芝寿しといえば、石川県民では知らない人がいないほどメジャーなお寿しです。

ご存じ、笹の葉に包まれた押し寿司は、県内のスーパーマーケットには必ずと言っていいほどお店があって売られています。

その笹寿しを始め、芝寿しの商品は金沢市と白山市の境にある「芝寿しいなほ工場」で作られています。
芝寿しのさと

その工場の敷地内に、昨年11月1日にオープンした新しい施設が「芝寿しのさと」なのです。
芝寿しのさと (3)

ここは芝寿しの歴史を知ったり、芝寿しが作っている色々な商品を買い求めたり、また、芝寿しの美味しさを作りたてのその場で味わうことが出来るなど、新しい試みの、いわば芝寿しのミニテーマパークみたいな施設となっています。
芝寿しのさと (8)

調味料や雑貨など自社商品以外も売っているコーナーがあって、
芝寿しのさと (28)

私はこんなものを買ってみました。
芝寿しのさと (10)

建屋は築160年以上の家屋を移築再生させて作られていますが、中は新築みたいにきれい。
芝寿しのさと (13)

そしてお店では、ご飯はこちらのかまどで炊きあげられたものを使用したおにぎりや和菓子などが作られていているほか、芝寿しの定番ものまで、その場で食べることが出来るようになっているのです。
芝寿しのさと (11)

それも本格的?なお料理を、芝いっぱいの庭園を眺めながら楽しめるという芝寿しファンにはたまらないお店ですね。
芝寿しのさと (15)

カウンター席もあります。

ただ営業時間が18:00までなので、ランチ利用が基本ということになります。

さて、我々がお邪魔したのは12月のとある土曜日。

予約をせずに伺いましたが、11時半ごろはまだお客様はいませんでした。
芝寿しのさと (5)

その後で何組か来客がありましたが、一杯になることはなく、まだ穴場のお店かもしれません。
芝寿しのさと (12)

メニューはこんな感じです。

我々は芝寿しは普段からよく食べているので、それ以外のものを食べようと思い、「おむすびご膳(880円)」と「さとご膳(1,500円)」を頼むことにしました。
芝寿しのさと (21)

こちらは「さとご膳」の内容で、「紅鮭の手まり寿し」「小笹 金時草」「本ズワイ棒寿し」「寝かせ玄米巻き寿し 野菜と蒸し鶏」「天下様 いなり寿し」。

これは「小笹 金時草」です。
芝寿しのさと (22)

おかず類は「茶碗蒸し」「牛たたき」「生麩の田楽」「さつま芋 レモン煮」「蓮根・舞茸・ししとうの天ぷら」「季節のお浸し」「8種の野菜の生春巻き」という内容です。
芝寿しのさと (20)

それに「特製のめった汁」が付いています。豚肉と具だくさんの味噌汁でした。
芝寿しのさと (16)

「おむすびのご膳」は、竈ごはんと寝かせ玄米のおむすび2個を選ぶことが出来ます。
芝寿しのさと (2)

紅鮭・福井産梅干し・昆布・塩・ツナマヨ・おかかチーズからチョイス出来ましたが、私は紅鮭を寝かせ玄米で、福井産梅干しを竈ごはんで頼みました。
芝寿しのさと (17)

まだ温もりが残ったおむすびで美味しかったです。

それに「油淋鶏」「8種の野菜サラダ」「季節のお浸し」「自家製ぬか漬け」「特製のめった汁」が付いていました。

両品とも色々な味が楽しめて、とくに女性にはうれしい内容になっていますね。

あとメニューに面白いものがあったので頼んでみました。
芝寿しのさと (24)

こちらの笹寿しの形をしたチーズケーキです。滑らかな舌触りで確かにチーズケーキでした。面白いですね!?

食事の場合はドリンクとセットで400円です。
芝寿しのさと (25)

ドリンクはコーヒーを頼んでいます。
芝寿しのさと (29)

お土産に笹寿しも。穴子と牛しぐれです。牛しぐれはこちらのお店限定になっています。

海環沿いに「芝寿しいなほ工場」はあるのですが、あまり目立たないということもあるのでしょうか、完成から2か月あまり経過していますが、まだまだ穴場のレストランかもしれません。ご馳走様でした。

芝寿しのさと
石川県金沢市いなほ2-5
 芝寿しいなほ工場敷地内
TEL 076-240-4822
8:30~18:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング