あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン

昔、ブログで書いたことがありますが、私自身としてはつけ麺をそんなに食べる方ではありません。

理由を簡単に言うと、スープがすぐ冷めるからです。

もっとも、「スープが冷めても美味しいのが本物のつけ麺だ」と、今は亡き「つけ麺」生みの親である山岸一雄氏の言葉もあります。

しかしながら、やはり寒い季節のつけ麺は避けていたのですが、こちらのお店でその危惧は木っ端みじんに打ち砕かれました。
おんのじ (3)

行ったのは、仙台では初のつけ麺専門店だという「つけ麺 おんのじ」です。

何故か、お店は仙台と熊本にあります。張り紙を見ると小麦粉も熊本産「阿蘇のいずみ」を使用していますね。確認できませんでしたが、店舗内に自家製麺場を設けているようです

平日のランチに食べに行きましたが、11:40に着くとすでに満席。しかし、自販機で食券を買っている間にテーブル席が空いて運よくすぐに座ることが出来ました。

その後もお客さんがどんどん来て、雪が降る寒い中、外で順番待ちの列が出来るほど。人気のお店なのですね!?
おんのじ

メニューはこんな感じで種類は豊富です。つけ麺だけではなく普通のラーメンもあったり、味も味噌やゴマなど少しアレンジしたものも揃っていました。

この日に働いていた店員さんは、一人男性の方がいらっいましたが、他の4名は女性の短員さんばかり。全員がテキパキと仕事をこなしていました。

私が頼んだのは「野菜つけ麺(並盛890円)」。お店のウリとしては「一日分の野菜が1杯で摂れる、食べるスープの野菜つけ麺です」ということ。スープの味は魚介豚骨味。豚骨・鶏ガラ・野菜・魚介などを大量に使った濃厚なスープで、野菜と魚介の旨みを強く感じて、かつ、臭みもありません。
おんのじ (6)

麺の並盛り320gは中盛り450gまで無料でアップすることが出来ます。麺は熊本産とオーストラリア産のブレンド。弾力(コシ)があって麺自体滑らかな食感で美味しい麺でした。

合わせてネギも増量可能です。

無料ということで、貧乏根性丸出しで中盛りとネギも普通の2倍の量が盛られている「追いネギ」でお願いしましたが、これが失敗でした。

何せ「つけ汁」のボリュームが半端じゃないのです。^^;
おんのじ (9)

大盛りの野菜で、見た目、これだけで野菜ラーメン一杯分のようなボリューム感があります。

麺は一緒に行った人に少し食べてもらって、なんとか完食することが出来ました。
おんのじ (12)

つけ汁自体は濃厚なタイプのスープですが、つけ汁に麺を入れるには、まず、山盛りの野菜を半分ほど片付けないと入れることが出来ません。
おんのじ (11)

中の方にはもやしがたっぷり入っています。
おんのじ (10)

ちなみに、「あつしる」という設定があってダシ汁に浸した麺になるのですが、これだと中盛りでも最後まで冷めない状態で、かつ、つけ汁の味も薄くならずに美味しく頂くことが出来るのです。つけ麺はこれまで冷めてしまうと敬遠していたのですが、この設定があればokかもしれません。
おんのじ (8)

一緒に行った人が頼んだのはこちらの「熟成 味噌野菜らー麺(850円)」。

3種の味噌をブレンドした濃厚味噌豚骨らーめん。麺は自家製のちぢれ麺で、こちらも野菜がどっさり乗ってます。チャーシューは塩チャーシュー。麺大盛まで無料です。

こちらも美味しかったそうです。

900円以下でボリュームたっぷりで、最後まで熱々のつけ麺を食べることが出来るお店。寒い日にも大丈夫ですね。ご馳走様でした。

つけ麺 おんのじ 榴岡店
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-13-1
 サンアドバンスビル1F
TEL 022-299-5340
11:00~26:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

中国へはこれまで3度ほど出張に行ったことがあるのですが、これまで中華料理のお店へは、先日紹介したようなホテルにあるお店しか行ったことがありませんでした。
元亨 (18)

今回、初めて地元中国の方に、本格中華のお店に連れて行っていただきました。
元亨 (17)

海鮮料理の中華のお店です。店内に入ると生けすがたくさん並んでいます。

我々は2階の個室の部屋に通されます。回転テーブルが中華の雰囲気を出していますね。
 
元亨 (4)
この日は中国式に白酒で乾杯です。写真左のような小さいグラス(小酒杯)を用います。
 
礼儀を知らないので、他の人に確認をしながらの乾杯です。 

本格的な中国の飲み方は私は初体験でしたが、すぐに慣れました。ようは勝手に飲まずに誰かとサシで「乾杯」をしてから飲むのが礼儀だということです。

アルコール度数は42度だそうです。白酒の中では度数は低い方です。まぁ、ウイスキーのロックを飲んでいると思えばわかりやすいかも?

喉を通るとき、カッと熱くなるのがわかります。高級な白酒だったので美味しかったですよ。

さて、料理の方ですが、何せ我々が普段食べている中華料理とは全然違ったのと、中国語の説明だったので内容がさっぱりわからなかったため。そして「乾杯」に頭がいっていたため料理の内容・味についての記憶があまりありません。そのため、あまり詳しくは説明できないことをあらかじめ書いておきます。
元亨 (5)

まず、あわび?(と説明がありましたが)のスープが出されました。
元亨 (6)

そしてテーブルの上はすぐにこんな感じでいっぱい出されます。
元亨 (9)

ワタリガニの炒め物。
元亨 (10)

食べていないのでわかりませんが、肉系の何か?^^;
元亨 (11)

魚系の煮込み料理です。
元亨 (12)

フカヒレの煮物だったかな?
元亨 (13)

梅貝のような貝でした。
元亨 (14)

シャコです。発音も「シャコ」でした。美味しかったです。
元亨 (15)

最後はビーフン炒め。こちらは味が濃い目でした。

全体的に、日本の中華料理のお店で食べるのとは、やはり少し味が違いました。

中国の場合は、残すのが礼儀なので、はっきり言って食べきれないほどの量が並びました。当然、日本人としては何とか頑張って食べようとしますが、とても食べきれるものではありません。^^;

いくらかかったのかは聞きませんでしたが、お店の格的なものもよかったので、それなりにかかっていると思われます。ご馳走様でした。

元亨海鮮酒楼
南京市江寧区天元東路168号
025-52790666

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

クラウンプラザホテルといえば、日本ではANAホテルなどを運営しているインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)のホテルです。

中国南京ではクラウンプラザホテル直営で2つのホテルを有しています。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (3)

ジャンニンエリアにあるホテル(南京銀城皇冠假日酒店)の4階にあるのが今日紹介する「百家楼」です。こちらはホテルのロビーです。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (16)

この近くに百家湖という湖があって、そこからお店の名前を取っています。

店内は広く、奥の方は個室が並んでいます。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (4)

我々は、中華の「円卓テーブル」のほうの席に案内されます。中華料理は、大勢でわいわい賑やかにやるのが基本ですから、大体が円卓テーブルです。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (9)

お酒は紹興酒を頼みました。紹興酒は温めて、細く切り揃えられた生姜を入れて飲みます。

いままで砂糖を入れて飲むものとばかり思っていましたが、寒いときはこのほうが体が温まりますね。臭みを取る効果もあるのでしょうか?

さて、食べた料理を紹介していきます。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (7)

まず出されたのは、南京だけに南京豆です。(笑い)
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (6)

こちらの茶色い色のは南京の豆腐だということです。なかなか美味しかったです。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (8)

海老の甘酢炒めはぷりんぷりんの海老を上品に炒めてあります。酸味もほどよかったです。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (10)

スープはホタテと中国野菜の白菜(パクチョイ)?のスープ。ほんのりとホタテの旨みがきいています。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (11)

こちらの餡状のは何だったでしょうか?小さく刻まれた豆腐に麻婆豆腐のようなとろみの餡がかかっています。見た目通り辛くはありません。海老のうま味も感じられました。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (12)

こちらは、牛肉と白身魚、インゲン、ナッツの甘辛炒め。味も美味しく色々な食感を楽しめました。

こちらのお店の人気料理だという「大龍包」。小龍包は食べますが「大龍包」とは!?初体験です。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (15)

大きいです、中のスープも半端ではありません。そこでストローで吸うのです。^^;

急いで吸うと口の中がやけどするほど熱々のスープでした。小龍包のように最初上部に穴をあけて少し冷ましてから吸うのです。

カニ身と肉のうまみが混在とした感じです。とても美味しかったです。
クラウン プラザ 南京 ジャンニン (13)

最後に焼きそばも頼みました。

この日は紹興酒もほどほどに食べたのでお腹が一杯になりました。

さすが、一流ホテルのメインダイニング、美味しい料理ばかりです。なかなか自分たちだけではいけませんが、今回はご馳走になりました。

クラウンプラザ南京 ジャンニン
百家楼(Bai Jia Lau)百家樓
中国南京江寧区佳湖東路9号211100
銀城皇冠假日酒店4楼
9 Jiahu East Road, Jiangning District Nanjing Jiangsu
025-81038888

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

小松駅前で長年親しまれてきたそば・うどん・丼のお店「浪花そば」。惜しまれつつ一昨年に閉店しています。
西村屋 (6)

そのあとを、ほぼ居抜きで「横浜家系ラーメン 西村家」というラーメン店が出来ています。
西村屋 (5)

さて、暑い間はラーメンを極力控えてきた私も寒い季節には、手軽に食べに行けるラーメン店は重宝します。

家系のラーメンといえば、基本は豚骨と鶏ガラを使った濃い醤油味のスープが特徴で、他にはストレートの極太の麺、大きな海苔が付いてくることも特徴となっています。あと、ほうれん草も定番ですね!?

家系も20年ほど前に第一次ブームがありましたが、その時、石川県までは波及しなかったと思います。

そして昨年あたりから第二次ブームなのだそうです。全国的に新しい家系のお店が出来てるようで、ついに小松にもその波が押し寄せてきたということでしょうか?

「横浜家系ラーメン 西村家」。調べてみると、相模原の上溝に同じ名前のラーメン店がありましたが、総本店をいう呼称は付いていません。

でも小松が総本店?他に支店はあるのでしょうか?特に聞かなかったのでわかりませんが。^^;

この日、一軒目にとある会合に行って飲み食いしていたのですが、肉料理が多かったのであまりお腹が膨れていませんでした。

そこで、天気も良かったこともあり、家までぶらぶらと帰る途中、ふらっと入ってみることにしました。

メニューはこんな感じですが、基本はラーメンとトッピングの組合せのみです。

私は一番ベーシックな750円のラーメンを頼みます。出されたのがこちらです。
西村屋 (2)

確かに具は家系の要素を満たしていますね。チャーシューは2枚ですが薄かったです。

いまは、豚骨醤油味のラーメンも、家系でなくても全国どこでも食べられるので、味的にはそれほど感動するわけではありません。
西村屋 (4)

麺は極太の縮れ麺でした。本来はもう少しストレートな麺が家系では使われていると思いますが、この縮れ麺もスープが絡んでよかったです。太いので麺の存在感が大きく、よく噛んでから喉の奥に運ぶ、といったイメージで食べる必要があります。

麺の量が少し少な目で、私は1軒目で食べてきた後だったのでちょうどよかったですが、ランチだと、中か大あたりにしないと男性だと物足りないかもしれません。

いずれにせよ、地元で色々なラーメンの味を楽しめることはいいことです。また、場所柄、夜飲んで締めのラーメンといった利用の仕方も多いでしょう?末永く営業されますことを願っております。ご馳走様でした。

横浜家系ラーメン 西村家
石川県小松市土居原町3-200
TEL 0761-23-7008
火~木・日
11:00~14:00
17:00~24:00
金・土
11:00~14:00
17:00~26:00
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

小松にも久々、新店のオープンが続いています。

そのため、市内のラーメン店もだいぶ競争が激しくなってきました。
笹はら

今回10月にオープンしたのは、福井越前市に本店がある人気のつけ麺と油そばがウリの「笹はら」というお店です。

石川県内では初めての出店のようですが、最初に小松に出るというのはなかなか勇気がありますね。(笑い)

大体、石川県に進出するときは大きな市場である金沢市、もしくはその近辺に第一号店を出すと思うのですが……?

まぁ、そんなことより小松に一号店を出していただいたことには感謝せねばいけません。
 
お店は、前は同じくラーメン店の寶龍が営業していたところをリニューアルしています。赤から黒へと基調に変わっています。

食券機で食券を買い求めます。

メニューはつけ麺、味噌つけ麺と油そばの3種類です。普通のラーメンはメニューにはありませんでした。あとは唐揚げですね。
笹はら (9)

カウンターに置かれていたメニューにはラーメン(表記はらー麺)が記載されていましたが、新店オープン後しばらくは限定メニューになるという張り紙が張られていました。

私は、やはり一番ウリのメニューであろう「つけ麺並(830円)」に、プラス煮玉子(100円)をトッピングしました。
笹はら (3)

カウンター席に座ると、1分ほどで出されました。あらかじめ麺は湯がいて冷水で〆られ作り置きされているようですね。

こちらの大きなウリが極太ストレート麺であることを考えると、オーダーが入ってから湯がいていると時間がかかるためと推測されます。

麺は、こちらのお店で自家製麺しているようです。
笹はら (4)

全粒粉の小麦粉をつかっているのでしょうか、少し殻が混じり麺にほんのり色が付いています。
笹はら (5)

そして、極太ストレート麺に負けないように、また絡むように、つけ汁も他より濃厚なタイプの魚介とんこつ味でとろみもあります。柚子皮がたくさん入れられていて、確かな柚子の香りがします。臭みも消されていました。

具は、厚みのある炙りチャーシュー、これも太めのシャキッとした食感がいいメンマ、海苔。チェーシューとメンマも食べごたえありました。
笹はら (10)

トッピングの煮玉子は1個丸ごと出てきました。割るとこんな感じです。

まずは、極太ストレート麺を何もつけずに食べます。毎朝手打ちして作られるこの極太の?は、歯ごたえとコシがすごくあって、よく噛んで食べる必要がありますが、その存在感は半端じゃなかったです。

これでは、濃厚なスープでないと負けてしまいますね。

ただ、つけ麺を食べるときはいつも思うのですが、スープが太い麺であるがゆえに、すぐに冷めてしまいました。

頼めば温めなおしてくれるのですが、それも面倒です。そのまま食べ続けましたが、これから寒くなる期間は、個人的にはつけ麺は避けたいと思います。
笹はら (8)

最後は魚介でとった温かいスープで割って飲みます。

並でしたが、極太であるためボリュームも多く感じられ、満腹感も相当です。麺もスープも存在感があって他のお店にはない特徴を感じることが出来るお店でした。ご馳走様でした。

笹はら 小松店
石川県小松市今江町5-373-1
TEL 0761-58-1511
11:30~14:30
18:00~21:00
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ