どんなジャンルでもそうですが、専門店が増えていますね。

飲食店でいえば、昔は何でも食べられるお店がもてはやされた時期がありましたが、今の時代、差別化といった理由が大きいのでしょう?それに提供範囲を絞ったほうが、初期投資が抑えられることも、専門店が増えている理由の一つだと思います。

さて石川県では、日本茶の中でもほうじ茶のほうが昔から親しんで飲まれています。いわゆる加賀棒茶ですね。だいぶ全国的にも認知度が上がってきました。

ただし石川県民は決して緑茶が嫌いなわけではなく、私が小さいころは普段飲むのは番茶であるほうじ茶で、お客様がいらっしゃった時に緑茶を出すといった使い分けをしていた記憶があります。

もちろん、金沢は加賀藩のころから茶道が盛んな土地柄で、抹茶に親しむかたも多いと思います。

今日紹介する金沢市富樫の日本茶専門店「ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)」は、日本茶の中でも抹茶を楽しむお店で、日本茶専門店「茶のみ」が手掛けるカフェなのです。

ウェブを見てみると比較的新しい会社のようですが、茶の湯文化の盛んな金沢において抹茶は欠かせないアイテムです。

他に石川県内で抹茶を飲ませてくれる専門店があるかどうか私には不明なのですが、ある意味ないのが不思議なお店だったのかもしれません。

少し関係がありそうなお店としては、昨年、白山市の寿司店を間借りして営業している「日本茶と西洋甘味 胡京(KOMACHI)」というお店を紹介したことがあります

ちなみに、強い日差しが当たらないように育てられた茶葉で作られた碾茶(テンチャ)を粉末にしたものが抹茶で、普通の茶葉を粉末にしたものは単に粉末緑茶なのですね。

こちらのお店は2018年6月20日にオープンしています。堅苦しいお手前のようなものではなく、上抹茶をカジュアルに飲ませてくれるのです。
チャノミ (2)

白い建屋は日本茶のお店っぽくはありません。
チャノミ (8)

店内はモダンなインテリアで、大きな窓と長いカウンター席が目を引きます。
チャノミ (6)

こちらがメニューです。スイーツも充実していました。
チャノミ (5)

また抹茶以外の日本茶についても色々あります。

日本茶の産地は全国各地に有名どころは色々ありますが、こちらのお店では宇治・西尾・伊勢・八女の4か所の上抹茶を楽しむことが出来ました。

各々の特徴が書かれています。

宇治(京都)は口当たりがよく どんな食べ物でも相性抜群
西尾(愛知)は香りが抜群にイイ
伊勢(三重)は渋味がステキな上抹茶
八女(福岡)はふくよかなコクが口いっぱいに広がります

ドリンクとしては、上抹茶(ホット・アイスで普通のサイズ486円大きいサイズ594円)と上抹茶ラテ(ホット・アイスで普通のサイズ540円大きいサイズ648円)のどちらかを選び、そして先ほどの4つの産地を選びます。

上抹茶のほうは、本命?の宇治茶でお願いしています。
チャノミ (12)

抹茶ですが、ガラスの細長い器に入れられて出されました。

上抹茶ラテは普段あまりなじみのない伊勢のお茶でお願いしました。少し渋めのが特徴のようですが、ミルクフォームで優しい味になっています。ラテにしたのが間違いだったかな?^^;
チャノミ (15)

この細長い器はラテを飲むにはちょっと飲みにくかったです。ストローなどが欲しい気がしました。

お茶菓子に「棒茶の米粉ブラウニー(324円)」も頼んでいます。
チャノミ (11)

「碾茶棒焙じ」を使用していているようですが、クッキーに近い固さのブラウニーなので、もう少し柔らかいほうが香りが立つのでは?と思ってしまいました。。

少し勝手なことも書いたりしましたが、抹茶専門店というジャンルを確立してほしいと思うお店でした。ご馳走様でした。

ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)
076-227-9400
石川県金沢市富樫2-8-24
9:30~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング