本格的な梅雨の時期ですが、北陸は前半は雨が少なかったような気がします。

先日の日曜日も晴れ間が広がりいいお天気で、傘も持たずに金沢の街を歩くことが出来ました。

さて今日は、金沢で開催された、もしくは開催中のアートな話題をお届けします。
若冲と光瑤 (4)

まず最初は、石川県立美術館で6月23日から開催されている「若冲と光瑤」展について。
若冲と光瑤 (8)

伊藤若冲といえば江戸時代中期に、いまの京都で活躍した絵師です。

身の回りの動植物。鶏、昆虫、魚介類、草花をモチーフに描いた天才絵師として有名です。

記憶に新しいところでは、2016年(平成28年)に東京都美術館で「生誕300年記念 若冲展」が開催されたときには320分の入館待ち時間を記録するほどの人気となりました。

今回、石川県立美術館で「若冲と光瑤」展が開かれると聞いて、妻と出かけてきました。

土曜日に初日で、日曜日が2日目ででしたが、さすがに凄い人でした。

過去、石川県で開かれた美術展の中でも入場者数が多い美術展になるのではないでしょうか?
若冲と光瑤 (3)

重要文化財「仙人掌群鶏図(大阪 西福寺蔵)」や石川県で発見された「象と鯨図屏風」などを見ることが出来ます。

「仙人掌群鶏図」は、襖6面に品種・歳・性の異なる鶏12羽を描き分けていて、江戸時代としてはサボテンは変わったモチーフで構図も斬新だと思います。

さすがにこの「仙人掌群鶏図」は重要文化財になるだけあって、見どころ満載の絵でした。

あと、2008年に石川県で発見された「象と鯨図屏風」も必見ですね。水墨画ですが、漫画チックといいますかユニークな描写で、ひときわ異彩を放っていました。

一見の価値がある展覧会です。皆さんも是非出かけてみてください。

「若冲と光瑤」展
~伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界~
石川県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580
~7月22日(日)
会期中無休
9:30~18:00(入場は17:30まで)

お次は、「若冲と光瑤」を見に行った日の夕方に、石川県立音楽堂で開かれた篠笛のコンサートについて。

私も昔からよく存じ上げている、山中温泉の八木繁さんが主宰している篠笛の会「粋音会」が、石川県立音楽堂邦楽ホールで「五十の響き」というコンサートを開いたのです。
_MG_2715

笛を手にしてから50年経過するという節目の年に開かれたコンサートは、会場をほぼ満席にするほどの盛況ぶりでした。
八木さん

普段お会いできない方々とも会場でお会いすることが出来たことも良かったです。

踊り・和太鼓・箏・パーカッション・フラダンスなどの多様なゲストと繰り広げられたコンサートは、あっという間の2時間でした。
八木さん (6)

和楽器主体の演奏会はあまり行ったことがなかったのですが、透き通った篠笛の音色とHかの楽器のアンサンブルは聞きごたえがありました。

八木さん、50周年おめでとうございます。そして今後とも素晴らしい笛の音を聞かせてください。ありがとうございました。

しかし、このコンサート、準備にはご家族の多大なご苦労があったのではないかと推測します。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング