あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 加賀地方(小松除く)

能美市に新しく誕生した「SORA cafe」に、オープン後、間もなく行ってきました。

場所は辰口の丘陵公園や温泉街にほど近い場所です。
仏壇屋さんの隣の細いわき道から入る、少しわかりにくい場所にあります。隠れ家のようなお店です。
新築で、思ったより大きなお店。中も広く、カウンター席とテーブル席に、こちらの小上がりのようなところもあります。
それに、こちらのお店では、子育てママを応援するという意図があって、授乳室まで備えているようです。

お店のウリは、HPで見ると、「安全・安心な健康食や環境を提供」「完全禁煙のお店」「次世代の子供達の食育」「地方創生」「ママ応援」の5つ。

それを実現するために、地元の野菜を中心とした安全・安心な食事を提供することと、お母さんと小さな子供が美味しく楽しく食事が出来る空間づくりにこだわっていました。

私はランチに一人でお邪魔しました。お店に到着したのが12:40頃だったので、店内には子連れのママさんが何組かいらっしゃいました。
駐車場も広く、店内も解放感があって、新しいお店ということもあって気持ちがいい空間でした。
SORAcafe (11)

天井にはお店の名前のとおり、「空」が描かれています。

私はカウンター席に座り、メニューを見ます。ランチメニューは基本下記の4種類。

「そらいろPlate」は、お肉のメイン付きのプレートランチ
「にじいろPlate」は、地元野菜を使った4種の小鉢プレートランチ
「九谷焼Curry」は、能美市の名産、九谷焼の器で味わうカレーランチ
「玄米Burger」は、店長こだわりの玄米のライスバーガー

私は今回、「そらいろPlate(税込1,350円)」がお肉のメインだったので、「にじいろPlate(税込1,350円)」のほうを頼んでみることにしました。
5分ほどで出されます。冷製の料理が主で盛り付けるだけなので早かったのでしょう?
4種の小鉢がこちらで、キャロット・ラペ。キャベツに何かシードのようなものをあえたもの。手前右にある茶色の容器(ココット?)に入っているのは、きのこと茄子など焼いたネギをオイルで漬けたもの。そしてほうれん草のオムレツです。

ドレッシングやソースも自家製のようです。野菜の甘みが感じられるものでした。
サラダにはニンジン系のドレッシングが、ほうれん草のオムレツにはトマト系のソースがかけられています。
別に付いていたこちらは、最初、茶碗蒸しかな?と思いましたが、里芋をすりおろしたスープ料理で、中にもじゃがいもなどがたっぷり入っていました。

料理自体はどれもやさしい味です。「安全・安心な健康食」がウリのお店なので、濃いめの味付けが好みの人には少し物足りないかもしれません。
あと、ご飯のほうは玄米と白米が選べるのがうれしいですね。私はもちろん玄米でお願いしました。

ちなみにドリンクとデザートは追加料金がかかりました。

場所的には厳しいかもしれませんが、体にいい素材をふんだんに使って作られる健康的な食事は、子育てママと子供だけではなく、我々のようにある程度年齢がいった人にもいいでしょうね。ご馳走様でした。

SORA cafe
石川県能美市辰口町631番1
TEL 0761-48-4723
ランチ11:00~14:30
カフェ14:30~17:00
夜カフェ17:00~21:00
 月・木・日は夜カフェ休
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

単に洋食と言うと、日本で独自に進化したような和風洋食をイメージする方も多いと思います。

西洋料理という呼び方もあって、この場合は西洋から入ってきた料理の総称的なイメージかもしれません。また、これらを称して「洋風料理」という呼び方をするケースもあるでしょう?

さて、今日紹介します白山市の旧松任市内にある「欧風食堂カンティーヌ」は、冠に「欧風食堂」と書かれています。

この「欧風」料理というのは、欧州、つまりはヨーロッパ料理の総称を指しているものと考えられますが、ヨーロッパといっても広いので国によってはまったく料理の味が違ったりします。

まぁ、通常はイタリア、フランス、スペインあたりの、地中海沿岸地域の料理を指しているものと思いますが……。
欧風食堂カンティーヌ

「欧風食堂カンティーヌ」は、松任にある千代野建設のビルの1階に、6月13日オープンしています。

建築会社にしては、と書いたら失礼かもしれませんが、おしゃれなビルです。
欧風食堂カンティーヌ (3)

こちらのお店は、前に行こうと思っていたら、ちょうどテレビで紹介されたので、しばらくは混雑しているかな?と思い間をおいていました。

我々は、9月のとある土曜日のランチタイムにお邪魔しました。
欧風食堂カンティーヌ (7)

内部は、明るく、料理は欧風ですが、イメージは「ニューヨーク ブルックリン スタイル」なようです。カウンター席はオープンキッチンで調理の様子を見ながら食事をすることが出来ます。

ご夫妻でしょうか?お二人で切り盛りされていました。
欧風食堂カンティーヌ (4)

ランチメニューはランチプレート(税込1,000円)とパスタセット(税込1,200円)。あとランチコース(税込2,800円)の3種類。

ランチプレートは、季節のスープ、ライス、メイン、ドリンク。パスタランチは前菜、パスタ、パン、ドリンクが付いています。

この日のランチプレートは、チョイス出来るメインが2種類とも肉料理でした。^^;

どうも、ランチプレートは肉メニューが多いようですね。

そのため、私はパスタセットをチョイスしました。パスタは5種類から選ぶことができ、内容も適時変わります。
欧風食堂カンティーヌ (8)

まず出されたのは前菜の盛り合わせ。

なかなかボリュームがありました。野菜中心でヘルシーな感じです。サラダに使われている野菜は地元の野菜が使われていますが、あまり見かけない葉っぱものも入っていました。

そして、欧風料理のお店ですが、胡麻豆腐も入っていました。

ドレッシングが変わっていて、ピンク色の紫玉ねぎやビーツを使っているようです。

野菜もドレッシングも説明がなかったので詳細はわかりません。
欧風食堂カンティーヌ (10)

こちらのスープは+100円の別料金です。さつまいものポタージュスープで、さつまいもと乳製品の甘みがありました。
欧風食堂カンティーヌ (12)

そしてパスタは、私はこちらの「豆苗とベーコンのトマトパスタ」をお願いしました。
欧風食堂カンティーヌ1

こちらもボリュームがあって、トマトの酸味とうま味がきいているソースもたっぷり。美味しかったです。
欧風食堂カンティーヌ (13)

妻のほうは「カラスミ風味のペペロンチーノ」。ニンニクの風味もきいていて、こちらも美味しかったようです。
欧風食堂カンティーヌ (11)

出されたパンも2種類で、このソースを付けて食べると美味しいですよ。

また、パンに添えられたオリーブオイルにドライトマトを漬けこんでいます。アンチョビの風味もしました。これはよかったです。
欧風食堂カンティーヌ (15)

ドリンクは私は紅茶。妻はコーヒーです。
欧風食堂カンティーヌ (14)

こちらのデザートは+300円。ジェラート、フルーツ(いちじく)、ガトーショコラです。

お値段もお手頃な1,000円で食べることが出来るランチプレートは、平日のランチ時間が1時間しかないビジネスマンにも、ワンプレートでスピーディに出されるので、重宝するかもしれません。おすすめです。ご馳走様でした。

欧風食堂カンティーヌ
石川県白山市倉光6-25
 サクセス144ビル1F
TEL 076-276-2767
ランチ11:30~16:30(L.O) 
※ランチメニューはL.O14:30
ディナー18:00~21:30(L.O)
月曜・第1火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近私のブログでもネタ的に多いパン屋さんの話題です。

色々パン屋さんを巡っていると、本当にパンの種類も色々あるなぁ~!と感じます。

昔は全然パンのことを知らなかったのですが、最近、色々食べるようになってだんだん面白くなってきました。

我が家ではパンは主として朝食に食べるので、家では菓子系のパンはあまり食べません。また、私は食パンもあまり食ることはなく、そのまま、もしくはレンジで温めるだけですぐに食べることが出来る惣菜系のパンを買うことが多いです。

休みの日の朝は、ご飯よりもパン食のほうが手間がかからないので、お弁当を作る必要がない休日など、パンの朝食にします。
Hearty Bread Cyuna (6)

さて、今日紹介します能美市辰口の産業道路沿いにある「Hearty Bread Cyuna(ハーティブレッド チュナ)」という小さなかわいいパン屋さん。前に一度、短めの紹介をしたことがありますが、今日は単独での紹介になります。

小さなお店で、並べられているパンを見ると、多品種少量でパン作りをされていると思われます。

小さなお店の場合はそのほうがいいかもしれませんね。

土曜の午後に伺うと、お店から2組ぐらいのお客さんがパンの袋を抱えて出てこられました。人気なのですね。
Hearty Bread Cyuna (14)

写真撮影の許可を頂き店内をパチリ。

菓子パン、惣菜パン、ハード系のパン、食パン、ベーグルなど色々なパン所狭しと並べられていました。

そして、私もパンを選びますが、なかなか種類が多くて選ぶのが楽しいのですが苦労しました。^^;
Hearty Bread Cyuna (2)

私と妻ははこちらの「シーフードとオニオンの包み焼き(280円)」と
Hearty Bread Cyuna (3)

「カシューナッツとチーズのベーグル(250円)」を半分に切ってシェアして食べました。
Hearty Bread Cyuna (16)

「カシューナッツとチーズのベーグル」は、フライドオニオンと黒コショウが入ったベーグルです。プロセスチーズとカシューナッツが使われています。
Hearty Bread Cyuna (15)

「シーフードとオニオンの包み焼き」も温めたら中の餡のオニオンの甘みで美味しくいただくことができました。
Hearty Bread Cyuna

「ベーコンエピ(220円)」は超ロングサイズ。
Hearty Bread Cyuna (5)

こちらの「黒ゴマ食パン(350円)」にはネーミングの通り黒ゴマが練り込まれています。ヘルシーで生でも美味しかったそうです。

朝7時からお店がオープンしているので、その日の朝食に買い求めるお客さんも多いのでしょう?そして閉店は19時と長い時間営業している使い勝手のいいお店です。ご馳走様でした。

Hearty Bread Cyuna(ハーティブレッド チュナ)
TEL 0761-51-2435
石川県能美市湯屋町カ4-2
7:00~19:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こんなところに自家焙煎珈琲豆を売っているところがあるなんて知りませんでした。
アグリス珈琲 (8)

何回か辰口芳珠記念病院にはお見舞いなどで行ったことはあるのですが、ちょうど病院の駐車場に入るために、いつも手前で曲がっていたんですね。少し過ぎたところにお店があったんです。

オーナーの方は、大手電機メーカーに33年お勤めされていて、いわゆる脱サラで土地と建物を新たに購入。今の自家焙煎コーヒーのお店を2003年6月にオープンされています。

しかし、もっと街中のほうがフリーのお客様も来てくれると思いますが、なぜこの場所に自宅兼お店を出されたのか不思議です。

ご主人は世田谷千歳船橋にあるハイエンドの「スペシャリティコーヒー」の名店「珈琲工房HORIGUCH(現堀口珈琲)I」でコーヒーについて学んでいますが、サービス業は初めての経験なので色々ご苦労されたみたいですね。


店内に入るとコーヒーのいい香りが。中はは狭く、奥には焙煎機が置かれています。

こちらのコーヒー豆のウリは以下の3点。

スペシャリティコーヒー豆(品種、産地、農園、栽培・乾燥方法を限定)。
ニュークロップ豆(1年以内に収穫された新鮮な豆だけを使用)。
鮮度維持(少量を丁寧に焙煎し冷蔵保存で鮮度を維持)。

さらには濾過水蒸気焙煎により、雑味や渋みを取り除き、香りもグレードアップさせています。
アグリス珈琲 (4)

ショーケースには色々なコーヒー豆が並んでいます。国名だけではなく産地名・農園名まで書かれているものが多かったです。さすが「スペシャリティコーヒー」をウリにしているだけあります。
アグリス珈琲

お店では、コーヒー豆の販売だけではなく、カウンター席が5席ほどあって、そこで美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。
アグリス珈琲 (2)

こちらがメニューです。なかなかの種類です。お客もリピーターの方が多いのでしょうね?説明書きもあって選びやすいです。

その中から私が頼んだのは「辰口ブレンド(400円)」というやや深煎りの「味わい深い香味と甘みを持つ、コクのあるやや深煎りブレンド」といったコーヒー。
アグリス珈琲 (6)

もちろん、オーダーがあってから一杯一杯ドリップしてくれます。

確かに雑味や嫌な渋みがなく、濃くもあって私のちょうどいい煎り加減でした。

自家製?のクッキーもコーヒーのお供として売っていました。
アグリス珈琲 (7)

私は一枚だけしか残っていなかったザラメのクッキーを食べてみました。一枚50円です。ほどよい甘さでコーヒーのお供によかったですよ。

目立たない場所にひっそりとあるコーヒー専門店。これからも美味しいコーヒーの飲ませてください。ご馳走様でした。

アグリス珈琲ビーンズショップ
石川県能美市緑が丘5-19
辰口芳珠記念病院横向い
TEL 0761-51-0045
11:00~19:00
火曜・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私も昔から存じ上げているさとやま設計社の岩井社長。

何となく、岩城滉一似?のワイルドな風貌のかたです。

建築、不動産、そしてカフェの3分野で。いろいろな事業で活躍の場を広げていますが、最近、県外から能美市に移住された料理人の方々のお店を手掛けて、地元のグルメファンに美味しい場の提供をされています。

私のブログでも前に何度か紹介したことがある、シャルキュトリーのガリビエや、農家レストランとしていまや能美市でも人気のお店になっているソリッソなどの設計施工も手掛けているのです。

そして、今日紹介します「イタリア料理 イル ボッツォロ」も、さとやま設計社とさとやま工房の設計施工。

こちらのオーナーご夫妻は横浜から移住されています。もっとも、元々は奥さまが能美市出身で、ご主人が加賀市出身の方なので、正確には移住とは言えないかもしれません。

場所は能美市ですが、普段はあまり足を踏み入れないエリアかもしれない、仏大寺にあります。

仏大寺といえば、平成の名水100選に選ばれている「遣水観音霊水(やりみずかんのんれいすい)」があるところで知られていますが、我が家でも昔はわざわざ汲みに行ったりしていました。
仏大寺町から2kmほど山に入ったところにあって、いまでも多くの人が水を汲みに来ています。
仏大寺 (5)

私も一口飲みましたが、夏でも冷たい霊水です。

さて、「イル ボッツォロ」の正式なオープン日は9月6日。私は9日の土曜日に妻と二人でランチを食べに行ってきました。

店名の「イル ボッツォロ」の「ボッツォロ」とは「繭(まゆ)」のこと。近い未来には羽ばたくという意味でしょうか?

行った日は秋晴れの素晴らしい天気で、気持ちのいいランチでした。ただ、この季節は山あいの場所も気持ちいいですが、冬は大丈夫かな?と思ってしまいました。^^;

住居兼用の店舗は、10世帯しかない仏大寺の町内の真ん中あたりに位置しています。
青空に真新しい白と木の外壁が映えます。
内部もシンプル&ナチュラルなインテリア。厨房とカウンター席あたりにはイタリアっぽいタイルが使われていて、「あぁ、イタリア料理店だなぁ~!」と気付かせてくれます。
iL Bozzolo (2)

シェフは奥さまで、フィレンチェや東京池尻大橋のドン・ジョバンニでイタリア人シェフの元でイタリア料理を勉強されています。一方のご主人のほうはバリスタでサーブを担当されています。

ランチは1,500円(税別)のランチコース1種類です。ディナーも予約のみの営業で基本4,000円からのコースとなっているようでした。ただ、ご要望にはできるだけお応えすると話されていました。
iL Bozzolo (3)

行った時のランチメニューはこちら。パスタが3種類からチョイス出来ます。

はっきり言って、この値段で、この内容は素晴らしかったです。

では出されたものを順番に紹介していきましょう!

まずは、アンティパスト(前菜)です。
パルマの生ハムとイチジクや鯛のカルパッチョ、サラダ、ナスのミルフィーユ仕立てトマトソース。

カルパッチョのソースにはお隣さんのゆずが使われていたりします。1,500円のランチコースで、こんなに本格的な前菜が出されるとは思ってみなかったので驚きました。

また、このあたりは色々な農作物を作っているかたが多く、地産地消のものも多く使われていたりするようです。
パスタは私は「自家製サルシッチャとキノコのソース」を頼みました。
iL Bozzolo (14)

麺は平打ちのタリアテッレ。モチモチしててい食感もいい感じで美味しかったです。

自家製サルシッチャの塩気がいい仕事をしていました。
妻のほうは「白山猪のやわらか赤ワイン煮込みソース」です。こちらのパスタは+300円の追加料金が必要でした。

こちらも平打ちのタリアテッレ。ジビエは妻もそれほど好きではないようですが、こちらは臭みもまったくなく美味しかったそうです。
パンは自家製のゴマのパンとトスカーナパン。

トスカーナパンはトスカーナ地方で作られているパンでまったく塩を使っていないハードパン。トスカーナ地方はシェフが修業されていたフィレンチェが州都ですね。
最後のドルチェ(デザート)はティラミスとジェラート。デミサイズではなく立派なボリュームでした。
iL Bozzolo (17)

ドリンクは私はエスプレッソ。
妻はカプチーノです。こちらは+100円です。

ご主人はバリスタなので、このようなラテアートもお手の物ですね。ビスコッティも添えられています。

パスタやドリンクは種類によっては追加料金がかかりましたが、私のはこれだけの数が出されて基本料金1,500円(税別)のみでした。

内容、味、量とも満足できました。美味しかったです。遠いのでなかなかディナーに利用できないかもしれませんが、遠くでも足を延ばしたくなるお店でしたね。ご馳走様でした。

イタリア料理 イル ボッツォロ
(iL Bozzolo)
石川県能美市仏大寺2番地
TEL 0761-58-0540
11:30~15:00(L.O.14:00)
月曜休(不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ