神田神保町といえばカレーやラーメン、洋食系の飲食店が多いエリアです。

そして学生や古本屋の街としても知られ、昨今の物価高の折にも比較的リーズナブルに食事が出来るエリアでもあります。

そんな神田神保町で寿司店に入りました。贅沢に感じるかもしれませんが、ランチでにぎりが1,200円ととてもリーズナブルだったので入ることにしたわけです。

さて、私は基本、東京に行っても寿司店に入ることはほとんどありません。

やはり、イメージ的に東京の寿司店は敷居が高く、私の住む石川県に比べて、ネタの割にはお値段が高い!ということからです。

入ったお店の名前は「神田江戸銀 本店」。

ネットで調べてみると、本店となっていますが他に支店があるとは書かれていませんでした。あと、東銀座や福岡などにも江戸銀という名前の寿司店がありましたが、これらは違うようですね。
神田江戸銀

場所は神保町の交差点からすぐのところで、古い雑居ビルの1階奥にありました。

お店のHPを見ると、昭和34年(1959年)創業と書かれていて、その時点から神保町にあるという年季が入っているお店です。創業者は当時の寿司の世界では珍しい女性だったようです。

店内に入ると、1階エリアだけだとカウンター席と8席のテーブル席というこじんまりとしたスペースでしたが、2階に座敷の席があり宴会需要にも対応できるようです。
神田江戸銀 (2)

メニューです。
神田江戸銀 (3)

ランチメニューは色々あり、どれもリーズナブルな値段でした。
神田江戸銀 (4)

こちらはお好み握りのメニューです。

私は「旬にぎり(1,200円)」を頼むことにしました。

早めの時間帯だったのですぐに出されます。
神田江戸銀 (5)

10貫と玉子という内容でした。そこそこのネタの種類。これで1,200円とはすばらしい。

先ほどのお好み握りのメニューの1貫当たりの値段を見ると、ランチのこのお値段は驚きです。もっともネタの違はありますが…。
神田江戸銀 (6)

ランチタイムは味噌汁と一品が付いていて、この日は蕎麦!しかし、この少ない量の蕎麦は何となく違和感がありました。

もちろん、1,200円で贅沢は言ってはいられません。コスパ的には超お勧めです。

ちなみに、こちらのお店、出張寿司やまぐろ解体ショーなどもやっているようです。ご馳走様でした。

神田江戸銀 本店
東京都千代田区神田神保町3-2-5
 九段ロイヤルビル1・2階
月~金 11:30~13:30
月~金 17:00~21:30
土・日・祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング