ビジネス街には飲食店が多くあります。

コロナ禍前までは、お昼はランチを食べる、夜は仲間と一杯やる、などそれらの飲食店を利用する機会が多かったでしょう?

今回の出張では東京に4日間居て、お昼と夜に外食する機会が7度ありました。

そこで、お店をチョイスするためにネットでも色々検索したり、街中を歩いてみると、やはり閉店になっているお店がたくさんあるなぁと感じました。

一応、緊急事態宣言などはすべて出てない状況ですが、ランチタイムのひと頃の長い行列ができるのを見慣れた人間には、寂しい感じがしました。

個人的に順番待ちに並ぶのが嫌いなのですが、補助金もない現在、そしてテレワークや外に食べに出るのを敬遠する人が増えたりで、お店側にしてみれば経営的に苦しくなっていることは間違いないと思います。
わしょくや 九段下 (7)

さて、今回紹介するお店と、前段の文章とは特に関係がありませんが、今日紹介するのは地下鉄九段下駅にほど近い場所にある「わしょくや 九段下」という、名前の通り和食、それもおばんざいをウリに人気なお店です。
わしょくや 九段下 (3)

お店は靖国通りから路地に少し入った雑居ビルの地下一階にあります。

ランチタイムは、席に案内される前に、何を食べるかオーダーするスタイル。
わしょくや 九段下

メニューは「おばんざいランチ(900円)」のみ。外に出されている看板にその日の種類が張られていました。

この中から私は「いわし天みぞれがけ」を頼むことにしました。

ランチには全種類に刺身・お浸し・豆腐・煮物・サラダ・香の物・味噌汁が付いていて、主菜のみ選ぶことができるということです。
わしょくや 九段下 (4)

まだそれほど混雑していない時間帯だったのと、主菜のいわし天もある程度事前に準備されていたのでしょう、すぐ出されました。

刺身はマグロの小さな切り身2切れ。お浸しはもやしとほうれん草。サラダはゴボウ。煮物は切干大根。
わしょくや 九段下 (5)

「いわし天みぞれがけ」は、ほどよい酸味のみぞれ餡で美味しくいただくことが出来ました。

色々な種類のおかずを楽しめるのはうれしいです。

また、ご飯が白ご飯か玄米がチョイス出来、私は玄米をお願いしています。よく噛んで食べます。

お客さんも男性のみならず女性の姿もそこそこ見られました。内容的に女性受けするランチだったかもしれませんね。
わしょくや 九段下 (2)

こちらが夜メニューですが、夜も、ランチタイムと同じように、おばんざいを中心とした料理で一杯やるのもいいでしょうね。ご馳走様でした。

わしょくや 九段下
東京都千代田区九段南1-4-5
 文祥九段ビルB1F
TEL 03-3237-0234
11:30~14:00
17:00~23:00
日・祝、年末年始


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング