2023年5月に新型コロナが第5類に変更になってから段々とコロナ禍前の生活が戻ってきました。

飲食店はコロナ禍で大きな影響を被った業種ではありますが、この苦境を乗り越えたお店には、コロナ禍以前のときより以上に繁盛して欲しいと願っております。

さて、昨年末の忘年会。皆さんは何回ほど参加したでしょうか。

私の場合は、コロナ禍前から会社関係は年に1~2度ほどだったのですが、昨年末も1度だけでした。

今日は、その時に利用した小松市土居原町にある「小料理 げん」を紹介します。
小料理 げん

前回は4年8か月ほど前に行っていて、こちらで紹介していますが、前回は妻と二人で訪れています。

「小料理 げん」がオープンしたのは2019年4月。オープンして1年経たずしてコロナ禍になったわけですが、何とか持ちこたえて現在に至っています。

お店自体はこじんまりとした感じです。入ってすぐがカウンター席。奥が座敷のテーブル席になっています。

この日のメンバーは全員がいい年齢の方ばかり5名。料理は日本の四季を楽しむおまかせコースで、量より質の5,500円コースでお願いしました。
小料理 げん (2)

アラカルトメニューもあります。
小料理 げん (5)

そしてドリンクメニューです。

この日は平日の夜でしたがテーブル・カウンターともほぼ埋まっていました。12月なので忘年会シーズンだったこともあるでしょうが、やはり人気のお店ですね。
小料理 げん (6)

まずは生ビールで乾杯です。
小料理 げん (7)

最初に出されたのがお造り。どれも脂が乗っていました。
小料理 げん (8)

焼き物はサワラだったかな?の柚庵焼き。
小料理 げん (10)

こちらは蒸し物の茶碗蒸し。美味しい出汁がきいていました。
小料理 げん (11)

揚げ物は天ぷらで内容はタラの白子・舞茸・わかさぎ。何の塩だったかわかりませんでしたが、こちらで食べます。

そして、ちょうど、香箱ガニの期間で、一人1杯出されました。
小料理 げん (12)

今シーズンは香箱の値段は昨年までよりは求めやすかった気がします。私も例年よりは多く食べる機会がありました。

香箱は美味しいのですが、家で食べると身を出すのが少し面倒で、特に胴体のところが。汗

お店だと身を出してくれるのでうれしいですね。
小料理 げん (13)

料理は以上で、最後の締めは貝柱の雑炊でした。こちらも出汁が美味しかったです。

あと、生ビールのあとに飲んだアルコール、私はハイボールを2杯飲みましたが、他の方は焼酎を頼んでいました。

以上を飲み食いして一人8,000円。大体予想通りの値段でした。

ご主人は、小松でも人気の会席料理のお店「四季彩 粋庵」の会社で腕を磨いていたので、料理はどれも満足できる内容です。ご馳走様でした。

小料理 げん
石川県小松市土居原町288-1
TEL 0761-27-2365
17:30~24:00
日曜、第2・4月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング