石川ケンミンのソウルフードと言われている「8番らーめん」。

緊急事態宣言が発出されて以降、私のブログで「8番らーめん」ネタが多くなっています。何でやろ?

コロナ禍の中、せいぜいが自宅から半径15km程度の移動しかいていない昨今。どうしても小松市中心のお店の紹介が多くなっていますね。

内容的にはテイクアウトや新しいブランドの紹介と続いていますが、さて今回は「8番らーめん」は限定メニューについてです。

私が子供のころはラーメン類は「野菜らーめん」しかメニューになかったので、「8番らーめん=野菜らーめん」というイメージがありますが、この頃は季節ごとのメニューや新作なども色々出ているようです。

私のブログでも一度、本店で数量限定の「野菜トマトらーめん」について紹介したことがあります
8番らーめん

今日は城南末広店に行って、春夏限定の能登の伝統野菜「中島菜」を使った「中島菜ざるらーめん」を食べてきたので紹介したいと思います。
8番らーめん (4)

早めの時間帯だったのでお客さんは少し。カウンター席はひと席毎に空けて座る形になっていました。
8番らーめん (2)

こちらが今の時期の季節限定のメニューです。普通のざるラーメンもありました。
8番らーめん (3)

そして「野菜麻辣らーめん」なんてのもあって、夏の期間は辛い物を食べて汗を出すのも体にはいいと思うのですが。私は冷たい「中島菜ざるらーめん」を頼むことにしました。

出されたのがこちら。
8番らーめん (5)

能登の伝統野菜「中島菜」は、旧中島町で昔から食べられてきた、野沢菜や広島菜などと同じ漬け菜のことです。名前の通り漬物に適した菜っ葉なのです。
8番らーめん (6)

それを生のまま粉状にしたものを麺に練りこんであるようで、ご覧の通り鮮やかな緑色の麺です。つけ汁に漬けて食べます。薬味は一味がかけられた大根おろし、ネギ、わさび。

まずはそのまま麺を一本だけ何もつけずに食べてみました。噛むと、確かに菜っ葉のような風味が口の中に広がりました。ラーメンというより爽やかなうどんのような感じでした。これからの季節にいいですね。

今回、8番餃子とのセットにしていています。税込で957円でした。
8番らーめん (7)

8番餃子は久しぶりに食べます。少し小ぶりな餃子ですね。

石川が誇るケンミンソウルフード!これからも美味しいラーメンを提供してください!ご馳走様でした。

8番らーめん 城南末広店
石川県小松市城南町146-1
TEL 0761-24-6003
11:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング