金沢「にし茶屋街」にある人気の甘納豆のお店「甘納豆かわむら」。
かわむら茶房 (28)


この「甘納豆かわむら」の2階に「かわむら茶房」というカフェがプレオープンしたということを知り行ってきました。(もう正式オープンになったのかな?)

いいお天気の土曜日でしたが、にし茶屋街はそれほどの人出ではありません。にし茶屋街に向かう前に行ったひがし茶屋街は観光客でごった返していたのですが、やはりひがしとにしでは集客力に差があるようです。

お店に到着したのが16時過ぎ。オーダーストップが16:30ということでぎりぎりセーフ。

階段をのぼって2階に上がると店内には誰もお客さんは居ませんでした。貸切です。(笑い)
かわむら茶房 (5)

そこでお店の方に了解を頂き写真を写します。
かわむら茶房 (6)

2階からの眺めもいいです。
かわむら茶房 (3)

メニュー写真撮ったのですが、上半分のピントが合っていません。右側には今シーズンより酒造りを再開した、有名な杜氏である農口直彦研究所のお酒のメニューも書かれていました。

私が頼んだのは「国造ゆずソーダ(1,000円)」。少しお高いのは4種のアミューズが付いてくるからです。
かわむら茶房 (12)

そのアミューズがこちら。1階の店舗でも売られている甘納豆や和菓子・干菓子で、一番左が羊羹のオリーブとよもぎ味。真ん中が愛媛産のブラッドオレンジ。一番右は豆で大浜の黒豆と青えんどうでした。
かわむら茶房 (18)

ゆずソーダは、ソーダと柚子果汁、まめみつが別々に出されます。ソーダに柚子果汁とまめみつを入れてかき混ぜて飲みますが、ソーダに柚子果汁は溶けないので、かくはんしつつ飲んでいきます。
かわむら茶房 (24)

ソーダの炭酸と柚子の酸味が重なって深みのある酸味となり、そしてまめみつの上品な甘みが複層的に口の中から喉に広がっていきます。後口もすっきり爽やかで美味しかったです。

肝心の柚子は、能美市の国造(くにぞう)地区で生産されている無農薬有機肥料栽培の柚子を使っています。

妻のほうは、「珠洲市の二三味の豆茶(1,000円)」を頼んでいました。

二三味とは、永作博美さん主演、佐々木希さん共演の奥能登珠洲を舞台にした映画「さいはてにて」のモデルとなった二三味珈琲の女性オーナー、二三味さんの苗字です。

実は、この大豆を栽培しているのが彼女のお父さまなのです。
かわむら茶房 (22)

栽培している大浜の大豆を使った豆茶ということで、二三味珈琲を毎度取り寄せている妻が興味を持って頼んでみることにしました。
かわむら茶房 (20)

大浜だいず、青大豆、大浜の黒豆の3種類使われていて、ほんのり香ばしい香りと味のする上品なお茶でした。
かわむら茶房 (25)

飲み終ると、急須の中の大豆を少し取り出して、能登の揚げ浜塩と一緒に出してくれます。これも美味しかったですよ。
かわむら茶房 (13)

妻のアミューズは、一番左が羊羹のメープルと濃い抹茶。真ん中がくるみの和三盆糖。右は豆で能登大納言と北海道産の白花美人でした。

なかなかこだわりのある逸品ばかりでした。

「甘納豆かわむら」のお店はここだけ。他に出しているところも少なく、ここを目的ににし茶屋街に訪れる観光客も多いと思います。これから暑くなってきたら2階でいっぷくするのもいいのではないでしょうか?ご馳走様でした。

かわむら茶房
石川県金沢市野町2-24-7
 甘納豆かわむら2F
TEL 076-282-7000
平日10:30~17:00(L.O.16:30)
日祝10:30~16:30(L.O.16:00)
毎月第一火曜休
貸切営業の場合あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング