北陸新幹線が敦賀まで延伸してから早1か月が経とうとしています。


北陸応援割の効果もあり石川県内への観光客の入り込みは多いのではないでしょうか。


しかし、北陸新幹線の加賀温泉駅は、高架下の観光案内所や待合室、コンビニ、トイレなどの完成がだいぶ遅れていて、すべてがオープンするのは今秋になるようです。
Cafe&Bar 髙乃蔵

さて、私は3月下旬に加賀温泉駅を見に行きました。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (11)

目的は々開業の日に加賀温泉駅新幹線改札口にオープンした「Cafe&Bar 髙乃蔵」でランチをするため。

有休を頂いた日に妻と一緒に出かけました。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (12)

オープンして10日も経っていなかったので平日とはいえ混んでいるかと思いましたが、12時少し前の時間帯で拍子抜けの先客0。汗
Cafe&Bar 髙乃蔵 (7)

ちょうど新幹線が発着する時間帯でなかったこともあるのでしょうか?我々が食べている間にも入って来た人は居ませんでした。


「Cafe&Bar 髙乃蔵」は、JR西日本の関連会社と加賀温泉駅近くの駅弁製造販売の高野商店がタッグを組んでいる、海鮮丼とのどぐろ茶漬けや北陸の地酒を楽しめるお店になっています。


内外装に九谷焼の美しい絵柄が使われていました。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (3)

表に出されていた黒板メニューです。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (4)

店内メニュー。


カウンターでオーダーをしてお金を支払うと、ナンバーの書かれたレシートが渡されましたが、お客は我々だけだったのでテーブルまで運んできてくれました。


私が頼んだのは「橋立漁港の海鮮丼(1,400円)」。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (17)

量的には小サイズ。私自身はこれで十分ですが、一般的な男性には少ないかもしれません。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (16)

使われるネタはその日によって変わるようですが、魚介の種類は白身からうに・イクラまで7種類ほど入っていたかな?


橋立漁港となっていますが、サーモンやうに、イクラ、マグロなどは橋立産ではないと思います。醤油は加賀市田尻町で作られた冨士菊でした。


妻は「のどくろ茶漬け(1,100円)」を頼んでいました。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (14)

軽く炙られたのどぐろがたっぷり乗せられていて、お店特製ののどぐろの煮干しのタレとカツオ・昆布で取った出汁をかけて食べます。
Cafe&Bar 髙乃蔵 (18)

美味しかったと言っていました。


お客さんがいなかったことが少々心配ですが、ターゲットは観光客だと思われます。


北陸の地酒を楽しむことに力点を置いているのかもしれないので、観光客が多い日は賑わっているのかもしれません。ご馳走様でした。

Cafe&Bar 髙乃蔵
石川県加賀市作見町ヲ58
 加賀温泉駅新幹線改札口すぐそば
8:30~19:00(フードL.O.18:00)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング