イオンモール白山がオープンして早1年が経とうとしています。
イオンモール白山

コロナ禍でのスタートとなり、一時は駐車場の空きが目立つ時期がありましたが、現在は休日の時は混雑しています。

私のブログでは、イオンモール白山内の飲食店を相当紹介してきました。

特に1階にあるグランシェフズキッチンについては、今日紹介する「カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)イオンモール白山店」を除いてはすべて紹介しています。

グランシェフズキッチンでは、有名シェフの料理が食べられるお店が並んでいて人気がありますね。
カフェ ドゥ アッシュ

しかし「カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)イオンモール白山店」は辻口博啓さんのスイーツを楽しめるカフェということで、甘いものがそれほど好きではない私にとっては、これまであまり行こうという気持ちになりませんでした。
カフェ ドゥ アッシュ (9)

4月末に、こちらのお店で辻口博啓さん監修のカカオ入りのカレーを提供するということがテレビで紹介されていて、それなら行ってみようということでGWに行ったのですが、12時過ぎですでに売り切れ。残念でした。

そこで5月に有休を取っていた日にリベンジで行ってきました。

余談ですが、「カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)イオンモール白山店」は、グランシェフズキッチンでランチを食べるたびに様子を見ていましたが、ランチライムでグランシェフズキッチンの他のお店が満席の時でも、ここだけは席がほとんど空いていました。

スイーツのお店なのでやむを得ないのでしょうが、イートインスペースを有効利用するといった点では、ランチメニューなどを設定したほうがいいのではないかとずっと思っていました。

そんな中でのカレーの設定ということで、世界的なパティシエの辻口博啓さんがどのようなカレーを作るのか興味津々で食べに行きました。

お店に到着したのが11:40ごろ。平日だったのでカレーはまだあってよかったです。
カフェ ドゥ アッシュ (2)

正式な名前は「能登豚のスパイシーカカオカレー(1,375円)」という名前で、「カカオの魅力を知り尽くした職人が生み出すスパイスとカカオの魅力のマリアージュ」と書かれていました。期待大です。
カフェ ドゥ アッシュ (10)

カウンターでオーダーして呼び出しブザー受け取ってからイートインコーナーの席で待ちます。
カフェ ドゥ アッシュ (3)

出されたのがこちら。
カフェ ドゥ アッシュ (6)

パッと見た目は、今流行りのスパイスカレー的な感じです。三つ葉とピクルスが乗せられています。

能登ワインでピンクに色付けされたピクルスが彩りを添えていました。

しかし私は能登豚とカカオ以外どんなものが素材として使われているのかを全く知らずに食べました。

最初ルーを一口食べてみると、ほのかな甘さを感じましたが、その後、スパイシーな風味でほどよい辛さを感じるカレーでした。美味しいです。

家に帰って調べてみると、白山市の唐辛子「剣崎なんば」や、20種類以上のスパイス、フルーツなどを使っているようです。辛さの元は「剣崎なんば」だったんですね!?確かになかなか深みがある味でした。

ライスは石川県産の黒米ともち麦をブレンド。モチっとした食感と黒米の歯ごたえある弾力。ボリューム的にも満足でした。
カフェ ドゥ アッシュ (5)

妻はジャスミンレモネード(税別475円)を頼んでいます。ちなみにカレーを食べた場合ドリンクは税込みで200円引きになります。

カレーの隠し味にチョコレートを使用するのはよく知られていますが、ショコラトリーのお店を持つ辻口さんならではの発想で作られるカレーは一度食べてみる価値がありますね。ご馳走様でした。

カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)イオンモール白山店
石川県白山市横江町1681
 イオンモール白山1Fグランシェフズキッチン内
TEL 076-227-9772
10:00〜21:00(L.O.20:00)
休みはイオンモール白山店に準ずる



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング