あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン・餃子

石川県内には台湾料理のお店が何店舗もあります。

それら多くは日本人のやっているお店ではなく、中国出身の方がやっているところが多いようです。台湾出身の方も比較的少ないと聞きましたが、間違ってたらごめんなさいです。

今日紹介します「四季の味 能美店」は、そのうちの一軒です。店名は日本食の店のようですが中華です。

こちらは手取フィッシュランド前にお店があったときに一度お店の前まで行ったことがあったのですが、その時にはすでに閉店していました。

なので、もうやめたのかな?と思っていたら、ネット情報で移転したのだということを知り、改めて行ってみることに。
四季の味 能美店 (3)

能美警察署の近くにある、「カーブス」というフィットネスクラブと同じ建屋にお店はありました。

最近、この手のフィットネスクラブが相当増えていますが、そんなに需要があるんですね。健康志向ブーム恐るべし!
四季の味 能美店 (2)

入り口はこちら。
四季の味 能美店 (7)

店内は思ったより広く、座敷を含めて、最大150名、座敷100名は入れるようです。こんなに入ったとき料理のほうはスムーズに出せるのでしょうか?
四季の味 能美店 (8)

土曜日のだいぶ早めの時間だったので、お客さんは2~3割ほど。でも、食べ終わることにはだんだんとテーブル席のほうは埋まってきました。

「カーブス」に来たついでに食べていかれる方が多いのかもしれません。
四季の味 能美店 (6)

麺飯メニューです。
四季の味 能美店 (5)

こちらは料理セット。
四季の味 能美店 (4)

セットメニューです。何れもリーズナブルな値段設定です。

私はこちらのセットメニューから台湾味噌ラーメンと炒飯のセットを頼みました。セットで830円とお得な値段です。
四季の味 能美店 (9)

まず台湾味噌ラーメンが出されます。

普通の台湾ラーメンは醤油味が多く、私も過去食べた台湾ラーメンは醤油味ばかりでした。そこで今回味噌味をチョイス。

台湾ラーメンということで炒めた豚ひき肉が盛られています。あとの具材はメンマともやしです。

台湾ラーメンといえば名古屋の「味仙」が有名ですが、唐辛子の辛さはそれほどではありませんでした。
四季の味 能美店 (10)

麺は少し柔らかめに茹でられていて、こちらのほうはボリュームは普通でしたが、セットのもう一方の炒飯は、めちゃ大盛りでした。
四季の味 能美店 (11)

こちらがそうですが、私のイメージしていた量の軽く1・5倍以上はあって、案の定、3分の1ほど残してしましました。

何となく嫌な予感はしていたのですが、炒飯好きないのでついつい炒飯をチョイスしてしまいました。(^^;

私がよく行く加賀エリアのこの手の台湾料理のお店は、大体がセット物でも安い値段設定のところが多いです。経営的に成り立つところがすごいですね。ご馳走様でした。

四季の味 能美店
石川県能美市三道山町チ1-1
TEL 0761-57-3999
11:00~14:30
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

「ラーメンとんとん」といえば、昔は県内に何店舗もあったラーメンチェーンでした。

しかし2007年に一度倒産。その後復活して現在、石川県内に森本店と、今日紹介するCCZ店の2か所にあります。
ラーメンとんとん (2)

そんな「ラーメンとんとん CCZ店」は、北陸自動車道上り線の徳光SAの隣りにある温泉施設「松任海浜温泉 おつかりさま」の1階にテナントとして入っています。
ラーメンとんとん

こちらは何と!「第4回KARA-1グランプリ(2015)」で全国大会優勝を成し遂げているお店なのです、

ちなみに私のブログでは、「第7回KARA-1グランプリ(2018)」優勝という栄冠に輝いた、金沢にある「竹乃家」に行って紹介したことがあります
ラーメンとんとん (5)

また、富山県射水市に「ラーメン どんき」というお店があって。そこの店主とご兄弟で、兄弟揃って「KARA-1グランプリ」で全国大会優勝を成し遂げているわけです。すごいことですね。

3月のとある日曜日。12時20分ごろにお店に入りました。

ランチタイムだったので、温泉に入りに来た家族連れがたくさん店内にいらっしゃいました。

こちらがメニューです。
ラーメンとんとん (4)

ウリは当然「第4回KARA-1グランプリ(2015)」で全国大会優勝したときのメニュー「金沢担々麺」です。

1から10度まで辛さが選べます。

ただ、メニューに辛さの目安が書かれていて、それを読むと1から4度まではそれほどの辛さではないようです。

私は辛さに対しては普通の人間なので、別なラーメンにして、妻のを少し分けてもらうことにしました。

今回妻が「金沢担々麺」を頼んでいます。辛さは「店長おすすめ」の7度。生わかめをトッピング追加しています。+50円です。
ラーメンとんとん (8)

少し分けてもらって食べた感想は、ゴマの風味がそれほどしませんでした。それほど効いていないようです。妻も同じ意見だったので、たぶん、そうなのではないでしょうか?

でも、肉みそが八丁味噌で味付けされていて、スープの味も口当たりがまろやかで美味しかったですよ。

7度の辛さは私でも全然平気なレベルでした。「第4回KARA-1グランプリ(2015)」で全国大会優勝のときは何度のを出したのでしょうか??
ラーメンとんとん (9)

麺は太麺で、こちらのはやはり麺の弾力があって、美味しかったです。

そして私は、こちらの「ネギラーメン(税込770円)」を頼んでいます。
ラーメンとんとん (6)

「ネギラーメン」は塩ラーメンベースのところが多いと思いますが、こちらは醤油ラーメン。

ピリ辛のネギの細切りがたっぷり入っていました。他に具材としてメンマ・半熟たまご。わかめ・チャーシュー1枚。ニンニクが効いていました。
ラーメンとんとん (7)

こちらの麺は細麺です。少し柔らかくて茹で加減過ぎかな?

お店には次から次へとお客さんが入ってきました。「KARA-1グランプリ全国大会優勝」という看板は効果があるようです。

次回は私も8度に挑戦しようかな?ご馳走様でした。

ラーメンとんとん CCZ店
石川県白山市徳光町2665-1
TEL 076-227-9994
11:00~23:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

京都にはいくつもの人気のラーメン店があります。

濃い味を特徴としているところが多く、雅な文化を築いた街の味とは思えない個性豊かなラーメンブランドが多いと思います。

そして、京都駅から徒歩5分くらい、JRの線路をまたぐ跨線の上り口のところにある「新福菜館」という中華料理のラーメンも、味もそうですが、色合いも黒くて、濃い独特のスープで有名なラーメンなのです。

私のブログでは、11年前にこちらで紹介しています

今回、久しぶりに伏見店に行き食べてきたので紹介します。
新福菜館 (11)

看板にも書かれている通り「新福菜館 伏見店」は暖簾分けのお店です。本店以外はすべて暖簾分けのようで、東京・浅草にもお店があります。

駐車場は少し離れたガソリンスタンド隣のコインパーキング。そちらに車を止めていきました。店内飲食の場合、1時間無料となるコインを1枚もらえます。

平日の12時ごろで店内は3~4割ぐらいの入りでしたが、ほどなく埋まってきました。
新福菜館 (3)

我々は奥の小上がりの席に案内されました。
新福菜館 (5)

メニューです。
新福菜館 (4)

こちらはお店おすすめの定食メニュー。すべて税込で千円ぽっきり!素晴らしいです。

私はこの定食メニューの中から、やはり外せない中華そばと、こちらも黒い色で有名なヤキメシがセットになった「小定食」を頼むことにしました。人気のセットのようでした。

このセットは中華そば(小)とヤキメシ(中)のセット定食です。両方を単品で頼むとトータル税込1,200円となるのでお得です。

まず中華そばの小が運ばれてきます。やはりスープは黒いです。
新福菜館 (8)

大阪の高井田ブラックや、富山ブラックに似た感がありますね。

見える具材は九条ネギ、もやし、チャーシュー。チャーシューはスープを作る醤油に漬け込まれて作られているのでしょう。

スープのベースはとんこつと鶏ガラ。しかし見た目よりは塩辛くありません。もっとも、私はさすがに塩分が気になって少し飲んだだけでやめました。
新福菜館 (7)

麺は中太麺のストレート。モチッとした食感で濃いスープに負けていません。

少し遅れた運ばれてきたヤキメシは、こちらも黒く輝いています。
新福菜館 (10)

こちらも中華そばのスープで味付けされている感じで、同じくチャーシュー、玉子、ネギ、あとゴマが入っているのかな??香ばしい香りと食感が残りました。

前回食べた時も思いましたが、このヤキメシは好みです。

ただ思ったよりボリュームがあって、美味しかったのですが食べきれずに少し残してしまいました。すみません。
新福菜館 (8)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「肉多目(チャーシューメン)」で税込950円。確かにチャーシューたっぷりです。
新福菜館 (9)

あと、餃子定食の餃子です。こちらのお店で餃子は食べたことがないので、味のほうはコメントできません。

久しぶりに食べたら、やはり美味しかったです。一緒に行った人たちも満足したようです。ご馳走様でした。

新福菜館 伏見店
京都府京都市伏見区深草泓ノ壺町31
TEL 075-643-2311
11:00~22:30(L.O.22:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

世の中にはいわゆるメガ盛り系のお店がたくさんあります。

昔は私も時々そのようなお店に行ったのですが、ここ20年ぐらいは歳もとったこともあり、まず行かなくなりました。

小松には「男飯ロッキー」というお店があります。私のブログではこちらで紹介しています。がっつり食べたい人にはうれしいでしょう?

また「焼きスパバタ野郎」というパスタメニューが追加されたときのことはこちらに書いています

今回、フリーペパーで、醤油とんこつ味の中華そば店「一福」が併設されたことを知り、行ってみることに。

「男飯ロッキー」の側から「一福」のお店側を写した写真です。駐車場のある側に入り口があります。
一福

外観もそうですが、お店の中もあまりお金をかけていません。その代わりにできるだけ値段を低く抑えたいという考えでしょう?
一福 (2)

コンパネとベニヤ板で作られたカウンターには化粧すらしてありません。
一福 (4)

セルフ形式で、オーダーと同時に支払い、食べ終わったら「男飯ロッキー」のほうに下げる形でした。

水や調味料、薬味も自分で好きなだけ取りに行くという形です。

メニューはシンプル。
一福 (3)

ラーメンは中華そば一種類。それにスタ丼とやきめしというラインナップです。

やきめしは、中華そばを頼んだ人のみがオーダー可能となっていたので、私と妻で中華そば(税込650円)を2つを頼み、それにやきめし(税込350円)を一つプラスして頼んでいます。
一福 (7)

中華そばの味は醤油とんこつで、味的には魚介系のうま味をプラスした感じ。とろみがあってまろやかなクリーミースープ、少しこってり系で時間をかけて作っているのでしょうね?

具は、チャーシュー2枚、メンマ、半熟玉子半分、海苔、ナルト。思ったより具沢山です。
一福 (8)

麺は、中太のストレートで、スープの味含めて全体的によくまとまっている中華そばという印象。しかしボリュームはいたって普通でした。

やきめしがこちら。こちらのボリュームは「男飯ロッキー」の本領発揮という感じで、税込350円でこのボリュームはすごいです。
一福 (9)

具は甘辛く煮たチャーシューと玉子のみとシンプル。チャーシューの煮汁かな?で味を調えてあります。

妻と二人でもさすがに食べきれずに少し残してしまいました。すみません。

女性一人で入るには勇気がいるかもしれませんが、中華そばは普通のボリュームなので、量的には大丈夫だと思います。ご馳走様でした。

一福(男飯ロッキー)
石川県小松市北浅井町ち1-1
TEL 0761-46-6811 
11:00~21:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日から3月。福岡県に発せられていた緊急事態宣言も昨日で解除。

関東1都3県はまだ解除されていませんが、アップを控えていた福岡ネタを順次アップしていきたいと思います。

その一発目の紹介は博多駅ビルにある人気のちゃんぽんのお店「ぴかまつ一番」です。

「ぴかまつ一番」の大将は博多駅前の人気店「元祖 ぴかいち」で長く働いておられた方です。

「元祖 ぴかいち」へは福岡に住んでいた時に何度かお邪魔したことがありますが、人気でランチタイムにはいつも行列ができることで有名でした。私のブログではこちらで紹介しています
ぴかまつ一番 (11)

「ぴかまつ一番」の大将は、そんな人気店「元祖 ぴかいち」から独立して、薬院駅の近くの高砂で「ぴかまつ」という名のお店を構えていましたが、今度は博多駅の博多デイトス2階の「博多めん街道」に、これまた博多ラーメンの人気店「長浜ナンバーワン」とコラボしたお店を出していました。
ぴかまつ一番 (13)

博多デイトス2階のお店は、まさに「長浜ナンバーワン」のお隣にあります。店名も「ぴかいち+ぴかまつ+長浜ナンバーワン」ということで「ぴかまつ一番」!
ぴかまつ一番 (2)

なかなかの才覚を持ったお方のようですね!?

今回、鹿児島へ移動の際に九州新幹線に乗る前に腹ごしらえを!ということで伺いました。
ぴかまつ一番

店頭の券売機で食券を買い求めて店内に入ります。
ぴかまつ一番 (3)

コロナ禍で空いています。
ぴかまつ一番 (5)

まずは生ビール中と餃子。セットで税込970円でした。
ぴかまつ一番 (7)

博多餃子は小さい餃子なのですが、こちらのお店のはまさに一口餃子でした。ビールのアテとしてよかったです。

ちなみに、2杯目以降は560円(税込)の生ビール中が410円(税込)になっていました。

そして、「長浜ナンバーワン」の元ダレを加えて「ぴかまつ」の味ともちょっと違う味に仕上げられいるという「博多皿うどん(税込850円)」をつまみとしてオーダー。野菜もたっぷり、ホタテやエビの魚介も入っています。
ぴかまつ一番 (8)

博多皿うどんの特徴は、ちゃんぽん麺の表面を油で焼いてあること。そのため中太麺の弾力・モチモチ感がすごいです。
ぴかまつ1

上の写真が「元祖 ぴかいち」の皿うどんですが、確かに「元祖 ぴかいち」の皿うどんと比べると色合いが少し濃い気がしましたが、味付けのほうは似ている気がしました。

「ぴかまつ」との比較は「ぴかまつ」へ行ったことがないのでわかりませんが。
ぴかまつ一番 (9)

最後にはこちらの「ちゃんぽん(税込850円)」も頼んでみました。

豚骨と鶏がらのブレンドスープです。こちらも「元祖 ぴかいち」のちゃんぽんよりは色合いが少し濃いですね。「元祖 ぴかいち」のときはさっぱり目のスープと書いていますが、色合いと同じように濃い目の味な気がしました。
ぴかまつ一番 (10)

麺はモチッとした太麺。美味しいです。

夜は飲んだら炭水化物は食べないようにしているのですが、この日は少々食べすぎました。(^^; ご馳走様でした。

ぴかまつ一番
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 博多デイトス2階
TEL 092-471-6525
10:00-23:00(L.O.22:45)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ