手延べうどんといえば、富山では「氷見うどん」が有名です。

私もうどんが好きな人間ですが、手延べうどんはうどんの中でも好きなうどんです。

手延べうどんで有名なのは、秋田県の稲庭うどんと長崎県の五島うどん、そして富山の氷見うどん。これが日本三大手延べうどんなのだそうです。

氷見うどんは元々は「輪島素麺」がルーツだと言われています。そして加賀藩御用達として献上されてきた歴史があります。砺波の有名な大門素麺も同じく「輪島素麺」がルーツだそうですね。

基本、うどんもそうめんも冷麦も同じ小麦粉げ原材料です。違うのは太さだけですが、近年は機械化が進み、手作業だけで作るところも少なくなってきたと聞きます。

話をうどんに戻します。

冒頭書いた「氷見うどん」もそうですが、手延べうどんは、讃岐のような強靭なうどんでもなく、博多や大阪、そして小松うどんのような噛まずに飲み込めるほどの柔らかなうどんでもなく、ちょうど、その間に位置するというか、もっちり弾力とのど越しの良さでバランスよく食べられるうどんだと思っています。

さて、今日紹介します「むぎの里」は、長野県上田市に本社がある㈱信濃フードサービスという会社が運営会社です。
むぎの里 (10)

長野というと「そば」のイメージですが、うどんで長野県以外にも進出している会社があるんですね!?

HPを見ると長野よりも東北のほうが店舗数が多く、北陸は富山のお店一軒のみ。石川県には進出していないようです。

今回、こちらのお店では手延べうどんをウリにしているとHPで書かれていたので、期待して伺いました。
むぎの里 (2)

とても大きな店舗です。
むぎの里 (4)

メニューもサンプルケースに多く並んでいますし、店内のメニューの作りを見ても、何となくうどんのファミレスのような感じのお店です。

今回、メニューの中で気になったのが、こちらの期間限定「あさりキャベツうどん(税込961円)」で、私はそれにしてみました。
むぎの里 (8)

白湯スープで、あさりの旨みが染みこんだスープは美味しかったです。隠し味に白みそを使っているようです。ガーリックと唐辛子などのスパイスも効いていました。

ちなみに、こちらのお店では、うどんの出汁は北海道利尻産の昆布と、かつおなど数種類の削り節を使っているようです。
むぎの里 (9)

うどんはとても太いです。太いのでのど越しで食べるというよりは、もちもちの食感を楽しむといった感じです。

でも、うどんの太さがバラバラでしたが、手打ちならそうなることはあるでしょうが、手延べなのになぜそうなるのか不思議ですね??

まぁ、でも、このうどんメニュー、美味しかったですよ!
むぎの里 (5)

一緒に行った人は、こちらも期間限定の「冷やし天おろしうどん(税込950円)」を頼んでいました。つゆをぶっかけて食べます。

ゆず唐辛子のおろしがアクセントの冷たいうどんで、揚げたてのえび天ぷらが乗せられていました。
むぎの里 (7)

もう一人の人は、こちらの「ひれかつ丼セット(税込788円)」を頼んでいました。
むぎの里 (6)

温かい小うどんが付いています。お値段がリーズナブルですね。

こちらのお店は、長野が本店らしくそばのメニューもあったり、創作系や季節限定メニューなども工夫されているので、何度でも家族連れで各々好きなメニューを頼んで楽しめるお店だと思います。ご馳走様でした。

むぎの里 富山店
富山県富山市黒瀬北町1-3-2
TEL050-5592-2665
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング