あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中華・ラーメン・餃子

個人的には、もう温かいラーメンを食べなくなる季節になりました。

秋まで、これが最後の温かいラーメンの紹介に、たぶんなると思います。

今回、午前中にこの近くまで行く用事があって、小松に戻る前にランチを食べて帰ることに。

ネットで調べると、「らーめん松田屋」が、ほど近い場所にあって、営業開始時間が11時と、ちょうどいいタイミングだったので行ってみることにしました。
らーめん松田屋

11時開店の数分前に到着。開店まで車の中で待つことに。
らーめん松田屋 (3)

オープン時間ちょうどに店内へ。入口にある食券機で食券を買ってから席に座ります。
らーめん松田屋 (2)

壁に何か所も張られているメニュー。
らーめん松田屋 (4)

席に置かれているメニュー。

背脂系、魚介系、煮干し系、つけ麺など、味やバリエーションなどが非常に豊富に設定されています。

その時の好みに応じて選べるのがうれしいですね。

ただあまりに多いので、何を食べたらいいか迷いました。汗

「らーめん松田屋」の味の基本は豚骨がベース。そこにプラスして味にアレンジを加えているようです。

私は、久しぶりに味噌ラーメンを食べることにしました。
らーめん松田屋 (6)

こちらが頼んだ「魚介みそらーめん(750円)」です。魚介と味噌の組み合わせは、最近あまり食べていません。

オーダーするときに、ニンニクの有無を聞かれたので、ありでお願いしています。

具はチャーシュー、海苔、メンマ。煮玉子は食べログにクーポンがあったので使わせてもらいました。
らーめん松田屋 (10)

クセが比較的少ない味です。魚介と味噌が半々ぐらいの味のバランスかな?ニンニクが効いています。
らーめん松田屋 (8)

麺は中太のちぢれ麺。全体的にはまとまった味の印象でした。

焼きめし(ミニ)は通常は480円ですが、ラーメンを頼んで場合は250円になります。
らーめん松田屋 (9)

焼きめしの味は若干濃いめでしたが美味しかったです。この焼きめし、人気なようです。

ミニでもそこそこのボリュームで、ラーメンも一緒に食べると、今の私には一杯一杯の量。満腹になりました。

メニューの種類が豊富でお値段もそこそこリーズナブルなお店。使い勝手がよさそうでした。ご馳走様でした。

らーめん松田屋
石川県金沢市寺中町ホ6
TEL 076-266-1139
11:00~15:00
17:30~21:30
※火曜日のみ11:00~14:00までの営業
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

もう少しすると梅雨に入り段々と暑さが増していきますが、それと共にラーメンネタは少なくなっていきます。

ラーメン店に行く機会があっても、冷たいラーメンを頼むことが多くなるかもしれません。

2020年12月にオープンして1年半ほど経過しています。

今日紹介する「支那そば 元祖 総本店」。オープン当初は大変混雑していて、順番待ちが続いていました。
元祖支那そば

「支那そば 元祖 総本店」へはオープン後しばらくして行って、こちらで紹介しています

今回はGWで帰省していた子供たちと4名で食べに行きました。

GW真ん中の3連休の最終日、九谷茶碗まつりへ行く前に立ち寄りました。
元祖支那そば (8)

12時過ぎで相当混んでいるかと思いましたが、運よく席が空いてすぐに席に案内されました。
元祖支那そば (5)

メニューです。
元祖支那そば (6)

こちらも。
元祖支那そば (7)

この中から私は「中華そば」を頼みました。

飛魚干し醤油味ですが、昔ながらの醤油風味の「中華そば」です。
元祖支那そば (10)

背脂ありと背脂なしが選べて、私はなしでお願いしています。
元祖支那そば (11)

スープを一口飲むと、飛魚干しの風味が鼻に抜けました。美味したったです。

飛魚の干したものを九州北部では「あご」と呼びますが、近年石川県のラーメン店でも出汁に「あご」を使用するお店が増えてきたと思います。

具は燻製焼豚、ほうれん草、煮玉子、メンマ、海苔、ナルト。なかなか充実していました。

妻は「元祖タンメン(830円)」。
元祖支那そば (13)

味は塩味です。野菜がたっぷりですね。
元祖支那そば (12)

息子は「ねぎ肉そば(1,050円)」。ボリュームがあり、お肉もたっぷり。こちらは燻製焼豚ではありません。少し脂身が多かったようです。

娘は「元祖冷やしラーメン(750円)」。
元祖支那そば (14)

出汁の効いた冷たいラーメンです。
元祖支那そば (15)

黒酢・ゴマ・紅生姜・マヨネーズがお好みでプラスして食べるような形でした。

こちらの「元祖冷やしラーメン」はできるまでに他のラーメンより少し時間がかかりました。

GWの子供の日でしたが、オープン当初ほどの順番待ちは出来ていません。だいぶ落ち着いてきたのでしょう。ただ広い店内は満席状態でしたよ。ご馳走様でした。

支那そば 元祖 総本店
石川県小松市城南町29
TEL 070-2251-3854
11:00~15:30(LO15:00)
17:30~21:00(LO20:30)
日曜休(祝日の場合は翌日)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

GWは飲食店にとっても稼ぎ時です。

グルメブログをやっていると、休みの日のランチは基本外食するのですが、さすがにGW期間中は行ったお店どこも混んでいました。

さて、小松には、いわゆる町中華のお店がたくさんあります。

小松のご当地グルメの「小松塩焼きそば」を筆頭に、餃子や炒飯など、普段使いでもハレの日使いでも、小松市民はよく利用するのではないでしょうか。
珍龍

GW前半の日曜日。冷たい雨が降る日のランチタイム、11年ぶりに小松の消防署の近くにある中華のお店「珍龍」へ行ってきました。

前回お邪魔した時は小松のご当地グルメの塩焼きそばを食べています。

小松では「清ちゃん」が閉店になったあと、「勝ちゃん」が一番人気のお店だと思うのですが、「珍龍」はその次を争う人気店です。
珍龍 (8)

冷たい雨が降っていたせいか、12時少し過ぎたランチタイムでしたが、テーブル席に座ることが出来ました。
珍龍 (2)

入口に置かれていたサンプルケース。
珍龍 (3)

店内のメニューです。これ以外にもありましたが、いま写真入りのメニューのところも多い中、文字中心ですね。
珍龍 (7)

人気ベスト10のリストもありました。

私は、昔は自身の中では鉄板のコンビだった、炒飯(やきめし)&餃子を久しぶりに頼むことにしました。

昔は炒飯が好きでよく頼んでいましたが、ここ10年前ほどから、それほど頼まなくなりました。年のせいかな?

炒飯(650円)はすぐに出されました。
珍龍 (9)

ほんのり醤油風味が効いた炒飯でした。他店とは少し味的に違う炒飯かもしれません。
珍龍 (10)

スープも付いています。

餃子(480円)は小ぶりの細長いタイプ。
珍龍 (13)

しっとり感の残る焼き方でした。

妻が頼んだのは、こちらの「酸辣湯麺(850円)」。
珍龍 (11)

丼一杯すれすれに盛られて出されます。
珍龍 (12)

酸辣湯麺は少しお裾分けいただきました。

酸味と辛みのバランスのいい酸辣湯麺でした。

久しぶりに行きましたが、小松の町中華はこれからも人気が続くでしょう。ご馳走様でした。

珍龍
石川県小松市園町ホ-117-1
TEL 0761-21-4109
11:00~15:00
17:00~22:00
月曜休
※祝日の場合は翌日



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

ラーメンの味の種類は色々あります。

個人的にはシンプルな単一の味が好きですが、魚介と合体させた味も好きです。

大昔、子供のころ小松駅前に「こまビル」が出来て、地下に「8番らーめん」がオープン。

それまでは街の食堂などで、醤油味のいわゆる「中華そば」しか食べたことが無かったのですが、「8番らーめん」では味噌や塩などを選べるようになったので感動した記憶があります。

そのような経験を持つ人が「8番らーめん」を石川県民のソウルフードと呼ぶようになった要因ではないかと思いますがどうでしょう?

さて、今日は喜多方ラーメンの話題です。

喜多方ラーメンといえば、醤油味の透明な豚骨スープが基本で、博多・札幌ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一角を占めるほど人気のラーメンです。

しかし、石川県内では博多・札幌ラーメンほど知名度がなく、提供するラーメン店も少ないかもしれません。

紹介するのは「会津喜多方ラーメン蔵 寺井店」。7年以上前に行ったときのことはこちらで紹介しています

4月下旬の日曜日のランチタイムにお邪魔しました。
喜多方ラーメン蔵

蔵の街「喜多方」をイメージした外観。
喜多方ラーメン蔵 (8)

早めの時間だったので店内は混雑していませんでしたが、食べ終わって出るころにはどんどんお客さんが入ってきていました。
喜多方ラーメン蔵 (2)

ラーメンメニューです。
喜多方ラーメン蔵 (3)

種類が多いですね。
喜多方ラーメン蔵 (5)

ラーメン定食にもできます。

私はこの中から今回「野菜ラーメン(850円)」を頼むことにしました。

喜多方ラーメンなので、やはり醤油味です。
喜多方ラーメン蔵 (10)

出されたのがこちら。

8番らーめんよりは野菜が少ないかもしれませんが、喜多方ラーメンの澄んだ醤油味のスープと合った味付けです。
喜多方ラーメン蔵 (11)

麺は、少し透き通った平打ち熟成多加水麺。

モチっとしたコシがあってよかったです。
喜多方ラーメン蔵 (4)

妻のほうはこちらのメニューに出ていてイチオシと書かれた「軍鶏ヌードル(900円)」を頼んでいました。
喜多方ラーメン蔵 (9)

写真のイメージとは見た目は少し違っていますが、醤油味の炙った軍鶏がいい味を出していたようです。

添えられているのは柚子胡椒でした。

久しぶりに行きましたが、栄枯盛衰が激しいラーメン業界のなかで、お店が変わらない形で続いていること自体ファンが付いている証拠です。ご馳走様でした。

会津喜多方ラーメン蔵 寺井店
石川県能美市大長野町リ29-1
TEL 0761-57-2750
11:00~21:30
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

この冬はシーズン通して寒かったです。

しかし春4月に入ってからは一転温かい日が多く、時には夏日になることが何日かありました。

これからはより暑い時期になってきますが、そろそろ温かいものから冷たいものが恋しくなってきます。

そんなことで、温かいラーメンネタはこれから少なくなりますが、今日はそんなラーメンの話題です。

よっしー製作所

建屋はウッディ、店内も木のぬくもりを感じる作りです。
よっしー製作所 (25)

国内産小麦を使った麺と無添加のスープがウリですが、メニューの種類が豊富でかつ新しいメニュー開発にも力を入れているお店だという印象があります。

ちなみに麺は「外国産小麦麺」「国内産小麦麺」「大麦平打ち麺」の3種類の自家製麺を楽しめます。
よっしー製作所 (9)

メニューです。
よっしー製作所 (6)

ちょっとお得なセット。
よっしー製作所 (13)

餃子もウリです。
よっしー製作所 (7)

メニューには、ハラール認証までは受けていないようですがイスラム教のムスリム仕様のラーメンまでありました(木曜日と平日夜限定)。
よっしー製作所 (2)

今回私が頼んだのは、お店の入り口に看板が出されていた「春のオリエンタル風和え麺(910円)」。

塩味をベースにオリエンタルのスパイスを使ったスープなしの合えて食べるラーメンです。
よっしー製作所 (21)

レモン、そして左には多めのニンニクが添えられていました。
よっしー製作所 (23)

麺は「大麦平打ち麺」。「小松産大麦全粒粉を練りこんだかん水を使わない平打ち麺」だそうで、HPには「食物繊維が豊富で健康効果あり、腸活にも適しています」と書かれています。
よっしー製作所 (24)

上に乗せられている具とニンニクを混ぜ合わせて食べると、エスニックな風味の混ぜ麺を楽しめました。

途中でレモンを絞って味変。レモンの酸味が加わり後口がさっぱりに。ボリュームもあって美味しかったです。ただ季節限定なので今はやっていないかもしれません。

妻は「ちょっとお得なセット」の中から「しょうゆラーメン餃子セット(1,040円)」。
よっしー製作所 (15)

餃子は「ニンニク入りのガーリック餃子」と「ニンニクなしの大麦餃子」をチョイス出来ますが、今回「ニンニク入りのガーリック餃子」にしています。
よっしー製作所 (17)

「しょうゆラーメン」のほうは、シンプルな醤油味で、こちらのお店の基本となる味のラーメン。スープは能登豚や能登健康鶏がベースのこだわりのスープです。
よっしー製作所 (18)

チャーシューは別添えになっていました。
よっしー製作所 (19)

モチモチ感をさらに出すための1種類とつるっと感を出すための1種類の2種類の外国産小麦を使用した麺で、確かにそんな感じの麺で美味しかったです。

久しぶりに伺いましたが、リピートしたくなるお店ですね。ご馳走様でした。

よっしー製作所
石川県小松市沖町口25-1
TEL 0761-21-9899
11:00~14:30
17:30~21:30
土曜日のみ~23:30(L.O)
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ