普段はスイーツなどの甘いものはほとんど食べない私です。

まぁ。でも時々はカフェに行って食べたりすることがあり、今回はそんなスイーツの話題です。

そのお店は加賀市宇谷町に昨年11月にオープンした「cuce(クセ)」という小さなカフェ。

この辺りは、どちらかといえば田舎のほうで、その中でもメイン道路から少し入った所に位置していて、いわば隠れ家的なカフェなのです。

北陸の冬としては珍しくほぼ快晴の1月のとある日曜日。

妻と一緒にランチを食べた後、立ち寄りました。
cuce (2)

青空に真っ白な建物が映えますね。
cuce (3)

店内はこんな感じ。
cuce (5)

反対側から見た感じです。許可を得て写しました。
cuce (7)

建物自体が小さいので店内は狭く10名少しで満席となります。壁も白なので店内は明るいですね。我々は窓際の席しか空いていなかったので、そちらに座りました。

席に着く前に入口でオーダーして料金を支払います。
cuce (4)

この日のメニューです。ドリンクとスイーツが数種類ほど並んでいますが、我々が訪れた12時頃で、もうないメニューが何種類かありました。

売切れのところを含めて書くと、

季節のショートケーキ
タルト2種
さつまいものロールケーキ
キャロットケーキ
米粉のチーズテリーヌ
苺のパンナコッタ

といった内容だったようです。

これらは自家製で、少量ずつしか作られていないのかもしれません。

私は、季節のショートケーキ(600円)で、この日は苺のショートケーキ。
cuce (14)

食感や味含めて本当に優しいケーキで、特に生クリームの控えめな甘さが印象的でした。甘いものが苦手な私にはありがたい甘さでした。

ドリンクはそれに合わせて棒茶をベースにしたハーブティー(650円)を頼んでいます。ハーブティーには緑茶をベースのものもあります。
cuce (17)

加賀棒茶にルイボス・ジンジャー・エルダーフラワー・カレンデュラが使われていて、クセが少なく、ほんのりと加賀棒茶の香ばしさが鼻に抜ける美味しいハーブティー。ショートケーキにもマッチしていました。

妻は「季節のタルト」で、金柑と苺があり、苺(600円)を頼んでいました。
cuce (16)

ちなみに乗せられているエディブルフラワーは元日に震災を受けた能登にある「あんがとう農園」のを使っていると書かれていました。
cuce (8)

ドリンクは金沢のブランケットカフェで焙煎された豆で淹れられた、深煎りの「cuceブレンド」のコーヒー。

いいお天気で、窓から差し込む冬の優しい日差しに寄り添うような優しい味のスイーツとドリンク。ホッとした時間を過ごすことが出来ました。

ちなみに、ケーキはテイクアウトが可能で、我々が居たときにも買い求めにくるお客さんがいらっしぃました。家で愉しむのもいいですね。ご馳走様でした。

cuce(クセ)
石川県加賀市宇谷町己31
水・木・土・日
11:00~17:00
月曜・火曜・金曜休(不定休あり)
インスタページでお知らせ



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング