先週、小松市の「石川県こまつ芸術劇場うらら」で、「ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之デュオ・リサイタルⅤ」というコンサートが開かれ、妻と二人で聴きに行ってきました。
梯さんコンサート

ヴォルフガング・ダヴィッドさんのヴァイオリンと梯剛之さんのピアノのコンサートで、今年で5回目となります。お二人ともウィーンで学んだご縁でデュオで演奏会を行っているのです。

実は、このコンサート、妻のほうは毎年聴きに行っているのですが、私はいつも出張だったり仕事だったりで一度も行ったことがありませんでした。今年初めて聴くことになります。
梯さんコンサート (6)

なお、ヴォルフガング・ダヴィッドさんは今年4月に小松市京町の絵本館ホール夢の本棚で単独のコンサートを開いていて、こちらの方も私は聴きに行きました

そんな素晴らしい世界的に有名な音楽家の生の演奏を聴くことが出来るのは、このコンサートを毎年お世話されている小松市在住の建築家で家楽舎主宰の木田智滋さんのおかげなのです。

木田さんご夫妻には私もいつもお世話になっています。

ピアノの梯剛之さんは盲目のピアニストとして知られていて、TBS系「情熱大陸」でも「ピアニスト梯剛之」として紹介されたことがあり、いまも世界中で活躍されているかたです。

盲目のピアニストとしては、いま辻井伸行さんが有名ですが、梯剛之さんはその先輩格ですね。

今回の演奏曲は以下の通りでした。今回はヴァイオリンとピアノで演奏するヴァイオリン・ソナタの3曲。

・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番イ短調 作品23
・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調 作品78「雨の歌」 
・R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ変ホ長調 作品18

特にロマン派の名曲「ヴァイオリン・ソナタ」は聴きごたえがありましたね。

アンコールにも何度も答えてくれて、4曲ほど聴くことが出来ました。

ちょうど2時間のコンサートでしたが、満席のお客さんも二人の演奏に聞き入っていました。

来年もたぶん開かれるでしょう?皆さんも一度是非聴きに行かれてはいかがでしょうか!?

お次は小松市の憩いの森について。

小松市の東部に位置して、広い園内にトレッキングウォークコース、バーベキュー場、ふれあい広場、野外ステージ、薬草園、小松の安宅や白山麓から移築した古民家などがあって、家族連れなどで賑わう場所となっています。まさに「憩いの森」ですね。

晩秋の日曜日にウォーキングを兼ねて出かけてきました。何年ぶりでしょう?15年ぶりくらいでしょうか…?^^;

天気は薄曇りでしたが、11月末ともなると肌寒く、あまり人がいません。
憩いの森 (2)

鴨がたくさん羽を休めています。
憩いの森 (7)

紅葉はだいぶ葉が落ちていましたが、もみじがまだ見頃で、赤く染まっていました。
憩いの森 (6)

ここは白山麓西谷の民家中村家のところです。国指定の重要有形民俗文化財に指定されていますがちょうど改修工事をやっています。
憩いの森 (10)

こちらは、小松市の安宅町にあった米谷家を移築したもの。ちなみに米谷家は北國銀行の創業家の一つです。

こちらは内部も見学することが出来ます。

憩いの森は冬期間も入ることが出来ますが、雪が降ると足場も悪くなるのであまりお勧めしません。

憩いの森
石川県小松市吉竹町ヘ302
TEL 0761-24-4558
年中無休(冬期間も入れます)
※園内には街灯がないため夜間の入園は不可


あと、おまけで今日の小松木場潟の写真をアップします。
木場潟 (3)

初冬とはいえ、温かい日差しに誘われて久しぶりに一周してきました。
木場潟

北陸新幹線の工事もだいぶ進捗してきました。
木場潟 (5)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング