山間の中ノ峠まで昼食を食べに出かけてきました。

いろり茶屋
梯川の上流の滓上川(かすかみがわ)沿いにある中ノ峠物産販売所。ここでは、地元で採れた野菜やそれらを加工した品々、工芸品などを販売していますが、併設してうどん・そば・山菜や岩魚料理などを食べさせてくれるお店「いろり茶屋」があります。
いろり茶屋 (6)

入口を入るとすぐ左手に囲炉裏があります。
いろり茶屋 (8)

カズさんの書やイラストも色々なところ飾ってありました。
いろり茶屋 (3)

中は、食べるスペースはそれほど広くなく、カウンター4席と、木造のテーブル席が一つだけです。囲炉裏のまわりにも席がありますが、ここはいわなの焼き場です。(笑い)
いろり茶屋 (7)

5月は季節的にも爽やかなので、外のバーベキューコーナー?で食べても気持ちがいいですね。
いろり茶屋 (5)

我々が着いた11:40ごろ、囲炉裏にはいわなが数匹焼かれていました。一応、帰りに塩焼を持ち帰りで2尾お願いしてからお昼のオーダーをします。(1尾500円)

新鮮ないわなのようで、焼き始めはまだピクピク動いていました。

焼くのに40分ほどかかるそうで、もし行かれるのであれば電話で事前に予約を入れておいた方がいいかもしれません。ちなみにいわなはサケの仲間です。
いろり茶屋 (15)

お昼に食べたのは私は、こちらの「おろしそば(520円)」。汁は濃いめの味でした。そば自体は手打ちではありません。
いろり茶屋 (16)

大根おろしがめちゃ辛かったです。^^;

もちろん、おろしそばは辛くないと美味しくないのでノープロブレムですが。
いろり茶屋 (17)

母は、暖かい「とろろそば(620円)」を頼みました。
いろり茶屋 (14)

暖かいそばをお願いしたのですが、最初、冷たいのが出されました。取り替えてもらう前にちゃっかり写真だけは写してあります。^^;
いろり茶屋 (13)

買って帰ったいわなは、夕食時に魚焼きグリルで温めなおして食べました。これが美味しかったです。本当は焼きたてをすぐに食べたほうが美味しいのでしょうが、頭からしっぽまで骨ごと食べることが出来て、とっても美味しかったです。

なお、温めなおすのはグリルかオーブンがいいそうです。レンジは×だとお店の方が教えてくれました。
いろり茶屋 (9)

あと持ちかえりで「いわなずし(5個入500円)」と「たけのこご飯(200円)」も買い求めました。
いろり茶屋 (10)
いろり茶屋 (11)

「いわなずし」は笹寿しで、酢の塩梅もよく上品ないわなの味と相まって、懐かしい美味しさでした。

「たけのこご飯」もたけのこがたっぷり入り、ちょうどいい味付けでよかったです。

そば自体はそれほど特徴があるわけではありませんが、こちらではいわなの塩焼は外せませんね!

もう少し時期が早ければ山菜もいいでしょうし、秋にはきのこ類でしょうか?季節によって色々楽しめるかもしれません。ご馳走様でした。

いろり茶屋
石川県小松市中ノ峠町ヌ103乙
 中ノ峠物産販売所内
TEL 0761-47-5263
10:00~16:30
水曜日


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

あべのハルカスもオープンして早いものでもう3年2ヶ月が経過しました。

相変わらず人気があるようですが、残念ながら数年後にはあべのハルカスを超える高さのビルが東京に完成するようで、日本一の称号もそれほど長くはないということです。

このあべのハルカスが出来たということで周辺の再開発も進み、阿倍野周辺は10年前とは様変わりですね。

さて、今日紹介します会席料理のお店「四季 旬香」は、そのあべのハルカスからすぐのところにあります。
四季 旬香 (8)

お店自体は地下にありますが店内はそれほど広くはありません。

懐石・会席料理のお店で、料理のクオリティもありながら比較的リーズナブルな和食を楽しめるお店ということで人気です。

我々は、そんなお店にランチを食べに行ったので紹介したいと思います。

さきほど懐石・会席料理のお店と書きましたが、肩肘張らずに楽しめるのは夜だけではありません。ランチも800円から日替わり定食などもありとてもリーズナブルなのです。

この日の日替わり定食は「蓮根の挟み揚げと山芋の短冊揚げ」でした。私はそちらをお願いします。
四季 旬香 (5)

出されたのがこちらです。揚げ物はもちろん揚げ立てで、サクサクのレンコンの食感がいきています。山芋のもねっとりした食感でレンコンとの食感の違いを楽しみことが出来ました。
四季 旬香 (6)

定食には小鉢・温玉・味噌汁・漬物が付いています。ご飯と味噌汁はおかわりが可能になっていましたが、私は逆にご飯を残してしまいました。^^;
四季 旬香 (7)

小鉢・温玉・漬物はこんな感じです。
四季 旬香 (3)

こちらは、一緒に行った人が頼んだ焼魚定食(800円)」。
四季 旬香 (4)

焼魚はサバかサワラがチョイス出来、こちらはサワラの西京焼き。すぐに出されたので、これは残念ながら先に焼いてあったものを温めなおしています。

夜は行ったことがないので何とも言えませんが、たぶん、お昼同様、リーズナブルに美味しい料理を楽しめるのではないでしょうか?ご馳走様でした。

四季 旬香(しき しゅんか)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-17
 巴ビルB1
TEL 050-5868-5947(予約専用)
06-6629-1145(問合せ専用)
11:30~14:00 17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休(連休の場合は最終日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ