イオンモール白山の1階にある「グランシェフズキッチン」。

私のブログでも何度か登場しているところです。

しかしながら、これまで何度も店舗がスクラップ&ビルドされています。いくつかの店舗は「金沢まいもん寿司」が運営をしていましたが現在は撤退?されているようす。

今日紹介するのは「il Fri sio HAKUSAN(イル・フリージオ白山)」。
イルフリージオハクサン

この場所は「イル・ケェッチャーノ」のあとは「洋食屋 PaPa'sキッチン」となり、短い期間で再度変わったというわけです。
イルフリージオハクサン (6)

「il Fri sio HAKUSAN(イル・フリー・ジオ白山)」は、山形県鶴岡市にある有名なお店「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行氏が、東京虎ノ門ヒルズビジネスタワーに作った「振り塩とイタリアン イル・フリージオ」の支店の位置付けとしてオープン。この場所の運営権を一部奥田政行氏が引き継いでいるようです。

店名の「フリージオ」は「振り塩」にかけています。世界で初めて?の「塩とオイルで楽しむオイル寿し」を食べることが出来るお店として人気なのです。

この日、その奥田政行氏が「il Fri sio HAKUSAN(イル・フリージオ白山)」にいらっしゃると聞いてランチを食べに入りました。
イルフリージオハクサン (9)

内装は「イル・ケェッチャーノ」からほとんど代わっていませんが。私の友人の建築家 戸井建一郎氏のトイットデザインが内装を担当していて、青い暖簾も今回に合わせて新たにかけられています。

さて、「イル・ケェッチャーノ」のときも書きましたが。奥田政行氏について改めて紹介を。

彼はイタリアのスローフード協会国際本部主催の「テッラ・マードレ2006」で、世界の料理人1000人に選出されたり、TBSの「情熱大陸」やNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられたことがある超一流の料理人なので、国内外で幅広く活躍されています。
イルフリージオハクサン (2)

こちらがランチのセットメニュー。
イルフリージオハクサン (4)

「オイル寿し」以外にもパスタやコースもありました。
イルフリージオハクサン (3)

私はせっかく奥田シェフがいらっしゃって料理も作ってくれるということで「イルフリセット(4,200円)」を頼むことに。「自慢のオイル寿しを魚料理や選べるパスタなどと堪能するプラン」だそうです。
イルフリージオハクサン (13)

まず出されたのが「野菜のバーニャカウダ」。色とりどりの野菜の真ん中にあるのは「いしるとカリフラワーのバーニャカウダソース」です。さっぱりと食べることが出来ました。ちなみに「いしる」はイカの「いしる」でした。
イルフリージオハクサン (14)

次に出されたのはスープで山形のだだちゃ豆を使った冷製スープ。夏らしい一品です。

そして、こちらのお店のウリのオリーブ寿し。

「イルフリセット」にはオイル寿しおまかせ5貫が付いていて、最初のお客さんだった一人客の私には一貫ずつ握って出してくれました。あとのお客さんは2人の方が何組か続けて入ってきたからか、お皿で5貫一緒での提供でした。

ネタに合わせて世界各地の30種類のオリーブオイルと100種類ほどの塩からチョイスして振りかけるという握り寿しで、その組み合わせはすごいですね。
イルフリージオハクサン (15)

最初はカンパチ。ビアンコリッラと月の雫の塩で食べさせてくれます。
イルフリージオハクサン (16)

ヤリイカは生姜オイルと月の雫の塩。柚子の風味が加わっていました。
イルフリージオハクサン (19)

アジはスペインオリーブオイルと珠洲の塩。
イルフリージオハクサン (20)

カツオは軽くたたきで、青唐辛子オイルに竹炭塩。
イルフリージオハクサン (21)

最後のズワイガニにはマカダミアナッツオイルに水晶塩という組み合わせです。

素人には組み合わせの妙を理解することが出来ませんが、お聞きするとオリーブオイルと塩を生かすためにシャリの酢は少し控えめにして使ったいるようです。

初体験の握り寿しだったので、本当の味をわからなかったかもしれません。次回はもっとしっかり味わいたいと思いました。

次の「選べるパスタ」はこちらからのチョイスになっていましたが、追加料金が発生するものが多かったです。

奥田シェフが調理されるので、私がシンプルなアーリオオーリオがいいと思って「伝説のアーリオオーリオペペロンチーノ」にしてみました。
イルフリージオハクサン (22)

ガーリックチップはもちろん、ソースにもガーリックがきいていてペペロンチーノの程よい辛さも相まっていたのと、青さを使って磯の風味がオイル煮プラスされていて美味しかったです。
イルフリージオハクサン (12)

そしてメインですが、何と!奥田シェフが直々にメインの魚料理に使用するこの日入荷の魚を並べて説明をしてくれました。

魚によって料理法も変わるようで、私はカサゴをチョイス。

調理法はアクアパッツァ。あさりとオリーブがたっぷり入っています。
イルフリージオハクサン (23)

カサゴは骨が多い魚で、かつ小ぶりだったのできれいに食べるのが少し大変でしたが、ワインが欲しくなる一品でした。
イルフリージオハクサン (24)

デザートは枝豆と豆乳のジェラート。口の中を締めてくれました。

この日は私は最初の客で、奥田シェフと直接色々お話をすることが出来たのでラッキーでした。山形県鶴岡市の「アル・ケッチァーノ」はもちろん、虎ノ門ヒルズビジネスタワーの「振り塩とイタリアン イル・フリージオ」へも行ってみたくなりました。

ディナーは東京の「イル・フリージオ」では25,000円のコースが8,800円で愉しむことが出来るなど、同じ「イル・フリージオ」の味を楽しめるようで、地方都市ということもあってリーズナブルな値段設定でした。

皆さんも奥田シェフのマジックを楽しんでみてはいかがでしょうか?ご馳走様でした。

il Fri sio HAKUSAN(イルフリージオ白山)
石川県白山市横江町横江町5001 イオンモール白山1F
TEL 076-259-5237
ランチ
11:30~15:00(14:30LO)
ディナー
17:30~21:00(20:30LO)
水曜休、祝日の場合は翌日

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング