あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食・割烹

浜松のグルメといえば、うなぎと餃子が有名です。

我々の年代だと、「うなぎ=浜松」のイメージが強く、うなぎの生産量も静岡が日本一ではないかと思われている人が多いと思いますが、実は日本で一番うなぎの生産量が多いのは鹿児島県なのです。静岡県は第4位です。

しかしながら、過去の栄光?うなぎ屋さんの軒数については、静岡県、特に浜松市が一番なのです。

そして特徴的なのは、浜松は日本の中間点あたりなので、関東風、関西風、両方のお店が市内に混在しているという点。なかなか面白いですね。


そこで今日紹介します「うなぎの佳川」は関東風のうなぎを食べさせてくれるお店です。

関東風のうなぎの特徴は、一度蒸すという工程が入ることによって「外はカリっと中はふんわり」と仕上がるのです。
うなぎの佳川

「うなぎの佳川」は、いわゆる大箱のお店で郊外型の和食レストランのような建物で目立ちます。
うなぎの佳川 (4)

店内も仕切りで囲われたテーブル席が多く、グループや家族連れの方をターゲットにしているようで、ゆったりと食事が出来るスペースが確保されていました。
うなぎの佳川 (2)

お品書きです。
うなぎの佳川 (3)

うなぎ以外にも定食や御膳のセットメニューがありました。

我々は「うな重(2,600円税別)」を頼むことに。
うなぎの佳川 (5)

「うな重」はうなぎ一切半使われています。ちなみに「上」は1尾使われています。
うなぎの佳川 (6)

国産うなぎにこだわっていて、そして焼き方にも特徴があります。(もっとも、こちらのお店に限らず浜松のうなぎ屋さんでは、浜松産うなぎと謳えないところは辛いかも?)

溶岩石焼という溶岩石を熱して、その遠赤外線で焼くことによって、関東風の特徴である「外はカリっと中はふんわり」を、より強く感じさせてくれるように仕上げているのです。

タレも、創業40年を越える間、継ぎ足しているようです。

食べてみると、確かに「外はカリっと中はふんわり」と仕上っていましたが、でも浜松に来て食べた甲斐があったと思わせてくれるほどではなかったです。言ってみれば無難な味だったかもしれません。^^;

小鉢・吸物・漬物が付いていました。
うなぎの佳川 (7)

吸物は肝が入っていました。

今年以降もうなぎの稚魚、しらすの漁獲高が厳しいのが続くと言われています。だんだんと庶民の手の届かないところに行ってしま「うなぎ」でしょうか……?寂しいですね。ご馳走様でした。

うなぎの佳川
静岡県浜松市中区船越町53-4
TEL 053-464-5300 
月~土
ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~20:30
日・祭日
11:30~20:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

婦人画報の5月号で「料亭と割烹」が特集されていました。

「料亭・割烹」というと何となく敷居が高い感じがします。

まぁ、どちらも日本料理を食べさせてくれるお店なのですが、小松にも昔から「料亭・割烹」を名乗るお店がたくさんありました。

料亭は少しお店の格式が高いと言いますか、高級なお店です。

小松では「小六庵」「一浪」「まつ家」「長沖」などが「料亭」にあたります。昔は馴染みの客がメインでしたが、今は一部のところを除いて飛び込みのお客さんもokなところがほとんどです。
割烹 河口

今日紹介します山代温泉にあります「割烹 河口」。冠に「割烹」が付いているとおり割烹のお店です。

割烹店にはカウンター席があることが目印になります。料亭には基本カウンター席がなく座敷で料理を食べます。

5月のとある日にランチを食べに伺いました。
割烹 河口 (2)

入口も落ち着いた佇まいです。

こちらのお店ではランチタイムに、非常にリーズナブルに楽しめる「昼御膳」があります。

「昼御膳」は税別2,000円というリーズナブルなお値段で、日本料理における一通りの料理を楽しめて、かつ割烹としてしっかりと美味しい料理なのです。
割烹 河口 (4)

こちらはその他アラカルトのお品書きです。私はもちろん「昼御膳」です。

伺った時は12時半過ぎだったのですが、多分地元のお客さんだと思いますが、カウンテー席は8割方埋まっていました。昼間から飲んでいて羨ましい限りです。
割烹 河口 (6)

写真はグループのお客さんが帰った後に写したものです。カウンター席は広くてディナータイムでも十分ゆったり食事が出来るでしょう?

さて「昼御膳」。最初にこちらの3品が出されました。
割烹 河口 (3)

ホタルイカの沖漬け、もずく・きゅうり・わかめの酢の物、ワラビのしのだ巻。
割烹 河口 (5)

そして刺身は、ガスエビとアジをサラダ風に仕上げたもの。飲みたくなります。^^;

焼物は「ハタハタ」でした。しっかり焼かれていて頭から食べられました。
割烹 河口 (8)

わさび菜が添えられています。
割烹 河口 (9)

この後は揚物で「トビウオの唐揚げ」。揚げ立てサクサクです。
割烹 河口 (7)

ご飯とお漬物。お漬物は上品な味。
割烹 河口 (11)

具だくさんのお味噌汁です。
割烹 河口 (10)

最後にはデザートとして、棒茶プリンが出されました。

ランチは高級な食材はさすがに使っていませんが、刺身から焼物・揚物・酢の物・煮物など、日本料理の定番の品数をしっかり味わうことが出来て、しかも税別2,000円といううれしい値段。味の方も料亭の名に恥じないものでした。

地元の人を中心に人気なのがわかります。ご馳走様でした。

割烹 河口
石川県加賀市山代温泉17-101-1
TEL 0761-77-1178
11:30~13:30
17:00~23:00
日曜(10名様以上の予約のみ可)、年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪から小松に戻る前に夕飯を済ませて帰ることにしました。

小松停車のサンダーバードの最終が20:07大阪駅発。それに間に合うように夕方5時に営業しているお店の中から選んだのが「はまぐり庵-吉祥別邸-」です。

「はまぐり」を食べさせてくれるお店といえば、私は名古屋で2か所行ったことがあります。
水産会社直営の「はまぐり屋」というお店で、錦三大津店錦店に行きました。

「はまぐり」といえば名古屋のお隣、三重県桑名が有名ですが、名古屋で最初に食べた時に、とても感動して2回目もお邪魔したほどです。

大体が「はまぐり」専門店そのものも日本ではあまりないと思います。

今回お邪魔した「はまぐり庵」は、阪急グランドビル28Fと、我々がお邪魔した吉祥別邸の2カ所あります。
はまぐり庵

2カ所は少しメニュー構成が違っていて、阪急グランドビル28Fの方が品数が多くなっていてコース料金も少し高めになっていました。一方、吉祥別邸は阪急三番街の地下の飲食店街にあって少しカジュアルな雰囲気なのでしょう?
はまぐり庵 (11)

「はまぐり」といえば、旬は春先の2月~4月。ちょうど「ひな祭り」のころが旬なのですが、行った日が5月1日なので1日だけ旬の時期とずれてしまいました。
はまぐり庵 (4)

我々が予約してあったコースは「貝尽くしコース(税別5,800円)」です。基本、前日までに予約が必要です。
はまぐり庵 (6)

その名の通り、前菜から締めまで「はまぐり」がメインの貝ばかり出てくるコースで、貝好きの人にはたまらないコースではないでしょうか!?

まず前菜は「貝の前菜3種盛り合わせ」。「はまぐり」のジュレ、とり貝、ホタテでしたが写真撮り忘れです。^^;

お造りとしては「鮑のお造り」が出されます。
はまぐり庵 (13)

サイズは小さく、まぁ、一般的に「とこぶし」と言われるようなサイズです。

焼物は「焼きはまぐり食べ比べ」で、三重県桑名の天然はまぐり10年もの、7年もの、5年もののはまぐりが食べ比べできます。
はまぐり庵 (17)

私は7年ものが一番おいしいと思いました。10年物は滋味過ぎる?
はまぐり庵 (18)

揚物は「はまぐりの天ぷら」です。普段あまり「はまぐり」は天ぷらで食べないのでよかったです。
はまぐり庵 (22)

鍋は「はましゃぶと鍋野菜」で、「はまぐり」のしゃぶしゃぶを楽しむことが出来ます。
はまぐり庵 (20)

ほんのりカツオ出汁のスープに「はまぐり」を入れ、貝が開いたらok!
はまぐり庵 (19)

一人10個ずつ「はまぐり」が付いてきます。あとレタス・ネギなどの野菜もついていました。
はまぐり庵 (24)

「はまぐり」から出たうま味を含んだスープをおちょこで飲むことが出来ました。美味しいです。
はまぐり庵 (25)

〆には「はまぐりラーメン」。やっぱり「はまぐり」いいうま味が出ますね。麺は中細ストレート麺で黄色い麺でした。

あと、飲んだものについても紹介ししておきます。
はまぐり庵 (8)

まずとりあえずの生ビール。
はまぐり庵 (14)

妻は「はまぐり」に合うだろうということで、日本酒を飲んでいました。「梅の宿 純米大吟醸 生酒(税込648円)」
はまぐり庵 (16)

私は、その後はハイボールです。銘柄が山崎だったのはうれしいのですが、見た目濃いように見えますが薄かったです。^^;

以上、飲み食いして一人8,000円ほどだったと思います。

はまぐり三昧!あまり普段は出来ない贅沢を楽しめるお店ということで満足度は高いと思います。ご馳走様でした。

はまぐり庵 -吉祥別邸-
大阪府大阪市北区芝田1-1-3
 阪急三番街南館B2F
TEL 06-6373-3456
11:00~23:00(L.O.22:00)
不定休(阪急三番街に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にも新店オープンが続いています。

今日は4月に新しくオープンした小料理屋「げん」を紹介します。

小松市沖町の「四季彩 粋庵」の掛田さんから情報を頂き行ってきました。

しかしネットで情報を調べるもほとんどなし。最初住所もわからなかったのですが、再度、掛田さんから電話番号をお聞きして予約を入れて伺うことに。
げん (2)

場所は小松駅のすぐ近く。小松エアポートホテルの斜め前です。お店は前「季節料理 あきやま」だったところを改装されています。

ご主人の源田さんは、小松中央通り商店街にある「串揚げ いやさか 小松総本店」の元店長。その前は「四季彩 粋庵」で3年間、料理の腕を磨いて、このたび独立されたのです。
げん (7)

中に入るとカウンター席が6席で、奥に座敷席があって、イスに座って楽しめる8名分のテーブル席がありました。新しいお店なので当然きれいです。

2階に上る階段がありましたが、2階にも席があるのかは聞きませんでした。
げん (3)

お品書きは定番物のこちらと、
げん (6)

今夜の一品のがありました。意外と肉系のメニューが多かったですね。
げん (4)

まずは生ビールとお通し。

そして頼んだ「お造りの盛り合わせ」は1人前(1,250円)と1.5人前(1,800円)があって、こちらは1.5人前です。
げん (9)

7種類が盛られていました。まぁ、ネタ的には普通ですが新鮮で美味しかったです。
げん (12)

「本日のぬた」は、イワシです。
げん (11)

「蓮根蒸し(680円)」です。個人的に蓮根蒸しは大好きです。
げん (18)

「春菊おかかチーズサラダ(680円)」。春菊がサラダで出されるのは珍しいかな?新鮮な春菊でえぐみもなく美味しかったです。
げん (17)

「なすのオランダ煮」。昔は家でもよく出されたオランダ煮ですが、いまは懐かしい味になってしまいました。
げん (14)

こちらは「あさりの酒蒸し」です。これは「はまぐり」ではありません。とても大きな「あさり」です。もちろん。うま味がたっぷり出ていましたね。
げん (10)

あと、飲んだものですが、生ビールのあとは日本酒です。

妻は2種類ほど頼んでいました。
げん (16)

その中でも福島県の大七酒造「純米生もと」が気に入ったようでした。

普段は燗はあまり飲まないのですが、さらりとした飲み口で美味しかったです。
げん (15)

私は久しぶりに屋久島の芋焼酎「三岳」のお湯割りです。

以上飲み食いして二人で9千円強。なかなかのコスパでした。

ちなみに、奥にある座敷の部屋は人数によっては、お店自体を貸切にするそうです、たぶん料理をお一人でやられているからでしょう?

小松駅近くで使い勝手も良く、「四季彩 粋庵」仕込みの和食の料理の確かさ、「串揚げ いやさか」で培ったホスピタリティがウリのお店で人気が出来るでしょうね?ご馳走様でした。

小料理 げん
石川県小松市土居原町288-1
TEL 0761-27-2365
17:30~24:00
日曜、第2・4月曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年花見に行く芦城公園。


今日は、夜桜見物の前に会社の人と行ったお店「一山楼」についてです。
一山楼

こちらへは、この桜の季節に1年おきぐらいにお邪魔しています

昔の蔵を移築改装したところもあったりして、なかなか店内も趣のあるお店なのです。私はこちらがリニューアルした時から何度も利用させていただいています。

外観だけ見ると敷居が高そうに見えますが、お値段はリーズナブルな値段設定のコースもあって比較的気軽に入ることが出来ます。
一山楼 (2)

奥の座敷は静かに落ち着いて飲み食いできるところになっていて、この日もゆっくり楽しませていただきました。

メニューは定食の釜飯コース(税別2,000円)、一人一釜付いてくる本御蔵コース(税別3,800円)、花コース(税別4,500円)、月コース(税別5,500円)、雪コース(税別7,000円)。

奥の座敷利用の場合は花コース以上からとなっています。なお奥の座敷はサービス料も必要となります。

我々は前回と同じで花コース。内容も昨年とほぼ一緒なメニュー構成でした。
一山楼 (4)

まずは先付の白和えを肴に乾杯用の食前酒で乾杯です。
一山楼 (6)

お造りは昨年とまったく同じで、甘えび、ガンド?、タイ、サワラでした。
一山楼 (7)

揚物は天ぷら。岩塩で食べます。今年は普通の内容ですね。
一山楼 (8)

焼物はサワラの西京焼き。
一山楼 (9)

蒸し物は湯葉巻に里芋、つみれ、菜の花の餡かけ。上品な餡がかかっています。
一山楼 (10)

酢の物は、こちらも今が季節のホタルイカです。今年はタコは入っていません。
一山楼 (11)

締めのご飯は今年は五目釜めしでした。このコースでは釜めしはお茶碗の盛られて出されます。ガス釜方式の強火で一気に炊き上げる釜めしは何度食べても美味しいですね。

一人一釜付いてくる本御蔵コースもいいのですが、歳をとって来るとこのぐらいの量が適量です。^^;

吸物、香の物ももちろん付きます。
一山楼 (12)

デザートはフルーツとプチケーキ。
一山楼 (5)

お酒のほうは、生ビールのあと、今年は日本酒は頼まずにハイボールと焼酎お湯割りを中心に飲みました。

料理の内容は4,500円以上のクオリティなのがうれしいですね。

以上飲み食いして一人8,600円ほど。静かな座敷で仲間と一緒に一献。楽しいひと時でした。ご馳走様でした。

一山楼
石川県小松市殿町2丁目17
TEL 0761-22-0524
11:30~13:30
17:30~22:00
前日までの要予約
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ