あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

今日は、加賀市片山津のグルメな話題3題です。

お盆休みのときに、これから紹介します3軒のお店をぐるりと巡りました。

まずは、「玄命庵」という玄米食を食べさせてくれるお店。
玄命庵 (5)

加賀市産コシヒカリ玄米と黒米、国産小豆を加え、独自の製法で炊き上げた「玄生米(げんきまい)」がウリのお店です。
玄命庵 (3)

甘味はてんさい糖と加賀はちみつのみを使用。化学調味料、保存料も不使用というヘルシーで美味しい料理をリーズナブルに提供してくれる人気のお店ですね。
玄命庵

私のブログでも過去に2度ほど紹介したことがありますが、今回はランチを食べに行ったわけではありません。
玄命庵 (10)

一応、お惣菜も売っていることは知っていたので、夜、我が家で食べるためのおかず類を買いに行きました。
玄命庵 (13)

こちらのおまかせ煮物は昆布とかつおだしで一品ずつ別々にに合わせています。上品なうす味でした。
玄命庵 (12)

きんぴらごぼうは、しっかりとした食感が残っていました。
玄命庵 (11)

玉子焼きも少し甘めの味で美味しかったです。
玄命庵 (14)

どれも、体が喜ぶようなお惣菜でした。ランチだけではなく、テイクアウトでも重宝するお店は貴重なのでうれしいですね。ご馳走様でした。

玄命庵
加賀市片山津町ス柄6-5
TEL 0761-74-0345
10:00~19:00(L.O.)
水曜休



お次は、かぼちゃ村の中にある「村のソフトクリームmokmok」です。
mokmok

かぼちゃ村のお店については私のブログでも何度か紹介していますが、どこも人気のお店です。

「村のソフトクリームmokmok」の窓口は、いまはクローズされていて、村カフェ「アレコレ」の中でオーダーします。

色々なソフトクリームがメニューには並んでいましたが、私が頼んだのは、少し珍しい種類を!ということで、こちらの「黒炭塩そふと(440円)」です。
 
mokmok (7)
色合いは最初思っていたより黒くはありませんでした。振りかけられているのは珠洲の竹炭塩。ほんのり塩気がきいたソフトクリームでした。

お盆休みの蒸し暑い日に食べたので、体をクールダウンするのによかったです。ご馳走様でした。

村のソフトクリームmokmok
石川県加賀市片山津温泉丁12-1
 カボチャ村内
TEL 0761-74-8562
(電話は「アレコレ」にかかります)
10:00~23:00
水曜休



最後は、「森のくまさん」というハチミツのお店です。
森のくまさん

片山津温泉の外れ。古いアパートビルの1階にお店はあります。

実は、行った日はお盆で運悪くお店がお休みでした。

そこで、前述の「玄命庵」でも売っていたこと思い出して、再度「玄命庵」まで戻り買い求めました。
森のくまさん (3)

買い求めたのは2017年度のあかしあ蜂蜜です。120gで1,100円(税込)でした。

クセがないアカシアのハチミツ。

味と香りもやさしく、パンに塗っても、料理の甘味料で使っても美味しくいただくことが出来ます。ご馳走様でした。

加賀のはつみつ屋 森のくまさん
石川県加賀市潮津町ロ4-1
TEL 0761-74-3887
10:00~16:00
木曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

もしかしたら焼肉専門料理店の紹介は初めてかもしれません。

ご存じの通り私は肉が苦手です。特に鶏と豚、羊もダメです。唯一、牛の脂があまりない赤身のところやハンバーグやソーセージなどの加工品は食べます。

皆からはおかしい!と言われたりするのですが、まぁ、好き嫌いというものはそんなものです。(笑い)
かが元泉

「炭火焼肉 かが元泉」は、前は加賀市で43年間営業されていましたが、今年の3月にこちらに移転オープンされています。
かが元泉 (5)

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」にも掲載されていて、多くのファンが居ます。わざわざ金沢あたりからも食べに来るお客さんもいるようです。

この日は妹一家と一緒に訪れました。

店内は、テーブル席が12席。カウンター席が7席。新しいので焼き肉店にもかかわらず匂いがまだしみついていません。
かが元泉 (2)

お肉などの料理は、単品でお願いしてもいいのですが、グループで行かれた場合は「特選セット」のヒレ(12,000円)・サーロイン(10,500円)・赤身(8,700円)の各種類のどれかをお願いしたほうが、ローストビーフ、サラダ、焼き野菜、キムチ、ナムルなども付いてきて、お得に迷わずに楽しむことが出来ますね。

全体のボリュームとして大体2人前の量だそうで、内容的にはメインの肉以外は同じ内容のようです。

また、メニューにお店の肉へのこだわりが記載されていますが、肉は黒毛和牛A5ランクの中でも最高ランクの8~12番を厳選しているそうです。この日は静岡産でした。

出された七輪には備長炭が入れられていました。
かが元泉 (3)

まず生ビールを頼みます。
かが元泉 (6)

セットでまず出されるのは白菜キムチ。少し甘みの感じる辛さで心地よかったです。
かが元泉 (8)

ナムルは三色ナムルで、上品な味付けでよかったです。
かが元泉 (7)

ローストビーフは、サシが一杯入っていました。何とか1枚だけ食べました。

そして焼肉に移ります。
かが元泉 (9)

まず出されたのは、牛タンです。
かが元泉 (11)

こちらも脂がたっぷり乗ったタンでした。私は一番赤いところを1枚だけ食べました。

メインのお肉は赤身、サーロイン、焼き野菜が一緒に出されました。赤身は薄切り。サーロインはスティック状に切られています。
かが元泉 (10)

各自お好みの焼き方で楽しむことが出来ますね。私は赤身中心です。^^;
かが元泉 (16)

最後に、特上ミノとテッチャン。これは私は食べませんでした。
かが元泉 (17)

以上がセットの内容で、追加で我々は、テールスープ(900円)と、
かが元泉 (18)

わかめスープ(500円)、
かが元泉 (15)

そしてテールスープ(900円)。
かが元泉 (21)

メニューには載っていなかったテールクッパ、
かが元泉 (19)

冷麺(900円)などを頼みました。
かが元泉 (20)

冷麺は私も半分ほど食べましたが、ビジュアル的にも味的も良かったです。
かが元泉 (12)

あとアルコール類は、ハートランドに、
かが元泉 (13)

ハイボールやワインなどを飲みました。
かが元泉 (14)

妻はメニューになかった生マッコリなども頼んでいましたね。

以上を飲み食いして、締めて一人7千円弱でした。思ったよりは少し安くつきました。^^;

まぁ、肉嫌いの私はイマイチ充足感がなかったですが、行った家族は満足していましたよ。さすがミシュランガイドに掲載されただけのことはありました。ご馳走様でした。

炭火焼肉 かが元泉(げんせん)
石川県小松市天神町49-3
TEL 0761-58-2558
17:30~21:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

恒例の未公開編は7月分です。

今月は、高速道路にあるサービスエリアの売店で買い求めたものの紹介が中心です。

その前に小松の割烹「梶助」で食べたものです。

今回、親戚の法事で伺い、出されたものの中で珍しいものを、備忘録として写真で写しました。
のど黒は大きなものを一人半匹です。これだけの大きさだと、相当な卸値ですね!?

脂が乗って美味しかったです。
毛ガニも出ました。毛ガニといえば北海道というイメージが強いですが、もうシーズンは終わりましたが、石川県でも獲れます。
北海道産は初夏が旬ですが、こちらでは6月あたりまでが旬。北海道産より毛が短くて身が甘いのが特徴とのこと。こちらも美味しかったです。

さて次は、6月に東海エリアに行き、サービスエリアの売店で買い求めたものを紹介します。
まずは静岡県。浜名湖サービスエリアで買い求めた敷島屋の「浜名湖産うなぎボーンのしょうゆ味」です。
まぁ、昔は「うなぎの骨」なんてそのままのネーミングだったような記憶がありますが、いまは「うなぎボーン」?なんでも英語表記にすればいいようなものでもない気がしますが……?

こちらのは、浜名湖産だけのうなぎの骨を使用しているようで、カルシウムたっぷり、しょうゆ味で美味しかったです。

お次は「うなぎパイ V.S.O.P.」。

「うなぎパイ」といえば春華堂。夜のお菓子として有名です。
その「うなぎパイ」の最高級品がこちらの「うなぎパイ V.S.O.P.」です。
こちらのほうは「真夜中のお菓子」だそうです。^^;

高級ブランデーの芳潤な香りを身にまとい、マカダミアナッツの風味を包み込んでます。
5本入で909円(税込981円)でした。

お次は賤ヶ岳サービスエリアで買い求めた品々です。

これは滋賀県高島市今津町にある、明治20年創業の老舗こんにゃく専門店「茂兵衛」が出している「とうふこんにゃく」。
その名の通り豆腐の材料の大豆を使って作ったコンニャクです。
特製のタレが付いていました。食感はまさにコンニャク。ぷりんとした弾力で夏向きでしたね。タレは甘いのかと思ったら醤油味のほうがきいていました。この「とうふこんにゃく」は、ネギやショウガなど薬味を付けて食べたほうが美味しいです。

私はそのままタレをかけて食べたからか、味的には単調すぎました。考えたらコンニャクなので当たり前なのですが、豆腐なら豆腐。コンニャクならコンニャクで食べたほうがいいかもしれません。^^;

最後も、なぜか賤ヶ岳サービスエリアで売っていた、広島の「生塩レモン」。調味料ですね。
塩レモン

広島の「安芸灘とびしま海道」のレモンと藻塩を使用して作られています。大きなレモンのつぶが本当に入っています。
塩レモン (2)

非常にシンプルな調味料で、刺身、焼き鳥、牛タン焼きにはそのまま。チキングリル、ポークソテーには下味に。煮込み料理、鍋料理、スープ、パスタには隠し味。サラダにはほかの素材と合わせてドレッシングとして使うと合います。

こちらも夏向きの逸品でした。

梶助
石川県小松市大和町141
TEL 0761-22-8314
11:30~13:30
17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

お惣菜のお店の紹介、最近多くなりました。

スーパーマーケットで惣菜類を買い求めることが多かったですが、最近は惣菜屋さんでも買い求めています。


昔のお惣菜屋さんといえば、コロッケや煮物など、和風のものが主流だったと思うのですが、いまの時代はそれだけでは飽きられてしまいますね?

人気の定番はしっかり守って、何割かは新しいメニューを加えながら新陳代謝していかないと難しい世の中になってきたのではないでしょうか?
デリカキッチン

さて、今日紹介します、野々市のデリカテッセン「デリカキッチン」は、前は同じ野々市ですが若松町にお店がありましたが、こちらのほうにお店を新しく作って移転されました。
デリカキッチン (9)

移転を機にイートインコーナーを広げられて、とても大きなスペースになっています。
デリカキッチン (10)

私がお邪魔したのは13:30ごろだったので、イートインコーナーでは2組だけ食べていました。
デリカキッチン (4)

そして、惣菜を並べてあるコーナーには、ご覧のように多くの種類の惣菜が並んでいます。和・洋・中とバランスよく並んでいました。

これだけ種類が多いと、選ぶのが楽しくなりますね。
デリカキッチン (2)

お弁当のように、定食のような設定のランチメニューも豊富にありました。
デリカキッチン (16)

また、カレーやナシゴレン、ハントンライス、オムライス、ピザなどのメニューも。デリカテッセンというより洋食&定食屋さんと言ったほうがいいほどのラインナップです。
デリカキッチン (3)

私は今回は、家での夕食のときに食べるものを買い求めることにしました。
デリカキッチン (22)

買い求めたのは、「高野豆腐(1個税別450円)」が4個。高野豆腐に味がしゅんでいて美味しかったです。
デリカキッチン (25)

こちらは「豚肉アスパラチーズカツ(285円)」。添付されていたタレをかけて食べます。
デリカキッチン (24)

「豚肉アスパラチーズカツハーフ(143円)」という半分サイズのもありました。中はこんな感じです。
デリカキッチン (17)

「親子だし巻き(185円)」という、卵にそぼろを入れて焼きあげています。
デリカキッチン (19)

「照り焼きチキン(167円)」は2個入っています。これらは私は食べていません。
デリカキッチン (20)

「海老とレンコンおとし揚げ(130円)」もサクッとしたレンコンの食感を楽しめました。
デリカキッチン (18)

これは「白身のタルタルソース焼(230円)」も美味しかったです。
デリカキッチン (23)

あと、「煮豆(100g186円)222gで412円」も買い求めてみました。
デリカキッチン (14)

これだけ充実した内容だと、何回利用しても飽きないかもしれません。イートインメニューも豊富で、デリで持ち帰りや店内でイートインもよし。使い勝手のいいお店です。ご馳走様です。

デリカキッチン
野々市市本町5-124-1
TEL 076-294-0126
11:00~22:00

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎日毎日、夕飯のメニューを考えるのは大変だと思います。

多忙な現代人は色々やることがあって、少しでも調理時間は短く、それでいて美味しいものを食べたいという気持ちが強いと思います。

一方では今の時代、スーパーマーケットでも総菜コーナーが充実しています。小松には、惣菜の専門店もあったりして重宝しています。

自ずと我が家でも時々そのような惣菜を買って、家で食べながらお酒を飲みます。
おうちごはん K36 (6)

今日紹介します「おうちごはん K36」。「K36」でコザルと読ませています。場所は野々市中学校の隣にあります。
おうちごはん K36 (5)

惣菜屋さんですが、大きな一軒屋で営業されていて、店内には事前に想像していたより広めのイートインコーナーが完備されていました。左側の窓際にカウンター席。右はテーブル席になっています。
おうちごはん K36

イートインコーナーでは惣菜を組み合わせたメニューや、それ以外にもカレーなどの飲食メニューがあったりして、ランチだけではなく夕食などもお店で済ませたりできます。

自家製のジュースとかスムージーもあってカフェ使いも出来ます。あと、店内では調味料やキッチン用品なども売っていましたね。
おうちごはん K36 (2)

惣菜は基本量り売り。私がお邪魔した14時過ぎは10数種類が並べられていました。テイクアウト用には50g用の小さなパックも用意されていて、お一人様にもうれしいお店です。

もちろん惣菜類は手作りで、食材や調味料にもこだわっているそうです。

この日は魚を使ったものより肉系の惣菜が多く、その中から私は、これらの惣菜を買い求めました。
おうちごはん K36 (9)

「夏野菜のグリーンラタトゥユ(100g税込380円)」は夏野菜たっぷりに大葉のジェノベーゼソースが合いました。
おうちごはん K36 (8)

「新じゃがと枝豆のポテトサラダ(100g税込380円)」は、ざく切りホクホクじゃがいも。味もしっかり付いています。
おうちごはん K36 (7)

同じ食材を使った「枝豆と新じゃがのコロッケ(税込230円)」。
おうちごはん K36 (10)

これは「いんげんの肉巻き(1本税込180円)」です。

個人的には好みの味付けで、酒のつまみになる惣菜でしたね。ご馳走様でした。

おうちごはん K36(オウチゴハン コザル)
TEL 076-294-0036
石川県野々市市三納3-3
11:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ