あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

「タニタ食堂」。金沢市にそのFC店「金澤 タニタ食堂」がオープンしたのが昨年7月でした。

タニタ食堂の1号店は2012年に丸の内にオープンしています。

体重計など健康計測機器メーカーの「株式会社タニタ」の社員食堂のコンセプトを忠実に再現したメニューを日替わりで提供していて、一時爆発的な人気を得たことはご存じの通りです。

秋田のFC店「あきたタニタ食堂」が閉店したりと、その後は紆余曲折がありましたが、現在、タニタ食堂は大都市を中心に全国8か所にあります。

ちなみに秋田は東北地方の塩辛いもの好きの県民性で、しょっぱい味付けが好きな秋田では苦戦したようです。市中心部の商業施設内にあったようですが、単に「おいしいものを食べたい」と訪れるお客さま相手では難しかったのではないでしょうか?飲食店はどこもそうだと思うのですが、やはり固定客が付くかどうかがカギですから。

さて、全国の「タニタ食堂」FC店は「健康」イメージのと関係から、医療施設とのコラボのところが多いと思います。
タニタ食堂 (2)

金沢でも同じで、同じ建屋に「金澤なかでクリニック」が併設されていました。
タニタ食堂 (6)

私は金沢店がオープンした時から行こうと思っていたのですが、日・祝がお休みで、私が休みの土曜日、たまにHPでメニューを見てみると、意外と鶏肉や豚肉を使ったものが多くて行けずにいました。

「タニタ食堂」には5つのルールがあって以下の通りです。

一汁三菜の定食スタイル
野菜は約200グラム摂取
噛みごたえを残した調理をする
塩分は3g以下
ご飯は1膳100gを目安に

金澤タニタ食堂の管理栄養士がメニューを作っていて、日替わりのランチが1種類、他に「野菜カレー定食」の設定がありました。

行った日は9月の3連休。お店に到着すると、入口に見たことのあるお顔のかたの告知が!米田さんではないですか!?
米田さん

米田さんは、金沢の某広告代理店を今年退職されコミュニティ・ソーシャルワーカーとして独立。NPO法人「ツナガル地域推進ラボ」を設立して代表に就いています。いまは、こちらの「金澤なかでクリニック」の事務長も兼務されているようですね。

地元のテレビ番組でコメンテーターを色々されていて、いまや有名人です。

ちょうどこの日、こちらで「100歳大学」というセミナーを行っていたようで、我々が食べ終わったころに終わられて出てこられました。

いつも笑顔で明るく元気な方です。
タニタ食堂 (3)

話を本題に戻します。「金澤 タニタ食堂」のこの日のメニューは「なめたけソースの和風ハンバーグ(税込830円)」でした。

カロリーは519kcal。ヘルシーです。こちらは妻が食べました。
タニタ食堂 (10)

ご飯はセルフで盛りますが、ご飯茶碗に100gと150gのところに線が入れられているのがタニタ食堂らしいです。白いご飯か五穀米かを選ぶことが出来ます。

ただ自分で盛るので、少し多めになっていますね!?^^;
タニタ食堂 (11)

メインのハンバーグは見ため鶏肉のようでしたが、豚肉だそうです。大根おろしでさっぱりとした和風ソースの味。ハンバーグそのものにはあまり味付けがされていないようです。

副菜は「ピーマンのきんぴら」と「セロリとワカメの酢味噌和え」。スープは「長ねぎとしめじのスープ」でした。これらも味付けは必要最低限ですね。

私は「野菜カレー定食」にしました。こちらのライスはお店側で計って盛り付けられるのできっちり150gです。^^;
タニタ食堂 (13)

もちろん、白米と五穀米がチョイス出来ました。トータルのカロリーはこちらの方が少し高めの667kcalです。

カレーそのものは小麦粉を使ってなくサラッとしたカレーで、キーマ風の大切り野菜がたっぷり乗せられています。
タニタ食堂 (14)

タニタ食堂の5つのルールのうちの一つ「噛みごたえを残した調理をする」ことから、よく噛むように大切りにされているのです。

意外にスパイシーで汗も出てきましたし、こちらの方がスパイスで味の強さを出せるので日替わりのおかずよりも味の物足りなさを感じることはありませんでした。

副菜は「きゅうりともやしのナムル」。スープは「オクラとコーンの中華スープ」。なぜか市販そのままのヨーグルトも添えられていました。

あと妻のほうは、食後のデザートとドリンクを追加しています。先ほどの定食とあわせて1,350円になります。
タニタ食堂 (16)

タニタのオリジナルスイーツは野菜を使っていました。カロリー控えめと書いてありましたが、具体的なカロリーの記載はありません。

コーヒーはクロロゲン酸が2倍含まれているというカフェインレスコーヒーでした。グアテマラ産とエルサルバドル産の最高級グレードの豆を中心としたブレンドだそうです。

さて、健康志向の世の中、「金澤 タニタ食堂」のようなところが南加賀にもあるとうれしいのですが、病院などに併設して院内の食事も作ると、経営的にもいけると思うのですがどうでしょうか?ご馳走様でした。

金澤 タニタ食堂
石川県金沢市近岡町294-7
076-239-4160
11:00~17:00(L.O.16:30)
(食事のL.O.15:99)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いわゆる健康志向の高まりによって始まった自然食ブーム。

始まってからどのくらい経つでしょうか?

私が若いころは、健康なんてどこ吹く風!なんて気持ち?で飲み食いしていましたが、やはり歳を重ねてくると、だんだんと食べるものや量に気をつけるようになってきました。
玄三庵 (9)

この日、ランチを仲間と食べようと天王寺ミオプラザ館のレストラン街へと向かい、前回行った時に順番待ちの列が凄くて、入るのをあきらめた自然食がウリのお店「玄三庵」に直行しました。

こちらは大阪で5店舗展開しているお店で、いまの健康志向の高まりによって人気となっています。

今回は少し早目の時間だったので、何とか男4名、座ることが出来ました。

しかし、お客さんは場所柄や平日ということもありますが、女性客ばかりです。^^;
玄三庵 (8)

店内の壁に黒板で食材のことなど書かれています。こだわりのお店ですね!?
玄三庵 (10)

ランチメニューは何種類か設定されていて、私は本当は「39品目の健康定食」がよかったのですが、こちらは日替わりメニューで、この日のメニューが「キノコ入り鶏団子 トマトスープ」だったのでパス。

結局「野菜たっぷり玄米カレー(980円)」を頼むことにしました。4名のうち3名がこれを頼んでいます。
玄三庵 (2)

最初に飲む野菜サラダが出されます。

青汁のようなものに甘味が少し加えられていて、飲みやすかったです。

そして出された「野菜たっぷり玄米カレー」がこちらです。
玄三庵 (6)

メインの野菜たっぷり玄米カレーには、多くの種類の素揚げ野菜が添えられていました。
玄三庵 (7)

カレー自体は、ほど良い辛さで、玉ねぎとニンジンなどの野菜から出る優しい甘みを感じて、香味野菜でうま味もプラス!美味しかったです。

ライスはもちろん玄米ごはんです。玄米は島根県の奥出雲の契約農場で作られた減農薬栽培された玄米を使していて、圧力鍋で炊きあげているようです。よく噛んで食べました。

セットには旬のおかずも3品付いてきました。味噌汁は麦味噌を使っています。

また、ランチタイムには豆乳プリンがサービスで付いてきました(15時まで)。

こちらは一緒に行った人が頼んでいた「地鶏の甘辛玄米丼(980円)」です。
玄三庵 (4)

メイン以外は我々と同じですが、メインは能登の健康鶏を使った唐揚げで、特製ゴマダレをからめて食べるようになっていました。温泉卵も添えられていました。

ちなみに、玄米ごはん大盛りが無料。味噌汁もお代わり無料でした。まぁ、どの程度大盛りを頼むかはわかりませんが。

自然食と言っても色々ありますが、こちらのお店は普通の人にも食べやすくてお値段も手ごろでお勧めです。ご馳走様でした。

玄三庵 天王寺ミオプラザ館店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオ プラザ館4F
TEL 06-6773-1055
11:00~22:00(L.O.21:30)
天王寺ミオの定休日に準じる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日の日曜日、金沢でのイベント2つに参加してきました。

まずは、金沢市役所前の広場で開かれた「広坂ファーマーズマーケット」。
広坂ファーマーズマーケット

名前の通り、主に農産物の生産者のかたが、ご自身が作られた生鮮品をメインに販売するマーケット(市場)です。

毎年、年に何回か開かれています。

このマーケットの特徴の一つは、生産者のかたが作った野菜やハーブ、小麦粉などを使った料理を楽しむことが出来ること。

今回も金沢の有名飲食店の方々が協力していました。

それは北陸チャリティーレストランという有志のグループで、現在、熊本の復興支援を目的にして、熊本の食材やドリンクなどを用いた美味しい料理などを楽しむことが出来るのです。
広坂ファーマーズマーケット (4)

あと、この方も!小松の松葉屋の那谷くんです。いつも色々な活動で頑張っています。

さて今回のこのイベントでは、有名店と有名店のコラボなんてのもあったりして、それも食べたかったのですが、私が到着した13:30頃には、すでに人気のところでは売り切れのところが多かったのです。
広坂ファーマーズマーケット (9)

こちらはチャンピオンカレーとフレンチの名店、Makinoのコラボでした。

それに私のランチは別なところで食べたこともあって、この日は渇いたのどを潤すことにしました。

晩柑(ばんかん)という柑橘系の果物でザボンの一品種で、熊本の特産のフルーツを使用したドリンクやスイーツなどを狙っていたのですが、かき氷やドリンク類はすでに売り切れ。
広坂ファーマーズマーケット (5)

そこで、こちらのパティスリーOFUKUの晩柑を使ったソフトクリーム(500円)を食べました。

グレープフルーツに似た少し苦みのある大人のスイーツで、とても美味しかったですよ。

あと、お土産で家で使用する「玉ねぎの塩ジャム(1,200円)」も買い求めてみました。
広坂ファーマーズマーケット (11)

まだ食べていないので感想はまた機会があれば書きたいと思います。

関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。

お次は、日本バーテンダー協会石川支部の創立30周年記念カクテルパーティについて。

私もよく行くお店、小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」の中田くんは、日本バーテンダー協会石川支部の支部長の職にあります。
13-6

その日本バーテンダー協会石川支部が今年めでたく30周年を迎えるということで、その記念のカクテルパーティにお邪魔してきました。

開場は金沢東急ホテル。

今回は30周年ということで、多くの方がパーティに来ていました。
日本バーテンダー協会石川支部 (14)

パーティは金沢の主計町の芸妓のかたの祝いの舞で華やかに開始。
日本バーテンダー協会石川支部 (16)

開催にあたり、中田くんもご挨拶。
日本バーテンダー協会石川支部 (19)

楽しみな料理は、こんな感じでした。
日本バーテンダー協会石川支部 (25)

寿司や、
日本バーテンダー協会石川支部 (28)

ステーキのコーナーもありました。
日本バーテンダー協会石川支部 (9)

お酒のほうは本職。日本バーテンダー協会石川支部所属のバーテンダーの方が腕を振るってくれます。
日本バーテンダー協会石川支部 (34)

エスメラルダの橘くんも頑張っていました。

色々飲みました。特に妻のほうが。(笑い)
日本バーテンダー協会石川支部 (36)

大量に作らなければいけないので、凝ったカクテルはNG。写真の右側は私が飲んだモヒートもどきです。^^;
日本バーテンダー協会石川支部 (30)

途中、石川支部支部長を務めたお歴々の方のカクテルコンテストも、アトラクションの一つとして行われていました。
日本バーテンダー協会石川支部 (43)

これが出来上がったカクテルです。色とりどりできれいですね。。
日本バーテンダー協会石川支部 (40)

紫のは何だったかな?昔飲んだバイオレットフィズみたいな味でした。
日本バーテンダー協会石川支部 (49)

帰る時にもらったお土産。パンフレットの記念のコースターとピンバッチです。

これからも40年、50年と永きにわたって素晴らしい会であることを願っております。

中田くん、大役お疲れ様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日曜日に金沢のANAクラウンホテルで開かれた「村中美恵さんオフィシエ叙任祝賀会」に参加してきました。

「オフィシエ」という言葉自体が聞きなれない単語だと思いますが、これはチーズの世界の言葉です。

あまり専門的なことは私も全然わかりませんが、フランスで「フランスチーズ鑑評騎士の会」というのがあって、日本においてもフランス伝統チーズの普及啓蒙活動を広く行うために「フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部」が設けられています。

その会における、いわゆる「位」的な呼称の一つが「オフィシエ」です。
カジマート (42)

全国で47名しか任じられていないようで、北陸では今回任じられた村中さんお一人という、凄いチーズのスペシャリストであることを表しているのです。

彼女は、カジマートと言う北陸に展開しているハイクオリティ・スーパーマーケットのめいてつエムザ店「チーズ工房ミモレット」にお勤めされていて、私も前に紹介したことがありますミモレット主催の「チーズの魅力に触れる会」や、色々な集まりでご一緒させていただいています。

今回、ご案内を頂き、妻と一緒にお祝いをしに参加してきました。

会場には80数名の参加者。知っている方も多く、当然、食関係の方々が多くいました。
しいのき迎賓館 (7)

司会は彼女の友人で、野菜ソムリエのつぐまさん。少し緊張気味でした。
カジマート (53)

宴は結婚式の披露宴風に進められ、こんなウエディングケーキならぬチーズのカットも。

さて、私のブログはグルメブログなので、ここでは飲み食いしたものについて書きたいと思います。
カジマート (26)

「チーズ」関係のパーティなので、会場での食べ物の主役はもちろん「チーズ」です。

見たことがないようなチーズもたくさんあって、全部の種類を食べることは出来ませんでしたが1カ月分ぐらいの量を食べたかもしれないです。^^;
カジマート (14)

今の時期が旬のモンドールももちろんありました。
カジマート (20)

こちらは「バノン・ア・ラ・フォイユ」。山羊のミルクのチーズで、栗の葉に包まれています。栗の葉の香りがミルクの香りをさらに引き立ててくれています。
カジマート (22)

「フルムダンベール」は青かびタイプですが、それほど匂いがきついわけではありませんでした。
カジマート (5)

食べ物はフィンガー&ピンチョススタイルで食べられるものが多く、みんなでつまみながら話に花を咲かせていました。
カジマート (12)

パンは、金沢でも人気のお店「パン屋 たね」のもの。何と!藤田さんもシュバリエ・デュ・タストフロマージュ(チーズ販売士)の資格を持っているそうです。
カジマート (28)

お酒の種類もたくさん揃っていました。
カジマート (44)

最初は泡物で、その後は、白・ロゼ・赤などをたくさん飲みました。

日本酒もありましたね。近年はワインと日本酒のマリアージュなんてのも流行りですね。
カジマート  (2)

最後にはこちらのデンマークの「キャステロクリーム パイナップル」の手土産まで頂きありがとうございました。

さて、村中さん。名誉オフィシエやグラン・オフィシエを目指して、これからも頑張っていただきたいと思います。

チーズ工房ミモレット
金沢市武蔵町15-1
 めいてつエムザ地下1Fカジマート内
問い合わせ先
076-261-3897
10:00~19:30
不定休(めいてつエムザに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介する「咲来楽」は前は大和町にお店がありました
咲来楽

その時に、私は一度お邪魔したことがありますが、当時は普通の居酒屋でした

1年ほどでなぜか閉店をしていたのですが、今回、新しく大文字町の松葉屋さんのお隣に住居兼用のお店を新築され、再度同じ名前で営業を始めたのです。

ちなみに、お店の場所は、松葉屋さんのお隣で前は千成さんがあったところです。

実は、こちらの「咲来楽」。前回もそうでしたが、インテリアや書などの分野で活躍されている小松市在住のKazuさんこと、森秀一さんからご紹介いただきました。

12月10日オープンで、私は年末休みに入ってから行ってみました。

今度のお店は、石川県では珍しいでしょう?馬肉をウリにするお店です。何と!そういえば店名も「サクラ」ではないですか!

実は、Webなどで調べてもお店の関する情報があまりなく、Kazuさんから馬肉が美味しいとは聞いていたのですが、行ってみてまったく馬肉メインだと知り一時愕然としましたが……。^^;

馬肉はご存じ「桜肉」と呼ばれますよね。それで馬肉をメインにすることになっかどうかは聞いていないのでわかりませんが、後付けかもしれませんねが、たぶん、そんな理由もあると思われます。

ご主人は植木屋さんもされているということで、お店の前の小さな庭もご主人が作られたようです。
 (2)

看板の書はkazuさんが書かれていて、
 (11)

店内にも店名にちなんだ桜をモチーフにしたkazuさんの絵が飾られています。
 (6)

馬肉のメニューはこんな感じです。
 (7)

それ以外、このようなメニューもあって、少しですが肉以外のものもありました。

私は黒板と当日のおすすめの中から肉以外のものを頼むことにしました。
 (12)

まずは生ビールで乾杯です。熟撰ですね。
 (13)

お通しはポテトサラダ。

そしてアテとして私が頼んだのは「山芋グリル」
 (14)

山芋のグリルはあら塩か梅肉で食べます。シャキッとした食感がいいです。
 (22)

これは「穴水直送ふぐの一夜干しのグリル」。
 (21)

「ムール貝のワイン蒸し」もお願いしました。たっぷり入っています。

魚介類はこんなところで、あまりメニューには種類はありませんでした。^^;

妻は馬肉のほうで三種盛り(1,800円)を頼みます。内容は赤身・こうね・レバー。
 (16)

こうねとは馬のタテガミのところのお肉だそうです。

色は白っぽく脂身のような感じですが、お店の人の話ではコラーゲンたっぷりの希少部位ということ。
 (19)

生姜醤油、それとゴマ油と塩の2種類のタレで食べます。もちろん私は食べていません。
 (24)

最後に口に中をリセットするために「自家製ピクルス(380円)」も最後に頼みます。

アルコールのほうは、私はハイボールを。
 (18)

妻のほうはスパークリングワインです。
 (25)

そのあと、お店オリジナルの「生しぼり完熟ライム酎ハイ(500円)」なんてのを頼んでいました。

以上飲み食いして二人で1万円弱。大体予想通りの価格帯ではないでしょうか?

馬肉という小松では珍しい食材を扱うお店で、これからが注目株かもしれません。ご馳走様でした。

ちなみに、今のところご主人は植木屋さんを兼業でやられているので、こちらのお店は不定休となっています。行かれる前に電話で確認されたほうがよいと思います。

キッチン咲来楽
小松市大文字町71
TEL 0761-23-3455
18:00~L.O.22:30
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ