あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食・割烹

JR仙台駅の3階フロアに牛たん通り・すし通り・ずんだ小径という飲食店やお土産屋さんが並んでいる通りがあります。
仙台倉庫 (5)

その一番北側奥に「すし通り」があって、宮城の人気寿司店が軒を並べて出店しています。

宮城県といえば、近くに気仙沼や石巻、塩釜などの有名な漁港を抱えていて、新鮮な旬の魚介を使った美味しい寿司をリーズナブルに楽しむことが出来るのです。
海風土 (19)

何軒もある寿司店で我々が選んだお店は、牡蠣も楽しむことが出来るということで、「かき鮮 海風土(うぶど)」というところにしました。

今の時期、三陸の牡蠣は押さえておきたいところです。

石川県にも穴水など牡蠣の産地はありますが、地元やイベントでもなければなかなか殻付きの生牡蠣がスーパーなどで売っていることはなかなかありません。

しかし、宮城の牡蠣は殻付き牡蠣で生食用として出荷されるものが多いようで、さすが日本で広島と並んで牡蠣の二大産地として知られる宮城県ならではです。

ターミナル駅のお店としては店内は広く、この日も大勢の人で賑わっていました。
海風土 (7)

さて、最初に頼んだには、ハイボール(650円)とお通し(400円)です。
海風土 (5)

そしてイの一番に生牡蠣を頼みます。産地も色々あって悩むところですが、まずはメニューにでかでかとでていた「生牡蠣の食べ比べ」です。
海風土 (11)

「生牡蠣の食べ比べ」は3Pで1,300円。3か所の牡蠣を食べ比べることが出来ます。

南三陸志津川、東松島産の鳴瀬、それに女川産の3ピースです。身自体はプリンとした感じではなかったです。まぁ、このあたりは値段との兼ね合いですかね?

レモンを絞って食べたり、ポン酢ともみじおろしにも合います。こんな風に食べると、ひと口に牡蠣と言っても3種3様の味の違いがわかりました。

東松島産の鳴瀬牡蠣と女川産の牡蠣は、甘みがあってレモンが合いましたが、南三陸志津川のはポン酢の方が良かったですね。
海風土 (9)

お次は、本日のおすすめ刺身ということで「金華サバ」。ブランドサバなので、これで1,200円とちとお高めです。

この貝がたくさん入っているのは「貝賊蒸し(1,100円)」です。この量で1~2人前。3~4人前にもありました。
海風土 (12)

牡蠣をはじめサザエ、ハマグリ、さざえ、赤貝、ホタテの5種類の貝が酒蒸しされています。残ったスープを飲むと、貝から出た汐のうま味がしみて美味しかったです。
海風土 (17)

「アスパラバター(670円)」。食感もよく甘みもありました。
海風土 (18)

こちらのししゃものような魚の干物は「メヒカリ(目光)」という小魚です。意外と脂が乗っていました。酒の肴によかったです。
海風土 (15)

これは私が飲んだのではありませんが、ヒレ酒(900円)です。火をつけてフタをしてしばらく。フタを開けると香ばしいかおりがしました。
海風土 (14)

私は、とある理由で麦のお湯割りに梅干しをプラスして飲みました。

締めにお寿司という選択肢もあったのですが、お昼にたっぷり食べすぎたので、この日は頼みません。^^;

以上飲み食いして一人5,000円強。大体予想の範囲でした。この日は食べませんでしたが、新鮮な魚介の刺身や牡蠣も色々な料理法で楽しむことが出来ます。合わせて寿司も食べられるということで、観光客にも人気のお店ですね。ご馳走様でした。

かき鮮 海風土(うぶど)
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
 JR仙台駅3F
TEL 022-212-2340
10:00~22:30(L.O.22:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

小松の大和町に「あん庵」という和食のお店があります。

オーナーの河野ママのことは私も良く存じあがていて、彼女のホスピタリティ溢れるお店づくりのおかげで人気のお店となっています。

また、彼女は昨年まで北浅井で「旬庵ダイニング」というお弁当や仕出しのお店を出していました。
旬庵

昨年末「旬庵ダイニング」をクローズして、むかしお店をやっていた原町の店舗を改装して「味茶房旬庵」をリニューアルオープンさせたのです。

旬庵 (2)

お店は小松市街から15分ほど車で山の方に行ったところにあります。

「味茶房旬庵」のオープンは2月1日。私はその週の土曜日に出かけてきたので書きたいと思います。
旬庵 (14)

この日、オープン少し前の早目の時間に伺い、ママと少しお話をしながら写真撮影をしてきました。
旬庵 (10)

むかしのお店のときも何度かお邪魔しましたが、その時はうどんや日替わりの定食が主なメニューでしたが、今回は基本バイキング形式のランチになっています。
旬庵 (5)

一応、ランチのネーミングとしては「お野菜満喫大地のめぐみ ビュッフェコース」で1,680円(税込)となっています。

実はバイキングのお店にはそれほど行きません。なぜかというと、それほど量を食べる方ではないのに、色々並んでいるとついつい食べ過ぎてしまうからです。^^;
旬庵 (11)

お座敷にテーブルを置いて、前はカウンター席があったところに、色々な料理を並べています。
旬庵 (28)

まわりには、色々な作家さんの作品が並べられていて、ミニギャラリーとしても楽しめますし、大人の雑貨類もあってこれらを買い求めることもできます。
旬庵 (27)

さて、バイキングのおかずは10種ほど。一部は日替わりになるようです。この日のメニューはこんな感じです。(注:この内容は2月前半のものです)

有機野菜のサラダ 
おからこんにゃく焼き肉風
干したけのこの炒め煮
かたはの胡麻よごし 
根菜きんぴら
かっちり豆
ブロッコリーと豆の玄米甘糀のサラダ
大根と畑のお肉のデミソース煮込み
車ふと舞茸の味噌汁
16穀米
炊き込みごはん
黒米おはぎ
旬庵 (16)

あれもこれも食べたくなり、持ってきたのがこれら。う~ん、取り過ぎたかな?^^;
旬庵 (17)

どれも美味しそうですね!ご飯は16穀米と炊き込みご飯の2種類。思わず両方とも食べてしまいました。^^;
旬庵 (25)

野菜はなるべく小松の地の物を使うようにしているようで、有機野菜サラダは小松の西田農園さんのもの。また調味料も安心して食べていただきたいという思いから、出来る限り自然のものを使っているということでした。たとえば砂糖は「きびさとう」、塩 は「沖縄の塩」、味噌は手作り、醤油と酢は地元産といった具合です。また、小麦粉・片栗粉とかも使わず玄米粉・米粉を使用しているなど気を使っていますね!
旬庵 (12)

うれしかったのは、お肉類がなくヘルシーなこと。肉が苦手な私にとってはありがたいです。
旬庵 (6)

お肉の代わりに「畑のお肉」、つまり大豆を使って、言ってみれば精進料理にも見られるお肉風に仕上げていました。なるほど!ってな感じです。
旬庵 (21)

美味しいので、持ってきた分は全部胃袋に消えていきました。
旬庵 (31)

なお、食後はポットに入ったドリップコーヒーがデミカップ飲めますが、100円プラスで豆から挽いてコーヒーを入れてくれます。あと、デザートもプラスの場合は、コーヒー付で300円プラスになります。

1,680円は少し高めの設定かもしれませんが、この内容・味・ボリュームを考えると、お得感がありますね。

今のところバイキングはお昼のみとなっていますが、将来的にはディナーも可能性はあるようですよ!(^_-) ご馳走様でした。

味茶房旬庵(あじさぼうじゅんあん)
石川県小松市原町87-1
TEL 0761-58-2568
ランチ11:30~14:00
甘味カフェ14:00~16:00
日・月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  
 

加賀市の橋立港といえば、石川県の漁港でもブランドの加能ガニが水揚げされるところで有名です。

橋立港の周辺には、カニの解禁期間に美味しい加能ガニを食べることが出来るお店が何軒かあります。


今日紹介します「舟重」は、3年ほど前までは前述の「司」のすぐ近くで、同じカニ割烹のお店を営んでいました。
舟重 (15)

いまのお店のご夫婦の年齢から推測すると、後継者もいない?人手不足?もしくはカニ高騰などの影響?などの理由で閉店され、ご実家と思われるところを改修され、お昼のみ営業されているのではないかと思います。
舟重 (2)

ちなみに夜は予約が入れば営業されるようです。
舟重 (4)

場所は「北前船の里資料館」に隣接していますが、メインの通りに面していないので、飛び込み客は期待できません。前のお店のときのお客さんなどが訪れるのでしょうか?

私がお邪魔したお昼時の時間は3組のお客さんでした。

メニューはお昼の定食一種類のみです。お品書きもありません。

香箱ガニの漁の期間は昨年12月29日まででしたが、この日のランチは冷凍してあった香箱ガニがメインという内容になっていました。

冷凍であれ、一パイの香箱ガニが付いて1,200円という値段はお得です。
舟重 (7)

出されたのがこちら。
舟重 (6)

香箱ガニはちゃんと捌いてあったのがうれしいです。
舟重 (13)

足の身の下にはたっぷりの内子がありました。大好きな香箱ガニを食べることが出来て良かったです。
舟重 (9)

あと、大きな茶碗蒸しも付いてきます。

この茶碗蒸しが美味しかったですね~!さすが割烹店を長らくやられていたご主人です。ダシの旨みが効いています。中身も具だくさんでした。

ダシがいいということはお味噌汁も美味しいということです。
舟重 (10)

具は原木なめこと美味しいタラの身。

千枚漬けと白菜の浅漬けも添えられています。

ただ、香箱ガニも茶碗蒸しも、ご飯のお供というよりお酒のお供的なおかずなので、もう少しご飯のお供になるおかずが欲しくなりました。
舟重 (12)

そこでちょうど自家製の昆布締めがありますということを最初に聞いていたので、こちらの真鯛の昆布締めも追加で頼みました。300円です。

ほんのりと昆布の旨みが染みて美味しかったです。

いや~、1,200円でこの内容とクオリティ!さすが人気のカニ割烹を営んでいたことはあります。おすすめです。ご馳走様でした。

舟重
石川県加賀市橋立町ロ385-1
TEL 0761-75-1310
11:00~夕方ころまでの営業
※夜は予約制
不定休(原則火曜)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

皆さん、今日でいよいよ2016年も終わりです。皆さんにとって今年はどのような年でしたでしょうか?

さて、今年最後のお店の紹介です。残念ながら蕎麦のお店ではありません。^^;

久しぶりに小松のうなぎの名店「かけだ」でランチを食べました!11年半ぶりに紹介します。

「かけだ」といえば昔は「どじょう」も有名だったのですが、「どじょう」のほうはなかなか商売的に厳しいのか?やめてしまったようです。

「かけだ」のどじょうは我が家でも人気で、お盆やお正月には百本単位で買い求めていました。残念ながら「どじょう」の安定供給が難しくなったのかも……?

「小松西俣で初のドジョウ養殖開始」なんてニュースも見たような気がしますが、その後どうなったんでしょうね?
かけだ

さて、久しぶりに「かけだ」のお店の中に入っての食事です。うなぎは時々買いにいくときがあるのですが、その時は入口の右側にある窓の方で受け渡しをしてくれます。

昨今、ご存じの通りウナギの価格が高騰して、我々庶民の口にはなかなか入らなくなりました。当然、うなぎ屋さんで食べる場合も、高級料理の位置付けになってしまいました。^^;
かけだ (3)

お品書きはこんな感じ。
かけだ (6)

私は「ふわとろひつまぶし上(2,900円)」をお願いしました。

ひつまぶし上(2,800円)に山芋のすりおろし「とろろ」がプラスされたものです。
かけだ (4)

「ひつまぶしの召し上がり方」の通りに食べ進めます。
かけだ (9)

まずは、お茶碗にとってそのまま。香ばしいうなぎの香りが食欲をそそりますね。
かけだ (10)

途中で「とろろ」をかけると、違った味と食感でさらに美味しさが加わります。
かけだ (11)

2杯目は、薬味を乗せて食べます。

そして最後は、だし茶をお願いしてお茶漬けにして食べます。
かけだ (12)

熱々のだし茶でわさびを溶かすと、ツンとわさびの香りが心地よく改めてお腹がリセットされる感じでした。
かけだ (5)

妻は「うな重の上(2,600円)」を頼んでいました。

やはりテイクアウトよりは焼きたてをお店で食べるほうが格別です。

しかし、「かけだ」は炭で焼いているわけではないのですが、何故かおいしいんですよね?
かけだ (13)

デザートも付いてきます。ごま・抹茶・バニラの3種類からチョイス出来ますが、私は抹茶、妻はゴマを頼みました。

うなぎも絶滅危惧種に指定されましたが、日本人にとってはうなぎは昔から切っても切れない縁があります。

こんなに高くなって少し寂しい気もしますが、これからも美味しいうなぎをリーズナブルな価格で食べさせてくれることを願っております。ご馳走様でした。

最後に、今年もブログをお読みいただきありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

かけだ
TEL 0761-21-6774
石川県小松市日の出町3-173
11:30~14:00
17:30~20:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

岡山といえば瀬戸内海に面していて、私が住む日本海側とは、また違った魚料理を楽しむことが出来ます。

日本海の荒波や潮にもまれてのキトキトの魚というよりは、タコやタイ、サワラなど、そしてイカナゴやママカリなどの小魚類も美味しいですよね?
なごみ (12)

さて、今日紹介します「和(なごみ) さかな処」は、2年前に岡山に行った時に紹介した中華のお店「香徳園」の前にあります。

「香徳園」はお得なランチを楽しめるお店でしたが、こちらの「和(なごみ)も、なかなかコスパ的によく、味的にも満足できるお店だったと思います。

ランチ時の少し前の時間帯に伺いました。

店内はカウンター席、テーブル席、小上がり、座敷と色々なパターンで利用が出来る作りで、ランチの時間帯も女性のグループ、ビジネスマンのランチ、家族連れなど色々な方々で賑わっていました。人気のお店です。

慶事、法事などにも使い勝手がよさそうですし、お弁当や仕出しにも対応できるようです。
なごみ (3)

さて、ランチメニューはご覧のような感じです。色々な好みといいますか客層にも対応できるラインナップになっています。

その中から私は「焼さば寿司(900円)」を頼むことにしました。
なごみ (6)

瀬戸内で鯖?ってな気もしましたが、メニューの写真が美味しそうだったのです。
なごみ (10)

身も厚い焼さば寿司で、見た目通りの美味しさでしたよ。
なごみ (7)

茶碗蒸しとお吸い物が付いています。茶碗蒸しはさすがの味でした。
なごみ (11)

デザートも付いてきます。 
なごみ (8)

一緒に行った人の一人は「天丼(900円)」を頼んでいました。

こちらのは小鉢と茶碗蒸しが付いています。
なごみ (9)

もう一人は「日替わり御膳(800円)」。この御膳は平日の火~土曜日で数量限定となっています。

この日のメインは「さごしのゆかり揚げ」。そのほか、お造り・小鉢・香物・小さなデザートが付いていました。

ゆかり?あのふりかけの「ゆかり」で揚げたものでしょうか?

さすが鮮魚店直送の魚介を使った本格和食をウリにしているお店だけあって、ランチも納得の味で、かつ千円以下で食べられることはうれしいですね。ご馳走様でした。

和(なごみ) さかな処
岡山県岡山市北区西古松2-26-22
TEL 086-245-7635
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:30(L.O.22:00)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ