富山で「ますの寿し」といえば「源(みなもと)」が有名です。全国の駅弁の人気上位を占める常連ですね。

明治45年に最初のますのすしが「源」から販売されてから今年で105年。誰もが知っている歴史のある駅弁ですね!?

さて、富山の「ますの寿し」がいまのように全国的に有名になったのは、「源」の影響力が大きいのです。

そんな「源」がやっている「源 ますのすしミュージアム」というのがあるということで、今回行ってきました。
源

朝早めに小松を出て、9時半前に到着しました。

何故早めに行ったのか!?それは、限定の「伝承館ますのすし」を買い求めるためです。

1日限定40個のみの製造で、こちらの「源 ますのすしミュージアム」内の「お土産処 天人楼」と富山駅の売店のみの販売となっています。
源 (2)

さて、館内では「旅と食の文化史コレクション」を見ることが出来ます。
源 (5)

壁面には全国から集められた駅弁のかけ紙の日本地図があり、通路には江戸から昭和に至る、珍しい弁当容器や貴重な旅の携帯品の数々を展示しています。

もちろん、「ますの寿し」の製造ラインも見学することが出来ます。しかし、このエリアは写真撮影NGでした。

まぁ、見たところ、そんなにマル秘な部分は無いように感じましたが、あとでお聞きすると、製造機械の動きなどを動画で撮影するメーカーなどがあるのでそうしています、と話されていました。

1日数千個の商品がここで作られているそうで、さすがにオートメーション化されていましたね。
源 (8)

こちらのエリアは「ますのすし伝承館」というところで、昔ながらの手作りでますの寿しが作られています。
源 (3)

そして家で食べるために、限定の「伝承館ますのすし」を買い求めます。天然ますを使用した2,700円のと、そうではない2,000円のがありましたが、私は2,000円のを買い求めましたが、残り一個をゲットすることが出来ました。^_^;

この「伝承館ますのすし」は熟練の職人の技によって、昔ながらの製法にこだわり、一つづつ手作りで作っています。
源 (14)

家に帰ってパッケージを撮影。普通丸型のものが多いのですが、こちらは四角い形です。昔はこうだったんでしょうか?
源 (18)

きれいに笹に包まれています。
源 (19)

4等分に切り分けて食べましたが、桜鱒のその名の通りきれいなサクラのような淡い紅色。酢の塩梅もよく美味しく食べることが出来ました。
源 (20)

あと、「ますかま(580円税込)」も購入しました。
源 (17)

「かま」は、魚の部位の中でも、味が濃く美味とされいるようで、それを丸2日かけて炊き込みであります。

柔らかくて、噛むとほろりとほどけて、旨みが口の中に広がりました。酒のつまみでもご飯のおかずでもどちらでもokですね。ご馳走様でした。

源 ますのすしミュージアム
富山県富山市南央町37-6
TEL 076-429-7400
9:00~17:00(ランチタイム11:30~14:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング