来春の北陸新幹線延伸に向け、小松をプリンのまちに!というプロジェクトが進んでいます。

小松菓子業組合が主体となって取り組んでいますが、サンリオの人気キャラクター「ポムポムプリン」が小松の応援隊長というつながりでの試みで、「こまつプリン」と銘打って、加盟する小松菓子業組合の各店舗がオリジナル商品を開発しているようです。

会員には和菓子屋さんも多く、そんなお店でも新商品として取り組むようなので期待ですね。

さて、そんなプリンですが、小松にプリンの専門店がオープンしたということで、オープン2日目に行ってきました。

それは、小松市若杉町に11月10日オープンした「極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉(ひかり)」です。
極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉

洋菓子屋さんがプリンを品揃えしているケースが多いと思いますが、プリンの専門店は小松市では少ないです。

前に安宅にオープンした「浜のぷりん」を紹介したことがありました

なお、この場所は、前は海鮮丼の専門店「小松丼丸 若杉店」だったところです。

野々市の小さなプレハブから生まれた「極生プリン専門店 いけ田 野々市総本店」の小松店で、ここは、現在では全国に18店舗を構えるプリンの人気店だそうです。
極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉 (2)

お店のスペースは広いです。プリン専門店で、かつテイクアウト専門なので、本当はこんな広いスペースは必要ないように思えました。

お店に到着したのがちょうど12時ごろ。中に入ると、冷蔵ケースの中にはプルンがあまりありませんでした。

オープン2日目で土曜日ということもあって、だいぶ売れたようですね。

こちらでは、スイート・ビター・クリームブリュレ・チョコというラインアップ。

残っていたのはスイートとビターの2種類だったので、その2種類を買い求め、両方とも370円でした。
極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉 (3)

カラメルソースは別の小さなボトルに入っていて、それをかけて食べるわけです。

特徴は「絹のようなとろける口どけのプリン」。たしかにそんな感じでした。ちなみにこちらのお店では小松市の「小松鶏卵」の卵を使用しているとのこと。

私はビター、妻はスイートを食べています。スイートがスタンダードな味です。ただ、私が食べたビター、プリン自体はビターな味ではなくスイートな味。カラメルソースがビターでした。
極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉 (8)

スイートを食べていないのでわかりませんが、もしかしたらスイートとビターの違いはカラメルソースの違いなのかな?

ネットで見てみると、チョコや他のプリンは色合いが違っていたので各々味が付いているのだと思いますが、スイートとビターは同じなのかもしれません。間違っていたらごめんなさい。

プリン専門店で独立した店舗を構えるチャレンジですが、今後も頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

極生プリン専門店 いけ田 小松店 釉(ひかり)
石川県小松市若杉町2-52
10:00-18:00
※売切れ次第終了
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング