あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン

石川県民にとって「8番らーめん」はソウルフードだと言われていたりします。

小松にお店が何店舗もあったので、昔は私もよく行きました。

しかし最近は「8番らーめん」にあまり行っていません。前回行った時のブログを見ると、3年8ヶ月ぶりくらいになります。なんでやろ?^^;

前回食べたのは季節限定の「野菜五目らーめん」。今回も限定メニューを食べようと思い久しぶりに行ってみることにしました。

今回行こうと思ったのは「野菜トマトらーめん」を食べるため。過去に販売していたことがありますが、その時には食べられなかったのです。

9月1日に発売開始で、今回は10万食の数量限定。予定では9月下旬ごろまでだそうですが、お店によってはこの記事がアップされた時点では売り切れになっているかもしれません。

食べに行ったのは、こちらも超久しぶりの加賀市の本店です。
8番らーめん (2)

本店は2016年8月8日に、創業の場所から少しだけ移転して新装オープンしています。8月8日ということが8番らーめんらしいですね。ちなみに昨年2月に創業50周年を迎えています。おめでとうございます。

さて、本題の「野菜トマトらーめん(税込885円)」です。
8番らーめん (3)

2013年に福井県の店舗限定で発売していて、その後、エリアを広げて2016年まで毎年限定食数で発売していたようですが、昨年はありませんでした。

2016年は、福井県産の「越のルビー」と北海道産の「シシリアンルージュ」のトマトを使用していましたが、今年は福井県産「越のルビー」のみとなっています。

「越のルビー」は中玉のフルーツトマトで甘さが特徴のトマト。食べる前から期待大ですね。

出されたのがこちら。
8番らーめん (5)

一見、担々麺のよう?でもやはりトマト色ですね。

基本は「野菜らーめん」で、スープがトマト味だと思ってもらえばいいと思います。
8番らーめん (7)

麺も「野菜らーめん」と同じものです。
8番らーめん (6)

私はトッピングチーズの小(税込108円)も頼みました。

少しスープを飲み、麺を食べてからトッピングチーズを投入します。とろけるまでに若干時間がかかりますが、麺に絡んでイタリアンな感じで変化を付けて食べることが出来ました。
8番らーめん

スープもトマトの甘みと酸味のバランスがよく全部飲め干めそうでしたが、なるべく塩分とカロリーを足らないようにしているので半分ほど飲んでやめました。^^;

「野菜トマトらーめん」。これはこれでアリだと思いました。美味しいです。定番メニューに加えてほしいくらいの完成度だと思います。ご馳走様でした。

8番らーめん 本店
石川県加賀市西島町チ3-2
TEL 0761-75-7503
11:00~24:00(L.O.23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

暑かった今年の夏も終わって食べるもにも温かいものが恋しくなる季節になってきました。

夏の間は、熱々のラーメンなども足が遠のきます。特に最近はラーメンそのものも昔ほど行きたいという衝動に駆られなくなりました。

今回は、そんなラーメン店に久しぶりに行ってきたので書きたいと思います。

「でんにょも」にお邪魔するのは4年8か月ぶりとなります。
でんにょも

ここは小松のラーメン店の中でも人気のお店で、週末などは順番待ちが出来るほどです。

お盆明けの日曜日、12時少し前にお店に到着しましたが、この日はすんなりと入ることが出来ました。
でんにょも (2)

メニューはこんな感じです。

今回は、これまでお店で食べたことがないラーメンを食べることにしました。

8月中旬で、ちょうど一時の猛暑がひと段落したときでした。そこで私は久しぶりの温かいレーメンを、妻は冷たいラーメンを頼みます。

私が頼んだのは「カレーラーメン(750円)」。最近、ラーメン店でもカレーラーメンをメニューに加えているところが多くなりましたね。
でんにょも (4)

出されたのがこちら。なかなか濃い色です。こってり感が見てとれます

豚骨スープで割ってありました。そのため、カレーの匂いより豚骨の匂いのほうが強く感じるスープでした。
でんにょも (5)

しかし、味の面ではカレーと豚骨スープがうまく調和していて、美味しいスープになっていて、中太の縮れ麺ともよく絡んで美味しく食べることが出来ました。

生卵の黄身の存在感があります。

麺を食べ終わったらスープが残ります。本当はここに白いご飯でもぶち込んで食べたいところですが、最近は炭水化物を控えめにしている私はやめました。

妻が頼んだ夏季限定の「つめたいラーメン(750円)」。すっきりあっさり塩スープに鶏の唐揚げが乗せられています。
でんにょも (6)

その他にはざくっと切られたレタス、ウズラの煮玉子、わかめが乗せられています。

スープはカレーラーメンとは違って、すっきりあっさりと夏向きの味に仕上がっています。
でんにょも (7)

麺は縮れ細麺。透明感のある麺でした。

ラーメン一杯のボリュームがそれほど多くありませんが、両方ともなかなか個性があって良かったです、ご馳走様でした。

でんにょも
石川県小松市矢崎町ナ104
TEL 0761-43-2959
11:30~15:00
18:00~23:00
月曜(祝日の場合は火曜)
第4日曜の夜休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「餃子菜館 清ちゃん」を紹介するのは何と!約4年半ぶりになります。
清ちゃん (10)

小松では、弟さんのお店「勝ちゃん」と双璧をなす人気店です。

あまり紹介する必要もないくらいですが、今回、帰省中の息子のリクエストでランチを食べに行ってきたので書きたいと思います。

お盆真っ盛りのとき、急に中華、それも小松塩焼きそばが食べたいと言い出しました。

どこがいいか少し思案。やはり小松塩焼きそばの発祥のお店「清ちゃん」にしようということで予約の電話を入れるも、ランチは予約を受けていないとのこと。(お盆の時だけ?)
清ちゃん (9)

そこで開店11:30の5分ほど前にお店に着くよう家を出ました。

お店に到着すると前には10名ほどの行列がすでに出ていました。相変わらずの人気です。
清ちゃん (2)

開店となり、お店の人が順番に案内してくれると思っていたら、お好きなところに座ってくださいと言われました。^^;
清ちゃん

我々はカウンター席に座り、たぶん、混雑しているので料理が出されるのが遅くなると思い、早めに出るものを中心に素早くオーダーしました。
清ちゃん (8)

案の定、妻が頼んだこちらの「湯麺(野菜そば)(600円)」は出されるのがだいぶ後になりましたね。

カウンターの中の調理場には、90歳になるくらいの年齢の清ちゃんが元気に餃子を焼いていました。小松の焼餃子の元祖!レジェンドですね。小松塩焼きそばの生みの親でもあります。

いまは2代目がご主人として頑張っておられます。
清ちゃん (5)

で、頼んだのは私は久しぶりの「炒飯(650円)」。
清ちゃん (7)

スープ付きです。これぞ、中華の炒飯という味で美味しかったです。
清ちゃん (6)

あと餃子も頼みました。焼餃子で480円です。テイクアウトで買って家で食べたりもするのですが、やはり出来立てをお店で食べると美味しいです。

息子は「小松塩焼きそばの大(700円)」を頼んでいました。
清ちゃん (4)

大はさすがにボリュームがありますね。もやしがたっぷり乗せられています。私も少しもらって食べましたが、さすが元祖の味を引き継いでいます。味は若干変化しているかもしれません。

あと、妻の食べた「湯麺(野菜そば)」は塩味スープで上品な味で、シャキシャキ野菜もたっぷり入っていて、こちらも美味しかったですよ。

いや~、久しぶりでしたが、炒飯・餃子・焼きそばという私にとっては中華の三種の神器。満足しました。ご馳走様でした。

餃子菜館 清ちゃん (せいちゃん)
石川県小松市土居原町243
TEL 0761-22-8263
11:30~14:00
17:00~20:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松塩焼きそば」は小松のご当地グルメです。

昔から、小松の中華料理店では、この塩焼きそばを提供するお店が色々あって、私も小さいころから慣れ親しんできた味です。
蘭々 (7)

今日紹介します小松市松任町の中華料理のお店「蘭蘭」へは、7年前に小松塩焼きそばを食べに行って書いたことがあります

このときは、小松塩焼きそばが私がよく食べている見た目と味が違った気がして、少し辛めの内容になってしまいました。ごめんなさい。

今回、エスメラルダの中田くんがSNSで「スープ焼きそば美味しい!」と書き込んでいたのを見て、改めて行ってみることにしました。

「スープ焼きそば」という名前から、本当はもっと涼しくなってから行こうと思っていましたが、結局その翌日、めちゃ暑かった日曜のお昼に食べに行きました。^^;
蘭々 (2)

一番エヤコンの空気が当たる場所に座ります。
蘭々

お店のメニューはこんな感じです。

私が食べるものはこれと決めていたのですが、妻のほうは何にしようか迷っていました。

中田くんはスープ焼きそば以外にも、肉だんごが美味しいとも書いていたので、私はネタ的に肉だんごを勧めましたが却下されました。^^;

彼女が選んだのは、暑いので「冷麺」です。

さて、最初にスープ焼きそばが出来上がり運ばれてきます。
蘭々 (3)

ビジュアル的には五目そばのような感じです。
蘭々 (4)

レシピ的には、小松塩焼きそばを炒めて味付けを行いますが、味付けが塩焼きそばと同じかどうかはわかりません。それを平皿ではなくラーメン用の器に盛り付け、ラーメンのスープがかけられている、といったものです。

麺はまさに小松塩焼きそばで使用しているものでした。モチモチしてスープにも合います。

味的には、確かに小松塩焼きそばの感覚が脳の片隅に浮かんできました。これはこれでありだと思いました。ノープロブレムで、意外な発見ですね。

調べてみると、栃木県那須塩原のご当地グルメで「スープ入り焼きそば」があるようです。そういえば、ケンミンショーでも紹介されていましたね!?

那須塩原ではソース味。ここのは塩味という違い。那須塩原のご当地グルメ「スープ入り焼きそば」のほうも食べてみたくなりました。
蘭々 (5)

妻の「冷麺」がこちら。ビジュアル的には中華料理屋さんの冷麺そのものです。具材も定番ものがたっぷり乗せられていました。
蘭々 (6)

私も少し食べましたが、ほど良い酸味が暑い夏に一時の爽やかさをもたらせてくれます。
前回、小松塩焼きそばを食べてから来ていませんでしたが、久しぶりに来て新たな発見が出来ました。次回は肉だんごにもチャレンジしたいです。ご馳走様でした。

蘭蘭
石川県小松市松任町104
TEL 0761-22-8277
11:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県地方は早目に梅雨明けで、その後は猛烈な暑さの日が続きました。

7月の3連休はその最たるもので、さすがに通常のラーメンは食べる気がしませんでした。

そこで、冷たいものを食べようということで、冷麺のおいしいところを検索。今回チョイスしたのが「よっしー製作所」です。
よっしー製作所 (11)


ここは、小松の中でも、ある意味異色のラーメン店だと思います。

手作りにこだわった自家製麺を使用していて、素材も極力地元産にこだわり、さらには身体にやさしい健康志向ラーメンを食べさせてくれるのです。

さて、我々は11:40ごろお店に到着。お店の前の駐車場にはすでに数台の車が止まっていました。
よっしー製作所 (3)

4組お客さんが店内にいましたが、この時間帯で4組というのは、相変わらず人気なのですね。

テーブル席に座ってメニューを見渡します。

相変わらずのメニューの豊富さ。冷やし系も何種類かありました。

私は、「伝統 冷やし中華(840円)」を頼んでみました。
よっしー製作所 (6)

さっぱりとしたしょう油味で、一般的な冷やし中華の味に近いのですが、より甘酸っぱいスープで酸味も抑えた感じで、玉子ちぢれ麺の、モチモチとしたコシのある食感とも合っていました。
よっしー製作所 (10)

うれしいのは、キャベツの千切り、もやし、キューリ、トマトなどの野菜とコーン、三陸産のわかめがたっぷり上に乗せられていて、麺が見えません。あと海苔、煮玉子もトッピングされていました。野菜がたっぷりで、サラダ感覚で食べることが出来ました。
よっしー製作所 (7)

チャーシューは別に出されますが、こちらもジューシーでした。

妻のほうは夏季限定の「冷たいイノシシのしょうゆラーメン(780円)」の生姜スープ使用(+50円)のを頼んでいました。
よっしー製作所 (5)

生姜は身体を温めるものと思っていましたが、生姜を生で食べと逆に身体を冷やす効果があるのですね!?知りませんでした。^^;

そういえば、冷奴やカツオのたたきなどの夏の食べ物には、すりおろした生の生姜を使いますね。
よっしー製作所 (8)

麺は小松産の大麦を練り込んだ、かん水を使わずに打っている平打ち麺を使用しています。ツルッとしたのど越しがよかったです。

あと、小松市内には冬の期間、ジビエ食材をウリにしているお店が何店かあります。

それら小松市内の飲食店が中心となって、イノシシ等の食肉利用を促進しつつ小松地域ブランドとして育成ようという狙いで「こまつ地美絵」というイベントを毎年冬に行っているのです

「よっしー製作所」もその内の1件ということで、その関係で、1年中ジビエメニューを提供しているのだと思います。

我々が食べ終わってお店を出るころには、店内は満席になっていました、人気のお店なのですね。ご馳走様でした。

よっしー製作所
0761-21-9899
石川県小松市沖町口25-1
11:00~14:30
17:30~21:30
土曜日のみ22:00~24:00も営業
毎週火曜日と水曜日は夜の部は休み
火曜夜水曜夜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ