あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 加賀地方(小松除く)

最近は、休みになるとランチを外食し、その時ついでにパンを買い求めて、翌朝の朝食にすることが多いです。

そんなときは食べるお店を決めてから、近くにあるパン屋さんを調べ、よさげなお店をチョイスしています。

そのため、私のブログも、最近はパン屋さんの紹介が多くなってきたと思います。

個人的には、むかしはご飯党でしたが、近ごろパンも色々な種類の味が楽しめるようになってきました。仕事の日はお弁当用のご飯も炊かないといけないので朝もご飯食が多くなりますが、休みの日は弁当用のご飯が不要なのでパンの方が手軽だということもあって、最近パン食が多くなってきました。
ポポラーレ (8)

さて、前置きが長くなりましたが、今日紹介するのは白山市松任のアピタの近くにある「ポポラーレ」というパン屋さんの紹介です。

こちらの前は野々市にあったようです。移転して現在のところに店を構えて9年近く経ちます。

お店は小ぢんまりとしていて、アットホームな感じです。

お店に入り、写真を撮る許可をもらうときにも「モデルはいいですか?」とお茶目に反応してくれましたし、撮っていると「フジパンのかたですか?敷島パンのかたですか?」と笑っていました。^^;。
ポポラーレ (3)

店内はこんな感じです。
ポポラーレ (4)

めちゃめちゃ多くの種類のパンが並んでいました。多品種少量生産です!惣菜系のパンの種類が豊富で、写真は写していませんがサンドイッチなども色々な種類ありました。お菓子類も売っていましたね。どうも店長さんは菓子店などでも働いていたことがあるみたいです。
ポポラーレ (5)

一種類当たりの個数は少ないかわりに、個人経営のお店ではあまり見かけないほどの種類の多さです。どれも美味しそうです。そのため、何を買おうかだいぶ迷いました。^^;
ポポラーレ (7)

しかしながら作るのも大変そうだな~と変な心配をしてしまいます。

そんな中から私が買い求めたのは、これらのパンです。
ポポラーレ (10)

私は「ウィンナーロール(180円)」と、
ポポラーレ (11)

「ベーコンエピ(200円)」の半分を食べました。

ベーコンエピはめんたいソースパンのようで、確かに普通のエビに比べて塩味がきいていました。
ポポラーレ (9)

これは「ラタトゥーユ(160円)」。
ポポラーレ (13)

「塩バターパン(100円)」
ポポラーレ (12)

小さなつのパンのような形の「えだまめくん(80円)」なんてかわいいパンも買い求めました。

以上でお値段がトータル777円也!フィーバーしちゃいました。

値段がお手頃で、個数も普段より多めに買えますね。それに色々な種類のパンがあって飽きずにローテーションできそうでうれしいパン屋さんでしたよ。ご馳走様でした。

ポポラーレ
石川県白山市徳丸町545-8
TEL 076-274-3007
7:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

私のブログも長い間やっていると、南加賀のお店については相当紹介済みのところが増えてきました。

これまでは紹介していないところを優先していましたが、ネタ的にも苦しいので、今後は過去に紹介したお店で、紹介してから間が空いているところについても、お久しぶりシリーズということで書いていきたいと思います。

その時は、なるべく前回食べたメニューを再度食べていきたいと考えています。ただ、あまりに間が空いていないのも何なので、一応紹介してから5年以上間が空いているお店ということにしたいと思います。
山背 (9)

今日は、その第一回目?として、山代温泉のそば店「そば 山背」に行ってきました。

こちらのお店は、約11年前に紹介しています。月日が経つのは早いものです。

店名の「そば 山背」。どういう由来なのか、本当はお店の方に聞けばよかったのでしょうが、聞き忘れました。

少し調べてみると、「山背」という字、山代温泉にも同じ「山背台」という地名があるようです。もしかしたらそちらのご出身(お住まい?)かもしれません。

また、むかし平城京(奈良)時代に、いまの京都山城地域は「山代」とか「山背」と呼ばれていたようです。つまり平城京からみて京都は山のうしろ、山の背に位置していたということですね。

何となく、ご主人が陶芸家ということから推測してみると、そんな由来も面白いのではないかと勝手に考えて見たりしてほくそ笑んでおります。
yamase 001

お店の外観は、染め抜きの店名が入った日除け幕が加わっています。(上の写真が11年前に写したものです)
山背 (6)

中は、そば屋さんらしいといいますか落ち着いた雰囲気で11年前とあまり変わりません。
山背 (7)

私は一人だったのでカウンター席に座ります。

日曜のお昼、少し前の時間帯でしたが、先客は4人グループの方々が小上がりの席にいらっしゃいました。
山背 (5)

お品書きの内容はあまり変わっていませんが、むかしはなかった冬期間限定で暖かい鴨南蛮そばがありました。後述しますが、小さなサイズのもメニューから消えています)

そんな陶芸家のご主人が打つそばは2種類です。そばの実の剥き身を製粉した「山背そば」と、挽きぐるみで製粉した「田舎そば」の2種類のそばを楽しむことが出来ます。
yamase 007
yamase 012

11年前に私がお邪魔した時には、この2種類のそば両方を味わっていました。

「山背そば」はあろし、「田舎そば」はとろろです。(注:前回は2種類を両方小さなサイズでお願いしています)

だがしかし、いまは年もとって、2杯も食べることが出来ないため、今回は「山背そば」のおろしそばを一杯だけを頼むことにしました。
山背 (4)

こちらがそうです。もちろん、器はご主人の作られた器を使っていますね。
山背 (3)

「山背そば」のほうは、そばの実の剥き身を製粉したということで、前回のときは「更科」と書いていますが、「更科」とはまた少し違いますね。少し色が付いています。

おろしの大根は、冬なので辛味が少なかったです。

だしは、化学調味料無添加の醤油を使用し、そばに合わせて二種類変えているようです。たっぷりとかけられたつゆの味は濃いめでした。

ぶっかけなので、そばの風味を味わうというより、そばとつゆ、そして辛味大根の味覚のハーモニーを楽しむそばです。美味しいです。
山背 (2)

食べている途中に出されたそば湯は、湯飲みに入れれれて出されます。濃いめのトロッとしたタイプで、そな粉をお湯に溶かしたものですね。

小さなサイズがなぜお品書きから消えたのかはわかりませんが、是非復活させていただけたら嬉しいと思いました。そのほうが一人で入った時も両方の味を楽しめるからです。ご馳走様でした。

そば 山背
石川県加賀市山代温泉5区18-50
TEL 0761-76-0357
11:30~14:00
土曜は11:30~14:00、19:00~23:00)
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

時々カレーが食べたくなるのですが、そんな時、Netで行ったことのないお店を検索していて見つけました。
アント

選んだのは、松任駅近くのグランドホテル松任の1階にあるレストラン「洋風キッチンa・n・t・o(アント)」です。
アント (15)

欧風料理のお店ですが、地方のホテル内レストランなので洋食系の幅広いメニューが揃っていて、家族で楽しめるお店だと思います。

土曜のお昼12:45分ごろに一人で入りました。店内は半分ぐらいの入り。
アント (2)

ランチメニューは、こちらの黒板に出ているような比較的お手頃な値段で楽しめるものが多いのですが、私は、最初からカレー。それも、この「あったかフェア」の中に設定されている「焼きチーズカレーハンバーグ添え(税込1,480円)」を食べるために来たので、他のメニューには目もくれません。
アント (3)

「あったかフェア」には他に「シーフードドリア(税込1,680円)」「ビーフシチュー(1,税込980円)」が設定されていました。

今回紹介しておきながらなんなのですが、この「あったかフェア」は冬限定となっていて、2月末で終了しています。^^;

ただ、こちらのレストランは、日常的にお得なランチメニューの設定がありますから安心してください。

たとえば「レディースランチ(税込1480円)」は、平日10食限定で、いろんな種類を少量ずつ楽しめランチセットとなっていて、もちろん女性に人気です。

さて、「焼きチーズカレーハンバーグ添え」にはオードブル・スープ・サラダ・デザート・食後の飲み物が付いています。
アント (7)

まずは前菜で、鯛のエスカベッシュ、鯛のは珍しいですね…?右は牛スジのゼリー寄せです。
アント (8)

次にサラダが出されます。
アント (9)

カップスープはコンソメ。

そして焼きチーズカレーがしばらくして出されます。
アント (10)

焼きカレー!石川ではメニューに設定されているところ、意外と少ないかもしれません。

そんな焼きカレー、発祥は北九州の門司だといわれていますが、私が福岡に住んでいた時にはときどき食べに行きました。
アント (11)

チーズがかかって熱々の仕上がり。カレーはそれほど濃くなく味もチーズの方が勝っているかもしれませんが、焼かれることによって香ばしくなっていて美味しいです。思ったより量も多く、男性の私でもお腹が膨れました。
アント (12)

ハンバーグは小ぶりなものです。切るとこんな感じです。
アント (13)

デザートは3種も付いてきてびっくり!ストロベリークリーム、レアチーズ、バニラアイス。女性の方もうれしいのではないでしょうか?
アント (5)

食後のドリンクメニューはこの中から選べます。
アント (14)

私はコーヒーにしました。

税込1,480円でこの内容・ボリュームはうれしいですね。おすすめのお店です。

ただ、残念ながら「あったかフェア」は2月末で終了していまし、「焼きチーズカレーハンバーグ添え」も単品メニューとしてあるのかどうかも未確認です。すみません。^^; ご馳走様でした。

a・n・t・o(アント)
石川県白山市西新町152番地7
 グランドホテル松任1F
TEL 076-274-0001
7:00~9:30
11:30~14:00
17:00~21:00(L.O.20:30)
第2,4月曜日のディナー休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

能美市辰口の産業道路沿いの丘陵公園近くにあるインドネパール料理のお店「ガネサ」に行ってきました。
ガネサ

産業道路から少し入ったところにありますが、黄色い派手な外観なのですぐにわかります。
ガネサ (6)

元々は焼き肉屋さんだったお店をほぼ居抜きで使っています。壁にインドネパールのポスターなどを張ったりして雰囲気を出していますが、中はほぼ和風です。(笑い)

感心したのは、テーブルなども焼き肉屋の時代の物をそのまま使っていました。

こちらの「ガネサ」は、小松市では「カマナ」、白山市では「マナカマナ」と呼び方を変えているインドネパール料理のお店と同じ仲間のようです。もっとも経営は別で緩やかなつながり、お友達のようなお仲間ですね。また、先日紹介した小松インター近くの「プレムサンガマインドレストラン」は、また別なグループのようです。
ガネサ (2)

そのためメニューの内容も各店ほぼ同じで、ドリンクバーでフリードリンクになっているか、そうでないかの違いがあります。

おっと!一点違いが。小松の2軒のお店では全員がインドネパールの方のようでしたが、「ガネサ」には日本人の女性の方が働いていらっしゃったことです。^^;

カレーの種類が豊富で11種類もあります。ナンは6種類、ライスはプレーンとガーリックの2種類からチョイスすることが出来ます。ただしセットによってはあらかじめカレーやナンの種類が決められていました。

私は、残念ながら肉が苦手なので、あらかじめ肉がセットに入っているものは選べません。そこで、この日の「日替わりカレー」が豆のカレーだと確認して、「タリーランチ(1,180円)」を頼むことにしました。

このセットは、カレーは日替わりカレーとほうれん草チーズカレーの2種類が付いて、チキンティカ1P、サラダ、デザート、プレーンナン&ライスまで付いてきます。チキンが苦手なのでチキンティカ1Pは妻の胃袋に入ります。
ガネサ (12)

辛さは5段階で、私は真ん中の「ホット」でもそれほど辛くないことを知っていたので、辛い方から2番目の「ベリーホット」でお願いしました。

あと、プレーンナン&ライスはお代わり自由ということですが、相変わらず超大型のナンが付いていて、これをお代わりする人はそうはいないでしょう?
ガネサ (7)

最初に運ばれてきたスープです。クミンが効いたスパイシーなスープでした。
ガネサ (9)

サラダはこちら。
ガネサ (11)

そして残りのセットが運ばれてきます。
ガネサ (13)

何と!日替わりカレーにチキンが入っているではないですか!わざわざ避けたのに……。^^;

その鶏肉を除けて食べます。
ガネサ (14)

「ほうれん草チーズカレー」のほうは辛さもちょうどよく、美味しかったです。
ガネサ (10)

ナンは大きすぎて全部食べきることは出来ませんでした。そしてライスも全部残しました。^^;

こちらのグループのお店でいつも思うのですが、もう少し量を少なくして安くしてもらった方がありがたいですね。
ガネサ (15)

デザートは、パイナップルが入ったヨーグルトです。

妻は「レディースセット(1,180円)」を頼んでいました。

このセットは、カレーとナンの種類を選ぶことが出来ます。
ガネサ (16)

選んだのはカレーは「ほうれん草チキンカレー」。
ガネサ (17)

ナンは「ガーリックナン」。

こちらについているサラダは「生春巻き&サラダ」でした。

「ガーリックナン」はピッツァのような感じです。ガーリックの風味が食欲をそそりますね。

モチモチの生地で美味しいですが、少し甘めのナンでした。
ガネサ (18)

飲み物は、二人とも「ホットチャイ」を頼みました。

この手のお店が南加賀エリアに何店舗もあって、どこもそこそこお客さんも入っています。カレーってのは、味は違えど日本人にとってはなじみの深い料理なのですね。ご馳走様でした。

ガネサ
石川県能美市辰口町606
TEL 0761-46-5990
11:00~15:00(L.O.14:30) 
17:00~22:30(L.O.22:00)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近はあまりフランス料理のお店に行かなくなりました。

別に嫌いになったわけではないのですが、年を重ねていくとどうしても和食系が多くなってくるのと、コース主体で時間がかかるということもあるかもしれません。^^;

そんなフランス料理のお店に久しぶり?に行ってきました。
コンフォート (25)

今日紹介します「コンフォート(Comfort)」は、白山市のアピタ松任のすぐ近くにひっそりとあります。最初、カーナビに住所を入れて向かったのですが、違う場所を指図されて探すのに少し苦労しました。^^;
コンフォート (4)
コンフォート (6)

こちらのお店は、たぶん店舗兼ご自宅となっているのでしょう?外観や内装とも清楚でかわいい感じにまとめられています。
コンフォート (26)

カジュアルフレンチのお店として、気軽にお箸でフレンチを楽しむことが出来ます。
コンフォート (2)

ランチはご覧のようなコースが5種類設定されていました。

一番ベーシックな基本構成のサラダ・メイン・デザート・飲み物が付く「お手軽ランチ(1,380円)」に、値段に応じて前菜・スープがプラスされたり、メイン料理に肉・魚両方付くようになっていきます。

我々はその中からちょうど真ん中の「おすすめランチ(1,980円)」をお願いしました。こちらはメインが3種類から選べて、前菜・サラダ・スープ・パンまたはライス・デザート・コーヒーまたは紅茶が付いています。
コンフォート (10)

まずは前菜盛り合わせが出されます。

右から、デミカップに入っているのはズワイガニの茶碗蒸しでダシのジュレがかけられています。そのお隣はスモークサーモンとガンド・水菜、さらに菜の花のキッシュ、生ハムの4種類が並べられています。
コンフォート (12)

う~ん、ワインが欲しいですね~!?(笑い)
コンフォート (14)

続いてサラダが出されますが、鶏肉ハムが添えられていました。^^;

鶏肉ハムは妻の胃袋に消えます。
コンフォート (15)

スープは安納芋のポタージュスープ。安納芋は種子島を代表するさつまいもの一種ですが、甘さが特徴の安納芋らしく甘めのスープでした。
コンフォート (5)

この日のメインは、ご覧の黒板に書からている肉2種類、魚1種類からのチョイス。
コンフォート (18)

私は必然的に「スズキのポワレ レモンバター風味」となります。

妻は「豚ヒレ肉のロースト アンチョビソース」を選びました。
コンフォート (21)

「スズキのポワレ レモンバター風味」はレモンバター風味ですが、ソースはトマトベースでサラッとした感じで、レモンバターを溶かしながら食べるとレモンの風味も加わって美味しく食べることが出来ました。
コンフォート (20)

バゲットにソースを付けて食べるといい感じです。
コンフォート (17)

妻のほうは、柔らかいヒレ肉にマスタードとアンチョビの、それなりに濃いめのソースだったようです。
コンフォート (22)

飲み物はコーヒーか紅茶ですが、ソフトドリンクでもokです。
コンフォート (23)

デザートはコーヒーのムースとキャラメルのアイスでした。
コンフォート (24)

内容的には、本格フレンチということではありませんが、逆にカジュアルで気取らない味で私にはよかったです。それにしっかりとしたコース設定になっていながら1,980円という値段も魅力的でした。

この日のランチ時間、私以外はほぼ女性客で一杯。気軽に食べられるフレンチということで人気なのでしょう?ご馳走様でした。

コンフォート(Comfort)
石川県白山市三幸町8-6
TEL 076-214-6226
月11:30~14:00
水~日11:30~14:00
17:30~21:00(L.O.20:30)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ