あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関西

福岡から小松に戻るとき、北陸新幹線が敦賀まで延伸した日だったので、北陸新幹線に乗るためJRで移動しました。

博多から新大阪まで山陽新幹線で移動して、乗り継ぎ時間の間に夕食を食べようと入ったお店が新大阪駅在来線新改札内「ヴィア ビア オオサカ(VIA BEER OSAKA)」です。

ところが、この日新大阪から乗る予定のサンダーバードが、我々が乗車する少し前の時刻に発生したJR京都線の踏切事故の影響で大幅に遅延しました。

こちらのお店で飲み食べが終わり、いい気分でホームに降りてきたあとこのことがわかり、待合室で2時間ほど待つことになりました。

さて、「ヴィア ビア オオサカ(VIA BEER OSAKA)」はアサヒビールが直営するビアパブです。
ヴィア ビア オオサカ

立ち飲みに近いような店内で狭かったです。我々は奥の方の小さな丸テーブル席に案内されました。

駅の改札内にあるお店なので、基本的には乗り継ぎや通勤帰路での電車待ちに合間に楽しむ人がほとんどでしょう。
ヴィア ビア オオサカ (5)

メニューです。ビール。
ヴィア ビア オオサカ (2)

料理は大阪らしく串カツがウリのようです。
ヴィア ビア オオサカ (3)

場所柄、サクッと食べられるようなものが多い感じです。
ヴィア ビア オオサカ (4)

では、飲み食いしたものを紹介していきます。

まず頼んだビール。
ヴィア ビア オオサカ (7)

プレミアムイタリアンビール「ベローニ(680円)」と、
ヴィア ビア オオサカ (8)

TOKYO隅田川ブルーイングの「ペールエール(780円)」、
ヴィア ビア オオサカ (12)

そして、こちらもTOKYO隅田川ブルーイングの「ヴァイツェン(880円)」3種類を飲んでいます。

アサヒビール直営だけあってビールの美味しさは保証済みでしょう。

あと、ドリンクとして「生姜ハイボール(540円)」も頼んでいます。
ヴィア ビア オオサカ (14)

生姜が効いていました。

次に頼んだおつまみについて。

やはりお店のウリの串カツ系を何品か頼んでいます。
ヴィア ビア オオサカ (9)

こちらの4つは「厚切りハムカツ(270円)」「海老カマンベール(270円)」「鶏ささみ紫蘇チーズ(250円)」「鶏ももと春タケノコ串(270円)」。

揚げたてで美味しかったです。
ヴィア ビア オオサカ (10)

こちらは「牡蠣フライ2P(630円)」。
ヴィア ビア オオサカ (11)

そして「お好み焼き風山芋串(250円)」
ヴィア ビア オオサカ (13)

あと「やみつき九条ねぎ(380円)」と、
ヴィア ビア オオサカ (15)

「ポテトフライ(420円)」も頼んでいます。

以上をサクッと飲み食べして、締めて6,200円ほど。

新大阪駅の構内にあるので、気軽においしいビールを楽しむことが出来る便利なお店です。

石川県の人も、大阪以西に移動されるときは利用してはいかがでしょうか。ご馳走様でした。

ヴィア ビア オオサカ(VIA BEER OSAKA)
大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
 JR新大阪駅構内 在来線 改札内 3F
TEL 06-6309-7877
11:00~23:00
フード  L.O.22:00
ドリンク L.O.22:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

一連の琵琶湖ネタの最後の紹介になります。

それは翌日の朝に食べるパンを買ったお店で「パン工房 穂のか」という守山市で人気のパン屋さんです。守山市の街中にありました。
パン工房 穂のか

駐車場がお店の横に2台のみ。女性の方お一人で切り盛りされているようで、店内はそれほど広くはありません。

訪れたのが15:15で、パンはほとんど売り切れていました。
パン工房 穂のか (2)

残っていたのはこちらの4種類のみ、スペース的にも個数はそれほど多く作っていないのかもしれません。

我々はこのうちの3種類を買い求めることに。

他のパンの値段はわかりませんが、これらを見るとお値段も手ごろなので、そのあたりも人気の要因かもしれません。

では買い求めたものを紹介します。
パン工房 穂のか (4)

こちらは「ハムクロワッサン(180円)」。
パン工房 穂のか (5)

半分にカットするとこんな感じです。

ハムとチーズ、そしてマヨネーズが入っていました。
パン工房 穂のか (6)

「パン・オ・レ・トマト(220円)」は、中にトマトとクリームチーズがサンドされていて、ミックスチーズをトッピングして輩ています。
パン工房 穂のか (8)

半分にカットするとこんな感じです。

3つ目は「めんたいクリスピー(180円)」。
パン工房 穂のか (9)

極薄のフランスパン生地の上には明太子とチーズが塗られたいました。カリッカリです。

パンはそこそこ濃いめの味でしたが、美味しかったです。ご馳走様でした。

パン工房 穂のか
滋賀県守山市小島町1662-6
TEL 077-582-0362
6:00~20:00
火曜 月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

琵琶湖を左まわりで巡った滋賀県ドライブ。

最後に立ち寄ったのが、今日紹介します「エイトヒルズ デリカテッセン(eight hills delicatessen)」です。
エイトヒルズ デリカテッセン

こちら西村料理研究所の中にあるということで、料理研究所がやっているということで興味があり行くことにしたわけです。

すでに日没間際の時間でしたが、店内にお客さんは居ませんでした。
エイトヒルズ デリカテッセン (11)

店内の様子はこんな感じです。

デリカテッセンのお店としては広めですが、ランチタイムはイートインが出来るようです。

1階にはテーブルが一つだけ置かれていますが、2階があるようなので、そちらで食べることが出来るのかな?
エイトヒルズ デリカテッセン (6)

ちなみにランチメニューはこんな感じでした。
エイトヒルズ デリカテッセン (3)

冷蔵ケースにはシャルキュトリー類や総菜など多くの種類が並んでいました。
エイトヒルズ デリカテッセン (9)

デリカテッセンメインですが、どうもシャルキュトリーがウリのようです。

では、買い求めたものを紹介します。

買ったものはメインを除いて妻と半分ずつ食べています。
エイトヒルズ デリカテッセン (17)

キッシュは2種類。「ポルチーニ茸とくるみのキッシュ(1,117円)」と「キッシュロレーヌ(923円)」。写真は半分にカットされたものです。

「ポルチーニ茸とくるみのキッシュ」は少々お高いですが、ポルチーニ茸の風味が美味しい気持ちを高めてくれました。

「キッシュロレーヌ」のほうも美味しかったです。
エイトヒルズ デリカテッセン (13)

こちらは「カポナータ(420円/g)」。野菜のトマト煮込みでフランスではラタトゥイユですね。
エイトヒルズ デリカテッセン (14)

こちらのディッシュに盛った3種は、上の方が「大麦のサラダ(310円/g)」、左が「パスタサラダ(310円/g)」、右が「カリフラワーのカルピオーネ(550円/g)」です。

カルピオーネとは南蛮漬けのことです。
エイトヒルズ デリカテッセン (19)

そしてメインというか、私は「チーズソーセージ(540円)」を食べています。食感もよくジューシーなソーセージでした。
エイトヒルズ デリカテッセン (20)

妻のほうは「ハーブチキン(467円)」。

これらをスパークリングワインを飲みながら楽しみました。

惣菜の種類が多くあって選ぶのに苦労するほどでおすすめです。機会があれば、お店のウリのシャルキュトリーも食べてみたい気がしました。ご馳走様でした。

エイトヒルズ デリカテッセン(eight hills delicatessen)
滋賀県彦根市八坂町3181
 西村料理研究所ビル1F
TEL 0749-28-0837
11:00~18:00
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今回の滋賀県でランチを食べたお店の紹介です。

ランチを食べたのは「ペコリーノ」という人気のイタリアンカフェで、4日前に紹介した浮御堂(満月寺)のすぐ近くにお店はあります。

人気なので事前に予約を入れてありました。
浮御堂

ご覧のように、琵琶湖のすぐそばで、浮御堂をすぐ近くに見ることが出来ます。
ペコリーノ

外観は確かに民家のよう?店内に入ると窓の外すぐに琵琶湖を望めます。景観がご馳走ですね。
ペコリーノ (3)

予約してあったからか、窓際の特等席に案内されました。ラッキー!
ペコリーノ (7)

店内を窓際から写した写真です。

古民家をリノベーションとなっていましたが、それほど古い古民家ではない感じです。
ペコリーノ (2)

外に出されていたメニュー。
ペコリーノ (5)

こちらはランチメニューです。

私はこの中から「週替わりドリアランチ(2,500円)」を頼みました。この週は「ぷりぷりエビのシーフードドリア」でした。
ペコリーノ (15)

まずスープが出されました。野菜たっぷりのミネストローネです。
ペコリーノ (9)

そして前菜。真ん中にサラダ。周辺にサーモン・生ハムなどが散りばめられていました。

周辺に散らされている白い粉は塩です。
ペコリーノ (19)

そしてドリア。確かにネーミングのようなぷりぷりエビがたっぷり入っていますね。イカやホタテなどの他のシーフードもたっぷりです。

普段はあまりドリアを頼むことが少ない私ですが、熱々のおいしいドリアと雄大な琵琶湖を眺めながら、心も体も温まりました。

セットドリンクは8種類からチョイス出来て、ワインや吟醸酒もありました。
ペコリーノ (24)

私は運転があるのでコーヒーを。
ペコリーノ (12)

妻はもちろん!ワインです。
ペコリーノ (20)

最後にデザート。パンケーキとアイスでした。

妻は、こちらのお店の一番のウリのようですが「ビーフシチューランチ(2,600円)」です。
ペコリーノ (17)

出されたのがこちら。牛のほほ肉を使用していてじっくりと煮こまれているためとても軟らかかったようです。
ペコリーノ (16)

こちらにはパンが付いていました。

春~秋にはテラス席が出来るとのこと。この日はあいにくの曇り空で琵琶湖を一望できる景色もイマイチ感動するには至りませんでしたが、天気がいい日は素晴らしい景色を楽しめると思います。

平日でしたが、12時には満席になっていました。さすがに人気のお店ですね。ご馳走様でした。

ペコリーノ
滋賀県大津市本堅田1丁目18-5
TEL 077-572-8138
日~木曜 11:30~17:00
金曜・土曜 11:30~21:00
月曜休(祝日の際は翌日)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

一昨日紹介した琵琶湖ミニトリップ。

今日はその際に見てきたエッシャー展と、ミュージアムカフェの紹介です。

今回見てきたのは「エッシャー 不思議のヒミツ」という展覧会で、あの佐川急便の美術館「佐川美術館」で行われていました。

こちらは2月25日までなのでもうすぐ終わりですが、来る4月27日(土)~6月30日(日)間は富山市の富山県美術館で開催予定となっています。

「佐川美術館」に行くのは今回が初めてでした。こんな立派な美術館を佐川急便がやっているとは驚きです。

建築そのものが素敵で、この美術館だけでも見る価値がありました。

完全予約制でネットであらかじめチケットを購入しておく必要があります。
佐川美術館 (2)

ゲートをくぐって敷地に入ると目に飛び込んでくるのが水庭に浮かぶように建てられている2棟の本館。
佐川美術館 (8)

石橋を渡って右側の通路を進むと中に入ることが出来ます。
佐川美術館 (27)

エントランスホールとエッシャー展のパネル。
佐川美術館 (10)

「エッシャー 不思議のヒミツ」は写真撮影がokということで、館内で色々写真を写しました。

エッシャーは子供のころから好きな画家で、トリックアート(だまし絵)の第一人者として知られています。

今回は初期から代表作に至るまで150点を超える作品が展示されていて見ごたえがあり、昔、雑誌などで紹介されていて記憶にある作品も多々あって、個人的に楽しめました。
佐川美術館 (56)

こちらはリトグラフで「描く手」。
佐川美術館 (45)

木版画で「昼と夜」。
佐川美術館 (67)

リトグラフ「物見の塔」。これらは有名ですよね。
佐川美術館 (75)

あと、こんな鏡張りの部屋が設置されていました。

「エッシャー 不思議のヒミツ」を見る前に、本館の9年後2007年に建てられた「樂吉左衞門館」も見ています。
佐川美術館 (12)

樂吉左衞門氏はお茶の千家十職の一つで、楽焼の茶碗を作る茶碗師の名称。この建物もご自身が創案と監修をされているようですが、水庭に埋設された地下展示室と水面に浮かぶように見える茶室で構成されています。
佐川美術館 (18)

「守破離(しゅはり)」をコンセプトに、館内では楽焼の展示と、こちらの空間があって幻想的な佇まい。凛とした空気が漂っていました

以上を見た後、館内にあるミュージアムカフェ「SAM(サム)」でお茶をしています。
佐川美術館 (83)

ゆったりとした贅沢な空間に大きな窓。

水庭に出来る水紋を眺めながらしばし見学の余韻に浸りました。
佐川美術館 (86)

メニューです。
佐川美術館 (82)

スイーツとフードメニュー。

私と妻は、一つを「ドリンクセット(950円)」にして、もう一つはドリンクのみを頼むことに。

楽焼の茶碗の展示コーナーがあったので、日本茶メニューがあったらよかったのですがありませんでした。
佐川美術館 (91)

そこで私はストレートティー。
佐川美術館 (93)
妻はレモンティーです。単品では両方とも600円です。


ドリンクセットのケーキは季節によって変わるようで、2種類の設定がありました。

今回私が頼んだのはレアチーズケーキ。
佐川美術館 (88)

滑らかな舌触りで甘さ控えめ。美味しかったです。

今回初めて訪れた「佐川美術館」は思っていた以上に素敵な美術館でおすすめです。あとエッシャーに興味のある方は4月の富山県美術館へ是非行って見てください。

佐川美術館
滋賀県守山市水保町北川2891
TEL 077-585-7800
9:30~17:00(最終入館は16時30分まで)
月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)・年末年始
※展示替え等のため臨時休館する場合があり
ミュージアムカフェSAM
TEL 077-585-7820
9:30~17:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ