あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 加賀地方(小松除く)

野々市市は住宅地が面積の多くを占めていてます。

そしてパン屋さんが面積の割には多くありますが、昔から野々市に住んでいた方よりも、他から移り住んだ比較的若い家族の方が多い街なので、そんな年齢層に受けるパンを作っているところが多い気がします。
シエンブラン

さて、今日紹介する「シエンブラン」は、この辺りでは人気のパン屋さんです。

前回の約5年前に行ったときのことはこちらで紹介していますが、今時のパンという言い方がいいかわかりませんが、個人的には気に入った記憶があります。

店名の「シエンブラン」はフランス語で「白い犬」の意味で、近年家庭でも普及してきたコンベクションオーブンを使ってパンを焼いています。

では、買い求めたものを紹介します。

こちらは「カルボナーラ(270円)」。
シエンブラン (9)

「カルボナーラ」はパスタでは知られていますが、こちらはピザのようなパンです。
シエンブラン (13)

半分にカットするとこんな感じです。

生地は全粒粉を使っていて、モチっとした食感と生地自体のうま味、そして濃厚なチーズの風味を感じるパンでした。

「ジェノベーゼ」は前回も買っていますね。
シエンブラン (8)

バジルペースト、ウインナー、グレムチーズなどがいい味を出しています。
シエンブラン (12)

半分にカットするとこんな感じです。

この2つを妻とシェアして食べています。

こちらは「フーガス」。
シエンブラン (10)

超ハード系です。

ローズマリーが効いていて、味的にはワインのお供でした。

お店自体は小さいかもしれませんが、個人的な嗜好に合っていておすすめのパン屋さんです。ご馳走様でした。

シエンブラン
石川県野々市市押野1-393
 ピーノパラッツオ103
TEL 076-259-5501
8:00~19:00
月曜・第3日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

カレーの全国チェーンといえばすぐ思い出すのが「カレーハウスCoCo壱番屋」。

石川県でいえば金沢カレーの「チャンピオンカレー」や「ゴーゴーカレー」が挙げられますね。

さて、今日紹介する「100時間カレー」も全国で急速な店舗(FC)展開を図っているところです。

「100時間カレー 御経塚店」については昨年の今ごろ行って紹介していますが、東京神田カレーグランプリで初のV2達成したお店ということをウリにしています。

今回はイオンモール白山のオープンと同時に出来た「100時間カレー イオンモール白山店」です。
100時間カレー

実はこの日は、世界的なパティシエである辻口シェフのお店「カフェ ドゥ アッシュ イオンモール白山」でカレーメニューが追加されたということで出かけたのですが、我々が到着した時にはすでに売り切れ。残念でした。

ということで、口の中がカレーモードだったので、こちらのお店に入ることにしたわけです。

3階のフードコートにあります。

GW期間中だったので、イオンモール白山は多くの人で混みあっていました。
100時間カレー (3)

メニューです。

「100時間カレー」では東と西でメニューの種類が微妙に違っています。あと、御経塚店にはあった、あのたむけんプロデュースの丼メニューの設定はありませんでした。

面白いことに御経塚店は西日本のメニューだったのですが、こちらイオンモール白山店では東日本のメニューになっていました。ただし、念のため家に戻って調べたら、現在は御経塚店も東日本メニューなのかもしれません。

野菜カレー以外はすべて肉系のメニューで、必然的に私は「半日分の野菜がとれる野菜カレー(869円)」。
100時間カレー (4)

ここ数か月、値上がりしているところが多い中で、ここは昨年の時と同じ値段でした。
100時間カレー (9)

野菜の内容は、季節によって変えているようですね。

御経塚店では、オーダーするときに辛さのチョイスが可能でしたが、こちらでは辛さ調整用のペーストを自分で好みで加えるやり方。味的には御経塚店の紹介の時に書いているので書きませんが、100時間かけて作られたカレーは、他のカレー店のものと比べると格段にコクがあります。
100時間カレー (5)

妻が頼んだのは「三元豚ロースカツカレー(979円)」。
100時間カレー (8)

手仕込三元豚のロースかつカレーで、「1枚1枚丁寧に手仕込したロースカツ!」と書かれていました。

いわゆる欧風カレーですが、金沢カレーの本場での今後の動向や如何に!ご馳走様でした。

100時間カレー イオンモール白山店
石川県白山市横江町1681
 イオンモール白山3F
076-214-6202
10:00~21:00(L.O.20:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

ラーメンの味の種類は色々あります。

個人的にはシンプルな単一の味が好きですが、魚介と合体させた味も好きです。

大昔、子供のころ小松駅前に「こまビル」が出来て、地下に「8番らーめん」がオープン。

それまでは街の食堂などで、醤油味のいわゆる「中華そば」しか食べたことが無かったのですが、「8番らーめん」では味噌や塩などを選べるようになったので感動した記憶があります。

そのような経験を持つ人が「8番らーめん」を石川県民のソウルフードと呼ぶようになった要因ではないかと思いますがどうでしょう?

さて、今日は喜多方ラーメンの話題です。

喜多方ラーメンといえば、醤油味の透明な豚骨スープが基本で、博多・札幌ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一角を占めるほど人気のラーメンです。

しかし、石川県内では博多・札幌ラーメンほど知名度がなく、提供するラーメン店も少ないかもしれません。

紹介するのは「会津喜多方ラーメン蔵 寺井店」。7年以上前に行ったときのことはこちらで紹介しています

4月下旬の日曜日のランチタイムにお邪魔しました。
喜多方ラーメン蔵

蔵の街「喜多方」をイメージした外観。
喜多方ラーメン蔵 (8)

早めの時間だったので店内は混雑していませんでしたが、食べ終わって出るころにはどんどんお客さんが入ってきていました。
喜多方ラーメン蔵 (2)

ラーメンメニューです。
喜多方ラーメン蔵 (3)

種類が多いですね。
喜多方ラーメン蔵 (5)

ラーメン定食にもできます。

私はこの中から今回「野菜ラーメン(850円)」を頼むことにしました。

喜多方ラーメンなので、やはり醤油味です。
喜多方ラーメン蔵 (10)

出されたのがこちら。

8番らーめんよりは野菜が少ないかもしれませんが、喜多方ラーメンの澄んだ醤油味のスープと合った味付けです。
喜多方ラーメン蔵 (11)

麺は、少し透き通った平打ち熟成多加水麺。

モチっとしたコシがあってよかったです。
喜多方ラーメン蔵 (4)

妻のほうはこちらのメニューに出ていてイチオシと書かれた「軍鶏ヌードル(900円)」を頼んでいました。
喜多方ラーメン蔵 (9)

写真のイメージとは見た目は少し違っていますが、醤油味の炙った軍鶏がいい味を出していたようです。

添えられているのは柚子胡椒でした。

久しぶりに行きましたが、栄枯盛衰が激しいラーメン業界のなかで、お店が変わらない形で続いていること自体ファンが付いている証拠です。ご馳走様でした。

会津喜多方ラーメン蔵 寺井店
石川県能美市大長野町リ29-1
TEL 0761-57-2750
11:00~21:30
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

デジタル技術の進化が著しい昨今。

デジタル技術を活かしたサービスについても色々出てきています。

今日は、石川県加賀市が取り組み始めた事例の紹介です。
hana-no-ya・cafe-no-ya (4)

加賀市山代温泉でAR(拡張現実)技術を活用した石川県内初の次世代型の公園「山代スマートパーク」が4月末にオープンしました。

場所は山代温泉の大型旅館だった松籟荘の跡地。松籟荘は私も何度か行ったことがありますが、ヨーロッパ調の建物が印象的な温泉旅館でした。

さて、山代温泉の「山代スマートパーク」は、基本的には都市型公園をベースに多目的な用途をサービスとして加えた施設だと言えます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (7)

「山代スマートパーク」では、「デジタルサイネージ」「コワーキングスペース」「ワーケーション」と横文字が並びますが、AR(拡張現実)技術を使って近未来的な公園の活用の在り方を提案しているようです。

これらの横文字の意味についてここでは書きませんが、この辺りは今回行ってみての感想としては、正直あまり良さがわからなかったところがあります。

謳い文句として「なんにでも使える」ということは結果的に個別の使い勝手が悪くなるといった要素をはらんでいるからです。まぁ、今後のアイデア次第ということなのでしょう。

この「山代スマートパーク」に中には、前述の色々な使われ方をサポートする目的で、「hana-no-ya・cafe-no-ya」というフラワーショップ&カフェが入っていました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (5)

ただ、カフェは「コワーキングスペース」「ワーケーション」をサポートする機能としてはわかるのですが、花屋さんがどのような意味合いを持つのかはいまいちわかりませんでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (11)

ちなみにこちらの花屋さんは、小松駅の西口側にあったお店が移転しています。
hana-no-ya・cafe-no-ya (15)

一方「cafe-no-ya」のほうで我々は、ドリンクを買って春の陽気な中テラス席で一服することにしました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (8)

店内にはカウンター席もありました。ガラスの扉が多く、明るい日差しが差し込んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (14)

こちらがメニューです。
hana-no-ya・cafe-no-ya (12)

ガラスケースの中にはスコーンが並んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (21)

私は「ブレンドコーヒー(320円)」を頼むことに。
hana-no-ya・cafe-no-ya (20)

妻は「チョコ・ラテ」を頼んでいます。テイクアウト可能な容器
hana-no-ya・cafe-no-ya (22)

あと、「ちょっこっと贅沢チョコ((100円)」も頼んでいます。口溶けがいいチョコでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (19)

ちょうどいい季節で、外でドリンクを飲むと爽快な気分に浸れました。

さて今後「山代スマートパーク」がどうなっていくかについては興味津々です。ご馳走様でした。

フラワーショップ&カフェ
hana-no-ya・cafe-no-ya
石川県加賀市山代温泉15-39-1
 山代スマートパーク内
TEL 0761-77-0087
10:00~18:30
年始のみ休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

たまたまネット情報を見ていたら発見!「パンとさかな」という新しいパン屋さんがオープンすることを知りました。
パンとさかな

正式にオープンした4月15日。ちょうど病院へ行く日で有休をとっていたのでオープン当日にお邪魔してきました。

白山市でも鶴来寄りの場所にありますが、周辺はどちらかといえば田畑が広がるエリアです。
パンとさかな  (2)

タマルバーという飲食店と同じ敷地内にあって、むかし「一品料理鳳仙花」があった建屋をリノベーション。素敵な店舗に変身されていました。

朝は10時オープンで、私は10:45ごろに到着。4~5組ほどのお客さんが順番を待っている状態。パンが残っているか心配でしたが、オープン当日ということもあるのか多くのパンが並んでいて一安心。
パンとさかな (8)

パンは対面販売です。パンのネームプレートに金色のシールが貼られているものが「酒のお供に」いいパンなようです。
パンとさかな (7)

こちらには食パンとハード系。奥がパンを焼くスペースです。

お店のコンセプトは「日々のくらしに、よりそうパン。さかな(肴=おとも)として食のおともになるパンを」ということ。

なかなか見かけないコンセプトですね。

ウリの一つは「酒粕でおこした自家製酵母を使ったパン」。酒粕なのでアルコールは含んでいませんが、確かに酒の肴に良さそう。
パンとさかな (19)

あと、こちらの頂いたリーフレットに書かれている内容を見ると、材料としては国産小麦、よつ葉バター、奄美諸島原産の素焚糖、沖縄の塩、太白ごま油など使用しているようです。

では、今回私が買い求めたものを紹介します。

3個は妻とシェアして食べています。
パンとさかな (17)

まずは「クロックムッシュ(330円)」。クロックムッシュは2種類あって、ハムかコーン。今回ハムにしています。
パンとさかな (21)

半分に切るとこんな感じです。

ハムが間に挟めてある定番のクロックムッシュの味でした。
パンとさかな (15)

こちらは「焼きカレーパン(240円)」。小ぶりなサイズです。
パンとさかな (22)

半分に切るとこんな感じ。ピリ辛ではありませんでしたが、カレーの味は美味しかったです。
パンとさかな (16)

「のりとしらすのフーガス(250円)」は、相当ハード系でした。
パンとさかな (20)

半分に切るとこんな感じで、海苔としらすの塩気が効いた味でした。「酒のお供に」のシールが貼られていませんでしたが、ワインに合う味でした。

これらは酒粕を使っていないパンばかりだったので、「酒粕のグリッシーニ(80円)」を1本だけ買い求めることに。
パンとさかな (13)

酒粕が入っているとわかっているので、そんな感じもしましたが、知らないとわからないほどのほのかな風味です。
パンとさかな (14)

母には、「クリームパン(190円)」です。

こちらのお店のウリのパンで、ラム酒香るホイップカスタードを詰めた「大人のクリームパン(260円)」にも興味があったのですが、我々の前のお客さんで全部売り切れてしまって残念。

南加賀エリアはパンの激戦地でもあります。こちらのお店のご繁盛をお祈りいたしております。ご馳走様でした。

パンとさかな
石川県白山市日向町ヌ11
TEL 076-205-9254
10:00~18:00(なくなり次第終了)
日曜、月曜休(不定休ありInstagramにて告知)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ