あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン

シンガポールにも当然パンは売っているわけですが、今日はそんな人気のパン屋さんのビルに入っているフードコートでランチを食べたので紹介します。

そのパン屋さんの名前は「BreadTalk(ブレッドトーク)」。シンガポールで一番大きなパン屋さんです。

2000年にシンガポールで創業された「BreadTalk(ブレッドトーク)」は、3年後にはシンガポール証券取引所(SGX)に上場を果たし、シンガポールだけではなく中国を始め東南アジアの国々で人気のパン屋さんになっています。
手工面 (9)

写真では写していませんが、本当に多くの種類のパンが並んでいました。

儲かっているのでしょう?国土の狭いシンガポールでは土地の値段が高いのですが、大きな自社ビルを持っていて。その低層階に飲食店などのテナントがたくさん入っていますね。

その1階にあるのが「Food Republic(大食代)」。日本ではフードコートのようなもので、屋台や古い中華街の街並みを模している中華料理系のお店ばかりが並んでいました。
手工面 (8)

ランチ時は多くの客で賑わっていて活気がありました。

その中から私がチョイスしたのが、こちらのお店。
手工面

「手工面」ということで日本的には手打ち麺屋さん(Formosa Delights Handmade Noodle)ということでしょうか?

肉系メニューが多かった中でシーフードメニューで目に入ったのが「冬炎海鮮面(Tom Yam Seafood Noodle)」。日本円で600円強でした。

つまりはトムヤンクンの海鮮ラーメンです。タイと中華の合体です。
手工面 (5)

本場?のはやはり酸味も強く辛かったです。^^;
手工面 (6)

麺はこんな感じです。麺の種類も選べたようですが、おまかせです。^^;

茹で方は柔らかめでしたが、食感がモチッとした感じの麺でした。

こちらは一緒に行った人が食べた、チキンライスならず豚ライス(チャーシューライス?)です。
手工面 (7)

シンガポールの名物といえばチキンライスですが私はNGなので食べることが出来ません。
手工面 (3)

こちらは現地の人が頼んでいたものですが、「CHANG CHENG CHINESE VEGETABLES RICE」というお店の、色々なおかずをご飯と一緒に盛り付けて食べる、いわば丼のような食事ですね。

シンガポールにはこの手のお店がいっぱいあって気軽に済ませることが出来るので重宝します。

なお、シンガポールのお店では、おしぼりというものが出されないので、ウエットティッシュを日本から持っていくことをおすすめします。ご馳走様でした。

Formosa Delights 清香館
Breadtalk IHQ Food Republic(大食代)店
#01-06, Breadtalk IHQ (30 Tai Seng Street)
534013 Singapore
TEL +65 6636 4344
7am to 10pm (Mon~Sun)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ラーメンの世界も、その時々でトレンドがあります。

近年は「辛麺ブーム」だそうですが、ひと昔前には「鶏白湯」や「煮干し系」とかのブームがありましたね。

さて、最近石川県では豚骨ベースの「横浜家系」のお店が増えています。豚骨醤油味が代名詞の「横浜家系」は具材にも色々定義があります。はてさて「横浜家系」は数年前にブームになったのですが、石川では改めてブーム再燃ということでしょうか?

また近年、小松に新しくできたラーメン店は豚骨系ばかりで、個人的にはちょっと寂しい?もう少し色々な味のお店が出てきてほしいと思います。

今日紹介します「麺屋 達」は、金沢を中心に6店ほど展開しています。

「横浜家系」ではなく「金澤達系」なのだそうです。
麵屋 達 (9)

国道8号線沿いの目立つ場所に二日市店はあります。
麵屋 達 (2)

お店を入ってすぐに食券機があって、食券を買って席に着きます。
麵屋 達

私は一番ベーシックな「豚骨醤油(730円)」を頼みました。なぜか一緒に行った人全員がこれにしていましたね。
麵屋 達 (4)

海苔と小松菜(横浜家系のお店ではほうれん草のところが多いと思いますが)、そしてチャーシューの横浜家系の3種の具材がしっかり入れられています。
麵屋 達 (7)

それに、一緒に行った人がサービス券を持っていたので、煮玉子トッピングと餃子3個もプラスになりました。

スープは口当たりがよくて、醤油とんこつの癖を極力消してあるマイルドな味でした。横浜家系は豚骨と醤油のせめぎあい、的な楽しさ?があるのですが、こちらの「金澤達系」は醤油とんこつ、仲がいいのです!(笑い)

麺は細麺・中太麺・太麺の3種類から選べます。私は中太でお願いしました。

また、茹で具合は、好みの固さにしてくれますが、普通でもしっかりとしたコシのある麺でした。麺は小松の中石食品さんのを使っていました。

スープに使うしょう油も大野醤油を使っているようで、地元の素材にこだわっているというのも好感が持てます。そして全体的に、まとまった味で美味しかったですよ。

ランチタイムはご飯・おにぎり・季節のご飯が無料。
麵屋 達 (6)

私はこちらのおにぎりで梅でお願いしました。
麵屋 達 (8)

餃子はジューシーに焼かれてこちらもGood!
麵屋 達 (5)

あと、季節のご飯はおかかご飯でした。

ランチタイムにサービス券をうまく使えば量的にも満足できていいと思います。ご馳走様でした。

麺屋 達 二日市店
石川県野々市市二日市町510-2
TEL 076-294-4211
11:30~14:30 18:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

シンガポールでは、一般家庭でも自宅で調理して家で食べるということが少ないそうです。

そのため、外食文化が発達していて、気軽に入ることが出来るお店が街中に一杯あります。

そんな時に重宝するのが、シンガポールにおけるフードコートです。本当に至るところにあって、代表的なのが私設の小さな屋台・露店や店舗の集合体で「コピティアム(kopitiam)」と呼ばれて重宝されています。

一方、公営の屋台の集合が「ホーカーズ」と呼ばれて、両方が街の至るところにあり便利です。

この日ランチを食べようと、少し車で移動。行ったのがパヤレバ駅の近くに昨年できたショッピングセンターの中にある「コピティアム」です。
チャイニーズベジライス (6)

シンガポールでは、ショッピングセンターの中にこの手のフードコートがあるのです。
チャイニーズベジライス (8)

さて、東南アジアではイスラム教の人が多く、ハラール対応の料理を食べられるところも多く、こちらのフードコートでも、こちらのお店で見られる緑色のトレイで提供されるのがハラール料理の証となっています。

ハラールは食べ終わった後のトレイの回収も別なところになっていました。

あと、こちらのお店はシンガポールのご当地グルメの中でも一番有名かもしれません「チキンライス」の専門店です。
チャイニーズベジライス (7)

チキンがいっぱいぶら下げられていますね。

一緒に行った人が食べましたが写真はありません。
チャイニーズベジライス (4)

私は「chinese veg rice singapore」というデリカ類を盛り合わせて食べるお店にしました。
チャイニーズベジライス (5)

色々なおかずの中から何種類か選んで、ボウルにライスと一緒に盛り付けてくれる、いわば丼みたいなものです。
チャイニーズベジライス (3)

魚と野菜2種類を頼みました。中華系ですがそれほど脂っこくないものでした。

日本円で470円ほどでした。まぁ、シンガポールではお手ごろな値段だと言えます。

味のほうは、現地の人に合うテイストででしょうが、日本人の口にも合う味でした。ご馳走様でした。

Chinese Veg Rice Singapore
72 Lor 25A Geylang, Singapore 388256
月~木, 土~日11:00~20:30
+65 6747 1229
金曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

弁慶スタジアム(末広野球場)の前にあった「力ラーメン」がいつの間にか別な中華料理のお店に変わっていました。

お店の名前は「香満楼」。平日お昼に外食する機会があったので行ってきました。
香満楼 (14)

お店の中はほぼ「力ラーメン」のまま居抜きで使っています。
香満楼

近年、中華圏のかたが、この手の中華料理店をやられているケースが多く、小松にも「ハオ家」や「竹香居」などあり、私のブログでも過去の書いています。

このどちらも台湾料理のお店です。

お店は男女一人ずつの2名で切り盛りされていましたが、女性の方はまだ慣れていないようで、男性の方から色々指示を受けていました。もっとも中国語だったので何を言っているのかはわかりませんでしたが……。
香満楼 (3)

平日のランチメニューがこちらです。600円~750円と全体的にリーズナブルです。

これ以外にも昼夜関係なく設定されている全日の定食類やセットメニューがあって、そちらもすべて千円以下となっていました。
香満楼 (4)

メニューの中に台湾ラーメンがあったので、こちらも台湾料理のお店なのでしょうか?

で、この中から私は「お手ごろランチセットA(650円)」を頼むことに。

ミニ五目焼飯、ミニラーメン、サラダ、揚物、漬物が付いて650円はお得だと思います。
香満楼 (7)

今の私の胃袋だと、炒飯とラーメン両方ともミニだったら食べられるだろう?と思っていましたが、出されたのを見てビックリ!炒飯はほぼ一人前のボリュームです。この炒飯は好みの味でした。
香満楼 (9)

しかしラーメンのほうは、味噌なのか醤油なのかよくわからない味で、そして味も薄かったです。^^;
香満楼 (10)

女性の方が慣れていないのか?タレが少なかったのでしょう?
香満楼 (11)

揚物は春巻きです。
香満楼 (8)

一緒に行った人は「お手ごろランチセットB(650円)」。
香満楼 (13)

ミニラーメン、焼餃子で、あとは私と同じ内容です。

はやりラーメンの味については同じ感想でした。

リーズナブルにお腹いっぱいになるランチはうれしいので、あとはラーメンの味をもう少し何とかしてほしいと思いました。ご馳走様でした。

香満楼
石川県小松市末広町85
TEL 0761-68-9345
11:00~15:00(L.O.14:45)
17:00~23:00(L.O.22:5)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「家系ラーメン」といえば、横浜発祥のラーメンで一時全国的にブームになりました。

味的には「九州の豚骨と東京の醤油」をミックスさせた味で、小松でも小松駅前にある「横浜家系ラーメン 西村家」で食べることが出来ます

そんな家系のラーメンを食べることが出来るお店が、また一軒、小松にできました。
大吟豚

今日紹介します「大吟豚」の本店は金沢市八日市の野々市駅に近い場所にありますが、その小松店が、今日紹介します「横浜家系ラーメン 大吟豚 小松店」です。

この場所は元は「道とん堀 小松店」だったところです。

1月10日のオープン以来人気で、週末ともなると順番待ちの列が出来ています。
大吟豚 (3)

中は広く40ほど席があるのですが、行った日、2月の日曜日だったのですが、11:35で駐車場はほぼ満車、中には10名弱の順番待ちが出来ていました。
大吟豚 (14)

こちらの食券自販機で食券を買って、順番を待ちます。席数が多いこともあって回転が早く5~6分ほどでカウンター席に案内されました。
大吟豚 (4)

ラーメンは基本、家系の醤油と塩。トッピングの種類やサイドメニューも色々ありました。

私は一番左上に設定されていた「特製チャーハンセット(1,000円→税込950円)」を頼むことに。普通のラーメンが700円だったので、950円だとたぶん半チャーハンだと思ってのことでしたが、後で書きますが出されてびっくりしました。^^;
大吟豚 (7)

席に座ると店員さんが、味・麺の硬さ・油の量を聞いてきます。

味は塩と醤油が選べますが、今回はシンプルに塩に。でも注文してから失敗したと反省。家系は醤油とんこつが基本だからです。^^;

味の濃さも指定できて、私は味は普通、麺かため、油薄めでお願いしました。
大吟豚 (10)

ほどなくして出されたのがこちらです。

見た目シンプルですが、家系の基本であるチャーシュー、大型海苔、ホウレン草と、定番の具材がしっかり使われていました。あとはうずらのタマゴも。
大吟豚 (11)

麺も家系のスタンダードのストレートの太麺。麺硬めは少し失敗でした。普通がおすすめだと思います。

私は入れませんでしたが、ニンニクやショウガなども無料で入れることができました。
大吟豚 (12)

チャーハンは、まず出されるときはこんな感じです。

熱々の鉄板の上に溶き卵が敷かれ、その上にご飯と具材・調味料が乗せられています。
大吟豚 (13)

よくかき混ぜて食べてください、と言われ早々かき混ぜるとこんな感じに仕上がります。
これがなかなか美味しかったです。でもボリュームが私には多すぎて、ラーメンとチャーハンを少しずつ残してしまいました。^^;

950円でこの内容とボリューム!なかなか素晴らしいです。人気のお店なのがわかりますね!?ご馳走様でした。

大吟豚 小松店
石川県小松市長田町口23-1
TEL 0761-58-1226
11:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ