私のブログでは過去、あまり食堂と名の付いたお店を紹介していませんでした。

もちろん、うどん・そば・丼などのお店は何度も紹介しているのですが、「定食・食堂」のお店にはそれほど普段行かないからでしょう。

行かない理由は特にはないのですが、最近、定食類だとボリュームが多くて満腹で残してしまうことがあるのが大きいかな?

さて、だいぶ前ですが、フリーパーパー「Favo」南加賀版で「食堂・定食」が特集されていた号がありました。

その後、1~2カ所、私のブログでも紹介したお店があるのですが、今日紹介します能美市の「スマロー(寿磨楼)食堂」。

お店の名前がユニークで、いつも私の頭の中に残っていて、今回、たまたま近くを通ることがあったので行ってみることにしました。

11:40頃お店に到着。なかなか趣のある外観で、正真正銘の食堂の雰囲気ですが、表の看板には「割烹」の文字が書かれていました。店名の「楼」の字が名残り?
スマロー食堂 (9)

建物はどのくらい経っているのかわかりませんが、だいぶ古いことは間違いありません。ただ、玄関付近だけは改装していますね。

中はちょっと薄暗く、カウンター席とテーブル席、そしれ小上がりの席がありました。
スマロー食堂 (4)

店内にも屋根の作りがあったりして「割烹」の趣も残っているようです。

先客はいません。私は明るい窓に面した小上がり席に座ります。
スマロー食堂 (5)

窓の外には立派な庭を見ることが出来ます。
スマロー食堂 (3)

お品書きを見渡します。
スマロー食堂 (2)

やはり食堂メニューですね。

「Favo」南加賀版で紹介されていたのはお店の名前を冠した「スマロー定食」。650円という安さです。

「食堂・定食」のお店なので、初志貫徹でやはり「スマロー定食」を頼まないわけにはいかないでしょう!?

10数分待ったでしょうか?出されたのがこちらです。
スマロー食堂 (7)

メインはこの日はサワラ(こちらではカジキマグロ)のフライです。野菜サラダが添えられていました。
スマロー食堂 (8)

オーダー受けてから揚げていたので時間がかかったのでしょう?フライはしっかり火が通っていました。

小鉢は筑前煮のようなのもの。そしてたくわんとお味噌汁が付いています。

フタの付いた丼の中には白ご飯が大盛りサイズで入れられていました。ご飯少なめでお願いすればよかったと後悔。頑張って食べましたが、それでも3分の1ぐらい残してしまいました。すみません。

Favoではメイン皿に赤ウインナーが付いていたのですが、出されたものには付いていませんでした。

原価アップで付かなくなったのでしょうか?まぁ、しかし650円という値段!もしそうであったとしてもやむを得ないでしょう?

私がいる間にお客様は3名いらっしゃいました。地元の方のようです。長年愛されているのでしょう?ご馳走様でした。

スマロー(寿磨楼)食堂
石川県能美市倉重町戊82-1
  • TEL 0761-51-2967
11:30~14:00
17:00~22:00
毎月15,30,31日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング