あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

3月になりました。春もすぐそこまで来ていますね。

さて、今日は私のブログでも時々登場する、飲食店ではない2軒を紹介したいと思います。
ガリビエ (3)

まずは、我が家の食卓に時々登場する白山市の「ガリビエ」のシャルキュトリー。
ガリビエ (2)

今回、2月初旬に買い求めたものを紹介します。
ガリビエ (5)

写真は「エルブ」「モンベリアール」「ジャンボン ピスターシュ」の3種類のソーセージ。

「エルブ」はローズマリー、セージ等のハーブが香るソーセージでボイルして食べると美味しいです。噛んだときのパリッとした歯ごたえと、口の中に飛び散る肉汁が美味しいソーセージです。

ちょっと太めの「モンベリアール」はクミンの効いた粗挽きソーセージ。こちらはソテーして食べます。

「ジャンボン ピスターシュ」は、豚モモの角切りにピスタチオが入ったスライスソーセージで、そのまま食べます。ピスタチオがいいアクセントになっていますね。
ガリビエ (6)

こちらの生ソーセージはソテーして食べます。とてもジューシーです。
ガリビエ

これら以外にも「ガリビエ」には、色々なシャルキュトリーが売っていますよ!

ガリビエ(GALIBIER)
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休
 


さて、2月に入って、本格的に新酒の季節になりました。
東酒造

東酒造でも、1月から順次絞りが始まっていましたが、2月中旬に酒蔵まで買い求めに行きました。

今回買い求めたのは、これらのお酒です。
東酒造 (2)

左から、「にごり酒」「あらばしり吟醸」「たれくち」です。どれも高級なお酒ではありませんが、新鮮な神泉です。(笑い)

「にごり酒」はいわばスパークリングワインのような発泡の酒です。うもろみ入りのちょっと甘口で、瓶内発酵でたっぷりの炭酸が弾け口当たりがいいお酒です。
東酒造 (9)

まだ瓶詰めして日数が経たないうちはそれほど危険ではありませんが、瓶詰めしてから時間がたつと瓶内発酵が進み、開栓するとき注意しないと吹き零れる危険が大です。

今回、我が家での鍋料理のときに、東酒造さんから頂いたコンテチーズと一緒に飲みます。
コンテ

コンテはフランスのハード系の代表格ともいえるチーズで、クセも少なく、熟成の進んだものはナッティな風味で日本酒にも合いますね。

昨年、TVの撮影で蔵を訪れた吉田類さんが気にいったのも、このコンテでした。 

しかし「にごり酒」、発泡でアルコール度数高めなので、酔いが回るのが早いです。^^;

「あらばしり吟醸」は酒袋でしぼったあらばしりタイプ。もろみの自重で滴り落ちる酒です。すこしオリが絡んださわやかな口当たりでワイルドな味わいが特徴の酒ですね。

「たれくち」のほうはピリッと甘辛い神泉人気の無濾過生原酒です。

ちなみに「たれくち(垂れ口)」とは、上槽中に酒が酒槽(さかぶね)から出てくる口のことを指します。こちらの二つは透明なお酒なので写真はありません。

これからも新酒の絞りは続きます。酒蔵見学もやっていますので一度訪れてはいかがでしょうか?

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301
9:00~17:00
日・祝休
 

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

今年のクリスマスは、土日、さらには天皇誕生日とつながっての3連休という非常に恵まれた週末となりました。

皆さんも思い思いのクリスマスを過ごされたのではないかと思います。

我々は今年、金沢に限らず全国でも活躍されています野菜ソムリエのつぐまさんのお宅でのクリスマスパーティに参加させていただきました。

集まったメンバーはいつものメンバーでしたが、つぐまさんの従姉妹のかたも神戸から駆けつけ、いつもながらの関西パワー炸裂の楽しい会になりました。

毎回、チーズの選定はエムザ地下にあるカジマート「チーズ工房ミモレット」のシュヴァリエ デュ タストフロマージュ、村中さんがチョイスしたチーズの数々をメインに楽しみますが、今年は何故かワインではなく日本酒を飲みながら楽しむことに。
つぐまさん (5)

今の時期のメインチーズは毎回「モン・ドール(Mont d'Or)」。ジュラ山脈の高地で放牧される牛の牛乳から作られる柔らかいウォッシュタイプのチーズのことで、熟成したモン・ドールは非常に柔らかく、スプーンですくって食べます。

外周にエピセア(トウヒの一種)の樹皮が巻かれていて、その芳香もモン・ドールの特徴ですが、今年のは少し若い感じでした。でも、美味しかったですよ!
つぐまさん (3)

アンデルセンのバゲッドに乗せて食べます。
つぐまさん (10)

こちらはイギリスの「ポートワインダービー」。その名の通りダービーチーズにポートワインが練りこまれた、ワイン色とアイボリー色の大理石模様が特徴的なチーズです。ワインのフルーティな香りが練りこまれていてなかなか面白いチーズですね。
つぐまさん (8)

他にも色々なチーズを楽しむことが出来て、毎度のことながらついつい食べ過ぎ、飲み過ぎ。^^;

当然料理のほうも色々楽しむことが出来ました。
つぐまさん (2)

この時期に生のとうもろこし!長崎で作られているのですが、今の時期に食べられるとは!さすが野菜ソムリエのつぐまさんです。
つぐまさん (14)

サラダは、摘みたてルッコラのサラダ!すごい瑞々しくて食感最高!美味しかったです。
 
つぐまさん (11)
あと、ニンジンサラダも。

つぐまさんの旦那様が長崎から持ってきてくれた「あじ巻かまぼこ」です。
つぐまさん (21)

昔ながらの製法で化学調味料などやつなぎなど使っていないもので、アジの味がそのまま感じられる逸品でした。
つぐまさん (12)

カルパッチョも美味しかったです。
つぐまさん (20)

これはつぐまさんご夫妻が作ってくれた餃子!モチモチな皮は天狗中田のもの。これも最高のご馳走でした。
つぐまさん (22)

私は食べませんでしたが、神戸の従姉妹の方が持ってきてくれた牛肉と淡路の玉ねぎも美味しかったようです。
 
あと、クリスマスらしくもも肉のフライドチキンもあったのですが、私たちは帰りの電車の都合もあってお土産で持ち帰ることに。
つぐまさん (6)

飲んだ日本酒ですが、私は神泉大吟醸と特別純米吟醸を持っていきましたが、こちらは山形の東北銘醸の「初孫」純米吟醸原酒生もとづくり。それも「おりがらみ生」限定酒です。すごい酒でした!私も初めて飲みました。
つぐまさん (16)

秋田の日の丸醸造の「まんさくの花」巡米吟醸。純米吟醸ではなくこの字をあてていました。ようは毎年酒米を変えているのです。これもある意味凄いことです。

あと、某放送局の方(笑い)が持ってきてくれたのですが、2年前に仕込んだ真物の「農口」なども楽しみましたよ!

いつもいつもの楽しい会、イブの夜は最高の夜でしたね!つぐまさん、いつもありがとうございます。


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

恒例の未公開編の7月版です。

まずは、金沢市大野にある醤油味噌の醸造所「ヤマト醤油味噌 糀蔵」。

大野へは、定期的に醤油を買いに行きます。

日常的に料理に使う濃口や薄口醤油はスーパーでも買えるのですが、少し高級な醤油などは売っていないものもあるため、わざわざ出かけるのです。
ヤマト醤油味噌 (2)

「ヤマト醤油味噌」は、今年3月にNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」に出ていてびっくりしたことがありますが、今回、前回の訪問からだいぶ間が空いて1年半ぶりでの訪問になりました。
ヤマト醤油味噌 (3)

いつもの通りに刺身醤油や塩糀を買い求めて、別な出口を出ると「ヤマト醤油味噌 糀蔵」という新しい施設が出来ているではないですか!
ヤマト醤油味噌 (5)

ここは昨年の3月14日、つまりは北陸新幹線が金沢まで延伸した、その日にオープンしています。
ヤマト醤油味噌 (6)

テーマは「糀を見て、感じて、楽しむ」ということ。醤油・味噌の製造工程とヤマト醤油味噌の歴史などを学ぶことが出来ます。
ヤマト醤油味噌 (7)

そして、このような、実際に使われている醸造用の樽なども見ることが出来ます。
ヤマト醤油味噌 (10)

今回、この施設と麹・糀についてのレクチャーをしてくださいました。社長の奥さまです。

醤油と味噌の作られ方、麹と糀の違い、なぜ発酵食品は体にいいのか、などなどをお聞きし、最後に甘酒を飲んで終わりです。最初20分ほどだと聞いていたのですが、40分ほどかかりました。

でも、日常何となく言葉で知っていたが意味がまったく分かっていなかったことなどが理解でき、目からウロコの40分でした。
ヤマト醤油味噌 (9)

こちらは、中に甘酒が入っている手湯(ハンドバス)。手を入れていると、美容にいいようで、ツルツルになるようですね。

このあと、売店に再度立ち寄り甘酒のドレッシングを買い求めました。
ヤマト醤油味噌 1

そうそう!まだまだ暑い日が続くので、醤油のソフトクリームも美味しいですよ!

ヤマト醤油味噌
石川県金沢市大野町4丁目イ170
TEL:076-268-1248
10:00~17:00

お次は加賀市に移ります。

石川県の食品の中で有名なものの一つとして、お麩があります。
加賀生麩工房 ふぜん

「加賀生麩工房 ふぜん」は生麩のお店です。

オーナーは女性の方で、Webで調べたら、私もよく存じ上げている萩原 扶未子(はぎわら)さんがコーディネート&講師を務めている「こまつ女性チャレンジ塾」の5期生の方のようです。

こちらのお店は、先月紹介した「おかず屋じゅてーむ」でランチを食べて帰ろうとしたときに気が付いたのですが、最初何のお店だろうと思って中を除くと、生麩カフェだったということです。
加賀生麩工房 ふぜん  (2)

もちろん、テイクアウトがメインなのですが、店内でお茶を飲みながらの、生麩スイーツなどを食べることが出来るのです。
加賀生麩工房 ふぜん  (3)

生麩スイーツのほか、胡麻豆腐や生湯葉・がんもなどが売られていました。無添加にこだわっているようです。

今回はランチ後でお腹がいっぱいだったので、麩を使った枝豆ごま豆富(540円)を試しに買って家で食べてみました。

普通のごま豆富と違って、麩の弾力と食感が面白いごま豆富でしたよ。

別な機会に生麩カフェを体験してみたいと思います。

加賀生麩工房 ふぜん
加賀市動橋町カ-28
0761-74-3883
11:30~16:00
日・月曜、祝日休

最後は同じ加賀市の片山津温泉の外れ、雪の科学館の近くにあるパン屋さん「パンドーネ」の紹介です。
パンドーネ (7)


パン屋さんとしては立派な建屋です。
パンドーネ (6)

店内に入ると、動物パンやメロンパン、ほか菓子パン類が多いような気がしました。
パンドーネ (4)

メロンパンなどが美味しいらしいのですが、今回買い求めたのはこちらの4つ。
パンドーネ (5)

私はチーズカレーぱんを食べましたが、とろ~りチーズもたっぷりでスパイシーなカレーとの相性も良かったです。

あとは、ツナごぼう、ピザぱん、まめぱんです。

片山津バーガーも健在でした。

パンドーネ
石川県加賀市源平町84
TEL 0761-74-3652
7:00~19:00 
8:00~19:00
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング    

最近は高級なスナック菓子がブームなようだ。

もちろん、スナック菓子に限らず、近年は食べ物にプレミアム感、差別化を求める人たちが増えてきて、メーカーも色々な工夫を打ち出してきている。

その中で大阪阪急うめだの地下売り場には、行列が絶えない人気店として知られるお店がいくつかある。

私が大阪から小松に戻るときに買い求めた平日こそ、整理券の発行や長蛇の順番待ちの列に並ぶ必要はなかったが、ひと頃はそのような苦労をしないと手に入らなかった時期もあったというほど人気なお菓子がいくつかあるのだ。

帰って話のネタとして買い求め、妹や知人宅に分けたのだが、所詮一袋15gの量は微々たるもの。今回3種類とも同じ容量だったが、何だか袋や箱だけが大きくて、もう少し何とかならないものかと思った。

では、3つとも食べた感想などを書きたい。
カルビー

まずは、カルビーと阪急うめだのコラボ商品「グランカルビー」。
グランカルビー

こちらは今日紹介する3つの中でも特に人気のお店で、イタリア・シチリア島産岩塩を使用したりした、カルビー社の英知の結晶でこだわりのスナック菓子なのだ。
グランカルビー (2)

味は6種類。ふんわりバター味、アラビアータ味、カマンベールチーズ味、まろやかシュガー味、トロピカルマンゴー味、そして塩味。
グランカルビー (4)

今回私は、6種類全部の種類が15g×4袋入りで24袋が入った詰め合わせセットを買い求めた。
グランカルビー (5)
グランカルビー (6)
グランカルビー (7)

写真は塩味、アラビアータ味、カマンベールチーズ味、ふんわりバター味。

う~ん、食べた感想は、確かに美味しいのだが、値段のことを考えてしまうと、まぁ、私自身がポテトフライそのものをそれほど食べる方ではないからかもしれないが、普通のポテトフライと比べて10倍近く値が張る価値があるかどうか?一度食べたらそれでいいかな?
ポッキー

お次はグリコのポッキーのプレミアムバージョン「バトンドール」。
ポッキー2

バトンドールとはフランス語で「黄金のスティック」のこと

ダブルバター製法というグリコ独自の製法で、生地に練りこまれたバターと、澄ましバターのシャワーの中をくぐらせている。
ポッキー (2)

こちらはシンプルな塩味のもの。甘さとほど良い塩味で、これはこれで美味しかった。

最後は「タネビッツ」。こちらも阪急百貨店とコラボしたプレミアム企画なのだ。

「亀田の柿の種」が発売されてから50周年の迎えたのを記念して 「焦がす」 「揚げる」 「燻す」 「漬ける」の4つの製法を新たに加えて作られた、大人が満足するおいしさの柿の種を誕生させたのだ。
TANEBITS

私が買い求めたのは「から揚げ」。ブック型のパッケージで、15g小袋4つ入りで540円。生しょうゆ仕立ての柿の種をパリッと素揚げして、焦げた醤油の風味と油のコクのある柿の種になっている。
TANEBITS (3)

さて、このプレミアムスナック菓子の人気はいつまで続くか!?人はブームには乗りやすいが冷めるのもまた早い。はてさてどうなるのかな?

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

私も3年ほど大阪に住んでいたので、その時には串かつを何度も食べに行ったことがあります。

大阪の串かつには、高級路線のお店とソースの二度漬け禁止で有名なリーズナブルな路線の2種類のお店があります。

高級路線のお店では、ソースに漬けるのではなく、何らかの仕事、味付けがされていて、そのまま食べます。
満丸 (2)

今日の「大阪屋台居酒屋 満マル 小松店」はソースに漬けて食べるお店で、串かつ一串100円がほとんどのコスパ重視のところなのです。

石川は、あまりフライではなく、どちらかといえば天ぷらが好まれていると思いますが、最近では、小松市内にも二度漬け禁止の串かつのお店が数年前に出来たりして、徐々に串かつファンも増えてきたのではないしょうか?
満丸 (16)

こちらのお店のウリは、ランチタイムから深夜までノンストップで営業していること。休日などは昼間から仲間たちと、また小松駅の真ん前に立地しているという地の利をいかして、電車の時間待ちの間に串かつでサクッと一杯なんてことが出来ることから重宝するお店ではないでしょうか?

お旅まつりの最終日の日曜日に、祭り見学を兼ねて腹ごしらえで入りました。

実は、最初は別なお店に行こうと思っていたのですが、オープン直線の時間帯でも営業の確認が出来なかったために、とりあえずこちらのお店に入って一杯飲みながら待ってみることにしたのです。
満丸 (3)

まずは、プレモル生を頼みます。中サイズで290円とは安いです。

串かつは大阪のお店のように、紙に必要な本数を記入してお店の人に渡します。
満丸 (5)

串かつ盛合せ、紅しょうが、アスパラ、せせり(鶏の首肉)、あかせん(牛の胃袋)などを頼みます。

紅しょうがの串かつも久しぶりです。アスパラはスジ取りがされていないのでなかなか噛み切ることが出来ませんでした。

串かつ盛合せには、牛・豚・えび・魚・野菜の5本付いて500円です。魚はキスで、野菜はさつまいもでした。えびが単品では200円なので、盛合せで頼むと100円お得な計算になります。
満丸 (11)

追加では、しいたけ、なすび、てっちゃん(牛の大腸)、たまねぎ、ししとう。たこを頼みます。

串かつ自体は小ぶりです。100円だとやむを得ないですね。揚げ立てでサクサクですが、ソースにたっぷりつけて食べたほうが美味しいです。
満丸 (7)

あと、串かつには欠かせないキャベツですが、こちらから頼むまで持ってきてくれませんでした。別料金なのかな?

ここは串かつのお店ですが、それ以外のメニューの種類も豊富です。
満丸 (10)

シーザーサラダと、浜焼きサザエを頼みました。
満丸 (13)

飲み物の追加は超炭酸角ハイボールも290円です。

ギンギンに冷えていて炭酸も強めなので、油ものには合うハイバールでした。

以上飲み食いして合計2人で4,000円ほどでした。安い!

50分ほどの時間で飲み食いできるので、時間の合間に気軽に一人で楽しむにもいいお店ですね。

大阪屋台居酒屋 満マル 小松店
石川県小松市土居原町178
TEL 0761-48-4566
11:30~24:00
ランチタイムは~15:00まで
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ