あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: その他グルメ

関西方面に行くときはJRのサンダーバードで移動します。

しかし、サンダーバード、なぜか私が乗るときに限って運転取りやめや遅延がよくあります。^^;

この日も京都線の人身事故の影響で運転取りやめと遅延が発生していました。

そこで、帰る前にもう一軒入って軽く一杯やることに。

この日は一人だったので、気軽に入れるおでん屋さんということで決めたのが、大阪駅からすぐ近い新梅田食道街の1Fにある「たこ梅 分店」です。
たこ梅 分店 (15)


毎日出汁を継ぎ足し継ぎ足しで作っている「関東煮」がウリのお店です。1844年創業という老舗で難波に本店があります。いまでは「日本一古いオデン屋(関東煮屋)」と言われるようになったと、Webで紹介されているほどです。

さて私がお邪魔した時は、まだ本格的に混む前の時間帯だったので、運よく空いていたカウンターの一番いい席?に案内されました。

「たこ梅」という店名の由来となったのが、コの字型のカウンターで、このカウンターの中の中央に店主が立って、お客様の求めに応じて四方八方へ手を伸ばす様が蛸のようだということから、カウンター形式の店を「たこ○○」と呼んでいたそうです。で、初代の名前が「梅次郎」。そこから「たこ梅」となっているのです。
たこ梅 分店

目の前におでん鍋がありました。そんなお店の特等席に座って食べるおでんはまた格別です。

2つに仕切られているのは、鍋の仕切りの左右で火の強さを変えられるようになっていて、品物や状況に応じて調節しているようです。

サエズリやコロなど鯨を加えた鰹ダシに本店創業時からのダシを継ぎ足して炊かれる関東煮。どのタネも美味しそうです。
たこ梅 分店 (3)

まずは生ビールと
たこ梅 分店 (4)

お通しのヌタ。
たこ梅 分店 (7)

おでんのお品書きはこちら。
たこ梅 分店 (6)

頼んだおでんは、こちらはおでん一番人気の大根と、いわしのつみれ団子。
たこ梅 分店 (2)

大根は箸を入れるとすぐに切ることが出来るほど柔らかく、仲間でダシがしゅんでいました。

こちらは季節限定の牡蠣。オーダーが入ってから鍋に投入です。
たこ梅 分店 (8)

熱々で噛む時注意が必要です。^^;

でも美味しかったです。

オーダーが入ってから仕上げるものは、ご覧のように脇に準備されていました。

私はその中から追加のオーダーをします。

「水菜」と「ねぎま」です。
たこ梅 分店 (14)

焼き鳥屋で「ねぎま」を頼めば当然鶏肉ですが、こちらはマグロを使った「ねぎま」。

私でも大丈夫です。
たこ梅 分店 (11)

おでんは以上で終わり。アルコールはハイボールを追加でお願いしました。

以上飲み食いして締めて3,500円ほど。とりあえず40分ほど居てお邪魔しました。場所柄か予想より料金がかかりましたが、長年続いてきた老舗の美味しいおでんを食べられるのですから納得の値段です。ご馳走様でした。

たこ梅 分店
大阪府大阪市北区角田町9-25
 新梅田食道街1F
TEL 06-6311-3309
平日16:00~22:50(L.O. 22:30)
日祝15:00~22:50(L.O. 22:30)
無休(年末年始除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県では最近ハンバーガーをメインにしているお店がだんだん増えています。


他には金沢のせせらぎ通りに「The Godburger(ザ・ゴッドバーガー)」などがあります。

どれも比較的高価格路線を取っていますが、まぁ、2つの巨大M(頭文字)のハンバーガー店とまともに勝負してもダメなので、差別化した品揃えで高級路線で勝負!といったところでしょうか?どうなのでしょう?
行善寺

さて、今日紹介します白山市の行善寺佛子園内にあります「883Cafe(パパサンカフェ)」。
883cafe (16)

883cafe (7)

「行善寺やぶそば」は行善寺の同じ建屋にある温泉施設に併設された飲食店で、温泉に入ったお客さんが主だったと思います。
883cafe

こちらの「883Cafe」は、施設からいったん外に出て、お店に行く必要があります。ちょっとわかりにくかったですね。

佛子園の経営ではなく、テナントとして入っているのでしょう?経営も違うようです。
883cafe (9)

コンセプトは「いろんな分野のちょいワル親父、パパさんが集まるカフェ」だそうで、店内にはパパサンカフェ仕様のドンとハーレーダビッドソンが飾られていました。
883cafe (2)

店内はアメリカンな内装で統一。でも比較的落ち着いた雰囲気でした。

しかしながら、行善寺佛子園には多くの子供さんが来ているのですが、その子たちがお店に出入りするたびに、自動ドアではない引き戸を開けっぱなしにするので店内は寒かったです。

どんなご縁でお店を出したのかはわかりませんが、内外装やコンセプトを見た感じは、正直、この場所には似合わないお店ような気がしました?^^;
883cafe (6)
883cafe (4)

こちらが飲食メニューです。

ハンバーガー屋さんなので、ハンバーガー屋さんで売っているようなメニューしかありません。

カウンターでオーダーをしてお金を先に払います。

私はこちらの「883ハンバーガーセット(900円)」を頼むことにしました。883バーガーの単品は650円するので、やはり高級なハンバーガーですね。
883cafe (10)

883バーガー、フライドポテト、ドリンクがセットになっています。当然ながら別々に頼むよりはお得です。
883cafe (11)

ハンバーガーの中に挟むチーズとソースは2種類からチョイス出来ます。私は普段食べない組合せで、モッツァレラチースとテリヤキソース。

セットドリンクは10種類から。私はピーチソーダを頼みました。
883cafe (15)

883バーガーはさすがにボリュームたっぷりで、バンズの厚みもたっぷり。袋に入れたままでかぶりつきます。

肝心のパテの方も牛肉のうま味がそのままな感じの仕上がりで美味しかったです。ただ、モッツァレラチースとテリヤキソースの組合せはモッツァレラの良さが消えてしまっていたので、ここはハンバーガー定番のチェダーをチョイスすることをおすすめします。
883cafe (5)

妻のほうは新発売の「焼肉ライスバーガー(700円)」を頼んでいました。
883cafe (13)

バンズには、いま話題のスーパーフードらしいのですが「もち麦」も使用して、国産牛の焼肉がたっぷり挟まれたハンバーガーでした。こちらもボリュームありますね!?
883cafe (14)

あと「883スムージー(350円)」を一緒に頼んでいます。バナナ・キウイ・マンゴー、あと小松菜テイストを書かれていましたが、テイスト?ってどういう意味でしょうか??^^;

「いろんな分野のちょいワル親父、パパさんが集まるカフェ」でしたが、先ほどの書きましたが場所的にはそんな雰囲気と違っていたので、いいのかわるいのかわかりません。今後も頑張ってもらいたいですね。ご馳走様でした。

883Cafe(パパサンカフェ)
石川県白山市北安田548-2
 行善寺内
TEL 076-275-0616
11:00~17:00(L.O.16:45)
第2・4木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

平成28年4月1日施行の改正農地法により、農業法人としての要件が緩和されました。

これから益々増えていくことが予想されますね。

石川県には農地が広く存在していて、稲作を中心に農家さんが頑張っておられると思いますが、これからの農業は美味しくて安心・安全な農作物を作っていくことはもちろんのこと、益々の効率化も求められてくるでしょう?
むっつぼし (16)

さて、今日紹介します「むっつぼし 松任本店」は、株式会社六星という農業法人が運営しています。
むっつぼし (14)

当初は自分のところで作られたものを売っていましたが、いまはそれ以外のところのものや加工品・惣菜なども販売。そして店内でそれらをイートインすることもできるようになりました。

こちらを知ったのは、金沢在住の野菜ソムリエ、つぐまたかこさんが関わっていたからです。

店舗はこちらの本店以外にも2店舗あります。

本店には前にも行ったことはあるのですが、昼時を外して行ったため何も食べずに帰っています。

今回、改めて店内のイートインスペースでランチを食べに出かけてきました。
むっつぼし (2)

店内にはお米はもちろん、野菜や惣菜、弁当、パンなど色々な物が売られています。

行った日は3連休の土曜日で多くのお客様で賑わっていました。

ランチメニューには「おむすびプレート」というのがあって、「おむすび2個(税込550円)」と「おむすび3個(税込650円)」の2種類です。

選べるおむすびに豚汁、色々の少しずつのおかず、サラダ、ミニ和菓子が付いています。
むっつぼし

店内で売られている、一個の値段が違うおむすび、どれを選んでもokでした。
むっつぼし (4)

私は2個のにして、選んだのは「高菜じゃこ」と「野菜ちらし」。両方とも単品だと1個128円のおむすびでした。
むっつぼし (6)

両方ともご飯にまぶしてあるタイプのおむすびでした。優しい味で美味しかったですよ!

おかずは、ほうれん草の白和え、キッシュ?、唐揚げ、大学芋(さつまいもの飴炊き)。

豚汁は野菜たっぷりでした。
むっつぼし (7)

デザートにナシと餡の入った小さなお餅も添えられています。

私はおむすび2個ので十分お腹がふくれました。これで550円はお得です。
むっつぼし (17)

また、食べた後、夕飯に我が家で食べるために、これらを買い求めました。
むっつぼし (20)

おでん4個(370円)と、こんな感じのお惣菜セット(498円)です。
むっつぼし (18)

あと、サニーレタスも買いました。

お米や野菜などを買うついでにイートインスペースでランチを食べる!おすすめです。ご馳走様でした。

むっつぼし 松任本店
石川県白山市橋爪町104
TEL 076-276-5266
9:00~17:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近はスーパーマーケットのお総菜コーナーがとても充実してきています。

お惣菜といえば揚物!といった時代はひと昔前。

和・洋・中、洋はフレンチからイタリアン、スペイン、さらにはエスニック系まで幅広いメニューがウリなところも少なくありません。

また品揃えだけではなく、自由に選んで量り売りで家族構成によっても少量多品種で買い求めることが出来るなど便利になってきています。

我が家でも妻が不在の場合は、それらの惣菜にお世話になることが多いですね。

さて今回、金沢から小松に戻るときに家の夕食で食べるお惣菜を買いに来ました。
おかず屋 (7)

金沢市の「おかず屋大額店」というお店です。

店内はとても広いです。

元々店内にはイートインスペースもあって、買ったおかずや弁当をその場で食べられたようですが、今年5月に東京の「KEY'S CAFE」というコーヒーチェーンが石川県初出店のお店として、こちらの「おかず屋大額店」に併設されました。

ネルドリップで抽出する氷温熟成珈琲がウリなようですが、今回は飲みませんでした。

惣菜の種類は豊富です。管理栄養士がいて安心・安全をモットーにしたお惣菜作りを心がけているようです。カロリーや塩分表示が書かれている惣菜もあって、添加物不使用で全て手作り。健康に気遣う人にはありがたいですね。

メニューは定番ものが主体で家庭の味的な料理が多かった気がします。

では買い求めたものを紹介していきます。
おかず屋 (15)

まず単品物として「タラフライ(税別200円)」。こちらは私が食べました。タラの身も厚かったです。
おかず屋 (17)

「マカロニグラタン(税別298円)」。野菜たっぷりですね。
おかず屋 (17)

「串かつ(税別80円)」には珍しくナスが入っていました。娘が嫌いなナスが……。^^;

下記2品は量り売りで、「ポテトサラダ(税別219円)」と、
おかず屋 (21)

「大根そぼろあんかけ(税別207円)」を買い求めました。
おかず屋 (19)

「大根そぼろあんかけ」は上品な味付けでしたね。

晩御飯の置かずに困ったら利用してみてはいかがでしょうか?ご馳走様でした。

おかず屋大額店
石川県金沢市大額2丁目20番地
TEL 076-256-2441
10:00~20:00
1月1日~3日休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「タニタ食堂」。金沢市にそのFC店「金澤 タニタ食堂」がオープンしたのが昨年7月でした。

タニタ食堂の1号店は2012年に丸の内にオープンしています。

体重計など健康計測機器メーカーの「株式会社タニタ」の社員食堂のコンセプトを忠実に再現したメニューを日替わりで提供していて、一時爆発的な人気を得たことはご存じの通りです。

秋田のFC店「あきたタニタ食堂」が閉店したりと、その後は紆余曲折がありましたが、現在、タニタ食堂は大都市を中心に全国8か所にあります。

ちなみに秋田は東北地方の塩辛いもの好きの県民性で、しょっぱい味付けが好きな秋田では苦戦したようです。市中心部の商業施設内にあったようですが、単に「おいしいものを食べたい」と訪れるお客さま相手では難しかったのではないでしょうか?飲食店はどこもそうだと思うのですが、やはり固定客が付くかどうかがカギですから。

さて、全国の「タニタ食堂」FC店は「健康」イメージのと関係から、医療施設とのコラボのところが多いと思います。
タニタ食堂 (2)

金沢でも同じで、同じ建屋に「金澤なかでクリニック」が併設されていました。
タニタ食堂 (6)

私は金沢店がオープンした時から行こうと思っていたのですが、日・祝がお休みで、私が休みの土曜日、たまにHPでメニューを見てみると、意外と鶏肉や豚肉を使ったものが多くて行けずにいました。

「タニタ食堂」には5つのルールがあって以下の通りです。

一汁三菜の定食スタイル
野菜は約200グラム摂取
噛みごたえを残した調理をする
塩分は3g以下
ご飯は1膳100gを目安に

金澤タニタ食堂の管理栄養士がメニューを作っていて、日替わりのランチが1種類、他に「野菜カレー定食」の設定がありました。

行った日は9月の3連休。お店に到着すると、入口に見たことのあるお顔のかたの告知が!米田さんではないですか!?
米田さん

米田さんは、金沢の某広告代理店を今年退職されコミュニティ・ソーシャルワーカーとして独立。NPO法人「ツナガル地域推進ラボ」を設立して代表に就いています。いまは、こちらの「金澤なかでクリニック」の事務長も兼務されているようですね。

地元のテレビ番組でコメンテーターを色々されていて、いまや有名人です。

ちょうどこの日、こちらで「100歳大学」というセミナーを行っていたようで、我々が食べ終わったころに終わられて出てこられました。

いつも笑顔で明るく元気な方です。
タニタ食堂 (3)

話を本題に戻します。「金澤 タニタ食堂」のこの日のメニューは「なめたけソースの和風ハンバーグ(税込830円)」でした。

カロリーは519kcal。ヘルシーです。こちらは妻が食べました。
タニタ食堂 (10)

ご飯はセルフで盛りますが、ご飯茶碗に100gと150gのところに線が入れられているのがタニタ食堂らしいです。白いご飯か五穀米かを選ぶことが出来ます。

ただ自分で盛るので、少し多めになっていますね!?^^;
タニタ食堂 (11)

メインのハンバーグは見ため鶏肉のようでしたが、豚肉だそうです。大根おろしでさっぱりとした和風ソースの味。ハンバーグそのものにはあまり味付けがされていないようです。

副菜は「ピーマンのきんぴら」と「セロリとワカメの酢味噌和え」。スープは「長ねぎとしめじのスープ」でした。これらも味付けは必要最低限ですね。

私は「野菜カレー定食」にしました。こちらのライスはお店側で計って盛り付けられるのできっちり150gです。^^;
タニタ食堂 (13)

もちろん、白米と五穀米がチョイス出来ました。トータルのカロリーはこちらの方が少し高めの667kcalです。

カレーそのものは小麦粉を使ってなくサラッとしたカレーで、キーマ風の大切り野菜がたっぷり乗せられています。
タニタ食堂 (14)

タニタ食堂の5つのルールのうちの一つ「噛みごたえを残した調理をする」ことから、よく噛むように大切りにされているのです。

意外にスパイシーで汗も出てきましたし、こちらの方がスパイスで味の強さを出せるので日替わりのおかずよりも味の物足りなさを感じることはありませんでした。

副菜は「きゅうりともやしのナムル」。スープは「オクラとコーンの中華スープ」。なぜか市販そのままのヨーグルトも添えられていました。

あと妻のほうは、食後のデザートとドリンクを追加しています。先ほどの定食とあわせて1,350円になります。
タニタ食堂 (16)

タニタのオリジナルスイーツは野菜を使っていました。カロリー控えめと書いてありましたが、具体的なカロリーの記載はありません。

コーヒーはクロロゲン酸が2倍含まれているというカフェインレスコーヒーでした。グアテマラ産とエルサルバドル産の最高級グレードの豆を中心としたブレンドだそうです。

さて、健康志向の世の中、「金澤 タニタ食堂」のようなところが南加賀にもあるとうれしいのですが、病院などに併設して院内の食事も作ると、経営的にもいけると思うのですがどうでしょうか?ご馳走様でした。

金澤 タニタ食堂
石川県金沢市近岡町294-7
076-239-4160
11:00~17:00(L.O.16:30)
(食事のL.O.15:99)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ