小松の人気の中華料理店「餃子の勝ちゃん」。

その前にあるのが、今日紹介します「旬菜 まつ村」です。
まつ村 (12)

私も5年半ほど前に一度行っていますが、その時は軽く飲み食いした感じでした。

今回は、妻が不在だったため、珍しく出張帰りに一人で訪れました。

ご主人は東京のチェーン店のお店で修業。その後、金沢の老舗「つば甚」で働いてから独立し、今のお店を出しています。

「つば甚」には私は行ったことがありませんが、毎年、建築家の「家楽舎木田さんのお花見で「つば甚」の弟さん、鍔さんとご一緒させていただいています。

さて、店構えも立派で、店内はカウンター席が6席ほどと小上がりに堀ごたつ式の4人掛けの座卓席があります。
まつ村 (4)

後ろにはお庭も見える落ち着いた空間で、一人で行っても落ち着いて飲食が出来る空間です。

奥さまとお二人でお店を切り盛りされているので、大勢の団体さんの予約は受けられないとのことでした。ある程度の人数んの場合は貸切にすると話されていました。

そして先付けやお通しがないのも、お店によっては時々肉が出されることがあるので、個人的にはそのほうがうれしいです。
まつ村

その代わりに、カウンターの上に並んでいるおばんざい料理から何品か頼むシステムです。
まつ村 (3)

その他のお品書きはこんな感じで、それほど多くの種類があるわけではありませんが、手に入ったその日の旬の食材を中心に季節ごとに調理法を変えて出してくれるようです。
まつ村 (5)

私は、まずはこちらの「水菜と舞茸のからし和え」。生ビールはエビス。
まつ村 (6)

からしの風味でほんのりとした辛さでした。水菜もシャキッとしていてよかったです。

そして「ブリ大根」を頼みます。
まつ村 (7)

ブリ大根は、大根に煮込み汁をブリの旨みが染みこんでいて、この色合いです、しゅんでいます。美味しいです。

「はす蒸し」も頼みます。
まつ村 (9)

「はす蒸し」は私の好きな一品です。上品なうす味の餡でダシが蕪に染みていて、こちらもいい塩梅でした。
まつ村 (10)

最後にもう一品。カウンターの上に置かれていた椎茸、能美産だということでしたが、これを焼いてもらうことにしました。

酢橘を絞り、ポン酢につけて食べます。

焼いたときに旨み成分であるグアニル酸やグルタミン酸がたっぷり出て美味しいですね。
まつ村 (8)

お酒を生ビールの後、ハイボールを2杯のんで締めて5千円弱。安心して楽しめるお店ですね。ご馳走様でした。

旬菜 まつ村
石川県小松市土居原町395-1
0761-23-0208
17:00~
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング