ヘルシー傾向の昨今、ベジタブルな食事を中心にメニュ構成されている飲食店が増えてきました。

あと、インスタ映えのするメニューとかも昨今の流行りかもしれません。

今日紹介するのは、白山市鶴来の街中に7月12日にオープンした「たまごのゆめ」というかわいい名前のカフェです。
たまごのゆめ (3)

場所は天狗中田鶴来店の対面。ただし、お店の入り口はこちら側の玄関ではありません。
たまごのゆめ (2)

「建築昌英」という建築設計事務所の2階をリノベーションしてカフェに変身させています。
たまごのゆめ (4)

上の写真の右側の細い路地を少し入ったところに「たまごのうめ」の入り口があります。

こちらの方から中に入って階段をのぼっていくと、2階が、きれいで明るい空間のお店になっています。
たまごのゆめ (6)

設計事務所自体も昔からある建物を改装しているのですが、2階に3室あった和室だったエリアを完全に改装しているのです。
たまごのゆめ (8)

木の温もりと左官職人による塗りのシンプルなデザイン。このあたりは設計事務所のなせる業でしょうか?

お店は女性の方お二人で切り盛りされていました。
たまごのゆめ (9)

小上がり的な席があって、小さな子供連れの方もokです。
たまごのゆめ (16)

基本はカフェで、パンケーキがウリのお店。パンケーキに使われるたまごとの関係で「たまごのゆめ」という店名にしているかな?
たまごのゆめ (13)

ランチは「季節のランチ(税別1,200円)」が限定10食用意されています。
たまごのゆめ (7)

この日の「季節のランチ」はこのような内容でした。

鶏肉が使われていたので、苦手な私は、牛のミンチの唐揚げに変えてもらいました。ありがとうございます。
たまごのゆめ (19)

ドリンクメニューはこちらです。ランチにプラスすると250円で付けることが出来ました。
たまごのゆめ (21)

出された「季節のランチ」のセットがこちらです。
たまごのゆめ (22)

大きなボウルに、ほとんど野菜と思えるような感じで色々なものが盛られていますね。

ドレッシングは自家製の紫玉ねぎを使ったもの。酸味が心地よいドレッシングでした。
たまごのゆめ (23)

左側には「にんじんラペ 」と「かぼちゃとごまこうじ」。そしてご飯は「もち麦ごはん」です。ブロッコリーポタージュスープも美味しかったです。

行った日は、10月のとあるお休みの日でしたが、我々が食べている間に満席になり、飛び込みのお客さんは残念ながら帰って行かれました。休日の日は予約して行った方がいいでしょうね?

頭上にはドライフラワーがぶら下げられていたり、小物も含めてほんわりとした空間づくりの中で楽しむ食事とドリンク。こころまでホッとする一時を過ごすことが出来るカフェでした。ご馳走様でした。

たまごのゆめ
石川県白山市鶴来上東町カ45
 建築昌英2F
TEL 090-8968-0659
11:00~17:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング