友禅職人だった方が蕎麦屋をやられているということで出かけてきました。

まぁ、会社勤めしていた人が趣味が高じて蕎麦屋を開店させたという話は何度か聞いたことがありますが、友禅職人という前歴は珍しいと思います。

還暦を機に転身されたとのことです。

場所は金沢市郊外、西部緑地公園の近く。メイン道路からだいぶ中に入ったところにあるので、ふらりと飛び込みで来るお客さんはいません。
蕎麦処けんち

お店は立派な民家(ご自宅?)をほぼそのまま利用しています。

蕎麦はこちらでご主人が打っています。
蕎麦処けんち (20)

少し作業場の中に入らせていただいてお話をお聞きすることが出来ました。

蕎麦屋を始めて5年目だそうで、福井県の大野勝山産の玄そばを使って手挽き石臼で作った蕎麦を楽しめます。

いつもは珠洲産の蕎麦と大野勝山産を隔月で出していたそうですが、昨年の大雪の影響で珠洲産の蕎麦があまり採れなかったそうで、今年は福井県大野勝山産のを使っているとのことでした。
蕎麦処けんち (5)

一番目の客だったので了解を頂いて写真を写します。
蕎麦処けんち (4)

店内にはご主人が友禅職人をされていた時に手掛けた加賀友禅がいくつか飾られていました。

この日のメニューです。
蕎麦処けんち (3)

蕎麦以外にもけんちん汁がありますね。これは食べてみたい。

ということで私は、「玄、けんちん汁(1,300円)」を頼むことに。
蕎麦処けんち (11)

まず、蕎麦茶と揚げ蕎麦が出されました。こちらを頂きながら出されるのを待ちます。
蕎麦処けんち (14)

そして最初に蕎麦が出されました。きれいな玄蕎麦です。艶っぽいですね。
蕎麦処けんち (15)

最初、短めの蕎麦だったので二八ではなく、もっと蕎麦の割合が多いのかと思いましたが、お聞きするとやはり二八のようで、食感もしっかりめです。
蕎麦処けんち (16)

食べ終わるころに、そば湯が出されます。最初の客でしたが濃厚なそば湯でしたね。

そして、こちらのセットが運ばれてきました。
蕎麦処けんち (17)

季節の山菜の和え物が3種類付いています。わらびは前日に山で採ってきたばかりだそうです。浅漬けも上品で美味しかったです。

けんちん汁はおふくろの味でした。汁もやさしい味です。

そういえば、これを書いているときに気が付きましたが、お店の名前の「けんち」と「けんちん」と掛けているのでしょうか?^^;

あと、セットにはご飯まで付いていましたが、最近炭水化物を控えていて残念ながら少し残してしまいました。すみません。

蕎麦の営業は、まだ4年しか経っていないわけですが、蕎麦にはご主人の気持ちが乗り移っているような感じで、とても美味しい頂くことが出来ました。ご馳走様でした。

蕎麦処けんち
石川県金沢市袋畠町北112
TEL 076-266-1688
11:00~14:30(夜は要予約)
火曜・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング