この頃、カレーネタが多くなってきています。夏こそカレー!汗をかいてデトックスですね。

さて、カレーのトレンドは時代と共に変わってきていると思いますが、ここ2~3年はやはり「スパイスカレー」でしょうか?

大阪発祥と言われる「スパイスカレー」は、いまでは全国で食べることが出来ます。

ここ石川では、金沢カレーがご当地カレーとして多くのお店が県内にありますが、少しずつ「スパイスカレー」を食べることが出来るところが増えてきているようです。

今日紹介する野々市の「KOTTA(コッタ)」もその一軒。
コッタ (2)

前から人気のカレー屋さんだとは知っていたのですが、今回初めて行ってみました。

さて、一口に「スパイスカレー」と言っても定義があるわけではありません。カレーそのものがスパイス抜きには作れないものですから、大きなくくりではすべて「スパイスカレー」ですからね。

調べてみると、「スパイスカレー」とは南アジア、特に南インドやスリランカのカレーを指すようで、とろみが少なくスープカレーにも近いような感じで、酸味と辛さが強いのが特徴です。

こちらのお店は元フレンチのお店だったそうです。

店内はそのため一般的なカレーのお店よりは広いです。
コッタ (4)

カウンター席が主体ですが、テーブル席もありました。
コッタ (6)

ランチメニューです。

種類はそれほど多くありません。

基本スパイスチキンカレー・インド風エビカレー・野菜カレーの3種類で、その他こちらの季節限定メニューがありました。
コッタ (7)

私はチキンがNGなので、南インドエビと野菜カレー2種のあいがけの「南インドプレート(1,300円)」を頼むことに。
コッタ (10)

まず野菜サラダが出されます。

金沢カレーのお店とかではトッピング類を調理する時間は多少かかりますが、オーダーしてほどなく出されます。しかしこちらのお店はオーダーを受けてから一人分ずつ作っていくので多少時間がかかります。

出されたのがこちら。
コッタ (13)

2種類の野菜カレーは、ジャガイモとかぼちゃ。もちろんそれ以外にも野菜は使われていました。

インドのカレーといえば主食はナンが有名ですが、南インドのほうは温暖で稲作が盛んなので、ライスと一緒にカレーを食べるのが主流のようです。

ちなみに我々はライス普通盛り(180g)でお願いしましたが、大盛り(300g)まで無料でした。

また辛さは1~5まで選べます。私は3でしたが、それでも辛かったです。
コッタ (11)

付け合せとして、玉ねぎにかつお節をまぶした和風味のものが出されたのですが、これが辛さの緩衝材になってくれましたね。

ピクルスも少量ですが添えられていました。

スパイスにそれほど詳しくはありませんが、クミン、カルダモン、クローブ、ローリエなどが使われていたでしょうか?

野菜2種とエビのカレーが微妙に味の変化があって、かつスパイシーそのもののカレーの風味に食欲がそそられ、美味しくいただくことが出来ました。

妻のほうはチキンカレーと野菜2種の「南インドプレート(1,200円)」。辛さは4を頼んでいました。
コッタ (12)

辛いもの好きの妻も辛かったそうです。
コッタ (16)

食後にチャイを頼みます。最初から砂糖入りのチャイで甘かったです。

この日、我々含めて10数名のお客様。我々が食べ終わったころには「品切れのため閉店します」という張り紙が出されていました。普通に考えるとこんなに早く終了することは考えられないのですが、この日だけなのかは聞かなかったのでわかりません。

今流行りのスパイスカレーを、ここ石川でも食べることができるのがうれしいですね。ご馳走様でした。

KOTTA(コッタ)
石川県野々市市若松町2-53
TEL 090-4329-8319
11:30~15:00 
18:00~21:30(L.O.21:00)
火曜と月曜夜休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング