あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

加賀市大聖寺のおむすび専門店「おむすび銀のめし」は、前々から知ってはいました。

お店の前も、福井の三国に行くときによく前を通っていたのですが、しかし、なかなか行く機会がありませんでした。

さて、日頃から何気なく使っている「おにぎり」と「おむすび」という日本語。この違いをご存じでしょうか?ちなみに、コンビニによっても呼び方が違っています。

日本おにぎり協会」というのが存在していて、そこのHPで確認すると、地域によって呼び方が違うことと、「神の力を授かるために米を、山型(神の形)にかたどって食べたものが『おむすび』。『おにぎり』は『にぎりめし』の転じたものと言われています。つまり『おむすび』は三角形でないといけなくて、『おにぎり』はどんな形でも良いというの説が濃厚です。」と書かれています。

まぁ、いろいろ諸説あって、あまり大きな違いはないようですが……。でも、何となく「おむすび」のほうが由緒正しいような感じがしますね!?^^;
おむすび銀のめし

「おむすび銀のめし」は、加賀市大聖寺の南のほう。少し南に行くともう福井県というような場所にあります。小松からもちょっと遠いです。

ご実家は繊維業を営んでおられたようですが、それを61歳の時にたたんで、こちらのお店をオープンさせたようです。
おむすび銀のめし (13)

お店自体はそれほどお金をかけた作りではありません。
おむすび銀のめし (2)

中に入ると、正面にカウンターがあり、その中でご夫婦お二人が作ってくれます。

こちらのお店は、こっさと呼ばれる「松葉」を燃料としてかまどで炊き上げたご飯でおにぎりを握っているのがウリとしています。

ただ、イメージしていたようなかまどではありません。思ったより小さなものでした。

「おむすび」を作るのはご主人の方。奥さまのほうは、お味噌汁と焼き系のを担当されています。
おむすび銀のめし (3)

主なメニューはこんな感じ。たくさんの種類が並んでいます。

そして、具材も手作りで、添加物も少なくして体にいい「おむすび」を作ることを心がけていらっしゃいます。
おむすび銀のめし (10)

オーダーは、こちらのリストに書き入れて行い、

それを受けてからご主人が握ってくれます。

具材と、外側にまくものが、海苔かとろろ昆布かのチョイス。それに焼くおむすびもあります。組み合わせ次第で本当に多くの種類になりますね。

私は、高菜と海苔、お店のウリだという鯖へしこにとろろ昆布、ねぎ味噌の焼きおむすびの3個を頼んでみました。

普段ならは2個でやめるのですが、ビジュアル的に3種類を紹介したいと思って頼みました。
おむすび銀のめし (5)

数分待って出されたのがこちらです。

冒頭書いた「おにぎり」と「おむすび」の違いですが、一応「おむすび」の三角形の形になっていますね!?
おむすび銀のめし (7)

まずは高菜と海苔のを食べます。
おむすび銀のめし (12)

半分食べて写真を撮ります。やはりご飯には艶があります。これが銀シャリ!という感じでしょうか?美味しいです。
おむすび銀のめし (8)

鯖へしこにとろろ昆布のおむすびの中はこんな感じです。
おむすび銀のめし (9)

ねぎ味噌の焼きおむすびは意外とピリ辛でした。
おむすび銀のめし (6)

お味噌汁は岩海苔。こちらも美味しいです。

全部食べたら、ちょうど満腹状態。お値段は3個と味噌汁で560円でした。

2006年にお店をオープンされ、10年以上もおむすび専門店として営業されているのは伊達ではありません。美味しいおむすびを食べて、お腹もふくれて、満足度は高かったですよ!ご馳走様でした。

銀のめし
石川県加賀市大聖寺瀬越町イ21-1
TEL 0761-73-8011
平日11:00~14:00
土日祝10:00~15:00
(毎月お店のFacebookで休日カレンダーを掲載)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨日紹介しました卵・乳製品不使用パンで有名なアルビス寺井店内「食パンのtonton(トントン)」。
tonton (19)

今日紹介の惣菜屋さん「お惣菜のtonton」は、その「食パンのtonton」の姉妹店です。
tonton (20)

どういう関係でお惣菜屋さんのお店をオープンしたのかはわかりません。

今の時代、お惣菜屋さんというのは、商売的には意外に難しいジャンルかもしれません。

確かに核家族化が進み、共働きが増えてくると、外食や中食のニーズも増えてくることは間違いないのですが、何せ世の中にはコンビニを筆頭に、全国チェーンのお弁当屋さんやファストフードのお店など、ライバルには事欠かないからです。

また、大手スーパーや百貨店の地下グルメでも惣菜系のお店がいっぱいある時代です。

実際、この「お惣菜のtonton」が営業している場所は、ついこの間までは「旬庵ダイニング」というお弁当やお惣菜のお店だったのですが、残念ながら閉店してしまいました。

さて冒頭、卵・乳製品不使用パンで有名なアルビス寺井店内「食パンのtonton」の姉妹店と書きましたが、「お惣菜のtonton」は卵・乳製品不使用をウリにしているわけではありません。

まぁ、言ってみれば普通のお惣菜屋さんです。
tonton (21)

軸となるメニューは「おいなりさん」「肉じゃが」「唐揚げ」「豚汁」「おはぎ」の5つ。ははは。私の苦手な肉系の料理と甘いものです。^^;

気を取り直して、今回買い求めたものを紹介していきます。

本当は器に盛り付けて写真を写せばよかったのでしょうが、すみません。めんどくさかったのでそのまま写しました。^^;
tonton (11)

サラダ系は「トマトときゅうりのさっぱりサラダ」と、
tonton (12)

「野菜のあえもの」です。どちらも上品なお味でした。
tonton (18)

これは「新ごぼうとかぼちゃとオクラの甘辛揚げ」です。
tonton (17)

あとは「能登産サワラの甘酢あんかけ」。

何だか似たような味の系統ですね。^^;

以上の品は私も食べましたが、個人的に好みの味付けでした。美味しかったです。
tonton (16)

「ほくほく肉じゃが」は、私は食べませんでしたが、こちらのお店で力を入れている5つの品のうちの一品です。

お惣菜のお店ですが、お昼はこれらお惣菜を組み合わせたお弁当の販売もやっているようですよ。

お惣菜屋さんも、スーパーの総菜コーナーばかり使っていると飽きてくるので、こちらのお店のようなところも含めて順番に買い求めて楽しんでいけるとうれしいと思いました。ご馳走様でした。

お惣菜のtonton
石川県小松市北浅井町甲2番地
TEL/FAX 0761-48-4228
10:00~19:30(無くなり次第終了)
水曜・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市の山代中学校の前に「ひるよる食堂オオハタ」というお店があって、昔、紹介したことがあります

そして、その隣に、いまは福井に移転していますが「オカフェ」というカフェがあって、そちらも紹介したことがあるのですが、移転したため記事そのものは削除してしまいました。^^;
ケールキッチン

今日紹介します「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」は、そのオカフェのあとにお店をオープン。そして今年3月にお隣のスペースをリニューアルして空間的にもゆったりとしたお店に変わっています。
ケールキッチン (4)

見た目、昔あったような医院というか薬局のようなインテリアや小物類。何となくノスタルジックな雰囲気です。
ケールキッチン (10)

お聞きすると、友人の方でこのようなマニアックな古道具類を集める趣味の方がいらっしゃったようです。

中心にご覧の大きな鍋のようなところは何に使うのでしょうか?たぶんケールの何らかの処理をするためのものでしょうね?
ケールキッチン (16)

こちらはマスコット?のわんちゃんです。
ケールキッチン (13)

さて、「ケールキッチン」の特徴は、このあたりでは珍しい、ローフードを食べさせてくれるところです。

ローフードとは、日本リビングビューティー協会によりますと「 Raw(生の)Food(食べ物)」のことをいい、「生で食べることにより、植物の酵素や栄養素を効果的に摂れて、健康や美容・ダイエットにも効果が出ている食事法」ということだそうです。 

つまりは、火を使わない食事ということですね。
ケールキッチン (2)

メニューはご覧の黒板の内容です(メニューは日によって変わる可能性があります)。

私たちはランチとして設定されていた「ローフードBOX+ミニコールドプレスジュース(1,000円)」を頼みます。

内容は日替わりです。

お店の名前に「ケール」の文字が入っていることを見ても、ケールを使ったジュースや料理がウリなのでしょうが、我々が行った日は前日にケールがすべて使ってしまって、何と!ケールジュースは飲むことが出来ませんでした。^^;

このあたりは、後日の宿題にしておきましょう!
ケールキッチン (18)

通常はランチメニューには、ミニコールドプレスジュースとしてケールジュースが付いているようですが、代わりに人参・りんご・レモンを使ったコールドプレスジュースでした。さっぱりした後口で美味しいジュースでした。
ケールキッチン (15)

コールドプレスジュースは、こちらの機械で作ります。

グラス?は計量カップです。なるほど!「ケールキッチン」ですからね!?
ケールキッチン (19)

こちらのバジルのハーブティにも使われていました。バジルのお茶ってのも珍しいと思います。
ケールキッチン (22)

10数分ほど待ってローフードBOXが出てきました。

生春巻きもあります。そして下にはたっぷりの生野菜が。
ケールキッチン (24)

緑色のパスタのように見えるのは、ダイコン?を細く切ったもので、バジルを使ったソースに絡めています。

さて肝心の味の方ですが、最初、ローフードということで勝手なイメージで味が薄めなのかなぁ?と思っていましたが、決してそうではなく、生の野菜の味はそのままで、天然素材の調味料やオイル、そして、米麹(糀)からご自分で作るこだわり味噌などを使って、しっかりとした味付けがされていて、とても美味しかったです。
ケールキッチン (27)

野菜中心なので味の麺で変化を持たせるために、こちらの海苔も付いてきます。包んでまいて食べます。この海苔にはもう一つの意味があって、野菜のみの食事だとどうしてもビタミンB12が不足しがちになるので、それを補う役割です。なかなか考えられていますね。

そしてボリューム的にも満足できました。お腹の方も結構膨れましたよ。

「ローフードBOX+ミニコールドプレスジュース」、それにバジルティー。お腹の中もデトックスされて、この後、快調、いや快腸でした!(笑い)
ケールキッチン (7)

店内には、グルテンフリー、つまり麦を使っていないヴィーガンスイーツや、グラノーラ、ハーブティ、アーユルベータ関連の物などが売っていて、アレルギーの方やベジタリアンの方、ヨガなどをやっている方にもおすすめです。
ケールキッチン (5)

帰りに妻は、天然素材の虫除けオイルを買っていましたよ。こちらの写真の一番右側にあるものです。

最初思っていたより美味しくて体にもいいとなれば、利用しない手はないと思います。ご馳走様でした。

ケールキッチン(KALE KITCHEN)
TEL 0761-77-3136
石川県加賀市上野町カ119-1
加賀温泉駅から3,362m
12:00~19:00
木曜休
(臨時休業や営業時間の変更もありますので確認の上行かれたほうがよろしいかと思います)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市瀬領町の「里山健康学校せせらぎの郷」が4月29日にリニューアルオープンしています。

ここは、露天風呂もある温泉(浴場)や人工芝グラウンド、バーベキュー場などの施設が完備されていて、小松市民の憩いの場となっています。

私も2~3度利用したことがありますが、残念ながら最近は行かなくなりました。
せせらぎの郷 (31)

今回、久しぶりに行き、新しくなったレストラン「ビュッフェ・こまつせせらぎ」でランチを食べてきましたので紹介したいと思います。

リニューアル前にも、ここ「せせらぎの郷」の中には「せせらぎ食堂」というのがあって、おにぎりやうどんなど軽食類を食べたり、お風呂上りにドリンク類を飲んだりすることが出来ましたが、まぁ、簡易的なものでした。

今回のリニューアルで、本格的なビュッフェスタイルのレストランに生まれ変わっています。
せせらぎの郷

今まであった建物の裏手というか横というかに、ご覧のように新築で建てられています。新築なのできれいです。
せせらぎの郷 (29)

そのコンセプトは「食育を中心とした地元の新鮮な農産物を使用したブュッフェ形式レストラン」ということで、小松市シルバー人材センターの女性会員でつくる「せせらぎ・グランマ」が腕を振るうレストランとなっています。
せせらぎの郷 (28)

今回のリニューアルにあたっては、ANAクラウンプラザホテル金沢総料理長の川上 清氏や東京南青山のIKI-BAのシェフ塚本亮介氏ほか、著名な料理関係者の方の指導受けてメニューなどが開発されています。

個人的にはホテルの朝食で食べる以外は、あまりビュッフェスタイルのお店にはあまり行きませんが、今回、一人でランチを食べに出かけてきました。

行ったのは平日。所用で午後からお休みを頂き、そのまま直行。少し遅めのランチタイムでした。
せせらぎの郷 (3)

中に入ると、ほぼ女性のお客様ばかり。皆さん、グループで来ていらっしゃいます。
せせらぎの郷 (7)

予想していたよりも中は明るく開放的で広く、多くの人が食べることができる席数でした。

料金はウェブでは大人一人1,300円。ドリンクバーとデザート付で1,500円となっていましたが、何故か、何も聞かれずに1,350円でした?ただ(ミニ?)ドリンクバーと(プチ)デザートが付いていました。あと電子マネーも使用できたのがよかったです。

ビュッフェなので一応食べ放題なのですが、時間制限90分です。もっとも、90分なんてそんな長い時間食べ続けるのは私には不可能です。

平日の遅めの時間帯だったので、料理もあまり残っていないんじゃないかと心配していたのですが、そんな心配は一瞬で吹き飛んでしまいました。

料理の内容は、和・洋・中華、多くの品数も並べられています。
せせらぎの郷 (6)

写真右側が野菜やポテトなどのサラダ類にカプレーゼなどのイタリアンなど。左側には手前が中華。奥には和食系の品が並んでいました。
せせらぎの郷 (5)

自家製のお豆腐。
せせらぎの郷 (12)

ピッツァや小松うどんもありました。
せせらぎの郷 (4)

もちろん、パンやご飯、味噌汁、カレーもありましたが。炭水化物は極力控えめに。^^;
せせらぎの郷 (9)

何となく中華系のメニューが充実しているような印象も。
せせらぎの郷 (10)

スモーク料理なんてのもありました。
せせらぎの郷 (25)
せせらぎの郷 (24)

それほど種類は多くありませんが、デザートとドリンク。
せせらぎの郷 (16)

そんな中から私が盛り付けてきたのは、こんな感じです。

少しずつ色々な種類を楽しめるのはいいですね。
せせらぎの郷 (22)

サラダ。
せせらぎの郷 (19)

ピッツァと燻製玉子。
せせらぎの郷 (18)

麻婆豆腐。
せせらぎの郷 (17)

小松うどん。

あ~ぁ、いつも通り取りすぎの感も……?^^;
せせらぎの郷 (23)

デザートにウーロン茶です。

味の方も、一流のシェフが監修して、ベテランの奥さま方が調理をしているので、安心して食べることが出来ます。美味しいです。

どうしても取り過ぎてしまって食べ過ぎになってしまうので難点といえば難点ですね。^^;

90分どころか30分でお腹が一杯になってしまいました。1,350円でこのクオリティとボリューム。味的にも満足でしました。少し市街地から離れているので、それほど頻繁に行くことは出来ませんが、おすすめのランチであることは間違いありません。ご馳走様でした。

里山健康学校せせらぎの郷
食育レストラン ビュッフェ・こまつせせらぎ
石川県小松市瀬領町丁1-1
TEL 0761-46-1919
平日ランチ11:00~14:00
ティータイム10:00~11:00,14:00~16:00
月曜、年末年始12月29日~1月3日休
(浴場は12月31日~1月2日休)
※月曜が祝日の場合は火曜


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨年の秋にTBSテレビ60周年特別企画として、日曜劇場で「天皇の料理番」というテレビドラマがありました。

その「天皇の料理番」のモデルとなった料理人は、秋山徳蔵という福井県出身のかたで、大正期から昭和期にかけて、皇室の料理を作ってこられたことで知られています。

テレビで取り上げられたということで、福井にある「京町家 萬會」というお店が店内での食事のメニューとして設定(秋山徳蔵トリビュートセレクションランチで税込2,160円)。また「天皇の料理番セレクション弁当」というお弁当としても販売しています。今日はそれについての話題です。

このお弁当、実際のレシピを元にしているんでしょうが、もちろん、当のご本人はこの世にはいらっしゃらないわけで、本人監修というわけにはいきません。そこで、秋山氏の一番弟子の矢部金次郎氏というかたが認定しているということになっていました。^^;
天皇の料理番セレクション弁当

お値段は1,620円。少しお高いです。そのため、入れ物も立派なものです。

お店では3日前までのご予約が必要となっていますが、私は尼御前サービスエリア(下リ線)の売店で買い求めました。
天皇の料理番セレクション弁当 (4)

内容は、福井の名産の鯖を使った「煮さば寿司」。その左はへしこを甘酢につけた大根で巻いた「へしこの羽二重寿司」。こちらも両方とも福井の名物ですね。

両方とも押し寿司で、これがなかなか美味しかったです。焼き鯖寿司はよく食べますが、「煮さば寿司」というのは初めてかもしれません。

その隣の真ん中のは、宮中晩餐会で出された「フィレ肉の元帥風」をアレンジした「元帥風ヒレカツ」という品。揚げていますが、油っぽくなくサクッとした食感でした。

あとは写真では見えにくいですが、「越前しいたけ具沢山がんも」、福井産の甘エビとおからを使った「おから饅頭」、越前椎茸旨煮、蒟蒻たまり漬け、たくわん旨煮、梅ゼリー「金ノ梅ノ美」という構成になっていました。

郷土色豊かな福井の名物・食材のオンパレードと言った感じです。

さすが値段が高いだけあって一品一品が丁寧に作られていて、味も美味しかったです。

たまには、少し奮発して、このようなリッチなお弁当を食べるのもいいではないでしょうか?ご馳走様でした。

京町家 萬會(きょうまちや まんかい)
福井県福井市西開発3-603
TEL 0776-57-7200
月~土
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:30(L.O.22:00)
木曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ