コロナ禍の中、日本の妖怪「アマビエ」が注目されていますが、最初「甘えび」だと聞き間違えていたあさぴーです。^^;

今日は「ビエ」ではなく「エビ」の話題。「えびそば」を食べさせてくれるお店の紹介です。

「えびそば」「エビラーメン」というジャンルの本場は北海道。前に札幌に行った時に「えびそば一幻」という人気の「えびそば」のお店で食べた一杯が記憶に残っています。

今回、金石にそんな「えびそば」を食べさせてくれるお店が出来たと聞いて出かけてきました。
札幌 海老麺舎 (19)

場所は石川県銭屋五兵衛記念館の駐車場内?前は同じくラーメン店「らーめん伝承」だったところです。
札幌 海老麺舎 (20)

こちらのお店は「札幌 海老麺舎」という(株)FPCというところのFC店ですね。

店内に入り、食券機で食券を買ってから席に座ります。
札幌 海老麺舎 (5)

ちょうど正午ごろだったので店内はそこそこ混雑していました、ソーシャルディスタンスは確保されていました。
札幌 海老麺舎 (3)

「濃厚海老スープ」「自家製麺」「海老スープ専用タレ」「石焼の器」「〆丼」という5つの特徴がHPには書かれていましたが詳しくはそちらを見てください。

夏には熱いラーメンは食べない私ですが、たまにはいいでしょう?^^;
札幌 海老麺舎 (2)

さて、メニューには「えびそば」だけではなく他にも色々ありました。

でも、やはりこちらのお店一押しのメニューといえば「濃厚海老つけ麺並(税込1,070円)」だそうで、私はそちらを食べることに。麺は並と大盛りが同じ値段でした。

「つけ麺」を食べるのも久しぶりかもしれません。

出されたのがちら。
札幌 海老麺舎 (11)

石焼ビビンバ用かな?「石焼の器」にグツグツと煮込まれたもうもうと湯気が出ているつけダレです。
札幌 海老麺舎 (12)

猫舌の私はしばらく置いて少し冷ましてからでないと、食べると大変!
札幌 海老麺舎 (14)

麺を一本まずそのまま食べます。もちっとした弾力があって超多加水麺ですね。こりゃ海老の旨みを吸いこみそうです。

オリジナルのつけダレは季節の応じて大量の伊勢海老・甘エビ・オマール海老等を使用して作ってるようです。
札幌 海老麺舎 (15)

泡が少しおさまったころ、つけダレにつけて食べます。やはり濃厚な海老の味がしますが単純に海老の味だけではありませんね!?香味野菜や魚介類の味が絡んでいます。

トッピングはナシも選べましたが、私はアリで、チャーシュー・メンマ・海苔・半熟玉子半分が入っていました。

そしてすべて食べ終わった後、無料だったのでご飯を少々頂き、石鍋の中に入れます。
札幌 海老麺舎 (16)

煮立って濃厚になったつけダレとご飯の相性が抜群!美味しいです。

なかなかクセになりそうな味でしたね。

妻は濃厚なつけダレに割りスープを加えている「海老ラーメン(税込940円)」を頼んでいます。
札幌 海老麺舎 (7)

私も少し食べましたが、スープでマイルドに味が調整されていますが、海老ラーメンとしての特徴はしっかり残っていて、中細麺に絡んで美味しかったですよ。
札幌 海老麺舎 (9)

お値段少々高めかもしれませんが、インパクトがあるつけ麺とラーメンなので、好きになる人は好きになるでしょうね!?

石川県は甘えびが有名なので、この手のラーメンを8番らーめんさんあたりが作ってくれてもよさそうではありませんか?ご馳走様でした。

札幌 海老麺舎 金沢銭五店
石川県金沢市普正寺町3-85-1
TEL 076-299-7058
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング