前にも書きましたが、金沢ではハントンライスや金沢カレー、福井ではボルガライスなどの洋食系のご当地グルメがあり、洋食のお店も多い気がしますが、南加賀には和食や中華系のお店は多いのですが、洋系、特に洋食系のお店が少ないと思います。

昔、喫茶店が多くあって、そこで洋食系のメニューも食べることが出来た時代が懐かしい感じです。

さて、今日はそんな小松の洋食屋さんの話題です。
ペイザンヌ (8)

もっとも、「ブラッセリー ペイザンヌ」は、「cuisine traditionel(キュイジーヌトラディショナル)」と自ら位置づけていて、伝統的な田舎のフランス料理屋さんということではあるのですが、まぁ、ジャンル的には洋食屋さんと言っていいでしょう。

私自身は約3年ぶりの訪問です。
ペイザンヌ (3)

今回は一人での訪問で、カウンター席がある側のテーブル席に案内されました。

メニューを見渡し色々美味しそうな品が並んでいましたが、今回は、これまで紹介したことがないメニューを食べてみることに。

ちなみに前回はペイザンヌランチを食べています。

メインにプレミアムハンバーグ・海老フライ2本・大きなハムなどが付いている「洋食ハウスセット(1,880円)」も捨てがたかったのですが、ボリューム的に少し多いかな?と思い諦めました。

この「洋食ハウスセット」は、お店の方が話されていたのですが、35年前に先代のころにお店のメニューにあったのを復刻したというメニューだそうです。

少し悩んだ末、今回は「森のキノコのリゾットドリアセット(1,280円)」にしてみました。

お店のセットメニューには菜園サラダ、プティスープ、同じくプティサイズのデザートとドリンクが付いています。
ペイザンヌ

菜園サラダがこちらです。「菜園」と書かれているということは自家菜園の野菜を使っているのでしょうか?
ペイザンヌ (2)

スープはミネストローネ。

そしてメインの森のキノコのリゾットドリアがこちらです。
ペイザンヌ (4)

自家製のベシャメルソースが決め手のようです。
ペイザンヌ (5)

熱々で、キノコ以外にも魚介もたっぷり入っていて、美味しかったですよ。
ペイザンヌ (6)

最後にプティサイズのデザートと私が選んだドリンクのコーヒーが出されます。

少しメイン道路から入ったところにあって、知らない人が飛び込みで入るお店ではないのですが、根強いファンの方が多いお店で、私がいた時の他の客さんは2組とも常連の方のようでした。ご馳走様でした。

ブラッセリー ペイザンヌ
石川県小松市今江町8-91
TEL 0761-21-9654
11:00~14:30(L.O)15:00
17:00~21:30(L.O)22:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング