金沢はお茶文化の街ですが、コーヒーについても消費量が全国有数です。

お茶やコーヒー好きなので、和菓子や洋菓子なども自ずと消費が多くなります。

まぁ、言ってみれば「おもてなし」の文化と「見栄」の風習が根付いた土地とも言えるかもしれません。

さて、これから紹介する「金澤屋珈琲 本店」は、金沢城公園の黒門横という観光客も多く出入りするという絶好のロケーションの場所にあります。
金澤屋珈琲店 (3)

町家風の造りです。中に入るとコーヒーのいい香りがします。
金澤屋珈琲店 (6)

「金澤屋珈琲」と名付けているのは、金沢の風土の中で育てられたコーヒーを提供することを目指しているためだそうで、そのため厳選されたコーヒー豆を熟練の焙煎人の手によって煎り上げており、その豆を使いネルドリップで一杯一杯ていねいに淹れて美味しいコーヒーを飲ませてくれるお店なのです。

我々は少し歩き疲れたので、ここでいっぷくすることにしました。
金澤屋珈琲店 (9)

デッキ部分や2階にも席があって、カウンター内にも店員さんが思ったよりたくさん働いています。
金澤屋珈琲店 (5)

コーヒー専門店のようですがメニューの種類は豊富で、軽食もやっているようです。

私はお好みのケーキと日替わりのコーヒーがセットになった「ケーキセット(880円)」を頼むことに。
金澤屋珈琲店 (12)

ケーキは「加賀の紅茶ブランデーケーキ」をチョイス。でも深煎りのコーヒーに加賀の紅茶のケーキはミスマッチかな?^^;

しかしながら濃厚なブランデーケーキだったので、深煎りのコーヒーにも負けない味でしたよ。
金澤屋珈琲店 (13)

この日のコーヒーはインドネシア産のマンデリン・アチェという品種。一番深煎りの豆を使用しています。苦みもありましたがコクがあり、滑らかな舌触りで美味しくいただくことが出来ました。
金澤屋珈琲店 (10)

泡物が好きな妻のほうは「エスプレッソ・トニック」という文字に魅かれたようで、そちらを頼んでいましたが、どうもあまりお好みの味では無かったようです。私も一口飲みましたが、苦みとトニックウオーターの相性に好みが分かれるかもしれません。もう少し甘みがあればよかったかも?

ちなみに「エスプレッソ・トニック(720円)」はオーストラリアでよく飲まれているようです。

お店に入って最初あまりお客さんは居なかったのですが、だんだんと増えてきて、我々が食べ終わって出るころには、グループの方が2階席に案内されていました。人気のお店のようです。ご馳走様でした。

金澤屋珈琲 本店
石川県金沢市丸の内5-26
TEL 076-254-5411
月~金9:00~18:00
土・日・祝8:00~18:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング