石川県内にコーヒー専門店は数あれど、今日紹介する「カウリィ コーヒー(cowry coffee)」ほど、ある意味ストイックなお店は無いかもしれません。

何がストイックか!?
カウリィ コーヒー (37)

まずお店の空間自体がそうです。内装から備品に至るまでこのこだわりは相当なものです。
カウリィ コーヒー

外観はそんな風には感じないのですが、ドアの前、さらには中に入った時からフォトジェニックな空間なのです。
カウリィ コーヒー (34)

店内にグランドピアノやベースまで置かれています。
カウリィ コーヒー (5)

こちらでは時々コンサートが行われているようですね。
カウリィ コーヒー (9)

音響装置もすごいです。私はこの領域はまったく分かりませんが、見ただけで凄そうな音響装置でした。
カウリィ コーヒー (8)

そして極め付きは、コーヒーの豆の焙煎と淹れ方。
カウリィ コーヒー (4)

豆のほうも私は日常的にコーヒーを飲まないので詳しくはありませんが、店内に置かれていた「こだわり」が書かれた資料を読むと、これだけの手間暇かけたコーヒーが美味しくないわけがない!と思うほどでした。
カウリィ コーヒー (20)

まず欠点豆をハンドピックで3度に渡って取り除いています。
カウリィ コーヒー (36)

この写真の右側のが欠点豆です。

さらには、豆をミルで挽くと生まれる微粉と豆の中に入り込んでいる薄皮(チャフ)。

これらはエグミの原因の一つになるため、空気の力で吹き飛ばして分離するチャフノンという機械を使って吹き飛ばすのです。

そんな手間暇かけた豆を、一杯に40gも使用してネルドリップで抽出させているのです。この量は通常の3倍以上の量で、一杯のコーヒーのこれだけの豆を使うのです。素人の私でも凄いと感じさせてくれます。

ただし一杯のコーヒーは800円。普段喫茶店などで飲むコーヒーとはさすがに値段が違いますね。

ちなみにこの日使用の豆は「イエメン バニーイスマイリ ブラーイ」でした。
カウリィ コーヒー (14)

飲んでみると、雑味がなく、色々なバランスがいい美味しいコーヒーでしたね。
カウリィ コーヒー (16)

一緒に頼んだスイーツは、小松の菓子工房よどがわのミルクロールケーキ「いぶろーる」。甘納豆かわむらさんの甘納豆が添えられていました。

コーヒーとの相性のいいケーキです。
カウリィ コーヒー (19)

また、こちらのチョコも。

奥さまは小松の方だそうで、そんなご縁があるのかもしれません。

お店の営業は木・金・土の3日間のみ。一日一種類の珈琲とスイーツのみとなっていました(もしかしたらこれは土曜日のみのことかも?)。

また、この日の豆販売銘柄は東ティモール、ガテマラ、エチオピア、ホンジュラスの4種類で、妻はそのうちの2種類を買っていました。
カウリィ コーヒー (38)

100g750円と少しお高い豆ですが、帰って飲んだら、確かにその価値はありました。
カウリィ コーヒー (40)

ハレの日に飲むコーヒーとして最適ではないでしょうか?

非日常的か日常か!?静謐(せいひつ)な空間で時が流れるのも忘れ、上質な音楽と美味しいコーヒーを愉しむ。至福のひと時でした。ご馳走様でした。

カウリィ コーヒー(cowry coffee)
石川県金沢市辰巳町7-241
TEL 070-6547-6371
お店は一人で運営していて電話問合せは対応していません
12:00~19:00(L.O18:30)
日~水曜休
他臨時休業あり
毎月の営業日はブログに記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング