何となくパン屋さんって、家族経営の小さなお店、というようなイメージがありませんか?

実際、ご夫婦で営んでいるお店が多いとは思いますが、中には大きなお店で手広くやられているところも当然あるわけです。

私のブログでは県外の大手資本のお店はあまり紹介していないのですが、今回の「石窯パン工房 フレッシュベイク 野々市店」は、石川県内に本店があるところです。
石窯パン工房 (18)

本店は金沢市三ツ屋町で、三日月のかたちでおなじみ「つのパン」発祥ということで有名なのです。とても大きなお店で、たくさんの種類のパンを売っています。
石窯パン工房

こちらの野々市店は野々市市役所の真ん前にあって、本店もそうですが、石積みの洋風な佇まいが特徴のお店です。
石窯パン工房 (16)

焼きたてのパンをすぐに食べたいという人には、テラス席もあって、その場で食べることもできます。また焙煎コーヒーなど、ドリンクが無料で飲めるのがうれしいです。
石窯パン工房 (15)

中に入ると、どこかの百貨店のバーゲンにでも来ているかと勘違いするほどの賑わいでした。

パンは約120種類ほど取り揃えていて、選ぶのに苦労するほどです。

これだけ種類があると、おじいちゃんやおばあさん、そして小さな子供まで、こちらのお店で好みのパンを選ぶことが出来そうです。

我が家でも、いま流行りのハード系のパン中心のお店だと、我々夫婦はいいのですが、母の食べるパンを考えると、どうしても母の分のみ別にどこかで購入していることが多くなっています。

さて、我々がお店でパンを選んでいる間も、どんどん焼きたてのパンが店内に出されていきます。その時、お店の人の声も元気いっぱいで気持ちがいい対応。活気があると好循環が生まれてくると思います。

さて、今回買い求めたパンを紹介します。
石窯パン工房 (19)

この日の夕飯にバジルソースを使った料理を考えていたので、その時に食べるために買い求めた「ガーリックトースト(130円)」。
石窯パン工房 (21)

翌朝の朝食用としては、私は「Curryなるフランクロール(200円)」。

中はチーズカレーソースで、意外にありそうでなかいタイプのフランクロールでした。美味しかったです。
石窯パン工房 (23)

妻はハード系の「チーズクッパ(190円)」。
石窯パン工房 (20)

母は「かぼちゃ食パンのハーフサイズ(170円)」。
石窯パン工房 (22)

娘は「ツナスペシャル(180円)」。これは、中にほうれん草・ゆで卵・スギヨのカリブなどが惣菜として入っていました。
石窯パン工房 (24)

あと、バターロールも買い求めました。

飛び抜けて印象に残るパンでははないかもしれませんが、値段も手ごろで、多くの種類から選べる楽しさもあって人気なのでしょうね?ご馳走様でした。

石窯パン工房 フレッシュベイク 野々市店
石川県野々市市三納1-9
TEL 076-246-7715
7:00~19:30
月曜・第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング