我が家は私も妻もお酒が好きです。

毎晩のように家で料理を楽しみながらお酒を飲んでいます。

しかし、若いころはバーにまで行ってお酒を飲むことはあまりありませんでした。

バーに行って飲むようになったのはここ20年ほどかな?

さて、今日紹介するのは、そんなオーセンティックバー「Bar INGOD(インゴッド)」。

高岡で長くお店をやっておられていましたが、元々は金沢片町のバーにいらっしゃったオーナーバーテンダー。奥様が金沢の方ということもあって、ホテル日航金沢近くにこの4月に移転オープンされています。
インゴッド

こちらのお店を紹介してくれたのは、建築家の川畠くん。お店の改装の設計・デザインを担当しています。
インゴッド (2)

金沢ビルランという飲食店のいわゆる雑居ビルの3階にあって大人の隠れ家的バー。この4月20日に移転オープンばかりで贈られたお花が並んでいました。
インゴッド (3)

店内はシックで落ち着いた空間。
インゴッド (5)

カウンターは目にも鮮やかなブビンガの一枚板で作られていました。

我々はカウンター席に座ります。

目の前にはたくさんのボトルが並んでします。見た目ですがウィスキーの種類が豊富な気がしました。

この日は平日でしたが、我々が来て30~40分後にはカウンター席は満席になりました。人気ですね。高岡や片町時代からのお客さんが付いているのでしょう?

季節のフルーツカクテルや自家製の燻製がウリのようです。
インゴッド (10)

こちらは最初に出されたチャームで3種類。真ん中は燻玉でした。
インゴッド (8)

そして、まず頼んだのは私は夏のカクテル「モヒート」。すっきり飲みやすいです。
インゴッド (15)

二杯目は「デュワーズ ジャパニーズスムース 8年」の「和」を使ったハイボール。

ハイボール言えば「デュワーズ」ですが、「デュワーズ ジャパニーズスムース 8年」は、ミズナラ樽で熟成されています。

おつまみは、川畠くんからもおススメされた「燻製の盛り合わせ」を頼むことに。
インゴッド (17)

自家製の「燻製の盛り合わせ」は、ご覧のような形で登場!
インゴッド (18)

蓋を開けると、スモークが抜けて「燻製の盛り合わせ」が現れます。大そうな登場の仕方ですね!?今時のインスタ映え…?
インゴッド (20)

この日は合鴨、玉子、シシャモ、カニカマ、ちくわキュウリ。なかなか面白いバリエーションでした。

ほんのり燻製香が鼻に抜けて、この時飲んだ「デュワーズ ジャパニーズスムース 8年」の「和」を使ったハイボールに合いましたよ。
インゴッド (9)

妻は季節のフルーツカクテルでキウイ。たぶんジンベースだったと思います。
インゴッド (12)

2杯目は三郎丸蒸留所のブレンデッドウィスキー「STAR LIGHT Y’sカスク ラーセンコニャックカスク」。「LARSEN」の空樽で1年以上熟成されたものです。
インゴッド (21)

3杯目はシングルモルトスコッチウイスキー「ノッカンドゥ 12年」をハイボールで頼んでいました。調子に乗っています。

これだけ飲み食いしたので、少々、お高くついて一人6,500円ほどかかりましたが、色々変化にとんだお酒とアテを楽しむことが出来てよかったです。ご馳走様でした。

Bar INGOD(インゴッド)
石川県金沢市本町2-4-30
 金沢ビルラン3F
TEL 076-225-7225
19:00~27:00
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング