あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

片山津温泉のご当地グルメに「片山津バーガー」というハンバーガーがあります。

「片山津温泉の高濃度の塩泉で作った温泉卵を使うこと」が唯一の条件なので、比較的緩めの条件設定です。

私のブログでも何軒か紹介していて、過日も片山津の総湯の2階「まちカフェ」において「イタリアンまちバーガー」を食べた内容を紹介していますが、こちらも温泉たまごは別に添えられているだけで、ハンバーガー部分は何もしばられていないのです。「片山津バーガー」の特徴は何なのか!?少しぼやけた感じにも思えます。
ブッチャーズクリーム (19)

今日紹介する「BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)」もハンバーガーをウリにするお店ですが、「片山津バーガー」ではありません。

お店の名前が個性的ですが、東京練馬の大泉学園に「ブッチャーズテーブル」というハンバーガーのお店がありますが、関係あるのでしょうか?ハンバーガーのビジュアルが非常に似ていますが……。

あと、お店の名前の「クリーム」とは、アイスクリーム(ジェラート)も品ぞろえが豊富なことに由来しているのかもしれません。

伺ったのは昨年のクリスマス休みのときで、予約せずに行ったらだいぶ混んでいました。

幸い、カウンター席が空いていたのですぐに座ることが出来たのですが、オーダーしたものが出されるまでに相当時間がかかりました。
ブッチャーズクリーム (4)

内装は白を基調としたカジュアル。明るくきれいなお店です。

基本はハンバーガーとジェラートがウリなのですが、もちろんそれ以外にもメニューはあります。単品のご飯ものではロコモコやタコライスもありました。

ランチタイムはハンバーガーにサラダもしくはスープ、そしてドリンクとジェラートがついてくるセットと、ランチプレートの設定がありました。

ハンバーガーの種類は、よくある種類の設定が多く、いわゆる定番で勝負です。

私はその中から一番シンプルで定番の「ハンバーガー」をオーダーしました。一番安い「ハンバーガー」でも1,000円ということで、最初少し高いと感じましたが、パテやバンズなどの食材へのこだわり、オーダーが入ってから炭火で丁寧に焼く調理方法、そしてサラダもしくはスープ、ドリンク、ジェラートが付いていることを考えると、決して高くはありません。
ブッチャーズクリーム (9)

添えられているポテトフライもオーダーが入ってから揚げられているので熱々。
ブッチャーズクリーム (10)

そして私はスープではなくサラダにしています。

パテはステーキ肉100%を使っていますし、バンズは、同じ片山津にある「ヒラクベーカリー」のを使用しています。
ブッチャーズクリーム (13)

バンズが少し焦げ過ぎだったのはご愛嬌です。しかし高さ20cmはあるかな?インスタ映えするビジュアルです。
ブッチャーズクリーム (14)

ハンバーガー用の紙袋に包んでガブリとかぶりつきます。

最初は何もつけずに食べます。パテは肉汁溢れる感じでいい具合に焼かれていてジューシーです。

レタスのシャキッとした食感と厚切りのトマトの酸味が加わってとても美味しいです。
ブッチャーズクリーム (6)

その後、トマトケチャップとマスタードをかけて食べます。
ブッチャーズクリーム (15)

お腹も十分膨れました。
ブッチャーズクリーム (8)

ドリンクは、コーラや果汁系のジュース、コーヒーなどからチョイス出来ました。私はジンジャーエールです。
ブッチャーズクリーム (18)

ジェラートは、この中から選べましたが、私はシチリアピスタチオにしてみました。
ブッチャーズクリーム (17)

片山津エリアも、こちらのお店がオープンしたことでハンバーガー競争が激化しそうですね。どのお店も頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)
石川県加賀市潮津町ロ9-1
TEL 0761-80-9017
11:30-23:00(L.O. 22:00)
いまのところ不定休
(火曜日や水曜日が休みのことが多いそうです)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、大阪に住んでいるときから、京都に行くとは立ち寄って買い求めていた「原了郭」の黒七味。
原了郭 (2)

本当に久しぶりにお土産で買いました。
原了郭 (3)

いまでは、飲食店、特に麺類などをやっているお店などに行くと、「原了郭」の黒七味を置いているところも多くなってきたようです。

創業は1703年と、300年以上経っている老舗で、創業時は香煎と呼ばれる漢方薬のようなものだったそうです。

元禄の時代から一子相伝で守り伝えられた秘伝の味で、今の時代でもご当主のみが作っているということを、だいぶ昔、日本テレビ系列の「どっちの料理ショー」で紹介されているのを観て興味を持ち買い求めたのが私の最初でした。
原了郭 (7)

原料である唐辛子と山椒粉、白ごま、黒ごま、けしの実、麻の実、青のりを炒った後、手でもみ込んで香りを引き出していますが、その作業により黒に近づくようです。

しばらく京都に行っていなかったので、黒七味も使っていなかったのですが、今回久しぶりに買い、寒くなると湯豆腐や鍋料理に使ってみたいと思います。
原了郭 (6)

そういえば、いつの間にかカレーも食べることが出来るようになっていました。

原了郭
京都府京都市東山区祇園町北側267
TEL 075-561-2732
10:00~18:00
無休(1月1日・2日を除く)
※奥のカレー屋のみ第1水曜日

お次は豆吉本舗というお店です。
豆吉本舗 (8)

高台寺から「祇園ねぎ焼 かな 東店」に向かう途中で、よさげなお店だなぁと思って入ってみました。

豆菓子専門店ですね。

雰囲気やお豆のお菓子ということで、京都にあるところからと思いましたが、違ったようです。^^;

しかし、中に入ってびっくり!すごい種類の豆菓子が並んでいます。
豆吉本舗 (6)

よくぞこれだけの味を開発したものです。目移りしてどれにしようか迷いました。
かな (7)

その中から、一応、お店の人気No.1という京都店限定の「ほうじ茶みるく豆(390円)」はすぐに決定。
豆吉本舗 (11)

上品な甘さで、これまた上品にほうじ茶の味がしました。美味しいです。

あと一つは、こちらはビールのつまみにと思って買い求めました。
豆吉本舗 (13)

ガーリック黒胡椒豆です。最高級のそら豆「張家口(チョウカコウ)産(490円)」を使っているそうです。可視化にガーリックと黒胡椒がクセになる味でした。

お値段的にはちょっと張るお菓子ですが、たまにはいいのではないでしょうか。

豆吉本舗 祇園下河原店
京都府京都市東山区下河原安井月見町21
TEL 075-533-6064
10:00~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の墓参の旅は小田原から出発することにしました。

東海道新幹線で小田原入りし、箱根に移動する前にしばらく小田原市内を観光することに。
小田原 (7)

JR小田原駅には、巨大な小田原提灯が掲げられています。

小田原といえば、有名なものとして小田原提灯、かまぼこ、梅干しなど。今回は、これら関連の施設も少しまわりました。

さて、ここ小田原は江戸時代には東海道小田原宿の宿場町としても栄えていますが、歴史上有名なのは豊臣秀吉の小田原征伐です。
小田原城 (6)

その舞台となった小田原城はM戦国時代最大といわれる規模を誇った城で、豊臣秀吉も攻略に時間がかかったようです。
小田原城 (7)

また、「小田原評定」という、いまでは「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味に捉えられている言葉でも知られていますね。
小田原城 (13)

小田原城は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート構造で建てられたものです。

今回我々は昨年、平成の大改修を終えた天守閣に登ります。一人500円です。
小田原城 (11)

リニューアルされたばかりなので内部はきれいです。でも、天守閣は鉄筋コンクリート構造なので、昔の城の趣はあまり感じられないのが残念です。

中は小田原城の歴史を知る上でのパネル展示などがありました。
小田原城 (17)

天守閣の最上階の見晴らしは最高で、小田原市内はもちろん、太平洋や真鶴半島など見渡すことが出来ます。

小田原城
神奈川県小田原市城内6番1号
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※6~8月の土・日・祝、および8月15日~19日は19時まで
12月31日~1月1日休館
12月第2水曜日は館内整理のため休館
入館料 天守閣単独券
個人一般500円

お次は、小田原のご当地グルメについて。まずはかまぼこです。

江戸時代の小田原は沿岸漁業が盛んでした。この魚を保存利用するために小田原蒲鉾が杜氏のご当地グルメとして作られ、箱根を越えるときの食糧として、また大名の参勤交代のときのお供として重宝されたようです。
鈴廣 かまぼこの里

小田原にはかまぼこを製造販売しているところは色々ありますが、一番大きなところは、鈴廣だと思います。

この鈴廣さんが「鈴廣 かまぼこの里」という大きな観光施設を作っています。
鈴廣 かまぼこの里 (3)

かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる施設「かまぼこ博物館」と、かまぼこや干物などを買い求めることが出来る「鈴なり市場」などの施設で構成されていて、行った日も多くの観光客で賑わっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (15)

「かまぼこ博物館」では、ガラスごしでかまぼこ職人たちの技を間近で見ることができますし、実際のかまぼこづくりも体験が可能となっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (10)

「鈴なり市場」では、試食も出来て、私もかまぼこなどを翌日帰りに立ち寄って買おうと思ったのですが、思わぬ渋滞で時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。残念。

鈴廣 かまぼこの里
神奈川県小田原市風祭245
TEL 0465-22-3191
平日9:00~18:00
土・日・祝9:00~19:00
無休

お次は、もう一つのご当地グルメ「梅干し」について。

小田原駅前に梅干博物館という「小田原街かど博物館」の一つがあり、こちらも箱根行きの合間に立ち寄りました。
ちん里う (7)

老舗の梅干専門店「ちん里う本店」がお店の奥に作っている小さな博物館です。
ちん里う

中に入ってびっくりしたのが、各年の梅干しが飾られていたことです。古いのは明治時代のも。もちろん、私の生まれたうん十年前のもちゃんとありました。
ちん里う (2)

明治元年に使われていた大きな梅干しを漬ける樽や1900年ごろから使われていた古いレジ(会計機械)などもありました。

こちらも、翌日帰る前に立ち寄って買って帰ろうと思っていましたが、時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。すみませんでした。

梅干博物館
老舗の梅干専門店ちん里う本店
神奈川県小田原市栄町1-2-1
 駅前ビル1階
TEL 0465-22-4951
9:00~18:00
元日のみ休み

続いては、同じく小田原名物の干物のお店です。
小田原 (3)

ひもの専門店が駅前にあって、何店舗も販売するところを持っている有名なところのようです。

店内には、本当にたくさんの干物が並べられていました。

ひもの専門「山安」
小田原市栄町2-1-29
TEL 0465-21-1137
10:00~18:00
無休

最後に「小田原街かど博物館」については、こんなところもありましたという紹介だけ。
小田原 (2)

薬博物館」です。済生堂薬局小西本店というお店ですが、行った時には営業されているのかわからない感じだったので中には入らずに駅のほうに戻りました。

済生堂薬局小西本店(薬博物館)
神奈川県小田原市本町4-2-48
TEL 0465-22-2014
8:30~19:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

歳を重ねてくると、何となく油物を敬遠してしまいます。

福岡や大阪に住んでいた時は、串揚げ・串かつのお店には時々行っていたのですが、小松に戻ってきてからは、そういったお店が少ないこともあって、あまり食べる機会がなくなりました。

ちなみに、大阪ではいわゆる「ソース二度漬け禁止」で有名な、ソースにつけて食べるお店を「串かつ(店)」と呼び、ソースにつけるのではなく、色々なタレや薬味、ソースなどを一串ごとにお店側がその都度つけてくれるお店を「串揚げ(店)」と呼んでいました。

もっとも、「串かつ」は本来、串に刺した肉系の素材を衣とパン粉をつけて揚げたものなので、あまりこのようなカテゴリー分けは意味がないかもしれませんが…。
いやさか

さて、「串揚げ いやさか」は、「ソース二度漬け禁止」のお店で、大阪で言うならば「串かつ」のお店です。
いやさか (9)

私は、5年前に伺ったことがあり、ブログではこちらに書いています

当時は、お昼の時間帯にも営業していたのですが、いまは夕方17時からの営業に変わっています。そして、小松の総本店以外にも、この間、金沢の六枚店とせせらぎ通り店の2店舗を展開。チェーン展開を図っています。

私が行った時は、小松市民のお祭り「どんどんまつり」が開催されていたので、お昼から営業をしていました。

この日は稼ぎ時です。多くのアルバイトも店内にいましたし、お客もひっきりなしに入ってきます。
いやさか (2)

私は一人だったので、揚げ場の前の席に座り、まずはハイボール(表示はすべて税別380円)を頼みます。^^;

そんなにたくさん食べたわけではありませんが、食べたものを紹介しますね。
いやさか (10)

まずは「ポテトサラダ(300円)」。なかなかの大きさで、スパイシーな大人のポテサラ。アテによかったです。
いやさか (7)

串揚げは右から赤ウインナー(100円)、イワシ(200円)、しいたけ(100円)、エリンギ(100円)です。

当然、オーダーが入ってから揚げはじめます。手慣れたものです。

赤ウインナーも懐かしいですね。揚げ立てを慌てて食べると火傷しますよ!

エビも一緒に頼みましたが、こちらは一本300円の高級品?じっくり揚げてくれます。
いやさか (8)

さすがにいいお値段だけあって、大きなエビが使われていました。
いやさか (13)

あと、紅しょうが(100円)とアスパラ(150円)も追加で頼んで、この日はこれで終わりにしました。ハイボールはもう一杯お代わりをして締めて2,200円ほど。庶民価格で楽しむことが出来ますね。

「いやさか」が大切にしているのは、「街の元気をつくる拠点」としての店づくりです。

掛田社長の「飲食で地域の元気をサポートしたい」という思いを実現すべく、元気に営業していますね。ご馳走様でした。

串揚げ いやさか
石川県小松市土居原町212-1
TEL 0761-24-5594
17:00~24:00(L.O.23:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は肉が苦手なので、あまりお肉の専門店には行くことはありません。

ただ、ハンバーグやハム・ソーセージの類は大丈夫なので、時々ではありますがブログでも紹介することがあります。

まぁ、肉にアレルギーがあるわけではないので、単なる食べず嫌いということなのですが、この年になったら肉類も控えたほうがいいと考えていて、いまさら克服したいとは思っていません。

さて、この日は白山市に6月13日にオープンした「薪肉 ARIGYU」に行ってみることにしました。

最近、テレビや雑誌などでも紹介されているお店ですが、金沢の人気店「焼肉有牛」の姉妹店です。

住宅地の一角に大きなお店を構えています。

行く2日前に、12時に予約を入れて向かいました。

到着するもお店の前の駐車場は満車で、お店の裏の駐車場、前はテニスコートだったようなところに案内され駐車しました。
アリギュウ (30)

お店は立派な邸宅のようなおもむきのファサードです。
アリギュウ (32)

建物の脇には薪が積まれていました。
アリギュウ (33)

店内に入ると、思ったより広い店内で驚きました。お店で働いている方も多かったです。
アリギュウ (10)

一部2階部分が吹き抜けで開放感がありました。どうも2階の一部が別な会社のオフィスになっているようですね……?

メニューは立派なものがありましたが、太陽光が差し込む店内だったため、背景が写真で、かつ白抜きの小さな文字で見難かったです。
アリギュウ (5)

お店のウリは、厳選した肉を炭火で焼いて出してくれること。野菜も有機野菜を使用しているようです。

しかしながら、厳選された黒毛和牛を使用したメニューは、やはり高めです。もちろん、ステーキ屋さんで黒毛和牛を食べることを考えると安いのですが……。

本日の黒毛和牛は一番ミニマムな量の100gで2,880円となっていました。150gは3,380円、200gで3,980円となります。

オーストラリア産の牛肉のカルビでも、100gで1,980円、150gは2,380円、200gで2,780円となっていて、少しお高めの値段設定です。いい食材を使っているということでしょう。

あと、鶏肉や豚肉のメニューも各1種類設定されているのと、パスタランチコースもあって、こちらは1,780円前後と比較的リーズナブルでした。

「ミート・ランチ・コース」の値段には、スープ・バゲット・前菜3種盛り・小さなデザートが付いています。ドリンクは別料金でした。

余談ですが、メニューには「バケット」と書かれていましたが、いまの日本語表記では「バゲット」が正しいでしょうね。

そしてその中から、私は冒頭書いた通り肉が苦手なので、薪バーグを頼むことに。

薪バーグは150gと250gがありましたが、私は150g(1,280円)でお願いしました。妻のほうは黒毛和牛の100g(2,880円)です。
アリギュウ (11)

まず最初に出されるのが、こちらのスープ。少し長いネーミングが付けられていました。「薪窯で真っ黒に焼いた坊ちゃんかぼちゃのスープ ココナッツオイル風味」です。大きなお皿ですが、スープの量は少なめ。^^;
アリギュウ (12)

次に出されたのがバゲット一切れ。上には自家製の薪で燻製したバターが乗せられています。十勝生クリームをバターにしてあります。それに燻製された塩(ゲランドの塩)も添えれれています。素材に凝っているお店です。

まぁ、好みもありますが、個人的にはバターは別に盛って、かつスープの前に持ってきてほしかったなぁ~。(最初に出されたスープは、飲むとすぐに下げられてしまいました ^^;)
アリギュウ (15)

「前菜3種盛り」のほうは、こちらも大きなお皿に盛られて出されます。
アリギュウ (18)

「近藤ファームのひよこ豆のサラダ仕立て」はバジル風味のソースで食べさせてくれています。
アリギュウ (17)

「薪香る本日の一品」は、サーモンを薪で炙って香りづけした身をほぐしてパテ風に仕上げています。ザクロのソースでした。

もう一品は、これまた長い名前で「五郎島金時の薪焼いもとプルーンのケークサレ マスカルポーネソース」です。少し甘めのテイストでした。

「ケークサレ」の「サレ」はフランス語の塩のこと。つまりは塩味のケーキのことで、デザートではなく、ちゃんとしたおかずなのです。

この後、メインが運ばれてきますが、私の「薪バーグ」がこちら。
アリギュウ (22)

ソースは「森のキノコのトマトソース」か「カモミール香ポン酢」の2種類から選べます。私は「森のキノコのトマトソース」にしました。
アリギュウ (25)

切るとこんな感じです。

さすが、お肉と炭火焼きがウリのお店だけって、このハンバーグがよかったです。私の好きなしっかりとした食感を残した仕上げと焼き具合。トマトソースの酸味と肉汁が合わさっていいお味でした。
アリギュウ (26)

それに、この付け合せのポテトのミルフィーユ仕立てもよかったですね。

妻の黒毛和牛のステーキがこちら。
アリギュウ (21)

焼き方は何も言わなければミディアムレアで焼いてくれます。それ以外の場合は、こちらから伝える必要があります。オーダーのとき聞いてくれません。(もっとも、ランチセットの場合はわざわざ聞かないとメニューにも書いてあるのですが、コースオプションのことが書かれているところに小さく書かれていました。)

このメニューには、シェフ特製の付け合わせが添えられているとのことでしたが、私のハンバーグと同じでした。
アリギュウ (19)

また、ソースは2種類付いていましたが、肉にコショウが振られ、塩も近くに添えられていて、それらで十分美味しかったようで、ソースもつけて食べたら濃い味になったそうです。でも、肉のほうはさすがに美味しかったということでした。そうそう!わさびも添えられていました。
アリギュウ (24)

あと、ランチにはライスがオプション扱いで無料で付いてきます。これは小ライスです。大まで無料です。
アリギュウ (14)

フランスのティエールで作られているラギオールナイフを使っていますが、お箸もあったので最初お肉をナイフで切ってからお箸で食べたほうがいいでしょう。ナイフの切れ味はさすがでした。
アリギュウ (27)

セットに付いているデザートはこちらです。
アリギュウ (34)

+300円で、入口のショーケースから好きなケーキを選んで変更することが出来たので、一つはフロマージュクリュに変更してみました。
アリギュウ (28)

このケーキ単品だと450円です。

ドリンクも+200円で、アイスコーヒーをお願いしました。これは少し飲んだ後で写したものです。

肉嫌いな私なので、肉のことは語る資格はあまりないので書きませんが、お店自体は贅沢な気分にさせてくれるに十分な内容だったと思います。

ハレの日使いに適しているお店かもしれません。ご馳走様でした。

薪肉 ARIGYU(マキニクアリギュウ)
石川県白山市橋爪町365-7
TEL 076-259-1686
11:30~17:00
18:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ