あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン・餃子

福岡グルメの中でも餃子は外せません。

餃子は西に行くほどサイズが小さくなる傾向があると言われています。

私が福岡に住んでいる時や、その後出張などで福岡へ行くと、餃子のお店にはよくお邪魔をしていました。

博多ラーメン店で食べる餃子もいいのですが、福岡では餃子専門店に行くことをお勧めします。シンプルな餃子だけではなく。色々自慢の餃子がメニューにあるのがいいですよ。
宝雲亭 中洲本店

さて、今回お邪魔したのは「宝雲亭 中洲本店」。現在の久留米市で昭和24年(1949年)創業の老舗。博多一口餃子発祥のお店といわれています。

事前にネットでホテルの近くである中洲エリアで人気なお店を探して見つけました。
中洲 (3)

本当に中洲の飲み屋街の真ん中近くにあって、たぶん飲みに行くときに軽く腹ごしらえをしようとする人たちが利用するのかもしれません。
宝雲亭 中洲本店 (4)

メニューです。

基本的には餃子専門店なのでシンプルな構成ですが、それでも餃子以外にも食べてみたいメニューがありました。
宝雲亭 中洲本店 (5)

まずは生ビールと、メニューの最初に書かれていた「博多一口餃子(600円)」と「一口黒豚餃子(660円)」の餃子2種類を頼みます。
宝雲亭 中洲本店 (9)

出されたのがこちら。両方とも10個でこの一皿に20個盛られていました。

博多餃子は小ぶりなことで知られていますが、こちらの餃子はその中でも最小だと思われるようなサイズでした。一口どころか半口餃子と呼んでいいかもしれません。

まずはお店のタレのみで食べて、その後、赤柚子胡椒を付けて食べています。

ニンニクを使っていないのが特徴で、薄めの皮でふんわりとした食感。ジューシーで美味しかったです。
宝雲亭 中洲本店 (11)

こちらは「ゆでワンタン(580円)」です。こちらの方ももっちりとした食感で中の餡も含めて、いいうま味を感じるワンタンでした。
宝雲亭 中洲本店 (6)

このほかに頼んだものとしては、こちらは私は食べていませんが「さっぱり酢もつ(380円)」。
宝雲亭 中洲本店 (8)

お店の一押しだという「ニラ卵とじ(660円)」。ニラがたっぷりでした。
宝雲亭 中洲本店 (13)

あと「明太ポテサラ(580円)」を頼んでいます。
宝雲亭 中洲本店 (10)

生ビールのあとに頼んだアルコールは、私は「ハイボール(500円)」。
宝雲亭 中洲本店 (12)

妻は「氷結無糖レモンサワー(500円)」を飲んでいます。

この後、もう一軒ハシゴする予定だったので、こちらのお店ではこれで打ち止め。でも美味しかったので満足でした。ご馳走様でした。

宝雲亭(ほううんてい)中洲本店
福岡県福岡市博多区中洲2-4-20
TEL 092-281-7452
17:30~23:00(L.O.22:30)
※売り切れ次第終了
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

人の味覚で「五味」というのがあります。

「五味」とは甘味・塩味・酸味・苦味・うま味の5つのことですが、これとは別に「辛味」というものがありますね。

ただ一口に「辛い」と言っても、塩(辛い)・唐辛子・わさびなど、色々と「辛味」を感じるものがあって、感じる刺激も様々です。

私は、この「辛さ」については、弱くもないし強くもない、といったところで、ココイチのカレーで言えば3辛までは大丈夫です。

さて、今日は辛口のラーメンの紹介で、食べたのは小松市城南の「支那そば 元祖 総本店」。
支那そば 元祖 総本店

前回は一昨年のGWにお邪魔していて、こちらで紹介しています

朝9時からの営業と早い時間帯から食事をすることが出来るのが特徴。人気のお店で店内はとても広いです。

広くても週末などは順番待ちが出来ていることが多いのではないでしょうか。

この日は平日のランチタイム。一人だったのでカウンター席に待つことなく座ることが出来ました。
支那そば 元祖 総本店 (2)

メニューです。
支那そば 元祖 総本店 (3)

ラーメンには、それほど奇をてらったメニューは無く、店名にもなっている「支那そば」がウリです。
支那そば 元祖 総本店 (5)

こちらはセットや朝ラー、ランチタイムの無料サービス。

平日ランチタイムのご飯かおにぎりの無料サービスがあります。
支那そば 元祖 総本店 (4)

私は、こちらのメニューに出ていたSサイズメニューから「支那そば紅(680円)」を頼み、無料のおにぎりを2個食べることにしました。
支那そば 元祖 総本店 (7)

昔だったら普通サイズにおにぎり2個でも十分食べ切ることが出来ましたが、近年は少食になってきたので、ラーメンSサイズにおにぎり2個でも十分満腹になります。
支那そば 元祖 総本店 (9)

「支那そば紅」はさすがに辛かったです。勢いよく緬をすすると咽てしましました。そのためスープはほとんど飲めませんでした。
支那そば 元祖 総本店 (8)

サービスの2個のおにぎりはわかめとチャーシューでした。

680円でお腹がいっぱいになるので平日ランチはお得です。ご馳走様でした。

支那そば 元祖 総本店
石川県小松市城南町29
TEL 070-2251-3854
9:00~20:00
日曜休(祝日の場合は翌日)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

この2月8日にオープンしたばかりの「王家飯店」へ行ってきました。
王家飯店

行ったのはオープン後最初の日曜日。たぶん混んでいると思い、早めの11:20頃お店に到着。カウンター席の残りの2席に滑り込みで座ることが出来ました。
王家飯店 (2)

ただ、混雑していたので、料理が出てくるまで少々時間がかかりました。フロアには3名の方が対応していましたが、若干手持ちぶさただった気がします。

前は「ラーメン若」というラーメン店で私はオープン後しばらくして一度だけお邪魔したことがあり、こちらで紹介しています

ネット情報では、東京池袋界隈で人気のお店が出した中華料理のお店のようですが、調べてみても「王家飯店」という名前のお店は無くて、もしかしたら「華王飯店」というところだったのかな…?

ちなみにお店の駐車場ですが、「ラーメン若」の時に止めることが出来た道を挟んでの駐車場には止めることが出来ませんでした。ご注意を。
王家飯店 (3)

メニューです。麺類・炒飯・セット。
王家飯店 (4)

ランチ定食。
王家飯店 (5)

餃子・小籠包・ドリンクなど。

焼き小籠包に興味があったので、その小籠包が付いているCセットを頼むことにしました。

こちらは麺+半炒飯・焼き小籠包もしくは焼き餃子というセットメニューで1,280円とお得な設定になっていました。

ラーメンは塩・醤油・味噌の3種類からのチョイスで、私は塩ラーメンを頼むことに。
王家飯店 (6)

最初に焼き小籠包が出されます。

小籠包は私が1個で妻が2個食べています。焼き小籠包は初めて食べたと思いますが、小籠包はやはり蒸しが美味しいですね。
王家飯店 (7)

半炒飯です。味的には塩気が効いていましたが美味しかったです。
王家飯店 (9)

そして塩ラーメンです。

チャーシュー3枚、煮卵半分、もやし、炒めニンニクがきいました。
王家飯店 (10)

緬は中太の中華麺。スープは塩気が効いていました。

妻は台湾ラーメンを単品で頼んでいます。
王家飯店 (8)

ニラと辛子肉味噌がたっぷりでした。

これらを食べて感じたのは、小松の中華の味とは少し違うなぁ~ということです。

小松市は町中華のお店がたくさんあって競争も激しいのではないかと思っていて、その中でこちらのお店のこれからに注目したいです。ご馳走様でした。

王家飯店
石川県小松市今江町5丁目273-1
TEL 050-8882-6415
11:00~22:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松にはいわゆる町中華のお店がたくさんあります。

小松塩焼きそばや餃子をウリにしているところが多く、たいていのお店は賑わっています。

しかし今日紹介の小松市幸町のアルビスの隣にある「チャイニーズレストラン 桂花」。
チャイニーズレストラン 桂花

前回の利用はコロナ下でのランチのテイクアアウトで利用していますが、その後も2~3度電話するも臨時休業だったり満席だったりして、約4年ぶりの利用となってしまいました。。

ここでは、町中華のお店とは少し違って、本格中国料理をベースに和洋のエッセンスを取り入れた中華料理を楽しめます。

それもそのはず、オーナーシェフの方はANAクラウンプラザホテル金沢の中華レストラン「花梨」で、有名な川上総料理長のもとで長年働いていらっしゃった方なのです。

ちなみに「桂花」とは金木犀のことで、料理のベースは広東料理。地産地消の食材を使い化学調味料をほとんど使用しないでこだわりの料理を提供しています。
チャイニーズレストラン 桂花 (3)

店内は中華レストランぽくはありません。元はフランス料理のお店でした。
チャイニーズレストラン 桂花 (6)

ランチメニューです。本格中国料理というと敷居が高そうに思いますが、ランチメニューは非常にリーズナブルな設定です。
チャイニーズレストラン 桂花 (14)

こちらはディナーとアラカルトメニュー。
チャイニーズレストラン 桂花 (4)

我々こちらのメニューに出ている「丸盆プレートランチセット(2,500円)」を予約してありました。こちら前日までに予約が必要です。

小籠包2個、6種類の丸盆プレート料理、スープ、ご飯(おかわり自由)、デザート、食後のドリンクという内容となっていました。
チャイニーズレストラン 桂花 (16)

最初に小龍包が出されました。6時間以上かけて丸鶏から丁寧にとったスープがたっぷり入っています。

まずは、皮を破ってスープを飲みます。やけど注意です。う~ん、美味しいです。そして小龍包に刻み生姜と酢・醤油をかけて食べます。さすがの味です。

そして丸盆プレート。
チャイニーズレストラン 桂花 (18)

「特製麻婆豆腐」「ずわいがにの玉子炒め」「海老と旬菜の岩塩炒め」「海鮮の葱生姜蒸し」「豚肩ロースのトウチ蒸し」「焼き物2種」「ゆで鶏サラダ」といったラインナップでした。

少量ずつ色々な料理を楽しめるのがうれしいし、どの料理も少量でもしっかり独自の味を感じさせてくれるものばかりでした。特に「美川タンパク」の無添加豆腐を使い多種の調味料で味付けした「特製麻婆豆腐」と、ふんわり玉子が美味しい「ずわいがにの玉子炒め」が印象に残りました。
チャイニーズレストラン 桂花 (20)

スープとご飯。
チャイニーズレストラン 桂花 (23)

デザートは杏仁豆腐とフルーツ。杏仁豆腐が滑らかな舌触りで甘くておいしかったです。

ドリンクは私は「ジャスミン茶」、妻は「茘枝(ライチー)茶」、
チャイニーズレストラン 桂花 (22)

「茘枝茶」は広東省の英徳紅茶ということで、調べてみたら中国五大紅茶の一つに数えられている紅茶のようです。

ライチーの果汁で香りを付けてあります。

ちなみに中国茶などは+150円となっていました。

ランチで2,500円は少々お高いとは思いますが、満足度も高いので納得でした。ご馳走様でした。

チャイニーズレストラン 桂花
石川県小松市幸町3-117
 幸町ドゥエリング1F
TEL 0761-48-4361
11:30~15:00(最終入店13:30)
18:00~22:00(最終入店20:00)
日曜休(ランチは不定期営業)
その他不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

「中華料理」と一口に言っても色々あります。

特に中国は広大な国なので料理や味も千差万別。四川料理・上海料理・広東料理など日本でもなじみがある料理だけにとどまらず、一般の日本人が知らないような地方独自の料理がたくさんあることでしょう。

我々が普段よく口にする中華料理は、相当日本独自の進化というか味の変化が加えれれてきました。もちろん、日本化されてきた料理は中華料理だけではありませんが、隣国なので他のヨーロッパやアメリカなどに比べて、早くから日本に伝わってきていているからかもしれません。

また、近年ではヌーベルシノワという「新しい中華料理」が流行っていたりしますが、今日紹介する「創意中華 茶房 桃花片」は、店名に「創意中華」という文字が加えられています。「中華」の枠にとらわれない料理を提供するということでしょう。

こちらは前は野々市にお店があり、知る人ぞ知る人気のお店で「ミシュランガイド北陸2021」でビブグルマンを獲得しています。私は残念ながら行ったことがありませんでした。

そこが昨年3月に金沢市高尾に移転。今回初めて訪れてみました。

人気のお店なので予約しないと週末は順番待ちをすることになります。

1月のとある週末の2日ほど前に空いているか電話したら満席だったたため、その次の週の週末を確認すると空いているということだったので予約をしました。

ちなみに週末ランチタイムは11:30のスタート時の予約のみ受け付けています。

オープン時刻の10分前に到着。すでに数台の車が駐車場に止まっていました。
桃花片

新築で立派なお店。
桃花片 (4)

店内を了解いただき撮影しています。
桃花片 (5)

大きなガラス窓で明るい店内。厨房も広くて多くの人が働いていました。

当然、この日も満席でした。
桃花片 (7)

メニューです。
桃花片 (8)

こちらも。

この中から私が頼んだのは「十五穀米粥セット(1,500円)」。十五穀米中華粥と日替わりの飲茶が楽しめるセットです。

こちらには、サラダ・十五穀米中華粥・ザーサイ・本日の飲茶・黒烏龍茶・ミニデザートが付いていました。
桃花片 (9)

まず黒烏龍茶が出されました。

そしてそのほかのものが出されます。
桃花片 (16)

本日の飲茶はこの日は春巻きでした。
桃花片 (19)

メニューでは蒸籠に入れられていましたが、違いました。
桃花片 (17)

十五穀米中華粥は海鮮粥で、本当に色々な種類の穀物と白身魚が入っていて熱々の粥。上品な味付けも相まって胃腸に優しい感じがして、とてもおいしかったです。
桃花片 (18)

こちらはサラダとミニデザートの小さなカステラです。

妻は「担々麵セット(1,200円)」を頼んでいます。(お店のメニューには「坦々麺」と書かれていましたが、正式には「担々麺」だと思います)

坦々麺と唐揚げが楽しめるお得なセットで、唐揚げ付きサラダ・担々麵・ライス・漬物が付いていてお値段はリーズナブル。
桃花片 (10)

まずは唐揚げ付きサラダが出されます。
桃花片 (11)

担々麺は、私も少し食べましたが、過去に食べた担々麵とは若干違った風味というか、美味しかったです。
桃花片 (14)

あと、+450円で「ハーフ麻婆豆腐」が追加可能だったので、そちらもお願いしています。
桃花片 (13)

妻のライスを少しもらってかけて食べましたが、こちらの麻婆豆腐は、見た目もそうなのですが、とても濃厚で花椒がきいていて美味しかったです。

これらの料理は化学調味料不使用で作られていて体にも優しい中華でした。

お客さんはひっきりなしに入ってきていて店内は混雑。料理を食べてみて人気なのがわかりました。ご馳走様でした。

創意中華 茶房 桃花片
石川県金沢市高尾町子14
TEL 076-227-8879
lunch 11:30-14:00(lo13:30)
cafe 14:00-16:00(lo15:30)
dinner 17:30-22:00(lo21:30)
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ