あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 加賀地方(小松除く)

「働き方改革法案」が4月から施行されました。

そんな中、シェアオフィスなどが注目されていて、東京などの都会のオフィス事情もだんだんと変わってきているようです。

それと似たような形態で「コワーキングスペース」というものがあります。「CO-WORKING」つまり「共同で仕事をする場所」ということになります。

シェアオフィスはその名の通りオフィスをシェアするもので、「コワーキングスペース」の場合は利用者同士が交流を図り、コミュニティを形成することでビジネスを活性化するという目的があります。

「コワーキングスペース」については私のブログでも前に紹介したことがある、同じ加賀市の「FUZON KAGA Cafe and Studio」のときも少し紹介していますので、そちらも合わせて読んでください。

今日はそんな「コワーキングスペース」にあるカフェについて紹介したいと思います。

それは山代温泉のメイン通り温泉通り沿いにあります「Coworking Cafe 山代コドン」というところ。
山代コドン (14)

元は普通の民家だったところをリノベーションしています。
山代コドン (11)

大きな窓と、開放的なスペースに木の暖かさが心を落ち着かせてくれます。
山代コドン (9)

こちらは小松市の「SWAY DESIGN」の永井さんがリノベーションの設計を担当されています。
山代コドン (16)

普段は火曜から金曜までの平日のみ営業なのですが、月2回ぐらい「ココペリ珈琲」の特別営業日というのがあって、土日休みの人でも利用することが出来ます。(営業その他についてはFacebookをみてください。)

今回私は、そんな営業日の3月の日曜日に行ってきました。
山代コドン (13)

この日はハンドメイドのアクセサリーの作家さんがお店を出していました。
山代コドン (8)

こちらのDJブースのようなところで、「ココペリ珈琲」が美味しいコーヒーを入れてくれます。
山代コドン (17)

「ココペリ珈琲」は固定の店舗を持たずに、このような場所やイベントなどに出張してコーヒーを淹れてくれるのです。
山代コドン (4)

メニューはこんな感じでした。

私は珍しさのあまり、コーヒーチェリーの種子を取り除いた果肉と果皮を乾燥させた「カスカラティー(400円)」を頼んでみました。ちなみにコーヒーは種子を乾燥・焙煎したもので、果肉と果皮は捨てられていたわけで、「カスカラティー」はとてもエコな飲み物ということになりますね。
山代コドン (19)

一応ティーバッグで抽出するお茶なのですが、ほのかにコーヒーの酸味と味がする変わったお茶でした。
山代コドン (18)

妻はこの日のブレンドコーヒー「サクラ・ブレンド(400円)」を頼んでいました。
山代コドン (12)

一杯一杯ドリップして淹れてくれます。

平日はなかなか行くことが出来ませんが、コワーキングスペースの今後を占う意味でも注目すべきお店なのかもしれません。ちなみに平日は「カスカラティー」はないと思います。ご馳走様でした。

Coworking Cafe 山代コドン
石川県加賀市山代温泉温泉通24
10:00~18:00
火~金10:00-18:00
土・日・月・祝休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

春本番を迎えて、里だけではなく山の方も暖かくなってきました。

そんな陽気に誘われて、久しぶりに山中温泉まで足を延ばしました。
明月楼 (23)

伺ったのは山中温泉の観光名所の一つ「こおろぎ橋」のすぐ近くにある「料亭 明月楼」です。
明月楼 (22)

私は初めて入るお店です。何せ料亭ですからね。そんなに行けるわけがない!?

こちらのお店は夜利用すると、会席料理が基本でそれなりに料金がかかります。でもランチは意外にお手頃な値段で美味しい鰻料理を楽しむことが出来るのです。

前までは近くにある「離れ」のほうで鰻のランチを楽しめたのですが、いまは「離れ」のほうはクローズ?しています。
明月楼 (2)

で、この日は本館でいただきました。

何せ料亭なので、お部屋がたくさんあります。ランチといえどもその座敷で取るわけで贅沢な気持ちにさせてくれます。
明月楼 (6)

我々が通された部屋は鶴仙峡を眺めることが出来る鶴仙の間。眼下に緑と大聖寺川を眺めながら食べることが出来ます。

ところで私は、鰻の専門店にはあまり行きません。よってブログでもあまり登場しません。理由は絶滅危惧種にも指定されたニホンウナギを保護するため!というのはウソで、高いからです。^^;

色々な味を楽しむためには少々お高くても行くのですが、単品ではもったいない?と思うからでしょうか…。
明月楼

ランチのお品書きはこんな感じ。

その中から私は「鰻まぶし(税サ込3,560円)」を頼みました。
明月楼 (13)

出されたのがこちら。名古屋のご当地グルメ「ひつまぶし」はお櫃に入れられていますが、こちらではうな重の入れ物です。うなぎの切り方もよりざっくりした切り方でした。

粉にした木の芽山椒が添えれれているのも料亭らしいです。
明月楼 (18)

そして薬味です。
明月楼 (19)

作法?の通り、まず最初はそのままで食べ、
明月楼 (20)

2杯目は薬味を乗せて。
明月楼 (21)

3杯目は出汁をかけて食べます。

鰻は国産鰻を生簀に泳がせて余分な脂を抜いています。焼き方は関西風で、蒸さずに焼かれていて、香ばしさが残っています。皮もしっかりとした感じで食感が残っていました。

明月楼 (16)
また「鰻まぶし」なのでタレはそれほど濃いめに塗っているわけではありません。

こちらのお店の出汁は、カツオと昆布の出汁と、加賀市打越産の煎茶がミックスされたものを使用していて、ほのかな煎茶の香りとカツオと昆布のうま味が仲良くケンカせずに、また、うなぎの香ばしい香りを邪魔せず美味しい出汁になっていました。美味しかったです。

妻は「うな丼(上)3,240円(税サ込)」。
明月楼 (14)

特上が1尾使い、上は3分の2ですね。並は半尾でしょうか?ご飯の中にも鰻が隠れていました。

見た目ですが「鰻まぶし」のよりもしっかり焼かれていてタレも厚く塗られている感じでした。
明月楼 (17)

肝吸と漬け物が付いています。

妻も美味しかったと言っていました。

鰻の専門店に行って食べるのもいいですが、広いお部屋でいい景色を眺めながらゆったりとした気分で鰻を食べるというのもオツなものだと思います。皆さんもいかがでしょうか?

ランチは部屋代もかからないのもありがたいです。ただ、お店と駐車場が少し離れていますので注意が必要です。ご馳走様でした。

料亭 明月楼
石川県加賀市山中温泉下谷町ロ1-1
TEL 0761-78-0103
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ラーメンの世界も、その時々でトレンドがあります。

近年は「辛麺ブーム」だそうですが、ひと昔前には「鶏白湯」や「煮干し系」とかのブームがありましたね。

さて、最近石川県では豚骨ベースの「横浜家系」のお店が増えています。豚骨醤油味が代名詞の「横浜家系」は具材にも色々定義があります。はてさて「横浜家系」は数年前にブームになったのですが、石川では改めてブーム再燃ということでしょうか?

また近年、小松に新しくできたラーメン店は豚骨系ばかりで、個人的にはちょっと寂しい?もう少し色々な味のお店が出てきてほしいと思います。

今日紹介します「麺屋 達」は、金沢を中心に6店ほど展開しています。

「横浜家系」ではなく「金澤達系」なのだそうです。
麵屋 達 (9)

国道8号線沿いの目立つ場所に二日市店はあります。
麵屋 達 (2)

お店を入ってすぐに食券機があって、食券を買って席に着きます。
麵屋 達

私は一番ベーシックな「豚骨醤油(730円)」を頼みました。なぜか一緒に行った人全員がこれにしていましたね。
麵屋 達 (4)

海苔と小松菜(横浜家系のお店ではほうれん草のところが多いと思いますが)、そしてチャーシューの横浜家系の3種の具材がしっかり入れられています。
麵屋 達 (7)

それに、一緒に行った人がサービス券を持っていたので、煮玉子トッピングと餃子3個もプラスになりました。

スープは口当たりがよくて、醤油とんこつの癖を極力消してあるマイルドな味でした。横浜家系は豚骨と醤油のせめぎあい、的な楽しさ?があるのですが、こちらの「金澤達系」は醤油とんこつ、仲がいいのです!(笑い)

麺は細麺・中太麺・太麺の3種類から選べます。私は中太でお願いしました。

また、茹で具合は、好みの固さにしてくれますが、普通でもしっかりとしたコシのある麺でした。麺は小松の中石食品さんのを使っていました。

スープに使うしょう油も大野醤油を使っているようで、地元の素材にこだわっているというのも好感が持てます。そして全体的に、まとまった味で美味しかったですよ。

ランチタイムはご飯・おにぎり・季節のご飯が無料。
麵屋 達 (6)

私はこちらのおにぎりで梅でお願いしました。
麵屋 達 (8)

餃子はジューシーに焼かれてこちらもGood!
麵屋 達 (5)

あと、季節のご飯はおかかご飯でした。

ランチタイムにサービス券をうまく使えば量的にも満足できていいと思います。ご馳走様でした。

麺屋 達 二日市店
石川県野々市市二日市町510-2
TEL 076-294-4211
11:30~14:30 18:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

寿司は私も好きな食べ物ですが、廻らない寿司店にはそんなにしょっちゅう行けるわけではありません。

しかしランチなら比較的お安い値段設定のお店もあるので、時々いろんなお店を探して行くことがあります。

今日は、野々市まで足を延ばして「ゑまひ寿し」というお寿司屋さんにお邪魔しました。
ゑまひ寿司

お店自体は出来てからだいぶ経っているような古い建屋で、中も昔ながらのお寿司屋さんといった感じです。

店内には握りの値段が掲げられていて明朗会計です。
ゑまひ寿司 (5)

また、中日ドラゴンズや地元のミリオンスターズなどのスポーツ選手のサインが多く飾られていました。

ちなみに店名の「ゑまひ」とは、「ほほえむ」という意味だそうです。

ご主人は長い間大阪の寿司店で働いておられ、その後地元に戻ってこちらのお店を構えられたようです。

ちょうど行った日は、「椿の里ちょこっとウォーク」というイベントが開催されていて、その休憩&食糧補給場所としてこちらの「ゑまひ寿し」が設定されていました。そのため緑色のTシャツを着た参加者の方が何人かいて、ワンコインでミニ寿司ランチを食べることが出来るという特典があったようです。

我々は上にぎり寿し定食でお願いしました。2,500円です。1,000円のにぎり寿し定食という設定があるのですが、その上が一気に2,500円の上にぎり寿し定食になります。

握りは一度に出されます。
ゑまひ寿司 (6)

赤イカ、中トロ、穴子、ブリ、数の子、車海老、ウニ、イクラの8貫です。握りは小ぶりでした。

赤イカ、中トロが美味しかったです。醤油はお店独自のブレンドで、シャリにはりんご酢を使っているようです。
ゑまひ寿司 (9)

後で車海老の頭は焼いて出してくれました。
ゑまひ寿司 (11)

それに、ご覧のお店オリジナルで人気の太巻き「ゑまひ巻」が3個付いています。

とびこが入っていて口の中で弾けていました。

ボリューム的にはこの「ゑまひ巻」が付いて、男性の私にはちょうどいい感じでしたね。

ゑまひ寿司 (8)
あと、能登名産のあかもく入りお味噌汁も出されました。

フレンドリーな大将で、夜は地元の常連客が多い気がする寿司屋さんでした。ご馳走様でした。

ゑまひ寿し  
076-246-8228 
石川県野々市市若松町23-32
11:30~14:30
18:00~23:00
※日曜は夜のみ営業
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いよいよ春本番で本格的に暖かくなってきました。(今週末は寒かったですが)

温かくなってくると冷たいものが欲しくなってきます。ということで今年最初のジェラートの話題をひとつ。

人気のジェラテリア「マルガージェラート」の野々市店の紹介です。

マルガージェラート (3)

今回、初めて野々市店に行ってみました。

「マルガージェラート」代表の柴野さんは、2017年開催の「sherbeth Festival(イタリア・パレルモ)」でアジア人初の総合優勝を果たし、TBSの人気番組「情熱大陸」にも取り上がれれるほど、この世界では有名な方です。

野々市店は、能登本店もそうなのですが、あまり目立つところにあるお店ではありません。

写真はお客さんの列が途切れたときに写しましたが、私が行った時には6~7名ほどの順番待ちが出来ていました。
マルガージェラート (8)

店内は狭く、ジェラートの冷凍ショーケースが真ん中に置かれていて、上には「sherbeth Festival(イタリア・パレルモ)」のトロフィーが置かれていました。
マルガージェラート (6)

店内には、他の各種の表彰状やトロフィーなども展示されています。
マルガージェラート (10)

また、こちらの写真はジェラートマエストロの世界で「オフィシャルシェフコート」と呼ばれるもので、日本でこのコートを着ることが許されているマエストロは、柴野さんだけだと書かれていました。凄いですね。
マルガージェラート

この日のフレーバーはこんな感じでした。

これらの中から私は、「能登塩ピスタチオとオレンジバニラのマスカルポーネ」と「野口さんのイチゴ」とネーミングされたジェラート。コーンとカップが選べますが私たちはダブルのカップでお願いしました。
マルガージェラート (11)

「能登塩ピスタチオとオレンジバニラのマスカルポーネ」のほうは、2013年の日本ジェラートマエストロコンテストで優勝した作品です。

オレンジ果皮とバニラビーンズが入ったマスカルポーネジェラートと、少し塩が利いたピスタチオのジェラートがブレンド。とても濃厚な味に仕上がっています。

「野口さんのイチゴ」はいちごの産地で有名な栃木県のハート&ベリー農園で作られたイチゴをふんだんに使用しています。

こちらも濃い味で、「能登塩ピスタチオとオレンジバニラのマスカルポーネ(+100円)」の両方とも濃い味の組合せで少し選択に失敗したかもしれません。^^;

妻のほうは2017年開催の「sherbeth Festival(イタリア・パレルモ)」でアジア人初の総合優勝をした時の作品で、「パイナップル・セロリ・リンゴのソルベ(+100円)」と題したジェラート。
マルガージェラート (12)

一口食べるとまずセロリの味を感じ、追いかけてパイナップルとリンゴの酸味と甘みを感じ、ほど良いバランスです。

もう1種類は「ベルガモット、レモンチェッロ」。さすが酒飲み。好きなお酒の「レモンチェッロ」をしっかり選択しています。(笑い)

そういえば思い出しましたが、先月福岡に行った時に博多阪急百貨店で「金沢・加賀・能登展」という催し物やっていましたが、そちらにも出店していました。

これからの季節はまさにジェラート本番。白山市の工場では新しいジェラートが作られているようです。期待大ですね。ご馳走様でした。

マルガージェラート 野々市店
石川県野々市市野代1-20
TEL 076-246-5580
11:00~18:00
年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ