子供のころ、鮎を食べるのが好きではありませんでした。

内臓が苦くて身が少ないことが理由だったと思いますが、大人になってからお酒を飲むようになり、その苦味が逆にいいとわかってきたわけです。

そんな鮎ですが、中国語では「香魚」と書き、特に初夏の若鮎が美味しいと言われています。

今回、鮎の解禁前の時期でしたが、鮎料理専門店で食べてきたので紹介したいと思います。
鮎料理専門店 鮎や

伺ったのは庄川沿いにある「鮎料理専門店 鮎や」です。
鮎料理専門店 鮎や (3)鮎料理専門店 鮎や (6)


大きなお店で、大人数が一度に入ることが出来ます。
鮎料理専門店 鮎や (5)

生け簀には鮎がたくさん泳いでいました。

お品書きです。一通りの鮎料理を楽しむことが出来る「鮎料理」のセットメニューです。
鮎料理専門店 鮎や (8)

5品と7品があって、7品には「鮎昆布巻き」と「季節の炊き合わせ」が付いていましたが、我々は5品の3,520円を頼むことに。
鮎料理専門店 鮎や (9)

そしてこちらのメニューに出ていた「鮎の釜飯セット(3,520円)」も頼んで、2人でシェアして食べることにしました。
鮎料理専門店 鮎や (10)

あと、こちらは追加料理メニューです。
鮎料理専門店 鮎や (15)

出された鮎料理5品はこんな感じです。
鮎料理専門店 鮎や (18)

お造り。
鮎料理専門店 鮎や (20)

若鮎の茶碗蒸し。
鮎料理専門店 鮎や (19)

天ぷら。若鮎と山菜で、そめおろしで食べます。
鮎料理専門店 鮎や (21)

こちらは鮎うるか。酒のアテにいいです。

そして若鮎の塩焼きは、焼く前に現物を見せに来てくれました。
鮎料理専門店 鮎や (11)

「生粋の庄川鮎」と書かれた札が添えられていますが、これらは養殖した鮎なのです。
鮎料理専門店 鮎や (13)

庄川の鮎は有名ですが、このようなお店では天然鮎はほとんど使われていないと思います。

ご多聞に漏れず、近年、天然鮎の漁獲量が減少してきて、このような大きなお店では安定的な供給が見込めないため、必然的に養殖の鮎を使わざるを得ないのです。

しかしながら近年養殖技術が進化してきており、味の面では天然の鮎に遜色がないくらい向上してきているのではないでしょうか?
鮎料理専門店 鮎や (4)

そして、こちらの囲炉裏で焼かれるわけです。
鮎料理専門店 鮎や (22)

さすがに焼き立ては美味しいですね。

ペロリと食べてしまいました。

「鮎の釜飯セット」のほうがこちら。
鮎料理専門店 鮎や (16)

味噌汁と漬物、そして鮎うるかが付いていました。
鮎料理専門店 鮎や (17)

鮎の釜飯には2尾の鮎が乗せられています。

少し濃いめの味でしたが、こちらの方も美味しかったです。

これから秋に向けて鮎料理は色々違いを感じながらも楽しめると思います。皆さんも行ってみてはいかがでしょうか。ご馳走様でした。

鮎料理専門店 鮎や
富山県砺波市庄川町庄1218
TEL 0763-82-6661
3月~11月末日まで無休
昼11:00~15:00(最終入店 14:00、ラストオーダー14:30)
夜17:00~19:30(最終入店 18:30、ラストオーダー19:00)
毎週火曜は昼のみ営業(祝・お盆期間は夜も営業)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング