あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関西

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

新型コロナウイルスの影響で観光業界は大きな打撃を受けています。

大阪でも一時、知事が活動自粛要請を出すなど影響を受けたことがありました。

私の方、年度末までにしなければいけない仕事があり、のばしのばしにしてきた大阪出張です。
大和ロイネットホテル

その時に宿泊したホテルが心斎橋から徒歩5分ほどの場所にある「ダイワロイネットホテル大阪心斎橋」です。

名前の通り、大阪が本社の大和ハウス工業グループが経営しているホテルで、全国に展開しています。

大阪心斎橋のホテルは、2019年2月27日にオープンした新しいビジネスホテルで、当然館内はきれいです。

また宿泊料金は普段に比べるとディスカウントされていました。
大和ロイネットホテル (2)

2階のフロントロビー階。
大和ロイネットホテル (6)

チェックインするときに、こちらのコーヒーか紅茶がもらえます。
大和ロイネットホテル (4)

泊まったのはシングルの部屋。ベッドはクィーンサイズで部屋も一人には十分の広さです。
大和ロイネットホテル (5)

水回りです。トイレとお風呂が仕切られているのがいいですね。
大和ロイネットホテル (8)

さて、朝食はホテルの1階にある「食彩健美 野の葡萄」というレストランで取ります。

こちらは、朝食はホテル専用で、夜は一般にも開放されているレストランで、「Vege食べるレストラン」をモットーに「健康を食べに来てください」を合言葉で、地元大阪で採れた野菜をウリにした薬膳しゃぶしゃぶを食べることが出来るようです。

ランチもやっていたようですが、早々にやめているので、なかなか経営的には難しいのでしょうか?
大和ロイネットホテル (9)

とても広く、一度に100人ぐらいは座れるようです。しかし新型コロナウイルスの影響で、朝7:20頃でしたがガラガラでした。
大和ロイネットホテル (10)

また食事の提供は、いつもはビュッフェ形式になっているのですが、こちらも新型コロナウイルスの影響でビュッフェ形式での提供はしていませんでした。

量はそれほど食べる方ではないので、個人的にはビュッフェ形式での朝食はあまり好きではないので、個々に出されるほうがうれしいことはうれしいです。

さてビュッフェ形式でなくなったあとは、決まった内容が詰められた和洋折衷のお弁当形式に変わっていました。
大和ロイネットホテル (11)

これらのものがテーブルに出されます。料金は大人税抜きで1,500円です。

チェックインのときに、この内容の写真を見てボリューム満点だな!?と思っていたので、ご飯は不要と断っています。

多くの品数が出されます。
大和ロイネットホテル (12)

こちらは和食系の品々が並んでいます。
大和ロイネットホテル (13)

こちらには洋食系です。

基本的にはフードロスを避けたいという気持ちがあるので、ご飯を断って正解でした。

何とかデザートと封を開けない納豆以外はすべて食べきりました。

何れにせよ世界中に蔓延する新型コロナウイルスが早く収束して、今まで通り元の世の中に戻ることを祈るしかありません。ご馳走様でした。

食彩健美 野の葡萄
大阪府大阪市中央区南船場3丁目9-8
ダイワロイネットホテル大阪心斎橋1F
TEL 06-6575-7155(ホテル)
朝食7:00~10:00(9:30受付終了)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪の北新地といえば、東京の銀座と並ぶ有名な高級歓楽街です。

私は大阪に3年ほど住んでいましたが、北新地で夜飲んだことは2~3度ほどしかありません。ただし、その内の一回は串カツの「だるま」でした。^^;
北新地

3月下旬のことですが、久しぶりにそんな北新地にあるお店に行くことになりました。

お店の名前は「石川 さゆり」。どこかで聞いた名前ですが、石川出身オーナーと女将のさゆりさんがコンビを組んで運営しているお店です。

話は変わりますが、昨年だったか、大阪のテレビ局制作の番組が石川県でも放送されていて、こちらのお店が出ていました。

大阪にある全国都道府県ゆかりのお店を巡るクイズ形式のバラエティ番組で、こちらが石川県代表ということで紹介されていたのをたまたま観たので、大阪に行った折にでも行ってみようと思っていたのです。

2016年オープンで、お店のオーナーが金沢市の出身のかた。石川県グルメブロガー的にもネタとして紹介したほうがいいということです。

ちなみにそのオーナーのかたは北新地にバーなど何店舗か経営しているようですね。
石川 さゆり

こちらがお店の外観。「石川さゆり」という大きな店名が書かれた暖簾です。目立ちます。

店内です。考えていたよりは狭いお店で、カウンター席8人とテーブル席が2つの8人。計16名で満席です。
石川 さゆり (3)

私は一人だったのでカウンター席に座ります。

こちらはカウンターの上に置かれた大皿料理、いわゆるおばんざい料理がウリの居酒屋です。

女将さんの林小百合さん。梅宮アンナ似の美人です。メディアなどにも何度も紹介されている名物女将です。ネット情報では石川県出身?と書かれているページがありましたが、石川県出身ではありませんでした。
石川 さゆり (5)

ブログでの顔出しの了解はもらっていないので、モザイク掛けていますが、ネットで検索して調べるとたくさん出てきますので、興味のある方はそちらを見てください。

さてこちらのお店、「石川」という名前が店名に付いている通り、石川県の食材と地酒を愉しむことが出来ます。

魚介は宇出津港のほうから取り寄せているようで、その他の食材についても石川県のものを使用して、おばんざい料理などが作られているのです。醤油などの調味料も石川県産です。
石川 さゆり (6)

こちらは定番のお品書きです。
石川 さゆり (4)

黒板メニューです。
石川 さゆり (8)

まずは生ビールを頼みます。
石川 さゆり (9)

お通しは、タコとブロッコリーです。

頼んだ料理は、まず「ホタルイカの玉子とじ(500円)」。
石川 さゆり (11)

ちゃんと温めて出されます。ふんわりとした食感に仕上げられた玉子がホタルイカをやさしく包んでいて美味しかったです。

宇出津港直送と聞いて、お造りの3種盛りも頼んでみました。
石川 さゆり (13)

サヨリ・ヒラマサ・鯛です。

身の締まり具合が石川で食べるのと変わらないですね。サヨリの身が厚くてよかったです。
石川 さゆり (15)

これは「山ウドのキンピラ(420円)」です。香ばしく味付られていて酒のつまみに最高です。
石川 さゆり (16)

あと、タラの芽だったかな?の山菜とじゃがいもの煮物も頼んでいます。こちらはお品書きに書かれていないメニューでした。

生ビールの後は、せっかくなので石川県の地酒を頼んでみました。

石川県の地酒の種類はとても豊富でした。
石川 さゆり (10)

メニューでは「薫酒」「爽酒」「醇酒」「熟酒」と、風味の方がわかりやすく4つのカテゴリーに分けてあります。
石川 さゆり (14)

私は、こちらの写真のどっちがどっちだったか忘れましたが、「竹葉しぼりたて生原酒」と「花さかゆうほ純米吟醸」を頼みました。あと一杯は写真はありませんが、確か「五凛純米大吟醸」だったかな?

フルーティな飲み口の日本酒ばかりでした。大阪で飲むとより石川の酒の美味しさを再認識できるような気がします。

以上を飲み食いして5千円を少し超えるぐらい。一人で飲むのもよしですが、何人かで気軽に飲める雰囲気で、楽しみながら美味しい石川食材の料理と地酒を堪能できるのでおすすめのお店です。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

石川 さゆり
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-9-12
 大雅ビル1F
TEL 06-6453-1558
月~金18:00~2:00(L.O.25:30)
土18:00~24:00(L.O.23:30)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは過去に大阪のフードホールやフードコートについていくつか紹介してきました。
ブー・ジュニア (15)

今日は天王寺駅にある「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」についての紹介です。

2019年3月にリニューアルした「ミオえきッチン&LOOP」と新しく出来たゾーン「エキうえスタンド」は、天王寺駅の中2階にあるエリアをぐるりと周回できるような場所に色々なお店が軒を並べています。
ブー・ジュニア

「ミオえきッチン&LOOP」では、カウンター越しに天王寺駅を下に見ながら飲食できるスペースがあります。
ブー・ジュニア (2)

「エキうえスタンド」はどちらかというと夕方からアルコールを飲みながら一杯といったお店が多くあってランチタイムは人がいませんでした。

今回はランチで利用したので、「ミオえきッチン&LOOP」の中にある「ブラッスリー・ブー・ジュニア」にお邪魔しました。

自然派ワインを飲みながら楽しめるという、こちらもディナー向きのお店かもしれませんが、お酒の専門店と、魚や肉の卸、産直青果店などをグループに持つ会社が共同運営するお店ということで、ディナーだけではなくランチタイムにも美味しい料理を楽しめるお店となっています。

ただこちらのお店は昨年のリニューアルされる前からあったところですね。
ブー・ジュニア (12)

外観はカジュアルな感じ。
ブー・ジュニア (5)

中もそんな感じで、気軽に入れるような雰囲気でした。
ブー・ジュニア (7)

こちらのお店からも天王寺駅を見下ろすことが出来ます。
ブー・ジュニア (3)

ランチメニューです。
ブー・ジュニア (4)

こちらもです。

私はこの中から「じっくり煮込んだデミグラスソースのハンバーグ(税込1,000円)」をチョイス。
ブー・ジュニア (8)

それほど忙しくなかったので意外と早く出てきました。サラダはグリーンとポテトが付いています。
ブー・ジュニア (10)

デミグラスソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。

肉汁がしたたり落ちるという感じではありませんが、精肉卸会社が共同経営に名を連ねているだけあって、しっかりとした感じの食感が残る仕上げで美味しかったです。
ブー・ジュニア (9)

ご飯は雑穀米でした。よく噛んで食べました。

天王寺駅の真上という便利な場所で、税込千円という値段で美味しいハンバーグをはじめ、色々食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

ブラッスリー・ブー・ジュニア
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
TEL 050-5890-9673(予約専用)
TEL 06-6773-1159
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

関西も緊急事態宣言が解除されましたので、3月に関西に仕事で行った時に入ったお店についても解禁します。

今日紹介します京都市伏見区の近畿運輸局京都運輸支局の前にある「うな良」というお店。
うな良

お店の名前に「うな」という文字が付いている通り、基本うなぎ屋さんです。

よく見ていないと気が付かないような、どちらかといえば、ひっそりとあるお店です。

店内はカウンテー席が10席ほどと、小上がりの掘りごたつ式の卓が2つという小さなお店でした。
うな良 (2)

ランチタイムは日替わりの「サービス定食」というのがあって、こちらが税込で800円というコスパめちゃよかったのですが、この日は「ひれかつ」だったのでパス。

こちらのお品書きの中から選ぶことに。うなぎ以外にも色々ランチメニューがありました。
うな良 (3)

しばし思案の上、やはりうなぎ屋さんに来たからには「うなぎ」を食べなければ!ということで、一番お手頃値段の「うな重 半匹(税込1,950円)」を頼むことにしました。

半匹で1,950円です。それでもうなぎのお店で、この値段で食べることが出来るのはいいと思います。

すでに一度焼いてあるのを、オーダーが入ってからもう一度ゆっくりじっくり焼き上げて出してくれるため、お品書きにも書かれていましたが20分ほどかかったでしょうか?
うな良 (5)

出されたのがこちらです。味噌汁と漬物が付いていました。

肝吸いではなかったのがちょっと残念。まぁ、値段的には難しいのはわかっていますが。

京都ですが味噌汁は赤だしでした。

フタを開けると、うなぎが2切れ。はやりちょっと寂しい感が。^^;
うな良 (6)

それほど専門店にうなぎを食べに行くわけではありませんが、行くたびに、うなぎは高くなったなぁ~、と思う次第です。

京都なので関西風の蒸さずに焼かれているうなぎです。

ちょうどいい塩梅の柔らかさで、それほど甘くもなく辛すぎもせずのタレも好み。ご飯には、そのタレがいっぱいかかっているので、うなぎが2切れでも大丈夫です。

2切れ目は山椒をかけて食べると、これまた美味しく頂くことが出来ましたね。

こちらの方は、一緒に行った人が頼んだ「サービス定食」です。
うな良 (4)

揚げ立てで身が厚く切られたヒレカツです。見た目美味しそうでした。

地元の人に人気で、ランチタイムは陸運局に用事がある人なども利用するのでしょう?満席のお客さんでした。ご馳走様でした。

※この内容は3月下旬に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

うな良
京都府京都市伏見区竹田向代町10-7
TEL 075-661-6903
11:30~13:00(無くなり次第終了)
17:00~22:00(L.O.)
土・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

関西はインバウンド需要が大きくなりすぎて、宿泊施設をはじめとする観光インフラが付いていっていない気がします。

昨年後半は韓国からの観光客が激減して一服ついた感じがしますが、それでもホテルなどが予約しづらかったことは変わりません。

特にビジネスの場合、急に出張で行かないといけなくなった時は困りますよね!?

そして需要が増えて供給が追い付かないと、自ずと宿泊料金が値上がりしていくのも困りものです。

しかし12月に大阪に出張があり、ホテルの予約をネットでしましたが、そこそこいいホテルを選ぶことが出来ました。秋の観光シーズンが終わって12月の中旬になったら若干単価が下がって、予約も取りやすくなったからかもしれません。

今回、値段と利便性、そしてホテルの新しさで決めた「ヴィアイン心斎橋四ツ橋」について紹介します。
ヴィアイン

「ヴィアイン」は、ご存じJR西日本系列のビジネスホテルです。

結論から書くと、ここがなかなかよかったです。

まずオープンが昨年7月と新しいホテルであること。そして値段がお手頃。3つ目は朝食がよかったことです。

地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅の出口の隣にあって、雨に濡れないので便利です。

1~2階がイオンのスーパーが入っていて、3階がフロント。
ヴィアイン (3)

フロントスペースは広くて明るいです。
ヴィアイン (2)

こちらが部屋です。広くはありませんがベッドダブルサイズで、心地よい睡眠が確保できました。

そして朝食ですが、ビジネスホテルの朝食といえば、大体がバイキングのビュッフェスタイル。しかしこちらは日替わりのセットでの提供となっていました。

朝食は和食か洋食かをチェックインの時に選ぶ必要がありました。

私はバイキングの場合は和食系のものを好んでとりますが、今回は気分を変えて洋食にしてみました。
ヴィアイン (4)

実は和食のほうが豪華な感じだったのですが、鍋物が付いていて、そちらが大阪名物の「肉吸い」だったことも洋食にした理由です。^^;
ヴィアイン (12)

朝食はこちらの3階の朝食コーナーで取ります。
ヴィアイン (5)

明るくてゆったりとしたスペースが確保されています。

朝食は1,000円(税別)でした。ちなみに宿泊料金は日によって違っていて私が宿泊した日は朝食込みで税込7,500円でした。
ヴィアイン (9)

この日の洋食セットはこんな感じです。
ヴィアイン (10)

ちゃんと、内容が書かれたペーパーが添えられています。

まぁ、内容的にはオーソドックスなセットかもしれませんが、フルーツとヨーグルトが付いているのがうれしいです。
ヴィアイン (8)

別にウインナーソーセージグリルも出されました。
ヴィアイン (11)

バゲットに、こちらの半熟卵のコドルド・エッグにジャガイモのピュレの「エッグスラット」を乗せて食べます。
ヴィアイン (6)

スープとドリンクはドリンクコーナーでセルフサービスとなっていました。
ヴィアイン (7)

最初の方でも書きましたが、新しいホテルで気持ちのいい朝を迎えることが出来て、かつ朝食もgood!というおすすめのホテルでした。ご馳走様でした。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋
大阪府大阪市西区新町1丁目5番10号
TEL 06-6533-5489
7:00~10:00(L.O.9:30)
朝食料金は税別1,000円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ