あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関西

大阪といえば割烹や料亭など和食・日本料理の名店がいくつも存在しています。

石川・金沢の料理人も大阪のそれらの有名なお店で修業された方が何名もいらっしゃると思います。

そんな大阪で今回お邪魔したのは、大阪南船場にある創作和食「へちもんや」というお店です。
へちもんや

南船場あたりは、昔住んでいたマンションに近かったのでよく行きましたが、こちらのお店にお邪魔するのは初めて。

元々は繊維問屋街として発展したエリアですが、最近は人気のショッピングエリアとしても人気で、飲食店についても色々いいお店があります。

店名にある「へちもん」とは信楽地方の言葉で「ふうがわりなモノ」という意味らしいです。創作和食のお店ということでそのような名前にしているのでしょうか?
へちもんや (4)

店内はこんな感じです。なかなか雰囲気がいい内装です。
へちもんや (3)

カウンター席です。1階だけではなく2階にも席がありました。
へちもんや (6)

お品書きです。
へちもんや (7)

こちらも。
へちもんや (5)

「本日の献立」です。他にも色々とメニューの種類が豊富でした。
へちもんや (8)

まずは生ビールとお通しの胡麻豆腐。

そして頼んだのは、まずは野菜からということで「へちもんやの野菜サラダ(税別950円)」です。
へちもんや (10)

洋系の料理で出されるゼリー寄せのように成形され、その周りにも野菜が散りばめられていました。12種類の野菜が使われていてインスタ映えしそうなサラダでした。
へちもんや (11)

お次は「出し巻き(580円)」。作りたてでほかほか。ダシの旨みを逃がさないように切らずにそのまま出されました。なるほど!さすがにダシがきいています。

お造りの盛り合わせは「五種盛り(2,100円)」。
へちもんや (13)

5種類はブリ、活タコ、タイ、本マグロ、ホタテのしそ造りでした。
へちもんや (19)

こちらは「カキフライ(800円)」。牡蠣は三重県産。小さめの牡蠣でした。
へちもんや (18)

私は食べていませんが「豚の角煮(850円)」。とろとろ感が伝わりますね。
へちもんや (16)

こちらは「青菜のおひたし(380円)」です。
へちもんや (20)

そして「わけぎのぬた和え(400円)」も頼んでいます。
へちもんや (12)

これらを肴に飲んだお酒は、私はブラックニッカのハイボール(580円)」に、
へちもんや (17)

「やきいも黒瀬(580円)」はお湯割りで。珍しい焼いもの焼酎です。何となく焼いもっぽい風味を感じることが出来ました。

以上飲み食いして、締めて一人5,000円ほど。思ったよりリーズナブルでした。

戻ってからブログを書こうと調べていたら、こちらのお店には「牛スジ大根煮込み鍋・熱々レンコン饅頭・サバの棒寿司の三大名物」があるようでしたが、一つも頼んでいませんでした。^^;

次回の宿題ということですね。

大阪の和食のお店ということで、高級な感じもしますが、雰囲気やサービス・料理などは割烹クオリティで、値段は居酒屋クラスで楽しめるお店。おすすめです。ご馳走様でした。

へちもんや
大阪府大阪市中央区南船場4-10-24
TEL 06-6243-3924
月~金
11:30~13:30
17:30~23:00(L.O.22:30)
土 17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪のカレーといえば近年いくつかの有名店が東京進出を果たしていて、さらにはスパイスカレーが人気です。

逆に東京から大阪に進出しているカレー屋さんはどのくらいあるのでしょうか?

さて一方、東京神田といえばカレーの激戦地として有名です。「カレーの聖地」とも呼ばれているほどです。

神田では毎年「神田カレーグランプリ」というカレーの人気投票イベントが行われていて、カレーの街「神田」を盛り上げています。
マジカレー (12)

今日紹介します「マジカレー」は、その「神田カレーグランプリ」の輝ける2018年度のグランプリ店なのです。
マジカレー (14)

そんな「マジカレー」。関西初進出店が、こちらの「マジカレー あべのHoop店」だということでランチを食べに出かけてきました。
マジカレー (2)

あべのHoopの地下にフードコートがあって、その一角に「HONEBUTOムーチョ」という肉バル×ワインのお店があります。
マジカレー (3)

その昼間の営業していない時間帯を間借りで利用しているのです。まぁ、いわゆる「間借りカレー」というお店ですね。
マジカレー

こちらがメニューです。

私はもちろん、「神田カレーグランプリ」でグランプリを受賞した時の提供メニューだった「グランプリカレー(正式名称:チーズフォンデューソース掛けハンバーグカレー)」を頼むことに。値段は税別1,000円でした。

普段は健康に気を付けて、この手のカロリーの多いメニューは頼まずに「野菜カレー」などを頼むのですが、今回はネタ的にこれしかないと思ってオーダーしました。^^;

最初にレジでオーダーして、その場で料金を支払って、お知らせブザーで呼ばれるのを待ちます。
マジカレー (6)

店内にも食べるスペースはあるのですが、「HONEBUTOムーチョ」の席は、バーなどにある背の高いイスで食べにくそうだったため、フードコート内共通の飲食コーナーで食べることにしました。
マジカレー (10)

こちらが「グランプリカレー」ですが、カレーは一種類でメニューの違いはトッピングの違いです。辛さも選ぶことは出来ません。もっとも辛さについては、スパイシーな欧風ソースで、それなりに辛いので個人的にはちょうどよかったです。

このカレーは工程に100時間かけて作られているそうで、個性が際立っているわけではないのですが、やはり美味しいです。そして飽きのこない味に仕上がっていますね。
マジカレー (11)

ハンバーグのほうは手ごねということでしたが、それほど特徴を感じるわけではありませんでした。とろ~りチーズとの相性がよかった気がします。
マジカレー (8)

一緒に行った人は、こちらは「特製ビーフカレー(税別730円)」。
マジカレー (9)

あともう一人は「グランプリカレー」のチーズ無しの「手ごねハンバーグカレー(税別900円)」を頼んでいました。

「神田カレーグランプリ」でグランプリを取ったカレーだけあって、バランスのいいカレーだと思いました。ただ大阪のカレー業界も激戦だと思いますので、今後の動向が気になります。ご馳走様でした。

マジカレー あべのHoop店(MAJI CURRY)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
 あべのHOOPB 1F
TEL 06-6626-2757
11:00~17:00
休みはあべのHoopに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年のGW以来、久しぶりの大阪ネタです。

今日紹介するのは水産会社経営のスタンドフジ系列のお店で、私も過去に何店かお邪魔したことがあります。

ルシアスビルB1「スタンド 富(とみ)」に大阪駅ルクア地下2F水産会社直営の「魚屋スタンドふじ子」、そして阿倍野の「スタンドふじ 本店」です。

何れのお店も、さすが水産会社経営のお店ということで、新鮮な魚介を使った料理を低料金で提供してくれました。

そのため、私も同じ系列のお店であれば外れがないかな?と思って、今回もお邪魔することにしました。
ビストロスタンドフジ

今まで行ったところは、居酒屋系のお店でしたが、今回お邪魔した「BISTRO STAND FUJI(ビストロスタンドフジ)」は、ビストロを標榜しているお店で、夜はワイン片手に楽しめる料理をウリにしています。

今回我々はランチでお邪魔することに。

この日は12時から打合せがあったため、オープン時間の11時過ぎにお店に到着。

外観はスタンドフジ系列、似たような作りです。

店内に入ると、何ヶ所かある2人掛けのテーブル席はすべて満席でカウンター席に案内されます。こんなに早い時間から凄い人気ですね。

こちらがランチメニューです。
ビストロスタンドフジ (2)

私は肉が使われてないメニューということで「ミックスフライ定食(税込899円)」を頼むことに。

待っている間に、ライスとお吸い物、そして刺身が運ばれてきます。刺身はこの日はヒラマサです。
ビストロスタンドフジ (4)

ビストロランチで刺身?と思いましたが、まぁ、突っ込むのはやめましょう!水産会社が経営しているお店ですから。

ライスは少なめですがおかわりが可能。しかし私はこのボリュームで十分。

ただ、ちょうど行ったタイミングが悪かったのか、この後、メインのフライが出て来るまでに少し時間がかかりました。

で、出されたミックスフライがこちら。
ビストロスタンドフジ (6)

白身魚フライ、エビフライ、カニクリームコロッケの3種類を楽しむことが出来ます。目玉焼きも付いていました。

しっかり目の揚げ方で、衣がサクッ!エビフライが大きかったです。
ビストロスタンドフジ (7)

食後にはデザートの一口サイズのアイスが付いています。

この内容で刺身まで付いて、ボリュームもあって税込899円とは、ある意味凄いです。満足度は高いですね。
ビストロスタンドフジ (5)

一緒に行った人はお店の入り口の看板メニューで出ていた「名物ビフカツランチ(税込930円)」を食べていました。

ソースは2種類から選べて、彼は和風ソースでわさびが添えられています。

ランチを食べ終えても11;40頃でしたが、お客はどんどん入ってきます。やはり人気のお店ですね。ご馳走様でした。

BISTRO STAND FUJI(ビストロスタンドフジ)
06-6586-6363
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31
 アポロビルB2F
ランチ11:00~15:00
ディナー15:00~23:00( L.O.21:50)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪へは日帰りで駆け足でまわることが多いのですが、今回の大阪は久しぶりの1泊2日で行きました。

大阪城周辺での観光・イベントが多かったのでその周辺でホテルをチョイス。

今回は「ホテルニューオータニ大阪」に宿泊することにしました。
ニューオータニ大阪 (4)

20数年前子供たちを連れて一度宿泊した記憶があるので、本当に久しぶりに行ったことになります。
ニューオータニ大阪 (2)

1986年6月7日にオープンしたホテルですが、内部はリニューアルされていてきれいで、落ち着いて過ごすことが出来ました。

部屋に案内されてまずは部屋を撮影します。
ニューオータニ大阪 (6)

さすが「ホテルニューオータニ」です。細部にまできめ細かな仕上げの内装です。

調度品も品がありますね。

そして、部屋おまかせの少し安めの料金だったので、大阪城側の部屋ではないと思っていたのですが、何と!大阪城側でした。ラッキーです。
ニューオータニ大阪 (12)

窓から見える昼の景色です。
ニューオータニ大阪 (22)

同じく夜は大阪城がライトアップされていて、よりきれいですね。
ニューオータニ大阪 (13)

お隣には読売テレビの新社屋がちょうど完成していました。8月に移転のようです。

アメニティも充実していて1泊だけでしたが過ごしやすいホテルでした。

さて、グルメブログなので朝食についても紹介します。
ニューオータニ大阪 (28)

「ホテルニューオータニ大阪」での朝食は1階の「オールデイダイニング SATSUKI」でとります。しかしGW期間中は宿泊客が多いので、臨時で地下にも朝食会場が設けられていました。

我々は朝8時ごろに1階の「オールデイダイニング SATSUKI」に行くと、数分ほど待ちで入ることが出来そうだったのでそのまま待つことに。
ニューオータニ大阪 (30)

「オールデイダイニング SATSUKI」、中は広いです。
ニューオータニ大阪 (29)

基本、ビュッフェ形式で、和食と中華、そして洋食系が両方に分かれて置かれていました。品数も多いです。「スーパーブレックファースト」という大そうなネーミングの朝食です。
ニューオータニ大阪 (33)

朝食メニューの中でウリはオムレツ。普段家ではオムレツはあまり食べないのですが、やはり食べないわけにはいかないでしょう?

オムレツはプレーンとミックスがあり、私はミックスをお願いしました。
ニューオータニ大阪 (32)

その場で作ってくれます。熱々で美味しいです。
ニューオータニ大阪 (36)

でも、ケチャップをきれいにかけようと思っていたのですが、普段使わないので慣れていない?ので押したらチューブから勢いよく飛び出てしまいました。^^;
ニューオータニ大阪 (34)

あと、ハムとサラダ類。
ニューオータニ大阪 (37)

ベーコンと温野菜。
ニューオータニ大阪 (38)

こちらのお皿に盛ってあるのは、焼ラーメンと中国料理「大観苑」の点心、お好み焼き、マグロなど、まとまりがない取り方ですね!?^^;
ニューオータニ大阪 (45)

食後はヨーグルトとフルーツ。グレープフルーツジュースです。

このヨーグルトが美味しかったです。
ニューオータニ大阪 (46)

最後はコーヒー。

今回は朝食もセット料金だったのですが普通に食べたら大人一人3,300円の料金です。

しかし私は最近それほど朝から多くは食べないので元は取れなかったです。^^;

いつも出張でホテルを利用するときは慌ただしく朝食をとることが多いのですが、この日は出発時間も遅めにしたのでゆったりと朝食をとることが出来ました。ご馳走様でした。

ホテルニューオータニ大阪
大阪府大阪市中央区城見1-4-1
TEL 06-6941-1111
平日7:00~10:00
土・日・祝7:00~11:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GWに大阪に遊びに行った時は本当に良く歩きました。

普段から歩く方なのですが、それでも一日に約20kmは歩いた方です。

天王寺から新世界、そしてなんばOCATまで歩いてのどが渇いたので入ったお店が「野菜直売 Green Cafe(グリーンカフェ)」です。
グリーンカフェ

産地直送の八百屋さんを併設していて、こんな都心に八百屋さん?って思うほど野菜の品揃えが豊富でした。
グリーンカフェ (2)

大阪に住んでいた時には、OCATは2~3度しか利用したことがありません。当時からこのお店があったかどうか覚えていません。
グリーンカフェ (3)

こちらではそんな野菜をふんだんに使った日替わりのランチメニューが人気なようです。
グリーンカフェ (4)

我々はランチはすでに食べていたので、新鮮野菜を使ったドリンクを飲む目的で入りました。

セルフサービスのお店で、席を確保してカウンターでオーダー、その場で支払って出来上がるのを待ちます。

我々は、フレッシュスムージーの「赤野菜スムージー」と「緑野菜スムージー」を頼んでシェアして飲むことに。

こちらの「赤野菜スムージー(560円税込)」には、トマト・人参・セロリ・バナナ・りんご・オレンジが使われています。リコピンたっぷり赤色野菜で美肌にも効果的だそうです。
グリーンカフェ (5)

ちょっと舌に刺激がある感じで、酸味も合わさってある意味スパイシーな味でした。

「緑野菜スムージー(同)」には、小松菜・法蓮草・りんご・キウイ・豆乳が使われています。ビタミンUがたっぷり入っています。
グリーンカフェ (6)

こちらの方は、りんごとキウイの甘さが最初にきて、緑系野菜が健康的な味をプラスしてくれている感じがしました。

のどが渇いていたので、二人してあっという間に飲み干してしまいました。

体も元気になった気がして、この後も二人とも頑張って心斎橋経由で長堀橋まで歩くことが出来ました。ご馳走様でした。

野菜直売 Green Cafe(グリーンカフェ)
大阪府大阪市浪速区湊町1-4-1
 OCAT 1F
TEL 06-6644-3051
8:00~21:00
モーニング8:00~10:30
ランチ10:30~15:00
定休日はOCATモールに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ