あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン・餃子

小松市は今年12月に市制施行80周年を迎えます。

80年前に小松町が周辺の他の7つの町村と合併して出来たのが今の小松市です。

今年1年間、市では色々な記念行事を行っています。詳しくは小松市のHPをご覧ください

さて、そんな小松市の南の方のエリアは合併前は粟津村と呼ばれ、その一番加賀市寄りの町が矢田野町。

今日はそんな小松市の最南に位置する矢田野町にある中華料理屋さん「中華料理 錦」を紹介します。

国道8号線がこの先の加賀市に入ったところからバイパスが出来て、8号線は小松市内はほぼ建物がない山側を走るようになりました。

元々は「中華料理 錦」の前の道路が8号線だったころで、いまでも交通量はそこそこ多いと思うのですが、現8号線が出来てからは車の通行量が大幅に減りました。そのため至るところに喫茶店や飲食店が立ち並んでいたのですが、その多くは残念ながら廃業されています。

そんな中、昔から頑張っておられる飲食店の一つが「中華料理 錦」なのです。
錦 (2)

なかなか立派なお店です。

地元の人に人気で休みの日になると多くのお客さんが訪れます。

私がお邪魔した2月の連休の日曜日。私が食べている途中に店内は満席になって、順番待ちをする人や帰っていかれた方がいらっしゃいました。

テーブル席や小上がりの席など、そこそこの数のお客さんが入ることが出来て、店内には調理担当の男性の方と、4~5名の女性の人が働いていました。
錦 (7)

若い方が多かったのですが、小松大学の学生アルバイトかな?
錦 (6)

私は一人だったのでカウンター席に座ってメニューを見渡します。
錦 (5)

メニューの種類は豊富でした。
錦 (3)

この中で最初に目についたのがこちらのメニューに書かれていた「錦 特製」の冠が付いている「マーラー麺(税込830円)」という文字。

「マーラー」ということで、最初は「麻辣」、つまり酸辣湯麺のようなものをイメージしていたのですが、出されたものを見ると麻婆丼のご飯を中華麺に変えたものでした。
錦 (9)

普通に考えれば「あっ!なるほどね!」というものなのですが、私はたぶん麺タイプは食べるのは初めてかもしれません。
錦 (10)

まずは写真を写してから、麺と麻婆豆腐を混ぜ混ぜします。

ウィキペディア(Wikipedia)によると「麻辣味(まーらーあじ、マーラーウェイ)は花椒(かしょう、ホアジャオ、中華山椒)と唐辛子による中華料理の味付け。」ということですが、それほど辛さをウリにしている味付けではありませんでした。

ほんのりと花椒の風味を感じるくらいの、一言でいうと「甘辛」という表現がぴったりくるかもしれない味です。

麺の茹で上げ加減は柔らかめ。
錦 (11)

途中で温泉卵を割って、中の黄身を混ぜながら食べようと思ったのですが、半熟よりかは堅めでとろ~りという感じではなく断念しました。^^;

今回こちらにはたぶん初めて入りましたが、まだまだ知らないお店やメニューがあるのだと再認識させられたランチタイムでした。ご馳走様でした。

中華料理 錦
石川県小松市矢田野町ヌ-18-1
TEL 0761-43-2818
11:30~15:00
17:00~21:30
火曜と月曜夜は休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松から金沢に行くとき主に利用する国道8号線。

今日紹介します白山市の人気の中華料理店「ナンチャン」は、小松から国道8号線を走っていくと、EIZO本社の手前にあります。
ナンチャン0

このあたりは車の通行量が多く、路線価も高そう?な場所。飲食店としての立地条件は申し分ありません。看板も目立ちます。

私は当然のことながらお店の存在は知っていたわけですが、まぁ、最近中華料理のお店には足が遠のいていたので残念ながら行ったことがありませんでした。

事前にネットで調べてみると、相当昔からお店があったようです。

金沢の松村にも同じ名前のお店があって、ご兄弟がやっているようですね。

2月のとある日曜日に一人でお邪魔しました。

オープンが11時からということで、いつも前を通るときに見ていたら早い時間から車が停まっていたので早めの時間に行くことにしました。

案の定11:30にお店に到着すると、すでに駐車場には車が数台停まっています。
ナンチャン (4)

店内は横に長く、カウンター席と、その周りにテーブル席があって、どうでしょう?30名ぐらいは入れそうです。

最初入った時は調理は男性の方お一人。あとご年配の、お母さんでしょうか?女性がお一人サービス担当でいらっしゃいました。その後、もう一人女性(奥さま?)が加わりました。
ナンチャン (2)

こちらがメニューです。
ナンチャン (3)

裏面にもあります。

中華料理のお店に行くと、定食屋セットメニューがあるところはそれにすることが多いのですが、それらの設定がないところは悩みます。

単品だと少々味気ないし、かといって2品頼むと量的に多いからです。

少々悩んだ末に、今回は「焼き飯(税込600円)」を一品のみ頼むことに。

これが正解で、出されたこちらの焼き飯は大盛りのサイズでした。紅生姜がたっぷり添えられています。
ナンチャン (6)

焼き飯はよく何杯分か一緒に作って、温めなおして出すところもありますが、こちらでは私の分のみ調理されていました。

作りたてでしょう油の風味がしっかり効いている焼き飯で、焼豚・玉ねぎ・玉子・ネギが万遍なく炒められている食堂の焼飯のような仕上がりです。

ちょっと記憶が定かではありませんが、ゴマラー油の風味がほんのりしたような記憶が…?

もちろんスープも付いていました。
ナンチャン (5)

完食したらさすがに満腹になりましたね。

私が食べている間にもお客さんがどんどん入ってきます。家族連れのお客さんが多いです。どうもお店の人との挨拶を見ていると常連さんかな?

何れにせよ人気のお店で、フォンから愛されているようですね!?ご馳走様でした。

ナンチャン
石川県白山市福留町272
TEL 076-277-3025
11:00~20:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島には色々なご当地グルメがあります。

お好み焼きを筆頭に牡蠣や穴子、尾道ラーメンなどが有名ですが、もう一つ忘れてはいけないものがあります。それが汁なし担担麺です。

2010年あたりから汁なし担担麺として本格的(第二次ブーム)に流行り出して、いまでは広島だけに限らず全国的にもその名が知られています。

担担麺といえば、日本では辛くて熱い肉みそが入ったラーメンのようなものが普通ですが、本場の中国では汁がない担担麺が一般的です。

日本で普及している汁ありのは、中国四川省出身の陳建民氏(陳健一氏の父)が日本人向けにアレンジして完成したものなのです。

私はこれまで、汁なし担担麺の本場である広島で食べたことがありませんでした。

今回、初体験ということで人気のお店「麺や すずらん亭」へ行ってきたので紹介したいと思います。
すずらん亭

お店は広島中区の街中にあります。ランチでお邪魔しましたが、オープン11:30に行ったらまだ開店の準備中でした。少し待ってお店に中に入ります。
すずらん亭 (4)

カウンターだけの席で、ランチはオーナーのかたでしょうか?男性お一人で切り盛りされていました。
すずらん亭 (5)

入口の食券機でチケットを買って席に座ります。汁なし担担麺以外にも広島菜グリーンカレーなんて興味をそそられるメニューがありましたが、今回はシンプルに「汁なし担担麺+温泉玉子(680円)」を頼むことにしました。
すずらん亭 (9)

出されたのがこちら。

麺の下にお店独自のタレを敷き、湯掻いた麺を乗せ、その上に具材の青ネギと味が付けられたそぼろ肉を乗せてあるものです。
すずらん亭 (10)

これに温泉玉子を割って加えてよくかき混ぜるのです。
すずらん亭 (11)

かき混ぜたあとがこちら。

これが期待以上の美味しさでした。

花椒の風味は舌にピリッと来る辛さですが、むせるほどではありませんでした。お店の人に頼めばより刺激的な辛さにしてくれるようです。

麺はストレートの細麺で、低加水率なので、食感も含めてどこか博多ラーメンに通じるものがありました。
すずらん亭 (8)

一緒に行った人は小ライス(50円)を追加しています。
すずらん亭 (12)

そぼろ肉は追加で乗せてくれます。

これも美味しそうでしたが、炭水化物はあまり取りたくなかったので私はパス。でも店を出てから食べなかったことを少し後悔しました。^^;

汁なし担担麺初体験は期待以上の美味しさで、またどこかで追いライス付きで食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

麺や すずらん亭
広島県広島市中区本通3-1 2F
TEL 080-8234-1029
11:30~15:00
17:30~22:00
月曜休(祝日の場合は火曜)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年2020年はねずみ年です。ちなみに十干十二支でいうと「庚子(かのえ・ね)」。

調べてみると、十二支の最初の干支で始まりの意味を持つ「子」と力強さをイメージする「庚」。今年は大きな変化が生じるとのことでした。

1月初旬に、ふと子年だということから思い出したのが、石川県内に何軒かある中華料理のお店「チュー」のことです。

大昔は小松にもあったような気がするのですが、いまは白山市と金沢市を中心に16店舗ほどあるようです。

「チュー」は1946年(昭和21年)に金沢香林坊で創業者の故水野忠さんが店舗を出したのが始め。金沢で最初の中華そば専門店でした。8番らーめんより歴史が古いのですね。

店名の由来は、水野忠さんが子年生まれで、かつ名前が忠(音読みではチュウ)ということから「チュー」となったようです。

いま県内にある「チュー」を名乗るお店は経営的なつながりはないようで、元はといえば香林坊のお店で働いていた方が独立。いわゆる暖簾分けのような感じで出されたのではないでしょうか?

ということでメニューもお店によって違います。

今回超久しぶりに「チュー」に行ってみようと検索してみると、白山市の「西新町店」が小松から一番近いお店だとわかり、こちらの行ってみることに。
チュー

お店は11時からの営業です。1月の三連休の土曜日11:20にお店に到着。店内に入ると先客が1名いらっしゃいました。

お店はご年配のご夫婦お二人で切り盛りされています。

3つあるテーブル席にはすべて「予約席」の札が置かれていたので人気なのですね!?
チュー (6)

私はカウンター席に座って、メニューを見ます。
チュー (7)

ランチ用のメニューはありませんでした。

「チュー」といえばやはりラーメン、いや、というより中華そば。そしてチャーハンも有名ということで、その2つを食べようと考えていましたが、両方普通サイズだと食べきれないと思っていたら、「ミニ焼飯(380円)の記載が!

願ってもないことで「ラーメン(500円)」と一緒に頼むことに。
チュー (3)

出されたラーメンがこちら。
チュー (5)

やはりラーメンというより「中華そば」と呼んだ方がいいビジュアルです。味はもちろんしょう油味。少し濃いめの味付けです。

焼飯もしょう油を使っているのか、濃いめの色でかつ強めの炒め具合でした。
チュー (4)

ミニ焼飯ということでしたが、ボリュームはミニというサイズではなくハーフ以上?残さず食べられるかな?と心配でしたが、何とか食べきることが出来ました。

永く石川県民から愛され続けている「チュー」。これからも美味しい中華そばを作り続けてください。ご馳走様でした。

チュー 西新町店
石川県白山市西新町176-8
TEL 076-276-8474
11:00~
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ちょうど白山市方面に用事があったため、家に戻る前にランチを食べて帰ることにしました。

戻る途中で検索したら、こちらのお店「美美(みみ)」が引っ掛かってきたので向かうことに。
美美

地元のお客さんを中心に人気の中華料理屋さんのようです。

ちょうど開店時間の11時にお店に到着しました。

最初、暖簾などかかっていないのでやっているかどうかわかりませんでしたが、中に入ると開店準備をされていて、「いいですか?」とお聞きすると「はい」と答えてくれたので、一人カウンター席に座ります。
美美 (6)

カウンター席と入口右側にテーブル席。
美美 (4)

そしてこちらには小上がりの席がありました。
美美 (3)

こちらがお品書きですが、料理の種類が豊富です。
美美 (2)

気になる品も色々あったのですが、私が頼んだのは「半チャン定食(990円)」。

内容をお聞きすると、半チャーハンとラーメンという答えだったので、値段的にも手ごろなので頼んでみました。
美美 (7)

出されたのがこちらですが、チャーハンのほうはフルサイズに近い量?ラーメンがハーフサイズでした。
美美 (10)

他に水餃子まで3個付いていました。これはお得です。

私にとっては凄いボリューム。最初、これは全部食べきるのが無理かな?と思っていましたが、チャーハンの味付けが上品というか大人しい味付けで、飽きが来なかったので最後まで食べきることが出来ました。
美美 (8)

チャーハンには、焼豚など肉は具として使われていず、代わりかどうかわかりませんがカニカマが入っています。

ラーメンはシンプルなしょう油味。あと海苔とその下に隠れていますが、もやしと赤巻、そしてメンマとチャーシューです。
美美 (9)

海苔の上には事前にコショウがたっぷりかけられています。
美美 (11)

奇をてらわないシンプルな味で食べやすいラーメンでした。

お店自体はどこにでもあるような中華料理屋さんですが、メニューの種類が豊富でボリュームがあって、味が良くコスパもまずまずという安定感のあるお店でした。人気なのがわかります。ご馳走様でした。

美美(みみ)
石川県白山市美川中町イ-16-43
TEL 076-278-5437
11:00~21:00
火曜午後休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ