浜松は大昔は「遠江(とおとうみ)」と言われていました。

いまは「遠州(えんしゅう)」と呼びますが、元は一般的に浜名湖周辺を指すことだと言われています。

そんな浜名湖をはじめ、静岡県西部エリアには色々な魚が水揚げされます。

太平洋側の魚は、日本海側に住む我々にとっては何となくイマイチのイメージがあるのですが、こと静岡県に関しては豊富な魚の種類、生しらすやかつおなど全国的にも知られた魚が多く獲れるので、私としても楽しみな土地です。
ふとっぱら

今回、浜松でどこに食べに行こうか少し迷いましたが、結局、「談味酒家 ふとっぱら」に行くことに。
ふとっぱら (4)

いわゆる浜松市の繁華街の一角にお店はあります。雑居ビルの2~3階で、お店に到着すると2階のテーブル席は満席。一方カウンター席は一人もお客さんはいませんでした。

我々はカウンター席に座ります。

「ふとっぱら」は静岡市内では人気の居酒屋で、舞阪・浜名湖・御前崎と各地の漁港に足を運び直接仕入れた、地元で獲れる新鮮な魚介を楽しむことが出来るお店として知られています。
ふとっぱら (5)

まずは生ビールで乾杯です。
ふとっぱら (6)

こちらはお通し。

そしてふとっぱら自慢の地魚「お刺身盛り合わせ(2,000円)」2人前を頼みます。
ふとっぱら (8)

内容は、間違いがあるかもしれませんが、金目鯛の炙り、クロムツ炙り、カマス炙り、太刀魚炙り、真ハタ、真鯛、スズキ、メダイ、カツオです。数えたら11種類ありますが、あと一つは何だったかな?
ふとっぱら (9)

生シラスも入っていました。ちょうどこの日入荷したようです。ラッキーでした。

刺身は切身自体が大きく、脂が乗っている魚ばかりです。

彩りが同じような感じですが、色々な種類の魚を楽しめてよかったです。
ふとっぱら (7)

こちらは「豆苗ともやしのナムル風(500円)」。全然辛くはありませんでした。もう少しアジにアクセントがあるとよかったと思います。
ふとっぱら (11)

「小海老の唐揚げ(650円)」は、小海老というには大きい海老でしたね。でも酒のアテにはよかったです。
ふとっぱら (10)

お酒は屋久島の芋焼酎「三岳」に変更です。

しかしこのあたりで、浜松に来て餃子を食べていないことに気が付いて、一緒に行った人と急に餃子を食べに行くことになりました。^^;

以上、飲み食いして二人で7,000円也!コスパ的にも満足。

すみませんでした。途中でお店を出てもう一軒行くことになって。ご馳走様でした。

談味酒家 ふとっぱら
静岡県浜松市中区鍛冶町320-16
TEL 053-451-3012
17:30~24:00(L.O.23:30)
日曜と月一回月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング