あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関西

昔、大阪に住んでいた時に行ったことがある、スペインバスク地方の料理を食べさせてくれるお店「エチョラ」。
ガストロテカ ビメンディ (4)

私が大阪に住んでいるときに行ったお店の中では、非常に印象に残っているお店の中のひとつです。

ただ、その時に料理を作っていた山本シェフはすでにお店を辞められてしまっています。残念です。

スペイン料理のお店は大阪には何店もあると思うのですが、2011年初めはバスク地方の料理を食べさせてくれるお店は当時は少なかったということもあって、「エチョラ」はオープン当時からずっと人気店として、テレビや雑誌などでも何度も取り上がられていました。

そんな人気店が、私が大阪から離れた後に2号店を出していました。「エチョラ」の道を挟んで真向いという近さです。

こんなに近くにセカンドブランドのお店を出すケースは、珍しいかもしれません。でも、まぁ、考えたらお店のクオリティをオーナーが管理しやすいことが利点と言えるかもしれません。

実は「エチョラ」は、ルクア地下1階の「オペーク オオサカ」で、もう一軒「ガストロテカ ボルダッチョ」というお店も営業されていましたが、こちらは「オペーク オオサカ」の閉店に伴って今年年1月末にクローズされています。
ガストロテカ ビメンディ (5)

さて、ここ「ガストロテカ ビメンディ」は、スペインバスクバルとしての位置付けです。店名の「ガストロテカ(gastroteka)」は「美食空間」、「ビメンディ(bimendi)」は「二つの山」の意味だそうです。

スペインといえば、グルメの世界では世界的に有名なお店がたくさんあって、地中海の食事として、和食と同じくユネスコの無形文化遺産に登録されています。

バスク地方の有名な都市サン・チェバスチャンは美食都市としても有名で、ミシュランガイドでも小さな都市にもかかわらず3つ星レストランを2つも輩出しているほどです。

我々は、梅雨真っ只中のとある土曜日。ランチに予約を入れて伺いました。
ガストロテカ ビメンディ (9)

お店は意外に広いです。カウンター席にテーブル席で40人ぐらいは入れそうです。外にはテラス席もあります。
ガストロテカ ビメンディ (10)

この日すでに相当歩いてきたためにのどが渇いたので、ランチを頼む前に、食前酒としてバスク産ワインを頼むことにしました。
ガストロテカ ビメンディ

二人で、白とロゼをお願いして、シェアして飲みます。
ガストロテカ ビメンディ (2)

大きめのグラスに、デカンタージュするときのように高所からワインをそそぎ入れます。香りが立ちます。

バスク産ワインは「チャコリ」といい、微発砲性で辛口。酸味も強いワインでしたが、アルコール度数は低いということでした。ランチ飲みにちょうどいいですね。
ガストロテカ ビメンディ (13)

白は「レサバル(Rezabal)」というワイン。ロゼは「アメストイ ルベソティス(Amestoi rubentis)」というワインで両方とも一杯700円でした。
ガストロテカ ビメンディ (12)

そして肝心のランチのほうですが、月替わりメニューになっていて、7月はこんな感じです。

タパス盛り合わせ、トマトのガスパチョ、メイン、パンが付いて何と1,000円!なかなか良心的です。

デザートと飲み物は追加料金が必要です。

個人的には、デザートと飲み物が別途のほうがありがたいと思っています。特にこの日は、大阪でもカフェなどに行って飲み食いする予定だったからです。

こちらのお店は「ボカディージョ」という、いわゆるスペイン・サンドウィッチが有名なのですが、我々は先ほどと同じ理由で、パンが多めのサンドウィッチはパスすることにしました。
ガストロテカ ビメンディ (14)

まず、オーダーしてすぐにこちらの「タパス盛り合わせ」と、スープの「トマトのガスパチョ」が運ばれてきます。ワインのアテにちょうど良かったです。
ガストロテカ ビメンディ (16)

夏なので冷製のタパスと冷たいガスパッチョがうれしかったですね。

タパスの中の右下にある生ハムの下はナスです。右上のムースの下はレンズ豆でした。

メインは3種類から私は、肉系のメインを避けるために必然的に「サーモンのエスカベッチェ」でお願いしました。
ガストロテカ ビメンディ (21)

ランチのこの値段だと、食材にそれほどコストをかられないと思いますが、味のほうを工夫されていました。オリーブオイルのマリネ液、ビネガーの酸味も非常に効いていました。
ガストロテカ ビメンディ (20)

妻のほうは「サツマイモ豚の鉄板焼とピペラーダ」をチョイス。サツマイモ豚ということは鹿児島産の豚ですね。

ピペラーダとは、玉ねぎとピーマンを炒め煮にしたバスク地方のソースのことです。
ガストロテカ ビメンディ (19)

ランチには、サンドウィッチの「ボカディージョ」以外は、こちらのパンも付いてきます。

1,000円で、この内容のスペイン料理を楽しめたのはコスパ的には最高でした。味的にも満足できました。おすすめの一軒です。ご馳走様でした。

ガストロテカ ビメンディ(gastroteka bimendi)
大阪府大阪市西区靭本町1-5-9
 ボヌールエイワ 1F
TEL 06-6479-1506
12:00~24:00
ランチタイム12:00~15:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

梅田周辺には及ばなくなった感がありますが、すこし前までは大阪のビジネス街の中心だった中央区本町。

そのエリアにある国際ビルという大きなオフィスビルの隣に、ハワイで人気のカフェが出来たということで、大阪に行った折りに立ち寄りました。

私も大阪に住んでいた時は、ここから歩いて1~2分ぐらいのところに住んでいたので、非常に懐かしいエリアです。

そんな思い出のエリアに、ハワイのオアフ島で人気の「モーニング グラス コーヒー プラスカフェ」が日本初進出したのです。

「モーニング グラス コーヒー プラスカフェ」は、スターバックス・コーヒーの創業メンバーのお一人、エリック・ローズさんが全面プロデュースしているカフェです。

この日の朝、大阪城公園に新しくできたスタバのお店に行ってきたばかりなので、ちょうどタイミング的にもばっちりです。

さて、コーヒーのお店も時代によって変遷しています。スターバックスなどのシアトル系コーヒーに代表されるセカンドウェーブ。

そして、サードウェーブコーヒーとして有名となったブルーボトルコーヒーも、いまではすっかり日本で定着しています。

あんまりカテゴライズ自体は意味がないかもしれませんが、ここ「モーニング グラス コーヒー プラスカフェ」は、スペシャリティコーヒーを一杯一杯ドリップしてくれることから、サードウェーブコーヒーのお店といっていいかもしれません。
モーニンググラスコーヒー (5)

外観はオフィスビルのテナントとして入っているので、それほどハワイアンな感じではありません。植木が少しそうかな?と感じさせてくれます。
モーニンググラスコーヒー (6)

お店の前にはなぜかドッグエリアがありました。

このビルの前を昔は何度も通ったことがありますが、前は何の会社だったのでしょうか?思い出せません。何かのショールームだったのかな?

中に入ると、とても広いお店です。天井も取っ払って鉄骨などをむき出しにして、空間的にも広く感じさせてくれます。
モーニンググラスコーヒー (11)

正面にカウンターがあり、右のほうが料理をするキッチンとカウンター席になっていて、中央と左側エリアにテーブル&ソファー席がありました。
モーニンググラスコーヒー (12)

店内は若い女性の方も働いていましたが、上品な感じのご年配の女性がお一人いらっしゃいました。何となくハワイの雰囲気を感じさせてくれる女性で、お聞きしたらハワイに3年間住んでいらっしゃったようです。
モーニンググラスコーヒー (9)

レジカウンターで先にオーダーして、席に着いて待っているとオーダーしたものは運んでくれます。後片付けもしてくれますのでセルフサービスのお店ではありません。

お店の名前に「モーニング」が付くだけに、サンドウィッチなどの朝食メニューの種類も豊富です。

この日はさすがに蒸し暑かったので、我々はアイスコーヒーを頼むことにしました。
モーニンググラスコーヒー (17)

私は、この日のおすすめ「RWANDA GITEGA HILLS(450円)」を。
モーニンググラスコーヒー (15)

妻はこの日のハワイアンコーヒー「KONA EXTRA FANCY」。よく見たら850円もする!^^;

どちらも、量はたっぷり。アメリカンテイストな軽めのアイスコーヒーで、私の「RWANDA GITEGA HILLS」のほうが少し渋みが勝っていました。写真では見た目変わらないですね……?^^;

何れにせよ飲みやすいコーヒーでした。のどの渇きも癒せました。

ローストは大阪の「TAKAMURA COFFEE ROASTERS」です。ハワイアンコーヒー「KONA EXTRA FANCY」についてはお店でローストしています。
モーニンググラスコーヒー (7)

あと、せっかくなので、カウンターに置かれていたお菓子も食べてみようということで頼んでみました。
モーニンググラスコーヒー (14)

スコーンも美味しいらしいのですが、我々は「パンプディング(Bread Pudding)」を一つ頼みました。イチゴとバナナが入っているやつです。400円で意外とボリュームがありました。甘めですが、それほどしつこくない甘さです。美味しかったです。

これから日本全国にお店を展開していくかどうかは不明ですが、今の時期、ビーチなどにあってもうれしいお店かもしれません。ご馳走様でした。

モーニング グラス コーヒー プラスカフェ
MORNING GLASS COFFEE + CAFE
大阪府大阪市中央区安土町3-2-14 イワタニ第二ビル1F
TEL 06-6484-7002
月~土
7:30~20:00(L.O.19:30)
日・祝
8:00~17:00(L.O.16:30)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪城公園といえば、私が大阪に住んでいた時、休日のときなどにウオーキングをしていたエリアです。
大阪城 (26)

住んでいたのが本町という都会のど真ん中のマンションだったために、歩く時ぐらいは緑の自然の中を気持ちよく歩きたいと思って、行き帰りも歩いて大阪城公園も一周して、約1時間数分のウオーキングタイムでした。
大阪城 (23)

当時は歩くだけだったので感じませんでしたが、確かに観光の目玉の大阪城ではあったけれど、大阪城以外に目ぼしい施設が周辺にはなかったなぁ~?と思います。

そんな大阪城公園に、待望?の新スポットが誕生したということで出かけてきました。

小松からサンダーバードで大阪へ。北陸新幹線が金沢まで開通してから、サンダーバードも土日はなかなか混んでいます。
大阪城

大阪城公園駅と直結していて、こちらのペデストリアンデッキでそのままアクセスできます。その名も「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」。
大阪城 (19)

JO-TERRACE OSAKAは、野外で茶会をする際に用いる「野点傘(のだてがさ)」をモチーフにしたデザインなのだそうですが、大阪城といえば豊臣秀吉。その秀吉が千利休とともに、野点をはじめておこなったとされているようです。
大阪城 (6)

殿様や姫様たちと一緒に記念撮影ができるベンチ型フォトスポットも設置されていました。
大阪城 (5)

エリアには、幅広い業態の飲食店を中心に、いくつかの施設が点在しています。施設はすべて完成しているわけではなく、今年いっぱいかけて整備が進められています。最終的には7つのテラスに全22店舗になる予定だそうです。
大阪城 (24)

さて、その中の「A TERRACE」として「スターバックスコーヒー 大阪城公園店」が独立店舗としてオープンしていました(6月22日オープン)。
スタバ

瀟洒な建屋です。
スタバ (3)

ガラス部分が多いので、外光が入って店内も明るく、ナチュラル系のテーブルやイスとも相まって、他のスタバのお店とはまた違った気分でゆったり過ごせます。写真撮影の了解を頂き店内をパチリ。
スタバ (2)

さて、我々は蒸し暑い朝のひと時。のどの渇きを癒すために冷たい飲み物を飲みたくなり入りました。

私は「スターバックス リフレッシャーズ ビバレッジ クール ライム」。バリスタがオーダーごとに一杯ずつシェイクしてくれます。ライムの香りとすっきりとした酸味がのどの渇きを癒してくれました。
スタバ (7)

妻のほうは「シェイクン ウォーターメロン&パッション ティー」です。スイカとパッションティーを、こちらもバリスタがオーダーごとに一杯ずつシェイクしてくれます。スイカの甘みとパッションティーの爽やかな酸味で、のどの渇きを癒してくれますね。

両方とも夏らしい飲み物でした。

大阪城公園の新スポット「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」。大阪城や大阪城ホールを訪れる人たちの憩いのテラスになることは間違いないですね!ご馳走様でした。

JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)
大阪府大阪市中央区大阪城3-1
営業時間 7:00~24:00
※店舗によって異なります

スターバックスコーヒー 大阪城公園店
大阪府大阪市中央区大阪城3-1 JO-TERRACE OSAKA
TEL 06-4790-6161
月~金 7:00~22:00
土日祝 8:00~22:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こちらの「印度屋」は9年前に森ノ宮のお店に行ったことがあります。

その時は「エビとアサリの煮込みカレー」を食べていますね。美味しかった記憶があります。
印度屋 (10)

今回、京橋でランチを食べに入ったのですが、しかし、まったくそのときは森ノ宮のお店の姉妹店だとは気が付かずに、帰って調べて初めて気が付きました。^^;

十三にもお店があるようで、この3店舗のみの展開です。

この日、環状線で京橋まで行き、ここからタクシーで移動する前にランチを食べに入ります。お店は京橋駅から出てすぐのところあります。便利な場所です。

さて、印度屋のカレー、森ノ宮のお店に行ったときも思ったのですが、辛いことで有名です。もちろん激辛とは違って、スパイシーと表現したほうが適切でしょう?

それも、私も良く食べたことがある、いわゆる大阪カレーのように先に甘さを感じて後から辛さが襲ってくるといったカレーではなく、すぐに辛さを舌に感じるタイプです。

材料は全て、本場インドから直輸入していて、スパイスなどは1年半という長い期間熟成させてから使用しているというこだわりなのです。

さて、我々は少し早めの時間帯でしたがお店に到着。店内には先客が2名いました。
印度屋 (3)

席に着き、ご覧のメニューを見渡しオーダーをします。基本はトッピングの組合せでカレーの種類が変わるだけです。

またライスが基本ですが、ナンも選択できます。変わったところではオムライス、ハヤシライス、カレーうどんなんてのもメニューに載っていました。

私はその中からヘルシーに「ベジタブルカレー(870円)」を頼むことに。
印度屋 (6)

基本のルゥには野菜を4~5時間ほど煮込んで溶け込ませてあります。そのためまろやかな舌触りです。

その上に「ベジタブルカレー」のトッピングの野菜はトマト・キュウリ・ブロッコリー・玉ねぎ・ほうれん草などが入っていました。
印度屋 (9)

こちらは他の人が頼んだ「ビーフカレー(760円)」と、
印度屋 (7)

「銀スジカレー(870円)」。

「銀スジカレー」にはじっくり煮込んだ牛のアキレス腱がたっぷり入っていました。コラーゲンたっぷりですね。
印度屋 (8)

カレーにはインドの豆で作ったパパドが付いています。
印度屋 (4)

またランチには、スープと何故かキュウリの浅漬けが付いていました。

「印度屋」は昔からあるお店で、お値段は少し高めですが、こだわりのカレーを食べさせてくれることで人気のお店です。ご馳走様でした。

印度屋 京橋店
大阪府大阪市都島区片町2-4-14
TEL 06-6356-1566
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まぁ、個人的には太平洋側の都会ではあまり握り寿司を食べていません。。

当然、ネタの良さとコスパは石川がいいと思っているからです。

その点、今日紹介しますキューズモール(Q's MALL)前の「大松寿し」は、廻らない寿司屋という中ではコスパ的には素晴らしいものがありました。

この地で60年弱も寿司屋を営んでいるところで、これほど長い間変わらず営業を続けているということは、人気のお店だということがわかります。

阿倍野筋に面している商店街の中にお店があります。この辺は昔ながらの趣がまだ残っていますね?
大松寿し (11)

お店の看板には「いけす料理 すし」と標記されています。
大松寿し (9)

中に入ると、一見寿司屋のような感じではありませんが、奥に進むと長いカウンターがあって寿司屋の雰囲気で安心しました。60年弱も寿司屋を営んでいる重みも感じます。
大松寿し

確かにいけすもありました。^^;

さて今回、我々はお昼に食べに行きました。ランチメニューの一端を紹介しますと「寿司定食(700円)」「1人前半(1,000円)」「特選1人前(1,200円)」などとてもリーズナブルな値段設定です。
大松寿し (2)

他にも「お造りご膳(1,350円)」や「彩りご膳(900円)」など寿司以外のランチメニューもありましたが、寿司定食には、寿司盛合せの握り8貫と茶碗蒸し、お味噌汁が付いています。1人半は握りが12貫になり、特選盛合わせは寿司定食にうにといくらが付いています。

最初何にしようかと迷いましたが、4人で行って、この3種類すべて頼むことになりました。

こちらが一番お安い「寿司定食」の握りです。
大松寿し (5)

ホタルイカ、押し寿司、エビ、イカ、玉子、サーモン、メダイ?、マグロ、サヨリの8貫です。

そして「特選」という言葉に誘われて私は「特選1人前」を頼んでみました。
大松寿し (6)

その「特選1人前」の握りです。先ほどの「寿司定食」にウニとイクラがプラスされているだけでした。

値段が500円違うので、他の寿司ネタもだいぶ違うと思っていたのですが……?これだったら「1人前半」のほうが良かったかもしれません。^^;
大松寿し (4)

その「1人前半」がこちらです。「寿司定食」にヒラメ、サバ、アナゴ、白身の炙りがプラスされ計12貫となっています。
大松寿し (8)

なお、定食には茶碗蒸しとみそ汁も付いていましたが、この茶碗蒸しは具も色々入っていてよかったです。

「寿司定食」は700円という値段ながら、ちゃんとした茶碗蒸しとみそ汁も付いていて、本当にお得なランチとなっていました。ご馳走様でした。

大松寿し
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-40
TEL 06-6621-2126
11:30~23:30
火曜休
※火曜日が祝日の場合は営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ