あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 文化芸術

昨年11月23日に公開された映画「翔んで埼玉 琵琶湖より愛をこめて」をご覧になった方も多いでしょう。

私も観ました。まぁ、奇想天外というか、ある意味ばかばかしい映画でしたが笑えました。

さて、先週、所用があって滋賀県へ。朝早めに家を出発。琵琶湖を左まわりで向かいました。

映画でも重要な役割?をしていた滋賀県の「とび太くん」をたくさん見ることが出来ました。
とびたくん (2)

この飛び出し坊や(飛び出さない坊や)は滋賀県八日市市(現・東近江市)内に設置されたのが始まりとされていますが、交通安全の啓発を目的に使われています。 

では本題です。
白鬚神社 (4)

まずは湖西の国道161号沿いの高島市にある近江最古の大社「白鬚神社」。
白鬚神社 (9)

延命長寿・長生きの神様として知られています。琵琶湖の中に建っているのが大鳥居。

あいにくの曇り空だったので少し映えませんが、天気のいい日はいい写真が取れそうなポイントでした。

白鬚神社
滋賀県高島市鵜川215

お次は、近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂
浮御堂 (3)

寺名は海門山満月寺。臨済宗大徳寺派の寺院です。
浮御堂 (9)

歌川広重の版画に描かれていたり、松尾芭蕉も句を詠んでいます。
浮御堂 (5)

お堂では笛を吹いている方がいらっしゃいました。

こちらも天気がいい日はいい撮影ポイントですね。

浮御堂(満月寺)
滋賀県大津市本堅田1丁目16-18

こちらの写真は早咲きの菜の花が満開の景色。
第1なぎさ公園 菜の花畑 (5)

琵琶湖マリオットホテルの近くにある第1なぎさ公園に咲いている菜の花畑です。

満開できれいでした。
第1なぎさ公園 菜の花畑 (13)

琵琶湖と比良山地の山々をバックに映える写真を撮ることが出来ますが、見頃は例年1月下旬~2月上旬頃までなので現在はもう無理かな?

この日はあいにくの空でしたが多くの人が見に来ていました。

ちなみに夏はひまわり畑になるようです。

第1なぎさ公園 菜の花畑
滋賀県守山市今浜町2876

この後、守山の街中に移動して、ぜひ一度見てみたかった隈研吾氏が手掛けた公共施設である「守山市新庁舎」と「守山市立図書館本館」を駆け足で見学してきました。

まずは昨年8月に共用を開始した「守山市新庁舎」。
守山市役所 (3)

隈研吾建築の特徴が外観からド迫力で迫ってきます。なかなかのファサードですね。
守山市役所 (5)

庁舎内の撮影は個人情報が映り込まなければokということで、庁舎内も写真を写しました。
守山市役所 (7)

開放的で1階のスペースはゆったりとした空間。

天井部分には彼が「プランク(羽目板)」と呼ぶ、杉板を隙間を空けて並べる手法で構成されています。建築コスト削減にも一役買っています。
守山市役所 (11)

こちらは2階から1階を見た景色です。

守山市役所新庁舎
滋賀県守山市吉身2丁目5-22

最後の紹介は「守山市立図書館本館」です。
守山市立図書館本館

こちらは2018年11月にオープン。本館は「本の森」と呼ばれていて、こちらとは別に北館があって「本の湖」と呼ばれています。

本館は隈研吾建築都市設計事務所単独の設計ですね。

外観は木材パネルがストライプ柄で組まれ、こちらも隈研吾氏らしい感じですが、市役所に比べておとなしい?です。

内部は広くて吹き抜けとなっているため開放的。やはり木がふんだんに使われていて落ち着いた空間。平日にも関わらす多くの方が読書などをしていました。

ちなみに内部の撮影は基本NGでした。

今回は駆け足で琵琶湖周辺を巡ってきましたが、滋賀県にはまだまだ見どころがあるようなので、また改めて訪れてみたいです。

守山市立図書館本館(本の森)
滋賀県守山市守山五丁目3番17号
守山市立北部図書館(本の湖)
滋賀県守山市水保町2236

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

この3連休の小松は夏日の連続でした。
荒俣峡

この時期とは思えないような11月の始まり。荒俣峡の紅葉はもう少しです。

そんな中、見たいと思っていたアート系イベントに、3連休最後の日に行ってきました。
kazuさん (4)

まずは、よく存じ上げている森秀一(KAZU)さんの「遊墨民KAZUアートミュージアム」のグランドオープンを記念した作品展です。
kazuさん

KAZUさんの生家を活用したミュージアムで、気分次第でオープンするようですが、今回は、KAZUさんがアートを教えている13の教室の生徒さんの作品展となっていました。
kazuさん (7)

KAZUさんといえば、静物画中心の絵手紙が知られていますが、その絵手紙がたくさん飾られていました。
kazuさん (10)

もちろん、中にはKAZUさんの作品も並んでいますよ。
kazuさん (12)

こちらは来場記念に頂いた絵手紙セットです。いつもありがとうございます。

なお、「遊墨民KAZUアートミュージアム」の開館日は彼のFacebookで確認してください。

遊墨民KAZUアートミュージアム
石川県小松市赤瀬町

お次は昨日で終了したイベントですが、小松市と能美市の3会場で開催されていた「KUTANism(クタニズム)」について。

今回5回目となる九谷焼の芸術祭「KUTANism(クタニズム)」でした。

行きたかったのは、小松市日用町の苔の里での苔庭と九谷焼のコラボレーション展覧会。
苔の里 (2)

苔の里といえば、日本有数の苔の名所として日本のみならず世界にも知られていますが、そんな苔むす場所を活用しての九谷焼の展覧会でした。
苔の里 (6)

現代的な九谷焼ではなく、どちらかと言えば伝統的な九谷焼が多く使われていました。
苔の里 (23)

こちらは七福神。
苔の里 (26)

大阪のビリケンまで。
苔の里 (22)

いいお天気だったので銘木の「日用杉」として知られる木々から木漏れ日が苔庭に差し込んで、幻想的な雰囲気を醸し出していました。見に行ってよかったです。
セラボクラニ (2)

あと、帰り道に小松市の「セラボクタニ」にも久しぶりに立ち寄って見学してきました。
セラボクラニ (6)

ご存じ、隈研吾氏の設計です。

この3連休はアートに十分触れることが出来ました。満足満足。

叡智の杜 苔の里
石川県小松市日用町寅73

九谷セラミック・ラボラトリー
石川県小松市若杉町ア91番地
TEL 0761-48-4235
10:00〜17:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日も相当気温が上がる予報ですが、昨日も夏のような暑さでした。

天気が良かったのと、妻が金沢で仕事ということで、一人で金沢を短時間でしたがぶらりしてきました。
金沢21世紀美術館

3連休なので、当然市内は混雑していましたが、バスで最初に降りた金沢21世紀美術館は、まだ時間が早かったので、それほどでもありませんね。
金沢駅

金沢駅。
近江町市場 (2)

近江町市場。
兼六園 (4)

金沢城
兼六園 (2)

兼六園。文化の日で無料公開。
兼六園

雪つりが青空に映えます。

海外からは、特に欧米の方が多く観光に来ていた気がしました。
国立工芸館 (5)

そして、「いしかわ百万石文化祭2023」の目玉の一つである「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ー麗しき美の煌めきー」を楽しんできました。
国立工芸館 (4)

「いしかわ百万石文化祭2023」は、第38回国民文化祭と第23回全国障害者芸術・文化祭の統一名称で、今回、「いしかわ百万石文化祭2023」に合わせて、石川県立美術館国立工芸館が共同で開催する初の展覧会として「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ー麗しき美の煌めきー」が行われていました。
石川県立美術館

両方共、県内外(海外の方は比較的少なかったです)から多くの方が観に来ていました。

伊藤若冲、俵屋宗達、横山大観、海野勝珉などの有名な作家の、国宝・重要文化財の品々を楽しむことが出来て、見ごたえがありました。

特に若冲のニワトリはすごかった!

なかなか地方都市でこれだけの作品が一堂に会することはあまりないかもしれません。

会期は2023.10.14~11.26で、11月7日からは展示が一部替わります。
石川県立美術館 (2)

館内は写真撮影がNGでしたが、石川県立美術館常設の国宝「色絵雉香炉」(野々村仁清作)だけはOKでした。

ちなみに、「いしかわ百万石文化祭2023」は、県内全市町で約150の多彩な文化イベントが開催されています。

前に紹介した「奥能登国際芸術祭2023」も、その一つです。
http://asap.blog.jp/archives/50194514.html
すでにいかれた方も多いと思いますが、まだの方は是非行って見てください。

幸せな気持ちになれるかもしれませんよ!?

石川県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580

国立工芸家
石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

「秋」と言えば、私のブログのテーマでもある「食欲」、そして「芸術の秋」。

しかし、今年は秋になっても日中は暑いくらいの日が続いて、何となく秋の実感があまりない感じがします。

今日は、そんな「芸術の秋」の話題です。

毎年秋に墓参のため、夫婦で神奈川や東京都内を旅します。ただ、現在ブログでアップしている一連の内容とは別の旅です。

今年の旅はアートの世界に浸った旅でした。

旅の後半に大人の文化祭として東京美術館巡りを愉しみました。
アーティゾン美術館

まずは「アーティゾン美術館」。ここは前はブリジストン美術館だったところで、東京駅から徒歩で10分くらい歩いたところにあります。
アーティゾン美術館 (27)

こちらの美術館は、日時指定予約制となっていて、行くときに気が付いて当日慌てて予約を入れると、平日ということもあって大丈夫でした。

そのときに行われていた展示会は3つ.
アーティゾン美術館 (4)

「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃 ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン」。
アーティゾン美術館 (17)

「創造の現場―映画と写真による芸術家の記録」。
アーティゾン美術館 (22)

「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 読書する女性たち」。この3つで一般1,200円で見ることが出来ました。
アーティゾン美術館 (7)

石橋財団コレクションは、西欧の近代絵画と日本の近代絵画を中心にコレクションされていて、現在約3,000点を数えるほどになっています。
アーティゾン美術館 (21)

山口晃のジャムコレクションは、なかなか面白い見せ方をしていて、他の2つの企画展共々見ごたえがありました。

白山市出身の画家、中川一政の絵もありましたよ。

ここでは詳しくは紹介しませんが、内容はこちらをご覧ください。11月19日(日)まで開催されています。

アーティゾン美術館
東京都中央区京橋1-7-2
10:00〜18:00
祝日を除く毎週金曜日は20:00まで
入館は閉館の30分前まで
大人1,200円
月曜休館

お次は東京都現代美術館で開催されていた「デイヴィッド・ホックニー展」。
デイヴィッド・ホックニー展 (2)

イギリス生まれの彼は、現代で最も革新的な画家の一人として知られ、絵画、ドローイング、版画、写真、舞台芸術といった分野で多彩な作品を発表し続けています。現在86歳ですが、精力的に活動を続けています。
デイヴィッド・ホックニー展 (3)

日本では27年ぶりとなる大規模な個展で、世界初公開の自画像、近年の風景画の傑作〈春の到来〉シリーズやCOVID-19によるロックダウン中にiPadで描かれた全長90メートルにもおよぶ新作まで120点余の作品を一堂に観ることが出来て、こちらも見ごたえがありました。
デイヴィッド・ホックニー展 (14)

「デイヴィッド・ホックニー展」は11月5日(日)までです。

デイヴィッド・ホックニー展
東京都現代美術館
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
TEL:03-5245-4111(代表)
一般 2,300 円

お次は新宿のSOMPO美術館で、この10月17日から来年1月21日まで開催されている「ゴッホと静物画ー伝統から革新へ」展。
SOMPO美術館 (2)

ゴッホといえば、多くの人が知っている著名なポスト印象派の画家ですが。
SOMPO美術館 (22)

この展覧会では、17世紀オランダから20世紀初頭までヨーロッパの静物画の流れの中にゴッホを位置づけ、ゴッホが先人達から何を学び、それをいかに自らの作品に反映させ、さらに次世代の画家たちにどのような影響をあたえたかを探るような展覧会になっています。
SOMPO美術館 (16)

ゴッホといえば、有名な絵としては「ひまわり」があります。
SOMPO美術館 (13)

1987年にこの「ひまわり」を損保ジャパンの前身である旧安田火災が58億円で落札したことが大きなニュースになったことが記憶の片隅にあります。

その「ひまわり」の実物を今回初めて見ることが出来ました。
SOMPO美術館 (15)

それ以外にも「アイリス」をはじめ25点のゴッホ作品が集結しています。

他には、クラウス、ドラクロワ、マネ、モネ、ピサロ、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌ、ヴラマンク、シャガールなどの静物画を見ることが出来るなど、とても充実した展覧会でした。

なお、週末は混雑するのでネットでの事前予約がおすすめです。

SOMPO美術館
東京都新宿区西新宿1丁目26-1
10:00~18:00
ゴッホと静物画ー伝統から革新へ
2023.10.17(火)- 2024.01.21(日)
一般2,000円
月曜/展示替期間/年末年始休館
※ 祝日・振替休日の場合は開館

最後は、表参道の「ルイ・ヴィトン 表参道店」の7階にあるアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で開催されていた「ケリス・ウィン・エヴァンス展」について。
ケリス・ウィン・エヴァンス展

残念ながらルイ・ヴィトンの製品を我が家では現在は持っていませんが、さすがに高級ブランドのお店にあるアートスペース。
ケリス・ウィン・エヴァンス展 (2)

3面が総ガラス張りの空間は、太陽の光が燦燦と差し込み透き通った感じ。
ケリス・ウィン・エヴァンス展 (6)

我が家とは、異次元というか異空間な作りでした。
ケリス・ウィン・エヴァンス展 (13)

ケリス・ウィン・エヴァンスは、ウェールズ出身のアーティストで、ネオンを用いた作品を制作することで知られています。

その中にポツンと松の木が植えられた鉢が置かれていて、天井からはベネチアンガラスのシャンデリア、ガラスの彫刻、白いネオンサインが吊り下げられていました。

これらの作品の説明は、こちらをご覧ください

なお、2024年1月8日まで展示されています。

今回紹介した4つの展覧会は、個々に違った楽しみ方が出来ました。いいアートに触れるということは心身の健康にとても必要な要素だと思いました。

ケリス・ウィン・エヴァンス展 「L>espace)(…」
会場:エスパス ルイ・ヴィトン
東京都渋谷区神宮前5-7-5
TEL 0120-00-1854
12:00〜20:00
休館日:ルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる
無料
2023.7.20〜2024.1.8

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

2023年5月5日午後2時42分に奥能登珠洲で発生した震度6強の地震。

被災された方々とそのご家族の皆様に改めてお見舞い申し上げます。

さて、そんな珠洲市に行ってきました。地震のほうは現在はだいぶ落ち着いているようで、我々がいる間は一度も揺れませんでした。

目的は9月23日から始まった「奥能登国際芸術祭2023」を見るため。
奥能登国際芸術祭 (125)

今年が3回目の開催で、14の国と地域から59組が参加。第1回目からの常設しているものを含め、あわせて60点の作品が展示されています。

私は今回初めて見に行きました。

1泊2日の短時間の滞在だったので、すべてを見ることはできませんでしたが、2日間ともいい天気に恵まれ、なかなかの見ごたえがある作品が多くて満足度高かったです。

小松から珠洲まではさすがに遠いです。小松からは車で2時間20分ほどかかりました。

作品は日置、三崎、蛸島、飯田、上戸、宝立、大谷、正院、直、若山と大きく分けて10のエリアに展開されていますが、今日は、そんな作品の中で見てきた主なものを紹介していきます。

基本的には屋外展示は無料、屋内展示は有料で、多くを見たい方はパスポートを購入するのがおすすめ。屋内展示は1作品330円です。

各エリアが離れているので、個人で行くには車が必須で、カーナビの恩恵がないとたどり着けないですね。あと、ガイドブックを買っていったのですが、展示作品の紹介に住所が記載されていないので少し大変でした。(沿道には看板が立っていて、近くまでいくとわかる配慮はありがたかったです)

ちなみに、過去2回の芸術祭の作品で現存しているものについても、あわせてみることが出来ます。

まず最初に向かったのは、廃線になったのと鉄道能登線の旧鵜飼駅のホームに設置されているオーストラリア/香港のコウ・シュンミン(高浚明)さんの「秘境」という作品。
奥能登国際芸術祭 (4)

ガイドブックに掲載されていた完成イラストではR形状だったのですが、実際のものは少し違っていました。

こちらは珠洲のシンボルである見附島の近くにあるシリン・アベディニラッドさんの作品で「流転」。
奥能登国際芸術祭 (12)

海岸に落ちていたシーグラスや魚網などを用いてのインスタレーション。展示場所は漁具倉庫だったところで、真っ暗な中に淡い光によって照らされていました。砂が引き詰められた床に映し出されるガラスの影など幻想的な雰囲気を醸し出していた作品でした。
奥能登国際芸術祭 (17)

こちらは、その近くの柳田児童公園にある、インドのN.S.ハーシャさんの作品で「なぜここにいるのだろう」と名付けられた作品。「迷子のキリン」の親子だそうです。

こちらは、一つポツンと離れたエリアに作られた、コレクティブさんの「SIDE CORE《Blowin' In The Wind》」という作品。
奥能登国際芸術祭 (21)

珠洲には風力発電のための風力タービンが多くあって。その近くに風見鶏を設置してありました。同じ、風を使って動くもので文明の歴史を感じさせてくれる作品でした。

上戸エリアにある現在だれも住んでいない民家を会場に、海洋生物や魚の木彫作品が置かれたり吊り下げらている作品を展示してある、吉野央子さんによる「回遊の果て」という作品。
奥能登国際芸術祭 (23)

音響や、ちょっとした仕掛けを体感でき、思わずクスッと笑うようなところもあり、座敷には、この家の主?の大蛸が鎮座していました。

こちらはドイツのトビアス・レーベルガー氏の「Something Else is Possible / なにか他にできる」という作品。
奥能登国際芸術祭 (31)

廃線となった、のと鉄道能登線の線路上に作られたカラフルな色を使った造形です。
奥能登国際芸術祭 (34)

2017年の第1回目の芸術祭のときに作られ、現在まで常設展示されているもので、無料で見ることが出来ます。
奥能登国際芸術祭 (37)

鉢ケ崎オートキャンプ場のところにある台湾の4名のアーチストユニット「ラグジュアリー・ロジコ(豪華朗機工)Luxury Logico」の「Home Whispering」という作品。「瓦を通して、『記憶』『家』『人口』『産業』など、素材と地域問題の関連性をとりあげ、家というものを記憶を集めるエネルギーの象徴と考え、「集まることは力になる」をコンセ プト」に作られているそうです。
奥能登国際芸術祭 (49)

こちらは旧保育所を会場に作られた山本基さんの「記憶への回廊」。
奥能登国際芸術祭 (46)

彼は妻と娘を亡くされているそうで、長年「塩」を用いたインスタレーションを制作しています。この作品も2か所が欠落した塩の階段が天井へ向かって伸びていて、彼曰く「思い出を封じ込める壮大な試み」とのこと。青と白のドローイングのイメージを含め考えさせられる作品でした。

こちらはドイツのカールステン・ニコライさんの「Autonomo」。
奥能登国際芸術祭 (54)

旧保育所の大きな遊戯室の中に天井から吊られた9枚のアルミの円盤。これにテニスボールが当たると音が発生するというものでした。

かつてここで遊んでいた園児たちの声を思い起こさせせてくれます。

2日目は外浦方面を巡りました。
奥能登国際芸術祭 (63)

これはアゼルバイジャン出身のファイグ・アフメッドさんの「自身への扉」。
奥能登国際芸術祭 (68)

ゴジラ岩を眺める海岸に神社の鳥居が設置されていて、そこをスパンコールで覆っている作品。
奥能登国際芸術祭 (76)

ちょうど干潮のときで、護岸のところから下に降りて作品を見ることが出来ました。
奥能登国際芸術祭 (94)

こちらは、スペインの作家アナ・ラウラ・アラエズ作「太古の響き」という作品。

こちらは金沢市出身の奥村浩之さんの「風と波|Wind and Waves」という作品。彼は現在メキシコを中心に活躍しているそうです。
奥能登国際芸術祭 (80)

景色のいい場所に真っ白な石でできた作品で、外浦の荒々しい海の波がしらをイメージしているのかな?

「割戻し」という技法を用いて作られていますが、切り立った白い石と青空、そして青い海とのコントラストがすばらしい!
奥能登国際芸術祭 (84)

こちらはロシアの故アレクサンドル・コンスタンチーノフさんの「珠洲海道五十三次」。この作品が遺作となりました。

珠洲市内にあるバス停4か所に、貝殻が真珠を包むように格子状の構造物でバス停を包み込んだ作品でした。

こちらは浅葉克己さんの「石の卓球台3号」。
奥能登国際芸術祭 (105)

前回は、飯田町の海沿いにある「さいはてのキャバレー」に置かれていた作品ですが、地震のため、この場所に移されたようです。
奥能登国際芸術祭 (98)

奥の方にある建物は「スズ・シアター・ミュージアム」。
奥能登国際芸術祭 (103)

前は珠洲市立西部小学校の体育館だったところを、珠洲市の文化の保存のため2021年に改修され歴史民俗博物館となっています。
奥能登国際芸術祭 (111)

中は「光の方舟」という展示で、ここだけは料金が800円となっていました。

むかし家庭で使用されてきた生活用具を展示。そして民謡、祭囃子が映像や光、音などによるインスタレーションが繰り広げられます。

最後は、冒頭アップしたガイドブックと、雑誌ブルータスの表紙を飾っている塩田千春さんの「時を運ぶ船」。
奥能登国際芸術祭 (112)

第1回からの継続しての展示となっていて、むかし揚浜式製塩で砂取舟として使われていた実際の小舟を、千個の赤い毛糸を使って、空間に張り巡らされる人々の記憶や歴史を表現しています。

最初想像していたより見ごたえがあって面白かったです。

他にも色々楽しくて見る価値がある作品が多数あります。皆さんも是非行って見てください。

奥能登国際芸術祭2023
石川県珠洲市各地で開催
会期:2023年9月23日~11月12日
屋内展示は木曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ