あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 文化芸術

国立工芸館」は日本海側で初めてとなる国立の美術館です。

正式名称は「東京国立近代美術館工芸館」で、日本で唯一の国立で工芸を専門とする美術館なのです。

10月25日にオープンしたばかりですが、当初は7月に予定されていた東京オリンピック・パラリンピック開催の前に開館予定でした。しかしコロナ禍で延期になっていました。
国立工芸館 (3)

秋晴れの昨日、行ってきたので紹介したいと思います。

入館するには当面の間、定員を設けたオンライン事前予約制となっているので注意が必要です。ただ昨日でも当日に来た人も少し待てば入ることができていました。
国立工芸館 (6)

「兼六園周辺文化の森」と呼ばれるエリアにあり、明治期に建てられた旧陸軍第九師団司令部庁舎と金沢偕行社を移築、復元していて、東京にあったときの旧陸軍の近衛師団司令部庁舎のときと同じような歴史的建築をリノベーションして使っています。

ちなみに、近衛師団司令部庁舎の改修時、設計を金沢出身の建築家、谷口吉郎氏が手掛けているのも何かのご縁かもしれません。
国立工芸館 (25)

この2階に上る階段付近などは、東京の工芸館のような雰囲気でした。

さて、「国立工芸館」には、東京から1,900点ほどの陶磁、漆工、染織、金工などの工芸美術品が金沢に移されています。

今回、オープニングとして「国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土」という企画展が開催されていたので、妻と母と一緒に見てきました。
国立工芸館 (35)

「素材・わざ・風土」に着目した、近代日本工芸の名作約130点が展示されていますが、思ったよりは展示スペースはコンパクト。ゆっくり見ても1時間はかからないと思います。
国立工芸館 (55)

こちらは重要文化財の鈴木長吉氏の「十二の鷹」のうちの三羽分。

館内は作品も含めて写真撮影は一部禁止のところもありましたが基本ok。しかしあまりにディテールがわかる写真は掲載しません。(ちなみに国立の美術館・博物館は所蔵品については撮影okの場合が多いです)

石川県出身や、県にゆかりのある方の作品が多数ありました。
国立工芸館 (19)

私もよく存じ上げている漆芸(輪島塗)の人間国宝、小森邦衞氏の作品「曲輪造籃胎喰籠」。
国立工芸館 (37)

同じく輪島塗では蒔絵の松田権六氏の作品は何点か見ることができます。2階には氏の工房が再現されていました。

あと、木工芸の川北良造氏の「楓造盆」や九谷焼の三代德田八十吉氏の「燿彩鉢 創生」。沈金の前大峰氏や寺井直次氏など見どころが盛りだくさんの企画展だったと思います。楽しめました。
国立工芸館 (58)

こちらは2階にあった「12人の工芸・美術作家による新作制作プロジェクト」として展示されていた作品スペースです。

オープニング企画展「国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土」は2021年1月11日まで開催されています。皆さんも是非どうぞ!

東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)
石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
料金 大人500円(展覧会により異なります)
9:30~17:30(入館は17:00まで)
月曜休館(祝休日の場合は翌平日)、年末年始、展示替期間
石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土
~2021年1月11日(月・祝)
※会期中一部展示替あり。

この後、隣接する石川県県立美術館で開催されている「第67回 日本伝統工芸展 金沢展」も見てきました。
日本伝統工芸展 (2)

「素材・わざ・風土」をテーマに陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸(七宝・ガラス・截金など)の7部門の入選作品564点が展示されています。こちらのほうは撮影はNGでした。
日本伝統工芸展 (7)

今回、16点の受賞作の中には石川県からは2名が選ばれていて、個人的にもご縁がある村上浩堂氏の作品「象嵌花器(連樹)」は日本工芸会奨励賞を受賞されています。
日本伝統工芸展 (8)

また、こちらのリーフレットに写真が乗せられているのは、小松在住の九谷焼作家の中田博士氏の作品「真珠光彩壺」。東京都知事賞を受賞されています。氏のお父様は「釉裏銀彩(ゆうりぎんさい)」の技法で知られる中田一於氏です。

こちらも日本の著名な作家の作品も多くあって、見ごたえがありました。

「第67回 日本伝統工芸展 金沢展」の会期は2020年11月3日(火)まで。

こちらのほうも皆さん、是非見てください。

石川県県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580
9:30~18:00(入場は16:30まで)
年末年始/展示替えのため臨時休館あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

土曜日の夜に突然花火が上がり始めてびっくり!

どうも能美市誕生15周年の花火だったようです。能美市も合併して15年経過したんですね!?おめでとうございます。
能美ふるさとミュージアム (2)

同じくその日、15周年にあわせて市立博物館「能美ふるさとミュージアム」がオープンしました。
能美ふるさとミュージアム

私は天気のいい昨日の日曜日にサクッと見学してきましたので紹介したいと思います。
能美ふるさとミュージアム (5)

昨日はオープン記念でしょうか?有料エリアは無料で見学できました。
能美ふるさとミュージアム (8)

「能美ふるさとミュージアム」は能美の自然・歴史・民俗について総合的に学べる、能美市の新しい博物館。
能美ふるさとミュージアム (9)

「郷土の豊かな自然と悠久の歴史をともに学び、守り、伝え、より能(よ)き美来(みらい)を育む博物館」を基本理念にしているようで、和田山古墳群すぐ近くに新しくオープンした博物館です。
能美ふるさとミュージアム (10)

思っていたより立派な建物で、広くてびっくり!
能美ふるさとミュージアム (13)

中は、この地の昔からの歴史が一目でわかる展示などがあって、地元の人はもちろん、観光客も楽しめて学べる展示になっていました。

皆さんも是非行ってみてはいかがでしょう!

能美ふるさとミュージアム
石川県能美市寺井町を1-1
TEL 0761-58-5250
9:00~17:00(最終入館時間16:30)
月曜、第3火曜(第3火曜が休日の場合翌日休館)
年末年始(2月28日~1月4日)休館
展示観覧料
大学生以上(一般)300円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今朝は芸術の秋についてお話です。

本来であればアート系のイベントが多くあるのが秋のお楽しみなのですが、残念ながらこのコロナ禍でほとんど中止や縮小になっています。

美術館や博物館などは感染対策に気を配りながら開館してはいるのですが、心なしかPRにも力が入らないようで、行ってみたい!と思うような感じに盛り上がっていません。

そんな中、先週所用で金沢へ行き、合間に行ってみたい美術館があったので観てきました。
金沢21世紀美術館1

その美術館は、金沢21世紀美術館や金沢市役所のすぐそばに6月オープンした「KAMU kanazawa」という私設の美術館です。
KAMU_kanazawa

オーナーはアートコレクターの林田堅太郎氏。現代アート作品を中心にした小さな美術館です。

6月にオープンしたのですが、パーマネントコレクションとして常設展示されるメイン作品の「INFINITE STAIRCASE 2020」がコロナ禍で制作が遅れ、7月23日に完全オープンしました。

入館は大人800円で、入館時は検温が必要でした。

初年度は「The power of things」という題で、美術館の3階の各フロアごとに違った作家の作品を展示しています。

1階の展示が先ほど紹介した「INFINITE STAIRCASE 2020」。レアンドロ・エルリッヒというアルゼンチン生まれの芸術家で、彼の作品で知られているのが金沢21世紀美術館に常設展示されている「スイミング・プール」。
金沢21世紀美術館

中庭から見ることができる「スイミング・プール」は、いまは有料ゾーンになったため少し気軽に見ることはなくなりましたが、プールの水中に人が歩いているように見ることができる作品として今や金沢21世紀美術館でももっとも有名な作品といっても過言ではありません。
ハイアットハウス (16)

そんなレアンドロ・エルリッヒの新作が見られるということで、金沢21世紀美術館とセットで見ることをお勧めします。

欧米建築で昔からある建物に見られる螺旋階段を上から見るような感じを、横から感じることができます。
KAMU_kanazawa (6)

「現実と錯覚」というレアンドロ・エルリッヒのテーマ?がいかんなく発揮されている作品ですね。

ただ見学者が途切れることがなく、人がいない状態で写真を写すことが難しかったです。
2階はイギリスのステファニー・クエールさんのフロア。
KAMU_kanazawa (8)

粘土を使った動物をモチーフにした彫刻作品で、サル系のが多かったですが、こちらのオランウータンなどは今にも動き出しそうなリアルな感じですね。
KAMU_kanazawa (11)

でも見ると粘土を手でこねた感じがしっかり残っているのです。

3階は日本人の桑田卓郎さんのフロア。
KAMU_kanazawa (15)

彼は陶芸家で、造形もですが色彩表現がすごかったです。

皆さんも是非一度観に行ってください。

KAMU kanazawa(カム カナザワ)
石川県金沢市広坂1-1-52
11:00~18:00(金・土は~20:00)
月曜休館
入館料800円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は「秋分の日」でお彼岸の中日です。

今日で4連休のシルバーウイークが終わりますが、この連休期間は観光地は久しぶりににぎわったみたいですね。

北陸は昨日までの3日とも天候に恵まれました。

私は遠出を控え、3密を避けながら近場で過ごすマイクロツーリズムに徹しました。

そんな休日の過ごし方について恥ずかしながら書きます。

まずはお彼岸ということで、彼岸花について。
彼岸花 (6)

この写真は小松市で彼岸花が咲くことで知られる梯川で昨日写したものです。

ネットでは群生しているところがあると書かれていましたが、堤防沿いを車で上流まで巡りましたが、見つかりませんでした。どうも護岸工事でなくなったところもあるようです。

かろうじて見つけたところがこちらの彼岸花です。
彼岸花 (5)

満開にはあと少しのところですね。

そしてその足で向かったのは、「月よみ山路」で知られている松葉屋さん。
松葉屋 (2)

お店の隣にあるギャラリー「松の家」で開かれている「新しいカタチの模型展」を見に行きました。
松葉屋 (15)

内容はこんな感じです。
松葉屋 (8)

こちらは「機動戦士ガンダム」シリーズ模型の世界大会の日本ラウンドファイナリストの方が作成したものです。
松葉屋 (7)

ただ個人的にはこちらのほうはまったくわからないのでパス。

今回見たかったのは、こちらの模型です。
松葉屋 (12)

グルメブロガーとしては、やはり食品模型のほうが興味があります。

単なる食品模型ではなく超ミニチュアサイズのもの。
松葉屋 (11)

小さいですが、精巧な作りで感心しました。
松葉屋 (14)

ちなみに松葉屋の専務は、残念ながら今年は延期になりましたが、東京オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーに選ばれています。

今日も石川県はいいお天気です。皆さんはどんな形で過ごされるでしょうか?

ギャラリー 松の家
石川県小松市大文字町69番地
 お菓子司 松葉屋隣
~10月24日(土)まで
9:30~17:30
水・日・祝は15:30まで


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年9月以来超久しぶりに金沢の街を散策しました。

これだけ間が開いたのは、最近、歳を重ねるごとに出不精になってきたかもしれません。

今回、金曜日の夜から土曜日にかけて東京からの客人ご夫妻とグルメ巡りを行いましたが、ランチから夜まではお互いフリーということで、妻と二人で金沢の街をぶらり。

2月4日にリニュアルオープンした「金沢21世紀美術館」と、東京からの移転に向けて建屋が完成している「金沢工芸館」を見てきました。
金沢21世紀美術館

まずは、「金沢21世紀美術館」ですが、今回のリニューアルは展示エリヤというより、混雑緩和に向けた工事のためのもの。あとトイレの改修なども行われています。

行った日は3連休の土曜日。チケット売り場は前と変わらずの超混雑でした。
金沢21世紀美術館 (2)

発券個所が3から5か所になったので、待っているのが同じ人数であれば、基本的には時間は5分の3になるという理屈ですね。

これに合わせて「レアンドロのプール」も地上から見るのも有料になりました。

いまやっている展示は開館15周年記念で「現在地:未来の地図を描くために[2]後期 パブリックプログラム」。
金沢21世紀美術館 (3)

無料の展示として「奈良美智 小さな反抗」という展示で「パップ パトロール」という奈良美智デザインの犬の着ぐるみを着て美術館を探検するという子供向けの体験プログラムです。

中も写真撮影okでしたが、内容は美術館で観てください。

そして、その足で「金沢工芸館」の建築現場へ。
国立工芸館 (2)

今年の夏に、東京国立近代美術館工芸館が石川県金沢市に移転し国立工芸館として新たに開館するのに向けての準備が着々と進んでいる感じです。

建物はすでに完成していて、美術品を展示するために1年ほどの間を置いている期間です。

国立工芸館は移転が完了すれば、日本海側初の国立美術館となります。

開館が待ち遠しいですね!?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ