あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

東京オリンピック新競技場を設計した建築家の隈研吾氏。

彼が設計した建物は北陸にも色々あります。

私のブログで紹介したところとしては、富山市のガラス美術館が入っている複合施設「TOYAMAキラリ」や、同じく富山市にあるカフェ「呉音(クレオン)」などがそうです。

いま小松市でも建設が進められている「九谷セラミック・ラボラトリー」についても、平成30年8月完成予定、平成31年春オープン予定となっています。

そして今日紹介します、福井にある明治23年創業の有名な老舗料亭の別館「開花亭sou-an」も隈研吾氏の設計ですが、お値段が高いので私はまだ一度もお邪魔したことがありません。^^;
開花亭 kuri-ya (8)

木材を使い和文様をモチーフにした外観で斬新なデザインです。

今回お邪魔したのは、その「開花亭sou-an」の斜め前に2016年7月オープンした「開花亭 kuri-ya」。同じく隈研吾氏の設計です。
開花亭 kuri-ya (2)

先ほどの富山市にあるカフェ「呉音(クレオン)」は105mm角の標準的な角材を「積み」あげた基本構造で作られていましたが、こちらの「開花亭 kuri-ya」は普通の「木箱」です!
開花亭 kuri-ya (5)

「東京オリンピック新競技場」「呉音(クレオン)」「開花亭 kuri-ya」とも木を素材にしますが、「呉音(クレオン)」「開花亭 kuri-ya」はどこにでもあるようなものを使っていながら安さを感じさせない斬新なデザインです。

もちろん「開花亭 kuri-ya」の木箱では構造上の強度は難しいので、単に飾り的に用いられていますが、隈研吾氏の「木」使いの真骨頂が発揮されていますね。

それでも、素材が木。防腐処理をしてもどのくらい持つのでしょうか…?
開花亭 kuri-ya (14)

店内に入ると、木箱は外観だけではなく、内部にもたくさん使われています。
開花亭 kuri-ya (13)

ディスプレイがわりや、
開花亭 kuri-ya (16)

商品の陳列用にも木箱が使われていました。
開花亭 kuri-ya (15)

さて、こちらの店はお惣菜屋さんです。老舗料亭の味を自宅でも気軽に味わえるよう値段的にはお手軽な設定になっています。ただし量も少量の小分けサイズですが。
開花亭 kuri-ya (10)

伺ったのが14時過ぎだったので、お惣菜の種類も残り少なかったです。

今回はこんなものを買い求めて、夕飯のおかずにしました。
開花亭 kuri-ya (22)

「菜の花出汁巻磯辺あん」は1個100円です。出汁が上品で美味しかったです。

「ますの荒ユッケジャン」と「鱈子」は、こちらも1個100円だったかな?
開花亭 kuri-ya (23)

「ますの荒ユッケジャン」は酒のつまみによかったのですが、荒なので骨が邪魔した。^^;
開花亭 kuri-ya (24)

こちらは厚揚げにポテトサラダを詰めたものです。こちらも上品なお味でした。

「開花亭 kuri-ya」ではお惣菜だけではなく、福井の農産物や特産品。全国の名産も売られていました。

また機会があれば、もう少し早めの時間に行って他のお惣菜についても買って食べたいと思います。ご馳走様でした。

開花亭 kuri-ya
福井県福井市中央3-5-10
0776-89-1009
10:30~18:00
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年3月にイオンモール新小松がオープンしました。

1階には、いわゆるレストラン街である「食回廊」というエリアが出来、色々なお店が営業をしています。

その中に、「いきなり!ステーキ」というステーキ屋さんが、その時は石川県で最初の出店と言うことで、連日超行列が出来ていると話題になったことが記憶に新しいと思います。

そんなこともあって、昨年は小松もステーキブームというものが来ていたと、今日紹介します小松市矢崎町のステーキ店「アミーゴアミ」のご主人は話していました。

さて、こちらのお店には9年3か月ぶりの訪問になります。前回のことはこちらをご覧ください

個人的には、肉系はあまり得意ではないので、前述の「いきなり!ステーキ」にも一度も行ったことがありません。

ただしハンバーグは大丈夫と言う、少し変なところがある好き嫌いなので、ハンバーグメニューがあるこちらの「アミーゴアミ」へは行くことが出来ます。^^;
アミーゴアミ (9)

お店はトレーラーハウスを活用しています。

店内、矢沢永吉でいっぱいです。
アミーゴアミ (8)

テレビ画面では矢沢永吉のコンサート映像が流れていました。もちろん音楽もです。

ご主人の喋り方も矢沢永吉を意識されているような感じ。よく話しかけてこられました。
ちなみに前回のときはご主人はいらっしゃらなくて、奥さまお一人で切り盛りされていました。

メニュー構成は9年前と変わっていないようですが、値段は値上がりしています。

ステーキのセットは200gが2,500円、300gが3,000円、400gが3,500円、500gが4,300円、600gが5,000円。

お聞きすると、お店のお客さんは常連さんも多いようで、800gをペロリと食べきる方もいらっしゃるようです。凄いですね。

ステーキ以外はハンバーグセットが1,080円、チーズハンバーグセットが1,260円ですが、ハンバーグは通常は事前準備していないとのこと。そのため、次回からは電話で事前に予約してほしいと言われましたので、もし行かれてハンバーグを食べたいと思われた方は、そのようにされたほうがよろしいかと思います。

さて、前回は普通のハンバーグセットを食べているので、今回はチーズハンバーグセットを頼むことに。

ハンバーグは「仙台牛」を使用しているようです。オーダー受けてから一からハンバーグを作るので少し時間がかかりました。ちなみに、ステーキはニュージーランド産を使用しているとのことでした。
アミーゴアミ (2)

出されたのがこちら。熱した鉄板皿の上に乗せられてきて、熱々の状態で運ばれてくるので、しばらく湯気がもうもうと立ち昇っています。
アミーゴアミ (3)

先ほど、ステーキのビックサイズのことに触れましたが、ハンバーグはどうも大人と一緒に来られた子供向けに設定されているようで、こちらのサイズは小さめでした。
アミーゴアミ (6)

半分に切るとこんな感じです。

写真を写したりしている間に鉄板の上で少し熱が通ったのかもしれませんが、ミディアムな状態でした。

ただ、前もそう感じたのですが、ハンバーグはしっかりとした私好みの食感です。

付け合せはコーンのみでたっぷりかかったニンニク醤油味のソースがハンバーグにマッチしています。
アミーゴアミ (4)

セットには、こちらのサラダとライス。
アミーゴアミ (5)

そしてドリンクと食後のデザートが付いてきます。

ドリンクは熱々のハンバーグなので烏龍茶を頼みました。
アミーゴアミ (7)

デザートはフルーツ入りのヨーグルト。

ステーキは200gでも2,500円するので、なかなかランチに食べるわけにはいかないかもしれませんが、常連の方にとってはノープロブレムなのでしょう?ご馳走様でした。

アミーゴアミ
石川県小松市矢崎町丁1-1
0761-24-6555
11:00~14:00
17:00~23:00
日曜11:00~23:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日曜日に金沢のANAクラウンホテルで開かれた「村中美恵さんオフィシエ叙任祝賀会」に参加してきました。

「オフィシエ」という言葉自体が聞きなれない単語だと思いますが、これはチーズの世界の言葉です。

あまり専門的なことは私も全然わかりませんが、フランスで「フランスチーズ鑑評騎士の会」というのがあって、日本においてもフランス伝統チーズの普及啓蒙活動を広く行うために「フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部」が設けられています。

その会における、いわゆる「位」的な呼称の一つが「オフィシエ」です。
カジマート (42)

全国で47名しか任じられていないようで、北陸では今回任じられた村中さんお一人という、凄いチーズのスペシャリストであることを表しているのです。

彼女は、カジマートと言う北陸に展開しているハイクオリティ・スーパーマーケットのめいてつエムザ店「チーズ工房ミモレット」にお勤めされていて、私も前に紹介したことがありますミモレット主催の「チーズの魅力に触れる会」や、色々な集まりでご一緒させていただいています。

今回、ご案内を頂き、妻と一緒にお祝いをしに参加してきました。

会場には80数名の参加者。知っている方も多く、当然、食関係の方々が多くいました。
しいのき迎賓館 (7)

司会は彼女の友人で、野菜ソムリエのつぐまさん。少し緊張気味でした。
カジマート (53)

宴は結婚式の披露宴風に進められ、こんなウエディングケーキならぬチーズのカットも。

さて、私のブログはグルメブログなので、ここでは飲み食いしたものについて書きたいと思います。
カジマート (26)

「チーズ」関係のパーティなので、会場での食べ物の主役はもちろん「チーズ」です。

見たことがないようなチーズもたくさんあって、全部の種類を食べることは出来ませんでしたが1カ月分ぐらいの量を食べたかもしれないです。^^;
カジマート (14)

今の時期が旬のモンドールももちろんありました。
カジマート (20)

こちらは「バノン・ア・ラ・フォイユ」。山羊のミルクのチーズで、栗の葉に包まれています。栗の葉の香りがミルクの香りをさらに引き立ててくれています。
カジマート (22)

「フルムダンベール」は青かびタイプですが、それほど匂いがきついわけではありませんでした。
カジマート (5)

食べ物はフィンガー&ピンチョススタイルで食べられるものが多く、みんなでつまみながら話に花を咲かせていました。
カジマート (12)

パンは、金沢でも人気のお店「パン屋 たね」のもの。何と!藤田さんもシュバリエ・デュ・タストフロマージュ(チーズ販売士)の資格を持っているそうです。
カジマート (28)

お酒の種類もたくさん揃っていました。
カジマート (44)

最初は泡物で、その後は、白・ロゼ・赤などをたくさん飲みました。

日本酒もありましたね。近年はワインと日本酒のマリアージュなんてのも流行りですね。
カジマート  (2)

最後にはこちらのデンマークの「キャステロクリーム パイナップル」の手土産まで頂きありがとうございました。

さて、村中さん。名誉オフィシエやグラン・オフィシエを目指して、これからも頑張っていただきたいと思います。

チーズ工房ミモレット
金沢市武蔵町15-1
 めいてつエムザ地下1Fカジマート内
問い合わせ先
076-261-3897
10:00~19:30
不定休(めいてつエムザに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介する「咲来楽」は前は大和町にお店がありました
咲来楽

その時に、私は一度お邪魔したことがありますが、当時は普通の居酒屋でした

1年ほどでなぜか閉店をしていたのですが、今回、新しく大文字町の松葉屋さんのお隣に住居兼用のお店を新築され、再度同じ名前で営業を始めたのです。

ちなみに、お店の場所は、松葉屋さんのお隣で前は千成さんがあったところです。

実は、こちらの「咲来楽」。前回もそうでしたが、インテリアや書などの分野で活躍されている小松市在住のKazuさんこと、森秀一さんからご紹介いただきました。

12月10日オープンで、私は年末休みに入ってから行ってみました。

今度のお店は、石川県では珍しいでしょう?馬肉をウリにするお店です。何と!そういえば店名も「サクラ」ではないですか!

実は、Webなどで調べてもお店の関する情報があまりなく、Kazuさんから馬肉が美味しいとは聞いていたのですが、行ってみてまったく馬肉メインだと知り一時愕然としましたが……。^^;

馬肉はご存じ「桜肉」と呼ばれますよね。それで馬肉をメインにすることになっかどうかは聞いていないのでわかりませんが、後付けかもしれませんねが、たぶん、そんな理由もあると思われます。

ご主人は植木屋さんもされているということで、お店の前の小さな庭もご主人が作られたようです。
 (2)

看板の書はkazuさんが書かれていて、
 (11)

店内にも店名にちなんだ桜をモチーフにしたkazuさんの絵が飾られています。
 (6)

馬肉のメニューはこんな感じです。
 (7)

それ以外、このようなメニューもあって、少しですが肉以外のものもありました。

私は黒板と当日のおすすめの中から肉以外のものを頼むことにしました。
 (12)

まずは生ビールで乾杯です。熟撰ですね。
 (13)

お通しはポテトサラダ。

そしてアテとして私が頼んだのは「山芋グリル」
 (14)

山芋のグリルはあら塩か梅肉で食べます。シャキッとした食感がいいです。
 (22)

これは「穴水直送ふぐの一夜干しのグリル」。
 (21)

「ムール貝のワイン蒸し」もお願いしました。たっぷり入っています。

魚介類はこんなところで、あまりメニューには種類はありませんでした。^^;

妻は馬肉のほうで三種盛り(1,800円)を頼みます。内容は赤身・こうね・レバー。
 (16)

こうねとは馬のタテガミのところのお肉だそうです。

色は白っぽく脂身のような感じですが、お店の人の話ではコラーゲンたっぷりの希少部位ということ。
 (19)

生姜醤油、それとゴマ油と塩の2種類のタレで食べます。もちろん私は食べていません。
 (24)

最後に口に中をリセットするために「自家製ピクルス(380円)」も最後に頼みます。

アルコールのほうは、私はハイボールを。
 (18)

妻のほうはスパークリングワインです。
 (25)

そのあと、お店オリジナルの「生しぼり完熟ライム酎ハイ(500円)」なんてのを頼んでいました。

以上飲み食いして二人で1万円弱。大体予想通りの価格帯ではないでしょうか?

馬肉という小松では珍しい食材を扱うお店で、これからが注目株かもしれません。ご馳走様でした。

ちなみに、今のところご主人は植木屋さんを兼業でやられているので、こちらのお店は不定休となっています。行かれる前に電話で確認されたほうがよいと思います。

キッチン咲来楽
小松市大文字町71
TEL 0761-23-3455
18:00~L.O.22:30
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津温泉のご当地グルメに「片山津バーガー」というハンバーガーがあります。

「片山津温泉の高濃度の塩泉で作った温泉卵を使うこと」が唯一の条件なので、比較的緩めの条件設定です。

私のブログでも何軒か紹介していて、過日も片山津の総湯の2階「まちカフェ」において「イタリアンまちバーガー」を食べた内容を紹介していますが、こちらも温泉たまごは別に添えられているだけで、ハンバーガー部分は何もしばられていないのです。「片山津バーガー」の特徴は何なのか!?少しぼやけた感じにも思えます。
ブッチャーズクリーム (19)

今日紹介する「BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)」もハンバーガーをウリにするお店ですが、「片山津バーガー」ではありません。

お店の名前が個性的ですが、東京練馬の大泉学園に「ブッチャーズテーブル」というハンバーガーのお店がありますが、関係あるのでしょうか?ハンバーガーのビジュアルが非常に似ていますが……。

あと、お店の名前の「クリーム」とは、アイスクリーム(ジェラート)も品ぞろえが豊富なことに由来しているのかもしれません。

伺ったのは昨年のクリスマス休みのときで、予約せずに行ったらだいぶ混んでいました。

幸い、カウンター席が空いていたのですぐに座ることが出来たのですが、オーダーしたものが出されるまでに相当時間がかかりました。
ブッチャーズクリーム (4)

内装は白を基調としたカジュアル。明るくきれいなお店です。

基本はハンバーガーとジェラートがウリなのですが、もちろんそれ以外にもメニューはあります。単品のご飯ものではロコモコやタコライスもありました。

ランチタイムはハンバーガーにサラダもしくはスープ、そしてドリンクとジェラートがついてくるセットと、ランチプレートの設定がありました。

ハンバーガーの種類は、よくある種類の設定が多く、いわゆる定番で勝負です。

私はその中から一番シンプルで定番の「ハンバーガー」をオーダーしました。一番安い「ハンバーガー」でも1,000円ということで、最初少し高いと感じましたが、パテやバンズなどの食材へのこだわり、オーダーが入ってから炭火で丁寧に焼く調理方法、そしてサラダもしくはスープ、ドリンク、ジェラートが付いていることを考えると、決して高くはありません。
ブッチャーズクリーム (9)

添えられているポテトフライもオーダーが入ってから揚げられているので熱々。
ブッチャーズクリーム (10)

そして私はスープではなくサラダにしています。

パテはステーキ肉100%を使っていますし、バンズは、同じ片山津にある「ヒラクベーカリー」のを使用しています。
ブッチャーズクリーム (13)

バンズが少し焦げ過ぎだったのはご愛嬌です。しかし高さ20cmはあるかな?インスタ映えするビジュアルです。
ブッチャーズクリーム (14)

ハンバーガー用の紙袋に包んでガブリとかぶりつきます。

最初は何もつけずに食べます。パテは肉汁溢れる感じでいい具合に焼かれていてジューシーです。

レタスのシャキッとした食感と厚切りのトマトの酸味が加わってとても美味しいです。
ブッチャーズクリーム (6)

その後、トマトケチャップとマスタードをかけて食べます。
ブッチャーズクリーム (15)

お腹も十分膨れました。
ブッチャーズクリーム (8)

ドリンクは、コーラや果汁系のジュース、コーヒーなどからチョイス出来ました。私はジンジャーエールです。
ブッチャーズクリーム (18)

ジェラートは、この中から選べましたが、私はシチリアピスタチオにしてみました。
ブッチャーズクリーム (17)

片山津エリアも、こちらのお店がオープンしたことでハンバーガー競争が激化しそうですね。どのお店も頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)
石川県加賀市潮津町ロ9-1
TEL 0761-80-9017
11:30-23:00(L.O. 22:00)
いまのところ不定休
(火曜日や水曜日が休みのことが多いそうです)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ