あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン

一昨日も書きましたが、小松には中華料理のお店が多く存在しています。

しかしながら、どこも、一般的なカテゴリーでいえば「大衆中華」のお店なのです。

もちろん。それがいい悪いということではなく、デートなどちょっと気が張るときや、ちょっとおしゃれに中華料理を楽しみたいと思うときに利用したいと思うようなお店がないのです。^^;

もっとも、小松という10万人そこそこの人口の地方都市には、そのようなお店はなかなか経営的には難しいのも事実かもしれません。

さて、今日の話題は、そんな小松にも、ちょっとしたハレの日に重宝しそうな中華のお店が出来たので紹介したいと思います。
桂花

場所は幸町のアルビス幸町店(旧東京ストア幸町店)の隣とうか裏というか、前はプラ・ド・シェールというフレンチのフレンチだったところを、内装はほぼ居抜きで、外装を少し中華のお店らしく改装して、GW中にオープンしています。
桂花 (3)

私の友人の設計事務所toit deign(トイットデザイン)の戸井建一郎氏が、小松にオフィスを構えていた初期のころに手がけた内装はほぼそのままだと思います。

一部ディスプレイを「花」と「温故知新」をテーマにして飾っているようです。でも、このような中華のお店だったら違和感はありませんし、女性のお客さまも来やすい雰囲気になっています。

オーナーシェフは、長野県信濃町出身の方で、奥さまが小松在住ということでした。

最近、石川でも奥さまの実家があるので、石川県でお店をすることにしました!という料理人の方が多いような気がします。

彼はANAクラウンプラザホテル金沢の中華レストラン「花梨」で、有名な川上総料理長のもとで働いていらっしゃったそうです。

なので広東料理がベースだと思いますが、ランチもディナーも基本コースという設定になっています。

野菜は小松岩上町の西田農園さんの有機野菜や減農薬野菜を使用し、極力化学調味料を使わないなど、ヘルシー路線ですね。お米は彼の出身地である長野産のコシヒカリを使っています。

小さなお店で、料理はシェフお一人?(+フロアやサポートで2名の男性がいました)なので、基本コースという設定のほうがスムーズなのでしょう?

ランチのコースは基本3種類。「週替わりリゾット風チャーハンランチ(1,650円)」、肉料理とチャーハンが付いた「Aコース(1,950円)」とそれに海鮮料理が付いた「Bコース(2,450円)」ですが、「ふかひれ姿煮コース(4,450円)」なんてのもスペシャリティで設定されていました。。

私は「Aコース」が肉料理だったので「週替わりリゾット風チャーハンランチ」にしましたが、後からメニューをよく見ると魚料理に変更可能と書いてありましたね。^^;

妻のほうは「Aコース」です。

まずウェルカムティーからスタートです。「本日のウェルカムティー」となっていますが、毎日変わるようではないようです。

この日はロンネフェルト社のフルーツハーブティーで「グッドバイタリティー」というものでした。

「6つのハーブが入った、酸味と甘酸っぱさい香りが特徴のビタミンCたっぷりのハーブティーです」とメニューに説明が書かれていましたが、まさにそんな感じでしたね。

「前菜盛り合わせ」は色々な料理が少しずつ盛られて出されます。
桂花 (9)

野菜サラダ、旬菜湯葉巻、青豆と豆乳のゼリー、豚バラ肉と煮豆、タコのカルパッチョです。

バラエティも豊かで楽しめました。
桂花 (16)

「旬のお野菜入りスープ」はシイタケ・ピーマン・ニンジンなどのスープ。シイタケがいい味出しています。シイタケ中心なので香菇湯(シャングウタン)なのかな??
桂花 (17)

こちらは、妻の「Aコース」の肉料理です。「国産豚のソテー 紹興酒の旨味甘味噌ソース」か「国産鶏のソテー 葱生姜ソース」のどちらか選ぶことが出来ますが、妻は「国産鶏のソテー 葱生姜ソース」をチョイス。意外にボリュームもありました。
桂花 (18)

私の「週替わりリゾット風チャーハン」は、軽めにリゾット仕上げされたチャーハンに、カレイとトマトを酢豚のような甘酢あんで絡めたのがかけられています。
桂花 (19)

ケチャップではなくオイスターソースで仕上げているのかな?酸味もほどよく野菜類もたっぷりで美味しかったですよ。

リゾット仕上げされたチャーハンがものすごく上品でした。ホテルの中華で働いておられた方らしい味付けです。
桂花 (20)

妻のチャーハンは「イカとアスパラのチャーハン」。ライス一粒一粒が確認できるほどパラッとした仕上がりで、味付けのほうもあくまでも上品な仕上がり。私も一口食べましたが、餡かけチャーハンを食べている途中だったからか、少しうすく感じましたね。
桂花 (22)

デザートは私の方は「メロン入りココナッツミルク」で、タピオカもたくさん入っています。
桂花 (21)

妻のデザートには、プラス、オレンジの蒸しカステラが付いています。
桂花 (25)

食後のドリンクは私はハーブティを、
桂花 (23)

妻はコーヒーを頼みます。

「週替わりリゾット風チャーハンランチ」が1,650円。肉料理とチャーハンが付いた「Aコース」が1,950円とコスパ的にも満足できましたし、何しろ、ホテルで腕を磨いたシェフの小松にはない中華料理のお店が出来たことに感激です。

中華の街「小松」。競争も厳しいでしょうが頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

ChineseRestaurant 桂花
石川県小松市幸町3-117
 幸町ドゥエリング1階
TEL 0761-48-4361
11:30~14:30(L.O.13:30)
18:00~21:00(L.O.20:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズ、今回は中華料理のお店です。

小松市には中華料理店が多いことで知られています。

「勝ちゃん」と「清ちゃん」の両巨頭を筆頭に、昔から永く営業しているお店がいくつもあります。
カンチ (7)

「中国料理 カンチ」を前に紹介したのは6年前。その時はこちらのお店が「小松塩焼きそば」の認定店であるということもあって「小松塩焼きそば」について書いています。

しかし、「小松塩焼きそば」も最近はとんと話題にならなくなりましたね……?^^;

さて、今日は平日のランチに仲間と一緒にランチを食べに行ったので紹介したいと思います。
カンチ

12時10分過ぎにお店に到着。中に入ると先客が3名いました。厨房の中にはご主人お一人が鍋を振るっていました。

他のお客さんとの会話を聞いていると、前に働いていた店員さんが辞められたとかで、どうもお一人で切り盛りされているようです。昨今、小松の飲食店(に限らずですが)はどこも人手不足で、売り手市場となっている影響なのでしょうか?

そのため、お昼休みの間に食べることが出来るか、少し心配しました。^^;

そこで我々は、なるべく早めに出してくれそうな日替わり定食に4名とも注文することに。
カンチ (2)

この日は「レバニラ炒め」「イカ玉」「野菜炒め」の3種類で値段は750円とリーズナブルです。

私を含め3名が「野菜炒め」を。一人が「レバニラ炒め」を頼みました。
カンチ (5)

「野菜炒め」の定食がこちらです。大盛りのライス、スープ(味噌汁)、一菜(この日はゴボウと牛肉の煮物)、漬物がセットになっています。

「レバニラ炒め」が先に作られたので、「野菜炒め」は20分強かかりました。
カンチ (6)

ボリュームたっぷりです。味的には「小松塩焼きそば」の麺抜きと言ったほうがわかりやすいかもしれません。ただ野菜はもやしが中心でした。味的にも標準的な中華料理の「野菜炒め」の味ですね。

ご飯の量が多かったので、ご飯を残してしまいました。^^;
カンチ (4)

こちらは、先に出された「レバニラ炒め」です。食べた人はレバーの量が多かったといっていました。

気軽に入れてリーズナブルに楽しめるお店なので、地元の馴染みのお客さんが多い感じがしました。ご馳走様でした。

中国料理 カンチ
小松市向本折町ホ-76-5
TEL 0761-23-7236
11:30~14:00
17:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2017年5月2日に小松インター近く、「らーめん寶龍」の目の前に新しいラーメン店がオープンしました。

それは、私も昨年ブログで紹介したことがある、片山津インターの近くの「虎と龍」の小松インター店です。

九州のとんこつラーメンをウリにしているブランドのチェーン店ですが、前にも書きましたが神戸に本部があるお店のフランチャイズのようです。

そのため、お店があるのは兵庫と大阪など関西。そして北陸のみとなっています。

実は、博多ラーメンのとんこつ味のお店でも、福岡以外に本店があって、福岡県内に一店もお店を持っていないところが意外に多くありますが、こちらもその一つです。

一時のとんこつラーメンブームの時に、その人気にあやかろうと色々なところが参入してきた結果かもしれません。

私も2年間、福岡市に住んでいたことがあるのですが、福岡の人にはかたくななまでの「とんこつ&地元愛」があり、さらにはそのとんこつ味についても一家言を持っているのです。

全国的に有名な「一風堂」や「一蘭」すらも、福岡の人に言わせたら「博多ラーメンじゃなか」といわれる始末。なかなか厳しいのです。

さて、話を本題に戻します。

「虎と龍 小松インター店」は、この5月2日にオープンしたばかりのお店です。前はコンビニだったところをリニューアルしています。
虎と龍

私が伺った5月中旬。お店の前には開店祝いの花輪が飾られてしました。
虎と龍 (15)
虎と龍 (5)

店内は広いです。内装はあくまでもシンプル。カウンター席が多めで30名ぐらい入れそうです。
虎と龍 (13)

壁には「虎と龍」の特徴がでかでかと掲示されています。
虎と龍 (2)

メニューはこんな感じで、基本はあっさりの「博多の虎」とこってりの「久留米の龍」の2種類のとんこつラーメンです。値段は両方とも650円。

麺は極細の低加水率極細ストレート麺と玉子を練り込んだ熟成生麺のどちらかを選ぶことができます。そして、トッピングの追加。
虎と龍 (3)

セットメニューもあります。
虎と龍 (4)

他にオリジナルのラーメンも何種類かありました。

私は、前回、片山津インターのお店で「こってりの久留米」を食べたので、今回は「あっさりの博多」でお願いすることにしました。

麺は、前回はストレート麺だったので、玉子を練り込んだ熟成生麺にしようかとも思っていたのですが、博多ラーメンには極細ストレート麺が合う!ということで結局今回も極細ストレート麺でお願いしました。
虎と龍 (8)

出されたのがこちら。

福岡のラーメン店のように小ぶりの器で丸いお盆の上に乗せられて出されます。

具材は小さめのチャーシュー3枚、キクラゲ、たっぷりのネギ。白ゴマも最初からかけられています。

ちなみに長浜ラーメンは「肉、ネギ、ごま」と「紅しょうが」。博多ラーメンは「薄めのバラ肉三枚、キクラゲ、細いメンマ、ネギ、ゴマ、(+海苔)」が正統派です。
虎と龍 (9)

麺は「かた」でお願いしました。
虎と龍 (6)

カウンターには、お約束の紅しょうがと辛子高菜が置かれていて、無料で入れ放題。
虎と龍 (11)

味的には臭みやクセもなく、万人受けするとんこつラーメンだと思います。

あと私は餃子も頼んでみました。
虎と龍 (7)

出されたのは福岡の小ぶりな餃子。中に餡がギュウギュウに使っていて、こちらもなかなか美味しかったです。

片山津インター店のときと今回、2回「虎と龍」のラーメンを食べてみて思うのは、そつなくまとまったラーメンだな、といった印象です。

目の前に人気の「らーめん寶龍」がありながら、堂々前に出店するということは自信があるのでしょう?これからの両店の競い合いを外野から拝見したいと思います。ご馳走様でした。

虎と龍 小松インター店
石川県小松市長崎町2-100
TEL 0761-58-2958
11:00~15:30
17:30~22:00
月曜休(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2008年に「しあわせのかおり」という映画が封切されました。

私はその時に福岡に住んでいたので、こんな映画があったことも一昨年あたりまで知りませんでした。

その映画の舞台となったのが、金沢市大野町です。そしてその映画の舞台となったのが「小上海飯店」という一軒の小さな中華料理のお店です。

映画では俳優の藤竜也さんが、オーナー料理人の王慶国という寡黙で頑固な役を演じていましたが、そのロケで使われた建物を改装して、2014年11月に「大野湊食堂」というラーメン店に生まれ変わっています。

いまの「大野湊食堂」のご主人も、趙信來(ジャオ・シンライ)さんという、映画の役と同じ中国の方がやられています。そこで、大野醤油協同組合が協賛(いまでもそうなのかな?)して地元大野の醤油をフューチャーした美味しいラーメンを食べさせてくれるのです。

前々から一度行ってみたかなったのですが、やっと、このGW中に母を連れて行くことが出来ました。
大野湊食堂

場所は大野町の「みなと橋」のたもとに、ある意味車の通行上は邪魔な位置に一軒ポツンとあります。

GWだったからかどうかはわかりませんが、行ったランチ時はほぼ一杯のお客様でした。幸い奥の昔は居間だった?ところにも食べる場所があって、そちらに通されました。

基本メニューはラーメンと餃子、炒飯。ラーメンは醤油と塩の2種類。それに両方の味の担々麺。ザージャンタンメンなんてのもメニューにありました。

あと、こちらのお店の特徴として、4種類の惣菜などがセルフサービスですが無料で食べられるということです。
大野湊食堂 (4)

この日のラインナップは、これら4種類。ザーサイ、根菜とコンニャクの煮物、野菜と肉の炒め物、豆腐です。
大野湊食堂 (5)

私は、根菜とコンニャクの煮物と野菜と肉の炒め物を少量ずつ食べました。根菜とコンニャクの煮物は醤油の味が濃い味付けでビールが飲みたくなりましたね。^^;

私が頼んだラーメンは、もちろん、大野の醤油を使ったラーメン「大野しょうゆラーメン」です。
大野湊食堂 (7)

チャーシュー2枚と、ゆで卵半分が具材として乗せられています。

650円とお手頃な値段で、ビジュアル的には昔ながらのラーメンといった感じですね。
大野湊食堂 (8)

味の面では、比較的大人しい味といいますか、醤油のうまみを感じられるような上品な味でした。

母の方は、「塩ラーメン」を頼んでいました。
大野湊食堂 (6)

こちらのほうはチャーシューが4枚乗せられています。そのかわりゆで卵は入っていません。値段は750円と「大野しょうゆラーメン」より100円高くなっています。

麺は少し縮れた中太麺で、柔らかめの茹で加減でした。
大野湊食堂 (9)

私は、こちらの餃子(5個350円)もお願いしています。中の餡がぎっしり詰まった美味しい餃子でした。

こちらのお店、当初は1年間の期間限定だということも聞いた記憶がありますが、いまでも営業されているということは人気なのでそのまま継続されているのでしょうか?

いつまでも引き続き美味しいラーメンを食べさせてくれ、映画の題の通り「しあわせのかおり」のするお店になってほしいと思います。ご馳走様でした。

大野湊食堂
石川県金沢市大野町4-125
TEL 090-8262-5661
12:00~14:00
17:30~21:00
月曜休(祝日の際は月曜日営業、翌火曜日休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでもだいぶ前に書いたことがあるのですが、大阪のご土地ラーメンで全国的な知名度があるラーメンはないのでは?ということ。

まぁ、強いてあげるならば「高井田系ラーメン」くらいでしょうか?

全国から人が集まる西の雄「大阪」です。色々な味があって当たり前と言いますか、やむを得なかったかもしれません。

高井田系ラーメンは、ご存じ醤油ベースの黒っぽいスープのラーメンですが、今日紹介します「塩元帥」は塩ラーメンがウリのお店です。
塩元帥

大阪に住んでいるときには残念ながら「塩元帥」というお店を知りませんでした。

ここはいま、関西地方では飛ぶ鳥を落とす勢いのラーメンチェーンだということです。
塩元帥 (12)

ウリは「無化調・無添加」。それに、毎日各店舗ごとにある製麺室で自家製麺までしているというヘルシー路線のこだわりのラーメン作りを行っています。

そんなこだわりのラーメンなので瞬く間に人気のお店になり、猛烈な勢いで店舗展開中なのです。

個人的には、少し強引かもしれませんが、ラーメン自体がカロリーが高めになってしまうジャンルの食べ物ではないかと思っているので、そんなにヘルシーな路線が合うのかどうか疑問に思います……。^^;
塩元帥 (2)

さて、我々は平日の早めの時間帯にお邪魔しました。しかし早めの時間でも広い店内は満席でした。やはり人気なのですね。
塩元帥 (3)

そこで、メニューや、こんな焼き飯へのこだわりなどの掲示を見ながら待つこと数分。ボックスのテーブル席に案内されました。
塩元帥 (4)

塩ラーメンがウリですが、醤油や味噌味もラインナップにはありました。

しかし、塩ラーメンがウリのお店ですから、最初に食べるのはやはり塩ラーメンでしょう!?

そして、待っている間に見た「焼き飯」のこだわり掲示を見るからには「焼き飯」にも自信があるだろうということで、行った4名とも天然塩ラーメン+半焼き飯がセットになった「半チャンセット(850円)」を頼むことに。

ただ、全員同じと言うのもグルメブロガーとしては面白くないと思い、私だけ天然塩ラーメンをネギ塩ラーメンに変えることが出来るかお聞きしたらokということで変えてみました。
塩元帥 (8)

こちらがネギ塩ラーメンです。

ラーメンの差額を払えばいいということでした。ちなみに、お店で使っているネギは九条ネギだそうですが、天然塩ラーメンやネギ塩ラーメンに使われていたのは白髪ネギが盛られていました。一般的には九条ネギは白い部分が少ないネギなので特別に作らせているのでしょうか?

塩ラーメンですが、しっかりとした味の塩ラーメンでした。いわゆる濃い味です。しかしながら、ほんのりと柚子の香りと味がアクセントになっていて、うまくクセになりそうな味にまとめていますね。
塩元帥 (10)

麺は中太平打ちストレート麺で少し柔らかめでした。チャーシューは、ネギの形状に合わせて?短冊状に切られています。

全体として完成度の高い塩ラーメンでまとまりを感じましたね。こだわっていることをヒシヒシと感じます。
塩元帥 (11)

そしてセットの「焼き飯」。こちらも濃いめの味付けです。少し私には濃過ぎでした。醤油ラーメンで使っているタレを入れて炒めているようです。
塩元帥 (9)

一緒に行った人が頼んだ「天然塩ラーメン」がこちらです。大きめのチャーシューが1枚乗せられています。
塩元帥 (7)

お店では大阪のラーメン店の定番、キムチとニンニクはセルフですが食べ放題です。
塩元帥 (14)

帰るときには店外にも、こんな順番待ちの行列が出来ていました。凄い人気です。 

味的にも値段的にも満足度は高く、また店員の方々も大人数でとても元気がよく、大勢の客が居てもラーメンが出来てくるまでの待ち時間も少なく、全体的に気持ちよく食事が出来るお店だと思いました。ご馳走様でした。

塩元帥 鶴見店
大阪府大阪市鶴見区諸口1-6-6
TEL 06-6913-3580
11:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ