あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 文化芸術

秋は芸術の秋でもあります。

ひと昔前までは、ほとんどの美術館や観劇・コンサートでは動画はもちろん、写真撮影も禁止でした。

一方、昨今SNSが当たり前となって、いい悪いは別にして話題が一気に拡散。すぐにブームを引き起こすようにもなりました。

そんなこともあって、単にかたくなに禁止ではなく、条件付きながら写真撮影やネットにアップすることも可能な展覧会やイベントを見かけます。

今回、9月末に大阪に行って観てきたアートな話題を2つ紹介したいと思います。両方とも写真撮影が可能でした。
シルクドロレイユ

まずは、シルク・ドゥ・ソレイユの創設30周年を記念して制作された「キュリオス」。

私はシルク・ドゥ・ソレイユを観るのは今回が初めてでした。
シルクドロレイユ (7)

「キュリオス」は日本では2月からの東京公演に引き続き7月末から 11月4日(日) まで全141公演が行われています。
シルクドロレイユ (3)

大阪公演は、中之島のビッグトップ特設会場に巨大テントが作られ1回の公演で多くの人が一度に見ることが出来ました。
シルクドロレイユ (8)

テントの内部、開演までの待ち時間を過ごすのが、こちら。記念グッズや飲食ブースが並んでいます。

運営も手慣れたもので、トイレの数もたっぷり。上級のテーマパークの運営にも引けを取らない感じでした。

料金はS席(といってもほとんどがS席)で平日12,500円、土日祝日13,500円と、ちょっとお高め。我々はそのS席でも後ろのほうでした。^^;

もっとも、離れていた方が公演全体を俯瞰して観ることが出来たので、そんなに不満があるわけではありません。
シルクドロレイユ (9)

途中30分の休憩をはさんで前半1時間、後半1時間の2時間、退屈する時間帯はほとんどありませんでした。

公演の内容はここでは書きません。キュリオスのウェブページを見てください。

料金は決して高くはないというのが私の感想です。

世界観としては、日本人にはなじみが薄いところもありましたが、音楽は生演奏。衣装や舞台装置は精巧に作られていて、昔でいうサーカスを独自に進化させた技・演技は超一流です。
シルクドロレイユ (10)

ちなみに写真撮影がokなのはエンディングのところのみ。
シルクドロレイユ (18)

その時に写した写真をアップしました。

お次は同じ中之島にある「東洋陶磁美術館」。
東洋陶磁美術館 (32)

大阪に3年間住んでいたのですが、他の主要な美術館や博物館には行ったのですが、ここだけは一度も行ったことがありませんでした。

今回、前述の「キュリオス」を観にいく前に行ってみました。

名前の通り東洋の陶磁器の特化した美術館で、コレクションはその分野では世界有数なようです。
東洋陶磁美術館 (17)

個人的には東洋の陶磁器の領域にそれほど興味がある方ではなかったので、これまで行かなかったも言えます。

今回、なぜ行こうと思ったか!?それは国宝の「油滴天目」というお茶碗を見たいと思ったからです。

昨年初めに、テレビ東京で放送された「開運!なんでも鑑定団」で、鑑定人である中島誠之助氏が世界で4つ目の曜変天目茶碗が発見されたと言ったことが話題になったのを覚えているでしょうか?
東洋陶磁美術館 (27)

私もそれで天目茶碗なるものを知りました。

この美術館では写真撮影は一部展示を除いてok。昔の作品は著作権法上も権利が消失していることもあるのかもしれません。しかし、フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用できません。

かつSNSでの拡散をしてほしいということまで張られていました。

SNSで「拡散」してもらい、来場者増につなげたいということなのでしょうね?

ということで、私も写真をアップします。
東洋陶磁美術館 (7)

「東洋陶磁美術館」では今、特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」というのをやっています。11月25日(日)までです。
東洋陶磁美術館 (14)

あわせて平常展として「安宅コレクション中国陶磁など」ということで、安宅コレクションの逸品の数々を見ることが出来ます。

前述の国宝の油滴天目茶碗についても、この平常展の展示物です。
東洋陶磁美術館 (29)

あと、こちらも国宝の「飛青磁花生」です。2つの国宝とも写真では良さは伝わらないと思いますので、是非会場に足を運んで見てください。
東洋陶磁美術館 (18)

また九谷焼についても古九谷の有名な大皿が飾られていました。石川県民にとって残念なことに「有田焼古九谷文様」の表記がされていますね。

東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
TEL 06-6223-0055
平常展「安宅コレクション中国陶磁など」
特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」
平成30年9月1日(土)~11月25日(日)
月曜休館(祝祭日の場合は翌火曜休館)
一般1,200円、高校生・大学生700円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県小松市は、歌舞伎18番「勧進帳」の舞台となった安宅の関や、江戸時代から250年以上にわたって続く「曳山子供歌舞伎」で有名な街です。

一昨年には安宅の関で、海老蔵さんが「勧進帳」の弁慶役を熱演して大いに沸かせてくれました。

今日はそんな歌舞伎にまつわる話題を2つお届けします。
海老蔵1

まずは、9月4、5日の2日間、海老蔵さんが「こまつ芸術劇場うらら」で4公演を行ったことについて。

これは、海老蔵さんが毎年秋に行っている「古典への誘い」という歌舞伎の地方公演です。
海老蔵

一昨年の「勧進帳」もその一環でしたが、今年は海老蔵さんが復活させた成田屋伝来の歌舞伎十八番の一つ「蛇柳」。私も観てきました。

4日は台風直撃でしたが無事開演。私は5日に行ってきました。
海老蔵1

「蛇柳」は、歌舞伎特有の「押戻」という荒事芸の一つが見どころの一つで、ほか海老蔵さんが三役を務めての早変わりも見どころでした。

あと、海老蔵さんが舞台挨拶をしてくれたのですが、小松への思いなども語ってくれて、小松市民にとっては感動。素晴らしい舞台でした。

また、来年(は難しいかな?)も「古典への誘い」に限らず、小松で公演を開いてくれたらうれしいですね。

お次は小松市が舞台となっているテレビドラマのお知らせです。

それは10月31日(水)午後9:00~9:59放送予定のBSプレミアム石川発地域ドラマ「いよっ!弁慶」です。

だいぶ前になりますが、小松市内でロケが行われて、小松の銘菓「月よみ山路」でおなじみの松葉屋さんなどが舞台として撮影に協力しています。ちなみに松葉屋さんはドラマでは「安宅堂」という名前の和菓子屋として登場しています。

石川県出身の俳優、鹿賀丈史さんや篠井英介さんも出演して、ドラマに花を添えていますね。

物語としては、「子供歌舞伎をめぐる心温まるコメディー」となっています。
海老蔵 (2)

このポスターは、「こまつ芸術劇場うらら」で海老蔵さんの「古典への誘い」を観にいった折に、会場に置かれていたPR用のボードです。
海老蔵 (3)

10月31日の放送が楽しみです。皆さんも是非観てくださいね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

妻の仕事のアッシー君で富山に行き、待ち時間の合間と合流してからアート見学してきました。

まずは、一緒に行った富山県美術館から。

軽井沢に千住博美術館というのがあって、そこが凄い!ということを聞いた妻が行きたいということで行ったのが富山県美術館で開催されていた「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」です。
環水公園 (20)

富山県美術館は昨年8月にグランドオープンした新しい美術館で、私もすでに2回ほど行っています

高野山には大阪に住んでいるときに行ったことがありますが、とてもスピリチュアルを感じる場でしたが、世界遺産高野山。そして世界的にも有名な真言宗総本山金剛峯寺の襖絵を、千住博氏が描くということで興味深々でした。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、千住博氏の弟は作曲家の千住明氏。妹はヴァイオリニストの千住真理子さんです。
富山県美術館 (4)

今回、襖絵完成記念として、富山県美術館を皮切りに巡回展が開かれ、障壁画44枚が初公開されるというのです。
富山県美術館 (5)

千住博氏は滝をモチーフに描くことが多いかたで、今回も、その滝がモチーフとなっていました。
富山県美術館 (11)

実物は撮影禁止なのですが、別の部屋で、ご覧の写真のようなデジタルイメージとして再現されていて、ここは撮影ok。皆さん、写真を撮っていました。

富山県美術館での開催は7月29日(日)までです。
富山県美術館 (14)

あと、「コレクション展 II」というのもやっていて、これは草間彌生さんの「太陽の雄しべ」とアンディ・ウォーホルの「マリリン」という作品です。

こちらは10月23日(火) までの開催です。

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展
2018年6月9日(土)~7月29日(日)
9:30~18:00(入館は17:30まで)
水曜休館
一般1,300円、大学生950円

お次は、一人で行った富山城跡にある2つの施設。
富山市郷土博物館 (11)

富山市郷土博物館は、富山城の城郭を復元したもののように見えますが、富山産業大博覧会の記念建築物として建設されたもので、単にお城を模した建築物です。
富山市郷土博物館

その内部が富山市郷土博物館となっていて、中世以来の富山城の歴史を紹介する展示を見ることが出来ます。
富山市郷土博物館 (2)

富山藩は、加賀藩第3代藩主前田利常の次男の利次が初代藩主で、10万石の領地を持っていました。
富山市郷土博物館 (6)

展示は、それらを含めた富山城の歴史や武士の暮らしぶりなどを紹介しています。

いまは「富山城とサムライたち」というのをやっていて、9月9日(日)まで開催されています。
富山市郷土博物館 (7)

あと、3階に上ると展望台になっていて、富山市内を見ることが出来ます。

富山市郷土博物館
富山市本丸1-62
TEL 076-432-7911
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

そして、同じ敷地の庭を挟んだところにある富山市佐藤記念美術館にも行ってきました。
佐藤記念美術館

立派なお庭です。
佐藤記念美術館 (4)

展示のほうは「花鳥風月を楽しむ~富山ゆかりの美術」という企画展をやっていました。
館内には「助庵」「柳汀庵」の2つの茶室が移築されていました。

中は写真撮影禁止だったので紹介できません。

企画展の開催は9月30日(日)までです。

富山市佐藤記念美術館
富山市本丸1-33
TEL 076-432-9031
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

本格的な梅雨の時期ですが、北陸は前半は雨が少なかったような気がします。

先日の日曜日も晴れ間が広がりいいお天気で、傘も持たずに金沢の街を歩くことが出来ました。

さて今日は、金沢で開催された、もしくは開催中のアートな話題をお届けします。
若冲と光瑤 (4)

まず最初は、石川県立美術館で6月23日から開催されている「若冲と光瑤」展について。
若冲と光瑤 (8)

伊藤若冲といえば江戸時代中期に、いまの京都で活躍した絵師です。

身の回りの動植物。鶏、昆虫、魚介類、草花をモチーフに描いた天才絵師として有名です。

記憶に新しいところでは、2016年(平成28年)に東京都美術館で「生誕300年記念 若冲展」が開催されたときには320分の入館待ち時間を記録するほどの人気となりました。

今回、石川県立美術館で「若冲と光瑤」展が開かれると聞いて、妻と出かけてきました。

土曜日に初日で、日曜日が2日目ででしたが、さすがに凄い人でした。

過去、石川県で開かれた美術展の中でも入場者数が多い美術展になるのではないでしょうか?
若冲と光瑤 (3)

重要文化財「仙人掌群鶏図(大阪 西福寺蔵)」や石川県で発見された「象と鯨図屏風」などを見ることが出来ます。

「仙人掌群鶏図」は、襖6面に品種・歳・性の異なる鶏12羽を描き分けていて、江戸時代としてはサボテンは変わったモチーフで構図も斬新だと思います。

さすがにこの「仙人掌群鶏図」は重要文化財になるだけあって、見どころ満載の絵でした。

あと、2008年に石川県で発見された「象と鯨図屏風」も必見ですね。水墨画ですが、漫画チックといいますかユニークな描写で、ひときわ異彩を放っていました。

一見の価値がある展覧会です。皆さんも是非出かけてみてください。

「若冲と光瑤」展
~伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界~
石川県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580
~7月22日(日)
会期中無休
9:30~18:00(入場は17:30まで)

お次は、「若冲と光瑤」を見に行った日の夕方に、石川県立音楽堂で開かれた篠笛のコンサートについて。

私も昔からよく存じ上げている、山中温泉の八木繁さんが主宰している篠笛の会「粋音会」が、石川県立音楽堂邦楽ホールで「五十の響き」というコンサートを開いたのです。
_MG_2715

笛を手にしてから50年経過するという節目の年に開かれたコンサートは、会場をほぼ満席にするほどの盛況ぶりでした。
八木さん

普段お会いできない方々とも会場でお会いすることが出来たことも良かったです。

踊り・和太鼓・箏・パーカッション・フラダンスなどの多様なゲストと繰り広げられたコンサートは、あっという間の2時間でした。
八木さん (6)

和楽器主体の演奏会はあまり行ったことがなかったのですが、透き通った篠笛の音色とHかの楽器のアンサンブルは聞きごたえがありました。

八木さん、50周年おめでとうございます。そして今後とも素晴らしい笛の音を聞かせてください。ありがとうございました。

しかし、このコンサート、準備にはご家族の多大なご苦労があったのではないかと推測します。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

世界遺産の日本版として日本遺産というのがあります。



「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」は、昨年日本遺産に認定されていて石川県では加賀市が先に認定を受けています。


ちなみに北前船とは、江戸時代から明治時代にかけて活躍した買積み廻船のことで、当時は北前船の船主は巨万の富を得ていたと言われています。
安宅北前船

私もこの機会に安宅の街を再認識するために、昨日、安宅の街をひとめぐりしてきました。
安宅北前船 (8)

まずは安宅関に行き、駐車場に車を停めて安宅住吉神社に向かいます。

こちらは全国で唯一の難関突破のご利益がある神社として知られていますが、それは、この地が、あの歌舞伎18番で有名な勧進帳の場所だからです。
勧進帳 (21)

一昨年、市川海老蔵さんが、この安宅関跡でその勧進帳の弁慶を演じましたが、これが難関突破のご利益につながっているのです。
安宅北前船 (5)

神社の裏には、安宅関跡の石碑が建っています。
安宅北前船 (4)

安宅住吉神社からすぐのところに、割烹の長沖があります。
安宅北前船 (11)

小松市の割烹の中では、一番の老舗のお店で、かつ建物も含めて一番大きなお店ではないでしょうか?

ご覧のように立派な建物ですね。

今回は客間「金剛」がその対象となっていますが、私は残念ながらその客間には入ったことがありません。

梯川を挟んでの安宅の街中、古くからの街並みが残っている界隈にも認定された施設があります。
安宅北前船 (15)

私も知りませんでしたが、「沖家」という昔、北前船の船主の家だったところです。江戸末期に建築され、大正時代に改築されたそうですが、確かに歴史の重みを感じる作りです。

その他、瀬戸家も認定を受けています。

小松に住んでいる人でも、安宅の街を散策することはあまりしないと思いますが、これを機会に是非歩いてみるといいのではないでしょうか?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ