山中温泉には時々行きます。

名前の通り山の中にある温泉地なので、自然に囲まれて風光明媚なエリア。新緑や秋の紅葉の季節など四季折々楽しむことが出来るからです。

そして行ったときに必ずと言っていいほど歩くのが「ゆげ街道」。ご存じ山中温泉のメイン道路ですね。

観光客がお土産の購入やグルメを楽しむことが出来るお店が並んでいます。
いつき屋 (4)

その「ゆげ街道」で、一番人通りが多いだろうエリアに昨年10月1日オープンしたのが「お食事処 和の食 いつき屋」です。
いつき屋 (8)

こちら「お酒倶楽部 くぼで」の店舗のお隣で営業していました。
いつき屋 (6)

店内はカウンター席と6人掛けのテーブル席が2つ。

夕方5時までの営業で、基本ランチ営業限定のようです。酒屋さんと併設店舗なのに…?とも思いましたが、たぶん、場所的にターゲットが観光客なのでしょう。

調べると。大聖寺駅近くにある「和の食 いつき」が出した2号店でした。
いつき屋 (2)

メニューです。

大聖寺駅の「和の食 いつき」のウリは「地元の加賀野菜を始め、日本海で採れる鮮魚や旬な食材を使い、"和"のお料理をご提供致します。」ということで、たぶん、山中温泉のこちらも同じ路線を踏襲していると思われます。
いつき屋 (11)

私は「日本海の海鮮丼(1,980円)」を頼むことにしました。表に出ていた黒板メニューには金沢港直送と書かれていました。
いつき屋 (12)

乗せられているのはサーモン、イカ、マグロ、ブリ、玉子、縞エビ。縞エビは子持ちの生と茹でエビ。金沢港直送となっていますが、すべてがそうではないと思います。

こちらには小鉢が2皿付いていて、この日は「ホタルイカの沖漬け」と「里芋煮」。両方とも濃い味で酒のアテに良さそうな感じでした。
いつき屋 (9)

妻は「焼き魚定食」で、鯖の塩焼きです。魚によって値段が違い、鯖は1,380円でした。
いつき屋 (10)

山中温泉は北陸新幹線が加賀温泉駅に停車するようになり、徐々に変化してきています。観光客が増えて賑わいが戻ることを願っています。ご馳走様でした。

お食事処 和の食 いつき屋
石川県加賀市山中温泉南町
TEL 090-2220-1158
11:00~17:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング