埼玉県というと、石川県に住んでいる者からしたら大都会という印象があります。

海なし県だということと、平野で市街地ばかりというイメージもあったりしますが、北部では農業も盛んだし、西部の秩父は山岳地帯でもあります。

今回、さいたま市に出張で宿泊して、仲間と一緒に夕飯を食べました。
基

行ったのは大宮駅の西口近くにある「基(motoshi もとし)」というお店。ここははさいたま市に3店舗を構えています。

株式会社ヤマショウフードサービスというところが、上尾などにも「基」という同じ名前のお店をやっているようですが、同じなのでしょうか?ヤマショウフードサービスのHPには大宮駅近辺のお店について書かれてはいませんでした。

ここは、旬の素材を使った季節の創作おでんがウリ。埼玉はおでんが有名だとは思いませんが、まぁ、これからの季節はおでんはいい季節です。
基 (15)

ビルの地下にあって、外観はもとより店内も落ち着いた佇まいのお店で、カウンター席や掘りごたつの小上がり席などもあって、ゆったりと食事をすることが出来そうです。

小上がりの席も暖簾で仕切られていて、お隣の視線を気にせずに楽しむことが出来ます。
基 (14)

まずは生ビールで乾杯。
基 (6)

ジョッキではなく陶器のグラスで出されました。きれいな泡立ちですね。
基 (7)

お通しは、おでんの出汁で作られた茶碗蒸し。上品なお味でした。

まず「季節のおでん盛り合わせ」を頼みます。盛り合わせと言っても、希望を聞かれるので大根と人気の品ということでお願いしました。
基 (5)

おでんは、カウンター席のそばに置かれた、こちらの銅製の鍋で煮込まれていました。

大根は「でっかい大根」というネーミングです。
基 (9)

でっかい大根は、とろろ昆布が乗せられています。これは半分に切られたサイズです。2人で行ったら、他の料理もすべてシェアして出してくれました。おでんに限らずこちらのお店では、料理を取り分けて出してくれます。
基 (16)

あと出されたのは「木の子のさつま揚げ」。椎茸が乗せられていました。それと「鮭のはんぺん」と「鶏つみれ」だったかな?
基 (24)

「カマンベールとベーコンの巾着」も頼んでみました。
基 (25)

中はこんな感じです。

こちらのおでんは、非常に上品な出汁が印象的で、少し味的には物足りないかもしれませんが、素材の味を引き立てる役割に徹している感じがしました。
基 (11)

柚子胡椒を頂き、味に変化も加えながら楽しみます。
基 (22)

お酒のほうは、生ビールを2杯飲んで、そのあとはハイボールです。

メニューを見ると、イチローズ・モルトがあったので、ハイボールはイチローズ・モルトでお願いしました。

イチローズ・モルトといえば、埼玉の秩父の「ベンチャーウイスキー」の人気のブランドです。

私は一杯しか飲みませんでしたが、一緒に行った人が「美味しい!」と気に入り、3杯もお代わりをするほど。やはり美味しいものは美味しいのですね。
基 (8)

これは「自家製豆腐サラダ(658円)」で、自家製のこだわり豆乳で作られた豆腐をサラダに使用しています。上にかかっているのは自家製野菜ドレッシングで、ニンジンと玉ねぎでしょうか?風味がよかったです。
基 (26)

こちらは「新秋刀魚のコロッケ(2つで815円)」で、特製の肝ソースがかけられていて、ほのかな苦みとサンマの身の香ばしさを感じるコロッケでした。
基 (20)

「磯つぶ貝の旨煮(575円)」は、北海道産の磯つぶ貝は上品に柔く煮られていました。
基 (12)

あと「真鯛のムース(630円)」は、スフレのような食感で口の中で柔らかく溶けていきます。
基 (13)

素材の甘みが引き立てられていて美味しかったです。

お酒は日本酒も頼んでいます。これは群馬の永井酒造「水芭蕉 純米吟醸 ひやおろし」。季節ものなので頼みました。
基 (18)

酒器は色々な種類から選ぶことが出来ました。

以上飲み食いして、二人で12,000円強。大体予想通りの値段でしたが、料理やお酒、お店の雰囲気などは予想以上で満足度は高かったです。ご馳走様でした。

おでんと魚菜 基(もとし)
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-158-2
 スプリングアートビルディングB1F
TEL 048-643-0980
月~土17:00~24:00(L.O.23:00)
日・祝17:00~23:00(L.O.22:00)
無休(年末年始及びお盆期間の臨時休業あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング