昨年、加賀市の大聖寺駅構内に新しいパン屋さんがオープンしました。

「de tout Painduce 大聖寺店」というパン屋さんで、私のブログでは、こちらで紹介しています

それは大阪の「パンデュース」が初めて大阪以外に出したお店なのです。

駅舎を活用した珍しいパン屋さんとして、オープン以来、地元の方を中心に人気になっています。

今回、大阪に行ったときに、靭公園に行く予定があったので、ついでに本店に立ち寄りパンを買い求めることにしました。

場所は淡路町。私が大阪に住んでいた時のマンションから、歩いて10分ほどの距離にあります。

こちらがパンデュースの本店になります。
パンデュース本店

私のブログでは、大聖寺店以外にも大阪駅や新大阪駅、心斎橋など、他の店舗についても紹介したことがありますが、本店は初めてです。

こじんまりとした感じの外観。
パンデュース本店 (4)

店内は比較的ゆったりとした感じでパンが置かれていました。
パンデュース本店 (2)

本店なので、もっとパンの種類が多いのかと思いましたが、パンの種類は大聖寺店のほうが多いような気がしました。

パンデュースらしい、面白そうなパンが色々あって、何を買おうかしばし悩みます。

では、今回買い求めたものを紹介します。
パンデュース本店 (10)

こちらのある意味凄いビジュアルのパンは「紫キャベツのガレット」。
パンデュース本店 (9)

生ハムと紫キャベツとエメンタールチーズを乗せて焼き上げられていて、紫キャベツのシャキッとした食感が驚きでした。

ほんのりチーズの風味がして、ワインやビールのアテにも良さそうでした。

こちらは「アルザシアン」。
パンデュース本店 (12)

フランスのアルザス地方のタルトフランベをイメージして作ったパンで、パンデュースのロングセラー商品だそうです。
パンデュース本店 (11)

⁡ ヨーグルト入りのカンパーニュ生地にベーコンと玉ねぎを乗せて焼き上げてありました。

こちらは「スムレラブール」という名前のパン。
パンデュース本店 (14)

北海道十勝産の小麦粉を石臼挽きして全粒粉タイプとして使い、冷蔵発酵を取ってガスを抜かずにそのままの雰囲気で焼き上げられたパンです。

しっかりとした小麦粉の風味が味わえて美味しかったです。

こちらもワインのお供によさそうでした。

石川県にもお店があるということで、やはり親近感がわきます。頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

パンデュース本店(PAINDUCE)
大阪府大阪市中央区淡路町4-3-1
 FOBOSビル1F
TEL 06-6205-7720
平日8:00~19:00
土・祝8:00~18:00
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング