先日紹介しました「鮨 巳之七(みのしち)」のあとに行ったバーについて書きます。

お店の名前は「BAR 倉吉」。中洲にもお店があるようですが、オーナーはホテルバーテンダー協会所属の重鎮、倉吉浩二氏です。

大名店は大名の飲食店が集まるエリアにある雑居ビルの7階にあります。
BAR 倉吉 大名店 (31)

入口は重厚な作りです。

事前に調べたところではオーセンティックなバーだということでしたが、意外に店内は広くて、バルコニー席やボックス席などもあって、思い思いの形で楽しむことが出来るカジュアル的な使いかたも可能なお店のようです。
BAR 倉吉 大名店 (27)

バルコニー席は、こんな感じです。大名の夜の街を眺めながらまったりと飲むことが出来ます。バーにバルコニー席があるお店は珍しいと思います。
BAR 倉吉 大名店

店内は落ち着いたインテリアで、もちろんカウンターの向こうにはお酒の瓶がずらりと並べられています。

「BAR 倉吉 大名店」を任されているのは「第9回HBAジュニアカクテルコンペティション キリンカップ2017」で見事グランプリを受賞した長澤優斗さん。この方もホテルバーテンダー協会の所属です。なかなかのイケメンです。(笑い)
BAR 倉吉 大名店 (2)

お店に、その時の大きな優勝トロフィーが飾られていました。
BAR 倉吉 大名店 (8)

キリンカップで優勝した長澤さんのカクテル「IYASAKA」は、ウオッカと梅酒ベースのカクテル「IYASAKA」。漢字で書くと「弥栄(イヤサカ)」。これは「これからもいつまでも」という意味で、結婚式などでお祝いのスピーチなどで使われる言葉です。

お店に入って私が最初に注文したのが、そのグランプリのカクテルです。

レシピがキリンのサイトに掲載されていました。下記がそうです。当然、キリンの商品が使用されていますね。

「シロック30ml」「完熟あらごし梅酒 樽まっこい20ml」「デカイパー アプリコットブランデー15ml」「フレッシュ レモン ジュース5ml」「モナン グレナディン シロップ1tsp」「キリンレモン30ml」という内容。
BAR 倉吉 大名店 (10)

出されたのがこちら。ガーニッシュは飾られていません。思ったより飲みやすくて女性に向いている味でしたね。
BAR 倉吉 大名店 (12)

妻のほうは、お店のおすすめのフルーツカクテル。白ブドウのウオッカマテイーニを最初に頼んでいました。さすが強い酒が好きなだけあります。^^;

私のほうの2杯目は、アイリッシュ・コーヒーです。アイリッシュ・ウイスキーをベースにコーヒー、砂糖、生クリームを加えたホットカクテル。寒い時期に飲まれるカクテルですね。
BAR 倉吉 大名店 (26)

たぶん、アイリッシュ・コーヒーはこれまで飲んだことないと思います。

アイリッシュ・コーヒーはアイリッシュ・ウイスキーを使用して作るカクテルで、スコッチ・ウイスキーなどではダメなようです。
BAR 倉吉 大名店 (25)

この作り方がまた見もので、炎を上手に操って作る様はインスタ映えする作り方でした。

コーヒーカップではなくシャンパングラスの間口の細いのを使用するのは、生クリームをほどよく残しながら飲むことが出来るということでした。

私自身はコーヒーも日頃はそれほど飲むほうではないのと、ましてや砂糖が入ったカクテルだということで、最初は正直期待半分だったのですが、これがなかなか美味しかったです。

コーヒーの苦みと砂糖の甘さのバランスがよくて、生クリームもアクセントになっていて期待以上の味でした。
BAR 倉吉 大名店 (16)

妻の2杯目はギムレットです。
BAR 倉吉 大名店 (14)

チャームがサンドイッチというのが変わっています。こちらをおつまみ代わりにして飲みました。以上を飲み食いして2人で7,000円弱。想定通りの支払いでしたね。

今回、個人的に印象に残ったのはアイリッシュ・コーヒー。こんなカクテルもあるのだと勉強になりました。

この日お店で働いていた2人のバーテンダー、どちらもイケメンの方でした。女性の方は是非行ってみてください。ご馳走様でした。

BAR 倉吉 大名店
福岡県福岡市中央区大名1-3-32
 ラ・コルテ大名7F
TEL 092-726-9405
19:00~28:00
無休(年末・年始のみ)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング