天王寺駅や阿倍野周辺は、あべのハルカスを中心に再開発がほぼ一通り終わったようです。

街全体が様変わりしたようにきれいになりました。

さて今日紹介します「青いナポリ イン・ザ・パーク」は、天王寺駅や天王寺公園に隣接する天王寺公園エントランスエリアにあります。
青いナポリ (18)

1015年10月にリニューアルオープンした「てんしば」と命名された場所で、ここからあべのハルカスも全部見渡せます。
青いナポリ (15)

天王寺動物園にもつながるエリアは芝生が広がり、都心では珍しい開放感あふれる場所となっています。
青いナポリ

その中に大きなレストランとしてあるのが「青いナポリ イン・ザ・パーク」で、大きな店内は外の空間も含めると200名ほど入ることが出来るほどです。
青いナポリ (3)

本店は東京の小石川にあります。

今回、我々はランチを食べに出かけてきました。
青いナポリ (7)

2階もあって天井が高くて開放感があるお店で、2階は結婚式の2次会や各種宴会などにおすすめです。
青いナポリ (6)

店内にはピザを焼く薪窯もありますね。
青いナポリ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
青いナポリ (4)

ランチメニューは、いわば日替わりランチ的な位置付けの「AOI NAPORI 青いナポリ イン・ザ・パーク ランチ(1,380円)」。
青いナポリ (2)

パスタ系は「パスタランチ(950円)」と「生パスタランチ(1,050円)」の2種類。

ピッツアァ系も「ピッツァマルゲリータランチ(950円)」と「ピッツァビアンカランチ(1,050円)」の2種類になっていました。

パスタにはスープとパン。ピッツァにはスープのみが付いています。

またパスタと「ピッツァビアンカランチ」のピッツァの種類は日替わりになっていて、各々1種類のみ。このあたりはもう1種類ずつくらい設定があってもいいと思いました。それは私は肉が苦手なので、今回、生パスタランチかピッツァマルゲリータのどちらかしか選択肢がなかったからです。

そこで私は「生パスタランチ」をチョイス。シェフ吉本おすすめのもちもち生パスタランチだそうです。
青いナポリ (9)

まずスープが出されます。ミネストローネです。野菜たっぷりなのがうれしいです。
青いナポリ (10)

パンはフォカッチャ。熱々でハーブも適度にきいていて好みの味でした。
青いナポリ (11)

そしてメインのパスタ「サーモンとスナックエンドウのトマトソース」です。
青いナポリ (12)

生パスタはフィットチーネですね。サーモンとスナックエンドウもたっぷり。トマトソースのシンプルなお味でした。
青いナポリ (13)

一緒に行った人が頼んだパスタランチのパスタは「牛ミンチとマッシュルームラグーソースと冬キャベツ」でした。

大きな箱のイタリアンレストランで、まぁ、平日はそれほど満席にはならないだろうと思いましたが、ふと思ったのが、そんなに人が入る可能性があるときは、何人のスタッフで運営するのか?ということでした。凄いですね。ご馳走様でした。

青いナポリ イン・ザ・パーク
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55
 てんしば内
TEL 050-5589-9174
ランチ11:00~15:00(L.O.) 
ディナー
月~木/日17:00~22:00(L.O.)
金土祝 17:00~22:30(L.O.) 
CAFE 月~木/日 11:00~22:30(L.O.)
金土祝 11:00~23:00(L.O.)
年末年始 施設に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング