あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 日本料理・割烹

大阪といえば割烹や料亭など和食・日本料理の名店がいくつも存在しています。

石川・金沢の料理人も大阪のそれらの有名なお店で修業された方が何名もいらっしゃると思います。

そんな大阪で今回お邪魔したのは、大阪南船場にある創作和食「へちもんや」というお店です。
へちもんや

南船場あたりは、昔住んでいたマンションに近かったのでよく行きましたが、こちらのお店にお邪魔するのは初めて。

元々は繊維問屋街として発展したエリアですが、最近は人気のショッピングエリアとしても人気で、飲食店についても色々いいお店があります。

店名にある「へちもん」とは信楽地方の言葉で「ふうがわりなモノ」という意味らしいです。創作和食のお店ということでそのような名前にしているのでしょうか?
へちもんや (4)

店内はこんな感じです。なかなか雰囲気がいい内装です。
へちもんや (3)

カウンター席です。1階だけではなく2階にも席がありました。
へちもんや (6)

お品書きです。
へちもんや (7)

こちらも。
へちもんや (5)

「本日の献立」です。他にも色々とメニューの種類が豊富でした。
へちもんや (8)

まずは生ビールとお通しの胡麻豆腐。

そして頼んだのは、まずは野菜からということで「へちもんやの野菜サラダ(税別950円)」です。
へちもんや (10)

洋系の料理で出されるゼリー寄せのように成形され、その周りにも野菜が散りばめられていました。12種類の野菜が使われていてインスタ映えしそうなサラダでした。
へちもんや (11)

お次は「出し巻き(580円)」。作りたてでほかほか。ダシの旨みを逃がさないように切らずにそのまま出されました。なるほど!さすがにダシがきいています。

お造りの盛り合わせは「五種盛り(2,100円)」。
へちもんや (13)

5種類はブリ、活タコ、タイ、本マグロ、ホタテのしそ造りでした。
へちもんや (19)

こちらは「カキフライ(800円)」。牡蠣は三重県産。小さめの牡蠣でした。
へちもんや (18)

私は食べていませんが「豚の角煮(850円)」。とろとろ感が伝わりますね。
へちもんや (16)

こちらは「青菜のおひたし(380円)」です。
へちもんや (20)

そして「わけぎのぬた和え(400円)」も頼んでいます。
へちもんや (12)

これらを肴に飲んだお酒は、私はブラックニッカのハイボール(580円)」に、
へちもんや (17)

「やきいも黒瀬(580円)」はお湯割りで。珍しい焼いもの焼酎です。何となく焼いもっぽい風味を感じることが出来ました。

以上飲み食いして、締めて一人5,000円ほど。思ったよりリーズナブルでした。

戻ってからブログを書こうと調べていたら、こちらのお店には「牛スジ大根煮込み鍋・熱々レンコン饅頭・サバの棒寿司の三大名物」があるようでしたが、一つも頼んでいませんでした。^^;

次回の宿題ということですね。

大阪の和食のお店ということで、高級な感じもしますが、雰囲気やサービス・料理などは割烹クオリティで、値段は居酒屋クラスで楽しめるお店。おすすめです。ご馳走様でした。

へちもんや
大阪府大阪市中央区南船場4-10-24
TEL 06-6243-3924
月~金
11:30~13:30
17:30~23:00(L.O.22:30)
土 17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のような年齢になると、叔父さんや叔母さんなどが亡くなり、その法事に出席する機会が増えてきます。

今日は、そんな法事の席にお邪魔した「加賀旬彩 梅八」について紹介します。
梅八

場所は小松市八幡。小松市の山の手の方、昔は小さい温泉地で、何軒か温泉旅館が存在していたエリアにあります。残念ながら、いまは温泉旅館はありません。

「加賀旬彩 梅八」は会席料理のお店で、ハレの日や法事などでの利用が多いお店です。立派な建物で純和風の佇まいです。立派な庭園もあります。

加賀八幡温泉病院やスポーツ施設「ダイナミック」の近くで、我が家のよく利用する人気のパン屋さん「パンの朝顔」の前にあります。

20年ほど前でしょうか?一度だけ夜にお邪魔したことがあります。また、我が家ではお節料理を頼んだりすることがありますが、市街地からはちょっと距離があるため夜はなかなか行くことができませんね。

ランチ営業していれば行くのですが、リーズナブルな料金で食べることが出来るランチ営業は平日のみ。土日は祝い事や法事などの利用で忙しいためか普通のコース料理しかやっていません。
梅八 (9)

店内は広く、10畳から64畳までの8つのタイプの部屋があって、色々なニーズに対応できる作りになっています。どのお部屋もゆったりと食事がきでるのがうれしいです。

法事の席だったので、部屋の中の写真は遠慮しましたが、料理については写したので紹介していきます。

まずは先付。
梅八1

下の方にあるのは、白子を使って高野豆腐のように仕上げてありました。
梅八 (2)

椀物はいなりうどんでした。
梅八 (3)

向付のお刺身。
梅八 (5)

そして、鍋物で豚しゃぶが出されました。豚以外は食べました。^^;
梅八 (6)

鉢肴の焼魚はブリの西京焼き。お節を何度か家でも取り寄せたことがあるのですが、そちらでも人気のう巻きが添えられていました。
梅八 (7)

この後、茶碗蒸しが出されましたが、美味しい出汁でした。
梅八 (10)

強肴としての天ぷらです。抹茶塩で食べます。
梅八 (11)

ご飯はカニ飯。カニの身自体はそれほど入っていませんが、風味がよかったです。

止め椀としての味噌汁、香の物も付いています。
梅八 (12)

最後はわらび餅。抹茶のもありましたが、カロリー気にして食べませんでした。

以上が出された料理ですが、さすがに会席料理のお店だけあって、味の基本がしっかりしていて美味しい料理の数々でしたね。

お昼だったのですが、この料理を食べて飲まないわけにはいきません。注ぎに来られるので珍しく瓶ビールばかりを飲んでいました。ご馳走様でした。

加賀旬彩 梅八
石川県小松市八幡ロ5番41
TEL 0761-47-8885
11:30~22:00
ランチ11:30~14:30
※土日祝は除く


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、新年1発目のお店は小松市から。
まつ村

気軽におばんざい料理を楽しめるところとして知られている「旬菜 まつ村」です。

有名な中華のお店「餃子菜館 勝ちゃん 」の前にあります。
まつ村 (2)

この度、一日限定10食でリーズナブルな昼定食を始めたと聞いて行ってきました。

ちなみに約2年前のディナータイムにお邪魔した時のことは、こちらに書いています

店内は温かみがあって落ち着いて食事が出来る空間で、奥には庭が見えます。写真には写っていませんが左側には小上がりの席があります。
まつ村 (7)

カウンターの上には夜には大皿料理(おばんざい)が並びます。

今回はお昼にお邪魔しました。昼定食は税込で1,650円と、この手のお店としてはお手頃な値段設定になっていてうれしいですね。内容は日替わりだと思います。

ご主人は金沢の老舗「つば甚」で腕を磨かれていて、夜は本格和食を楽しむことが出来るので、1,650円の昼定食と言っても手抜きはナシです。

ただ非常に寡黙な方です。^^;

ランチはこの昼定食一種類なので、お客様が入って来られると同時に準備にかかります。そのため、ご主人の手際がいいこともあって、温めるものは温め、揚物も素早く調理されて短時間で出されました。
まつ村 (3)

6種類のおかずとご飯・味噌汁・おしんこ。
まつ村 (4)

こちらはごぼうと牛肉の柳川風、刺身、長芋千切り、ほうれん草と柿の白和え。味付けがさすがでした。
まつ村 (5)

こちら側の魚のフライは何だったかな?忘れました。^^;

それと、ほんのりカレー風味のポテトサラダと味噌汁です。

ご飯がおいしかったです。
まつ村 (6)

最後にはデザートのわらびもちが出されました。

この味と内容で税込1,650円はやはり食べる価値ありです。ご馳走様でした。

旬菜 まつ村
石川県小松市土居原町395-1
0761-23-0208
昼定食(火~土)
11:30~13:30(L.O.13:00)
ディナー
18:00~22:30(L.O.22:00)
日曜休(月曜祝日の場合は営業)
他不定休有


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

旅行や出張で東京や大阪などに行くと、ランチ時に長い行列が出来ているのをよく見ます。

都会の方は長い順番待ちでも苦にならない人が多いのか、私としてはアンビリーバボーです。

私の場合は県外のお店はディナー行くときは基本、必ず予約を入れます。
さくら庵 (2)

今日紹介します新横浜駅にほど近いところにある「割烹 さくら庵」。今回予約してあったのですが、何と!予約が入っていませんでした。^^;

「聞いていない」と言われたので携帯電話の発信履歴を見せましたが、予約はお客にとって大事なことなので、割烹を名乗るからにはしっかりしてほしいと思いました。

この日は、予約客で一杯ということではなかったので、カウンター席に一緒に行った人と座ることが出来たました。

さて、こちらは割烹というより居酒屋と思ったほうがいいでしょう?
さくら庵 (15)

カウンターの目の前がすべて焼酎など酒瓶の置き場になっています。^^;

コースもあるようですが、ほとんどの人はアラカルトで頼んでいる感じでした。
さくら庵 (3)

お品書きです。
さくら庵 (4)

まずは生ビールで乾杯。
さくら庵 (5)

お通しは湯葉豆腐です。
さくら庵 (6)

では、頼んだものを紹介します。
さくら庵 (11)

最初はサラダからが定番で「アスパラサラダ(750円)」。アスパラが少し茹で過ぎの感も。マヨネーズも別皿で欲しかったです。
さくら庵 (9)

こちらは「ピリ辛こんにゃく(450円)」で、その名の通りピリ辛でした。濃い味で酒が進みます。
さくら庵 (7)

「ニラ玉(550円)」も頼んでいます。つゆダクでした。
さくら庵 (10)

「ししゃも(480円)」はスリムなししゃも。
さくら庵 (14)

「厚揚げネギミソ焼(550円)」は、こちらも酒が進むおつまみ。
さくら庵 (13)

最後に「金目鯛かぶと煮付け(980円)」も頼んでいます。金目鯛は東伊豆町稲取の金目鯛が有名ですが、神奈川から静岡にかけてよい魚場があります。
さくら庵 (8)

お酒のほうは生ビールのあと、ハイボールと、
さくら庵 (12)

カウンターの上にボトルが並べられていた屋久島の芋焼酎の「三岳」をロックで2杯ほど飲みました。

以上飲み食いを二人でして締めて1万円強。大体予想通りの値段でした。ご馳走様でした。

割烹 さくら庵
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目6-15
 新横浜ビネスビル3F
TEL 045-476-5758
休みは未確認


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

横浜は人口が約318万人。日本で東京に次いで2番目に人口が多い都市です。

その中で新横浜というエリアは、新幹線の駅がある以外はどちらかというと目立たないエリアかもしれません。

私は30数年前から何度も来ていますが、30数年前は新横浜駅の周辺でも田んぼや畑が多くありました。

今でもひとつ川を超えると、その時の風景に似たような場所もありますが、新横浜駅周辺はオフィスや横浜アリーナ、横浜国際総合競技場などの施設があってとても賑わっています。

今回仕事で新横浜に来たのですが、小松からだと飛行機に乗ると、羽田空港からもリムジンバスで数年前に完成した首都高速神奈川7号横浜北線を通って移動すると、計2時間弱で新横浜プリンスホテルに着くことが出来ます。とても近いです。

東京・大阪・名古屋へ行くより早く着くことが出来るのです。
日本大漁物語きじま (14)

今日はそんな新横浜にある巨大?ホテルの新横浜プリンスホテル2階にある和食のお店「日本大漁物語きじま 新横浜店」で食べたランチの紹介です。
日本大漁物語きじま (13)

ホテルの飲食店、それもプリンスホテルにあるお店というと、それなりの値段がするイメージですが、こちらのお店はランチは税別1,580円から設定があり、いい空間とサービスを楽しむ長柄ゆったりとランチを食べることが出来ます。
日本大漁物語きじま (12)

店内に入ると、生簀が目に入ります。活イカが泳いでいますね。
日本大漁物語きじま (11)

店内はとても広いです。ハレの日に利用する人が多いのでしょうか?
日本大漁物語きじま (10)

こちらはカウンター席です。
日本大漁物語きじま (2)

われわれはテーブル席に座ります。
日本大漁物語きじま (3)

そしてランチのお品書きです。
日本大漁物語きじま (4)

この中から私は、季節の小鉢とにぎり寿司が楽しめる「旬彩にぎり御膳(税別1,780円)」を食べることにしました。「一番人気」だそうです。
日本大漁物語きじま (7)

季節の小鉢3種、旬のにぎり寿司6貫と押し寿司2切れ、海老と季節野菜の天ぷら、平飼い有精卵の餡掛け茶碗蒸し、お吸い物が付いていて、ボリューム満点です。
日本大漁物語きじま (7)

握りの説明がありましたが、正確なこと覚えていないので書きません。^^; 季節の小鉢3種もです。
日本大漁物語きじま (9)

天ぷらは可もなく不可もなく。
日本大漁物語きじま (8)

茶碗蒸しは具がたっぷり入っていました。そしてアオサのお吸い物です。

一緒に行った人は、「旬の厳選ネタを七種類盛り込んだ「華ちらし御膳(税別1,580円)」を食べていました。
日本大漁物語きじま (5)

ネタが7種類入った「ちらし寿司」と、茶碗蒸し、お吸い物ですね。

新鮮な海の幸は地元でいつも食べているので、さすがに感動はありませんでしたが、このお店の雰囲気でこの値段でボリュームたっぷりなランチを食べることができるのは、都会の人にとってはいいお店なのでしょう?賑わっていました。ご馳走様でした。

日本大漁物語きじま 新横浜店
横浜市港北区新横浜3-4
 新横浜プリンスホテル2F
TEL 045-470-0828
11:00~14:30
17:00~22:00
土・日・祝11:00~22:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ