ここ数年、石川県内にもオーガニックや自然食、さらにはベジタリアンやマクロビオティック、ヴィーガンなどの食事を提供するお店が増えました。

ひと口にオーガニック、自然食、ベジタリアン、ヴィーガンといっても各々定義が違うわけで、本当にピンからキリまであって、範囲も広いのではないでしょうか?
のっぽくん

今日紹介します野々市市に一昨年10月にオープンしたオーガニックとフェアトレード対応のお店「のっぽくん」。
のっぽくん (30)

1階部分は、オーガニックフードなどの飲食品を販売するお店。
のっぽくん (29)

そして2階がカフェになっていて、こちらは卵・乳製品・肉・魚などの動物性食材、白砂糖を使用しない料理を提供するお店です。
のっぽくん (7)

卵・乳製品・肉・魚などの動物性食材、白砂糖を使用しないのであれば「ヴィーガン」と謳ってもいいように思いますが、なぜか表立っては表記していないですね。
のっぽくん (21)

ちなみに「ヴィーガン」のお店については、私のブログで中ノ峠ミュージックラボ内で営業している「ヴィーガンカフェ ヘヴンズキッチン ヘルズバー」があります。

さて、カフェへは階段を上がって2階で靴を脱いで入るようになっていました。

床やテーブルには木が使われていて、シンプルな内装と家具。
のっぽくん (10)

子供連れのかたはこのスペースに案内されます。おもちゃや図書コーナーなどがあって気軽に小さな子供を連れての食事が出来ますね。

この日は1月の3連休の月曜日。小さなお子さん連れの家族のかたが多かったです。子供には身体にいい食事を食べさせたいという親心でしょうね!?
のっぽくん (13)

なお2階にもフェアトレードやエコロジーな雑貨・衣類を販売するコーナーがあって、我々はヤクの毛糸を使ったソックスなど色々買いました。
のっぽくん (11)

まずは席を確保してから、こちらでオーダー。料金は後払いです。
のっぽくん (18)

メニューはこんな感じでした。

ただし毎週月曜と休み明けの日は「のっけランチ」のみの提供となっていて、のっぽくんランチ(1,700円)、アルちゃんランチ(1,500円)、親子ランチ(2,000円)は毎週月曜と休み明けの日以外のときにオーダー可能です。

我々は、「のっけランチ」として設定されている「ベジタブルカレーランチ(税込1,450円)」と「ベジタブルタコライスランチ(税込1,450円)」両方を頼んでシェアすることに。

ご飯はもちろん玄米で、この日は林農産の「無農薬栽培のミルキークイーン」でした。

「ベジタブルカレーランチ」がこちら。
のっぽくん (24)

ライスはサフランライスと玄米が二層になっています。

カレーはお子様のことも考えて甘めの味付けで、辛さを求める方には辛みを付ける薬味みたいなものが添えられていました。

そしてこの日のおかずは「大豆ミートの唐揚げ」で照りソイマヨソースがかけられたもの。

またスープはこの日のサービスで付いていました。普段スープは別料金なのかな?
のっぽくん (28)

また食後に「ヴィーガンおまかせケーキ」とドリンクが付いていて、この日のケーキは「小松菜とくるみのパウンドケーキ」。サイズはミニサイズです。
のっぽくん (19)

ドリンクはこちらのコーナーで、好きなのをセルフで作って1杯のみ飲むことが出来ます。
のっぽくん (27)

私は久しぶりにカモミールティーにしてみました。ホッとできる風味です。妻はオーガニックコーヒーです。

もう一つの「ベジタブルタコライスランチ」がこちら。
のっぽくん (22)

サルサソースのタコミートには、牛肉ではなくソイミートが使われていますね。
のっぽくん (23)

味的にはカレーと同じくスパイスが効いた感じではなく、ソイミートの甘みが勝っている感じでした。

なお、食べ終わった食器類はカウンターまでセルフで返却してほしいとのことです。ご協力を!

おしぼりがなかったのと、紙ナプキンも付いてこなかったのが少し?マークでしたが、今流行りのSDGsに取り組んでいるなど、健康や環境、そして国際的な貧困対策につながる「フェアトレード」にも積極的な「のっぽくん」。応援したくなるお店でした。ご馳走様でした。

のっぽくん
石川県野々市市本町2-1-1
TEL 076-246-0210
10:00~19:00
第3月曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング