あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関西

あべのハルカスもオープンして早いものでもう3年2ヶ月が経過しました。

相変わらず人気があるようですが、残念ながら数年後にはあべのハルカスを超える高さのビルが東京に完成するようで、日本一の称号もそれほど長くはないということです。

このあべのハルカスが出来たということで周辺の再開発も進み、阿倍野周辺は10年前とは様変わりですね。

さて、今日紹介します会席料理のお店「四季 旬香」は、そのあべのハルカスからすぐのところにあります。
四季 旬香 (8)

お店自体は地下にありますが店内はそれほど広くはありません。

懐石・会席料理のお店で、料理のクオリティもありながら比較的リーズナブルな和食を楽しめるお店ということで人気です。

我々は、そんなお店にランチを食べに行ったので紹介したいと思います。

さきほど懐石・会席料理のお店と書きましたが、肩肘張らずに楽しめるのは夜だけではありません。ランチも800円から日替わり定食などもありとてもリーズナブルなのです。

この日の日替わり定食は「蓮根の挟み揚げと山芋の短冊揚げ」でした。私はそちらをお願いします。
四季 旬香 (5)

出されたのがこちらです。揚げ物はもちろん揚げ立てで、サクサクのレンコンの食感がいきています。山芋のもねっとりした食感でレンコンとの食感の違いを楽しみことが出来ました。
四季 旬香 (6)

定食には小鉢・温玉・味噌汁・漬物が付いています。ご飯と味噌汁はおかわりが可能になっていましたが、私は逆にご飯を残してしまいました。^^;
四季 旬香 (7)

小鉢・温玉・漬物はこんな感じです。
四季 旬香 (3)

こちらは、一緒に行った人が頼んだ焼魚定食(800円)」。
四季 旬香 (4)

焼魚はサバかサワラがチョイス出来、こちらはサワラの西京焼き。すぐに出されたので、これは残念ながら先に焼いてあったものを温めなおしています。

夜は行ったことがないので何とも言えませんが、たぶん、お昼同様、リーズナブルに美味しい料理を楽しめるのではないでしょうか?ご馳走様でした。

四季 旬香(しき しゅんか)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-17
 巴ビルB1
TEL 050-5868-5947(予約専用)
06-6629-1145(問合せ専用)
11:30~14:00 17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休(連休の場合は最終日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10年半ほど前にイタリアのミラノに行ったことがあります。

行く前からイタリア料理は好きでしたが、やはり現地で食べたイタリア料理は、日本で食べるものとは根本的に違っていて衝撃を受けたことがあります。
アルフォルノ (7)

さて、今日紹介する「アルフォルノ(Al Forno)」は、相当昔からあるお店のようです。

外観はカフェみたいですが、イタリアの国旗が掲げられているので、イタリア料理のお店ですよ!ということを訴えていますね。

お店自体は、中に入ってみると相当古い感じがします。そして店内は相当広いです。

内装は、いわゆる「年季が入っている」といった状態でした。「何となくイタリア」っぽい感じで作られていて、石造りのような雰囲気のデザインで、壁にはルネッサンスの巨匠、ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に描いた「アダムの創造」の一部が描かれた壁紙が張られていました。
アルフォルノ (5)

冒頭、ミラノに行ったことは書きましたが、その時に、スフォルツァ城の博物館でミケランジェロが生前最後に手がけた大理石彫刻「ロンダニーニのピエタ」を見たことがあります。
DSC06698

向こうでは芸術作品でも写真撮影が許されていることが多く、ご覧の写真がそうですが、未完の作となっています。

さて、話を「アルフォルノ」に戻します。
アルフォルノ (8)

ランチメニューの種類は多く設定されています。

サービスランチは日替わり限定10名で730円(税込)でしたが、この日はチキンだったのでNG。

一緒にいったメンバーは「ビジネスランチ(880円税込)」でハンバーグ、魚フライ、豚ロースが付いているメニューを頼んでしました。しかし私はこちらにも豚ロースが入っているのでNGです。

そこで、「レディースランチ(880円税込)」というのがあったので、男性でも大丈夫かをお聞きすると、okですということだったので、それを頼むことにしました。
アルフォルノ (2)

内容はハンバーグ、海老フライ、オムレツ。どれもが小さなサイズ。サラダとたらこスパゲッティも添えられています。
アルフォルノ (6)

なお、平日のランチメニューにはコーヒーが付いています。

一緒に行った人が頼んだ「ビジネスランチ」のほうはこんな感じです。
アルフォルノ (3)

私の「レディースランチ」より見た目ボリュームがありますね?
 
両方とも、イタリア料理というより洋食店の料理ですね。やはり、せっかくイタリア料理のお店に来たからには、パスタとか石窯まで焼いているというピッツァのランチにしたほうがよかったかな?^^;
アルフォルノ (4)

ちなみに、オーダーの時にパンかライスか聞かれなかったので、イタリア料理のお店なのでてっきりパンが出てくるものと思っていたら、ライスがデフォルトでした。^^; 

あと、広い店内でお客もそれなりに入るのですが、サーブしている人が2人で、厨房にもそれほどいる感じではなかったので、料理が出されたり食べ終えた後のテーブルの後片付けも少し時間がかかるようでした。

ランチの値段はリーズナブルでよかったのですが、もう少しお店のウリをフォーカスしたほうがいいのかもしれません。すみません。今日は少し辛口になってしまいました。^^;

どうもご馳走様でした。

アルフォルノ(Al Forno)
TEL 075-621-0278
京都府京都市伏見区竹田中内畑町2
11:30~14:00
18:00~22:30 
土日祝
11:30~15:30
17:30~22:30
月曜休(祝日の場合翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

私のブログでもだいぶ前に書いたことがあるのですが、大阪のご土地ラーメンで全国的な知名度があるラーメンはないのでは?ということ。

まぁ、強いてあげるならば「高井田系ラーメン」くらいでしょうか?

全国から人が集まる西の雄「大阪」です。色々な味があって当たり前と言いますか、やむを得なかったかもしれません。

高井田系ラーメンは、ご存じ醤油ベースの黒っぽいスープのラーメンですが、今日紹介します「塩元帥」は塩ラーメンがウリのお店です。
塩元帥

大阪に住んでいるときには残念ながら「塩元帥」というお店を知りませんでした。

ここはいま、関西地方では飛ぶ鳥を落とす勢いのラーメンチェーンだということです。
塩元帥 (12)

ウリは「無化調・無添加」。それに、毎日各店舗ごとにある製麺室で自家製麺までしているというヘルシー路線のこだわりのラーメン作りを行っています。

そんなこだわりのラーメンなので瞬く間に人気のお店になり、猛烈な勢いで店舗展開中なのです。

個人的には、少し強引かもしれませんが、ラーメン自体がカロリーが高めになってしまうジャンルの食べ物ではないかと思っているので、そんなにヘルシーな路線が合うのかどうか疑問に思います……。^^;
塩元帥 (2)

さて、我々は平日の早めの時間帯にお邪魔しました。しかし早めの時間でも広い店内は満席でした。やはり人気なのですね。
塩元帥 (3)

そこで、メニューや、こんな焼き飯へのこだわりなどの掲示を見ながら待つこと数分。ボックスのテーブル席に案内されました。
塩元帥 (4)

塩ラーメンがウリですが、醤油や味噌味もラインナップにはありました。

しかし、塩ラーメンがウリのお店ですから、最初に食べるのはやはり塩ラーメンでしょう!?

そして、待っている間に見た「焼き飯」のこだわり掲示を見るからには「焼き飯」にも自信があるだろうということで、行った4名とも天然塩ラーメン+半焼き飯がセットになった「半チャンセット(850円)」を頼むことに。

ただ、全員同じと言うのもグルメブロガーとしては面白くないと思い、私だけ天然塩ラーメンをネギ塩ラーメンに変えることが出来るかお聞きしたらokということで変えてみました。
塩元帥 (8)

こちらがネギ塩ラーメンです。

ラーメンの差額を払えばいいということでした。ちなみに、お店で使っているネギは九条ネギだそうですが、天然塩ラーメンやネギ塩ラーメンに使われていたのは白髪ネギが盛られていました。一般的には九条ネギは白い部分が少ないネギなので特別に作らせているのでしょうか?

塩ラーメンですが、しっかりとした味の塩ラーメンでした。いわゆる濃い味です。しかしながら、ほんのりと柚子の香りと味がアクセントになっていて、うまくクセになりそうな味にまとめていますね。
塩元帥 (10)

麺は中太平打ちストレート麺で少し柔らかめでした。チャーシューは、ネギの形状に合わせて?短冊状に切られています。

全体として完成度の高い塩ラーメンでまとまりを感じましたね。こだわっていることをヒシヒシと感じます。
塩元帥 (11)

そしてセットの「焼き飯」。こちらも濃いめの味付けです。少し私には濃過ぎでした。醤油ラーメンで使っているタレを入れて炒めているようです。
塩元帥 (9)

一緒に行った人が頼んだ「天然塩ラーメン」がこちらです。大きめのチャーシューが1枚乗せられています。
塩元帥 (7)

お店では大阪のラーメン店の定番、キムチとニンニクはセルフですが食べ放題です。
塩元帥 (14)

帰るときには店外にも、こんな順番待ちの行列が出来ていました。凄い人気です。 

味的にも値段的にも満足度は高く、また店員の方々も大人数でとても元気がよく、大勢の客が居てもラーメンが出来てくるまでの待ち時間も少なく、全体的に気持ちよく食事が出来るお店だと思いました。ご馳走様でした。

塩元帥 鶴見店
大阪府大阪市鶴見区諸口1-6-6
TEL 06-6913-3580
11:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

大阪のホテルが取れない状況が続いています。

2か月前でも、いつも宿泊するホテルや主要なところはすでに満室でした。幸い今回は車で移動だったので、郊外の門真まで範囲を広げて見つけることが出来ました。

門真と言えばパナソニックの城下町。このあたりのホテルにはパナソニックに用事がある人たちが利用するのでしょうね?

そんな、いままでも、今後も宿泊するようなエリアではない門真の晩飯。京阪や大阪モノレールの門真市駅からもほど近い場所にある「旬香酒稲ばんざいや」に事前予約を入れ仲間と一緒に向かいします。
ばんざいや

外観は喫茶店のような趣です。

中に入ると、それほど広いお店ではありませんが、このあたりでは人気の居酒屋のようで、我々が食べている間に満席になっていました。

オーナーの板長の略歴を見るとアメリカジョージア州アトランタの日本料理店でも料理長をされていたようで、和食系の居酒屋でありながら、メニューには洋系にアレンジされたような品もたくさんあります。いわゆる和風創作料理というウリですね。

それにメニューにはカロリーや塩分・糖質などの成分が書かれています。ヘルシー志向の人にはうれしいです。

我々は、定番メニューよりも、この日のおすすめの品を順番に頼むことにしました。
ばんざいや (5)

まずは生ビールとお通しです。
ばんざいや (6)

そして最初に出されたのが「ビン長まぐろの造り(650円)」。
ばんざいや (7)

こちらは旬のホタルイカを使った「ホタルイカの松前風沖漬け(500円)」。ほんのり上品な甘さで漬けこまれています。
ばんざいや (8)

「ベーコンとチーズのとろ~りオムレツ(550円)」。それほどとろ~りとはしていませんでした。(笑い)
ばんざいや (9)

これは「鰻のとろろ蒸し(750円)」。洋のテイストでオイリーでバルサミコのソースで食べます。
ばんざいや (12)

「真鯛とまぐろのカルパッチョ(730円)」。こちらもまぐろはビン長まぐろです。
ばんざいや (13)

そして「蛸の天ぷら(590円)」はあら塩で食べます。
ばんざいや (14)

「蛸とふぐの竜田揚げ(690円)」は揚げ立て熱々で美味しかったです。
ばんざいや (15)

このあたりで、野菜の品もオーダーしようということで「ベーコンと温泉たまごのシーザーサラダ(680円)」を追加します。
ばんざいや (19)

お酒のほうは私は生ビールの後はハイボールで攻めましたが、他の人は日本酒飲み比べセットを頼んでいました。
ばんざいや (10)

滋賀県大津の浪乃音酒造「ええとこどり」は純米の超辛口。福島県大七酒造の「生もと辛口本醸造」。兵庫丹波の桜本商店の「小鼓 純米吟醸」の3種類で980円というお得なセット。よさげでしたね。

キムチ餃子(570円)も頼みましたが、出されたものをみてビックリ!
ばんざいや (16)

揚げたこ焼きのような見た目です。もっちりとした皮の中には挽肉とキムチソースが入っています。
ばんざいや (17)

最後に「とん平焼き」を頼みましたが、こちらも大阪で一般的に出されるお好み焼きのようなビジュアルの物とは少し違いました。

以上、4名でそれなりに飲み食いして、締めて14,000円強。一人3,500円ほどで済みました。リーズナブルで満足度も高かったです。ご馳走様でした。

旬香酒稲ばんざいや
居酒屋
TEL 0066-9712-275915(予約専用)
06-6900-5563(問合せ専用)
大阪府門真市新橋町8-25
 ハーミッツセル1F
11:40~15:00(L.O.14:30)
17:00~24:00(L.O.23:30)
日曜休(団体の予約の場合営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

香川の池上製麺所といえば、るみばあちゃんがメインキャラクターとして有名な讃岐うどんの名店として知られています。

そんな、るみばあちゃん最後の弟子と言われている方が出したお店が京都の伏見区にあります。

さて、京都のうどんと言えば、昔から関西のうどんの特徴である、柔らかなうどんに上品な昆布出汁が特徴です。

そんな京都においては、ひと昔前までは讃岐うどんのお店は少なかったのではないでしょうか?
大河

今日紹介します「本格手打うどん 大河」のご主人は、最初はサラリーマン生活をしていましたが、会社を辞めて香川の人気うどん店の池上製麺所で2年間修業をされた上で2012年に今のお店をオープンさせています。

京都にお店を出すにあたっては、本場讃岐のうどんをそのまま持ち込むのではなく、京都の人にも食べてもらいやすいように、のど越しがよくなるように工夫をされているそうです。

美味しい讃岐うどんが食べられることはもちろん、「るみばあちゃん最後の弟子」という評判もあって、すぐに人気のお店になりました。いまでは行列のできるお店として、京都でも有名になっているとのこと。

私は、この日の京都から大阪に車で向かう途中にランチを食べに立ち寄りました。名神高速の京都東インターにもほど近い場所にお店はあります。

11:40頃にお店に到着。この時間で半分ぐらいの入りでした。しかし、12時前には満席になり外で数名の順番待ちが出来るような状態に。やはり人気のお店です。
大河 (8)

元々は居酒屋さんだったのかな?居抜きのような感じです。お店には駐車場がないので隣のコインパーキングに車を停めます。

メニューは讃岐うどんの定番のものから、お店のオリジナルなメニューまで色々ありました。

カレーうどんなどもウリのようです。そのカレーうどんは私以外のメンバーが頼んでいました。

私は、「本日のおすすめセット」というのがあって、この日は「3種の天ぷらセット(1,280円)」。こちらを頼むことにしました。理由は天ぷらに使われている野菜が魅力的だったからです。

岐阜の山育ち原木しいたけの「春子」、これは限定品です。京都洛西の村上薫さんの旬のたけのこ、和歌山宮楠農園さんのスナップエンドウというラインナップ。魅力的でしょう?頼まないわけにはいきません。

うどんは茹であげ直前に行うため、オーダーを受けてからやっていると完成まで15分ほどかかるようで、先行的に行っているようですが、それでも10分程度出てくるまで待つ必要があります。

待っている間に「大河のおうどんのつくりかた」と書かれたものが置かれていたので、そちらを読みますと、そこには池上製麺所で習った「昔ながらのおうどん作り」にこだわっていること。そして「外はモチモチ柔らかい、けれども中心にしっかりとした弾力と伸びがある!」うどんを実現してることなどが書かれていました。レシピも公開しているということは相当自信があるのでしょう?
大河 (12)

出されたのがこちらです。

うどんは、おろししょうゆぶっかけです。
大河 (13)

讃岐うどんのしょうゆうどん。私が30年ほど前に香川で食べた、茹であがったうどんにただしょうゆをぶっかけただけのものを食べた時の衝撃は今でも忘れられない思い出です。
 
大河 (16)
そんな記憶を蘇らせてくれるほどのうどんでした。「外はモチモチ柔らかい、けれども中心にしっかりとした弾力と伸びがある!」といううたい文句通りです。
大河 (14)

天ぷらのほうですが、肉厚でシューシーな原木しいたけ。シャキッとした食感のたけのことスナップエンドウ。スナップエンドウの甘さが際立っています。たけのこも少し甘めに下味が付けられています。これらを添えられたあら塩で食べます。揚げ立てでとても美味しいですね。
大河 (15)

付いてくる小さなご飯にはちりめん山椒がかけられています。

一緒に行ったメンバーが頼んだカレーうどん。こちらも大人気のメニューのようです。
大河 (9)

こちらがそうです。

素揚げされた野菜(かぼちゃ、なす、さつまいも)が乗せられています。
大河 (10)

プラス温泉たまごが別の器に入れられています。

あと小さなご飯も添えられていて、うどんを食べた後、残ったカレーに入れ食べます。

スパイシーで出汁の旨みの相当あって美味しかったそうです。

私も讃岐うどんの本場では色々なお店に行きましたが、残念ながら池上製麺所には行ったことがありません。お土産で売っているうどんしか食べたことがなかったのですが、やはり讃岐の名店のDNAを引き継ぐお店です。

記憶に残るうどんを食べさせてくれました。ご馳走様でした。

本格手打うどん 大河
京都府京都市伏見区深草西浦町7-45-1
TEL 075-641-4877
平日
11:00~14:30(L.O.14:00)
18:00~21:00(L.O.20:30)(月曜の夜は営業なし)
土・日・祝
11:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~21:00(L.O.20:30)
火曜休(祝日の場合はブログで確認)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ