あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 日本料理・割烹

今日は福岡の3日目のお昼に食べたお店の紹介です。

さて、イカの活き造りといえば、福岡県のお隣佐賀県唐津市呼子が有名です。

福岡に住んでいた時に一度呼子まで行って食べていますが、もう17年近く前のことになります。

今日紹介する「河太郎 中洲本店」は、そんなイカの活き造りを、初めてメニューとして提供したお店として知られています。

3年前には博多駅店に行っていて、こちらで紹介しています

こちらの中洲本店では、創業60年以上の活魚料理専門店として、本格和食を楽しむことが出来ます。
河太郎 中洲本店 (30)

建物も雰囲気がありました。

ちなみにランチタイムの予約は開店時間の11:45入店のみ可能で、我々は土曜日ということもありだいぶ前に予約を入れてありました。なお、11:45に遅れた場合は自動的にキャンセルになるようです。

我々が案内されたのは生け簀を取り囲むように設置されているカウンター席。たぶんランチのお客さんは観光客が多いのではないかと思いますが、我々のカウンターは女性の二人連れが目立ちました。
河太郎 中洲本店 (6)

大きな生け簀にはたくさんのイカが泳いでいました。佐賀県唐津市呼子直送です。ただこちらの生け簀からイカをあげていることはなかったです。
河太郎 中洲本店 (2)

お品書き、こちらは「ランチ限定メニュー」です。
河太郎 中洲本店 (3)

活造りや本日のおすすめなど。
河太郎 中洲本店 (4)

単品のメニューなど色々ありましたが、ランチはほとんどの人が「いか活造り定食」を頼んでいました。

「いか活造り定食」には小鉢。いかの塩辛・いか活造り・いかしゅうまい・煮物・ご飯・味噌汁・デザートが付いています。

我々2人ももちろん同じです。3年前は2,800円でしたが現在は3,850円になっていました。世の中値上がりが続いていますね。
河太郎 中洲本店 (10)

まず、小鉢の「もずく酢」と「いかの塩辛」が出されます。
河太郎 中洲本店 (7)
河太郎 中洲本店 (12)

これに合わせて、IPAとペールエールのビールを1杯ずつ頼んでいます。

そして「いか活造り」。2人で大きめのイカが1パイでした。
河太郎 中洲本店 (17)

身の部分は透き通っていますね。足は動いていて食べるのが少しかわいそうな気がしました。コリっとした食感で甘みがあって美味しかったです。

飲食店ではなかなかこんな活き造りのイカを食べる機会はないと思います。

その後、こちらのセットが出されました。いかしゅうまい・煮物・ご飯・味噌汁です。
河太郎 中洲本店 (24)

いかしゅうまいも、イカのうま味を感じるものでした。

身を食べ終えると、足や耳の部分は天ぷらにしてくれます。さつま揚げも添えられていました。
河太郎 中洲本店 (26)

それがこちら。ゴマと青さ?の塩で食べましたが揚げ立てでこちらも美味。
河太郎 中洲本店 (21)

あと、「胡麻さば」も追加で頼みましたが、これで1,650円は少々お高いかな?
河太郎 中洲本店 (29)

最後に出されたデザートはパンナコッタでした。

以上を飲み食いして二人で11,000円ほどかかったので、やはり少しぜいたくなランチでしたね、ご馳走様でした。

河太郎 中洲本店
福岡県福岡市博多区中洲1丁目6-6
TEL 092-271-2133(予約)
TEL 050-5595-3568
※天候等によりイカの入荷がない場合あり
ランチ 11:45~14:30(L.O.13:30)
ディナー
月~土 17:30~22:00(L.O. FOOD/DRINK 21:00)
日・祝 17:00~21:30(L.O. FOOD 20:30 /DRINK 21:00)
お盆・年末年始休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


元日に発災した能登半島地震。能登の伝統産業にも大きな被害が出ています。

珠洲では珠洲焼、輪島では輪島塗など、よく知る工芸品以外にも多々あると思いますが、早く元のようになることを祈っております。

我が家には輪島塗の食器が何点かあります。輪島塗は手入れが難しいイメージがありますが、それほどでもなく、ハレ以外の日常遣いでも活躍してくれています。

さて、輪島塗の作家さんの中にも有名な方がいらっしゃいます。そのお一人が塗師の赤木明登さん。文筆家や美食家でも知られていて、また、妻の智子さんもエッセイストとして著名です。

そんな赤木明登さんが昨年輪島市の山中、旧門前町エリアにオープンしたのが日本料理オーベルジュ「茶寮 杣径」。

建物は著名な建築家中村好文氏が手掛けていて、一日一組だけの宿泊者を受け入れています。赤木明登さんの輪島塗などの器と、地元の食材を使った日本料理という贅沢な組み合わせを楽しむことが出来るオーベルジュとして知られていました。

しかし、ご存じの通り地震による被害で現在は営業休止になってしまい、そんな中、手を差し伸べたのが彦三町にあるお茶屋Bar「金沢 紋」です。
金沢 紋 (9)

ちょうど貸し切り営業になっていたことから、3月31日まで「茶寮 杣径(そまみち)」の味を「金沢 紋」の素敵な空間で味わうことが出来るという期間限定コラボが実現したわけです。

ちなみに期間については復旧までの仮営業といことで4月以降も延長になっているかもしれません。お店の方の確認を。

今回、赤木智子さんのファンでもある我妻が、ハレの日を祝うためにディナーをご馳走してくれるということで、こちらを予約してありました。

建物は300坪の敷地に明治時代に建てられた一軒家。内部は素敵にリノベーションされています。
金沢 紋 (10)

中に入るとギャラリーになっていて、赤木明登さんの作品を見ることが出来ました。
金沢 紋 (2)
もちろんその場で買い求めることもできます。

金沢 紋 (13)

そして2階が、元々カフェだったスペースで、そこを使って料理を楽しむことが出来るようになっていました。
金沢 紋 (12)

「茶寮 杣径」の料理長は小松市出身の方。私は10年半ほど前に金沢木倉町で彼がやっていた「六味一滴」というお店に行ったことがあります

窓からは立派な庭と浅野川。
金沢 紋 (15)
こちらの方には主計町や浅野川大橋を望むことが出来ました。


ただ、ある意味間借りのスペースだったので、サービス面ではやりにくさを感じました。

では、この日の料理と飲んだお酒について紹介していきます。
金沢 紋 (20)

最初の一杯がお店のサービス。こちらの日本酒が出されました。
金沢 紋 (21)

私は最初の一杯はビールがいいと思い注文。

まず出てきたのが先付けで、イイダコと紅芯大根と、生薬として知られるカンゾウ。
金沢 紋 (23)

銀杏の生地を極限まで薄く挽き、拭き漆で仕上げてある器で、持ってみると超軽量。もちろん赤木明登さんの作品で素晴らしいです。

イイダコは超柔らかくて滋味あふれる味付けでした。

お造りの1品目は高台の磁器に入れられて出てきました。
金沢 紋 (29)
ナメラの昆布締め。かぶらとプンタレッラ添え。プンタレッラはチコリの仲間でカタローニャのイタリア野菜の新芽のことです。


上品な昆布締めで、しっかりとした食感のナメラ。白醤油で食べさせてくれています。

お造りの2品目は、朱塗の丸盆に置かれれて出された「タイラギ サヨリの酢味噌掛け」。
金沢 紋 (31)
サヨリの下にタイラギ貝が隠れています。酢味噌は酢が控えめでした。

金沢 紋 (36)

椀物はバイ貝酒蒸しで七尾産のもち米を使った玄米餅と菜の花、白いんげん豆が添えられていました。

この後、肴が3品出されます。
金沢 紋 (38)

最初は「メジマグロのコンフィに葉ニンニク」。脂が乗ったメジマグロにほんのりと燻製の香りづけ。そして紅くるり・イチゴ・ビーツが添えられています。
金沢 紋 (39)

陶芸家松本かおるさんのレンガのような焼き物の器には「春のとう葉とりどり 富山湾ホタルイカ そら豆」。こんかさばのピュレとリコッタ添えです。

3皿目は肉料理で「牛すね肉の煮込みと熟成じゃがいも ふきのとう」。
金沢 紋 (41)

禅宗の修行僧が使う応量器のような朱塗りの器に入れられていました。
金沢 紋 (43)

ご飯は「ガスエビのあられと芹のごはん」。ガスエビの天ぷらが乗せられていて上品な仕上がり。美味しいです。
金沢 紋 (44)

味噌汁は田舎味噌仕立てで、かじめと青菜が具材でした。
金沢 紋 (45)

最後のデザートは「いちご 金柑 紅はるか 粒あん」。ハレの日のデコレーション付きです。笑

では、こちらで頂いたアルコールについても触れていきます。

「茶寮 杣径」でのお酒は瓶ビールとワイン、そして能登の日本酒が中心でした。

しかしながら、ご存じの通り奥能登の酒蔵は地震で酒造りが不可能になっているため、安定した入手が難しく、今回は、幸いまだ残っている能登の日本酒を楽しむことにしました。
金沢 紋 (28)

まずは輪島の白藤酒造の特別純米酒。
金沢 紋 (35)

こちらは珠洲の数馬酒造の「竹葉」。昨年秋に私もお邪魔したばかりでしたが、現在は白山市の車多酒造の設備で酒造りしていて、こちらがその新しいボトル。特別純米酒です、

最後には、「茶寮 杣径」のオリジナルで赤木明登さんご自身が輪島の白藤酒造と一緒に作った日本酒。生酛作りで特別純米の無濾過生原酒も飲んでいます。

こちらは19度とアルコール度数が高めなので、最後に頂きました。すごく個性があるというかうま味をダイレクトに感じるお酒でした。

洗練された器と料理を、素晴らしい席で愉しむことができたので満足でした。なお、料金は料理のみで一人2万円だったようです。

オーベルジュ「茶寮 杣径」が一日も早く復活されますことを祈っています。ご馳走様でした。

金沢 紋
石川県金沢市彦三町1丁目9-12
TEL 076-234-0153
茶寮 杣径
石川県輪島市門前町内保コ30
※ランチとディナーを提供
予約はこちらのインスタからⅮⅯ



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市に飲食店の新規オープンが続いているようです。

それも3月16日に敦賀まで延伸した北陸新幹線の影響だと思います。

コロナ禍で閉店になったお店が色々ありましたが、やっと少し活気が出てきた感がありますね。

さて、ちょうど「石川県小松市團十郎芸術劇場うらら」でコンサートがあった日、開演前にお腹を膨らませておこうと、事前に予約して伺いました。

それは2月1日に新規オープンした「和菜 日なた」。
和菜 日なた (2)

場所は小松駅近く、アーケードのある小松中央通り商店街の一角に新しくできた飲食店が数店集まる建物の中です。
和菜 日なた

建物自体も、カジュアルな感じでしたが、こちらのお店の中もカジュアルな作りでした。
和菜 日なた (3)

ただ、それが悪いということではなく、リーズナブルにおいしい和食を食べることが出来るので、コスパ重視の方にはいいお店だと思います。

ご主人は美川にある「御料理 こめや」で働いておられたようです。「御料理 こめや」へはランチに1度だけお邪魔していて、こちらで紹介しています

数日前に予約を入れてありましたが、コンサートの時間を考えると早い時間から営業しているのも選んだ理由の一つでした。
和菜 日なた (16)

入口に出されていたお品書きです。
和菜 日なた (5)

こちらには「本日のおすすめ」と日本酒。ほかにもメニューがありました。
和菜 日なた (4)

その他のドリンクです。
和菜 日なた (7)

まずは生ビールとお通し。

では、さっそく頼んだものを紹介していきます。

刺身は5種盛り(2,000円)でお願いしました。
和菜 日なた (8)

ブリは能登産が無かったので三重県のものだそうですが、これが上品なあぶら身で美味しかったです。

他は中トロ、ヤリイカ、しめ鯖、梅貝でした。どれも質のいい刺身で良かったですよ。
和菜 日なた (9)

能登応援メニューからは「赤なまこ酢(990円)」を頼みました。
和菜 日なた (12)

こちらは「釜揚げしらすとネギのだし巻きハーフ(880円)」。出来立て熱々。
和菜 日なた (15)

「自家製胡麻豆腐(660円)」は上品な胡麻の風味がいい感じ。
和菜 日なた (13)

揚げ物として「山菜とホタルイカの天ぷら」を頼んでいます。旬の山菜の苦味とホタルイカの組み合わせで楽しめました。
和菜 日なた (14)

あと「はす蒸し」も頼んでいます。美味しい出汁にねっとり口の中でとろけるはすの身。美味しいです。
和菜 日なた (10)

お酒はハイボールと、吉田酒造の「手取川大吟醸生酒あらばしり(1,100円)」などを飲んでいます。

以上を飲み食いして2人で11,600円ほど。さすが「御料理 こめや」で腕を磨いた方だけあって、どれもが美味しい料理ばかりでした。

和菜 日なた
石川県小松市土居原町251
TEL 0761-48-7825
17:00~23:00
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

コロナ禍と能登半島地震。石川県の飲食にかかわるところにとって、この4年間は苦難が続いています。

私のブログではグルメがテーマなので、そんな時でもアップを続けていくことが間接的に応援につながると思って、基本毎日アップを続けています。

また、最近は物価高や人手不足も相まって、飲食店の経営者にとっては頭が痛いですね。

そのようなことを乗り越えるために、営業形態やメニュー構成、料金設定など、コロナ禍前までとは大きく変化してきているのではないでしょうか。

さて今日紹介する能美市岩内町の「四季の遊 道草」。
道草 (10)

加賀産業道路からは少し入った位置にあって、飛び込みで入ることは少ないと思いますが、オープン以来人気で事前予約必須の日本料理・懐石・割烹のお店です。

日本料理・懐石・割烹のお店と書くと敷居が高そうに感じますが、こちらは気軽な感じで楽しめます。

前回は、約6年前、こちらのお店がオープンした約2か月後にお邪魔していて、こちらで紹介しています

その後、昨年3度ほど行こうと思って電話を入れるも、平日でも満席ということもあったしてダメだったことが続きました。

3月のとある週末に行こうと、その2日前に確認の電話を入れると空いているということで予約を入れて伺いました。
道草

開店時間の11:30を少し過ぎたころに店内に入りましたが、先客は居ません。
道草 (2)

我々は、こちらのスペースのテーブル席に座りましたが、シンプルながら落ち着いた空間でした。ただ空調が部屋専用ではなかったせいで少し寒かったです。サーキュレーターでも設置されたほうがいいかと思いました。

ランチメニューはこちらのページを確認して欲しいのですが、「道草ランチ(2,500円)」と「特上ランチ(3,500円)」の2種類です。

どちらを頼むか、予約の場合前日までに伝えておく必要があります。

いまの人手不足を乗り切り、フードロスを減らしていくためにも、このことはいいことではないかと思います。

ちなみに、約6年前にも同じ「道草ランチ」を食べていますが、その時は1,800円でした。

「道草ランチ」は、お造り・天麩羅など色々な料理を少しづつ盛り込んだメニュー。
道草 (5)

サラダ・小鉢・温物(茶碗蒸し)・汁物・アイスが付いていました。
道草 (7)

なかなか盛りだくさんでうれしいですね。
道草 (6)

この日のお造りは能登のやなぎさわらのわら焼きとイカ。天ぷらは揚げ立てでした。こちらにある深い緑色のものはよもぎどうふでした。

食後のデザートのイチゴのアイスとコーヒー。
道草 (9)

ドリンクはコーヒー・紅茶をチョイス出来ました。

後から飛び込みで入ってこられたお客さんには「予約で満席です。」と断っていました。我々が食べ終わって出るころ、我々含めて2組だけしかお客さんが居ませんでしたが、ランチタイムはご夫婦?お二人で切り盛りされているので、出来る範囲に絞っているのかもしれません。ご馳走様でした。

四季の遊 道草
石川県能美市岩内町ル38-3
TEL 0761-66-1315
11:30~14:00(L.O.13:00)
18:00~23:00(L.O.21:30)
※ディナー前日迄の予約制。金土はコース料理のみ
月曜・日曜休
※不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

山代温泉にあった「懐石 なか尾」。私のブログではこちらで紹介しています

その「懐石 なか尾」が、昨年12月21日に「茶寮 なか尾(saryo NAKAO)」というお店に変身しています。
茶寮 なか尾

前は昼も夜も少し敷居が高い懐石料理のお店として営業されていましたが、代が変わったことで、少しカジュアルに楽しむことが出来る茶寮として新装オープンしたわけです。

建物の道路側に面したところは駐車場にして、後ろの建物の半分ぐらいを大改装していました。
茶寮 なか尾 (4)

ゆったりとした落ち着いた空間。庭は前のお店のままのようです。営業時間の方も17:30までと短くなっていました。
茶寮 なか尾 (3)

お品書きです。
茶寮 なか尾 (6)

ランチは、こちらのお弁当メニュー1種類のみの設定。事前予約性で税込みで4,180円。そして11:30から12:30までに入店の必要があります。
茶寮 なか尾 (7)

ランチタイム以外の時間帯は、和のスイーツ中心のメニュー構成で、
茶寮 なか尾 (8)

こちらはドリンクです。

我々は前日にお弁当の予約を入れたらカウンター席のみ空いていたのでカウンター席に座りました。

カウンター席の方がきれいなお庭を見ながら食べることが出来るので、個人的にはこちらの方がいいです。
茶寮 なか尾 (10)

事前予約なので、それほど待つことなく、こちらのお膳が運ばれてきました。

ひと目見ただけで美味しそうなのがわかります。そして見た目も豪華ですね。
茶寮 なか尾 (16)

下に並んでいるのは刺身・ふきのとうの天ぷらとカキフライ・香の物です。
茶寮 なか尾 (15)

上は三方と六角形の器に色々な料理が盛られていました。

日本料理のエッセンスが盛り込まれていますね。
茶寮 なか尾 (17)

三方の上に乗せられていたおかめの面をどけるとこんな感じ。

春を感じさせてくれる八寸的な料理の数々。白和えが美味しかったです。
茶寮 なか尾 (15)

こちらには、たらの柚庵焼き他。
茶寮 なか尾 (19)

別に出された椀物。
茶寮 なか尾 (18)

ご飯は無農薬・化学肥料不使用の有機栽培米「いのちの壱」を使用していて、炊き立てで光り輝いていました。もちろん美味しかったのでお代わりをお願いしました。味噌汁はなめこです。
茶寮 なか尾 (11)

ランチの値段としては少々高めですが、空間といい料理の見た目や味についても満足度高いので納得できました。ご馳走様でした。

茶寮 なか尾(saryo NAKAO)
石川県加賀市山代温泉桔梗丘4-29
TEL 0761-77-0015
11:30~17:30(L.O.17:00)
水曜、第4木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ