GWの後半、子供たちが家に戻ってきていたので、久しぶりに4名での外食。

行ったのは小松市末広の弁慶スタジアム(小松運動公園末広野球場)の前にある「日本料理・鮨割烹 つるまる」。2021年の年末にランチでお邪魔して、こちらで紹介しています
つるまる

こちら、コロナ禍以前の昔は会社の飲み会や親戚の法事で利用することが度々ありました。

GWという混雑時ということもあって、1週間ほど前に予約を入れてありました。

コロナ禍以降、カウンター席などがあって大勢が入ることが出来るメインの部屋は使用していないようです。

これまでのように団体客利用を想定するよりも、家族連れの需要にシフトした個室が並んだエリアが主に使われています。

我々は座敷に4人掛けのテーブル席が設置されている部屋に案内されました。
つるまる (2)

こちらお昼のメニューになっていますが、夜も税別で5,500円から会席料理が楽しめて(+サービス料5%)、今回は6,500円でお願いしています。
つるまる (3)

こちらはドリンクメニューです。

そして順番に料理が出されるわけですが、この日は積もる話をしながら楽しんだので、料理の説明を聞いていないところもあり、詳しくは書きません。
つるまる (6)

まずは生ビールで乾杯。こちらでは珍しいオリオンビール。こちら女将さんが沖縄出身なのです。
つるまる (9)

まず出された先付け。4品の酒のアテでした。
つるまる (10)

向付のお造り。こちらも4種類で梅貝は別盛り。
つるまる (12)

鉢肴の焼き物はタラのみそ柚庵焼きだったかな?そしてそら豆も。
つるまる (13)

椀物はハマグリとタケノコ。
つるまる (14)

揚げ物の天ぷらは、山菜中心。
つるまる (16)

締めはにぎり鮨でした。6貫で沖縄の海ぶどうもありました。
つるまる (17)

お味噌汁。
つるまる (18)

デザートは自家製の羊かんで上品な甘さでした。

最後に生ビールのあとに頼んだお酒について。
つるまる (11)

私はハイボールを2杯飲みましたが、妻と息子は能登を中心に地元の日本酒を5~6種類ほど飲んでいました。
つるまる (8)

以上を飲み食いして一人1万円強。少しお酒を頼み過ぎたかもしれません。

家族や友人など少人数の飲食に静かな空間で落ち着いて楽しめるのでいいお店です。ご馳走様でした。

日本料理・鮨割烹 つるまる
石川県小松市末広町71
TEL 0761-24-3380
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.22:00)
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング