私が子供頃はスパゲッティといえば、トマトケチャプで味付けされたものしかありませんでした。

石川県もそうなのですが、西日本では、このトマトケチャプで味付けされたスパゲッティのことを「イタリアンスパゲッティ」と呼んでいたのです。

石川の喫茶店で「スパゲッティ」をオーダーすると、必ずこの「イタリアンスパゲッティ」だったころが懐かしいです。

スパゲッティのご本家、イタリアには「イタリアンスパゲッティ」という呼称のものは存在しておらず日本独自のものです。

ちなみに、トマトケチャプで味付けされたスパゲッティは、東日本では「ナポリタンスパゲッティ」と呼んで、「イタリアンスパゲッティ」というとケチャップを使わずに塩・胡椒で味付けされたスパゲッティが出されてびっくりしたことがあります。

そんなトマトケチャップ味の「イタリアンスパゲッティ」が、いまでも喫茶店の食事メニューとしてしっかりと残っています。

さて、昨年フリーペーパーのFAVOでも「スパゲッティ」を取り上げた号がありましたが、その時の記憶が頭の中にあって、久しぶりに食べてみようと思い出かけました。

伺ったのは、小松市軽海町の「二番館」。古くからある喫茶店で、私もたぶん20年ぐらい前に何度か行ったことがあります。
二番館 (4)

2月初旬、雪が降り積もった翌日の、とある日曜日のお昼前でした。
二番館 (5)

内外装ともかなり年季が入っている感じがします。
二番館 (7)

食事のメニューはこんな感じですが、最初からオーダーするのは決めていたので、すぐに「イタリアンスパゲッティ」を頼みます。

数分で出されます。名古屋の喫茶店のように熱々の鉄板皿に乗せられてはいません。
二番館 (2)

やはり懐かしい感じがします。サラダも添えられています。
二番館 (3)

そして「イタリアンスパゲッティ」には粉チーズとタバスコが必須アイテムです。
二番館 (6)

懐かしい味ですね~!見た目よりボリュームがあって、これでお腹のほうも満足できました。

いまは家でも「イタリアンスパゲッティ」を作ることはないし、イタリアンレストランでも設定自体がないので、このような喫茶店か洋食屋さんでオーダーしないと、食べる機会がありません。

たまには昔を懐かしんで頼むことにしましょう!ご馳走様でした。

二番館
石川県小松市軽海町ネ109-1
TEL 0761-47-1088
9:00~20:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング